立ち飲み屋

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

神奈川県横浜市、桜木町で立ち飲み屋巡り

埼玉在住の身としては、夜の横浜はなかなか探索する機会がありません。しかし仕事帰りで途中下車して軽く立ち飲み屋さんに寄る程度なら……と、言いつつも横浜駅からわざわざひと駅乗って桜木町。

IMG_0069

東急がみなとみらいに行ってしまって、すっかり落ち着いてしまった様相の桜木町ですが、逆に再開発のいい口実となっています。

IMG_0101

桜木町駅は小綺麗になったものの、かつての東急東横線桜木町ガードの跡は、未だに残っています。

IMG_0066

そんなわけで、桜木町一丁目一番地の横浜市営地下鉄駅ビルの地下街に立ち飲み屋があるとの噂を聞き、行ってまいりました。

IMG_0092

桜木町の野毛近道からぴおシティ地下に入ると、シャッター街と化しつつあるビル地下飲食店街。昔からずっと残っているのは蕎麦屋、ラーメン屋、ゲーセン、立ち飲みはなみち、立ち飲み石松、と言った感じだそうです。しかし地元の先輩曰く新しい店がどんどん出来るのも、それはそれで楽しいそうです。

IMG_0062

しかし生き残った居酒屋たちはどこも大盛況。まずはその中の一軒、立ち飲み「石松」さんから。暖簾を潜ればカウンターという、非常に入り易い造りです。

IMG_0060

生ビール大きめの中ジョッキ500円 、割り物350円、刺身400円〜と、ちょっとお高めですが、恐らく通はコップ酒290円と刺身だけ頼んで野毛に消えていくんでしょう。

IMG_0059

基本的には海鮮中心にメニューが豊富。アジ刺しは脂も乗っており量も多く満足出来ました。

IMG_0055

こちらは立ち飲み「はなみち」さん。最初訪れた時は満席で2回目土曜日やっと入店。しかし土曜日は7時半と早めの閉店。

IMG_0082

きったねぇー!(笑)
こう言う店を求めてました。もう大好き!

IMG_0080

価格的には普通と言ったところ。場外馬券場帰りのオヤジたちのために、昼間から飲めるようにしている店だそうです。ちなみに写真のカウンター、右側がちゃんと固定されておらず、手を着いたら恐らく折れます。直したい。すげー直したいんですがwwwww

IMG_0077

はなみちさんが早めに終わってしまったので、向かいの立ち飲み屋「ふくふく」さんにハシゴ酒。

IMG_0087

なんか、やたら酔います。想像ですが、この辺の立ち飲み屋さんは金宮で濃いめに割るのが仕様なのかも知れません。

IMG_0089

食べ物は隣の一休さんから運ばれて来ます。この界隈の海鮮系居酒屋さんは隣に立ち飲み屋をオープンすることで経営を安定させているのかも知れません。ふくふくさんは飲食店として造られていないのか、製氷機も置けずクーラーボックスに氷をストックしております。

IMG_0094

寿司処かぐらさんも隣に立ち飲み屋を出しています。競馬で勝った人はお寿司と日本酒ってパターンでしょうか。

IMG_0097

立ち飲み屋で飲んで野毛ちかみちを抜ければ野毛の飲み屋街。次の日仕事につき帰りましたが、いずれ野毛も開拓してみたいものです。

神奈川県鎌倉市、大船駅南口で立ち飲み屋巡り

 大船と言えば北口の丘にバストアップで聳える大船観音がまず思い浮かびます。しかし反対側、湘南モノレール乗り場のある南口は、階段を降りた出口の狭さからは想像出来ないくらいに意外と栄えています。商店街と繁華街が混在するカオスな街ですが、居酒屋やスナックなどの軒数は湘南屈指と言えます。

IMG_0038

 まずは南口を出て一本奥の商店街を右に。2分も歩かない内に右手に立ち飲み屋「まるま」があります。昼間は立ち喰い蕎麦屋さんも兼ねているようで午前9開店。つまり朝から飲めそうです。

IMG_0045

 食券制で生中400円、生小250円(写真)、おつまみは200〜300円。スペースが広くゆっくり落ち着ける空間です。

IMG_0036

 まるまさんの正面の路地を入って行くと、すぐ見えて来るのがこちらの「鞠屋」さん。10人も入れないんじゃというくらい狭い店内ですが、地元の常連さんたちで賑わっています。

IMG_0041

 生(大きめの中ジョッキ)350円、割り物は220〜250円という安さ。ジョッキを各自冷蔵庫から取り出して注いでもらうというシステム。

IMG_0042

 厚みのあるハムカツ100円、アジフライ140円。生ビールと合わせても590円。とにかく安い。ただ残念なのが店内禁煙でタバコは店頭に出て吸わなければならないという点。

IMG_0034

 鞠屋さんからさらに奥に入り左に曲って行くと、倉庄があります。こちらの店はまだ入った事が無いので、後日入ったら加筆します。

IMG_0030

 一旦駅まで戻りチェーン店飲食店などが並ぶバス通りを戸塚方面へ。道路の両側に建ち並ぶ建物は、どれも年季が入っている様子。

IMG_0028

 街の一番外れにあるのが「ちょい飲み亭大船処」。以前訪れた横浜駅相鉄裏にある「ちょい飲み亭横浜処」の系列店で、(株)ワンピースという会社が横浜に2店舗、大船に1店舗出店しているようです(かつては川崎にも出店)。この会社の採用基準なのか、大船処も無駄に(笑)若くて綺麗な姉さん方が働いていらっしゃいます。

IMG_0048

 システムは横浜処と同じで生400円、割り物300円。塩煮込みは相変わらず美味い。駒屋さんとは対照的に静かな店内ですが、テーブルが埋まるほどの盛況ぶり。一人でフラッと立ち寄っている方が殆どのようです。


【日記】近況2017春〜角打ち『いづみや』

最近は仕事も少し落ち着き、辻堂と麹町と渋谷を行ったり来たりしています。

IMG_20170405_123225

辻堂駅の北側は日本電池、関東特殊製鋼、パナソニックなどの巨大工場が次々閉鎖され、その跡地が再開発されています。今では巨大なショッピングモールとマンションが建ち並び、街の景色も一変。そんな整備された街の大型マンションの脇に古い銭湯を見つけました。しかしどうやらすでに廃業されているようで、夕方になっても表のシャッターが開く事はありませんでした。建物の脇には燃料となる廃材が積み上げられたまま。昔は工場労働者の憩いの場となっていたのでしょう。

IMG_0010

渋谷も目まぐるしく変わって行きます。センター街奥のオフィスビル、1970年竣工のグランド東京は実に昭和の雰囲気を残してますが、解体が近いのかテナントがほぼ全て移転していました。

DSC_0051

麹町の地下鉄半蔵門駅周辺は、何の変哲も無いオフィス街だと思っていましたが、ビル街の狭間になんと立ち飲み出来る酒屋、角打ちの『いづみや』さんを発見しました。
地図

20170412_180027140

店内にもテーブルは有りますが、喫煙者は中廊下か店頭のカウンターで携帯灰皿各自持参で。角打ちには色々とルールが決められている店が多いようです。本来は今で言うところのイートイン形式なのですが、居酒屋と勘違いする人が多いのかもしれません。

20170412_174523735

ビールはアサヒの生ビールと瓶のベルギービールのみ。店長のこだわりなのか日本の缶ビールや発泡酒は置いてません。しかし日本酒や焼酎などは種類豊富。ツマミは乾き物や笹カマなど酒屋さんの店頭に並ぶ範囲内。仕事帰りに軽く立ち寄るにはちょうどいい感じでした。

さて、ブログとしては最近、PC.タブレット(フルプラウザ)版温泉リストを更新しました。サムネイルをひと回り大きくして、自己評価点と泉質を表記。あと、少しずつですがGoogleマップへのリンクを追加し続けています。

神奈川県横浜市、横浜駅周辺の立ち飲み屋

 横浜駅は2017年現在西口駅舎の再開発が進められており、周辺の街の景色も目まぐるしく変わり続けています。そんな中で今回は、駅周辺の立ち飲み屋を開拓して見ようと思います。

20170322_190437753

 とりあえずググってみたところ西口南側、いかがわしい店もちらほらある混沌とした五番街界隈に二軒。相鉄の改札からも近いし、その内の一軒『ごち』に入って見ました。ちなみに運河沿いの屋台はすでに消滅していました。
[地図]http://maps.google.com/?cid=9456316802111781405&hl=ja&gl=jp

20170322_184217958

 なかなか落ち着ける雰囲気です。結構新しいお店で店員さんも若い。

20170322_184420868

 生400円、煮込み500円。煮込みは値段の割りに量が少なく、しかも固い。イマイチです。

20170323_185337686

 翌日、『ごち』から運河側に一本奥に入った路地にある立ち飲み屋『横浜処』に入店。
[地図]https://goo.gl/maps/xmeAvaEBkB72

20170323_180948941

 先日はこの横浜処が混んでたので、ごちに入りました。今日は早目に訪れたので入店。入って左手に作りおきの小鉢が並んでいます。この小鉢は自由にレジに持って行ってドリンクと共に現金払い。お通し感覚でチョイスできますし、もちろん温めてもくれます。店員さんは無駄に(笑)若い姉さんが5人も。焼き物などの調理系及びドリンクはレジに直接頼んで現金払い。このシステム、なんかいいです。

20170323_181425666

 生400円、小鉢(ハラミとニンニクの芽の炒め物)300円、緑茶ハイ300円、煮込み400円、烏龍ハイ300円、鳥皮120円、レバー150円(ちょい焼き・鳥3豚1)。締めて1970円也。安い!特に黒胡椒の効いた塩煮込み(白モツと溶ける大根)がヤバい!
 ここはもうイチオシ。通いたいくらいです。

IMG_20170404_190853

 西口北側の運河を渡った先、鶴屋町方面。立ち飲み安兵衛の跡地に建ったオフィスビルには複数の飲食店が出来、通り沿いにはかつての街角を思い出させるように居酒屋の立ち飲みコーナーなどが作られていました。ただ安兵衛の隣にあった焼き鳥平助は以前と同じ場所で店を開けたようです。しかし覗いて見れば閑古鳥。

IMG_20170404_190139

 通りを真っ直ぐ進み大通りに出る手前、食べログでもそこそこ評判な立ち飲み屋『横浜屋』さんに入って見ました。この店は昔からある立ち飲み屋ではなく、レトロ居酒屋などを手掛ける(株)横濱串工房の系列店です。つまり立ち飲みブームに乗っかった偽昭和なお店。この先の大通りを渡るとその先は鶴屋町のホテル街となります、
地図

20170404_182702297

 偽昭和などと言ってしまいましたが、美味いものは美味い!他店と一線を画すなめらかな食感の豚レバーは、一本150円とはいえちょっとびっくり。さらに17:00~19:00は生ビール、角ハイボール、サワー(生姜、青リンゴ、クエン酸)、日本酒一合、芋焼酎(島美人)、ホッピーセット、などがなんと200円。また串焼きの他に新鮮なお刺身などメニューが豊富。充分満足出来るお店だけに超満員です。

IMG_20170405_175911

 翌日、今度は東口南側にあるキンパイ酒店(居酒屋クラーテル)に立ち寄り。こちら、一階の酒屋さんは店頭販売をやめてしまったようでシャッターが閉まっていますが、左脇の階段を二階へと昇れば角打ちとして営業しております。
地図

20170405_182311932

 そこそこ広い店内。明るい女将さんと常連のご高齢なお父さんたち。雰囲気は丸っきり立ち飲み屋さんです。

20170405_180634428

 システムは角打ちなので冷蔵庫から飲み物を取り出し、入り口に並べられた缶詰めや柿ピー(60円)などの乾物をレジに持って行き現金払い。しかしコロッケや揚げ出しなどの簡単な料理もあります。写真のモツ煮込みは495円ですが超美味い。日本酒は金盃と獺祭、焼酎はかなりレパートリーが豊富のようです。
 それにしても、横浜駅のすぐ近くにこんな角打ちが残っていたとは驚きでした。

千葉県習志野市、バラック銭湯と立ち飲み屋

 今年の2月、千葉県習志野市にある鷺沼温泉という温泉銭湯を訪れたのですが、運悪くボイラー清掃のため臨時休業。いつかリベンジしてやると思い、今回再訪しました。

image

 JR総武線津田沼駅からバスで習志野三丁目へ。辺りは年期の入った団地街。温泉なんてとても無さそうな雰囲気です。

image

 千葉街道沿いの路地を入った奥に、温泉銭湯の鷺沼温泉は有ります。

image

 脇に廻れば、崩壊しそうなバラック建築。この外観がすでにそそります。

image

 裏に廻るとボイラー室。屋根がもう崩れかけてます。

image

 正面に戻り路地を進んで突き当たり右手に入り口があります。男湯女湯それぞれの暖簾を潜って入る感じは銭湯の造り。

image

 下足棚に靴を入れ、年期の入った木造引き戸をガラガラと開ければ、在日朝鮮人系のお婆ちゃんの座る番台。

image

 480円を払うと、広くて天丼も高い脱衣所。脱衣棚は全て常連さんのお風呂用品で埋まっており、少々戸惑います。仕方なく脱衣カゴを適当な所に置いて服を脱ぐ。オープンの15時に入りましたがまだ誰もおらず、女湯の方からはオバチャン二人の話し声が聞こえてきました。

image

 浴室は広く、タイル画と板貼りの壁に描かれた富士山の銭湯画が見事。カランはお湯を出そうとしても水しか出ず、中央のシャワーのみお湯が出ます。調べたところ10年以上前から左右壁際のカランはお湯が出ないままのようで、放置を通り越して開き直ってます。(笑)

image

 お湯はラドン温泉とのみ表記されてますが、いわゆる関東でよく見る黒湯。ただこれが、あっつい!
 温泉計は40度を指してますが壊れているようで、体感的には左側47度、右側46度ぐらい。今まで入ったお湯でもトップクラスの熱さです。ただ有難い事に中央にある水道の蛇口を捻れば冷鉱泉がダバダバ出て来ました。浴感は熱過ぎてよく分かりませんでしたが、ぬめり感のある良質な鉱泉であると思います。
 ともあれ、在日朝鮮系バラック建築の放置プレイな銭湯という部分では、類い稀な経験が出来たのは確か。湯あがりは温度のせいか泉質のせいか、ホカホカが止まらない。

image

 バスで津田沼駅まで戻ったところで風呂上がりのビール。南口は千葉工業大学しかないので、北口の繁華街へ。

image

 立ち飲み屋『ギュートン軒』。駅から1分もかからない場所ですが、この立地条件が凄まじい。

image

 ビールは瓶のみですが、サワー系280円、小鉢や焼き鳥2本150〜180円、モツ煮250円と、かなりリーズナブル。

image

 お婆ちゃんとお母さんが二人で切り盛りする小ぢんまりした店ですが、いつまでもこのまま残っていて欲しい店です。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ