温泉

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

山形県鶴岡市、庄内交通廃線跡と湯野浜温泉

庄内交通湯野浜線は昭和4年、羽越線鶴岡駅から湯野浜温泉駅を結ぶ鉄道として開業し、昭和50年まで営業されていました。

IMG_3065

上の写真は湯野浜温泉下町共同浴場の休憩室に展示されていたもの。湯野浜線は途中にある善宝寺の参拝客や当時まだ栄えていた湯野浜温泉の宿泊客、魚の行商人や地域の米などを運んでいたそうです。
白黒写真で見ると昔の箱根登山に見えてきてしょうがないのですが。

IMG_3007

秋田から特急いなほで鶴岡へ。そこから普通列車で隣の羽前大山へ。あとはタクシーで進みます。

IMG_3008

田園地帯の廃線跡はほぼ跡形も無くなっていますが、こちらは中間にある善宝寺駅跡。奥には保存されていたモハ3形が。ちなみにこの善宝寺、平成2年に人面魚の話題で注目を集めた場所です。タクシーの運ちゃんに言われて初めて知りました。意外!

IMG_3015

湯野浜線はモータリゼーションの影響から昭和50年に廃止されてしまいましたが、この善宝寺駅駅舎が善宝寺鉄道記念館として昭和53年にオープン。このモハ3の他にも多くの資料が展示されていました。

IMG_3013

しかしその記念館も訪れる人が年々減り続け、施設の老朽化もあって1999年に閉館となりました。

IMG_3014

その後展示されていた資料は湯野浜温泉の庄内クラフトステーションに移設されましたが、併設されていた旅館が閉館。今では資料を見る事も出来ず、保存車両も朽ち果てています。

IMG_3018

この小雨がパラついているシチュエーションがたまらなくて、いつまでもここに居たいと思ってしまいますが、タクシー待たせているのでしょうがない。

IMG_3027

善宝寺駅跡から小高い山の北麓を迂回し日本海に面する湯野浜温泉へ至る廃線跡は、サイクリングロードとして整備されています。

IMG_3028

と言ってもここをサイクリングする人などおらず。ただ線路跡の面影だけが残っています。

IMG_3019

こちらが終点の湯野浜温泉駅跡。この辺りがホームの端部となりますが、現在ではホームなどの遺構は全く残っていません。庄内交通はバス会社として今でも庄内地方の人々の足を支えていますが、鉄道の存在は人々の記憶からも消えて行っております。

IMG_3036

この湯野浜温泉もすっかり寂れたマイナー温泉地です。唯一目の前の浜辺が海水浴場なので、夏休みなどは地元の方々が日帰りで訪れる事もあります。

IMG_3056

今回お世話になった宿はこちら扇屋旅館さん。民宿のような雰囲気ですが一泊二食付きで8000円とリーズナブル。昼間は飲食店もされているようで食事は大満足な内容ですが、ただし全館禁煙となります。

IMG_3057

温泉も加水加温循環濾過無しの100%源泉掛け流し。ナトリウムカルシウム塩化物泉のお湯は舐めると強い塩気。全身を包む滑り感もあり湯上がりは汗が止まりません。

IMG_3046

街の中心部のバス停前に湯野浜振興センターコスパがあり、バス待合室や観光案内所や集会所などが入っています。またこの場所が旧湯野浜駅駅舎の跡地となります。

IMG_3049

右手奥には下町共同浴場も併設されています。朝6時〜7時と10時〜21時営業。

IMG_3061

朝10時のお湯入れ替え直後に入ると、すでにご老人が一人。その後も地元の方が2人3人と入って来ます。
私も入ろうとしましたが、ほぼ熱湯風呂!今まで入った温泉の中でも1位2位を争うくらいの激熱。48度ぐらいは有りましょうか、しかし地元の爺ちゃんが何の躊躇もなく入って行き「気〜持ちええなぁー」って。
「水、入れてもいいぞー」と言うので、ちょっと悔しさを覚えながら泣く泣く加水してしまいました。それでも掛け湯で慣らしながら足で湯もみをして、辛うじて肩まで浸かれる始末。東北恐るべしです。

IMG_3052

こちらは南寄りの地区にある上町共同浴場。ちょうど7時から10時の清掃時間だったため入れず。ここ湯野浜温泉は一号から五号源泉の混合泉が分配されている事が多いので、宿泊した扇屋さんも共同浴場も泉質は変わりません。ただ、下町共同浴場に関しては源泉から近いせいで温度が高いのかも知れません。

IMG_3054

上町では小規模ながらも海沿いで朝市が行なわれていました。

IMG_3051

こちらの巨大なホテルは廃墟。東北の日本海沿岸で数少ない海水浴場を擁していてもシーズンは短く、結局他の温泉地同様最盛期に比べて随分と衰退している模様です。

IMG_3073

ただ唯一の希望としては車で10分ほどの近隣にある加茂水族館が、クラゲの展示に特化した事でV字回復した事。このインスタ映え水族館の影響で宿泊客が増えてくれればと思います。

神奈川県湘南地区、藤沢、辻堂、茅ヶ崎など

仕事で湘南方面にちょいちょい行く事があり、仕事帰りに立ち寄ったところなど、少しまとめてみます。まずは辻堂。

IMG_20170405_123225

辻堂駅の北側は日本電池、関東特殊製鋼、パナソニックなどの巨大工場が次々閉鎖され、その跡地が再開発されています。今では巨大なショッピングモールとマンションが建ち並び、街の景色も一変。そんな整備された街の大型マンションの脇に古い銭湯を見つけました。しかしどうやらすでに廃業されているようで、夕方になっても表のシャッターが開く事はありませんでした。建物の脇には燃料となる廃材が積み上げられたまま。昔は工場労働者の憩いの場となっていたのでしょう。

IMG_2895

すっかりベッドタウンと変貌し続けていますが、北口の東側外れに商店街の跡が。まだ数軒の店舗が残っていますが、後継者不足のためかなりの店が閉めてしまったそうです。

IMG_2885

そんな商店街を10分ほど歩いた一番奥、昔から住まれている住宅街の中に一軒の立ち飲み屋「キリン」さんがあります。

IMG_2891

マスターと週何日か手伝いに来ているママさんと姉さん。お客さんたちは地元の常連さんたちだけで、とても居心地がいい店です。

IMG_2889

創業10年。ママさんも以前は旦那さんとラーメン屋を切り盛りしていたそうですが、旦那さんが亡くなられて閉店。よく飲みに来ていたこの店で働くことに。南口にも立ち飲み屋さんが二軒ほどあるようですが、私はこの店に通いました。

IMG_2686

次に藤沢。藤沢は以前藤沢飲食盟友会などを訪れていますが、今回は南口の立ち飲み。北口の丸井が潰れてビックカメラになったのに対し南口の江ノ電乗り場を兼ねてる小田急百貨店(西湘地区では通称オダヒャク)は健在。

IMG_2647

西側の外れ、なかなか良い雰囲気の建物は立ち飲みバル『サジスタンド』。名前もかっこいい。

IMG_2646

料理も手が込んでいて良い店なんですが、個人的には完全禁煙だったので無理。

IMG_2677

南口右手の雑居ビル、アツタビルの地下一階に立ち飲み屋『スタンド酒房ふじさわ紺屋』さんがあります。

IMG_2684

ここがまた地元の方々が集まる店で大盛況。ママさんと姉さん二人でよく捌けるなと感心しながら、カウンターの一番奥が辛うじて空いていそうだったので、無理矢理突入です。

IMG_2681

生350、割り物230〜290。揚げ物は2品以上注文となりますが 、生中、ウーロン割り、アジフライ、ハムカツ、締めて900円を切るという安さ。地下で目立たない上にイチゲンで入りづらい混み方ですが、この安さ故に地元の知る人ぞ集まるって感じでしょうか。

次に茅ヶ崎。北口にある市役所や市民文化会館の先に、巨大なイオンモールがあります。駅周辺の商店街などはことごとく駆逐されているかも知れません。

IMG_2670

そのイオンモールのもっと奥、JR相模線の北茅ヶ崎駅近くに、日帰り入浴施設の『湯快爽快』があります。相模線は1時間に2本程度しか走ってませんが、茅ヶ崎駅から1時間に2本無料送迎バスも運行されているので問題ありません。

IMG_2661

20周年と幟にある通り多少年季の入った建物ですが、途中リニューアルしているのか館内はとても綺麗です。
この湯快爽快は茅ヶ崎市の建築業者、亀井工業が1993年3月に茅ヶ崎の一号店をオープン。その後神奈川県内を中心に展開し、現在はフランチャイズも含め7店舗を営業しているそうです。(出典・Wikipedia)
ここは1500mで掘り当てましたが、折りしも掘削工事の進歩により1000mを超える大深度ボーリングが可能になって温泉事業の新規参入が急増した時代。1000mにつき1億と言われ温泉ブームの大波に乗った企業。茅ヶ崎だけに。

IMG_2668

お風呂の様子はオフィシャルサイトをご確認ください。
天然温泉浴槽は露天風呂で、薄茶色のお湯はナトリウム-塩化物強塩温泉。海が近いからかかなりしょっぱいですが、源泉が掛け流されているのか多少泡付きもある新鮮なお湯です。
源泉温度が28.6度。25度以上が温泉なので鉱泉(または冷泉)ではなく温泉です。循環濾過しながら加温しているのでしょうか、38〜39度と少々ぬるめに保たれているのは夏の盛りだからかも知れませんが、このぬる湯に長く浸かっていればジワジワと汗が噴き出て来て実に気持ちいい。
温泉成分が濃いいので多少のヌメリ感もあり、はっきりとした浴感。露天の傍らに腰を掛けて休んでいると、遠く湘南の海から渡る夕涼みの風が、仄かな潮の香りを含んで火照った体を冷まします。
湯上りは休憩所で生ビール。至福のひと時。なかなか期待を上回る、素晴らしい日帰り入浴施設でした。

【日記】毎年恒例万座温泉日進館 2018

少々更新に間が空いておりますが、万座温泉に今年も行って参りました。
2月17日、日進館の直行バスにて万座へと向かうも関越自動車道の事故渋滞にハマり2時間の遅れ。万座鹿沢口辺りから吾妻高原へと入って行くにつれ雪が降り始め、万座温泉に着く頃にはもはや一面の銀世界。
本来ならばチェーンを装着すべきだったのかも知れません。万座プリンスの手前の急勾配カーブでタイヤが空転。ズルズルと三菱ふそうエアロエースが後退していきます。背後には同じく直行バスの2号車がいますが、こちらはこちらで後続の乗用車が詰まっているためバック出来ません。これは接触も避けられないかなぁと思っていたところ、運転士さんの巧みなハンドルさばきでイン側の雪壁にボディーを擦り付けてバス同士の接触を回避。
その後プリンスホテルのスタッフでしょうか、イン側の雪壁を削り除雪車で牽引して無事急勾配カーブから脱出しました。誰もが落ち着いて対処している様子を見るに、雪の積もる狭い道路しかない観光地では日常茶飯な事かもしれません。

IMG_2022

バスは吹雪の中2時間遅れの午後3時半過ぎに到着。折り返しの新宿行きも1時間遅らせて4時に出発して行きました。

本当はホテル聚楽などに湯巡りしたかったのですが、土曜日曜と吹雪に見舞われ日進館に篭りきり。たまに温泉に入りつつ、ひたすら桃鉄で時間を潰していました。

DSC_0077

明けて3日目の月曜日は天気が好転、見事な快晴です。新雪な上に人も少なく気持ち良く滑ることが出来ました。

DSC_0081

帰りのバスに乗る前に締めの露天風呂。温度も少し熱めで丁度いい。

DSC_0084

万座のお湯は相変わらずの濃いい強酸性の硫黄泉。色々有りましたが、終わり良ければ全て良しと言うことで。

神奈川県横浜市、永楽町の温泉銭湯〜寿町のドヤ街再訪

横浜市営地下鉄伊勢崎長者町より少し歩いて永楽町。横浜の市街地には温泉銭湯が幾つかあるようです。

IMG_1955

住宅や小さな町工場、倉庫などがひしめく下町っぽい街中に永楽湯があります。

IMG_1957

モザイクタイルに描かれた屋号が渋い。

IMG_1961

中はかなり歴史を感じる銭湯。ロッカーの鍵が三分の一も無いのは、常連客が持ち帰っているからでしょうか。
浴室もよくある昔ながらの銭湯建築。普通のお湯の浴槽が二つと、少し小さめな加温鉱泉浴槽が二つ。そのうち一つは立ち膝で肩が浸かる程の深い浴槽。
大田区や川崎市同様の黒湯は温度は42度でちょうど良い湯加減。微かに塩素消毒臭を感じるぐらいの無臭で多少の塩気。しばらく浸かっていると汗が止まらなくなります。湯上りはポカポカで、寒い冬には有り難い。

IMG_1963

銭湯を出て根岸線石川町方面に歩いてゆくと簡易宿泊施設、いわゆるドヤがチラホラと見え始めて来ます。

IMG_1964

やがて寿町の飲み屋街が。この日本三大ドヤ街の一つである横浜寿町を訪れるのも、4〜5年ぶりぐらいでしょうか。

IMG_1965

以前は昼に訪れましたが、夜はより一層怪しい雰囲気。並行する二本の車道に挟まれて、中央を狭い路地が貫いています。

IMG_1968

さすがにここは飛び込みで入る勇気が無かった。しかし、いつかは突撃してみたい。

IMG_1967

飲み屋街を抜けて驚いたのは、寿労働センター(職安)が建て替え工事をしていた事。かつての焚き火で煤けた天井も見ることが出来なくなってしまいました。ちゃんと写真撮っておけば良かった。

IMG_1970

日も暮れてすっかり暗くなってしまいましたが、寿町は相変わらずの異世界。

IMG_1971

ただ、多くの簡易宿泊施設が老朽化のため建て替えていました。普通のマンションを建てても売れないからか、建て替えても引き続き簡易宿泊施設を続けています。

IMG_1973

石川町寄りまで歩いたところにある酒屋「山多屋酒店」さん。ここの隣が角打ちとなっています。

IMG_1974

勇気を振り絞って突入。瓶ビールとカニカマ(100円)。この侘しさに痺れる。

IMG_1976

お爺さんとお婆さんが酒屋、ちょっと強面の親父さんが角打ちを担当。常連さんたちがワンカップ片手にまったり相撲観戦。ドヤ街の日常です。次回は居酒屋に突入して、常連さんのお話なんか聞けたらなぁ。

大分県日田市、天ヶ瀬温泉の開放的過ぎる露天風呂

今年7月、九州北部を襲った豪雨により、日田駅から西へ向かう久大本線の光岡まで、及び北へ向かう日田彦山線の添田までが不通となっています。当初復旧の目処が立たないとされていた同線ですが、地元市民や行政の強い要望を受け、JR九州は翌年、2018年8月の復旧を目指すと発表しました。

IMG_1549

鉄道は寸断されましたが高速道路への被害は無く、福岡からのアクセスは西鉄バスと日田バスが1時間に2本のペースで運転されています。また、途中朝倉市を通過する際、被害の爪痕を垣間見ることも出来ます。

7984F577-0BF5-4247-A49A-8BE831DCD6F4

別府方面からの久大本線は日田で折り返し運転。その先は代行バスとなります。またこの区間にはキハ47が現役で頑張っています。

IMG_1483

日田と豊後森の中間辺りに、天ヶ瀬温泉があります。築後街道は斜面の上を走り、温泉の中心街は道幅の狭い旧道沿い。川と崖の間に老舗旅館がひしめき合って建つため、道路の拡張工事は無理と言うこと。

IMG_1525

宿泊したのは温泉街の中ほどに建つ湯の華荘さん。まずこの建物の古さに惚れて予約しました。

IMG_1494

館内も昭和の温泉旅館と言った雰囲気で渋い。

IMG_1508

お風呂は単純硫黄泉。源泉温度が90度もあるので恐らく加水されていますが、源泉も掛け流されています。

IMG_1511

湯の華荘の目の前には一回100円の共同浴場「薬師湯」があります。旧道や対岸から結構見えてしまう露天風呂ですが、女性は水着、湯あみ、バスタオル可。

IMG_1512

実に簡素な脱衣所。源泉と水が同時に掛け流されて温度調節されており硫黄臭はほとんど感じませんが、しっかりした浴感でとても温まります。

IMG_1513

天ヶ瀬温泉は河川敷に六ヶ所の共同混浴露天風呂があります。システムはどこも同じで100円。それはさておき、こちらの「神田湯」、オープン過ぎるにもほどがある!全方位から丸見え!

IMG_1523

ちなみにですが左手に写る大型温泉ホテルの成天閣さん、寂れた感じの温泉街の中で唯一、平日なのに全室部屋の明かりが灯っていました。夜スナックで聞いたのですが、どうやら韓国人観光客を大々的に受け入れているとか。背に腹はかえられぬ切迫した温泉街の事情と言うやつですね。

IMG_1515

脱衣所もオープン!しかし怯んではいられません。開き直っていざ、入湯。
ぬるい!
源泉がちょろちょろとしか出されておらず、湯加減人肌。産湯かよ!と、全裸で叫びそうになりました。(笑)

IMG_1520

こちらは駅から歩いて温泉街の一番奥にある「鶴舞の湯」。残念ながら18:00からの営業でお湯が無い。

IMG_1522

しかしここは比較的隠されています(対岸からは丸見えですが)。左手のよしずは女性専用脱衣所。いや、見えるから。(笑)

IMG_1529

最後に天ヶ瀬駅前にある共同露天風呂「駅前温泉」。残念ながら時間の関係で入れませんでしたが、一番下流に当たるこの源泉、なぜか炊きたてゴハンの匂いがします。
昔は河原のどこを掘っても温泉が出てそうですが、温泉文化としてこの大っぴらな感じは古い習慣の残る貴重な温泉地だと思います。共同露天風呂としては今回、残る古湯と益次郎の湯も入れなかったし、必ずやリベンジしたいと思います。

IMG_1485

こちらは天ヶ瀬温泉で唯一生き残っているスナック「ラブボート」。2時間3000円カラオケ別ですが、とても楽しめるお店でした。
(ただし私の楽しめる基準は若くて綺麗な姉さんではなく、あくまでも会話とノリで楽しめると言う意味ですので、変な期待はしないように)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ