神社仏閣

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

群馬県前橋市、赤城山温泉御宿総本家

 渋川の西側に聳える榛名山の麓の伊香保温泉が温泉としては有名ですが、東側に聳える赤城山にも多くの温泉が湧いています。そのひとつ、赤城山温泉へ行ってまいりました。
 伊香保との決定的な違いは交通が不便だという事。伊香保はJR渋川駅から本数の多いバスで40分ほど。渋川伊香保インターからも近く、新宿からの高速パスも頻繁に運行されています。
 対して赤城山温泉は、まず高崎または新前橋から両毛線で前橋まで行きます。

IMG_2125

 前橋駅に着いたら街の北東側にある上毛電鉄中央前橋駅までシャトルバスで移動。歩いて乗り換えると15分ぐらい掛かりそうな距離です。
 上毛電鉄は中央前橋から西桐生まで一時間に2本ペースで運行されていますが、JR両毛線の桐生からも離れており乗り換えが困難。唯一、赤城駅でのみ東武電鉄と乗り換えが可能です。

IMG_2131

 車両は京王井の頭線で使用されていたものの払い下げ。他に昭和3年製造のデハ101が動態保存されていますが、イベントの時や貸し切り運転の時しかお目見えしません。ちなみに貸し切りは一往復10万円。一人頭5千円の会費で20人集めれば動かせられます。

IMG_2130

 そしてなんと上毛電鉄では自転車を乗せる事が出来ます。熊本電鉄以外では知りませんでした。

IMG_2132

 やがて電車は大胡駅に到着。数少ない有人駅ですが、驚いたのは改札でパンチが健在な事。当然ICカードなど使えません。

IMG_2133

 大胡からは路線バス。と言ってもタクシー会社に委託している予約制のデマンドバスです。前橋市郊外は定期便の路線バスがほぼ全滅しており、このようなワゴン車によるデマンドバスがいたるところで走り回っています。自動車普及率が全国トップクラスな群馬県ならではと言った感じ。まるでタクシーのように利用出来るのに210円という安さは逆に助かりますが、タクシー会社としては複雑な思いでしょう。

IMG_2136

 しかしそのバス路線も約30分ほど走り赤城神社で終点。ここから赤城温泉までは公共交通機関が無いため、宿に迎えに来ていただきました。

IMG_2144

 送迎を待つ間、赤城神社を散策。曇りの日は新緑が映えます。

IMG_2143

 広い境内には樹齢の古い杉の大木が多く、静謐な空気が漂っていました。

IMG_2146

 赤城神社から車で20分で赤城温泉に到着。乗り換えは多いし車がないととにかく不便。まさに秘湯です。宿は三軒営業しており、一軒は廃業。

IMG_2147

 その廃業した新嶋館の脇を通ってその奥に御宿総本家はあります。新嶋館からラジオの音が聞こえて来たので人は住んでいるみたいです。

IMG_2151

 創業300年の歴史のあるこの宿、ご主人が収集された様々な物が飾られており、かなりカオスです。アフリカや東南アジアの民芸品から仏像やオブジェまで、小さなお子さんはトラウマになるかも知れない。(笑)

IMG_2153

 霧が立ち込めていましたが、窓の外は大自然。というか、えらい山奥です。

IMG_2161

 まずは露天風呂から。いきなり石像がド真ん中に鎮座しています。脱衣場には埃を被った神棚。

IMG_2162

 泉質は伊香保に近い鉄分豊富なお湯ですが、炭酸系でもあります。そして何よりも驚いたのがこの韓国料理の二色鍋のような色。真ん中で仕切られており手前に源泉が注がれています。奥は水位が少し下がっており、手前から溢れ出したお湯が溜まってゆく仕組み。

IMG_2163

 源泉温度が43度なので熱くはないのですが、手前は透明なお湯に茶褐色の湯花が大量に漂っています。奥の浴槽はぬるくなり、さらに酸化して薄緑色に濁っています。面白い。ここまで変化するものかと驚きました。当然手前の浴槽に入りましたが、温度が高くないため長時間浸かる事になり、そしたら汗が止まらない事態に。鮮度、泉質ともに極上であります。

IMG_2174

 次に内風呂です。露天風呂と違い冷めないので、こちらはちょうど良い湯加減。凄まじいのはこの温泉成分が結晶化したオリ物。まるで鍾乳石のように浴室の床面全体をビッシリ覆っています。泉質の良さの証拠とは言え、ここまでなのは初めてです。

IMG_2177

 食事はイワナの塩焼きを始め豊富な山の幸。充分満足できる量で2食付き8千円代とリーズナブルです。
 赤城山麓は湧出量の少ない温泉が分散しておりまとまった温泉街が無く、一軒宿などの小規模な温泉が散在しています。そのため路線バスなどが整備されないままの秘湯が多い。源泉温度も低めなため、源泉から少しでも離れると加温しなければなりません。そのため温泉旅館としての経営が難しい土地とも言えます。しかしさがせば素晴らしいお湯はあるもので、まだまだ開拓の余地はあります。車さえ有れば!

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

茨城県旧鹿島鉄道沿線、夜刀神社、鉾田市街地

 鹿島鉄道廃線跡を巡る際、少々気になる神社を発見したので寄り道して参りました。
 夜刀神社。漫画、ノラガミの夜卜神と関係あるのかと思いましたが、どうやら違うようです。ただ、忌み神という部分では共通しており、なんだかとても興味が湧きました。また夜刀という字面から、中二病系創作物などでよくその名前が使われているとか。

IMG_1785

 泉集落の一番奥、暗い森を背にひっそりと鳥居があります。

IMG_1782

 鳥居を潜るとそのまま崖を降りるような形に参道が続きます。写真は鳥居を振り返ったところ。
 夜刀神についてですが、常陸風土記によれば夜刀神とは行方(なめかた・玉造の南)周辺の原野に群棲する蛇体で頭に角を生やした神で、その姿を見た者は一族もろとも滅んでしまうと伝えられていたそうです。忌み神、祟り神の類で祀る事により鎮めています。

IMG_1774

 森の中のキツい坂を下りきると、ちょうど谷底の湧水地に出ます。

IMG_1775

 ここは椎井の池と言います。孝徳天皇の時代(645~654・大化の改新の時代)に壬生連麿(みぶのむらじ=まろ)が夜刀神の棲む谷の池に堤を築こうとしたところ、椎の樹上に夜刀神が集まり、いつまで経ってもそこを去らなかったため、全て打ち殺せと命令したところ逃げ去ったと伝えられています。周囲に椎の木があり泉が湧いていたので、麿はこの池を椎井の池と名付けたそうです。

IMG_1771

 谷底には舗装された道が迂回して通されています。しかし竹は倒れ込んでいるわで、殆ど使う人が居ないような道です。

IMG_1778

 谷底から急坂と階段の参道を、今度は反対側の斜面に沿って登って行きます。すると開けた場所に建つ愛宕神社へと出ました。ここは水戸光圀が夜刀神社と合祀し、村の鎮守としたとも伝えられています。

IMG_1779

 愛宕神社の右奥にひっそりと佇んでいる祠が夜刀神様です。
 継体天皇の時代(507~531・古墳時代)に箭括氏(やはずのうじ)の麻多智(またち)という人が谷を切り開き新たに田を開墾した際、夜刀神が大量に現れてその開墾を邪魔したと伝えられています。

IMG_1780

 夜刀(やと)とは古い言葉で谷(やつ)、谷人(やと)を意味し、一説によれば谷底に住んでいた先住民の事を指しているとも言われています。つまり西方より農耕を広めて来た人々が、狩猟などを生業とする先住民を滅ぼし、その一族の祟りを怖れて神として祀ったとも想像できます。いわゆる夷討伐のような物。

IMG_1675

 こちらは前回通り掛かった、桃浦近辺にあった三昧塚古墳。夜刀神伝説の舞台は、飛鳥時代よりも前の古墳時代という事になります。

 夜刀神社を訪れた後は先日アップした記事の通り、廃線跡を巡り温泉に浸かって鉾田へ。

IMG_1834

 旧鉾田駅前でまず出迎えてくれたのが、このガソリンスタンドの廃墟。なんか凄まじい雰囲気。

IMG_1837

 駅周辺には廃業したスナックや居酒屋などが多く、かつて栄えていた様子が窺えます。

IMG_1836

 こちらは閉店された美容院。窓の造りがとても昭和。

IMG_1840

 街には人影もなく、閑散としております。終着駅だった街が鉄道の廃止によって駅前ではなくなり、その後の震災による液状化被害もあって街は衰退の一途を辿っていきました。

IMG_1841

 鉾田から鹿島臨海鉄道の新鉾田駅へ向かう商店街にある牛乳屋さん。鹿島臨海鉄道鹿島線は1980年、第三セクターによって開業した路線ですが、なぜか駅は鹿島鉄道鉾田駅からかなり離れた、街の反対側にあります。

IMG_1843

 街の映画館『宝来多座』。閉館して久しい様子。

IMG_1844

 そんなわけで、いかにも寂れた街といった雰囲気の鉾田でした。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

長野県下諏訪、諏訪大社下社と菅野温泉

 下諏訪は上諏訪と比べ少し開けていつつも、高い建物がほとんど無いので、どこか長閑な印象があります。甲州街道と中山道の交差する交通の要衝であり、商人で栄えた宿場町です。メインストリートである中山道は諏訪大社下社秋宮の参道を兼ねている感じで、高島城の城下町である上諏訪とは随分雰囲気も違う。

IMG_1031

 上諏訪にある諏訪大社上社前宮と本宮は駅からかなり離れた位置にあるのに対し、下社秋宮と春宮は駅前市街地のすぐそばにあります。写真は下社秋宮の神楽殿で、奥に弊拝殿があります。出雲大社ほどでないにしろ注連縄が巨大。

IMG_1029

 下社秋宮の境内には神聖なお湯として温泉も湧いており、まさに温泉の街である事が伺えます。この温泉手水からは湯気が立っており、手を浸けてみるとかなり熱い。

IMG_1038

 下社秋宮の脇にある塩羊羹屋『新鶴』。上諏訪では木造モルタル建ての看板建築や鉄筋コンクリート造三階建ての建物が多く、昭和な街並みだったのに対し、下諏訪はこのような宿場町の木造建築が多く残されています。

IMG_1040

 下社秋宮から社秋春宮に向かう甲州街道沿いに旅館の建ち並ぶ温泉街があります。写真は鉄鉱泉本館。温泉街というより、やはり宿場町の雰囲気。

IMG_1045

 諏訪大社下社春宮の前には木造屋根付き太鼓橋の下馬橋が保存されています。橋の袂に少しだけ石畳が残っている。

IMG_20151016_131342178

 諏訪大社下社春宮の拝殿。来年の春には下社秋宮と下社春宮で七年に一度の御柱祭が開催されます。

IMG_1054

 下社春宮の脇を流れる川を渡ったところに、下社の石鳥居を建てた石工の作った万治の石仏があります。ちょこんと乗っかった頭がモアイ像っぽい。

IMG_1060

 中山道から屋根付きの細い路地を入った所に、共同浴場『菅野温泉』があります。

IMG_1062

 ここは以前より様々な温泉ブログで見て来て、いつか行きたいと思っていた所です。年季の入った有人の番台に200円払って、いざ。

IMG_20151016_144528250

 内装は小綺麗になってますが、建物はかなり古いです。

IMG_1065

 広々とした湯船の中央にある円筒形の所から源泉が注がれています。

IMG_1066

 お湯はナトリウム・カルシウム-硫酸 塩・塩化物温泉で、かなり熱い。湯上がりはホカホカになりますが、出ると路地を吹き抜ける風がちょうど心地良いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

長野県上諏訪(1)、温泉街と共同浴場

 諏訪湖の湖畔に広がる温泉地である上諏訪。元々城下町としても栄え、茅野や下諏訪など周辺には全国の諏訪神社の総本山である諏訪大社もあります。

IMG_0725

 湖畔を背にした甲州街道側の駅前では古い駅前ビルが解体工事中。綺麗に再開発されるのでしょうか。

IMG_20150713_160922909

 線路沿いには微妙な飲食店街。しかし建物の古さが凄まじい。

IMG_0739

 一方、駅の反対側、諏訪湖側には巨大ホテルやリゾートマンションの点在する温泉街。

IMG_0740

 高そうなホテルの林立する中に、やはりありました。廃業ホテル。
 後々気が付いたのですがこの『旅館たかの湯』さん、私が尊敬し常に参考にしている温泉ブログ『温泉備忘録』さんでサービス良し食事良しお湯も上諏訪で二軒しかない貴重な自家源泉という、とても高評価な宿でした。上諏訪で宿泊する時はどこにしようかとサイトを閲覧していたら、なんか見た事のある建物だと思い、あの時の廃墟が!と、ショックを受けました。実にやるせない。

IMG_0742

 人も疎らで寂れた感が漂う中、閉館したストリップ劇場フランス座跡が残されてます。ヌード劇場とでかでかと掲げられた開き直りが素晴らしい。

IMG_0745

 湖から少し離れた住宅街には、多くの共同浴場があります。上の写真は映画『テルマエロマエ2』のロケ地として使われた共同浴場。しかしここはジモ専のため利用出来ません。

IMG_0747

 その真裏には、またもや別の共同浴場。この二軒の向かいにも『いきいき元気館』という大浴場付きの健康福祉センターがあります。
 因みに諏訪湖周辺にはかなりの数の共同浴場があり、その多さたるや別府に次いで全国二位とか。
 しかしその八割方がジモ専で、組合費を納めてない外来者は利用禁止と書かれています。

IMG_0750

 二軒の共同浴場のさらに奥、普通気付かず通り過ぎてしまうような細い路地に『大和温泉』という看板。

IMG_0751 (1)

 路地というよりも民家の通路といった狭い道を入って行くと、結局民家!(笑)
 中庭のような所では家主らしき方が木箱のような物を製作中。この、DIY真っ最中の奥に、共同浴場『大和温泉』があります。ここは数少ない、外来者にも解放されたお風呂。ありがたいです。早速230円払って入湯。

IMG_20150712_122554883

 ステンレスの浴槽には緑色の湯が。源泉温度が高いため掛け流されていませんでしたが、蛇口を捻れば源泉がダバダバ出て来ます。
 湯温はかなり熱め。私が掛け湯で体を慣らし、やっと湯船に足を入れたところで、地元のお父さんが入って来ました。
 熱いだろ。熱いですね。俺も熱いと思うぞ! そんな会話を交わすと、お父さんは加水。私は湯船でザバザバ湯もみして、ちょうど良い湯加減に。
 お湯は単純硫黄泉。臭いも強く濃いいお湯が纏わりつくような、とても素晴らしいお湯でした。湯上がりは汗が止まりません。

IMG_0789

 最後に諏訪大社にもお参りしておきました。諏訪大社は上社本宮(上写真)、上社前宮、下社春宮、下社秋宮の四カ所からなります。

IMG_0796

 帰りがけ、タクシーで上諏訪の市街地を通ったところ、なんとも古く素晴らしい街並みが。さらに日本酒『眞澄』の酒蔵を始めとする、多くの酒蔵が軒を連ねていました。

IMG_0797

 今回は目的地を絞っての訪問でしたが、次回、上諏訪と下諏訪の街並みや酒蔵、共同浴場をメインに市内をじっくり周りたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

群馬県伊香保(4)、裏の伊香保、歓楽街廃墟群(後編)

 続きです。

IMG_20150517_124703558

 このストリップ小屋の一段下にはホテル永楽という小規模なホテルがあります。

IMG_0641

 ただこのホテル、施設は小さいけど、その奥の一帯が凄まじいです。

IMG_0644

 トタン屋根の飲食店街。至る所にホテル永楽の看板が掲げられている事から、この一帯は永楽の土地ではないかと想像できます。

IMG_0643

 懐かしいサンキストのベンチにも永楽の文字が。

IMG_20150517_095403631

 石段街に出れば、ここまでの廃退ぶりが嘘のような観光地。そのギャップに立ち眩みすら覚えます。

IMG_20150517_104522214

 しかし、そんな石段街を登りきった所にも廃墟。この『ホテル紅葉』はちなみに、ホテルニュー紅葉などをチェーン展開するおおるりグループや2013年倒産したびわ湖温泉ホテル紅葉などとは、全く関係ありません。

IMG_20150517_095444615

 神社の石段から見えるホテル紅葉の裏側がまた凄まじい。

IMG_0620

 石段の頂上にあたる伊香保神社。観光客はとりあえずここまで登りお参りして、ここで引き返すかその奥に続く道を進み源泉の吹き出す所にある露天風呂まで行くかを選択します。

IMG_0621

 神社の脇を入って車道に出る所にまた廃墟ホテルが。こちらは『邦来館』。

 ここまで写真を載せて来て気づいたのですが、伊香保の荒廃ぶりを書かれたブログなどを見ると、ことごとくネタがカブってしまいました。みなさん撮られるところが一緒って事です。そして坂の多さにやられて石段の下を走る国道の下側に広がる温泉街まで足を延ばす元気が無くなるのも、多分一緒。(笑)

IMG_0651

 石段街下を走る国道を渋川方面に少し下ると、昔の路面電車が展示されています。

IMG_0649

 レールも一部保存されています。その昔、高崎市内を走っていた路面電車が伊香保まで来ていたそうです。途中結構な坂もありますが、そこはスイッチバックで登って来たとか。

IMG_0648

 かつて線路が走っていた廃線跡。最終的には東武鉄道グループに吸収されながらも、昭和31年まで走っていたそうです。

IMG_0647

 そんな訳で、伊香保をひと回りして来ました。伊香保は、歓楽街の廃墟化が進みながらも、週末の石段街は沢山の観光客でごった返していました。その観光客の中には大江戸温泉物語(石段街右手の崖下の大型ホテル)に宿泊してるのか、カラフルな浴衣を着て散策されている若い女性客も多くいます。
 都心からの近さで言えば群馬県内でもトップクラスの伊香保。同じように復活を目指す関東近郊の歓楽温泉街と比較すると、海産物の豊富な熱海や東武鉄道のある鬼怒川などと比べて多少不利かも知れません。しかし工夫次第では、かなり復活の可能性はあると感じました。

※2016年5月再訪

IMG_20160515_201644234

 一年後、再び伊香保に宿泊し、夜の伊香保歓楽街を散策してみました。居酒屋で夕飯を済まし裏の伊香保歓楽街へ。日曜日の夜だけあって、ほとんど人影がありません。

IMG_20160515_201652332

 静まり返った路地、二軒の射的場はしっかり営業していました。

IMG_20160515_201920618

 日曜の夜だと言うのに、意外にも多くのスナックが営業中。しかしそこかしこから聞こえて来るのは外国語ばかり。

IMG_20160515_202100200

 ストリップ小屋の下の路地も二軒ほど営業していましたが、以前より気になっていたスナック石段は閉まっていました。聞いた話によればこの界隈、風俗まがいの事も斡旋している店もあるとか。歓楽温泉街はいまだ健在みたいです。ちなみにストリップ小屋も入り口の所で椅子に座り、おっちゃんが呼び込みしてました。繰り返しますが、日曜の夜だってのに!

 結局、坂の上に戻り射的場のある通りの角のスナック『レディー』に入店。店の写真を撮り忘れたので、一年前昼間に撮ったものを載せます。

IMG_0625

 この店はマスターもチーママも日本人で台湾のホステスさんが一人働いてました。お客さんは自分らの他に男性客が3人。一時間3000円でカラオケ別途。伊香保の中心街だけに観光地価格ですが、だいたい相場です。
 マスターと少し話ましたが、現在の伊香保は高齢化と後継者不足が深刻な問題となっているとか。どこも一緒ではありますが、まぁ外国人労働者が居るだけでも水上などに比べればマシなのかも知れません。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ