鉄道写真

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

群馬県前橋市、赤城山温泉御宿総本家

 渋川の西側に聳える榛名山の麓の伊香保温泉が温泉としては有名ですが、東側に聳える赤城山にも多くの温泉が湧いています。そのひとつ、赤城山温泉へ行ってまいりました。
 伊香保との決定的な違いは交通が不便だという事。伊香保はJR渋川駅から本数の多いバスで40分ほど。渋川伊香保インターからも近く、新宿からの高速パスも頻繁に運行されています。
 対して赤城山温泉は、まず高崎または新前橋から両毛線で前橋まで行きます。

IMG_2125

 前橋駅に着いたら街の北東側にある上毛電鉄中央前橋駅までシャトルバスで移動。歩いて乗り換えると15分ぐらい掛かりそうな距離です。
 上毛電鉄は中央前橋から西桐生まで一時間に2本ペースで運行されていますが、JR両毛線の桐生からも離れており乗り換えが困難。唯一、赤城駅でのみ東武電鉄と乗り換えが可能です。

IMG_2131

 車両は京王井の頭線で使用されていたものの払い下げ。他に昭和3年製造のデハ101が動態保存されていますが、イベントの時や貸し切り運転の時しかお目見えしません。ちなみに貸し切りは一往復10万円。一人頭5千円の会費で20人集めれば動かせられます。

IMG_2130

 そしてなんと上毛電鉄では自転車を乗せる事が出来ます。熊本電鉄以外では知りませんでした。

IMG_2132

 やがて電車は大胡駅に到着。数少ない有人駅ですが、驚いたのは改札でパンチが健在な事。当然ICカードなど使えません。

IMG_2133

 大胡からは路線バス。と言ってもタクシー会社に委託している予約制のデマンドバスです。前橋市郊外は定期便の路線バスがほぼ全滅しており、このようなワゴン車によるデマンドバスがいたるところで走り回っています。自動車普及率が全国トップクラスな群馬県ならではと言った感じ。まるでタクシーのように利用出来るのに210円という安さは逆に助かりますが、タクシー会社としては複雑な思いでしょう。

IMG_2136

 しかしそのバス路線も約30分ほど走り赤城神社で終点。ここから赤城温泉までは公共交通機関が無いため、宿に迎えに来ていただきました。

IMG_2144

 送迎を待つ間、赤城神社を散策。曇りの日は新緑が映えます。

IMG_2143

 広い境内には樹齢の古い杉の大木が多く、静謐な空気が漂っていました。

IMG_2146

 赤城神社から車で20分で赤城温泉に到着。乗り換えは多いし車がないととにかく不便。まさに秘湯です。宿は三軒営業しており、一軒は廃業。

IMG_2147

 その廃業した新嶋館の脇を通ってその奥に御宿総本家はあります。新嶋館からラジオの音が聞こえて来たので人は住んでいるみたいです。

IMG_2151

 創業300年の歴史のあるこの宿、ご主人が収集された様々な物が飾られており、かなりカオスです。アフリカや東南アジアの民芸品から仏像やオブジェまで、小さなお子さんはトラウマになるかも知れない。(笑)

IMG_2153

 霧が立ち込めていましたが、窓の外は大自然。というか、えらい山奥です。

IMG_2161

 まずは露天風呂から。いきなり石像がド真ん中に鎮座しています。脱衣場には埃を被った神棚。

IMG_2162

 泉質は伊香保に近い鉄分豊富なお湯ですが、炭酸系でもあります。そして何よりも驚いたのがこの韓国料理の二色鍋のような色。真ん中で仕切られており手前に源泉が注がれています。奥は水位が少し下がっており、手前から溢れ出したお湯が溜まってゆく仕組み。

IMG_2163

 源泉温度が43度なので熱くはないのですが、手前は透明なお湯に茶褐色の湯花が大量に漂っています。奥の浴槽はぬるくなり、さらに酸化して薄緑色に濁っています。面白い。ここまで変化するものかと驚きました。当然手前の浴槽に入りましたが、温度が高くないため長時間浸かる事になり、そしたら汗が止まらない事態に。鮮度、泉質ともに極上であります。

IMG_2174

 次に内風呂です。露天風呂と違い冷めないので、こちらはちょうど良い湯加減。凄まじいのはこの温泉成分が結晶化したオリ物。まるで鍾乳石のように浴室の床面全体をビッシリ覆っています。泉質の良さの証拠とは言え、ここまでなのは初めてです。

IMG_2177

 食事はイワナの塩焼きを始め豊富な山の幸。充分満足できる量で2食付き8千円代とリーズナブルです。
 赤城山麓は湧出量の少ない温泉が分散しておりまとまった温泉街が無く、一軒宿などの小規模な温泉が散在しています。そのため路線バスなどが整備されないままの秘湯が多い。源泉温度も低めなため、源泉から少しでも離れると加温しなければなりません。そのため温泉旅館としての経営が難しい土地とも言えます。しかしさがせば素晴らしいお湯はあるもので、まだまだ開拓の余地はあります。車さえ有れば!

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

新潟県十日町市、松之山温泉と棚田

 20年ほど前に一度訪れた事がありますが、温泉にハマるようになって改めて松之山温泉に訪れてみました。

IMG_1949

 松之山温泉は山深き豪雪地帯の秘湯で、六日町から北越急行に乗り換え十日町もしくは松代まで行き、そこからバスに乗り換えて行くという、非常に行き辛い山奥にあります。

IMG_1905

 知名度はそこそこある温泉街で、雑誌やテレビなどにも紹介されており、高級旅館も多く建ち並んでいます。

IMG_1906

 宿は谷間に集中しておりとても静か。泉質も良く湯治客が多く訪れています。また1月15日には、よその村から婿入りして来た男を雪の斜面に投げ落とす婿投げ祭りという奇祭もあるので、来年の冬にでも来れたら、また来たいところ。

IMG_1899

 廃業している宿は二軒ほどしかなく、寂れた雰囲気はありません。

IMG_1900

 温泉街の中央には共同浴場もありますが、定休日の木曜日だったので立ち寄れませんでした。

IMG_1930

 宿泊したのは素泊まりと自炊湯治専門の宿、みよしやさん。素泊まり一泊4千円未満という安さ。温泉街には食堂やラーメン屋が多くあり、夜食には困りません。

IMG_1924

 自炊用の炊事場は広く、冷蔵庫や電子レンジ、食器や調理用具は自由に使えます。

IMG_1925

 ガスコンロは10分10円。かなり年期の入ったコインタイマーがあります。部屋のテレビも120分100円と今どき有料ですが、それよりも今や見る事の無くなったコインタイマーに感動しました。

IMG_1920

 お湯は庚申の湯源泉でナトリウム-塩化物泉。源泉温度が高いため夏場などは加水されていますが、基本的には源泉掛け流し。かなり強いアブラ臭で、非常に濃くガツンとくる入り心地。とても気持ちよいのですが、温度が高いため多少加水しつつ湯揉みして入ります。

IMG_1931

 建物の裏手には雪解け水の流れる沢。土筆などが群生しており春の訪れを感じさせます。

IMG_20160413_154433527

 沢は谷の入り口で地下を通ります。こんもりと盛られたような丘が流れを遮っている事から人工的な丘ではないかと思われますが、ちょっと謎。

IMG_1935

 温泉街の手前には松之山集落があります。棚田が多く、まさに日本の原風景。

IMG_1940

 ただ残念なのは、バスの車内から撮ったため多少写真がブレている事。バスは一時間に一本走っていますが、帰りの時間も迫っているのでゆっくり出来ません。

IMG_1934

 この松之山周辺の山間部には棚田百選に選ばれるような見事な棚田が多く点在しております。車の免許が有ればと、つくづく惜しまれます。棚田も山里も大好きなので、お金と時間さえあれば、一度タクシーを貸し切ってじっくり写真を撮り回りたい気分です。

IMG_1947

 バスは松代駅を通り十日町へ。この駅は北越急行の他にJR飯山線にも乗り換えられます。

IMG_1942

 雪祭りでも有名な十日町。人通りの少ないシャッター商店街ですが、町の規模は思ったより大きいです。北越急行が開通するまでは、ローカル線しか走っていない田舎町だったのに。

IMG_1943

 居酒屋も多いし日帰り入浴施設もあるし、一度じっくり回りたい街です。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

大田区池上~西蒲田、温泉銭湯はしご旅

 以前、蒲田温泉や六郷温泉の黒湯に浸かって以来すっかり大田区の温泉の虜になってしまいました。大田区の温泉は大きく分けて蒲田周辺と糀谷、大森、池上、洗足の五カ所に集中しています。今回はその内、池上周辺を攻めてみました。

IMG_20160401_114959748

 東急池上線には未だ木造ホームが多く残されていますが、大正11年開業のこの池上駅も魅力ある木造駅のひとつです。

IMG_20160401_115621513

 今ではなかなか見なくなってしまいましたが、駅構内の踏み切りを渡らなければ向かい側の五反田方面行きホームに行けないという、跨線橋の無い相対式ホーム。乗り遅れた時の悔しさ倍増ですが、朝のラッシュ時には踏み切りを手動操作しているとか。

IMG_20160401_114557717

 池上は池上本門寺の門前町で、巣鴨ほどでは無いですが高齢者が多いです。住人も高齢化した下町といった感じで年寄りが多い。

IMG_20160401_114136537

 そんな池上駅の北側ほど近くに、久松温泉があります。火曜日定休、10:00~24:00。

IMG_20160401_114112995

 建物は立派な鉄筋コンクリート造。しかし中の設備は竣工当時からあまり変わらないのか、なかなか古さを感じさせます。東京都の銭湯料金460円を払い中へ。

20160401_113520_515

 浴室はかなり広く、普通の浴槽とジェットバス、電気風呂、温泉浴槽が温めと熱め。どれも広々としています。さらにサウナと水風呂も完備。
 肝心のお湯はナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉ですが、まず、鬼熱い。備え付けの温度計を見てみれば、なんと46度!温めの浴槽なのに、全然温くない!
 そんな熱湯風呂に地元のお爺さん方は平然と入って行く。江戸っ子恐るべし。ちなみに熱めの浴槽は温めとそんなに変わらず、恐らくは47度。46度浴槽はギリギリ浸かれましたが、熱め浴槽は無理でした。
 浴感はあまり特徴を感じないサラサラとしたお湯で、恐らくは加水していると思われます。匂いも薄め。コーヒー色のお湯は透明度10センチといったところ。

IMG_1853

 池上駅から線路を渡って反対の南側へ歩くと、住宅街の中に温泉施設の桜館があります。季節はまさに桜の季節。
 無休、平日は12:00~25:00、土日祝日は10:00~25:00。

IMG_1854

 こちらの施設、建物は鉄筋コンクリートながらもかなり古いです。二階は飲食コーナーとともに宴会場もあり、地元の町内会が宴会をするなど、昔から地域の方々のコミュニティーとして愛され続けているそうです。
 また、春から秋にかけての金土日祝日は屋上露天風呂も営業されていますが、月の前半は女湯、後半は男湯となっております。

IMG_20160402_123108

 内装はリフォームされており、かなり小綺麗。浴槽は普通のお湯がメインで、もちろんサウナも完備。温泉浴槽は窓ガラスに区切られた吹き抜け部分にあり、岩風呂となっています。
 お湯はなんと、加水無しの源泉100%の加温。透明度5センチの濃いナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉です。温度は40度とかなり温め。ゆっくりのんびり浸かれます。浴感はサラサラですが、浸透圧が高いのか、湯上がりは肌の表面がすぐ乾きしっとり感が持続します。
 また露天風呂もあるようですが、月の前半は女湯、後半は男湯という感じになっているようで、今回は入れませんでした。

IMG_1848

 隔離された温泉浴槽は吹き抜け上部の窓が全開に開け放たれ、自然の風が取り込まれております。その窓の外に桜。もう少し遅い時期に来れば、もしかしたら黒い湯船に薄紅色の桜の花びらが浮かんでいたかも知れません。あと一週間遅ければ。

IMG_1859

 最後に訪れたのは、桜館から線路を渡って北東に行った、西蒲田にある黒湯温泉。駅で言えば蓮沼が近いかも知れません。こちらは昔ながらの銭湯と行った感じで、サウナなどはありません。また、ここにも露天風呂があるようなのですが、ここも月の前半は女湯、後半は男湯となっており、入れず。

IMG_1861

 まさに下町の銭湯。浴室のペンキ画の富士山も見事です。温泉浴槽は狭く追いやられている感じですが、ここのお湯は加水していそうなんですけれども、なんか濃い。ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉のお湯は43度のちょうど良い湯加減。湯船に浸かれば、キタ!鼻を突くミントガム臭!
 ここはけっこう好きになりました。

※追記
 第二日の出湯は2017年10月31日をもって閉業となりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

茨城県鹿島鉄道廃線跡(3)、浜~坂戸

 八木蒔集落には北浦沿いの旧街道が通っており、その背後には森に覆われた丘が迫っていました。そのため線路は森の中を貫くしかなかったのでしょう。

IMG_1713

 八木蒔集落から鉾田方面に進むと廃線跡も森を抜けて顔を出します。

IMG_1717

 次の駅は浜駅。かつては渡し船の埠頭があったりして栄えていたそうですが、そんな面影は全くありません。

IMG_1715

 この駅もつい最近まで駅舎が残っていたらしいのですが、ここもまたソーラー畑に。かつて駅だったと分からないくらい、跡形も無く消え去っていました。

IMG_1720

 浜駅を過ぎると廃線跡は霞ヶ浦を離れ、県道の下を潜ります。

IMG_1721

 そして切り通しを抜けて玉造市街地へ。

IMG_1724

 玉造市街地の外れにある老舗旅館。県道から分岐した旧道には古い建物が多く残っています。

IMG_1725

 鉾田線の路線図は『レ』の字の形をしており、玉造はちょうど折り返し地点となります。霞ヶ浦から北に枝分かれしている付け根辺りで、対岸へと渡る霞ヶ浦大橋もあり、かつては港町としても栄えた交通の要衝でした。

IMG_1726

 玉造駅前商店街。突き当たりにはかつて玉造駅がありましたが、現在はただの行き止まり。

IMG_1728

 駅舎は跡形もなく消え去り、だだっ広い空き地に。駅待ちのタクシーが虚しく佇んでいるのみ。写ってませんが、左手では住宅地が造成されています。

IMG_1729

 唯一の面影はレールで立てられた柵のみ。

IMG_1733

 ただ、廃線跡をなぞる路線バスは律儀にも旧駅前を経由してくれます。
 玉造から坂戸までの廃線跡はバス路線と少々離れ、なおかつ森林と田園の中を走ります。情報によればこの区間、駅舎は完全に撤去されたそうなので、バスで一気に飛ばしました。しかし後で調べたところ途中気になる神社があったので、後日もう一度訪れてみたいと思います。

IMG_1737

 バスに乗り坂戸バス停で降りると踏み切り跡が見えました。この先、玉造方面に少し戻った森の中に坂戸駅があります。

IMG_1745

 裏手の森の中に廃線跡があるんだなと思いながら坂戸集落を歩き続けるも、駅入り口らしき交差点は見当たらず、人一人通れるくらいの道を見つけ、まさかここじゃないだろうと私道のような道を入って行ったらありました。終点の鉾田から一つ手前の坂戸駅。こちらも八木蒔同様森の中の駅となります。

IMG_1741

 最近まではレールも残っていたとか。プラットホームには雑草が生い茂っていました。

IMG_1744

 鹿島鉄道廃線跡探訪、ひとまず今回は以上となります。本当は鉾田まで行きたかったのですが、本数の少ない路線バスと徒歩での探索なので、これが限界です。それにしても歩いた歩いた。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

茨城県鹿島鉄道廃線跡(2)、小川高校下~八木蒔

 小川南病院から坂を下ると、田んぼの真ん中にぽつんと小川高校下駅跡が残されています。

IMG_1669

 駅名表示板やミラー、信号機などは取り外されていますが、それでも往年の雰囲気を今に残しています。

IMG_1673

 地元の子供達が学校行事でペイントしたのでしょうか「未来へ走れ!鹿島鉄道」の文字が、虚しくも時代の流れを思わせます。

IMG_1685

 廃線跡はこの辺りで霞ヶ浦に最も近づきます。およそ40年ぐらい前の私がまだ子供だった当時、大した山も川も海も無く、ただ平坦な葦の原野が広がる光景に愕然とした記憶があります。山奥の部落育ちにとって海はリアス式、川は渓谷というイメージがあり、関東平野つまんねー!というカルチャーショックでした。

IMG_1682

 琵琶湖同様観光地としてはガッカリな景色で、写真を撮るとしたらこのような物になります。小さな漁港の端に伸びたバラックは、漁関係の小屋でしょか。

IMG_1680

 土手の上を走る廃線跡の途中、漁港への生活道が潜る所に小さな鉄橋。

IMG_1681

 銘板を見ると、なんと大正15年造。大正13年に鹿島参宮鉄道として石岡~小川間が開業し、大正15年に小川~浜間が開業しているので、まさに開業当時のままの鉄橋という事となります。

IMG_1689

 次に訪れたのが旧桃浦駅跡。

IMG_1695

 つい最近まで駅舎(待合室)が残っていたそうですが、タッチの差で解体されてしまいました。ベンチだけが無造作に置かれています。

IMG_1690

 プラットホームだけが当時の面影を残しています。現在はソーラー畑が広がる。近年、電力の自由化や放置された農地などの再利用などから、地方ではソーラーパネル発電施設(個人的にソーラー畑と呼んでいる)が急速に増えて来ました。

IMG_1696

 他に残っているのと言えば駐輪場跡に積み上げられた廃材。

IMG_1700

 次の駅は八木蒔。桃裏からはバスで移動しました。丘の上を走る県道から森の中へ。そこに突如現れた八木蒔駅跡。県道からのアプローチが林道のような狭い道を下っていくので、非常に分かり辛かった。

IMG_1702

 駅名表示板や時刻表などは撤去されていましたが、ホームと待合室はしっかりと残っています。

IMG_1706

 八木蒔集落の奥にあたるこの駅。なぜこんな森の中に造られたのだろうか。ともあれシチュエーションが凄い。

IMG_1710

 霞ヶ浦へ向かって坂を下ると八木蒔集落があります。しかしここ、廃屋がやたら多い。過疎でしょうか。

IMG_1709

 また、この集落の表札を見ると土子さんがやたら多い。沿線の駅跡地の宅地開発でよく目にした不動産会社、土子商事と関係あるのでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ