銭湯

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

埼玉県秩父市(2)、秩父市街の産業遺産と三業地

続きです。

IMG_2811

少し戻って路地を北へ。長屋のように連なっているのは秩父銘仙(織物)出張所。手前から1号2号3号棟となっており、昭和元年建築の登録有形文化財です。

IMG_3140

現在は中を改修してオシャレカフェやバー、蕎麦屋などが入っていました。

IMG_2812

2号棟と3号棟の間は通り抜けられるようになっています。

IMG_3147

国道73号に戻ります。銘仙(織物)問屋柿原商店。登録有形文化財です。

IMG_3148

さて、こちらは秩父駅も近い下平通り。この辺りはかつて料亭や置き屋、待合などが軒を並べる三業地だったそうです。

IMG_3149

旧「花月」と言われている建物。ステンドグラス風の飾り窓が素晴らしいですが、現在はヨガ教室とか。

IMG_3150

こちらも花街らしい建物。この辺りの建物はなぜか文化財指定されていません。

IMG_2813

左手にはこれまた古い長屋が。手前には蕎麦屋「楽蔵」さんが入っています。

IMG_3152

その奥、蔵が併設されているところを見るに商家でしょうか。

IMG_3154

線路から離れるごとにノコギリ屋根の織物工場跡が目について来ます。影森や三峰口など秩父鉄道線の奥の方に行けば、沿線に蚕の餌である桑畑が広がっています。ここ秩父地方の山間部にはかつて養蚕農家も多く、毛織り物産業を支えていました。

IMG_3162

裏に廻れば木造のノコギリ屋根。桐生の街を思い出します。

IMG_3158

秩父駅に向かう途中にあった銭湯の「たから湯」。長屋住まいの工場労働者たちが汗を流していたのでしょうか。

IMG_3157

「たから」と読めない。ここも残念ながら月曜定休のため入れませんでした。

IMG_2816

仕方ないので猫で癒されます。

IMG_3169

明治初期に建てられたという商人宿「秩父館」。今で言うビジネスホテルみたいなものでしょうか。現在は地元の方々が手芸品や陶芸品を展示販売するスペースとなっています。

IMG_3168

店頭では地元農家の方々による野菜も販売。改装しているとは言え軒下の造りなど見応えが有ります。

IMG_3170

明治33年に芝居小屋秩父座として開業した松竹秩父国際劇場跡。昭和58年に閉館。正面の外観のみ当時の面影を微かに残すのみで、中は大幅に改築されています。

IMG_3172

こちらは秩父駅前唯一の飲み屋街。特に期待するような路地裏感はありませんでした。
秩父と言えば夜祭ぐらいしか人が来ず、観光地としてはマイナーです。西武も箱根や軽井沢の観光開発には力を入れるクセに、お膝元では去年やっと西武秩父駅を再開発した程度。もっとも古い街並みの景観としては川越に敵わないし、結局期間限定の芝桜と夜祭に頼っている部分もあるように見えます。
しかも先月の27日、秩父鉄道を走るSLが故障。機関車に連結している炭水車の車両と台車をつなぐ接続部に金属疲労による亀裂が見つかり、復旧には長期間かかるそうで10月から11月の行楽シーズンの運休を決めたそうです。夜祭には間に合わせようと考えているのかも知れませんが、大きな打撃でしょう。

埼玉県秩父市(1)、秩父市街の文化財建築群

秩父鉄道御花畑駅に降りるのは20年ぶりぐらいになりますが、雰囲気が全く変わってない事に喜びを覚えてしまいます。

IMG_3108

この狭さ。ただ芝桜駅などという余計な通称が。しかしこの御花畑駅駅舎自体も大正7年建築の登録有形文化財です。

IMG_3106

ホーム脇のレストランは廃業していますが、建物はそのまま。派手に再開発された西武秩父駅とは対照的に時が止まったままです。

IMG_3110

さて、線路の西側、番場通りを秩父駅方面に向かって歩いて行きます。駅からちょっと歩けば素晴らしい建物が。明治41年に開業された旧「片山医院」。

IMG_3112

その先の昭和通りとの交差点、右前方になんともそそる「小池煙草店」。昭和元年建築の登録有形文化財。

IMG_2810

左手には現在飲食店になっている旧「大月旅館別館」。なんか派手に塗り直されていますが、大正15年建築の登録有形文化財。

IMG_3115

さらに左手、煙草店の斜向かいに建つのが創業大正5年、味噌漬け肉の「安田屋」。昭和5年建築の登録有形文化財です。

IMG_3119

安田屋の奥に連なっているのは同じ造りの旧カフェ「パリー」。現在は食堂を営まれていますが、訪れた時は開店前で入れませんでした。

IMG_3126

パリーの裏手は狭い路地となっております。

IMG_3127

生活道として普通に人が行き来していますが、裏から見ても古いまま、特に手を加えられていないのが凄い。

IMG_3121

文化財建築だらけの交差点を左に曲がり昭和通りを西へ。さらに左手の路地を入ると銭湯のクラブ湯が有ります。

IMG_3122

昭和12年創業で、何をさておきクラブ湯というネーミングがたまらない。しかし残念ながら月曜定休のため入れず。いずれリベンジ入浴したい物件です。

IMG_3132

昭和通りに戻って引き続き西へ外れて行くと住宅街。北側に一本入った中に建つ近藤歯科医院は昭和5年建築の登録有形文化財です。

IMG_3129

裏手に廻れば立派なお屋敷の裏に煉瓦塀が残っていました。

IMG_3134

さらに西へ。この辺りは毛織り物産業で栄えた紡績工場の跡が目に付くようになります。

IMG_3136

この建物も紡績関係かと思われますが、詳細は不明。

IMG_3137

国道73号に出たところに建つ肉味噌漬けの「せかい」。創業大正4年。

IMG_3138

二階は料亭のようになっていたのでしょうか。

続きます。

板橋区成増、成増マーケット〜和光市の銭湯

今回は仕事で成増へ少しだけ通います。ギリ板橋区。少し歩けば埼玉県和光市という、東武東上線の県境になります。

IMG_2804

南口右手のすずらん通り商店街を歩いていると、成増マーケットの看板が。これは闇市系マーケットの発見かと心踊らせながら潜入。

IMG_2805

ところが中は肉屋さんが一軒残るのみで、後はそのほとんどが沖縄居酒屋『島人』さんとなっていました。過去の画像を探したところ、東側入り口の右手にはお茶屋さんがあったようです。

IMG_2807

マーケットを西側に抜けると、すでに『島人』さんの看板しかありません。しかしかつては小規模な商店街だったのでしょうか。

IMG_2812

そんなことを思いながら島人さんで仕事終わりのビール。お疲れセット(カウンター席限定)が生二杯とおつまみ二品で1000円。冷奴が島豆腐なのが嬉しい。美味いものだからついつい三杯目と三品目まで頼んでしまいました。立ち飲みではありませんが、ここは帰りがけ毎日通ってしまいそうです。

(追記・2018年7月27日)
大泉学園の井頭泉緑地から流れる白子川のほとり、埼玉と東京のちょうど県境辺りでギリ埼玉県和光市に含まれる辺りを歩きます。

IMG_2813

荒川水系支流の谷間、かなりでかい旧家なんかがいきなりあったり。

IMG_2815

住宅街の中、立派な銭湯がありました。見事な唐破風屋根の入り口を潜れば昔ながらの銭湯建築。浴室に入ればこれまた見事な富士山のペンキ絵が目を引く。お風呂は天然石と溶岩石を組んだ岩壁から循環濾過したお湯が滝のように流れ落ちるという見事なもの。仕事の汗を洗い流しました。(地図)

IMG_2816

風呂上がり、坂を少し登ったところの角に小さなスーパーがあったので缶ビールでも買おうかと思ったところ、ちょうど近くの牛房バス停に成増行きのバスが来たので飛び乗り、結局『島人』でオリオンビール。疲れが取れます。

神奈川県横須賀市、観音崎の戦争遺構群(後編)

続きです。とにかく暑くて死にそう。

IMG_2754

山頂付近の尾根道を歩いていると途中、橋が掛かっています。その橋から下を覗くと、えらい深い切り通しが。ここは明治期の砲台建設の際、資材搬入などで使われたそうです。

IMG_2782

近くで見たいと下に廻って見たところ、立ち入り禁止の上に深い藪に覆われていました。

IMG_2757

頂上付近は児童公園でアスレチック施設などがあるのですが、そこここに赤煉瓦の土塁が顔を覗かせています。

IMG_2759

ここは腰越堡塁と呼ばれる砲台跡で明治29年竣工、大正14年除籍。

IMG_2761

最後に観音崎の北西側、海水浴場の少し上にある三軒家砲台跡を訪れました。入り口の門柱は当時のもの。

IMG_2763

坂を下って行くと左手に地下弾薬庫の入り口が。

IMG_2768

さらに下って行くと三ヶ所の砲台跡が。

IMG_2766

この砲台跡は27㎝カノンという当時最大の大砲を備えていたため、関東大震災後に復旧されて昭和初期まで使われました。

IMG_2767

そのためかここには当時の陸軍の迷彩塗装がはっきりと残っています。

IMG_2765

砲台と砲台の間には地下施設へ下る階段と赤煉瓦塀が見事に残っています。

IMG_2776

こちらの砲台跡にも鮮やかな迷彩塗装が。

IMG_2773

こちらも地下施設への階段。指令所などがあったのでしょうか。

IMG_2780

その証拠に地下からの指示が聞こえる穴が。潜水艦の声を通すパイプのようなものです。

IMG_2778

一番奥には観測所付属室が。中に入って見たい。

IMG_2769

砲台の背後にはこのような切り通しがあります。

IMG_2770

坂の上に弾薬庫があることから、ここを通って弾薬を運んでいたのでしょうか。

IMG_2781

三軒家砲台跡、観音崎海水浴場側の門柱。そんな訳で非常に内容の濃い戦争遺跡でした。この周辺にもまだまだ遺構が多く残されているのですが、いかんせん暑くってギブアップです。

IMG_2786

最後に汗を流そうと京急大津駅近くの銭湯、宮本温泉に立ち寄って来ました。3時オープンから30分しか経ってないのに地元の方々がすでに8 人ほど入られています。 (地図)

IMG_2789

温泉分析表などが見当たらないと思ったら、ここは温泉ではなく実母散薬湯という薬湯だそうです。ちなみに薬湯浴槽は露天風呂。見事なオレンジ色をしており匂いも紅茶っぽい。なかなか良いお湯で、サッパリしました。

神奈川県横須賀市田浦(1)、皆ヶ作のカフェー建築

神奈川県横須賀市、京急田浦駅周辺に行ってまいりました。

IMG_2454

駅から少し南に下った所より海に向かって仲通り商店街というアーケードがあります。現在ではすっかりシャッター商店街と化していますが、ここにはかつて皆ヶ作という花街がありました。

IMG_2457

ここ田浦にはかつて大日本帝国海軍工廠造兵部(現在の東芝ライテックの工場)や海軍防備隊などの施設がありました。そのため大正から昭和に掛けて、大変な賑わいを見せていたそうです。

IMG_2455

かつて色街を紹介するサイトなどでは有名なカフェー建築が商店街の近くにありましたが現在では解体されてしまい、僅かに匂いの残る建物が数軒残るのみ。

IMG_2461

商店街を海に向かって右側、少し路地を入った所にある割烹飯田屋。

IMG_2453

こちらは商店街の真ん中にある銭湯。まだ現役のようです。

IMG_2462

路地裏に僅かに残る飲み屋街へと入って行きます。

IMG_2463

玄関の上にあるライオンの顔。数少ない私娼の名残りです。

IMG_2464

扇の意匠。カフェー建築の名残りです。

IMG_2469

商店街を抜けて左手の住宅街に入った所に、元料亭だった建物。

IMG_2470

ナスを象った窓。この辺りにはかつて40軒ほどの私娼館があったそうです。

IMG_2472

バー『城』跡。見事なカフェー建築です。

IMG_2474

道が狭く引きで撮れないのがもどかしい。曲線を多く使った建物。

IMG_2476

その二階部分には、いかにもな窓が残る。

IMG_2478

隣にはバー『一ニ三』。現在まだ営業しているかは不明ですが、最近まで営業してたとか。

IMG_2483

崖の中腹に廃墟がありますが、こちらは大正15年竣工の田浦町役場跡です。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ