観光地

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

      ⬜ 鰻田ニョロの小説部屋 ⬜

神奈川県横須賀市横須賀中央(2)、横須賀中央駅周辺

やっぱり横須賀は好きです。どぶ板通りなどはすっかり観光地化されたものの、2006年と2007年過去に二度訪れた時と、街の景色がほとんど変わっていません。

IMG_0991

仕事中、昼メシどうしようと考えた時、そう言えば海軍カレーって食べてないなと。てな訳で京急横須賀中央駅近くにある横須賀海軍カレー本舗に入って見ました。場所はCoCo壱の隣(笑)。一階は観光案内所の併設されたお土産屋さんになっています。

IMG_0988

艦これ運営鎮守府も納得だそうです。なるほど、軍港の街としては艦これに乗っからない手は無い。

IMG_0989

唐揚げが無駄に美味い。いや、さすが横須賀名物だけあってカレー、マジ美味いです。仕事で来てるのに気分はすっかり観光客です。

IMG_0986

海軍カレーを出て交差点を渡ると、アンテナに引っかかるような気になる居酒屋さん「福ちゃん」が目に入りました。立ち飲みと書いてある。この交差点を右奥に進んだところに、かつて金星劇場というピンク映画館があったそうですが、すでに解体されマンションが建っています。残念で仕方ない。噂では晩年、あちら系のハッテン場的な痴漢映画館になっていたとか。いわゆる上野地下劇場みたいな。

IMG_1009

夕方改めて「福ちゃん」に入って見ればカウンターに椅子の並ぶ座れる居酒屋さんでした。イワシ刺し、粉茶ハイ、共に300円でシステムは代引き。祝日にも関わらず営業している、地元密着型のお店です。

IMG_0987

福ちゃんの脇にはスナックビル系飲食店街。

IMG_1021

横須賀中央駅から駅前大通りを進んで右手に入ると老舗の焼き鳥屋「相模屋」さんがあります。

IMG_1036

夕方通って見れば、案の定の人だかり。カウンター席もありますが、立ち食い、持ち帰りの店って感じです。

IMG_1020

この駅前大通りから一本入った路地裏の狭さは、都心とは雰囲気の違う地方都市ならではのものと思います。

IMG_0982

飲み屋街は若松町3丁目の崖下に広がる路地裏迷宮地帯だけではありません。

IMG_1013

8月12日、昼休みに歩いていたら年に一度の沖縄フェスティバル、第10回いーちゃ・イチャ・フェスティバルが開催されてました。横須賀でまさかのエイサー。

IMG_1029

市役所前の広場には特設ステージや屋台などが出ていたので、昼メシは出店の沖縄ソバにしました。しかし仕事中のためビールは飲めず、午後は頭の中がオリオンビールでいっぱいでした。そして夕方、待ちに待ったビール。なんだろう、すっかり横須賀を満喫しているんですけど。(笑)

IMG_1038

駅前大通りに戻ると左手通り沿いに三笠ショッピングセンターがあります。三階建の細長いビルで、中はアーケード商店街のようになっており、いわゆる昭和のショッピングモールと言ったところ。ちなみに二階三階は各店舗ごとに階段があるメゾネット形式。アーケードの屋根の上は洗濯物も干せる二階共用スペースとなってますが、関係者以外立ち入り禁止。

IMG_1054

ショッピングセンターが終わった先にも古い商業ビルが。大滝名店ビルと言って二階はスナックやバーなどが入っています。

IMG_1049

その向かいのビルの壁にリスさんが!山が近いからこそですね。

IMG_1058

最後に若松飲食店街入ってすぐ、姐さん方が切り盛りしている立ち飲み屋「310(サトー)」さん。出勤前に一杯飲んで行ったりスナックや居酒屋の前の一杯目として立ち寄るような、地元に愛される良い店です。

IMG_1061

コロッケ、ヤッコ、キムチ、ハムカツなど簡単なおつまみは100円。代引き制で割り物300円、生500円。通いたい店がまたひとつ増えてしまいました。

栃木県日光市足尾(1)、足尾銅山観光

日光からいろは坂の手前で左に折れ、日足トンネルを越えれば足尾に抜けられます。このルートを日光市営の小型バスが1日6往復しております。足尾は群馬県を流れる渡良瀬川の上流域ですが、住所的にはギリギリ栃木県日光市になります。

IMG_0741

群馬県側からはわたらせ渓谷鉄道(旧・国鉄足尾線)が桐生から1日11往復、週末はさらにトロッコ列車が2往復走っています。

IMG_0737

足尾銅山観光は終点から二つ手前の通洞駅にあります。終点の間藤まで行けば多くの廃墟や亜硫酸ガスによる煙害で木の生えなくなった山などがありますが、観光客にはあまり見せたくないという配慮から下の方に造った、というのは考え過ぎでしょうか。

IMG_0714

連休中だけあってか多くの車や観光バスまでもが停まっていました。

IMG_0735

今回の目的は「本物のトロッコ列車」に乗る事にあります。現在の乗り場から2001年まで使われていた昔の乗り場までの急勾配を、ラックレール(アプト式とは違うらしい)のバッテリーカー(写真左)に牽引されながら、ゆっくり降りて来ます。

IMG_0736

ここからは自走客車のみで一気に加速して坑内へと突入して行きます。

IMG_0720

あっという間に到着。乗客はここから坑内を歩いて入り口へと戻って行きます。本物のトロッコとは言えこれはあくまで観光トロッコであり、残念ながら作業員を乗せていた訳ではありません。

IMG_0726

観光トロッコの線路幅は914mmですが、実際銅山が現役だった頃は495mmの狭軌だったそうです。当時の機関車が坑内に展示されていますが、ちゃんと架線から電力を供給していたようです。

IMG_0725

江戸時代から明治大正昭和まで、それぞれの時代の採掘作業の様子が、リアルな人形で再現されています。

IMG_0724

暗闇の中の蝋人形は少々不気味。

IMG_0728

坑内を出て昔の乗り場まで出ると、実際に使われていた車両たちが展示されています。

IMG_0729

これらは蓄電池式機関車。確かに狭くて深い坑内で、ディーゼルの排気を出す訳にはいきません。

IMG_0730

こちらは架線式機関車。主要坑道の架線区間と支線の非架線区間があったそうです。

IMG_0738

通洞駅に戻ってまいりました。もっと色々撮りたかったのですが、電車一本逃すと2時間来ないもので仕方なく。
日光よりバスで足尾駅付近を通って来た際、車窓に五軒長屋の廃墟群や引き込み線の廃線跡、足尾駅構内のキハ35など、二度見するような物件が多く有りました。今回はあまり時間もなくじっくり足尾町を廻れませんでしたが、また近い内に再訪したいと思います。ていうか来週行こうかな!


栃木県日光市足尾(2)、旧足尾線貨物専用線跡
栃木県日光市足尾(3)、足尾銅山本山製錬所跡
栃木県日光市足尾(4)、鉱山住宅跡(その1)
栃木県日光市足尾(5)、鉱山住宅跡(その2)
栃木県日光市足尾(6)、簀子橋堆積場

北海道釧路市(2)、港町の繁華街

港に近い釧路中心街の外れ、釧路川を渡る幣舞橋の東側手前には繁華街が広がっています。

IMG_0480

末広町、栄町、川上町、三つの飲み屋街や歓楽街が集まり、道内屈指の繁華街を形成しています。風俗系の店も散在していますが、逆にこの区域の外側には一切無いそうです。

IMG_0501

末広興産ビル。外装からしてキャバレーか何かだったのか定かではありませんが、現在ではカラオケボックスとチェーン店居酒屋が入っています。

IMG_0497

こちらのナイトプラザビルも巨大ナイトクラブが入っていたのでしょうか。釧路の夜の栄枯盛衰を感じさせます。

IMG_0489

ナイトプラザを裏から見たところ。映画館やボーリング場にも見える広い敷地面積です。

IMG_0492

釧路のスナック街は極寒の地だけあって、一軒目二軒目三軒目と飲み歩く際凍死しちゃわないように、基本建物の中に詰まっています。こちらのビルも中央を貫く中廊下が、ニュー栄町銀座という飲食店街になっています。

IMG_0490

こちらの栄町ミニセンターもコンパクトに纏まったスナックビル。しかし驚くべきは、駅前の商業地区が巨大駐車場と廃ビルだらけでゴーストタウン化が進んでいるのに対し、繁華街のスナックビルは看板が多く残っており廃墟が少ないという事。

IMG_0491

栄町ミニセンターの奥に並ぶバラック飲食店。建て増し建て増しでエライ事になっています。

IMG_0498

舟見ビル。人口減少が甚しいにも関わらずこれだけの数の店が営業しているというのが信じ難い。

IMG_0495

一方こちらは釧路赤ちょうちん横丁。ふた筋並ぶ路地に簡素な屋台が並んでいます。昭和27年頃、リヤカー屋台が並び屋台街を形成したのが始まりだそうですが、現在では観光スポットとしてガイドブックなどにも紹介されています。こういう所は観光地価格で地元の方が寄り付かないんじゃないかなんて予感がしてなりません。もちろん想像ですが。

IMG_0481

長屋造りの有楽街センター。かなり年季が入っています。

IMG_0483

中に入ると木造アーケードが素晴らしい。

IMG_0502

路地裏には解体されていない廃屋も。

IMG_0503

と思ったら、猫の親子が住んでいました。

今回釧路ではスナックに寄れなかったり、帰りの空港行きのバスが駅の北側に廻った際、鉄北センターなる非常に気になるマーケットを見付けてしまったり、ボーキサイト鉱山の専用線を回れなかったりと、やり残した事も多くあるので、出来れば来年また訪れてみたいと思います。

北海道釧路市(1)、ゴーストタウン化する釧路市街地

今まで富山県高岡や群馬県高崎、北海道帯広などなど多くの終わってる地方都市を見て来ましたが、ここ釧路駅周辺も酷いものでした。

IMG_0521

まず駅を出れば右手にドーンと構える巨大廃墟が迎えてくれます。1972年にボーリング場やビジネスホテルのサンルート釧路などが入った複合商業施設パルコとして開業するも2005年には破産。2007年よりビジネスホテルオーシャンとして再出発したものの、スーパーホテルやルートインなどの競合に押されて2012年の年度末には廃業しました。

IMG_0517

オーシャンの前を過ぎると公設市場である和庄市場があります。

IMG_0508

昔、桃鉄の物件の勝手丼が気になり、ずっと訪れたいと思っていました。観光地としても有名ですが、地元の方々の台所として活気が溢れています。

IMG_0510

鮮魚はもちろんのこと野菜から乾物、お菓子まで、様々な問屋さんが軒を連ねる中、ごはん片手に勝手丼に対応する鮮魚店をうろうろ。好きな具材を乗せて行きます。

IMG_0513

中央には食べるためのテーブルがいくつも並んでいます。

IMG_0511

オリジナルの海鮮丼。芝海老がナマラ美味い!

IMG_0519

お腹を満たしたところで腹ごなしに市内を散策。するといきなり潰れたデパートが。公設市場和商の向かいの先にある巨大な廃墟は2002年に閉館した長崎屋の建物。長崎屋閉館後、建物を所有する地元企業がアベニュー946という商業施設を運営していましたが、それも2016年5月に閉館しました。また外にも中心街では1990年代から2000年代にかけて、くしろデパート、オリエンタルデパート、丸ト北村などの大型店が相次いで撤退、閉店したそうです。

IMG_0444

そもそも釧路駅の地下も釧路ステーションデパートという商業施設だったが、2004年に閉館。現在地下への階段は封鎖されています。

IMG_0506

市街地を進んで行くとまたもや巨大廃墟が。この建物は2006年に閉店した旧丸井今井デパート跡です。当時ショッピングセンターKuteとして再開すべく外装をリニューアルしたもののテナントが集まらず、やがて買収した不動産会社が諦めて転売。オープンを控えたまま廃墟化という悲惨な事態に。

IMG_0507

廃墟化しつつあるビルはホテルやデパートだけでなく、多くの雑居ビルも同様。一体いつからテナントを募集し続けているのか。釧路駅から港に掛けてが中心街となりますが、このような空きビルと既に解体された跡の巨大駐車場ばかりが目立ちます。

IMG_0523

釧路は梅雨の時期、濃霧に包まれています。写真は宿泊したビジネスホテルパコの客室から見た釧路川に掛かる幣舞橋。奥には観光物産施設のフィッシャーマンズワーフ。

IMG_0452

夜は繁華街に繰り出しました。しかし夜霧に包まれた街は人影も疎ら。とはいえ駅前に比べて空き地が少ないです。

IMG_0457

しかも6月だと言うのに気温10度そこそこしか無く、寒かったので散策せず食べログに頼ってしまいました。

IMG_0459

釧路は炉端焼きが名物のようです。しかし入った店はやたら暗く、広いカウンターの中央でお婆ちゃんが黙々と焼き続けるというシュールな老舗。

IMG_0462

食べログ1位だけあって確かに美味い。しかし値段が一切書いておらず、二人で飲み食いして1万超え。ウニ丼とウニ刺しが値段を跳ね上げた気もしますが、観光地価格か。

00B565DB-1025-4534-9BF8-63F60D8C45CB

泊まったホテル「パコ」は市内でも数少ない天然温泉に入れる宿でした。あまり期待していなかったものの、入ってみれば加水無しの源泉100%加温循環濾過のカルシウムナトリウム塩化物泉。入った瞬間にムム、これは!と思いました。奥が40度、手前が42度で露天風呂も有り。予想外に良いお湯です。しかもここが私にとっての記念すべき100湯目だったり。

IMG_0468

釧路市の人口は1980年の22万7千人をピークに2010年には18万1千人、2017年5月現在では17万3千人と減少の一途を辿っています。釧路市の人口流出は単純に過疎化というだけでなく、義務教育レベルの低さ、JR北海道の特急スーパーおおぞらの本数削減と減速によるアクセスの悪化、企業の支店や支社の撤退など様々な要因が挙げられています。そこにイオンモールなどの郊外型商業圏がドーナツ化現象を引き起こし、釧路駅前周辺の衰退を加速させています。

【日記】毎年恒例万座温泉日進館2017

 冬の間は仕事が忙しく、休みが取れればスノボに行ってしまう。なので毎年この時期は更新が停滞気味になってしまいます。そんな訳で、久々の更新がスノボ旅行という訳です。

IMG_20170312_183958

 万座温泉日進館は年に一度必ず訪れる恒例となっています。スノボが出来て最高の温泉があって、しかも安い。しかし日進館はメディアへの露出が増えたせいか、年々予約が取り辛くなって来ております。

IMG_20170312_184914

 お風呂は内湯、露天、離れのお風呂と、大まかに分けられるのですが、今回は離れのお風呂、満天の湯から。しかしいざ入ろうと思ったら丁度清掃に入るとの事で入浴出来ず。よくよく見てみたら道すがら幾つも掲示された案内板には、7時から8時まで清掃時間としっかり書かれていました。どうりで一人も入っていない訳です。結局内湯の大浴場で入浴し、寝る前には露天風呂に浸かりました。

IMG_20170312_233843

 それにしても、ここ一年様々な温泉に入って来ましたが、一年ぶりに入る万座温泉の湯はやはり強烈で、その濃さと刺激の強さを再認識させられます。

IMG_20170312_235625

 24時間入浴可能の露天風呂に浸かれば月が綺麗。湯口からは源泉がダバダバ。その横から加水用の水がチョロチョロ。ほぼ源泉95%と言った感じです。源泉温度が85度と高くとも広い露天浴槽で冷めるため、丁度よい加減になります。

IMG_20170313_074818

 到着日に続いて二日目も良い天気。積雪量は万座に限らず言える事ですが、ここ数年連続でかなり少なくなっています。

DSC_0040

 肝心の雪質は1日目に続き二日目もガチガチなアイスバーンと最悪なコンディション。なので万座プリンスホテルに日帰り入浴しました。内部の写真はありませんが、多くの温泉ファンが口を揃えて絶賛しているお風呂です。私などはひねくれているので、どうせ金持ち観光客がサービスや施設の綺麗さ、浴槽の広さにラグジュアリーな雰囲気を求めて好評価を受けているのだろうなどと勘ぐっていましたが、とりあえず一回は入ってみない事には何も言えないと思い、訪れました。

IMG_20170313_153541

 まず内湯。最初に感じたのはその匂いの強さ。浴感はサラサラで比較的入り易い印象で、同じ万座でも日進館とは全く違う印象。内湯から露天に出ると開放感のある斜面に三つの浴槽があります。手前から熱め、ぬるめ、混浴浴槽(女性専用露天から入れるようになっており、女性は湯編み着用可)と続いているのですが、加水率が高いためか白濁しており、内湯より薄い印象でした。
 しかし、その入り易さや露天風呂の開放感を考えると、プリンスのお風呂が最高だとの意見も頷けます。結局は好みの問題で、ここのお風呂は充分素晴らしいものだと思います。

IMG_20170314_125617

 二日目の晩に雪が降り多少積もりましたが、スノボ的に薄い新雪ではいまいちのコンディション。という訳で、三日目も滑りはほどほどに湯巡りをしました。こちらはプリンスホテル系列の万座高原ホテル。
 ここは内湯と石庭露天風呂とがフロアで分かれているため、名物の石庭露天風呂にのみ入りました。脱衣場から続いている屋内の洗い場を抜けると、谷底に広がる石庭に露天風呂が点在しています。ここで驚くのがその色。右手に黄緑白濁の浴槽、左手には手前から緑白濁、白濁、薄緑白濁の浴槽。さらに左手にも薄緑白濁と、一番奥に黄白濁の激熱風呂。全て混浴ですが6つもの浴槽があり、それぞれ温度ばかりか色や浴感までも違う。このほかにも女性専用露天もあり、これは面白い! しかしこれが全部同じ姥湯源泉だというのだから不思議です。加水方法や空気に触れる時間によって違うのか、それにしても衝撃でした。

 万座温泉は姥湯(湯畑)、大苦湯、錫湯、鉄湯、苦湯、ラジウム北光泉、法性の湯などの源泉がありますが、万座プリンスと万座高原ホテルは同じ姥湯源泉。日進館は数種類の源泉や混合泉の他に姥湯源泉浴槽もありますが、それぞれ個性が分かれるのはとても不思議です。以前訪れたラジウム北光泉の湯の花旅館や苦湯源泉の豊国館のお湯は日進館に近い印象でしたが、今回プリンスホテル系列の二軒を訪れて、万座面白れーってつくづく思いました。
 帰り際、日進館で温泉に詳しいスタッフに色々と話を伺おうとおもいましたが折り悪く会えませんでした。

 因みにプリンスホテル系列ではあちこちに撮影禁止、スマホ持ち込み禁止の表示があります。混浴という事もあり、よからぬ輩による被害や女性客からの苦情があったのかも知れません。もちろん私は誰も入ってない時しか浴槽の写真を撮りませんし、今回も万座プリンス、万座高原ホテル共に他のお客さんが入っていたので撮りませんでした。人が居なくとも無許可で撮るのはマナー違反とされるかも知れませんが、純粋に素晴らしい温泉を紹介する温泉ブロガーの端くれとして、他人が入っているのにお風呂の写真を撮るようなマナー知らずの煽りを食らっているようで、迷惑千万という感じがしてなりません。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ