路地裏飲食店街

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

神奈川県横須賀市横須賀中央(1)、若松飲食店街の路地裏迷宮

2017年のお盆期間中は横須賀で仕事となりました。久々に訪れる横須賀ですが、朝や昼休み、仕事帰りなどを利用して散策して行こうと思います。

IMG_0992

横須賀中央駅随一の繁華街である若松飲食店街、若松町3丁目へと入って行きます。

IMG_0994

狭い路地がクランク、ドンつき、T字路と複雑に入り組んでいます。突き当たりに惹かれる建物。

IMG_0995

その左手にもこれまた渋いスナック。まるでカフェー建築なんて考えてしまうのは病気みたいな物で、横須賀の赤線跡と言えば安浦、皆ヶ作(その内行きます)、柏木田(その内行きます)などの有名どころが周囲にあります。

IMG_0996

しかしながらこの迷路のように張り巡らされた路地は人目をはばかるが如くで、青線にしろ私娼にしろ、何がしかは有ったのかも知れません。

IMG_0997

奥へ進むと崖が迫るという三浦半島らしい地形。崖を背にこれまたバラックのような飲み屋さんが建ち並んでいます。

IMG_0998

横須賀中央駅の海側右手に入ってすぐの通りで、ここが飲み屋街のメインストリート。ちなみに京急線はトンネルから出て来て駅を挟み即トンネルへと入って行きます。

IMG_1002

こう言う雰囲気、たまらなく好きです。

IMG_1003

鉄筋コンクリートとは言え、このスナックビルはかなり年季が入っています。

IMG_1004

ビルを抜ければ向こう側の路地に出られる。

IMG_1005

狭い迷路は歩いているだけでも楽しいです。

9ACD42AD-83FD-4CAA-A677-835C8E767055

上の写真、ピントぼけてるはブレてるは暗いはで、どうしようもない物ですが、2006年に酔っ払いながら古い携帯で撮ったもの。この廃墟が非常に印象に残っており、いつか必ず再訪しようと頭の隅でずっと思い続けていました。次の記事で訪れる立ち飲み屋「310」のママさんや常連さんに聞くも、気が付けば廃墟で昔は何だったのか覚えてないとの事。

IMG_1023

同じ場所に行って見ると、案の定解体されていました。もちろん奥に写る高層マンションも当時はありませんでした。

横須賀、まだ続きます。

足立区北千住(後編)、飲み屋街と路地裏探検

今度は飲み屋街を歩いて行きます。

225427C8-08AB-4D6E-82D6-305B45665BC5

歓楽街は主に西口の南側に広がっていますが、まずその飲食店の多さに驚かされます。

IMG_0611

この飲食店街、裏(線路際)に廻れば長屋造りのビルであることがわかります。

IMG_0615

この歓楽街には飲食店のほかキャバクラや風俗店なども混在しておりカオス状態。駅前のビルにはキャバレーのハリウッドも健在。

IMG_0654

駅からすぐのところにある大衆酒場の幸楽は昼間から酒が飲めます。

IMG_0658

もつ焼き4本セット400円。地元のお父さん方で賑わっていました。

IMG_0605

中には怪しいサブカルチックな店もあります。奥が深そう。

IMG_0596

常磐線上野方面の線路と並行する形で一本奥を西に続く通りが飲み屋街のメインとなるわけですが、旧街道のある西側に向かって渋くて狭い路地が何本もあります。

IMG_0597

狭い路地を入って行けば迷路のように曲がりくねり、迷ってしまいそう。そんな怪しい路地裏にも多くの飲食店が。

IMG_0599

奥へと進んで行くと飲食店だけでなく普通の住居もあります。

IMG_0600

夜はさぞ喧しいだろうと思われますが、ちゃんと生活されています。

IMG_0652

猫も暮らしています。なかなかの面構え。

IMG_0627

消防車なんてとても入れそうもない狭い路地の奥に木造のバラック建築が。都内においてこう言った狭小住宅地は、災害の危険性から次々と区画整理という名の再開発が進められて来ています。しかし足立区のような底所得者層の多く住む街では立退くにも立ち退けないのか、このような地区が多く残されています。

BC170FA2-46E2-4479-B797-C65F88208058

駐輪場に囲まれて文字通り離れ小島となってしまったバラック建築。裏に回っても入口が見当たりません。

DE66F4A9-228E-46CE-AEE4-289F28023D72

かと思ったら脇の路地から狭いアプローチが。さぞ落ち着かないでしょうね。


北海道釧路市(2)、港町の繁華街

港に近い釧路中心街の外れ、釧路川を渡る幣舞橋の東側手前には繁華街が広がっています。

IMG_0480

末広町、栄町、川上町、三つの飲み屋街や歓楽街が集まり、道内屈指の繁華街を形成しています。風俗系の店も散在していますが、逆にこの区域の外側には一切無いそうです。

IMG_0501

末広興産ビル。外装からしてキャバレーか何かだったのか定かではありませんが、現在ではカラオケボックスとチェーン店居酒屋が入っています。

IMG_0497

こちらのナイトプラザビルも巨大ナイトクラブが入っていたのでしょうか。釧路の夜の栄枯盛衰を感じさせます。

IMG_0489

ナイトプラザを裏から見たところ。映画館やボーリング場にも見える広い敷地面積です。

IMG_0492

釧路のスナック街は極寒の地だけあって、一軒目二軒目三軒目と飲み歩く際凍死しちゃわないように、基本建物の中に詰まっています。こちらのビルも中央を貫く中廊下が、ニュー栄町銀座という飲食店街になっています。

IMG_0490

こちらの栄町ミニセンターもコンパクトに纏まったスナックビル。しかし驚くべきは、駅前の商業地区が巨大駐車場と廃ビルだらけでゴーストタウン化が進んでいるのに対し、繁華街のスナックビルは看板が多く残っており廃墟が少ないという事。

IMG_0491

栄町ミニセンターの奥に並ぶバラック飲食店。建て増し建て増しでエライ事になっています。

IMG_0498

舟見ビル。人口減少が甚しいにも関わらずこれだけの数の店が営業しているというのが信じ難い。

IMG_0495

一方こちらは釧路赤ちょうちん横丁。ふた筋並ぶ路地に簡素な屋台が並んでいます。昭和27年頃、リヤカー屋台が並び屋台街を形成したのが始まりだそうですが、現在では観光スポットとしてガイドブックなどにも紹介されています。こういう所は観光地価格で地元の方が寄り付かないんじゃないかなんて予感がしてなりません。もちろん想像ですが。

IMG_0481

長屋造りの有楽街センター。かなり年季が入っています。

IMG_0483

中に入ると木造アーケードが素晴らしい。

IMG_0502

路地裏には解体されていない廃屋も。

IMG_0503

と思ったら、猫の親子が住んでいました。

今回釧路ではスナックに寄れなかったり、帰りの空港行きのバスが駅の北側に廻った際、鉄北センターなる非常に気になるマーケットを見付けてしまったり、ボーキサイト鉱山の専用線を回れなかったりと、やり残した事も多くあるので、出来れば来年また訪れてみたいと思います。

北海道帯広市(3)、横丁路地裏迷宮(後編)

※翌年、2017年6月に再訪した時の写真を追加しました。

 帯広の街は他の地方都市と同じように駐車場だらけの歯抜け状態となっております。テナントがことごとく廃業した事で空きビルとなった古い廃ビルはどんどん解体され、その後買い手の付かない空き地は手っ取り早く駐車場にしてしまうのでしょう。

image

 帯広駅から名門通りを北へ繁華街を抜けてしばらく行くと、広小路アーケード商店街にぶつかります。比較的新しいアーケードが東西に延びていますが、協力的な商店が少なかったのか非常に短く、しかも開いている店も少ないです。

image

 アーケードを抜けると、場末感が一気に高まって来ました。

IMG_2358

 左手前の路地、八丁堀。この辺りに来ると完全に地元の人しか訪れないスナック街となります。

※以下の写真は翌年、夜に訪れた時の様子。
IMG_0360

 八丁堀は四軒ほど明かりがついていました。

IMG_0372

 店の中から聞こえてくる昭和歌謡の歌声につられてスナック「あかね」さんに入店。

IMG_0375

 17年目になるこの店はカウンターのみの小ぢんまりした造り。気さくなママさんのいる良い店でした。また北海道に行った際には訪れなければ。

image

 右側にはコの字型をした袋小路のスナック路地エイト。徐々に廃墟率が高くなって来ました。

image

 どの路地も共通してトイレは共同。どこも下水道が整備されていない同じ時代に建てられているのでしょうか。

※以下の写真は翌年、夜に訪れた時の様子。
IMG_0365

 夜は三軒ほど明かりがついており、一軒からカラオケの歌声が。

image

 エイトの奥に並んでいる路地、いなり小路。こちらは向こう側まで通り抜けられるようになっています。

image

 敢えて昭和の雰囲気を演出するなど工夫しているからか、意外と生き残っている店が多いようです。

※以下の写真は翌年、夜に訪れた時の様子。
IMG_0367

 月曜の夜でしたが、いなり小路は結構多くの店が営業していました。

image

 更に奥へと進むと左手に新世界小路という路地。

image

 ここは北側の列だけが生き残っているようですが、営業している店は比較的多いです。

image

 新世界小路西側の入り口。ネーミングも看板も思い切り昭和です。

※以下の写真は翌年、夜に訪れた時の様子。
IMG_0363

 新世界小路はとても静かで、明かりの灯っている店も疎らでした。

image

 名門通りから西に一本ズレた通りを北に進むと、左手にスナック路地の名残りが。向い側は新しいアパート、裏手は駐車場に囲まれており、昔のこの辺りの街の景色はどんな感じだったのかと想像を巡らせずにはいられません。

image

 最後に上の写真の向い側にある名称不明な横丁。

image

 ここは既に全滅し、廃墟化していました。

image

 コの字型をした袋小路の突き当たりから通りを眺めます。路面が砂利なのは最初からなのか、だとしたら凄まじい場末です。

image

 突き当たりには当然のごとく共同トイレ。営業していた時代に訪れて見たかったです。それにしても路地の数が半端ない。さらに帰ってからよくよくgoogleマップを見てみたところ、さらに北へ入って行くとまだまだ沢山の路地があるじゃないですか。帯広恐るべし。

北海道帯広市(2)、横丁路地裏迷宮(前編)

 北の街にはなぜスナックが多いのか。ここ帯広も例外なく飲食店街の広さが半端ないです。

image

 駅前から北へ延びる銀座通り。しかし、日曜日の昼だからかも知れませんが、延々と続く直線に人影は全く無し。

image

 北海道のほとんどの街は開拓によって造られた街なので碁盤の目となっています。そして常に平行する通りから通りまで、このような路地が幾本も通っています。屋台村のような感じで、路地の中央には共同トイレ。

image

 こちらは恵小路。たまに袋小路となっているところも。

image

 こちらの路地は北の屋台。空き地を利用して2001年にボランティア団体などの手によって新しく造られたそうです。

image

 完全な屋台村で、ここも中央に共同トイレ。

image

 夜になるとどの屋台も人で溢れ返りますが、大半は観光客のようです。

image

 一見するとビルですが、奥の通りまで抜けれるようになっております。

image

 中に入れば両側に小さな店が軒を並べる飲食店街。ここも中央に共同トイレ。

image

 凝った木造モルタル建造物。プリンス劇場という看板から調べてみたところ、昭和28年開業の映画館だったそうです。2012年閉館。

image

 その隣には、これまた通り抜けられるビルが。

image

 しかし、こちらはすでにゴーストタウン状態でした。天井が吹き抜けになっており、よく見れば縦長の建物が2棟平行に建っており、通路にアーケードのような屋根が付けられているだけでした。

image

 現在飲み屋ビルなどには、スナックなどが比較的生き残っているようです。基本的に極寒の地ですので、あまり外を出歩きたくないのかも知れません。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ