飲み屋街

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

神奈川県横須賀市横須賀中央(2)、横須賀中央駅周辺

やっぱり横須賀は好きです。どぶ板通りなどはすっかり観光地化されたものの、2006年と2007年過去に二度訪れた時と、街の景色がほとんど変わっていません。

IMG_0991

仕事中、昼メシどうしようと考えた時、そう言えば海軍カレーって食べてないなと。てな訳で京急横須賀中央駅近くにある横須賀海軍カレー本舗に入って見ました。場所はCoCo壱の隣(笑)。一階は観光案内所の併設されたお土産屋さんになっています。

IMG_0988

艦これ運営鎮守府も納得だそうです。なるほど、軍港の街としては艦これに乗っからない手は無い。

IMG_0989

唐揚げが無駄に美味い。いや、さすが横須賀名物だけあってカレー、マジ美味いです。仕事で来てるのに気分はすっかり観光客です。

IMG_0986

海軍カレーを出て交差点を渡ると、アンテナに引っかかるような気になる居酒屋さん「福ちゃん」が目に入りました。立ち飲みと書いてある。この交差点を右奥に進んだところに、かつて金星劇場というピンク映画館があったそうですが、すでに解体されマンションが建っています。残念で仕方ない。噂では晩年、あちら系のハッテン場的な痴漢映画館になっていたとか。いわゆる上野地下劇場みたいな。

IMG_1009

夕方改めて「福ちゃん」に入って見ればカウンターに椅子の並ぶ座れる居酒屋さんでした。イワシ刺し、粉茶ハイ、共に300円でシステムは代引き。祝日にも関わらず営業している、地元密着型のお店です。

IMG_0987

福ちゃんの脇にはスナックビル系飲食店街。

IMG_1021

横須賀中央駅から駅前大通りを進んで右手に入ると老舗の焼き鳥屋「相模屋」さんがあります。

IMG_1036

夕方通って見れば、案の定の人だかり。カウンター席もありますが、立ち食い、持ち帰りの店って感じです。

IMG_1020

この駅前大通りから一本入った路地裏の狭さは、都心とは雰囲気の違う地方都市ならではのものと思います。

IMG_0982

飲み屋街は若松町3丁目の崖下に広がる路地裏迷宮地帯だけではありません。

IMG_1013

8月12日、昼休みに歩いていたら年に一度の沖縄フェスティバル、第10回いーちゃ・イチャ・フェスティバルが開催されてました。横須賀でまさかのエイサー。

IMG_1029

市役所前の広場には特設ステージや屋台などが出ていたので、昼メシは出店の沖縄ソバにしました。しかし仕事中のためビールは飲めず、午後は頭の中がオリオンビールでいっぱいでした。そして夕方、待ちに待ったビール。なんだろう、すっかり横須賀を満喫しているんですけど。(笑)

IMG_1038

駅前大通りに戻ると左手通り沿いに三笠ショッピングセンターがあります。三階建の細長いビルで、中はアーケード商店街のようになっており、いわゆる昭和のショッピングモールと言ったところ。ちなみに二階三階は各店舗ごとに階段があるメゾネット形式。アーケードの屋根の上は洗濯物も干せる二階共用スペースとなってますが、関係者以外立ち入り禁止。

IMG_1054

ショッピングセンターが終わった先にも古い商業ビルが。大滝名店ビルと言って二階はスナックやバーなどが入っています。

IMG_1049

その向かいのビルの壁にリスさんが!山が近いからこそですね。

IMG_1058

最後に若松飲食店街入ってすぐ、姐さん方が切り盛りしている立ち飲み屋「310(サトー)」さん。出勤前に一杯飲んで行ったりスナックや居酒屋の前の一杯目として立ち寄るような、地元に愛される良い店です。

IMG_1061

コロッケ、ヤッコ、キムチ、ハムカツなど簡単なおつまみは100円。代引き制で割り物300円、生500円。通いたい店がまたひとつ増えてしまいました。

神奈川県横須賀市横須賀中央(1)、若松飲食店街の路地裏迷宮

2017年のお盆期間中は横須賀で仕事となりました。久々に訪れる横須賀ですが、朝や昼休み、仕事帰りなどを利用して散策して行こうと思います。

IMG_0992

横須賀中央駅随一の繁華街である若松飲食店街、若松町3丁目へと入って行きます。

IMG_0994

狭い路地がクランク、ドンつき、T字路と複雑に入り組んでいます。突き当たりに惹かれる建物。

IMG_0995

その左手にもこれまた渋いスナック。まるでカフェー建築なんて考えてしまうのは病気みたいな物で、横須賀の赤線跡と言えば安浦、皆ヶ作(その内行きます)、柏木田(その内行きます)などの有名どころが周囲にあります。

IMG_0996

しかしながらこの迷路のように張り巡らされた路地は人目をはばかるが如くで、青線にしろ私娼にしろ、何がしかは有ったのかも知れません。

IMG_0997

奥へ進むと崖が迫るという三浦半島らしい地形。崖を背にこれまたバラックのような飲み屋さんが建ち並んでいます。

IMG_0998

横須賀中央駅の海側右手に入ってすぐの通りで、ここが飲み屋街のメインストリート。ちなみに京急線はトンネルから出て来て駅を挟み即トンネルへと入って行きます。

IMG_1002

こう言う雰囲気、たまらなく好きです。

IMG_1003

鉄筋コンクリートとは言え、このスナックビルはかなり年季が入っています。

IMG_1004

ビルを抜ければ向こう側の路地に出られる。

IMG_1005

狭い迷路は歩いているだけでも楽しいです。

9ACD42AD-83FD-4CAA-A677-835C8E767055

上の写真、ピントぼけてるはブレてるは暗いはで、どうしようもない物ですが、2006年に酔っ払いながら古い携帯で撮ったもの。この廃墟が非常に印象に残っており、いつか必ず再訪しようと頭の隅でずっと思い続けていました。次の記事で訪れる立ち飲み屋「310」のママさんや常連さんに聞くも、気が付けば廃墟で昔は何だったのか覚えてないとの事。

IMG_1023

同じ場所に行って見ると、案の定解体されていました。もちろん奥に写る高層マンションも当時はありませんでした。

横須賀、まだ続きます。

足立区北千住(後編)、飲み屋街と路地裏探検

今度は飲み屋街を歩いて行きます。

225427C8-08AB-4D6E-82D6-305B45665BC5

歓楽街は主に西口の南側に広がっていますが、まずその飲食店の多さに驚かされます。

IMG_0611

この飲食店街、裏(線路際)に廻れば長屋造りのビルであることがわかります。

IMG_0615

この歓楽街には飲食店のほかキャバクラや風俗店なども混在しておりカオス状態。駅前のビルにはキャバレーのハリウッドも健在。

IMG_0654

駅からすぐのところにある大衆酒場の幸楽は昼間から酒が飲めます。

IMG_0658

もつ焼き4本セット400円。地元のお父さん方で賑わっていました。

IMG_0605

中には怪しいサブカルチックな店もあります。奥が深そう。

IMG_0596

常磐線上野方面の線路と並行する形で一本奥を西に続く通りが飲み屋街のメインとなるわけですが、旧街道のある西側に向かって渋くて狭い路地が何本もあります。

IMG_0597

狭い路地を入って行けば迷路のように曲がりくねり、迷ってしまいそう。そんな怪しい路地裏にも多くの飲食店が。

IMG_0599

奥へと進んで行くと飲食店だけでなく普通の住居もあります。

IMG_0600

夜はさぞ喧しいだろうと思われますが、ちゃんと生活されています。

IMG_0652

猫も暮らしています。なかなかの面構え。

IMG_0627

消防車なんてとても入れそうもない狭い路地の奥に木造のバラック建築が。都内においてこう言った狭小住宅地は、災害の危険性から次々と区画整理という名の再開発が進められて来ています。しかし足立区のような底所得者層の多く住む街では立退くにも立ち退けないのか、このような地区が多く残されています。

BC170FA2-46E2-4479-B797-C65F88208058

駐輪場に囲まれて文字通り離れ小島となってしまったバラック建築。裏に回っても入口が見当たりません。

DE66F4A9-228E-46CE-AEE4-289F28023D72

かと思ったら脇の路地から狭いアプローチが。さぞ落ち着かないでしょうね。


港区新橋(3)、SL広場のニュー新橋ビル

フルプラウザ版のみサイト白くしてみました。
新橋駅の西側、飲み屋街としてもメジャーであるSL広場側の駅前ビルは、このニュー新橋ビル。

IMG_0286

駅のホームからもよく見えるこのビルは、近年新橋駅リニューアル工事に併せてか2023年完成を目処に再開発の計画が発表されています。

DE94C65C-5108-4ED3-AD51-160D7B304751

元々新橋駅の西口界隈には戦後、闇市が広がっていました。その闇市はやがて木造平屋建ての新生マーケットへと姿を変え、その後の1971年にはこのニュー新橋ビルが完成したそうです。

IMG_0584

特徴的な外観の低層階(B1階〜4階)は商業フロア。奥に見える黒っぽい部分が5階から9階までのオフィスと11、12階の住戸。一階は導線となっており洋服の青山や飲食店、パチンコ屋などが入っており、人通りも多い。

IMG_0285

こちらは地下一階。東口の新橋駅前ビルが1966年竣工なのに対してこちらはその5年後に完成、とは言え細部の意匠などは高度成長期の雰囲気を色濃く残している造りとなっています。また知名度としても新橋駅前ビルの地下街は地元以外知る人がほとんどいないのに対して、ニュー新橋ビルの地下街は酒好きの間でもそこそこメジャーです。

IMG_0282

地下一階の奥にあるゲームセンター。過去に何度も入った事がありますが、かれこれ20年以上前からそのままの形で残っています。プリクラだらけにもならず、通信型大型筐体専門店にもならず、今も変わらず対戦型筐体が向かい合って並んでいるのが嬉しい。古いタイプのゲーマーが固定客として通い続けているんだなぁと、元バーチャジャンキーだった私は感慨深くなるわけです。

IMG_0279

ほとんどが居酒屋ですが、立ち飲み屋などもあります。この「破天荒」さんは大島の番外地さんの姉妹店だそうです。

IMG_0588

生400円、割り物300円、おつまみは基本300円、一部400円〜と言った感じで、番外地同様安いです。

IMG_0281

飲み屋さんの数も多く人通りも多く、どの店も元気に営業されています。ただどうしても東口の新橋駅前ビルと比較してしまうのですが、店頭で若いお姉ちゃんが呼び込みをしている店が多い。また店員さんも若いお姉ちゃんが多い。しかもそのほとんどが外国の方と見受けられる。これがニュー新橋ビル地下一階飲食店街の現実を物語っているように思えます。

IMG_0290

さて、今度は二階を覗いて見る事にします。一階の賑わいからは打って変わって人影も疎ら。シャッターを閉めているテナントも多い中、ゲーセンと居酒屋、レンタルDVD店以外、そのほとんどがマッサージ店となっております。

IMG_0291

その数たるや本当にそんなに需要があるのかと疑いたくなるほど。案の定覗いてみればどこも閑古鳥です。ただ驚いたのは、若くて綺麗な中国人のお姉様方の客引きがエグい! しかもそのお姉様方が無駄にクオリティー高いと来た!
一瞬ピンク街かと見紛うほど、ビルを一周する間に声を掛けられ続ける訳ですが、基本どの店も健全なマッサージ店です。一軒だけファッションマッサージの看板を掲げている店が紛れているのはご愛嬌。
ちょうど凝っていたので40分3000円で実際ほぐしてもらいましたが、別にエロいサービスがある訳でも無し、ただやたら可愛いしミニスカだしマッサージも普通に上手いし、なんだこの消化不良な感じ。果たして新橋の中高年サラリーマンのお父さんたちは、喜んでこの美人マッサージに通っているのでしょうか。終始うつ伏せだから顔とか見える訳でも無し!

IMG_0579

3階に昇るとシャッターが目立って来ます。肉の万世や喫茶店、クリニックなどが入っています。

IMG_0581

4階は東京囲碁会館を始め雀荘などがポツリポツリと言った感じでした。

【日記】板橋区さやの湯処からの北千住

昼過ぎに仕事を終えて、板橋区前野原町にある日帰り入浴施設さやの湯処に立ち寄って来ました。ここは以前、仕事帰りにたまたま見付けて一度訪れた事があるのですが、個人的には都内で一番のお湯だと思っています。

IMG_0566

伊香保に近い感じのお湯。加水加温無しの源泉100%掛け流しの湯に浸かれるのですが、まさかの板橋区なのです。ときわ台〜赤羽間のバスで前野原三丁目下車。

IMG_0568

日本庭園を見ながらビールと枝豆で火照った体をクールダウン。至福のひととき。週末は週末料金で千円超えしてしまいますが、いい日帰り入浴施設です。

からの、北千住で飲み会。

IMG_0571

IMG_0573

IMG_0574

IMG_0575

IMG_0576

IMG_0577


……後日、改めて北千住開拓します。(昼間に)


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ