路地裏飲食店街

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

栃木県足利市(3)、狭すぎる路地裏スナック街跡

続きです。中央通りを西に進み、スーパーフレッセイの裏手辺り。一見住宅街に見えますが、一歩路地に入ればスナックなどが多く点在しています。

IMG_3045

とりあえずグルグル周ってみました。全ての路地を網羅した訳ではありませんが、時間の許す限り歩いていきます。

IMG_3057

先に進みます。路地の狭さが半端ないです。そんな狭い路地にスナックの入り口。隠れ家にもほどがある。

IMG_3066

廃業して相当の時が経っているのか、解体され更地や駐車場になってしまった場所ばかりではなく、このような廃墟も残されております。

IMG_3065

廃墟はスナックだけでなく板張りの木造住宅も。

IMG_3063

お茶漬け屋さん。シメでサラサラ行きたい所ですが、営業しているかどうかは夜になってみないと分かりません。

IMG_3064

その左手前にはこんな看板が。そう、ここは住宅街ではなく盛り場だったのです。

IMG_3048

一帯の一番奥は山。駅からだと北西の方角になりますが、市街地の端にあたります。左側のスナックはGoogle Mapで確認したところ営業している様子。

IMG_3050

その脇を入って見れば小料理屋のような佇まい。ただそこまでのアプローチに違和感しかない。

IMG_3049

新しくても戦後間も無く。戦前建築は余程しっかりした建物でない限り倒壊していると想像します。

IMG_3051

奥に見えたスナックの看板の所まで歩き振り返る。路地は狭くて未舗装なのが基本のようです。

IMG_3046

もちろん車道沿いにもスナックが。手前はすっかり解体されて駐車場に。

IMG_3053

再び路地へ。かつては相当な件数の飲食店がひしめき合い、さぞかし賑やかだったのでしょう。

IMG_3072

民家と民家の間、裏庭に抜けるひとんちの敷地としか思えない隙間の奥にもスナックの跡が。

IMG_3061

少し暗くなって来ました。いきなり見事な木造建築。欄干も無く代わりにノコギリ屋根がある事から織物工場の跡かと思われます。その向かいにもスナックの跡があります。

IMG_3071

やっと灯りがともり始めた。と思ったら美容室でした。髪結いなどもやっていたのでしょうか。

IMG_3059

現役の銭湯。以前は工場も多かったそうで、労働者たちが仕事の汗を洗い流し夜の街へと消えて行った事でしょう。足利市駅近くの居酒屋のママさんも、すっかり働き口が減ってしまい、都内まで通勤するか、都内や隣の太田市に引っ越したりして、すっかり寂れてしまったと話してくれました。スバルの企業城下町である太田市と比べてしまうと、ここ足利市にはスパイス工場ぐらいしか残ってないんじゃないでしょうか。
機会が有れば泊まりがけで再び訪れたいですね。銭湯に浸かって生き残ってるスナックを探し、飲みながら賑やかだった昔の話でも聞きたいです。

栃木県足利市(2)、気になる路地と映画館跡

これまで栃木県栃木市、佐野市、群馬県太田市、桐生市と、関東平野北東部の都市を巡って来ましたが、今回は足利市です。

IMG_2974

JR足利駅の前にはEF60が雨晒しで保存されています。この機関車は1964年9月26日完成で米原や岡山など、主に関西方面の貨物列車牽引で活躍していました。なにげに鉄道の歴史の中では名機と言えます。

IMG_3077

渡良瀬川を挟んで南に東武伊勢崎線の足利市駅、北にJR足利駅がありますが、中心街は北側。東武足利市駅とその中心街を結ぶ昭和11年開通の中橋は見事なアーチ橋です。

IMG_3019

市街地を東西に貫く中央通りは交通量も多く、観光名所の足利学校などもあり栄えています。

IMG_3020

歴史の教科書にも載っている足利学校もスルーすれば、鑁阿寺(ばんなじ)も遠目に眺めてスルー。

IMG_3017

むしろその向かい側にある敗退的な光景に胸をときめかす。はい、変態です。

IMG_3021

東武足利市駅から鹿島園方面に向かうバスの車窓から発見した怪しい路地に向かいます。時刻は既に三時半過ぎ。これから急ぎ足で探索を始めます。

IMG_3022

なんだここは。と、つい口に出してしまった。

IMG_3024

振り返ってみました。赤線跡でしょうか、普通に貴重な木造建築がもんじゃ屋さんに使われています。

IMG_3028

今回の目的地の一つ、廃業映画館。足利東映プラザ映画館です。入り口のアーチが素晴らしい。

IMG_3032

1999年閉館。その後イベントや映画のロケ地などで利用されており、完全な廃墟とは言えません。

IMG_3036

併設されている建物には飲食店がいくつか入っていたようですが、見たところ現在では一軒も営業していない様子でした。

IMG_3030

料亭っぽい建物もちらほら。三業地の名残りかこの雪輪町界隈はかつて遊郭があったそうです。

IMG_3039

当時の建物かの判断は難しいのですが、花街であったのは確かです。
続きます。

目黒区恵比寿、恵比寿ストアから恵比寿横丁

最近恵比寿の現場にも通い始めました。やはり恵比寿は西も東もセレブな山手に挟まれているせいか、オサレなお店が多くあります。広尾や六本木にも日比谷線でひと駅ふた駅なので西洋人も多い。さらにメディアの影響もあり、俄かセレブも多いようです。

IMG_5195

そんな恵比寿ですが街の古さはなかなかなもので、老舗の純喫茶などもあったり。西口の少し奥まった所にある喫茶銀座。チラッと中を覗きましたが中も相当レトロです。

IMG_5199

こちらは東側にある大衆食堂こづち。昼休みはサラリーマンで満席です。

IMG_5200

日替わりランチ500円。安いけどオカズと白メシの比率!wwww

IMG_5194

駒沢通り側の東側、駅前にある恵比寿ストアは元々戦後の闇市を発祥とするマーケット。入り口の左手には魚屋さん、右手には八百屋さん。

IMG_5186

中は洋品店や金券ショップなどがあるものの、半分ぐらいはシャッターが降ろされています。

IMG_5180

こちらは裏手側。古い雑居ビルの一階通路が商店街になってる事がよく分かります。

IMG_5182

その通りの向かい側、商店街の続きのような形で続く通路があります。

IMG_5170

こちらは現在恵比寿横丁という飲み屋街になっていますが、元々は山下マーケットという市場だったそうです。

IMG_5175

中は様々な店が入り組んでカオス状態。この恵比寿横丁というのは求人、コンサルタント会社ジェイオフィス東京の浜倉氏(当時)が、シャッター商店街と化していた山下マーケットを再生させるべくプロデュースをし、起業しようとする若者を集めて、2008年浜倉氏が創業した浜倉的商店製作所の直営店「牛◯」「銀◯」「魚◯」とともに飲み屋街に仕立て上げたそうです。

IMG_5169

中ではお互いの店同士の出前もOK。魚系、肉系、おでん、スナック、ガールズバーまでが入っています。目指す所の街創りとしては非常に共感する物があるものの、結果的に客層は若く、なぜかネットではナンパスポット(一部店舗を除く)として紹介されていたりしています。なんだかなぁって感じです。

IMG_5172

二軒ほど入って見ましたが、基本高いような。恵比寿の相場が高いのか、この横丁の家賃が高いのか。

IMG_5201

ベコヒラさんにて、塩茹で牛タン1380円、生580円、お通し320円、消費税入れて2452円。富裕層の飲み方だなこれは。

IMG_20140326_125648349

因みにこちらは以前訪れた有楽町と新橋の間のガード下。なんか賑やかな路地裏だなぁと思っていましたが、ここも浜倉的商店製作所創業当時にプロデュースされたものだとか。
消えゆく路地裏飲食店街やマーケットなどの再生事業も、独立起業しようとする若者の支援も素晴らしい事です。さらに時代のニーズを見据えたプロデュースは集客という結果に繋がっているので成功と言えましょう。ただ私は行かないなぁ。昭和レトロを演出する事は田町の大和屋も好きだし否定しないのですが、なんだろう、演出による空気感と人種による空気感が決定的に違うという事だろうか。

茨城県土浦市、土浦駅周辺の町並み

土浦は霞ヶ浦の西端という立地から、水上交通の要衝として栄えて来ました。茨城県内でも水戸と柏の中間辺りにあり、丁度いい感じ。

IMG_4706

西口駅前右手には2004年に閉店となった丸井のビルが。首都近郊都市の駅前風景としては定番ですね。

IMG_4707

西口正面には1997年再開発により完成した、高層マンションを備えた複合施設「ウララ」が聳え建っています。この巨大複合施設には当初イトーヨーカドーが入っていましたが、2013年に撤退。その後土浦市役所が庁舎の老朽化もあり、思い切って駅前に移転して来ました。

IMG_4611

そもそも駅ビルの「ウィング」も2008年に閉館し、その後イオンモールが運営する「ベルチ土浦」が後を引き継ぐも2011年にイオンが撤退。この時すでに駅前空洞化現象が進んでいました。この撤退も2009年、土浦駅から西に3キロ離れた所を走る国道6号線沿いに巨大なイオンモールが完成した事にもよる。

IMG_4672

左手のビルは1998年に閉館した西友の別館。かつては右手に西友本館があり渡り廊下で繋がっていましたが、本館は取り壊されて高層マンションになってます。

IMG_4686

西友跡地の奥には1985年つくば科学万博に合わせてオープンした「モール505」。地上3階建て全長505mの日本最長と言われるショッピングモールです。

IMG_4688

ここは元々川を埋め立てて建てているので曲がりくねっています。並行して走る高架は線路を跨ぎ土浦駅の東西を結ぶ土浦ニューウェイで、同時期に完成しました。

IMG_4678

午前中なのでシャッターはほぼ閉まっていましたが、半分以上が空き店舗のようです。とは言えこの規模の大きさは大したもので、最盛期は相当の賑わいを見せていたのでしょう。

IMG_4677

しかしバブル崩壊やリーマンショック、さらには2005年のつくばエキスプレス開業でお隣のつくば市が発展。その陰で土浦市は衰退して行きました。

IMG_4675

ニューウェイの反対側、つまり元西友側です。かつては西友との相乗効果で一大商店街として栄えていた事でしょう。

IMG_4693

モール505伝いに線路から離れて行った先に、なかなかの昭和建築が残っていました。

IMG_4695

駅前に向かってメインストリート。巨大複合施設が出来る前の駅前はどんな街だったのか気になります。

IMG_4698
町外れにはちょっとした飲み屋街もありますが、空き地が目立ちます。

IMG_4704

路地裏も半分駐車場となり寂れた雰囲気。

IMG_4606

土浦駅西口の南側一帯には歓楽街が広がっています。

IMG_4599

しかし他の都市に違わずすでに駐車場が多く、歯抜け状態となっていました。

IMG_4608

狭くて暗い路地裏飲食店街もあります。

IMG_4601

袋小路型のスナック街。

IMG_4600

ただその周辺は建物も解体され駐車場に囲まれていました。

栃木県佐野市、ほぼゴーストタウンと化した路地裏スナック街

栃木市を訪れた後に少しだけ佐野駅に立ち寄りました。この両毛線と東武鉄道しか走っていない一帯。桐生と太田は訪れましたが、足利や館林、伊勢崎など、まだ訪れていないマイナー地方都市が多く点在しております。

IMG_4527

佐野駅の北口は城跡の城山公園。反対側の南口が市街地となりますが、城下町である佐野の市街地は広範囲に広がっています。かの有名な佐野ラーメンは南西の秋山川沿いに多いようですし、いずれじっくり訪れてみたい所。とりあえず今回は南口を出てすぐ東側の商店街から。

IMG_4528

寂れたスナック街に立ち寄るのが目的です。いきなりインパクトのある建物が出迎えてくれました。

IMG_4529

駅前路地裏飲食店街があるのは商店街の右側。小ぢんまりとしたバラックが建ち並びます。

IMG_4535

どうすれば看板がこんな風にひしゃげるんでしょう。

IMG_4531

すでに現役の店は皆無かと言った雰囲気の狭い路地。夜に訪れてみたいですが、佐野に泊まる機会が思いつかない。

IMG_4533

人の気配がしない。すでにゴーストタウンなのでしょうか。

IMG_4540

スナック三軒長屋。一番手前の店は辛うじて営業されているのか?

IMG_4539

左側の空き地にもかつて飲食店が建っていたと思うのですが、かつての路地裏も今では強い西陽に晒されています。

IMG_4541

路地としてはドブ板のみでかなり狭いです。

IMG_4543

そんな路地裏地帯から少し離れた 所にも廃スナックが。

IMG_4544

こちらは線路の近く。居酒屋か何かだったのか、新聞が刺さっている所を見ると民家として住まわれているのか。

IMG_4542

商店街沿いには現役おぼしきお店が。外国人パブ的なものでしょうか。そんなわけで、佐野駅前はかなり寂れまくっていまいた。市街地には他に繁華街があるのかも知れませんが、今回はここまで。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ