産業遺産

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

静岡県三島市(2)、中央水道跡と千貫樋

三島は古くから交通の要衝として栄えて来た宿場町です。

82D496DA-0816-46F1-A89C-9769C6D596C5

JR東日本の特急踊り子は熱海よりJR東海に入り、ここ三島より伊豆箱根鉄道へと乗り入れて修善寺まで行きます。さらに三島は新幹線まで停まる。いや、ただ、無くなりそうで無くならない185系を撮りたくなってしまっただけです。

4510D040-9EDF-4DB7-A64F-F26346C63CD0

そんな三島の町中を歩いていたら、偶然この中央水道跡を見つけました。

F299E365-1CE6-4501-8DD8-C0FA61F709BD

これは昭和5年から平成15年まで使われていた給水塔です。

C1013EA6-1078-4EE4-9F8E-C7F080E29F6E

三島の街は富士山からの伏流水が湧き出ることから水の都とも言われています。少し疏水関係を追ってみます。

CCC85E6C-BE2B-474F-A644-C95E79B94453

旧中央水道水源。平成15年までは豊富な伏流水を生活水として使って来ました。

27B6C3D8-315F-4D05-A84E-71FF6FFEC588

市内を流れる源兵衛川は駅にも近い楽寿園の小浜池の湧水を水源としており、やたら綺麗な水が大量に流れています。綺麗過ぎて市内にも関わらず蛍まで生息しているとか。

CA39BE5B-2B55-4D0E-85D9-175826BD151D

川沿いにはこのようなカッコいい建物も。美容室のようです。

1CC968FE-F914-4CD5-A430-5B86524C9C19

伊豆箱根鉄道の三島広小路駅に着きました。この駅舎も地方ローカル鉄道の古い駅としていい味出しているのですが、改築工事が行われていました。

4C5245F9-0230-4127-ACAA-AEC33474A5C3

せっかくの綺麗な水も高度成長期には生活排水と共に汚され水量も減ってしまいました。しかし近年環境整備事業により見事に復活したとの事。ちなみに川沿いに建つヘルスと書いてあるバラック小屋はソープランドだったりします。

787CE152-0BF3-49E9-B3BB-77830FAAF7C7

町外れまで歩いた住宅街の中に千貫樋という物が有ります。

6A625F28-71D6-4DA2-8964-E1CAC7687733

これはいわゆる水道橋というやつで、琵琶湖疎水に比べてしまうとかなりショボいですが、立派な歴史的建造物です。

90790D66-F1D4-4EB4-9FFA-2386DCF84A87

いかんせん住宅の裏に埋もれるように残っていて、Googleマップが無ければ絶対に見つけられません。

2CF9CE33-0715-4DAF-B4C1-0C9071907918

しかしながらその歴史は古く、1555年北条氏が駿河の今川領へ灌漑用水を流すために築いたとか。源兵衛川の水がこの水道橋により谷を越えて今川領の田畑を潤した訳です。元々木造だったこの千貫樋は関東大震災の際に崩落したため、震災後鉄筋コンクリートに建て替えられた物が現在まで残っています。

栃木県栃木市(2)、巴波川〜嘉右衛門町

渡良瀬川の支流である巴波川(うずまがわ)が城下町を流れる運河の役目を果たしています。

IMG_4454

観光のメインは、その水運で栄えた水郷としての蔵の街。綺麗に当時の面影を残しているのは、ごく一部ですが、船で運河を巡ったり出来ます。

IMG_2847

折しもゴールデンウィークに向け、巴波川は鯉のぼりで埋め尽くされています。

IMG_2850

思わずインスタ映えしちゃいますよ。

IMG_2852

と、ついついガチな観光写真撮っちゃいました。背後の黒塀は有形文化財の塚田歴史伝説館。塚田家は江戸時代後期から木材回漕問屋を営んできた豪商でした。木材を筏に組んで巴波川から利根川を経由し、江戸深川の木場まで運んでいたといわれています。

IMG_4488

中心街から少し北上した川沿いに建つ舘野家住宅店舗跡。昭和7年建造の木造鉄板葺き建物で有形文化財。

IMG_4489

例幣使街道は蔵の街大通りから左に逸れ、この嘉右衛門通りに入ります。こちらはほとんど車も通らない静かな通りです。

IMG_4490

例幣使街道とは江戸期、京都から日光東照宮へ幣帛(へいはく・神前への供物)を奉納する勅使が通った道で、京都から中山道を経由し、太田や佐野を通って栃木に入り日光へと向かっていたそうです。

IMG_4491

この例幣使街道は東照宮に参拝する西国大名も通るため、宿場町としても栄えました。

IMG_4494

個人的な見方かも知れませんが、旧街道っていうのは狭く曲がりくねった方が情緒を感じるように思います。(もうこの辺まで来ると建物の解説をしなくなるww)

IMG_4498

また、この嘉右衛門町とは天正年間にこの地を開拓した岡田嘉右衛門の名を冠した町名(元は村名)です。

IMG_4495

そしてここが岡田記念館。豪農である岡田家は栃木の惣代名主として栄えました。

IMG_4501

その嘉右衛門町筋の裏手には巴波川が流れ、建ち並ぶ商家の裏が平柳河岸となっています。

IMG_4502

ここは唯一現存する河岸の跡で、木材回漕問屋の塚田家とは別に栃木の物産を江戸に、江戸の工芸品を栃木へと船で運ぶという、水運流通の中継地でした。商家は今で言う商社のような役割を担いっていたそうです。史跡としては塚田歴史伝説館前の運河よりもこちらの方が重要な気もしますが、細いあぜ道を川沿いに歩いた、本当に隠れた場所に有ります。やはり観光客ウケするのは絵的にインパクトが有る方なので仕方ないのですがね。

さらに続きます。

栃木県栃木市(1)、蔵の街の文化財建築たち

観光地として足利学校や佐野ラーメンのような目玉もなく、マイナーな観光地なのに重要文化財建築だけはやたら残っているという、個人的にはなんだか桐生を思い出してしまうような街。栃木って県だけじゃなくて市もあるの?県庁所在地でもないのに?って、神奈川県の神奈川なみの扱いを受けてしまう街。それが栃木であります。

IMG_4427

駅を降りると出迎えてくれるのが、大谷石造りの蔵を綺麗にリノベーションしたバームクーヘン屋さん。背後に聳えるマンションにシラけて、思わずリノベーションとか横文字使っちゃいました。

IMG_4452

駅近くの銭湯、金魚湯センター玉川の湯。タイミングを逃して入れませんでしたが、11時から営業してます。

IMG_4464

三桝屋本店、毛塚屋紙店(有形文化財)、丸三家具店(有形文化財)など。どれも明治後期の建築。歴史的価値の高い古い街並みがありながらも観光地としての知名度が低いのは、やはり両毛線だからでしょうか。東武にしてもその先の日光鬼怒川へ連れて行こうとするから、あまり栃木市の観光開発には手を出さなかったり。

IMG_4468

井岡荒物店、五十畑荒物店(有形文化財)と、雑貨金物屋が並んでいます。その奥のタイル張りモルタル建築は関根家住宅店舗(有形文化財)で、現在パーラートチギというカフェをやってます。栃木の中心街である蔵の街大通りには古い建物をリノベーションしてカフェを経営するなど、地元の若い方々が街を活性化させようと頑張っています。文化財建築をどこまで改修していいのか良く分かりませんが、構造を変えちゃうくらい大掛りなリノベーションは出来ないはず。

IMG_4472

左から観光案内所、佐藤家住宅店舗(明治中期・有形文化財)、阿部呉服店。観光案内所にはレンタルサイクルもあります。行政も古い街並みを観光資源として活かそうと、蔵造り大通り(旧・例幣使街道)では電柱を無くして電線を地中埋設にしております。

IMG_4475

手前の立派な建物は文化財指定されてなく、隣の小さな綿忠履物店(安政3年!)と奥の木造鉄板葺きの洋館、安達呉服店(大正12年)は有形文化財に指定されています。

IMG_4478

銀巴里っていうネーミングがいい!街が大きく発展したのは江戸時代後期。渡良瀬川と巴波川(うずまがわ)を利用した舟運による物資の集積地になったため、商人の町として栄えて行きます。

IMG_4479

……でも、だんだん飽きて来ちゃうんですよね。良くない良くない。

IMG_4487

櫻井肥料店。明治中期建造で有形文化財。このような蔵造りの商店、見世蔵という建物が連続して建っていたら川越みたいな絵力もあるのでしょうが。

IMG_4485

下野新聞社栃木支局。万延2〜文久元年(1861年)建造、有形文化財。単発で点々と続くと、引き返しどころが分からなくなります。

IMG_4484

古久磯提灯店。これも指定文化財建築なんですがね、お腹いっぱいになって来ます。

IMG_4463

ここらで口直し。味変。蔵造りや木造建築に飽きたところで昭和の近代建築へ。

IMG_4461

ああ、なんて未来的なんでしょう。廃業した本屋さん。

IMG_4457

観光地としての蔵造り大通りはそれなりの賑わいを見せていましたが、地域住民の日々の生活としての商店街はシャッター商店街。この辺りから観光産業で活性化を図る栃木市の裏の面を垣間見ていきます。

IMG_4465

建物としては素晴らしく昭和なのですが、文化財となり得ない建物は消えゆく運命にあります。

IMG_4486

オールウェイズカマヤという洋食屋さん。昭和9年建造の旧足利銀行栃木支店で有形文化財。

さて、これから蔵の街大通りを離れて運河の方へ入って行きます。

栃木県宇都宮市(4)、大谷再訪

昔と大して変わってないだろうと思いつつ、行った事のない人を連れて行くのが目的で再訪。

IMG_4381

しかし行って見たらまぁすっかりメジャー観光地へと変貌を遂げていました。ヒビ割れていた道路は道幅も広げられ観光バスも入り易くなり、サイコな一軒家は解体され林も伐採され広大な駐車場となり、資料館の前には新たにお土産屋兼カフェも建てられていました。

IMG_4384

坑内も人が多く、かつての忘れ去られた観光地感は無くなっていた。最近特にテレビなどで紹介されたから。あとはインスタなどのSNSでも広まったのでしょう。メディアとネットの力、恐るべき経済効果。

IMG_4393

もちろんここは今でもCMやドラマのロケ地としてよく使われています。あとは地下の神秘的な空間で結婚式を挙げるという、結婚式場としての運営も順調のようですし、コスプレイベントなども定期的に行われているとか。

IMG_4395

また、見学出来る範囲も拡張されました。それでも全体からすれば極々一部なのですが、あんまり広すぎても飽きる。

IMG_4402

近くにある大谷寺にも再訪しました。ここの弘法大師作の磨崖仏は撮影禁止ですが一見の価値ありです。

IMG_2839

最後にバス停の前にある廃墟、山本園大谷グランドセンター。昭和30年代に開業して昭和末期に廃業したそうですが、もう30年以上放置されていると言うことになります。一部の廃墟好きや肝試しヤンキーなどが不法進入してボヤ騒ぎまであったらしく、現在では監視カメラも設置されています。

埼玉県秩父市(2)、秩父市街の産業遺産と三業地

続きです。

IMG_2811

少し戻って路地を北へ。長屋のように連なっているのは秩父銘仙(織物)出張所。手前から1号2号3号棟となっており、昭和元年建築の登録有形文化財です。

IMG_3140

現在は中を改修してオシャレカフェやバー、蕎麦屋などが入っていました。

IMG_2812

2号棟と3号棟の間は通り抜けられるようになっています。

IMG_3147

国道73号に戻ります。銘仙(織物)問屋柿原商店。登録有形文化財です。

IMG_3148

さて、こちらは秩父駅も近い下平通り。この辺りはかつて料亭や置き屋、待合などが軒を並べる三業地だったそうです。

IMG_3149

旧「花月」と言われている建物。ステンドグラス風の飾り窓が素晴らしいですが、現在はヨガ教室とか。

IMG_3150

こちらも花街らしい建物。この辺りの建物はなぜか文化財指定されていません。

IMG_2813

左手にはこれまた古い長屋が。手前には蕎麦屋「楽蔵」さんが入っています。

IMG_3152

その奥、蔵が併設されているところを見るに商家でしょうか。

IMG_3154

線路から離れるごとにノコギリ屋根の織物工場跡が目について来ます。影森や三峰口など秩父鉄道線の奥の方に行けば、沿線に蚕の餌である桑畑が広がっています。ここ秩父地方の山間部にはかつて養蚕農家も多く、毛織り物産業を支えていました。

IMG_3162

裏に廻れば木造のノコギリ屋根。桐生の街を思い出します。

IMG_3158

秩父駅に向かう途中にあった銭湯の「たから湯」。長屋住まいの工場労働者たちが汗を流していたのでしょうか。

IMG_3157

「たから」と読めない。ここも残念ながら月曜定休のため入れませんでした。

IMG_2816

仕方ないので猫で癒されます。

IMG_3169

明治初期に建てられたという商人宿「秩父館」。今で言うビジネスホテルみたいなものでしょうか。現在は地元の方々が手芸品や陶芸品を展示販売するスペースとなっています。

IMG_3168

店頭では地元農家の方々による野菜も販売。改装しているとは言え軒下の造りなど見応えが有ります。

IMG_3170

明治33年に芝居小屋秩父座として開業した松竹秩父国際劇場跡。昭和58年に閉館。正面の外観のみ当時の面影を微かに残すのみで、中は大幅に改築されています。

IMG_3172

こちらは秩父駅前唯一の飲み屋街。特に期待するような路地裏感はありませんでした。
秩父と言えば夜祭ぐらいしか人が来ず、観光地としてはマイナーです。西武も箱根や軽井沢の観光開発には力を入れるクセに、お膝元では去年やっと西武秩父駅を再開発した程度。もっとも古い街並みの景観としては川越に敵わないし、結局期間限定の芝桜と夜祭に頼っている部分もあるように見えます。
しかも先月の27日、秩父鉄道を走るSLが故障。機関車に連結している炭水車の車両と台車をつなぐ接続部に金属疲労による亀裂が見つかり、復旧には長期間かかるそうで10月から11月の行楽シーズンの運休を決めたそうです。夜祭には間に合わせようと考えているのかも知れませんが、大きな打撃でしょう。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ