遊郭・カフェー建築

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

神奈川県横須賀市安浦、赤線地帯だったちょんの間跡地

 赤線跡を巡るブログなどではさんざん紹介され尽くした感がありますが、以前より行こう行こうと思いながらなかなか機会がなかった横須賀安浦に行ってきました。

IMG_1125

 安浦の私娼街跡は京急の県立大学駅から海の方へ進み、国道16号線を渡った一帯になります。

IMG_1120

 安浦は皆ヶ作、柏木田と並ぶ横須賀三大私娼街の一つで、大正時代、安浦漁港の近くに作られた色町が発祥。戦後、横須賀の進駐軍相手に栄えたのが最盛期で、売春禁止法以降は細々と続いていました。それも2010年頃の一斉摘発まで、ちょんの間地帯として生き残っていたと言うから驚きです。

IMG_1112

 現在は至って静かな住宅街ですが、街のいたるところにカフェー建築の名残りが見受けられます。写真は銭湯『日の出浴場』隣のモザイクタイル。

IMG_1109

 廃業した床屋さん跡地ですが、入り口脇のガラスには良美軒の文字が。床屋または理容室で良美軒て屋号はどうかとか考えてしまいますが、そんなふうに考え始めたらキリがない。

IMG_1113

 私娼館だった建物、という確証はありませんが、限りなく疑わしき建物。入り口の数や築年数などから、恐らくは。

IMG_1114

 とは言え、現在では普通の民家として住んでいる方がいらっしゃいます。

IMG_1116

 どうやら住民の方々としてはこの地域が私娼街だった事を黒歴史として消したいという思いがあるようです。その証拠に住民の要望によって京急安浦という駅名も県立大学へと変えられたとか。

IMG_1121

 工務店の事務所ですが、とても工務店には見えない建物。

IMG_1122

 現在残っている建物の中では、こちらが一番面影を残しているようにも思えます。安浦を撮影した先輩方のブログを見るに、つい最近まではもっと見事なモザイクタイルの残るカフェー建築が有ったのですが、ここ数年で解体されてしまったようです。

IMG_1119

 二階の床付近の小窓は、熱海の建築物でよく見られた、掃除用掃き出し口です。昔は箒で外に掃き出し、あとは風が飛ばしてくれるという考え。

IMG_1123

 こちらの窓も特徴的です。しかし何度も繰り返すようですが、どれも現在は住民が静かに暮らす住宅として使われているので、あまりパシャパシャ写真を撮るのも気が引けます。なので、こっそり撮りました。(笑)

IMG_1124

 安浦地区の海側はかつて漁港のあった埋め立て地で、巨大なマンションが林立しています。安浦は新築の一戸建て住宅も多いので、再開発される事はないと思われますが、この『いわく付き』の歴史を風化させなければ、地価などにも響くのかも知れません。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

墨田区玉の井、赤線地帯跡のカフェー建築

 旧・赤線地帯としても有名なのが、東武東向島駅北側、玉の井いろは通り商店街周辺の『玉の井』という地区です。花街の面影はもうほとんど残っていませんが、狭い迷路のような路地を探検すると、それらしき建築物をちらほら目にする事ができます。

IMG_3564

 玉の井とは戦前より昭和33年の売春防止法施行まで賑わいをみせた私娼街で、永井荷風の小説『墨東奇騨』、滝田ゆうの漫画『寺島町奇騨』の舞台としても有名だそうです。(出典:wikipedia)

IMG_3566

 その建築物が今では普通に民家として使われています。

IMG_3567

 この狭く曲がりくねった迷路のような路地は、警察の追跡から逃れるためとの事。

IMG_3573

 この写真の建物は確かネットなどでも見た覚えがあります。路地から路地へ迷走した末に見つけた時は、感動。

IMG_3575

 モザイクタイルこそありませんが、構造は当時の面影を十二分に残している、いわゆるカフェー建築と呼ばれるものです。

IMG_3577

 この『かどや』という屋号がいかにもそれっぽい。しかし確証は無いです。

IMG_3578

 この、角に入り口がある造りといい、右手の微妙な出窓といい、かなり匂います。

IMG_3568

 モザイクタイルがそのまま残る床屋さんの跡。ここは昔から床屋さんだったのではないかと思われます。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

静岡県熱海市(3)、今に残るカフェー建築

 お宮の松から綺麗に清掃された海岸線を南西に歩き、中心街を散策します。

IMG_3833

 熱海銀座商店街を越えるとスナック街。さらに糸川を越えれば、赤線跡である遊廓建築がかなり残されていました。
※上の写真の建物は2015年12月に訪れた際、既に解体されて更地になっていました。

IMG_3843

 熱海の街は昭和二十五年の大火で街の大部分が焼失してしまいました。そのため熱海の遊廓建築は大火以降の物となります。‌‌

IMG_3834

 それでも当時の面影をこれほど色濃く残している場所は全国的にも稀であります。‌‌

IMG_3838

 左官彫刻も見事。熱海の街は至るところに昭和の名残が残ってます。

IMG_3831

 赤線地帯の外れにある第一交通タクシーの配車センター。こちらの建築物も見事で、遊郭跡なのかも知れません。

IMG_3850

 こちらは雑居ビルのテナント案内板。漢字が渋いが何も入ってないところが虚しい。‌‌

IMG_3851

 ひと通り撮影を終えて寿司屋に入り遅めの昼食。絶品の寿司を堪能。色んな意味ですっかりお腹いっぱいになりました。‌‌
 熱海銀座商店街を抜けて駅までの坂の登り口。かなり老舗な和菓子屋さんがあります。‌‌山の上の竜宮閣同様、大火を逃れた建築物なのかも知れません。

IMG_3853

 もう何も食えません。と思いながら坂を登って行きます。‌‌

IMG_3854

 すると途中、一気に脱力する看板を発見。思わずシャッターを切りました。‌‌

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

静岡県熱海市(1)、昭和の熱海、竜宮閣・日航亭大湯
静岡県熱海市(2)、観光産業の光と影
静岡県熱海市(4)、来宮の山沿い〜山田さんちの山田湯
静岡県熱海市(5)、2015年末で閉鎖される水口第一第二浴場
静岡県熱海市(6)、坂の途中の建築物と海沿いの廃墟
静岡県熱海市(7)、旧赤線地帯再訪〜渚町
静岡県熱海市(8)、龍宮閣に再訪・福島屋旅館・駅前浴場
静岡県熱海市(9)、山にめり込むヘアピンカーブ
静岡県熱海市(10)、熱海花火大会2019〜熱海パサニアクラブ

大阪市西成区(1)、飛田新地

 現代に残る遊郭建築。そこに残る赤線地帯、飛田新地です。

IMG_0483

 午前中なら撮影できるかと行ってみましたが、何軒か開いてる場所もありました。本来この場所でカメラを構えていると、怖い人に摘み出されるそうです。人目を憚っての撮影。

IMG_0472

 玄関先に女の子が座り、やり手ばばあが声を掛ける。連れ(女)が中を覗くと、決まって女の子は団扇で顔を隠してました。

IMG_0479

 東京で言う所の、かつての吉原遊廓と同じく。一画を隔離する塀や、大門の跡も残っているそうです。(残念ながら発見出来ませんでしたが)

IMG_0480

IMG_0481

 昭和三十年代の売春行為規制法にて日本から遊廓という物は消滅したそうですが、この一帯は『料亭』と言う名目で、場所を変えずに存続している。つまり赤線です。

21A0C47D-37D3-4925-89A2-A70102292D5D

 昭和四十年代にも規制がありましたが、今や根強く生き残った唯一の違法娼館と言っても過言ではありません。吉原がもし全焼していなかったら、現在のようなソープランド街が別の場所に建てられる事も無く、このような形で残ったかも知れません。

IMG_0473

 飛田新地の中にある、完全予約制の料亭。大正時代の建造で遊郭だった建物をそのまま料亭にしております。

IMG_0532

 往年の華やかさというか、人によっては悪趣味にも映るような派手でケバい装飾。文化財に指定されています。

IMG_0519

 食事は鯛ちり。美味い上に量も多く、おなかいっぱいです。料亭と言っても、とってもリーズナブル。飲み放題も付いて、一人4~5千円です。

IMG_0521

 大阪にはまだ松島新地などの同様の場所もあり、他の地方都市などでも同様の物がもし有れば、行ってみたいです。

撮影・2009年8月

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ