飲み屋街

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

秋田県秋田市、場末の路地裏迷宮(後編)

IMG_2952

南に進みます。こちらは川反5丁目小路。

IMG_2954

さらに南の「みきょう小路。左半分が潰されて駐車場になってます。

IMG_2786

にゃー

IMG_2957

途中右手に袋小路。たまりません。

IMG_2793

にゃー

IMG_2960

みきょう小路の奥には通り抜けられる通路も。

IMG_2788

にゃー

IMG_2961

左側のシャッターは開くのでしょうか。

IMG_2791

て言うか猫多っ!wwwww

IMG_2967

一本西側の通りを北へ戻ります。すると右手にまた渋い小路が。

IMG_2964

千秋小路という長屋に挟まれた路地裏。夜に訪れたいとつくづく思います。

IMG_2968

ただ、外側を見るとすでに崩壊していました。
そんな訳で反町界隈。場末の場末って感じで、とても刺さりました。夜の反町へのリベンジを誓いながら、翌日は羽越線を南下します。

秋田県秋田市、場末の路地裏迷宮(前編)

大曲花火大会の翌日、レンタルサイクルを借りて秋田市内を巡ります。

IMG_2909

1995年の秋田新幹線開業を契機に駅ビルとその周辺を再開発。1997年には現在の駅舎が完成しました。

IMG_2911

駅前バスターミナルも秋田杉をふんだんに使った綺麗なもの。しかし駅正面に駐車場。再開発と同時に駐車場だらけの歯抜けの街になると言う、ゴーストタウン化も進み始めています。

IMG_2926

駅の近くには秋田市民市場があります。出展者親睦団体商栄会として戦後の昭和26年に発足し、以後協同組合となり昭和39年に現在の位置に移転。いわゆる商店街のような物ですが、現在の建物は平成22年に完成。

IMG_2914

中心街のある西口、南に歩いた中通り町、さっそく渋い建物が。中央から奥に抜けられるようになっています。

IMG_2919

駅前民謡会館という木造モルタル二階建ての長屋は、やってるかどうか分からないスナックだらけ。

IMG_2921

こちらもスナックビル。宿泊先のビジネス旅館の近くだったので行きたかったのですが、花火終わりで到着したのが深夜1時過ぎだったので今回は諦め。

IMG_2931

西口から真っ直ぐ進むと城跡にぶつかり、左手にお堀沿いに歩けば川反通りという三業地になります。とは言っても現在では芸妓も絶滅し、一軒の料亭が残るのみ。

IMG_2935

このモルタルの意匠など見事。

IMG_2938

こちらが唯一残る料亭「濱乃家」さん。大正7年創業。

IMG_2940

現在は中華料理店ですが、花街の名残りを色濃く残しています。

IMG_2942

こちらも花街の名残りか、郷土料理のお店。

IMG_2941

現在ではキャバクラや風俗店の多い歓楽街ですが、そこかしこに妖しげな路地が。

IMG_2951

南へ進んで行くと、かっぱ小路という長屋に挟まれた路地が。夜に歩けなかったのが口惜しい。

IMG_2944

入ります。

IMG_2945

これぞ場末(秋田)の場末(路地裏)と言った雰囲気で、マジかーと思わず声が出てしまう。

IMG_2949

袋小路の奥から振り向けばこんな感じ。ちなみにこの界隈はあくまで三業地であり、遊郭や赤線はさらに西の鉄砲町にあったそうです。帰ってからその事実を知り、ますますリベンジの必要性を感じる。

群馬県桐生市(3)、路地裏スナック街

今回桐生を訪れたもう一つの目的として、桐生の寂れたネオン街を巡るという物があります。

IMG_2315

去年の夏に訪れた時は夜でしたが、誰も歩いてない歓楽街にフィリピンパブの客引きだけがあちらこちらに立っていると言う、なかなか強烈なものでした。

IMG_2316

場所としては仲町界隈になりますが、狭い路地があちこちにあります。

IMG_2319

古い建物が建ち並ぶ中にポツリポツリと看板が。夜に訪れてみるとその多くが現役で営業中というのが恐ろしい。しかもフィリピン率がやたら高い。

IMG_2317

地方都市のフィリピンパブは果たして都心から流れて来たものか、という仮説。

IMG_2320

かつては青線も存在したそうですが、どの建物がそうかという確証は持てません。しかし匂う建物はいくらでもある。

IMG_2325

ネオンでナイトクラブ。素晴らしい。

IMG_2329

かつては日本人のホステスさんが多く働き賑わいを見せていた街も、高齢化や人口の減少、景気の悪化など様々な要因で現在のフィリピンパブ街に変化して来たのでしょう。

IMG_2327

去年入ったスナック麻亜紗のある裏路地。今回も顔を出しましたが、ママさんは元気でいらっしゃった。

IMG_2331

その裏路地の裏側。空き地にポツンと取り残された祠。

IMG_2333

このスナック花咲もちゃんと営業しています。

IMG_2335

大通りを渡って両毛線の線路にも近い町外れにも怪しい路地裏スナック街が。

IMG_2336

くの字に曲がった路地。暗渠でしょうか。

IMG_2338

高架線の線路を潜った先、入り口が斜めといういかにもな造り。その脇を入って行きます。

IMG_2339

この辺りは廃墟と化していました。

IMG_2340

なんか、凄まじい荒れ方です。現在では空き地や駐車場の多い歯抜け状態の街ですが、スナック街が確認できる範囲の広さから見て、昭和の最盛期はかなり広範囲にわたって歓楽街が広がっていたと想像出来ます。

IMG_2368

夜は自転車を返して去年も訪れた居酒屋『鳥元』さんへ。

IMG_2366

串一本80円〜という安さ。しかも美味い。地元の常連さんたちに愛されているお店です。

【日記】新橋の大衆居酒屋

奧が深すぎるだろうと敢えて避けて来た新橋開拓を始めて一年。立飲み屋をほぼ網羅していよいよ次のステージ、居酒屋探索に突入します。自分は一体どこを目指しているのかと心の隅で思いながら。

DSC_0100

今までなぜ存在に気づかなかったのかと思うほど渋い外観の、有楽町寄りのガード下にある居酒屋『羅生門』さん。居酒屋というより元は屋台だったような雰囲気。たまたまipadを忘れて死にかけのスマホカメラのため、画像が滲んでます。

20180418_174737097

焼き鳥メインで二本180〜190(注文は二本から)と、かなりお安い。ただ焼き鳥以外はポテサラも煮込みもヤッコも480と高め。飲み物は瓶ビールと缶チューハイ、清酒のみ。有楽町ガード下のとんとんや上野アメ横の大統領に近い雰囲気がありシチュエーションは最高なのですが、個人的にはなんか違うというか、観光地的な空気を感じました。あくまでも好みの問題として。

IMG_2160

何度か入った『立ち呑み新橋店』の隣に『大統領』という店があります。ここはシャーベット状に凍らせた金宮焼酎で作る割り物、いわゆるシャリキンが飲めるという話を、新橋駅前ビル地下で飲んでいる時に他のお客さんから聞いてました。これは行かねばと仕事帰りに寄ってみましたが、なんと二人以上でないと入れないと門前払い。残念。
居酒屋巡りは幸先の悪いスタート。ひとり酒は大人しく立ち飲み屋に行けってことかな?

IMG_2163

仕方なくと言うと申し訳ないですが、近くの立ち呑み屋『かねまさ』さんに入店。

IMG_2161

なんと嬉しい事に18:30までは生(通常450)、ハイボール、ホッピー、ウーロンハイ、お茶ハイなどが290均一。ちなみに焼酎は金宮。写真はサクラマスのお刺身です。刺し身が美味い。一軒目に立ち寄るにはちょうどいい感じです。

IMG_2165

線路の方に歩いて行くと、立ち飲み『へそ』烏森口店が。今回はスルーしましたが、そのうち。

IMG_2167

ガード下に一軒の立ち飲み屋を発見しましたが、店内にお客さんが一人も居なかったのでスルー。

やはり新橋は難しいです。マメに店を巡って行かないと、正直なところ当たり外れがスゲーある。結局、安定の新橋駅前ビルに落ち着くのかな……。

福岡県博多、夜の中洲〜志免町、志免鉱業所竪坑櫓

福岡博多の屋台について、中洲は観光地化されており、最近では天神の屋台街に地元の方が集まるとの事。しかしおよそ10年前に中洲で飲んだと言うこともあり、今回はメジャーな中洲界隈で夜を過ごすことにしました。

IMG_1552

中洲の歓楽街がまず目を引いたのは大洋映画劇場。終戦直後の昭和21年、当時まだ焼け野原だった博多に戦後初の娯楽施設としてオープンしたそうです。

IMG_1554

裏通りを入って行くと、なかなか渋い建物が目に付きます。

IMG_1556

このような地元感溢れる大衆酒場が非常にそそられるのですが、店内は超満員でした。

IMG_1558

いい感じの路地裏があったので、とりあえず入ってみます。この人形小路には古いスナックと若手が新規開店したような店とが混在しています。

IMG_1563

路地の出口にある「あほう鳥」に入り、モツ鍋を堪能。ビールに合う!

IMG_1569

いい感じに酔ったところで屋台街に行きました。地元のサラリーマンと観光客でごった返しています。

IMG_1577

南端の屋台「峰ちゃん」に入店。店じゅうに名刺が貼られています。

IMG_1575

芋焼酎ロックを注文。しかしコップになみなみと注がれた焼酎に小さい氷が二つ入っているのみ。焼酎はストレートたい!とでも言わんばかりで、酔いが回る回る。

2DD7F4A1-8EFC-4591-811D-A802491B9E5E

翌日、昼までガッツリ寝て福岡空港の近くにある志免炭鉱跡に寄りました。こちらは地下坑道より斜めに搬出する坑道口。

IMG_1580

そして圧巻なのがこの重要文化財に指定されている竪坑櫓の廃墟。

IMG_1582

ここ糟屋炭田志免鉱業所は日本で唯一の国営炭鉱で、明治39年より採掘が始まり昭和39年に閉山。

IMG_1584

鉄筋コンクリート造ですがところどころ表面のコンクリートが剥離しており、当然ながら立ち入り禁止。しかしよく残っていると思います。

1BEC1068-E5B9-4113-939F-4287C162C257

開山当時は海軍の管轄でしたが、戦後国鉄に移管されたそうです。

IMG_1585

高台に建つ竪坑櫓の下には旧国鉄勝田線の廃線跡があります。

IMG_1587

竪坑櫓の下には志免鉄道公園があり、筑前志免駅跡の線路とホーム、踏み切り、信号などが残されております。

IMG_1591

勝田線は先日紹介した宮原線同様第1次特定地方交通線に指定され、1985年4月1日に廃止されました。国鉄の分割民営化を控えたこの時期、かつて炭鉱で栄えた九州北部でも数多くのローカル線が廃止されています。

5C2BC146-4413-4716-8505-E7E4A38A8620

線路跡は大部分がそのまま緑道となり、上亀山の方まで続いています。

今回の九州旅行はこれまで。それにしても行きたい場所がまだまだあり過ぎて、全然周り切れませんでした。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ