路地裏飲食店街

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

【日記】横浜のドヤ街寿町で銭湯からの居酒屋

日本三大ドヤ街の一つと言われている寿町の銭湯、翁湯に立ち寄りました。
過去の記事はこちら。
神奈川県横浜市、寿町のドヤ街
永楽町の温泉銭湯〜寿町のドヤ街再訪

画像 014

かつて寿町の中心には寿町労働福祉会館がありました。昭和49年に出来た公益財団法人で、職業紹介所や診療所、銭湯などが開設され、上層階は市営住宅となっております。当時は冬場ドラム缶で火をくべていたため一階の天井が煤だらけでした。

544051B4-30DC-4DE6-B640-8F0E209491CB

その施設が去年の6月に建て替えられ、健康福祉センターとしてリニューアルオープンしました。内容は以前と全く変わっていないようです。一階の屋根の下では老人たちが地べたで将棋を指していました。

1339B51A-72FC-46D8-91B5-34CA71A8EDF2

その二階にある銭湯の翁湯。洗い場も浴槽も広く清潔で、とても使い勝手が良い。

882146C6-B521-4195-A366-36F57677C846

銭湯を出ると目の前にはバラック飲み屋街。風呂上がりに入ろうと覗いて見ると飲み屋ではなくノミ屋だったりして、その両隣りもスナックだったりして、しばらく露頭に迷う。

4EF2DDB1-8DB2-4483-A89A-5787E717F79E

とにかく喉が渇いたので、東側に少し歩いたところの比較的敷居の低そうな居酒屋「めぐ」さんに入りました。

10676B56-7581-42B1-A610-A46811572198

韓国人の気さくなママさんが一人で切り盛りしている店で、自動的に晩酌セット、生ビールとタコ刺しで1000円。だいたい一品4〜500円と言ったところですが、タコ美味かった。聞いてみるとこの界隈で居酒屋的なメニューがあるのは3軒ぐらいで、あとはだいたいスナックだそうです。

FA96C8E4-CC1E-4B86-B0CF-3CB276F2E1D8

後日、更に開拓しようと思い寿町に立ち寄りました。寿町西側の路地裏飲食店街は戦後のニューカマー系のコリアタウンなのですが、う〜ん、二の足を踏んでしまう。

04C38F34-E39E-4AED-A346-37439EF14427

大通り沿いなら入り易いかと、翁湯の向かいのスナック優子さんにイチゲン突入。生ビール二杯とウーロン割り3杯ぐらい飲んで、おつまみ二回頂いて確か3500円。カラオケに1000円投入。楽しい時間を過ごさせていただきました。韓国系のママが綺麗で優しくて、また来たいと思いました。この界隈の歴史についても聞きたかったのですが、寿町の先輩方と楽しく飲んで歌って満足してしまった。
ちなみにマイクは毎回消毒してますし、そもそも横浜でコロナが出たのはホストやキャバクラのある歓楽街の福富町辺り。意外と言っては失礼ですが、中村川沿岸ではコロナは発生していないようです。

寿町は日本三大ドヤ街と言われています。しかし実際はヤの付く方々の街である以外に、コリアタウンという側面もあります。とは言え、この街の在日韓国人系のママさんや女将さん達は、金に厳しいながらも日本人とほぼ同化している印象を受けました。なんて言うか、それが当たり前の世界。人種云々は置いといて、そこで暮らす人々であり優しさがありました。
すっかり酔ってしまいましたが、ともあれこう言う街に落ち着く自分が居ます。

石川県金沢市、新天地と金沢中央味食街

金沢は2006年と2007年に訪れていますが、いまだに観光名所には行っておりません。そして今回も。

IMG_2036

金沢随一の繁華街である片町。しかしちょうど新型コロナウイルスにより石川県が非常事態宣言を発令。旅の疲れも有るし夜は大人しくしていました。

IMG_1922

大通りから路地を1本入った所にある飲み屋街、新天地。戦後、昭和25年頃からある飲み屋街ですが、かつては青線地帯でもあったとか。

IMG_1920

二階建ての長屋が連なっていますが、店は改装を重ね店主も割と若い方が多いようです。

IMG_3192

ただ時節がら約7割のお店に臨時休業の張り紙が。

IMG_1912

今回金沢を訪れた目的はこちら。金沢中央味食街。屋根の低さにまず驚く。

IMG_3187

このバラック横丁、13年前にたまたま通り掛るも、その雰囲気に二の足を踏んでしまい入りませんでした。その事がずっと後悔として残っていて。

IMG_1905

しかし今回、この路地裏飲食店街全体が休業中。そりゃ狭い密閉空間に密集するんですから当然でしょう。

IMG_1900

突き当たって左手に曲がると、裏手にも店が。しかもここ、空き店舗は無く20軒全てが営業しているそうです。金沢恐るべし。ここはコロナ騒動が沈静化してから、また改めてリベンジしたいと思います。

IMG_1928

大通りに出るとH&Mなんかあったりして、普通に都会って感じがします。しかしよく見ればそそるビル地下飲食店街も。

IMG_1931

大通りを北へ進むと犀川にぶつかり、片町界隈はここまで。川の向こうは料亭街などがあります。この大正13年に掛けられたという犀川大橋もかっこいい。

IMG_2031

川向こうは寺町。まず目に止まるのがこの木造建築。

IMG_1935

この見事な木造4階建の建物は懐石料理の山錦楼です。

IMG_1942

正面に回るとこんな感じ。内部も見たいけど、敷居も値段も高くて到底無理ってもんです。

IMG_1941

向かい側に建つのは山錦楼の別館のようです。

IMG_1940

その右隣にも懐石料理の店、春次郎が。

IMG_1943

坂を登り切った所にある古い建物、こちらは会社か何かのようです。ともあれ川を隔てた片町界隈と寺町とのギャップがえげつないです。
さらに奥へと進めば西茶屋街などもあるのですが、それはまた次の機会に。

静岡県伊東市(1)、赤線跡の猪戸新地

この春より運転開始されたサフィール踊り子号。もちろん私はこれには乗らず各駅停車で訪れました。

IMG_1544

それにしてもカッコイイなぁ。
半分ぐらいがグリーン車で、コンパートメントのような席まで。しかしコロナウイルスの影響もあり車内はガラガラでした。不要不急外出の自粛と言いますが、こんな時だからこそ人の多い都会を離れて温泉地でのんびりするのも良いのではと思います。昨今の危機的な観光産業のためにも。

IMG_1489

平日というのも手伝ってか、観光客の姿はほとんど見えません。

IMG_1438

今回の目的は猪戸町界隈に残るカフェー建築。これがそう!とハッキリ判断し切れないのが、赤線地帯巡りのもどかしさ。

IMG_1445

ただただひたすら怪しい建物が多く点在しています。

IMG_1446

温泉街の赤線地帯の名残として有名なのがこのアーチ。半ばこれが今回の目的でもあります。

IMG_1450

現在この辺りはスナック街なのですが、木造モルタル建築の意匠が凝ってる凝ってる。

IMG_1453

この凝った建物を見るだけでも楽しいです。赤線どうこうよりも温泉街として栄えていた事が伺えます。

IMG_1456

一度泊まりがけで来て夜のスナック街を飲み歩いてみたいです。

IMG_1458

結構スナックとして改修された建物が多い中、モザイクタイルが残ってたりすると嬉しい。

IMG_1459

どれほどの店が生き残っているか気になるところ。赤線地帯跡とは言いますが、温泉街によってはいまだに赤線まがいの事をしてる場所も有ったりします。その場でコンパニオン斡旋したりね。

IMG_1461

アジア系の進出も著しい。北関東などには都心から流れて行ったアジア系も多いと聞きますが、伊豆方面にはそんなイメージ無かったんですが。

IMG_1467

伊東園ホテルの辺りを歩いていたら偶然見つけたストリップ劇場跡。後で調べてみたら2015年に閉館されたそうです。残念。
今回は駆け足で伊東市内を回りましたが、まだ川の向こうに新天地なる赤線地帯跡があるとか。それはまた次回。

神奈川県横浜市、真金町のコリアタウン横浜橋市場

中村川に掛かる三吉橋の北側、大通りまでの30mが三吉橋商店街。

IMG_1431

ここは80歩で通り過ぎてしまう日本一かわいい商店街だそうです。

IMG_1241

店の名前が香港、北京、釜山と揃い踏み。その中でマーケットの跡地を見つけました。よく見ると果実、惣菜の文字が。

IMG_1430

裏から見たら、こんな感じ。

IMG_1243

中はすっかりシャッターが下りていました。

IMG_1307

大通りを渡ると北に向かってアーケードの横浜橋商店街。ここも中国系、韓国系の店が多いようです。

IMG_1244

しばらく歩くと右手に闇市発祥のような市場があります。

IMG_1246

短い路地ですが、入っていきなり韓国食材店の南山。最初からそうなのか途中からなのか、プチコリアタウンです。

IMG_1248

路地を抜けて振り返って見れば横浜橋市場の看板が。ここで右手の建て増しテントが気になる。

IMG_1310

右手の魚屋さんは廃業してしまったそうで、左手には「ますや」さん。昔はこのますやさんも貝類を扱う魚屋さんが入っていたとか。立ち飲みと書いてありますが、中はカラオケの機械もある普通にスナック風の造り。建て増しのテントは倉庫のようです。

IMG_1250

韓国系のママさんと地元の肉体労働者系の常連さん達で賑わっていました。ここがなんと昼間の11時から営業しているとか。年金生活のお爺ちゃん方が昼カラでもやってるんでしょうか。ちなみにこのピンクの電話はいきなり鳴り出すことがあります。

IMG_1280

後日、仕事帰りに改めて真金町辺りをうろうろしました。横浜橋西側の界隈を散策。

IMG_1281

この辺りは昭和33年に売春禁止法が施行されるまで永真遊郭が存在したそうです。現在では普通の住宅街となり名残りはほとんど無いそうですが、妖しげな建築物は多く目にしました。

IMG_1284

素晴らしい建物がいっぱい。遊郭云々以前に香ばしい。この界隈に中国系韓国系の方が多く住んでいるのは、遊郭が消滅した後に移り住んで来られたのでしょうか。

IMG_1288

警戒されてます。すいません余所者でございます。

IMG_1311

追記・4/27
横浜橋商店街の東側を少し歩きました。この辺りがかつての永真遊郭の中心だったと思われますが、当時の名残りは全く見つからず。Googleマップで立ち飲み検索に引っ掛かった場所に行ってみました。
おわかり頂けるだろうか。美容室マイヘアーの左側に明かりが灯る扉が。窓ガラスの内側に黒板があり「楽」という店名と営業時間が書いてあります。しかし看板は表に出てないし玄関は磨りガラスで中が見えない。
流石に入れませんでした。んー、もう一回チャレンジしてみようか。

千代田区神田(5)、消えゆく神田小路

先日2020年14日をもって、神田ガード下飲食店街である神田小路の多くの店が閉店しました。これは山手線、京浜東北線、中央線、及び神田駅プラットホーム東京寄り端部の耐震補強工事に伴う、立ち退きによります。
この界隈は約1年9ヶ月通い続けていました。以前の記事はこちら
当初は2018年いっぱいで全て消えてしまうという話が持ち上がりました。しかし移転の準備期間が無さすぎるとの声が上がり、地権が千代田区であるためもあってか2020年秋頃まで先延ばしに。ちなみに東京駅寄りにあった今川小路は地権がJRにあったため、容赦無く退去させられたそうです。移転先の紹介はありますがJRの土地のため家賃が高いとか。

IMG_1169

神田駅そのものは大正時代に開設されましたが、開業当時ガード下には何もありませんでした。その後この高架線は関東大震災や東京大空襲などを生き抜き、現在に至っています。ガード下に飲食店が建ち始めたのは、東京駅寄りの今川小路が昭和26年頃との事なので、恐らく同時期であると思われます。戦後は一時期青線地帯だった時期もあるそうですが、詳細は不明。

IMG_3106

南口西側、左手の扉を開ければアーチ構造の壁。手間の翠さんは2月で閉店しました。

IMG_3109

その奥の「かえる」さんは3月14日に閉店。ここもちょくちょく通いました。ママさんはご高齢のため、このまま引退されるそうです。

IMG_1176

神田小路は二階建てなのですが、今はどこも使われていません。ただ東面の立ち飲み「やったるで〜」さんや「次郎寿司」さんの二階はカラオケ屋さんとして使われています。(過去記事参照)

IMG_3103

右手の扉を開けたところ。右手前の「歩」さんはもう少し続けるそうですが、退去後は東面南側に移転先を決めているそうです。左手の手前1件目は随分前に閉店した模様。2件目の「大安」さんは3月13日に閉店。

IMG_3123

大安さんの奥にあるのがバーの「2nd」さん。大家が大安さんのため、大安の閉店に伴いこちらも3月14日をもって閉店。今後は知り合いの店を手伝いながら先の事を考えるそうです。

IMG_3112

最後に佐々文さん。ここは週1〜2回ペースで通い続けていた、私の中では一番落ち着く店。14日で閉店となりました。本当は夏ぐらいまで続ける予定だったところ、オーナーさんの休止により15日までに退去せざるを得なくなってしまいました。

IMG_1152

この店には生ビールのサーバーがあるのですが、コックが硬くなったため、あまり使われていませんでした。そこで私がビールサーバーの手入とビア樽の交換をよくやっていました。色んな店で手入の仕方などを教えて頂き、お陰様でそこそこ美味い生ビールを提供できたかなと。

IMG_1172

常連の方々とも仲良くして頂き、忘年会や新年会、ボーリング大会などにも参加させて頂き、私の一番の行き着けの店でした。本当に今までありがとうございました。しかしまだ未定ですが、耐震補強工事の終わった南寄りのガード下に、秋以降移転する計画もあります。
ちなみに一番奥の「フジクラ」さんは秋以降まで営業予定。今回年度末というタイミングもあり大半の店が閉店してしまいましたが、解体はもう少し先になります。

※佐々文さんは移転先との契約を交わすことで営業続行が許可されました。年末から2021年初旬に移転する予定です。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ