赤線青線跡

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

神奈川県横須賀市安浦、赤線地帯だったちょんの間跡地

 赤線跡を巡るブログなどではさんざん紹介され尽くした感がありますが、以前より行こう行こうと思いながらなかなか機会がなかった横須賀安浦に行ってきました。

IMG_1125

 安浦の私娼街跡は京急の県立大学駅から海の方へ進み、国道16号線を渡った一帯になります。

IMG_1120

 安浦は皆ヶ作、柏木田と並ぶ横須賀三大私娼街の一つで、大正時代、安浦漁港の近くに作られた色町が発祥。戦後、横須賀の進駐軍相手に栄えたのが最盛期で、売春禁止法以降は細々と続いていました。それも2010年頃の一斉摘発まで、ちょんの間地帯として生き残っていたと言うから驚きです。

IMG_1112

 現在は至って静かな住宅街ですが、街のいたるところにカフェー建築の名残りが見受けられます。写真は銭湯『日の出浴場』隣のモザイクタイル。

IMG_1109

 廃業した床屋さん跡地ですが、入り口脇のガラスには良美軒の文字が。床屋または理容室で良美軒て屋号はどうかとか考えてしまいますが、そんなふうに考え始めたらキリがない。

IMG_1113

 私娼館だった建物、という確証はありませんが、限りなく疑わしき建物。入り口の数や築年数などから、恐らくは。

IMG_1114

 とは言え、現在では普通の民家として住んでいる方がいらっしゃいます。

IMG_1116

 どうやら住民の方々としてはこの地域が私娼街だった事を黒歴史として消したいという思いがあるようです。その証拠に住民の要望によって京急安浦という駅名も県立大学へと変えられたとか。

IMG_1121

 工務店の事務所ですが、とても工務店には見えない建物。

IMG_1122

 現在残っている建物の中では、こちらが一番面影を残しているようにも思えます。安浦を撮影した先輩方のブログを見るに、つい最近まではもっと見事なモザイクタイルの残るカフェー建築が有ったのですが、ここ数年で解体されてしまったようです。

IMG_1119

 二階の床付近の小窓は、熱海の建築物でよく見られた、掃除用掃き出し口です。昔は箒で外に掃き出し、あとは風が飛ばしてくれるという考え。

IMG_1123

 こちらの窓も特徴的です。しかし何度も繰り返すようですが、どれも現在は住民が静かに暮らす住宅として使われているので、あまりパシャパシャ写真を撮るのも気が引けます。なので、こっそり撮りました。(笑)

IMG_1124

 安浦地区の海側はかつて漁港のあった埋め立て地で、巨大なマンションが林立しています。安浦は新築の一戸建て住宅も多いので、再開発される事はないと思われますが、この『いわく付き』の歴史を風化させなければ、地価などにも響くのかも知れません。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

神奈川県藤沢市、藤沢飲食盟友会~奥田センター飲食街

 JR東海道線と小田急江ノ島線が交差し、江ノ電の起点駅でもある藤沢は、東海道の宿場町として古くから栄えていました。

IMG_1073

 現在でも有隣堂やさいか屋、小田急デパート、丸井のビルを再利用したビックカメラなど、大型店舗がひしめき合うほどに発展しています。

IMG_1085

 宿場町には飯盛り女というのが居て、後に遊郭、赤線と姿を変えて行きました。その名残りを残していたのが北口から銀座土曜会商店街をほどなく歩いて右手の旧藤沢新地界隈。

IMG_1076

 赤線からスナック街へと変わり、現在全ての店舗が閉店して廃墟化したのが、この藤沢飲食盟友会です。

IMG_1081

 この蔦で覆われた木造のアーチが印象的。

IMG_1087

 廃墟化して放置されてから相当な年数が経っているようで、凄まじい崩壊っぷりです。

IMG_1089

 店舗の看板だけは、当時の面影を残しています。

IMG_1080

 しかし背後にはマンションが迫って来ており、再開発されるのも時間の問題。

IMG_1091

 藤沢飲食盟友会の近くには未だ健在なスナックビルもあります。

IMG_1099

 ただ同時に蔦に覆われた廃墟も。こちらも廃業した飲食店。

IMG_1098

 よく見れば猫がお昼寝。

IMG_1100

 なぜかこの界隈、蔦だらけであります。

IMG_1102

 すっかり廃墟とばかり思っていたら、普通に開業中の病院でした。ビジュアル的にこれはどうかと。

IMG_1104

 ところ変わって南口。商店街の中に昭和な長屋建築がありました。

IMG_1106

 奥田センター飲食街。昼過ぎでしたが結構人の出入りが多く、繁盛している様子。

IMG_1107

 しかし右手を見れば下ろされたシャッターが連なっていました。

IMG_1108

 建築物としても老朽化が激しいだろうと思われ、いつまで残っていてくれるか。
 ともあれ、神奈川などの東京の西側、特に東海道沿いなどにおいては駅前が栄えているというのがあります。地方都市などによく見かけるシャッター商店街はほとんど見ない。これは幹線道路と鉄道駅とがリンクしているため、郊外の大型店舗が出来辛いということでしょうか。

参考ブログ
写真撮っけど、さすけねがい?』様。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

【日記】蒲田でハシゴ酒。からの放浪

 昨夜は飲み過ぎました。給料日ゆえに仕方ありません。
 ここのところ仕事が忙しく、なかなかブログの更新も出来ませんでした。蒲田で昼休みにラーメン屋を開拓し、夕方には立ち飲み『かるちゃん』で軽く一杯飲んで帰るという、変わり映えのしない日々を過ごしていたため、特に新しいネタも無く。
 昨日は仕事を終え、いつものように『かるちゃん』で飲んでました。いつもと言ってもまだ5~6回しか通ってませんが。

IMG_0454

 今回はいつも2杯で帰るところ、5~6杯居座っていましたが、ちょうど他のお客さんも途切れたところで大将に一声掛け店内の様子を撮らせていただきました。ちょうどこの日に限って、勝手にバシャバシャ写真撮ってく客の話や、勝手に漫画に掲載された話などで盛り上がっていたので、ヒジョーに切り出しづらかった。(笑)

IMG_0455

 狭い店が落ち着く、と言う方も多くいますが、ここはこの広さが逆に不思議と落ち着きます。騒がしくもなく静か過ぎず丁度良い加減。というのも大将とお母さんのお人柄なんだと思います。まぁ立ち飲み屋で落ち着くというのもなんですが、蒲田という街の話から京急の話まで、ついつい話し込んでしまいました。

 さてニ軒目。ほろ酔い程度でハシゴするつもりが少々飲み過ぎ、ながらも立ち飲み『たわら屋』さんの縄暖簾をくぐる。

IMG_0195

 店内はなかなか人も多く繁盛している様子。とりあえず煮込みと緑茶割りを注文しました。そしたら緑茶割りがまた濃っっ! 普段なら嬉しい限りなのですが、昨夜はどうも疲れてたのか一杯でノックダウンでした。今度は一軒目としてじっくり訪れたいと思います。

 ヘベレケで店を出たところで少し気分を変えようと思い、街を変える事にしました。私はたまにGREEの大衆酒場コミュニティーに写真を投稿したりしてるのですが、そこの住人の多くは京成沿線で飲んでいるようで、京急蒲田からなら都営浅草線経由で京成まで行けるじゃん。と言うわけで泉岳寺乗り換えで四ツ木へ。電車で仮眠を取りながらリセットです。

 四ツ木を降りると風が冷たい。この寒さは下町の中でも特に寂れている四ツ木だから、という訳でもないのでしょうが、酔いが醒めます。Google検索で目的地である大衆酒場『ゑびす』を目指し、やたらと暗い街並みを歩いて行きました。

IMG_20150310_222031184

 ……閉まってるし!

 なんてこった。そして僕は途方に暮れる午後10時。後で聞いてみたところ、火曜定休日だそうな。今から立石開拓する元気も無いし自宅の川口遠いし、だからってこのまま帰るのもなんか癪にさわる。しかしこっち方面で知ってる店と言えばあそこしかない、という事でタクシーを拾い東向島へ。

IMG_0456

 夜の下町はひっそりと静まり返っております。闇に沈んだ路地の向こうにスカイツリーだけが煌々と夜空を照らす。

IMG_0459

 通称、鳩の街と呼ばれていた赤線地帯跡。なんかやたらと猫だらけです。猫って夜行性なんだなって改めて思ってみたり。

IMG_0460

 鳩の街商店街の奥、下町の路地裏にある小料理居酒屋『おおもの』。毎年隅田川花火大会の後に必ず寄る店ですが、もう20年近い付き合いになります。

IMG_0461

 とりあえずサッパリしたものをと注文。落ち着きます。しかし終電の時間もあるので、軽く飲んでお開き。

IMG_20150310_232912558

 鳩の街商店街は昔写真を撮り歩いた事があるのですが、赤線の名残を見つける事が出来ずにいました。そこで夜風に吹かれながら少しばかり散歩。するとなんと路地裏に、赤線の名残であるカフェー建築を偶然見つける事が出来ました。見事なモザイクタイルの円柱。
 今度陽のある内に、改めて写真を撮りに来なければなりません。

 翌日。つまり今日は案の定二日酔い気味。

IMG_20150311_122230625

 昼休みは蒲田でまだ入った事のないラーメン屋『呉屋』に入店。

IMG_20150311_121532976

 呉屋の潮ソバ。なんと上品で優しい味。
 美味い!
 二日酔いには丁度いい!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大田区蒲田(2)、東口〜京急蒲田及び蒲田新地跡地

 西口に続き東口。つまり京急蒲田があり、その先は糀谷を経て羽田。西側を住宅街とすると、こちら側は本格的な工業地帯であります。

IMG_0249

 西口同様こちらも駅前から狭い路地。ロータリー渡った途端にあやしい雰囲気を醸しております。

IMG_0251

 下町には付き物の加賀屋系列の居酒屋もしっかりあります。

IMG_20150627_170140410

 JR蒲田東口駅前から少し入った所に、昭和の雰囲気を色濃く残す大衆食堂「信濃路」があります。

20150627_164254_235

 奥に長細い造りで、手前は立ち食い蕎麦屋、奥はカウンター席とテーブル一つの定食屋と言った感じです。そして、なんと言ってもメニューが豊富。蕎麦やカレーから、牛丼、チャーハン、焼き魚、刺身、揚げ物、とにかく何でもあります。また、この店は朝から飲めるとあって、昼夜問わず酒飲んでるオヤジがいます。
 蒲田の町工場で働く労働者たち御用達といった、なんとも庶民的で味のあるお店でした。

IMG_20141213_11142607

 この荒廃しきった雰囲気たるや!

IMG_20141213_111407302

 かつては蒲田行進曲でも有名な東宝撮影所が現在区民ホールの建っている敷地にあった街ですが、街そのものが映画の世界のようです。

IMG_20150331_120931773

 貧民窟やドヤ街にはつきものの100円ロッカーを街の至るところで目にします。ちなみにここのオーナー、スキンヘッドの強面ですが、建設会社を経営しながらも以前100均やってたり現在でも漫画喫茶やってたりと、やり手の事業家だそうです。また、その個人経営の漫画喫茶『いちご』の料金表には、二時間パック、四時間パックの他に、一カ月パックというのがあります。住んでるじゃん!

IMG_20150331_120942582

 そのロッカーの前には、蒲田以外で見た事がない50円自販機。消費税増税なんてどこ吹く風。ただし、たまに賞味期限切れが出てくるとか。この自販機で飲み物買う人は安全なブラックコーヒーを選ぶとか。

IMG_20150330_120737167

 レンタルスペースとしてのトランクルームの入り口にも100円ロッカーが並んでいますが、その入り口に貼られている貼り紙。
 食うな!
 寝るな!
 汚すな!
 つまり、住んじゃダメって事!(笑)

IMG_0260

 京急蒲田から伸びるアーケード商店街アスト。こちらも西口のサンライズ同様非常に賑わっております。

IMG_0262

 アストから川沿いに一本入った所に、柳通りという路地があります。柳と名付けられているのは花街の名残か、パブやスナックが多くひしめいています。この界隈で一度だけ流しが歩いているところを見た事があります。機会があれば一度お話してみたいです。

IMG_0263

 しかしそんな歓楽街も半分近くを駅前再開発によって潰されていました。奥に見えるのは東急建設のタワークレーン。その向こうは最近高架化された京急蒲田駅。私事ですが、来年その再開発事業の現場で働く見込みで、なんとも複雑な気分。

IMG_0265

 駅の向こう側、つまり羽田側には第一京浜。こちらも再開発が進んでおります。

IMG_0266

 第一京浜を渡り右手、南へ向かい、環八を渡った一画には、かつて蒲田新地という花街が広がっていました。

IMG_20141213_114348883

 しかし当時の面影を残すものと言えばこの見番跡の建物ぐらい。

IMG_0269

 今ではごくありふれた住宅街となっており、アパートなどが花街当時の建造物であるか否か、想像の域を出ません。

IMG_0272

 それっぽい物件はあっても、これは間違いなくといったようなものはとうとう見つかりませんでした。この蒲田新地、最盛期は戦前で一度空襲に遭い、戦後同じ場所に復活したものの、ほどなく消えていったそうです。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

大田区蒲田(1)、池上線ガード下〜西蒲田のスナック街

 蒲田は町工場の多い工業地帯で低所得層も多く、まさに西の下町と呼べます。街としては奥が深くなかなか回りきれないのですが、今回はJR蒲田駅の西側を攻めて行きます。

IMG_0243

 蒲田駅は下町電車、東急池上線及び多摩川線の起点駅でもあります。

IMG_0247

 蒲田に限らず大田区は商店街が元気です。街がゴチャゴチャとカオスってる上に東急などによる公共交通機関が充実しているため、大型ショッピングセンターなどが出来にくいのかも知れません。

IMG_0202

 駅前からしてすでにこの路地裏。否が応でも期待が高まります。

IMG_20141213_080315707

東急多摩川線ホーム脇には温泉も湧いています。

IMG_0203

 東急池上線下の飲み屋街。バーボンロードと名付けられていますが、実際はホッピーと演歌の世界の方が多いかも知れません。

IMG_0205

 蒲田には友人もおり幾度となく訪れてはいるのですが、なかなかじっくりと過ごす機会に恵まれておりません。スナックとか探検したいところですが、川口在住の私にとっては遠くてなかなか。

IMG_0210

 線路沿いに歩いてゆくと、さっそく第一村人、いや、ネコ発見。

IMG_0208

 近付くと物陰に隠れようとする。全然隠れてませんが。

IMG_0218

 よく見ると一族が!

IMG_0236

 商店街を横切り駅前大通りを渡った先、西蒲田7丁目に行くとスナックや飲食店の集まる一画があります。一説によればかつての青線跡という話も。

IMG_0237

 二棟に別れた長屋造り。周囲にはラブホテルがちらほら。

IMG_0238

 長屋の向かい側には、かなりそれっぽい曲線を描く建物が。

IMG_20141212_122038829

ここが青線地帯だったという確証は無いのですが、立地条件や建築様式から容易に想像できます。

IMG_0242

少し歩けば池上線の蓮沼駅。ここまで来ると住宅街しか無くなりますが、とにかく飲食店街の範囲が広い。これに加えて東口もあると考えると、川向こうの川崎にも引けを取らない規模と言えます。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ