立ち飲み屋

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

神奈川県横須賀市追浜(2)、追浜駅周辺の立ち飲み屋

いやはや、行って見ないと分からないものです。京急で金沢八景の先、各駅停車しか止まらない追浜駅に降りて見たら、素敵な飲み屋さんだらけの街でした。

90D13F6E-374B-40BF-B42B-D4D707336C2D

第三海堡に行く際行程をGoogleマップで検索したところ、金沢八景から追浜車庫行きのバスに乗るとの結果。しかし乗ったバスは追浜駅止まり。強制的に追浜駅で時間が出来ました。

2A57F264-8B19-464E-BEFA-4774F18F57DA

しかし駅前にはなんと目にしただけでも4軒もの立ち飲み屋が。1日でそんなには巡れません。

6E075CEE-F6A3-4EF3-BA43-A01D7C1F42E1

第三海堡のある夏島まで行って気付いたのですが、ここは日産の工場や積出し港があるんですね。下請けの工場も多かろうし、まさに工場労働者の街のようです。

CD82156A-27F1-488C-87CA-100F0379E4B2

バスで追浜駅に着く手前、車窓から非常に気になるバラック群が目に入りました。

6A6BD293-A5E1-4B58-AF21-6D90E28E47C9

このバラック群がみなスナックや居酒屋、一番奥のこの建物なんか立ち飲み屋だと言うではないですか。

23EC6740-8EC6-47FB-921B-BF61E93E17AD

バラック群の裏は京急。快速特急が背後を猛スピードで駆け抜けるような立地。

BA6B7B81-E89A-4B69-957C-EFE89A14E0A1

駅から結構外れですが、焼きそば屋の看板も。とうに閉店しているようですが。

274EE89C-D221-48A2-B173-B0374C87D77A

このような渋いスナック長屋もあります。

09F2853D-B38E-49A7-AF04-86C58EB96B32

裏手を見れば、やはりトタン貼り。

CCD1DA5F-B11B-44E0-AD79-7317FF14FC03

国道沿いのアーケードには角打ちまで有ります。

A601223A-471D-46E1-80AB-DB3CADC3C6CC

もう現役を引退された方々でしょうか、昼間っから呑んでます。素晴らしい。

BD19FF22-CD53-488F-83DF-2513392C81F6

駅前の昭和感満載のショッピングセンター。二階には飲食店街が。

9BAAA31F-8542-4FBE-BC9E-49C1DD5B68F7

非常に分かりづらい入り口ですが、立ち飲み屋です。

91548412-4461-4999-BC92-F877BB1B8419

波平さん。立ち飲みと言いながらも椅子があります。なかなかこっちまで行く機会はないですが、わざわざ足を運んでまた飲みに行きたいと思いました。

神奈川県横浜市、中村町ドヤ街の銭湯や角打ち

近頃横浜方面の仕事が多いため、しばらくは横浜をじっくり攻めてみようと思います。

IMG_1259

仕事場から中村町へ歩いてまず目に付いたのは中村川沿い山手側(南側)に建つこの建物。調べてみても詳細は不明ですが、少し前まで神奈川県立高等学校教職員組合という表札があったそうです。

IMG_1255

裏手に回ると県警中村分庁舎という、これまた古い建物が。こちらは昭和5年に警察学校として建てられたそうで、川沿いの建物も同時期に建てられたものでしょうか。

IMG_1256

こちらはさらに奥に建つ武道場。中村分庁舎は自動車警ら隊が入っていますが、この武道場で剣道や柔道、逮捕術などの武道訓練をしているそうです。

IMG_1263

川沿いを海側に歩いて行くとこの強烈な建物。二階と三階は一体どうなっているのか。ロフトとかメゾネットなどを想像しましたが、よく見れば簡易宿泊施設。カプセルホテルのような構造になっているのでしょうか。謎です。

IMG_1265

この辺りから簡易宿泊施設が多く建ち並びます。以前訪れた寿町はもっと下流の川向こうですが、この辺りにもドヤ街があったとは知りませんでした。

IMG_1292

そんな中村町の銭湯、仲乃湯でひとっ風呂。

IMG_1296

伝統的な銭湯建築。素晴らしい建築物です。

IMG_1299

この辺りは年金生活者が多く、開店の3時半から高齢者たちで賑わっていました。

IMG_1304

銭湯とドヤ街の間にある酒屋さん、鎌倉屋酒店。ここがまた、場所が場所だけに角打ちをやってました。

IMG_1301

入って見るとちょうどお笑い芸人のジョニ男さんが、氏のインスタグラムの撮影をなさってました。私もインスタグラムはやっているのですが、氏の「ジョニスタグラム」はフォローして、いつも見ていたので、少しお話する事ができました。

IMG_1269

今回の目的地はこの「フライ屋」さん。以前友人から教えて貰いずっと行こうと思っていたのですが、それ以上に周辺の街並みに驚くばかりでした。

IMG_1277

「コ」の字のカウンターのみの、いかにもな大衆酒場。

IMG_1275

生300円、フライはそれぞれ100円。しかしレンコンは3つ、串カツは2本、シイタケは2個、ハンペンは反則なほどデカい、チクワは一本を二等分、それで100円は安過ぎる。

IMG_1270

他にも気になるメニューがたくさんありますが、とにかく美味くて安い。ここはしばらく通います。

追記・2020年4月2日

IMG_1428

フライ屋さんから坂を少し登ったところ、焼きそばの看板が。残念ながら廃業されたそうです。戦後、簡単に作れるという理由から数多くの焼きそば屋さんが存在していましたが、現在では絶滅危惧種です。

【日記】本八幡で立ち飲み屋探し

仕事で本八幡に行きました。本八幡と言えば以前ジャガーさんの基地を見に来た事があります。後日その記事に今回のレポートを転載します。

IMG_1044

まずは昼休みに駅周辺を散策。JR本八幡駅北口と京成本八幡駅の間に高層マンションが3棟建っていまが、高層ビルはお隣の市川駅に2棟建っているのみで、あとは見渡す限り高層建築物の無い所です。

IMG_1045

南口を東に歩いて行きます。立ち飲み屋わたらいを発見するものの土曜日はお休み。基本的には良い感じの飲み屋街や路地裏が残っていますが、風俗店こそ無いもののスナックやパブなどがやたら多い。そして久々に都内を離れてみれば喫煙率の多さに驚きます。愛煙家の自分としては嬉しい限り。

IMG_1046

さらに東へ歩いた所に大衆酒場の馬越。すでに満席でしたが有名店なのかな?

IMG_1043

北口東側の路地に酔いどれという立ち飲み屋を発見したものの営業しておらず。土曜日も4時から営業と書いているのですが、廃業しているのでしょうか。

IMG_1056

北口の西側、都営新宿線乗り場の上に立ち飲み屋なぶら家さんが。2階3階は椅子席の居酒屋になります。

IMG_1053

ここは千葉県でチェーン展開をしている和風レストランはな膳の系列店のようです。ほぼ千葉限定のようなので知らない。

IMG_1057

地元の常連さんが集まるような良い雰囲気の店内。

IMG_1050

生390、サワー系290〜、焼きトン系二本220〜と、なかなか安いし美味い。立ち寄るには良い店です。

世田谷区三軒茶屋(2)、世田谷韓国会館(旧・駒沢練兵場兵舎)

去年2019年の春頃に三軒茶屋はよく通っていたのですが、いつか行こうと思っていた世田谷韓国会館の存在をすっかり忘れ、スルーしていました。先日たまたま三軒茶屋に寄る機会が有ったので、改めて訪れてみます。

IMG_3557

246号線の南東側、三叉路辺りから路地裏へ入った所に、去年よく通っていた立ち飲み屋さんが一軒あります。ちょっとした飲み屋街の中にある、その名も「たちのみや」さん。

IMG_3552

生350円、サワー系300円~、小皿料理300円~。地価の高い東急沿線、しかも三茶にしてはなかなかリーズナブル。立ち飲みと名乗りながらも8割が椅子席で、なかなか意表を突いてきます。店内は地元の常連さん方が集まる賑やかな店で、好きな雰囲気。一発で気に入ってしまいました。

IMG_3095

飲み屋街の脇から南東方向には庶民的な商店街が続いており、その一番奥の方には逆Y字路をショートカットするような形で微妙なアーケードもあります。

IMG_3096

上馬1番街商店会。昼間だったのでシャッターが閉まっていましたが、どれくらい生き残っているのか。しかし商店街自体は人通りも多く賑わっていました。

IMG_3092

逆Y字路の先には弘善湯という銭湯があります。ひとっ風呂入りたかったのですが、残念ながら本日休業の札が。

IMG_3086

弘善湯の裏手の住宅街の中に、今回の目的地である世田谷韓国会館があります。

IMG_3081

この辺りから三宿に掛けての一帯はかつて旧帝国陸軍の駒沢練兵場であり、この建物も明治30年頃に野砲兵第一連隊の兵舎として建てられました。

IMG_3083

戦後、この建物は在日韓国民団東京世田谷支部の入る世田谷韓国会館として流用されています。

IMG_20200222_151104_331

それにしても物持ちがいいと言うか、世田谷一帯を焼け野原にした空襲にも焼け残った明治時代の木造建築を、未だに建て替えもせずに使い続けているのが驚きです。同時に歴史的価値のある建造物を残してくれている事に感謝の念すら抱きます。

IMG_3079

向かい側には都営下馬アパート。ここの四階共用廊下からなら韓国会館を俯瞰で撮れると思ったのですが、残念ながら建て替えに伴い閉鎖されていました。

IMG_3089

かつての練兵場跡地のほとんどが、世田谷公園や学校、都営団地として使われています。しかしどの棟も老朽化が激しく、こちらの棟も住民は退去し、二階への階段は封鎖されています。しかし一階部分の建て増し感は、かつて商店だったのでしょうか。

IMG_3090

表に廻ればまだ営業中の店舗も残っているようです。しかし周辺では着々と建て替え工事が進められていました。

【日記】川崎市で立ち飲み屋探し

最近は仕事で武蔵小杉や川崎方面に通ってます。
川崎市武蔵小杉(1)、再開発の進む企業城下町
川崎市武蔵小杉(2)、再開発前の小杉町3丁目東地区

IMG_8782

武蔵小杉の再開発はいよいよ大詰め、高層マンションも最後の一本となりました。2019年の台風では下水道が合流式だったために処理能力を超えて下水が氾濫、電気や水道が使え無くなるという被害が発生し街は泥水に浸かりました。ネットで散々騒がれてましたが、要は成り上がりのなんちゃってセレブをバカにしてた訳で、今の時代どこから差別が生まれるか分かったもんじゃない。頑張って分譲マンション買ったんだからいいじゃないとも思うのですが、問題は通勤行列のできる駅のキャパシティや工業地帯だった土地の土壌問題、想定外の雨量に対応しきれなかった下水道の問題などを抱えながらの乱開発。行政やデベロッパーの無責任さに問題がある訳で、去年の台風被害は半ば人災だったという側面もあるんでしょうね。

IMG_8783

などということは置いといて、ともかく仕事終わりの生ビール。南武線武蔵小杉駅北口西側、南側に抜けるガードの両脇に立ち飲み屋が有ります。右手のたまいやさんは以前飲んだので今回は左手の一心さん。

IMG_8784

一杯目は生と煮込みのセット600円。二杯目はハイボール150円と納豆とうふ350円。安いし美味いので、何度か通ってます。

もう一か所の勤め先は川崎駅。昼間の街撮りでは何かと縁がある川崎ですが、実のところ夜に飲んだ事がない。

IMG_8871

JR川崎駅東口、京急の手前で北側に少し歩いた所にある立ち飲み屋「フルミチ」さんに立ち寄りました。左手の「元祖立ち飲み屋」さんと同じ店です。

IMG_8873

土曜日でしたが大盛況で、店員さんも活気が有って良い店。日本酒に拘ってるようですが、まず煮込みが美味いから間違い無いです。

IMG_0748

同じく東口。京急を越えて右斜め前に建っていた百貨店さいか屋は2015年5月に閉店し、すっかり再開発されてしまいました。毎度の事ながら消える前に記録しておくべきだったと後悔。

IMG_0744

そんな川崎に似つかないオシャレタウンの裏手には川崎本来の街並みが残っているのでづが、その中の一軒「ぶったち」さんに突入しました。立ち飲みというので入ってみれば、テーブルにもカウンターにも椅子が用意されています。フィリピン人の女将さんに促されて店の一番奥、二人掛けのカウンターに座りました。
お客さんは全員地元の顔馴染みでたまにフィリピン人の奥さん。なんか武蔵新城のスナックみたいな空気感でアウェイ感がハンパない!
二杯くらい飲んでアルコール少し回ったところで、勇気を出して隣の先輩に声を掛ければ意気投合。なんだかんだで結局、すっかり楽しく飲めました。ギャンブルと女の話で盛り上がる辺り、川崎っぽくていい。また来ようと思いました。

2020年2/6追記

IMG_0754

すっかり再開発されている西口にも立ち飲み屋は有りました。と、思ったら全席椅子完備。川崎の人は立たないのかな? 立飲亭帆立屋さん。

IMG_0752

生ビール415円(小ジョッキ)、サワー系360円、刺身系390円、揚げ物焼き物360円、小鉢系300円。西口は東口に比べてずいぶん閑散としてますが、飲食店も少ないせいかあまり安くはないです。

2020年8/28追記

F13864A3-1734-4EC9-9BBC-5B14AE57F6BA

京急川崎駅から堀之内方面へ、チェーン店の晩杯屋をスルーして立ち飲み「天下」さん。

FF17CAEF-9979-46C4-874B-42E38B7A78A0

現金取り引きですがなかなか安い値段設定。30年以上前から川崎駅近くで商いをされていて、今の場所には17年ぐらい前に引っ越されて来たそうです。ちょっと通いたい店。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ