産業遺産

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

埼玉県秩父市(2)、秩父市街の産業遺産と三業地

続きです。

IMG_2811

少し戻って路地を北へ。長屋のように連なっているのは秩父銘仙(織物)出張所。手前から1号2号3号棟となっており、昭和元年建築の登録有形文化財です。

IMG_3140

現在は中を改修してオシャレカフェやバー、蕎麦屋などが入っていました。

IMG_2812

2号棟と3号棟の間は通り抜けられるようになっています。

IMG_3147

国道73号に戻ります。銘仙(織物)問屋柿原商店。登録有形文化財です。

IMG_3148

さて、こちらは秩父駅も近い下平通り。この辺りはかつて料亭や置き屋、待合などが軒を並べる三業地だったそうです。

IMG_3149

旧「花月」と言われている建物。ステンドグラス風の飾り窓が素晴らしいですが、現在はヨガ教室とか。

IMG_3150

こちらも花街らしい建物。この辺りの建物はなぜか文化財指定されていません。

IMG_2813

左手にはこれまた古い長屋が。手前には蕎麦屋「楽蔵」さんが入っています。

IMG_3152

その奥、蔵が併設されているところを見るに商家でしょうか。

IMG_3154

線路から離れるごとにノコギリ屋根の織物工場跡が目について来ます。影森や三峰口など秩父鉄道線の奥の方に行けば、沿線に蚕の餌である桑畑が広がっています。ここ秩父地方の山間部にはかつて養蚕農家も多く、毛織り物産業を支えていました。

IMG_3162

裏に廻れば木造のノコギリ屋根。桐生の街を思い出します。

IMG_3158

秩父駅に向かう途中にあった銭湯の「たから湯」。長屋住まいの工場労働者たちが汗を流していたのでしょうか。

IMG_3157

「たから」と読めない。ここも残念ながら月曜定休のため入れませんでした。

IMG_2816

仕方ないので猫で癒されます。

IMG_3169

明治初期に建てられたという商人宿「秩父館」。今で言うビジネスホテルみたいなものでしょうか。現在は地元の方々が手芸品や陶芸品を展示販売するスペースとなっています。

IMG_3168

店頭では地元農家の方々による野菜も販売。改装しているとは言え軒下の造りなど見応えが有ります。

IMG_3170

明治33年に芝居小屋秩父座として開業した松竹秩父国際劇場跡。昭和58年に閉館。正面の外観のみ当時の面影を微かに残すのみで、中は大幅に改築されています。

IMG_3172

こちらは秩父駅前唯一の飲み屋街。特に期待するような路地裏感はありませんでした。
秩父と言えば夜祭ぐらいしか人が来ず、観光地としてはマイナーです。西武も箱根や軽井沢の観光開発には力を入れるクセに、お膝元では去年やっと西武秩父駅を再開発した程度。もっとも古い街並みの景観としては川越に敵わないし、結局期間限定の芝桜と夜祭に頼っている部分もあるように見えます。
しかも先月の27日、秩父鉄道を走るSLが故障。機関車に連結している炭水車の車両と台車をつなぐ接続部に金属疲労による亀裂が見つかり、復旧には長期間かかるそうで10月から11月の行楽シーズンの運休を決めたそうです。夜祭には間に合わせようと考えているのかも知れませんが、大きな打撃でしょう。

埼玉県秩父市(1)、秩父市街の文化財建築群

秩父鉄道御花畑駅に降りるのは20年ぶりぐらいになりますが、雰囲気が全く変わってない事に喜びを覚えてしまいます。

IMG_3108

この狭さ。ただ芝桜駅などという余計な通称が。しかしこの御花畑駅駅舎自体も大正7年建築の登録有形文化財です。

IMG_3106

ホーム脇のレストランは廃業していますが、建物はそのまま。派手に再開発された西武秩父駅とは対照的に時が止まったままです。

IMG_3110

さて、線路の西側、番場通りを秩父駅方面に向かって歩いて行きます。駅からちょっと歩けば素晴らしい建物が。明治41年に開業された旧「片山医院」。

IMG_3112

その先の昭和通りとの交差点、右前方になんともそそる「小池煙草店」。昭和元年建築の登録有形文化財。

IMG_2810

左手には現在飲食店になっている旧「大月旅館別館」。なんか派手に塗り直されていますが、大正15年建築の登録有形文化財。

IMG_3115

さらに左手、煙草店の斜向かいに建つのが創業大正5年、味噌漬け肉の「安田屋」。昭和5年建築の登録有形文化財です。

IMG_3119

安田屋の奥に連なっているのは同じ造りの旧カフェ「パリー」。現在は食堂を営まれていますが、訪れた時は開店前で入れませんでした。

IMG_3126

パリーの裏手は狭い路地となっております。

IMG_3127

生活道として普通に人が行き来していますが、裏から見ても古いまま、特に手を加えられていないのが凄い。

IMG_3121

文化財建築だらけの交差点を左に曲がり昭和通りを西へ。さらに左手の路地を入ると銭湯のクラブ湯が有ります。

IMG_3122

昭和12年創業で、何をさておきクラブ湯というネーミングがたまらない。しかし残念ながら月曜定休のため入れず。いずれリベンジ入浴したい物件です。

IMG_3132

昭和通りに戻って引き続き西へ外れて行くと住宅街。北側に一本入った中に建つ近藤歯科医院は昭和5年建築の登録有形文化財です。

IMG_3129

裏手に廻れば立派なお屋敷の裏に煉瓦塀が残っていました。

IMG_3134

さらに西へ。この辺りは毛織り物産業で栄えた紡績工場の跡が目に付くようになります。

IMG_3136

この建物も紡績関係かと思われますが、詳細は不明。

IMG_3137

国道73号に出たところに建つ肉味噌漬けの「せかい」。創業大正4年。

IMG_3138

二階は料亭のようになっていたのでしょうか。

続きます。

群馬県桐生市(2)、再訪、文化財建築群

臨時快速足利ふじまつり号にて桐生に行ってまいりました。

IMG_2422

外国人観光客も押し寄せる足利フラワーパークで降りても人だらけだしと思い、そのまま終点の桐生まで乗車。

IMG_2431

ちなみにゴールデンウィーク明けの月曜日、帰りがけにちょっとだけフラワーパークに立ち寄って見ましたが肝心の藤は散った後。今年は桜同様開花が一週間ほど早かったのでゴールデンウィーク期間は微妙だとの噂は聞いていましたが。

IMG_2282

群馬県桐生市に訪れたのは3回目。と言っても2回目は暑さに負けて居酒屋とスナックに寄っただけで帰ってしまいましたが。ここ有鄰館隣の矢野園に訪れたのは実に8年ぶり。
2010年5月に訪れた時の様子

IMG_2291

今回は無料のレンタルサイクルを借りて市内をじっくり巡ります。こちらは無鄰館。

IMG_2294

桐生には有形文化財に指定された織物工場の建物が多く残されておりますが、ここは骨董屋およびカフェとして再利用されています。

IMG_2304

こちらは無鄰館の裏手側。一級建築士事務所が中に入っております。

IMG_2302

こちらは旧曽我織物工場。大谷石で建てられています。

IMG_2312

こちらはベーカリーカフェレンガ。このように古い建物を残そうという働きは素晴らしいです。

IMG_2313

しかし観光PRとしての市の取り組みに弱さを感じ得ません。実際古い街並みとしての桐生の魅力は、例えば関東で言えば川越や佐原などと比べて知名度も低い。

IMG_2307

銭湯『一の湯』。ちゃんと現役で営業されています。時間の都合で入れませんでしたが、いつか中に入ってみたいです。

IMG_2344

こちらは両毛線の南側、本町6丁目の歯医者さん。

IMG_2345

その近く、巳町の歯医者さん。いずれも歯医者とは思えないような歴史的建造物です。

IMG_2346

桐生駅南口近くにある旧模範工場桐生撚糸合資会社事務所棟を利用した桐生市近代化遺産絹撚記念館。大正6年竣工の登録有形文化財。

DSC_0102

こちらは大正8年竣工の登録有形文化財、桐生倶楽部。地元の有力者たちが集って鉄道や銀行の誘致、電話設置などに尽カし、桐生発展の基礎をつくリあげた場所とされています。

IMG_2348

南側の町外れにある銭湯『三吉湯』。

IMG_2351

温泉銭湯はよく探しますが、普通の銭湯は今までノーマークでした。しかしこの外観、一目で惚れ込んでしまいます。

IMG_2359

中では食事も出来るようになっています。

IMG_2353

浴室は古き良き銭湯。富士山のペンキ画も見事。お風呂は43度くらいでしょうか、なかなか熱いお湯でさっぱりしました。

IMG_2361

銭湯を出ると目の前にノコギリ屋根。この工場で働いていた人たちが、仕事終わりに三吉湯で汗を流したのでしょう。

このように桐生の街には貴重な建造物がゴロゴロしています。しかし絹産業で発展した街であるのにも関わらず、世界遺産、富岡製糸場と絹産業遺産群に含まれていません。世界遺産の登録は群馬県、沼田市、藤岡市、富岡市、安中市、下仁田町、甘楽町、中之条町、六合村の1県4市3町1村の共同提案が出発点となっていますが、そこに桐生市の名前が無いのです。私などの素人目で見るに、富岡製糸場を見に行くよりも桐生の街を巡った方が、よほど産業発展の勉強になると思うのですがね。

福岡県博多、夜の中洲〜志免町、志免鉱業所竪坑櫓

福岡博多の屋台について、中洲は観光地化されており、最近では天神の屋台街に地元の方が集まるとの事。しかしおよそ10年前に中洲で飲んだと言うこともあり、今回はメジャーな中洲界隈で夜を過ごすことにしました。

IMG_1552

中洲の歓楽街がまず目を引いたのは大洋映画劇場。終戦直後の昭和21年、当時まだ焼け野原だった博多に戦後初の娯楽施設としてオープンしたそうです。

IMG_1554

裏通りを入って行くと、なかなか渋い建物が目に付きます。

IMG_1556

このような地元感溢れる大衆酒場が非常にそそられるのですが、店内は超満員でした。

IMG_1558

いい感じの路地裏があったので、とりあえず入ってみます。この人形小路には古いスナックと若手が新規開店したような店とが混在しています。

IMG_1563

路地の出口にある「あほう鳥」に入り、モツ鍋を堪能。ビールに合う!

IMG_1569

いい感じに酔ったところで屋台街に行きました。地元のサラリーマンと観光客でごった返しています。

IMG_1577

南端の屋台「峰ちゃん」に入店。店じゅうに名刺が貼られています。

IMG_1575

芋焼酎ロックを注文。しかしコップになみなみと注がれた焼酎に小さい氷が二つ入っているのみ。焼酎はストレートたい!とでも言わんばかりで、酔いが回る回る。

2DD7F4A1-8EFC-4591-811D-A802491B9E5E

翌日、昼までガッツリ寝て福岡空港の近くにある志免炭鉱跡に寄りました。こちらは地下坑道より斜めに搬出する坑道口。

IMG_1580

そして圧巻なのがこの重要文化財に指定されている竪坑櫓の廃墟。

IMG_1582

ここ糟屋炭田志免鉱業所は日本で唯一の国営炭鉱で、明治39年より採掘が始まり昭和39年に閉山。

IMG_1584

鉄筋コンクリート造ですがところどころ表面のコンクリートが剥離しており、当然ながら立ち入り禁止。しかしよく残っていると思います。

1BEC1068-E5B9-4113-939F-4287C162C257

開山当時は海軍の管轄でしたが、戦後国鉄に移管されたそうです。

IMG_1585

高台に建つ竪坑櫓の下には旧国鉄勝田線の廃線跡があります。

IMG_1587

竪坑櫓の下には志免鉄道公園があり、筑前志免駅跡の線路とホーム、踏み切り、信号などが残されております。

IMG_1591

勝田線は先日紹介した宮原線同様第1次特定地方交通線に指定され、1985年4月1日に廃止されました。国鉄の分割民営化を控えたこの時期、かつて炭鉱で栄えた九州北部でも数多くのローカル線が廃止されています。

5C2BC146-4413-4716-8505-E7E4A38A8620

線路跡は大部分がそのまま緑道となり、上亀山の方まで続いています。

今回の九州旅行はこれまで。それにしても行きたい場所がまだまだあり過ぎて、全然周り切れませんでした。

大分県豊後森〜熊本県小国町、豊後森機関庫及び旧国鉄宮原線廃線跡

旧国鉄宮原線は第一次特定地方交通線、つまり赤字ローカル線の廃止対象に選ばれ、1984年12月1日に全廃となりました。

3E5B3991-16FE-4028-92D7-273BFE3F68FD

豊後森の扇型機関庫は昭和9年の久大本線開通と共に完成し、昭和46年に廃止。宮原線で使用されていた蒸気機関車やキハ07などもここに格納されていました。

CBB6A8DD-AFBF-4AFC-A564-06664EC4EFCA

最近まではただの廃墟だったところを、現在では豊後森機関庫ミュージアムと共に観光地化が進んでいます。この9600型蒸気機関車はこの後訪れる志免町の中の坪公園で約40年間野ざらしにされ解体が決定したところを引き取ったもので、2015年より展示されています。

IMG_1536

2009年に近代化産業遺産、2012年に国の登録有形文化財に指定されています。扇型機関庫は非常に横幅が広く入り切らないので、何枚かの写真に分けます。広角レンズが欲しい。

IMG_1534

現在でも展示物としての保存活動が進められており、この日も転車台のペンキ塗り替え工事が進められていました。

IMG_1538

どんどん綺麗になって行くのですが同時に廃墟感が失われて行きます。ただ割れた窓ガラスはこのままにしておいて欲しいものです。

IMG_1544

豊後森駅は木造の駅舎や跨線橋などが今も現役で使われています。

IMG_1545

また豊後森機関庫がJR九州の観光列車「或る列車(大分コース)」や「ななつ星」のツアーコースに組み込まれているため、古さを残しつつ綺麗に改装されています。観光資源として古い建造物が保存されるのは喜ばしいことですが、ここまで綺麗にされると少々複雑な気分。

9A546CB4-BF4C-478E-8E25-22545D260E66

旧国鉄宮原線の廃線跡は基本的に国道387号線町田バイパスとしてその跡地を利用されていますが、沿道の至るところにアーチ橋や駅の遺構が見られます。

1674DEBB-FE7B-40CB-9552-944B21A306C4

こちらは尾の上バス停から見える汐井川橋梁。下を流れる川にはホタルが生息しており、夏にはホタルの里として多くの観光客が訪れる場所です。

40B49C12-26DB-450D-A165-16F1242B3B59

汐井川橋梁から二つ上の写真の切り通しを抜けると堂山橋梁があります。下の道を少し登れば今回宿泊した山川温泉。

E41C385A-926F-4561-8861-5DF41EB7572B

同じく堂山橋梁。ここ宮原線のアーチ橋群は去年訪れた北海道士幌線のアーチ橋建設時の技術が使われています。

IMG_1395

堂山橋梁の袂には小さな村の鎮守の神様が祀られています。廃線跡はこの神社の脇をすり抜けて行きます。

8827A44B-A763-4BF2-B982-D894925EAAFC

怖いくらい急な階段を登れば紅葉も見事。

IMG_1393

この堂山橋梁には柵が設置されており、上を歩くことも出来ます。橋の上からの景色、いわゆるかつての車窓の風景は、棚田の広がる長閑な里山。つくづく現役の頃に乗っておきたかったと思います。この辺りの素晴らしいロケーション、誰かNゲージで再現してくれないだろうか。

IMG_1403

小国町方面に向かうと旧北里駅跡があります。この地方は有名な小国杉の産地でもあったため、昔は人口もかなり多かったとか。

IMG_1407

北里はあの北里大学創始者、北里柴三郎の出身地で記念館などもあります。

IMG_1404

ホームの端には崖下、川沿いの集落に降りる階段の跡も。

IMG_1411

北里駅跡から小国町方面に少し行った所に掛かる北里橋梁跡。タクシーの運転手さんが地元、山川部落生まれの方だったので、廃線跡を詳しく案内してくれました。

IMG_1415

こちらは幸野川橋梁。中学生の頃だったか、赤字ローカル線の廃止対象路線を特集した本を持っていたのですが、その本で見た覚えのある特徴的なアーチ橋です。ここまで紹介してきた橋はいずれも鉄筋の代わりに竹を骨組みとして組んで造られた竹筋コンクリート造で、国の登録有形文化財にも指定されています。

IMG_1424

最後に終点の肥後小国駅です。かつての線路と信号機などが一部残されています。

IMG_1423

現在はゆうステーションというバスターミナルとなっています。かつては宮原線の代替輸送として玖珠観光バスが豊後森と小国町の間を結んでいましたが2013年に廃止。現在では小国町から岳の湯行きと、豊後森側からは麻生釣止まりが数本走る程度で、途中分断される形となってしまいました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ