観光地

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

石川県輪島市、間垣に囲まれた上大沢集落

能登半島の日本海側は内浦地区と雰囲気が一変し、荒々しい地形となります。

IMG_1807

海岸線は断崖絶壁となり、小さな河川が注ぐ狭い河口や山の中腹の僅かな平地に家々が身を寄せ合って集落を形成しております。輪島より集落と集落を結ぶ道は険しく、人の行き来を拒んでいるよう。

IMG_1809

輪島から西へ海岸伝いに行った上大沢地区。近隣の集落へ行くにも一度崖の上まで登り、峠道のような狭い道で尾根をいくつか越えて行かなければならない文字通り陸の孤島。もし富山湾側のように海岸線ギリギリに道を通そうものなら、日本海の荒波に一瞬で呑まれてしまいます。

IMG_1812

日本海側の集落の特徴として、海から吹き付ける北風から家々を守る間垣という囲いがあります。

IMG_1815

ここ上大沢地区のそれは集落全体を囲む大規模なもの。集落へ入るにも海側からだと、ご覧のような引き戸を開けて入ります。

IMG_1818

つい、ごめんくださいと言ってしまいそうな引き戸を潜れば集落が広がっています。

IMG_1821

振り返れば間垣の向こうに日本海。以前は北陸鉄道の路線バスも走っていましたが廃止され、2019年10月より輪島市によって「愛のりバス」というスクールバスが運行されています。輪島行きが朝2本昼1本、輪島発が昼1本夕方2本で、一応一般の人も乗れます。ただ運賃が一律100円で、輪島市に税金を払ってない他県者としては申し訳ない気分。タクシーを利用すると5000円以上掛かる距離だし。

IMG_1824

集落には狭い路地が張り巡らせられており家々の境界も曖昧。なんだか異世界に飛び込んでしまったような感覚。

IMG_1828

しかも集落のほぼ全ての家屋が板貼りの木造建築。国の重要文化的景観に指定されていますが、選定されたのが2015年。それまでにこれほど木造建築が密集して残っていたのは奇跡に近い。

IMG_1831

まるで映画のオープンセットのよう、と思ったら、ひと山越えた東隣の大沢地区では2015年NHK朝の連続ドラマ「まれ」のロケ地に使われていました。そのドラマ見た事は無いんですがね。

IMG_1876

集落は川の左岸(西側)に細長く、背後には山が迫っております。

IMG_1883

家々が密集しているため、路地のいたるところに消火栓があります。この狭さでは当然消防車など入って来れず、それ以前に輪島から消防車が到着するまで30分近く掛かる。火が出たら全滅の可能性だってある。

IMG_1880

このような隔絶された集落でも猫はいる。

IMG_1874

間垣は海岸から川沿いに沿って、ずっと続きます。谷が狭いため川伝いに風が吹き込むのでしょう。

IMG_1869

漁具でしょうか。海底のウニとかワカメとか取れそうな形。

IMG_1885

集落の一番奥には神社もあります。夏には祭も開催されていますが、すでに高齢化が進んでいるため山車の曳き手にも困っている事でしょう。

IMG_1858

集落の奥には川沿いに水田地帯が広がっています。いわゆる半漁半農を生業として来たようです。

IMG_1846

輪島の北東部にある千枚田は有名ですが、この間垣の里は直前まで全く知りませんでした。もっとも隣の大沢地区に民宿が一軒あるのみで、この上大沢地区には商店はおろか自動販売機すら無く、観光スポットとしてもマイナー中のマイナー。本当に明治大正から時が止まっているかのようです。

IMG_1851

間垣がニガタケという細い竹を使用してますが、まるで城壁に囲まれた都市国家のようにも見えて来ます。ウドを採って来たお婆ちゃんに挨拶するとにこやかに返事してくれましたが、ここまでの秘境となると村社会的意識も強かろうと想像します。

静岡県伊東市(1)、赤線跡の猪戸新地

この春より運転開始されたサフィール踊り子号。もちろん私はこれには乗らず各駅停車で訪れました。

IMG_1544

それにしてもカッコイイなぁ。
半分ぐらいがグリーン車で、コンパートメントのような席まで。しかしコロナウイルスの影響もあり車内はガラガラでした。不要不急外出の自粛と言いますが、こんな時だからこそ人の多い都会を離れて温泉地でのんびりするのも良いのではと思います。昨今の危機的な観光産業のためにも。

IMG_1489

平日というのも手伝ってか、観光客の姿はほとんど見えません。

IMG_1438

今回の目的は猪戸町界隈に残るカフェー建築。これがそう!とハッキリ判断し切れないのが、赤線地帯巡りのもどかしさ。

IMG_1445

ただただひたすら怪しい建物が多く点在しています。

IMG_1446

温泉街の赤線地帯の名残として有名なのがこのアーチ。半ばこれが今回の目的でもあります。

IMG_1450

現在この辺りはスナック街なのですが、木造モルタル建築の意匠が凝ってる凝ってる。

IMG_1453

この凝った建物を見るだけでも楽しいです。赤線どうこうよりも温泉街として栄えていた事が伺えます。

IMG_1456

一度泊まりがけで来て夜のスナック街を飲み歩いてみたいです。

IMG_1458

結構スナックとして改修された建物が多い中、モザイクタイルが残ってたりすると嬉しい。

IMG_1459

どれほどの店が生き残っているか気になるところ。赤線地帯跡とは言いますが、温泉街によってはいまだに赤線まがいの事をしてる場所も有ったりします。その場でコンパニオン斡旋したりね。

IMG_1461

アジア系の進出も著しい。北関東などには都心から流れて行ったアジア系も多いと聞きますが、伊豆方面にはそんなイメージ無かったんですが。

IMG_1467

伊東園ホテルの辺りを歩いていたら偶然見つけたストリップ劇場跡。後で調べてみたら2015年に閉館されたそうです。残念。
今回は駆け足で伊東市内を回りましたが、まだ川の向こうに新天地なる赤線地帯跡があるとか。それはまた次回。

栃木県栃木市(2)、巴波川〜嘉右衛門町

渡良瀬川の支流である巴波川(うずまがわ)が城下町を流れる運河の役目を果たしています。

IMG_4454

観光のメインは、その水運で栄えた水郷としての蔵の街。綺麗に当時の面影を残しているのは、ごく一部ですが、船で運河を巡ったり出来ます。

IMG_2847

折しもゴールデンウィークに向け、巴波川は鯉のぼりで埋め尽くされています。

IMG_2850

思わずインスタ映えしちゃいますよ。

IMG_2852

と、ついついガチな観光写真撮っちゃいました。背後の黒塀は有形文化財の塚田歴史伝説館。塚田家は江戸時代後期から木材回漕問屋を営んできた豪商でした。木材を筏に組んで巴波川から利根川を経由し、江戸深川の木場まで運んでいたといわれています。

IMG_4488

中心街から少し北上した川沿いに建つ舘野家住宅店舗跡。昭和7年建造の木造鉄板葺き建物で有形文化財。

IMG_4489

例幣使街道は蔵の街大通りから左に逸れ、この嘉右衛門通りに入ります。こちらはほとんど車も通らない静かな通りです。

IMG_4490

例幣使街道とは江戸期、京都から日光東照宮へ幣帛(へいはく・神前への供物)を奉納する勅使が通った道で、京都から中山道を経由し、太田や佐野を通って栃木に入り日光へと向かっていたそうです。

IMG_4491

この例幣使街道は東照宮に参拝する西国大名も通るため、宿場町としても栄えました。

IMG_4494

個人的な見方かも知れませんが、旧街道っていうのは狭く曲がりくねった方が情緒を感じるように思います。(もうこの辺まで来ると建物の解説をしなくなるww)

IMG_4498

また、この嘉右衛門町とは天正年間にこの地を開拓した岡田嘉右衛門の名を冠した町名(元は村名)です。

IMG_4495

そしてここが岡田記念館。豪農である岡田家は栃木の惣代名主として栄えました。

IMG_4501

その嘉右衛門町筋の裏手には巴波川が流れ、建ち並ぶ商家の裏が平柳河岸となっています。

IMG_4502

ここは唯一現存する河岸の跡で、木材回漕問屋の塚田家とは別に栃木の物産を江戸に、江戸の工芸品を栃木へと船で運ぶという、水運流通の中継地でした。商家は今で言う商社のような役割を担いっていたそうです。史跡としては塚田歴史伝説館前の運河よりもこちらの方が重要な気もしますが、細いあぜ道を川沿いに歩いた、本当に隠れた場所に有ります。やはり観光客ウケするのは絵的にインパクトが有る方なので仕方ないのですがね。

さらに続きます。

栃木県栃木市(1)、蔵の街の文化財建築たち

観光地として足利学校や佐野ラーメンのような目玉もなく、マイナーな観光地なのに重要文化財建築だけはやたら残っているという、個人的にはなんだか桐生を思い出してしまうような街。栃木って県だけじゃなくて市もあるの?県庁所在地でもないのに?って、神奈川県の神奈川なみの扱いを受けてしまう街。それが栃木であります。

IMG_4427

駅を降りると出迎えてくれるのが、大谷石造りの蔵を綺麗にリノベーションしたバームクーヘン屋さん。背後に聳えるマンションにシラけて、思わずリノベーションとか横文字使っちゃいました。

IMG_4452

駅近くの銭湯、金魚湯センター玉川の湯。タイミングを逃して入れませんでしたが、11時から営業してます。

IMG_4464

三桝屋本店、毛塚屋紙店(有形文化財)、丸三家具店(有形文化財)など。どれも明治後期の建築。歴史的価値の高い古い街並みがありながらも観光地としての知名度が低いのは、やはり両毛線だからでしょうか。東武にしてもその先の日光鬼怒川へ連れて行こうとするから、あまり栃木市の観光開発には手を出さなかったり。

IMG_4468

井岡荒物店、五十畑荒物店(有形文化財)と、雑貨金物屋が並んでいます。その奥のタイル張りモルタル建築は関根家住宅店舗(有形文化財)で、現在パーラートチギというカフェをやってます。栃木の中心街である蔵の街大通りには古い建物をリノベーションしてカフェを経営するなど、地元の若い方々が街を活性化させようと頑張っています。文化財建築をどこまで改修していいのか良く分かりませんが、構造を変えちゃうくらい大掛りなリノベーションは出来ないはず。

IMG_4472

左から観光案内所、佐藤家住宅店舗(明治中期・有形文化財)、阿部呉服店。観光案内所にはレンタルサイクルもあります。行政も古い街並みを観光資源として活かそうと、蔵造り大通り(旧・例幣使街道)では電柱を無くして電線を地中埋設にしております。

IMG_4475

手前の立派な建物は文化財指定されてなく、隣の小さな綿忠履物店(安政3年!)と奥の木造鉄板葺きの洋館、安達呉服店(大正12年)は有形文化財に指定されています。

IMG_4478

銀巴里っていうネーミングがいい!街が大きく発展したのは江戸時代後期。渡良瀬川と巴波川(うずまがわ)を利用した舟運による物資の集積地になったため、商人の町として栄えて行きます。

IMG_4479

……でも、だんだん飽きて来ちゃうんですよね。良くない良くない。

IMG_4487

櫻井肥料店。明治中期建造で有形文化財。このような蔵造りの商店、見世蔵という建物が連続して建っていたら川越みたいな絵力もあるのでしょうが。

IMG_4485

下野新聞社栃木支局。万延2〜文久元年(1861年)建造、有形文化財。単発で点々と続くと、引き返しどころが分からなくなります。

IMG_4484

古久磯提灯店。これも指定文化財建築なんですがね、お腹いっぱいになって来ます。

IMG_4463

ここらで口直し。味変。蔵造りや木造建築に飽きたところで昭和の近代建築へ。

IMG_4461

ああ、なんて未来的なんでしょう。廃業した本屋さん。

IMG_4457

観光地としての蔵造り大通りはそれなりの賑わいを見せていましたが、地域住民の日々の生活としての商店街はシャッター商店街。この辺りから観光産業で活性化を図る栃木市の裏の面を垣間見ていきます。

IMG_4465

建物としては素晴らしく昭和なのですが、文化財となり得ない建物は消えゆく運命にあります。

IMG_4486

オールウェイズカマヤという洋食屋さん。昭和9年建造の旧足利銀行栃木支店で有形文化財。

さて、これから蔵の街大通りを離れて運河の方へ入って行きます。

栃木県宇都宮市(4)、大谷再訪

昔と大して変わってないだろうと思いつつ、行った事のない人を連れて行くのが目的で再訪。

IMG_4381

しかし行って見たらまぁすっかりメジャー観光地へと変貌を遂げていました。ヒビ割れていた道路は道幅も広げられ観光バスも入り易くなり、サイコな一軒家は解体され林も伐採され広大な駐車場となり、資料館の前には新たにお土産屋兼カフェも建てられていました。

IMG_4384

坑内も人が多く、かつての忘れ去られた観光地感は無くなっていた。最近特にテレビなどで紹介されたから。あとはインスタなどのSNSでも広まったのでしょう。メディアとネットの力、恐るべき経済効果。

IMG_4393

もちろんここは今でもCMやドラマのロケ地としてよく使われています。あとは地下の神秘的な空間で結婚式を挙げるという、結婚式場としての運営も順調のようですし、コスプレイベントなども定期的に行われているとか。

IMG_4395

また、見学出来る範囲も拡張されました。それでも全体からすれば極々一部なのですが、あんまり広すぎても飽きる。

IMG_4402

近くにある大谷寺にも再訪しました。ここの弘法大師作の磨崖仏は撮影禁止ですが一見の価値ありです。

IMG_2839

最後にバス停の前にある廃墟、山本園大谷グランドセンター。昭和30年代に開業して昭和末期に廃業したそうですが、もう30年以上放置されていると言うことになります。一部の廃墟好きや肝試しヤンキーなどが不法進入してボヤ騒ぎまであったらしく、現在では監視カメラも設置されています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ