産業遺産

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

群馬県前橋市(2)、謎のバラック地帯と温泉銭湯

JR前橋駅から中心街を挟んで北東、利根川の支流である広瀬川沿いに、上毛電鉄の中央前橋駅があります。

201507C0-40A9-415E-BEEB-ACD92A8B6332

明治17年(1884)に現在のJR両毛線の前橋以東が、同22年(1889)に前橋以西が開通しました。それに対して昭和3年(1928)、中心街の北東に位置する中央前橋駅から西桐生駅まで、上毛電気鉄道が開通しました。車両はかつて京王井の頭線で活躍していた車両です。

AD9E1126-4B93-401F-9D3C-01193D3A35EC

駅前には昭和63(1988)年建造の中央ビル。ここの一階の定食屋さんで昼食をとりましたが、うどんとソースかつ丼が美味かった。

D6C455FF-31D1-49F6-A7B0-2F3347197DA5

川を隔てた南東側には温泉銭湯の成田湯がありますが、ちょうど水曜定休で入れず。

ED9547FB-3BC0-4867-AB33-5879BCF63329

中央前橋から南東に位置する三河町一丁目。ここに謎のバラック地帯があります。丸窓から何かしらの飲食店だっただろうと思われます。

325CEF8F-FCBF-4011-812E-9CBE4F5B7E39

周囲はそこそこ立派な屋敷も点在するごく普通の住宅街ですが、この一画だけが異空間。奥の煙突跡は銭湯にしては低いので工場だったのか。

0EEC3984-1456-4695-B79E-13E7C2891EF9

路地を入って行くと、このような未舗装の私道となります。

E364A72E-BFE4-477B-B233-63ED3C07F9F8

二本の路地が平行する狭い一画ですが、どうにも周辺の街並みから異彩を放っている。

F3D3D9AA-7E9B-47AA-B213-0ABBD2E66376

昭和の頃の貧民窟や朝鮮部落などの光景にも似ていますが、情報などは一切無し。聞き込みなどで探るしかありません。

A75E24CC-D071-4341-B540-62D3F7EBC2B4

路地の奥には廃墟もあります。倒壊の危険がある廃墟が放置されている所は、特殊な事情があるか解体費用が払えないかです。

01155755-0757-4C9E-ADFF-C141C2EC7AF4

井戸ポンプの跡も。もちろん現在は使われておらず、インフラはちゃんと整備されているようです。

700AEF8B-76F4-4685-89DB-D15DBE017C21

もう一本、中央前橋寄りの路地。左手には閉業した小料理屋。写ってませんがその左手には公民館があります。

754ECAA7-88F9-4778-8F9A-AD607E936E4C

こちらもなかなかなバラックだらけです。

83F8F386-1E67-4177-80CE-CE6EB7B0F5A0

裏手(広瀬川寄り)に廻るとこんな感じ。解体され駐車場となっていますが、この辺りに繭の乾燥場が有ったという話があります。推察するにこの一帯は生糸の製糸工場などの労働者が住んでおられたのか。

2F04B1AA-A453-43FF-A3F4-F0A9690FAC75

周囲が解体され取り残されたバラック。広瀬川の対岸を走る上毛電鉄の開通が昭和3年なので、この辺りに人が住み始めたのもその頃なのでしょうか。

08821929-4F4F-4F8B-B8FD-D9F166914696

駅から離れ東に歩くと旧大竹酒造煉瓦蔵があります。大正末期建造の蔵で、昭和8年(1933)大竹酒造が買い取ったそうです。酒蔵は昭和47年に廃業。2016年には国登録有形文化財に指定され、現在は前橋市所有の多目的ホールとして活用されています。(去年3月には今話題の「えんとつ町のプペルひかる絵本展」もやっていたとか)
ただこの物件、大竹氏が前橋市に買い取りと保存を要望し続けていたのに対しその要望には長年答えず、仕方なく某NPO法人の紹介で民間の不動産業者に2005年、5500万で売却されたそうです。しかしそれから一年も経たぬ内にその不動産業者は前橋市に8000万で売却。そしてその不動産業者は二年三ヶ月後に事業を停止。しかも前橋市に対し不動産業者からの物件購入と保存を要望したのが件の某NOO法人及び某市民団体だと言う。群馬県の産業遺産に関わる裏話の一つという訳ですね。

1E258F24-E4B2-4956-B6B3-36DD1714D67F

西側のちょっと外れにある、飲食店の廃墟。

1606A15C-2F8C-4254-8857-813D3C2EF922

その向かいにあるバラック。この広瀬川南岸地域については、更なる調査が必要です。

0742B7B9-C78E-492A-A8A2-C068633CDB52

最後に場所は離れて中心街の西、群馬県庁の南側に残る温泉銭湯、利根湯さんに立ち寄りました。女将さん(お婆ちゃん)がもうチャキチャキの群馬っ子で言葉が荒いwww
根は優しいんでしょうけれど、群馬県民の気質に対する慣れは必要ですね。

33C9408A-CD19-4D71-8EFC-FE9E4411F0C7

お湯は紅茶色の鉱泉を加温したもの。自分は嗅覚が鈍いのでなんと表現したら良いのか分かりませんが、独特な香りがします。浴感はさほど特徴が感じられないものの、じわじわと温まりからっ風が身に染みる冬の群馬では有り難い。
浴槽は二つあり熱めが46度。超熱めは温度計が有りませんでしたが、47〜8度ぐらい有るんじゃないかという熱湯。長時間は浸かれません。草津などもそうですが群馬の共同浴場は基本熱いです。

神奈川県逗子市、池子〜鷹取山石切り場跡

最近石切り場にハマってます。今回は三浦半島。

877BDB60-BF65-41BE-BDC2-8A306EAF6E8D

京急で逗子の手前、神武寺駅で降ります。線路沿いを金沢文庫方面に歩き、逗子市立逗子中学校手前の道を入る。暫く行くと老人ホームせせらぎさんがあるので、奥の駐車場のようなスペースを突っ切ります。

E2904BAA-9F35-42A7-B37B-2C08013F8121

完全に老人ホームの敷地になるので、人が居たら声を掛けた方がいいかも知れません。裏山への畦道に赤い矢印の書かれた立て看板があるので、そこから谷を入って行きます。

8974448D-A0D1-4994-A754-664E04CEA35A

老人ホームの方が管理されているのでしょうか、藪も無く歩きやすい道を少し行くと石切り場が現れて来ます。

D6850A07-A498-419F-8CD4-218FEBC1B894

ここは明治末から大正時代まで切り出された池子石という石材で、土木建築資材から墓石、灯籠まで、幅広く使われていたそうです。

1CE66EDD-9060-4D95-9C86-E9CED70DAE77

横穴に入るとかなり暗いながらも下草など一切生えておらず、入り易いです。そのはず、地面も岩盤なので。

6601BC52-5C0A-48C2-8C5E-BEB3AB13F278

苔生した掘削面に木漏れ日が差し込み、暗闇への恐怖を忘れさせてくれる。

40151AF1-EDE9-42AA-801A-E95E81A1C75C

ロケとかジャケット撮影とか、そう言った物にも使えそうなシチュエーションです。

5C2952EE-D446-49AD-9361-2950AA98B015

老人ホームの先は神武寺を経て鷹取山に至るハイキングロードとなっています。

5D401D41-1326-487E-A040-51077FD6BA2A

午前の日差しが前日の雨に濡れた森に反射して輝いてます。ちょうど逆光で、神武寺側から登って正解。

25F251ED-EA94-4B7A-B979-7D63899441EA

日常的に散歩している地元の方も多いようで、非常に歩きやすいです。なんだろう、この、最近歩いた千葉の茂原や鋸山の、あの陰鬱とした雰囲気との違いは。神奈川出身という贔屓目無しで見ても、やっぱり千葉ってなんか雰囲気が独特。

EDAB5F88-DE6E-4247-9665-B133A43BA53C

あっという間に山頂近くの神武寺に到着です。神武寺は奈良時代の724年、聖武天皇の命で行基が建立し、その後の鎌倉幕府とも多くの関わりを持ったお寺です。

06632BC4-2863-4027-B907-853A21FF1E29

紅葉にはちょっと遅い時期でしたが、この神武寺まで車道が繋がっているので、ハイキングせずとも気軽に訪れることができます。

7CF24CDF-6806-4223-BE72-F14D42AF29EA

神武寺の裏手から尾根伝いに本格的なハイキングロードが始まります。岩壁伝いの道とか、なかなかシビれるポイントもありますが、元々ハイカーが多いので綺麗に整備されています。とは言え、それなりの格好はして行かないとキツいです。

4D232A6D-6009-465A-98BE-72134B2F239B

やがて鷹取山山頂の石切り場に到着。ここの岩壁はクライマーたちの練習場となっているようです。岩山の上に建つのは展望台。

9F869243-C4AD-4170-B154-6A5BCD3772E2

一応岩壁登り禁止の立て看板もありますが、この後神奈川県警の機動隊か何かの方々が、訓練で岩を登り始めました。

0B6E4D1C-452F-4202-8426-7CC7A847E0AE

岩壁には一様に多くの穴が穿たれており、これは昭和の頃からたくさんのクライマーたちが練習として杭を打ち込んで来た痕跡だそうです。登山家の間では有名な練習場なのでしょう。

7D0960F4-18D0-42B0-AB4D-21BD23841900

またこの石切り場までは車道が通っており、車でのアクセスが可能。池子からずっと山歩きして来た者としては、なんなんだよって感じですが。

8203B758-88B5-4A6B-ADDF-C913DE192FD4

ここの石切り場は鷹取石と呼ばれ、明治10年頃から大正時代にかけて切り出されていたそうです。どこの石切り場もそうですが、関東大震災がターニングポイントとなったようで、以降鉄筋コンクリートに代わられ衰退して行きました。

45CEDF04-B4AF-427B-8609-663C19B0254E

千葉の鋸山ほどの規模は無いものの、なかなか迫力のある切り通し。鋸山は複数の石材屋が関わっていたのに対し、鷹取石と池子石はそれぞれ小規模な石材屋が一社で採掘し、ライバル関係にもなっていたとか。

CAD2D076-46F6-476A-BA23-17354665B653

ここまで来たら車道を歩いて下山するのもシャクなので、追浜方面へさらにハイキングロードを進みます。途中にある磨崖仏は昭和40年頃、彫刻家が彫った物。

B593234B-7591-4944-A7F7-C32B4D96AAE5

東京湾側へ下る途中にも幾つかの石切り場跡があります。

4D52C39B-2797-4E3F-AE55-D64F84154505

ハイキングロードを逸れて脇に入って行った所に、竪穴のように切り取られた空間が。

CF9A3291-9C30-4A19-9E66-B994AE6EB428

見上げるとこんな感じ。行き止まりで静寂に包まれており、実に不思議な空間でした。

29AC7CFB-E784-4F74-BFA6-A6464D29D143

そんな訳で追浜の丘の上の住宅街に出ました。手前に見えるのは横須賀市立鷹取小学校。ここからバスで京急追浜駅まで下りました。
結局鷹取山ハイキングロードを踏破する形となりましたが、小学校の遠足で行くくらいのレベルなので、軽いハイキングにはちょうどいい感じでした。

千葉県富津市金谷(1)、鋸山石切り場跡

結構ガチな観光地で、近頃ではインスタやメディアでも取り上げられている鋸山に行って来ました。

131391FF-E7AD-4214-AB1A-D27036383F74

浜金谷と言えばかつての川崎〜木更津フェリーに並ぶ、久里浜〜浜金谷フェリーで有名ですが、駅舎は田舎の木造駅舎です。一応有人駅で特急も停車します。

5D755726-94D6-48A2-B000-FC281B2E837F

久里浜〜浜金谷フェリーは健在。40分で結ばれているので、時間帯によっては渋滞が懸念されるアクアラインよりも便利な場合があります。

0327A970-3EAE-411B-B86E-1E9C11587F4C

鋸山まではロープウェイで行きます。登山する方も多いですが、撮影が目的なので楽します。祝日でしたが駐車場は満杯で行列も出来ていたので、廃止の心配はありません。ちなみに京成グループ。片道500円で往復950円ですが、懐かしい硬券キップが発行されます。

EC311F45-7B7C-4DEE-97A8-722CA5CD2720

頂上に登れば金谷の街が一望できます。浦賀水道の向こうは横須賀の街かな?

CB616E2F-3D4A-402F-B101-EC322D7C68D0

山頂は日本寺。拝観料として700円取られます。この日本寺の敷地を通らないと石切り場には行けません。合計1200円払っても登山はしたくない。とは言え磨崖仏の百尺観音は見事な迫力。仏像系にも興味がある方は羅漢像なども有りますので。

0E170C0F-4ED1-4C37-85E7-4385B65023F5

切り通しの高さも半端なく、迫力満点です。

50D1D506-F476-4746-A8FE-4707753E336F

近年、鋸山をメジャーにしたのはこの地獄覗き。飛び出す形の岩から下を覗き込むスリルがウケているようです。

1E3F3D08-199B-401A-A3E2-A774250D8334

いよいよ石切り場跡のエリア。ラピュタの壁と言われています。はい、9月に訪れた猿島もそうですが、ラピュタと言えば人が来ます。重要な事です。

E3FF9F06-6C66-4287-96ED-5E56934363F9

ラピュタの壁の下まで来ました。切り出した石材を搬出する切り通し。

39D484BE-7A92-4719-BF1E-E31975FD1CF5

付近には当時のものと思われる遺構がたくさん残っています。

1C9AFD22-1794-4CFF-A1B1-FDA63B60F298

石切り場の歴史は古く、安政年間(幕末)に伊豆石を切り出していた職人たちが渡って来て始まったとか。

9476985C-D987-48C1-BB67-9B3DC3CE9DC3

石切り場を望むコースは山頂付近の切り出された絶壁の下を進みます。写真右上に見えるのが地獄覗き。

135C0550-E545-4818-AAE8-59886A164507

この山頂付近から切り出していたのは慶応年間に入ってから。山頂に近ければ近いほど上質な石材が産出されたそうです。

4EE5672D-2262-465B-A9CC-EB08776189D0

昭和33年頃より索道が設けられ、ケーブルで石材が搬出されて行ったそうです。それまでは人の手によって山から下ろして行ったとか。

0F32A734-D2F0-40A4-A9AB-1A4A59612E99

その索道の機械が雨晒しで残されていました。観光地と言うよりも廃墟感が強い。

EE50661D-3F0C-4C36-989D-CB308174ED0E

こちらは石を切るチェーン鋸のような物と思われます。

0109C444-26A0-4DC8-9165-D869440682FD

こちらはトヨタの重機。いつ頃まで動いていたのでしょうか、オブジェのように打ち捨てられています。

31E8CD84-6CA8-4EC8-87E8-1252F4C0E59D

こちらの石切り場はとても複雑に掘られています。良質な石材を求めて奥へ進んだり横へ進んだりして、逆階段状にオーバーハングしています。

DCDFF556-6A42-4BE2-907B-5985CF81AA02

足元を見ると奥へ深く掘られており、水が溜まっています。

A56019F3-C84C-4516-8521-0E2B8E4C7EC5

ここにも水が溜まっている、と思ったら鯉が!www

136D7DC3-031C-4931-8C6E-35AAAFD0D498

すでに崩落しかけているところも。登山道は頂上付近の石切り場を一通り巡り、そのまま鋸山の山頂へのルートとなります。私は行きませんが。

A892B315-0765-4149-BCE4-1106F72BC320

ロープウェイへ戻らずにそのまま下山ルートに向かうと、かつて石材を搬出していた車力道に出ます。

AF209356-E561-452E-91DD-2C5D22F54DDC

ロープウェイの山頂駅に展示されていたイラストを見ての通り、索道が掛けられる以前はネコと呼ばれる荷車で坂を降っていました。

A6F5592E-B43B-40F4-89B1-B370651C74B8

所々にその車力道が残されています。石畳に轍が出来ていますが、無茶な話です。

933DF0EA-2F01-41F0-9F9C-530E2FB18E0C

急な箇所は樋と言う滑り台のような物で降し、緩やかな箇所は荷車に積みブレーキを掛けながら下る。しかもその役目を女性が担っていたと言うから驚きです。

6306AA51-A24C-4482-AC02-57551F2E6F29

麓まで降りて来ました。こちらは索道の終点の遺構。

B3A81EBF-A603-4054-86F9-529131E14150

街を歩くと房州石をあちらこちらで見かける事ができます。この石材は建材として首都圏の埠頭や橋など公共事業にも用いられていましたが、昭和に入ってコンクリートにその役目を取って代わられ衰退していきました。

静岡県三島市(2)、中央水道跡と千貫樋

三島は古くから交通の要衝として栄えて来た宿場町です。

82D496DA-0816-46F1-A89C-9769C6D596C5

JR東日本の特急踊り子は熱海よりJR東海に入り、ここ三島より伊豆箱根鉄道へと乗り入れて修善寺まで行きます。さらに三島は新幹線まで停まる。いや、ただ、無くなりそうで無くならない185系を撮りたくなってしまっただけです。

4510D040-9EDF-4DB7-A64F-F26346C63CD0

そんな三島の町中を歩いていたら、偶然この中央水道跡を見つけました。

F299E365-1CE6-4501-8DD8-C0FA61F709BD

これは昭和5年から平成15年まで使われていた給水塔です。

C1013EA6-1078-4EE4-9F8E-C7F080E29F6E

三島の街は富士山からの伏流水が湧き出ることから水の都とも言われています。少し疏水関係を追ってみます。

CCC85E6C-BE2B-474F-A644-C95E79B94453

旧中央水道水源。平成15年までは豊富な伏流水を生活水として使って来ました。

27B6C3D8-315F-4D05-A84E-71FF6FFEC588

市内を流れる源兵衛川は駅にも近い楽寿園の小浜池の湧水を水源としており、やたら綺麗な水が大量に流れています。綺麗過ぎて市内にも関わらず蛍まで生息しているとか。

CA39BE5B-2B55-4D0E-85D9-175826BD151D

川沿いにはこのようなカッコいい建物も。美容室のようです。

1CC968FE-F914-4CD5-A430-5B86524C9C19

伊豆箱根鉄道の三島広小路駅に着きました。この駅舎も地方ローカル鉄道の古い駅としていい味出しているのですが、改築工事が行われていました。

4C5245F9-0230-4127-ACAA-AEC33474A5C3

せっかくの綺麗な水も高度成長期には生活排水と共に汚され水量も減ってしまいました。しかし近年環境整備事業により見事に復活したとの事。ちなみに川沿いに建つヘルスと書いてあるバラック小屋はソープランドだったりします。

787CE152-0BF3-49E9-B3BB-77830FAAF7C7

町外れまで歩いた住宅街の中に千貫樋という物が有ります。

6A625F28-71D6-4DA2-8964-E1CAC7687733

これはいわゆる水道橋というやつで、琵琶湖疎水に比べてしまうとかなりショボいですが、立派な歴史的建造物です。

90790D66-F1D4-4EB4-9FFA-2386DCF84A87

いかんせん住宅の裏に埋もれるように残っていて、Googleマップが無ければ絶対に見つけられません。

2CF9CE33-0715-4DAF-B4C1-0C9071907918

しかしながらその歴史は古く、1555年北条氏が駿河の今川領へ灌漑用水を流すために築いたとか。源兵衛川の水がこの水道橋により谷を越えて今川領の田畑を潤した訳です。元々木造だったこの千貫樋は関東大震災の際に崩落したため、震災後鉄筋コンクリートに建て替えられた物が現在まで残っています。

栃木県栃木市(2)、巴波川〜嘉右衛門町

渡良瀬川の支流である巴波川(うずまがわ)が城下町を流れる運河の役目を果たしています。

IMG_4454

観光のメインは、その水運で栄えた水郷としての蔵の街。綺麗に当時の面影を残しているのは、ごく一部ですが、船で運河を巡ったり出来ます。

IMG_2847

折しもゴールデンウィークに向け、巴波川は鯉のぼりで埋め尽くされています。

IMG_2850

思わずインスタ映えしちゃいますよ。

IMG_2852

と、ついついガチな観光写真撮っちゃいました。背後の黒塀は有形文化財の塚田歴史伝説館。塚田家は江戸時代後期から木材回漕問屋を営んできた豪商でした。木材を筏に組んで巴波川から利根川を経由し、江戸深川の木場まで運んでいたといわれています。

IMG_4488

中心街から少し北上した川沿いに建つ舘野家住宅店舗跡。昭和7年建造の木造鉄板葺き建物で有形文化財。

IMG_4489

例幣使街道は蔵の街大通りから左に逸れ、この嘉右衛門通りに入ります。こちらはほとんど車も通らない静かな通りです。

IMG_4490

例幣使街道とは江戸期、京都から日光東照宮へ幣帛(へいはく・神前への供物)を奉納する勅使が通った道で、京都から中山道を経由し、太田や佐野を通って栃木に入り日光へと向かっていたそうです。

IMG_4491

この例幣使街道は東照宮に参拝する西国大名も通るため、宿場町としても栄えました。

IMG_4494

個人的な見方かも知れませんが、旧街道っていうのは狭く曲がりくねった方が情緒を感じるように思います。(もうこの辺まで来ると建物の解説をしなくなるww)

IMG_4498

また、この嘉右衛門町とは天正年間にこの地を開拓した岡田嘉右衛門の名を冠した町名(元は村名)です。

IMG_4495

そしてここが岡田記念館。豪農である岡田家は栃木の惣代名主として栄えました。

IMG_4501

その嘉右衛門町筋の裏手には巴波川が流れ、建ち並ぶ商家の裏が平柳河岸となっています。

IMG_4502

ここは唯一現存する河岸の跡で、木材回漕問屋の塚田家とは別に栃木の物産を江戸に、江戸の工芸品を栃木へと船で運ぶという、水運流通の中継地でした。商家は今で言う商社のような役割を担いっていたそうです。史跡としては塚田歴史伝説館前の運河よりもこちらの方が重要な気もしますが、細いあぜ道を川沿いに歩いた、本当に隠れた場所に有ります。やはり観光客ウケするのは絵的にインパクトが有る方なので仕方ないのですがね。

さらに続きます。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ