観光地

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

【日記】越後湯沢再訪

 去年4月に訪れた越後湯沢、今回は岩原スキー場にスノボしに行って来ました。
 前回訪れた様子はこちら。
 本日記の一部を上記記事に転載しました。

IMG_20170220_133322

 池袋から高速バスで3000円。高速バスのバス停まで宿の車が迎えに来てくれました。今回宿泊したのは岩原スキー場の真下に建つホテルシャーレ湯沢銀水さん。13階建ての巨大施設はバブル期の名残を感じさせます。もはや満室になる事はないでしょうが、一泊素泊まり5000円。女将さんの接客はとても親切で好印象でしたが、なんだか女将さん一人で頑張ってらっしゃるような印象。

IMG_20170220_002455

 岩原も湯沢温泉郷の中の温泉地。源泉温度55度の単純温泉が24時間掛け流されています。ありがたい。

IMG_20170220_002515

 循環濾過もされ塩素消毒もされていますが、塩素臭はそれほど気にならず、とてもホカホカになるお湯です。そもそも温泉ファンから見放されてる湯沢の中では、充分なお湯だと思います。

DSC_0027

 晩御飯はタクシーで越後湯沢駅まで出て、去年4月に訪れた呑どんへ。良い日本酒ばかり揃っていて、また何頼んでも旨い。今回は梅紫蘇チャーハンに感動。

DSC_0028

 日曜の夜でしたが満員御礼の大盛況ぶりでした。ただ残念な事に、店の向かいにあった見事な桜の木が、工事に伴い伐られてしまっていた事。元々大型ホテルの跡地のような広い空き地でしたが、何か建てるのでしょうか。

DSC_0037

 二日目は2月だというのに雨。仕方ないのでホテルにこもって桃鉄。今年は去年ほどでないにしても、雪は少ないです。そして三日目、ほぼ吹雪。雨よりマシなので多少滑りました。写真はゲレンデ中腹のど真ん中にある宿泊施設街で温泉も出ているという。岩原はもう20年以上前から来てますが、ある意味奇跡のスキー場です。

IMG_20170221_142337

 帰りは無料シャトルバスで一旦越後湯沢駅に出て昼食。とにかく寒かったので温かいへぎ蕎麦がありがたい。

IMG_20170221_145356

 駅は平日だというのに多くの観光客で賑わっていました。本当は日帰り入浴施設の山の湯とか江神共同浴場とか寄りたかったのですが、疲労はと寒さで断念してしまいました。

栃木県那須塩原市(6)、ホテルニュー塩原(宿泊編)~かんぽの宿塩原

 仕事が少し落ち着き、とりあえず温泉で疲れを癒さねば。ということで、栃木県塩原温泉郷、大江戸温泉物語ホテルニュー塩原に泊まって来ました。月曜日だけあって前日でも予約可能。ともすれば予約無しで行き当たりばったりってのもアリだったかも知れない。
 朝、みどりの窓口でJR 直通の特急スペーシアの指定席券を購入しましたが、いきなり人身事故。鬼怒川温泉の荒廃ぶりを見てから塩原入りしようと考えてましたが予定変更やむなし。大宮で指定席券を払い戻し、各駅停車で宇都宮線西那須野まで行きバスで塩原入りする事となりました。しかし開き直ってのんびりしてたら運転再開したスペーシアは出て行くは、気が付けば向こうのホームに臨時団体でカシオペアは入線して来るわで波乱の幕開けです。聞いてないし!

IMG_20170213_150833

 西那須野に降りたって見れば極寒。JR バスの窓口は隣の営業所のプレハブ小屋に移設されており、早くも寂れの予感。

IMG_20170213_161018

 大江戸温泉物語ホテルニュー塩原は2年前、記録的な大雪で停電となった翌日、日帰り入浴で訪れて以来です。いつか泊まりたいと思っていた宿の一つですが、それにしても巨大。西館(本館)の他に右手に写る東館(別館・潰れたホテルを買収)、写ってませんが川を隔てた左手には湯仙峡(旧館・2015年リニューアル)の3棟からなります。
 前回立ち寄った時の様子はこちら

IMG_20170213_163319

 部屋は変な造りの和洋室ですが開放感のあるお部屋。バイキング形式とはいえ、一泊二食付きで8000円は破格の安さ。

20170213_175014695

 まずは前回入らなかった本館の大浴場。カランは28ヵ所もありとにかく広い。ただこの日、4ヶ所ほどある源泉投入口のうち1ヶ所からチョロチョロと流れているのみだったためか、とても印象の薄い浴感。月曜日で宿泊客が少なかったからかとも思いましたが、女湯は4ヶ所の投入口から源泉が注がれていて、温度がとても熱かったそうです。
 夕食後、湯仙峡のお風呂に入りましたが、そちらのお風呂は以前入った通りの素晴らしいお湯でした。

IMG_2466

 翌朝、窓の外を眺めれば良い天気。

IMG_2467

 宿泊した西館(本館)から虹の架け橋を渡った先に湯仙峡(旧館)があります。

20170214_085442651

 朝風呂は朝の日差しが入り込む湯仙峡1階のお風呂へ。お客さんが多かったため今回は内湯しか撮れませんでしたが、内湯を含めた5つもある浴槽それぞれに源泉が掛け流されています。ナトリウム・カルシウムー塩化物・炭酸水素塩温泉の源泉は七絃の滝源泉と市営門前1号、3号、4号源泉の混合で3棟全ての浴槽の規模に見あった豊富な湯量。多くの利用客が入られるため循環濾過も併用されてますが、特徴ある匂いとヌルスベな肌触り。湯上がりはホカホカでサラサラ。素晴らしいお湯と湯使いをされています。

IMG_20170214_104234

 二日目はニュー塩原のある門前地区の少し下流にある塩釜地区を散策。バスを降りると足湯ならぬ指湯があります。指だけ浸けてると、なんだか虚しくなって来ます。

IMG_20170214_105229

 なかなか渋くて古いコンクリート建造物は明賀屋別館跡。こちらの建物は現在使われていませんが、箒川の支流、鹿股川の奥に建つ明賀屋本館は営業中です。その本館にある川沿いの露天風呂がJR のポスターに使われていた非常にそそるお風呂なのですが、問い合わせたところ日帰り入浴3200円と言われてやめました。そりゃ高過ぎるでしょ。

IMG_20170214_105631

 何気なく散策していると発見!これはジモ専(地元民専用)共同浴場じゃあないですか。以前門前地区で二軒見つけましたが、こちらもしっかり鍵が掛かっています。地元の方にお話を伺ったところ、やはり昔は外来者にも開放されていましたが、酒飲んで入って空き缶を放置するなどマナーの悪い観光客のおかげでジモ専となってしまったそうです。しかしよく聞くと、どの地区の浴場も中には浴槽が一つしかない混浴だそうで、そりゃ観光客に開放されなくなった訳だと納得しました。地域ごとに男性専用と女性専用の時間帯を分けるなどルールが決められているそうです。

IMG_20170214_135902

 とにかく寒くて散策続行不可と思い日帰り入浴できるところを探しましたが、平日という事もあり、どの宿も休業。タクシーの運ちゃんに紹介してもらった、かんぽの宿塩原に立ち寄りました。

IMG_20170214_123100

「どうせかんぽの宿」と鷹をくくりながら券売機で日帰り入浴券600円を購入。しかし入った瞬間、衝撃の光景が目に飛び込んで来ました。なんだこの黄色いお湯は!

IMG_20170214_130018

 黒い石かと思った床石はよく見ると本来茶色で、黒色の折り出物が広い浴室全体にびっしり。48度のナトリウム・カルシウム・塩化物温泉は鹿股2号源泉でダバダバと掛け流されています。お湯入れ替えの時だけ加水しているそうですが、むちゃくちゃ濃いいです。中性のため柔らかい入り心地で個性こそあまり感じられないものの非常に気持ち良く、ついつい長風呂してしまう素晴らしいお湯です。

IMG_20170214_123723

 露天風呂もありますが、こちらは同じ源泉を掛け流しているにも関わらず無色透明。内湯との違いは循環濾過している事と加温している点。これだけで無色透明になるのは不思議ですが、浴感も内湯と比べると薄い印象。
 ともあれ、ここのお風呂は当たりでした。

【日記】お盆休みは鴨シーでした

 特に写真を撮るわけでも、温泉に入るでも、廃墟を探索するでもなく、ただ単に千葉県の鴨川シーワールドへ行って来ました。

IMG_2249

 宿泊は鴨川の南、天面漁港近くのペンション。そもそもお盆休み真っ盛りの房総半島で前日に宿を探すこと自体が無謀でした。温泉の無い宿なんて久々でしたが、名物のアワビの釜飯は美味く宿の方々の対応も好印象。海水浴の家族連れで部屋は満室でしたが、良い宿でした。

IMG_2250

 宿のまん前には内房線。単線の線路には夏草が生い茂っており、もはやローカル線に等しいです。考えてみれば房総半島の安房天津から木更津の間の区間て、乗った事がありませんでした。それくらい千葉は私にとって縁遠い地なのです。

image

 目の前は太平洋。房総半島独特の岩盤が荒波に削られております。

IMG_2256

 折しも台風大接近のさなか荒れ狂う海。時間を追うごとに雨雲が空を覆い始めます。

image

 鴨川シーワールドはゲートをくぐるとまず水族館。その奥ではイルカショー、アシカショー、シャチショーなどが頻繁に催されており、満喫しようとしたらたっぷり1日楽しめます。

image

 中でもシャチのショーは迫力満点でした。観客は超満員。海水浴して宿泊して鴨シー寄るというコースが夏休みの家族連れの定番コースのようです。鴨川を始めとする外房は、内房の木更津からだと高速も通っていないため普通に山越えしなければならず、アクアラインの恩恵をさほど受けていません。にも関わらず、この盛況ぶりは大したものです。

 鴨川の温泉は源泉温度が低く、加温しなければならないため温泉宿の数に対して日帰り入浴を受け入れているところが非常に少ないです。そのためもあってか、はたまた加水循環濾過がほとんどなのか、温泉ブログなどではあまり紹介されていません。しかし潮風でベトベトになった体を洗い流したいという要望も多いため、日帰り入浴を受け入れているところはそれなりに盛況のようです。果たしてそのお湯はどうなのか、今度来る時は体験してみたいと思います。
 また、安房鴨川の少し北には行川アイランド駅があり、駅前には昭和のレジャーランド、行川アイランドの跡地があります。現在厳重にガードされ立ち入り禁止となっていますが、こちらも非常に気になります。私も小学校低学年の頃にフラミンゴショーを見に行った事がありますが、東京ディズニーランドの開園やバブル崩壊やフラミンゴの高齢化(笑)などにより2001年の夏に閉園されたそうで、鴨シーと明暗を分ける形となりました。
 他にも内房の砲台跡を始めとする戦争遺跡や、農家でやってる正木温泉、超マイナーな岩谷観音堂などなど、そそる物件が盛りだくさんで、千葉には行きたいところがたくさん出て来ました。今後、ちょっと千葉を攻めてみたいと思います。

群馬県太田市(2)、藪塚温泉と石切り場跡

 太田市の北端、桐生市の手前に藪塚という場所があります。

image

 関東平野北東部はJR両毛線を境に北側が赤城山などの険しい山岳地帯が続き、南側には低い山々と田園地帯が広がっています。そんな長閑な農村地帯の中に藪塚温泉があります。

image

 藪塚温泉は温泉宿が五軒ほど集まる小さな温泉街ですが、その中でもひときわ巨大で目を引くのがこのホテルふせじまです。なんでも太田市や桐生市の企業などが宴会を開く際は大抵ここの宴会場を使うとか。

image

 内風呂は広く洗い場も14ヶ所もありサウナまで完備。お湯は源泉温度が16度と低い冷鉱泉のため常に加温し、湧出量に対する浴槽の広さもあるので加水、循環濾過。元々無臭な弱アルカリ性単純泉なので仄かな塩素消毒臭。

image

 ただ、内風呂と併設された露天は最上階のテラスにあり眺望は最高です。日帰り入浴は貸しタオル付きで1200円。ちょっと高い気もしますが、これだけのお湯を沸かす燃料費や巨大設備の管理を考えたら仕方無いのでしょう。さらに最近では幹線道路沿いに日帰り入浴施設などが多く開業しているので、経営はかなり厳しいのかも知れません。

image

 ホテル正面にはスネークセンターと三日月村があります。この辺りは豪族の新田氏が治めていた新田という土地ですが、ここでふと、上州新田郡(にったごうり)というキーワードを思い出しました。そういえば木枯らし紋次郎の出身地が上州新田郡三日月村だったような。つまりこの辺りは木枯らし紋次郎の故郷で、ここはそれに因んだテーマパークのようです。市川昆監督の木枯らし紋次郎は昔レンタルビデオで借りて見てました。好きだったなぁ。

image

 ホテルふせじまの裏手には温泉神社もあります。温泉街としては古くから栄えていたのでしょう。猫が一匹参道を昇って行きました。

image

 温泉街の一番奥には湯元藪塚館さんがあります。源泉温度が低いので日帰り入浴するには予約の電話を入れて沸かしておいてもらう必要があります。本来ここのお風呂が目的だったのですが、問い合わせの電話を何度掛けても誰も出ず、入る事は出来ませんでした。

image

 泉質は良いとの噂で、湯屋の古さもまたそそります。営業はしているようなのですが、月曜の昼間に突然訪れたのがいけなかったのかも知れません。

image

 温泉街から丘をひとつ越えた辺りから山あいに入った所に、藪塚石切り場跡があります。

image

 トカゲのカサカサという物音にビビりながら数分ほど山道を歩いてゆくと、切り通しの先に姿を現す石切り場。

image

 地面にはベニヤが敷かれているものの昨夜の雨のせいでぬかるみ一番奥は池のような水たまり。一歩進むごとにゲコと鳴きながらデカいカエルが水たまりに飛び込んで行きます。

image

 それでもこの迫力は見応えがあります。しかし圧迫感と同時に神秘的と言うよりも不気味さといった方が当てはまるような雰囲気。

image

 お隣栃木で以前訪れた大谷石採石場跡は最近テレビなどで紹介され知名度が上がりましたが、こちらは未だマイナー観光地であります。もっとも大谷石は巨大な地下空間まで入れますが、ここはこの場所のみ。

image

 この薮塚石の石切り場は明治の中頃から採掘が始まり明治三十六年より薮塚石材株式会社が設立され本格化。柔らかいため加工がし易かったため主にかまどなどに使用されたそうです。しかし水に弱く中に小石もあり割れ目も多かったため徐々に嫌われ衰退してゆき、昭和三十年頃には閉山となったそうです。

image

 藪塚駅から藪塚温泉、石切り場と、充分歩ける距離なので、気軽に立ち寄れます。また機会があれば、三日月村も訪れてみたいと思います。

神奈川県湯河原温泉(2)、廃業旅館群の中の共同浴場

 千歳川に沿って温泉街を登って行きます。

IMG_2045

 右岸(熱海市側)の万葉公園へと登る手前、橋の袂にも古い湯屋建築があります。すでに廃業して久しいのか、何という屋号の宿だったのかは不明。実にもったいないです。

IMG_2024

 鉄筋コンクリートと言えども、なかなかの古さを見せる元湯旅館光陽館。こちらは元気に営業中です。

IMG_2021

 パス通りは川を渡り右岸へ。使われてない橋の向こうは広い駐車場となっていますが、かつてはこの場所にも立派な旅館が建っていたのかも知れません。

IMG_2027

 右岸の裏通りのような路地を歩いてゆくと、これまた見事な木造建築。大観荘の旧館に当たるのでしょうか、立派な鉄筋コンクリート造の手前に建つこの建物には、大観荘社員通用口の文字が。新館の建物は80年代の物でしょうか、団体客に対応すべく大型宿泊施設が林立した時代、木造の湯屋建築は古い、ボロいと思われ、更に管理、修繕費用もかさむため、大事にされなかったのではないでしょうか。

IMG_2016

 こちらは現役で営業中の伊豆屋。唐破風の屋根が見事です。こちらの宿、ネットで調べたところ湯河原唯一の混浴風呂があるとかで、混浴ファンの間では有名なようです。

IMG_2005

 裏通りの一番奥にあるのが上野屋。こちらは古い湯屋建築を綺麗に管理し利用し続けている高級旅館のようです。

IMG_2010

 伊豆屋と上野屋の間の路地を入って行くと、突き当たりに中屋があります。玄関先が雑然としていたのですっかり廃業しているかと思っていたら、なんと営業中でした。しかも値段がリーズナブルらしく、一度泊まってみたい宿です。

IMG_2008

 その路地の突き当たりにある中屋の右手に見える通路を入ります。

IMG_2011

 するとその更に奥に、共同浴場ままねの湯があります。実に分かりづらい。こう言うの大好きです。

IMG_2012

 入り口は突き当たって更に左手に。

IMG_2015

 入ると更に地下へと降りて行きます。やっと温泉にありつける!

IMG_2065

 中には地元の方々が5人も入られていたので、浴室は撮ることが出来ませんでした。しかしコンクリート造のこの建物は相当年季が入っています。
 管理されている旅館の方が午前中、源泉投入するの忘れてたそうで湯温が上がらず、とは言え体感で42度くらいのちょうど良い湯加減。しかしながら普段は激熱らしく、地元の方々は口を揃えて「ぬるい!ぬるい!」と言ってました。
 ナトリウム・カルシウム-塩化 物・硫酸塩泉のお湯は包み込むような柔らかい肌触り。加水加温無し循環濾過無し塩素消毒無し。独特な薬品臭は一瞬塩素かとも思いましたが、これは湯河原のお湯の特徴なのかなと思われます。
 湯上がりはサラサラですが、鬼のように汗が止まらなくなりました。印象としてはあまり特徴を感じずとも、思ったより強力なお湯のようです。

IMG_2051

 こちらは万葉公園の下にある『こごめの湯』。普段温度を高くしている『ままねの湯』よりも、基本41度に設定している町営の『こごめの湯』の方が、来訪者には好まれるかも知れません。
 露天風呂もありますが、お湯は内風呂よりも薄い印象。その内風呂も、浴槽が狭く非加水だった『ままねの湯』に比べると薄い印象はあります。

 今回湯河原は真鶴の後に寄り日帰りで帰って来ましたが、いずれ1日かけて回り、老舗旅館の立ち寄り湯巡りでもしてみたいと思います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ