行事

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

【日記】大曲花火大会2018

25日土曜日、大曲花火大会に行って来ました。諏訪湖、長岡と並ぶ超有名で規模の大きい花火大会。その存在を初めて知ったのは、昔やってた桃鉄の花火スタンプラリーカードから。私の地理に対する知識の大半は桃鉄で出来ています。(笑)

IMG_2907

羽田から秋田空港へ。着陸直前、山里の上を掠めるような低空飛行に不安を覚えながら到着。山の中に滑走路がある事も、秋田市内からバスで35分も離れていることも、着いて初めて知りました。

IMG_2908

折りしも秋田は金足農業高校の甲子園準優勝で沸いてます。後で貼り足した「準」の文字がなんとも言えない。

IMG_3003

秋田駅のビジネス旅館、なにわさんに一旦荷物を置かせていただきます。大曲花火大会当日の宿泊については大曲市内やその周辺では特別料金として値段が跳ね上がり、なおかつ予約もなかなか取れません。またネット上では秋田市内にしても安い宿は早々に満室となる中、秋田の観光協会に直接電話して、素泊りで安いビジネス旅館を紹介してもらいました。

IMG_3006

比内地鶏の親子丼と稲庭うどんに舌鼓を打ちながらお腹を満たし、いざ大曲へ。

IMG_3044

花火大会に向けて大増発された臨時列車に約50分揺られて大曲へ。しかし駅から事前にチケットを取っていた花火大会会場の椅子席まではおよそ30分歩かされました。途中、実に気になる建物を発見。

IMG_2972

モザイクタイルの円柱がカフェー建築を思わせますが、大曲について何も調べてないので詳細不明。大曲市内もいずれ機会があればじっくり散策したいところ。

IMG_2980

そんなこんなで雄物川河川敷の会場に到着。とにかく80万人と言われる人の多さが恐ろしいです。しかしいざ始まれば足の疲れも吹っ飛ぶほどの壮観さ。隅田川に毎年通っていた者としてもバカみたいなデカさに、ただただ圧倒されました。

大曲花火大会の動画

IMG_3045

秋田駅への帰りも人だらけ。結局宿に着いたのは午前1時近くとなりました。

【日記】毎年恒例浅草酉の市 2017

酉の市は毎年欠かさず行っていたのですが去年は悪天候で行けず、と言う事で11/30、今年二年ぶりの浅草酉の市に行って来ました。

E5361043-228B-44FB-9D25-93E671E89E2C

連れとの待ち合わせで時間潰しをしなければ。しかし南口から陸橋を渡った階段下の「さのや」は超満員。小雨が降ってなければ路上でも飲めるのですが断念。なんか無いかと言問通りを彷徨ってみれば一軒の酒屋さん。

127C3172-F39D-4BDF-A23D-9B8D5F56DAAF

ここがなんと角打ちでした。台東区侮れません。今回たまたまipadを忘れて来てしまい、古いスマホの腐ったカメラしかなかったため、画像がぼんやりしています。

6AE9C6AB-3FDB-40DE-BBA9-EBD8D9D16F3C

作る系のおつまみは8時まで。それ以降は乾物やチーカマなど店頭に並ぶ商品のみで、角打ち営業は9時まで。地元の常連さん方で賑わっていました。

12549EC6-B483-415D-838A-DA9AEF4BED60

連れと合流して浅草竜泉にある鷲神社へ。浅草と言ってもここは浅草と入谷と吉原の中間辺り。

B814E5EE-0A24-44F0-9E73-9164BF52EBE4

熊手は安いやつを適当にパパッと買って、目的は毎年同じ場所に建つ居酒屋屋台です。この日は寒波の影響でえらい寒かった。

19F1C19A-F5C0-47A0-9AC6-CBF762FD48CD

まずは牡蠣と生ビール。奥が当たりで手前がハズレ。牡蠣は開けてみないと分からない賭けです。

7CAE363D-A093-41D5-825D-8E9A16C69FC5

続いてホタテと升酒。毎年ここで震えながら升酒を飲むと、もう年の瀬だと実感します。屋台の女将さんは体調を崩し休んでましたが、大将は変わらず元気でいらっしゃいました。

[日記]久し振りに溝の口へ立ち寄る

高津から溝の口までは容易に歩ける距離という事に気付きました。なので今日は久々の溝の口。およそ2年前に通っていた立ち飲み『いろは』に寄りました。

image

西口商店街は相変わらずいい匂いに包まれています。

image

何も変わっていない事に嬉しく感じます。

image

よく通っていた『いろは』に直行。

image

常連さんたちの顔触れは変わらずで安心します。そして、やっぱ美味いわー。

image

そろそろ帰ろうと駅に向かうと、太鼓の音が聞こえて来ました。

image

今日は宗隆寺の法会、御会式の日でした。神社のお祭りと違いお寺の法会は、静かに、そして粛々と万燈練り供養が通り過ぎます。


【日記】毎年恒例隅田川花火大会

image

 毎年恒例隅田川花火大会です。

image


 今年も通りには宴会席が設営されてます。

image

 私はいつもお寿司屋さんの向かい。今年は長野県上諏訪の真澄から取り寄せた柚子酒を贈答して、ご挨拶してからシートを張りました。毎年の事ですが、礼儀は大切にしないといけません。

image

 最高の場所で、花火酒。

https://youtu.be/16LIVjXl7UI
↑動画です。

image

 花火も終わり、向島料亭街をポチポチ歩く。

image

 最後は20年来の付き合いの、小料理『おおもの』で締め。ママさんにも柚子酒贈答。

【日記】毎年恒例浅草鷲神社酉の市2015

 今年は二の酉に新宿の花園神社へ行こうと思いましたが、雨だったので結局歌舞伎町や二丁目で飲んで終わりました。

IMG_20151129_201553754

 そして迎えた三の酉。今度こそはと今回、浅草鷲神社の酉の市に行って来ました。毎年恒例です。

2013年以前の様子
2014年の様子

IMG_20151129_202228590

 こちらも毎年必ず見かけるサンリオの巨大熊手。しかし今年はちょうどサンリオの社長並びにピューロランドの社長が来ており、三本締めをやってました。お手を拝借されてしまった。

 自分は毎年三千円の小さな熊手しか買えず、一向に大きくならないのですが、一応熊手を購入してから毎年立ち寄る屋台へと向かいました。どちらかと言うとこっちがメイン。

IMG_20151129_214802328

 しかしなんと、去年空き家になってた屋台裏手の民家が取り壊されて空き地に。そしてその空き地にテーブルが広げられているではないですか。普通に居酒屋となっています。
 裏の民家にはお婆さんが一人暮らししていたのですが、アルツハイマーが進行したため土地を売ってそのお金で老人ホームに入られたそうです。屋台の親父さんはもう十年以上同じ場所に屋台を出していたので民家のお婆さんとも交流があり、現在この空き地を管理されている家の方とも交流が有るそうです。なので、今年はこの空き地を自由に使えるようになったとか。

IMG_20151129_214753459

 しかし、急に規模を拡大したものだから、全然料理や注文が追い付かなくて、焼き場はてんてこ舞いに。
 親父、飲んでる場合じゃないって!(笑)
 息子さんは花園で屋台出してたり、娘さんは昼間働いていながらここを手伝っていたり、鹿児島に転勤していたもう一人の息子さんは嫁さん連れて上京して飲みに来ていたりと、なにげに大家族だったりします。今年はこのあと秩父夜祭りに屋台を出すそうですが、桜のシーズンは上野に出したり、夏は長岡の花火大会に店出したりもするそうで、テキ屋さんって、なんだか旅芸人のような暮らしだな、なんて思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ