温泉

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

群馬県前橋市(2)、謎のバラック地帯と温泉銭湯

JR前橋駅から中心街を挟んで北東、利根川の支流である広瀬川沿いに、上毛電鉄の中央前橋駅があります。

201507C0-40A9-415E-BEEB-ACD92A8B6332

明治17年(1884)に現在のJR両毛線の前橋以東が、同22年(1889)に前橋以西が開通しました。それに対して昭和3年(1928)、中心街の北東に位置する中央前橋駅から西桐生駅まで、上毛電気鉄道が開通しました。車両はかつて京王井の頭線で活躍していた車両です。

AD9E1126-4B93-401F-9D3C-01193D3A35EC

駅前には昭和63(1988)年建造の中央ビル。ここの一階の定食屋さんで昼食をとりましたが、うどんとソースかつ丼が美味かった。

D6C455FF-31D1-49F6-A7B0-2F3347197DA5

川を隔てた南東側には温泉銭湯の成田湯がありますが、ちょうど水曜定休で入れず。

ED9547FB-3BC0-4867-AB33-5879BCF63329

中央前橋から南東に位置する三河町一丁目。ここに謎のバラック地帯があります。丸窓から何かしらの飲食店だっただろうと思われます。

325CEF8F-FCBF-4011-812E-9CBE4F5B7E39

周囲はそこそこ立派な屋敷も点在するごく普通の住宅街ですが、この一画だけが異空間。奥の煙突跡は銭湯にしては低いので工場だったのか。

0EEC3984-1456-4695-B79E-13E7C2891EF9

路地を入って行くと、このような未舗装の私道となります。

E364A72E-BFE4-477B-B233-63ED3C07F9F8

二本の路地が平行する狭い一画ですが、どうにも周辺の街並みから異彩を放っている。

F3D3D9AA-7E9B-47AA-B213-0ABBD2E66376

昭和の頃の貧民窟や朝鮮部落などの光景にも似ていますが、情報などは一切無し。聞き込みなどで探るしかありません。

A75E24CC-D071-4341-B540-62D3F7EBC2B4

路地の奥には廃墟もあります。倒壊の危険がある廃墟が放置されている所は、特殊な事情があるか解体費用が払えないかです。

01155755-0757-4C9E-ADFF-C141C2EC7AF4

井戸ポンプの跡も。もちろん現在は使われておらず、インフラはちゃんと整備されているようです。

700AEF8B-76F4-4685-89DB-D15DBE017C21

もう一本、中央前橋寄りの路地。左手には閉業した小料理屋。写ってませんがその左手には公民館があります。

754ECAA7-88F9-4778-8F9A-AD607E936E4C

こちらもなかなかなバラックだらけです。

83F8F386-1E67-4177-80CE-CE6EB7B0F5A0

裏手(広瀬川寄り)に廻るとこんな感じ。解体され駐車場となっていますが、この辺りに繭の乾燥場が有ったという話があります。推察するにこの一帯は生糸の製糸工場などの労働者が住んでおられたのか。

2F04B1AA-A453-43FF-A3F4-F0A9690FAC75

周囲が解体され取り残されたバラック。広瀬川の対岸を走る上毛電鉄の開通が昭和3年なので、この辺りに人が住み始めたのもその頃なのでしょうか。

08821929-4F4F-4F8B-B8FD-D9F166914696

駅から離れ東に歩くと旧大竹酒造煉瓦蔵があります。大正末期建造の蔵で、昭和8年(1933)大竹酒造が買い取ったそうです。酒蔵は昭和47年に廃業。2016年には国登録有形文化財に指定され、現在は前橋市所有の多目的ホールとして活用されています。(去年3月には今話題の「えんとつ町のプペルひかる絵本展」もやっていたとか)
ただこの物件、大竹氏が前橋市に買い取りと保存を要望し続けていたのに対しその要望には長年答えず、仕方なく某NPO法人の紹介で民間の不動産業者に2005年、5500万で売却されたそうです。しかしそれから一年も経たぬ内にその不動産業者は前橋市に8000万で売却。そしてその不動産業者は二年三ヶ月後に事業を停止。しかも前橋市に対し不動産業者からの物件購入と保存を要望したのが件の某NOO法人及び某市民団体だと言う。群馬県の産業遺産に関わる裏話の一つという訳ですね。

1E258F24-E4B2-4956-B6B3-36DD1714D67F

西側のちょっと外れにある、飲食店の廃墟。

1606A15C-2F8C-4254-8857-813D3C2EF922

その向かいにあるバラック。この広瀬川南岸地域については、更なる調査が必要です。

0742B7B9-C78E-492A-A8A2-C068633CDB52

最後に場所は離れて中心街の西、群馬県庁の南側に残る温泉銭湯、利根湯さんに立ち寄りました。女将さん(お婆ちゃん)がもうチャキチャキの群馬っ子で言葉が荒いwww
根は優しいんでしょうけれど、群馬県民の気質に対する慣れは必要ですね。

33C9408A-CD19-4D71-8EFC-FE9E4411F0C7

お湯は紅茶色の鉱泉を加温したもの。自分は嗅覚が鈍いのでなんと表現したら良いのか分かりませんが、独特な香りがします。浴感はさほど特徴が感じられないものの、じわじわと温まりからっ風が身に染みる冬の群馬では有り難い。
浴槽は二つあり熱めが46度。超熱めは温度計が有りませんでしたが、47〜8度ぐらい有るんじゃないかという熱湯。長時間は浸かれません。草津などもそうですが群馬の共同浴場は基本熱いです。

千葉県富津市金谷(2)、金谷砲台のレジャーランド廃墟

鋸山から下山して昼食を摂った後、レンタルサイクルを借りて廃墟探索に向かいました。

BCF07088-98A4-4172-A4FA-FF3949F2069B

着いたのは砲台山と呼ばれる、鋸山の北西に位置する小高い山。林道から分岐する廃道を入って行きます。

673B091A-478A-434E-B7E7-4CCD5C052B8F

廃道脇の斜面には道に沿って溝が掘られています。この溝、いったい何の役目を果たしていたのかなどの詳細は不明。

CB4A5429-DD02-440D-99D2-BDE5D28AAA07

砲台山の名の通り、山頂には金谷砲台の遺構が残されています。

6AA00FC9-FE37-471F-A141-B65EDC71B943

房総半島や三浦半島によく見られる、首都防衛のための対艦砲台です。

A195A6CB-3084-4C5D-B688-3E864681BB12

中央の丘は砲側庫で四方に通路と砲台跡が広がっています。

EFD3C1BC-4837-49BD-ACA1-53A49AAE8FCA

砲台の跡は池か何かだったのでしょうか。金谷砲台は大正13年に竣工。一時は除籍されたものの太平洋戦争末期に復活。そのまま終戦まで存在しました。

1CB8CE9B-0E0C-4391-A3DE-A28F09D59D5C

こちらは共用トイレの跡。戦後、廃墟となった砲台跡に昭和30〜40年代、砲台山ハイランドと言うレジャーランドが建設されました。しかし詳細は不明ですが寿命は短く、昭和40年代〜50年代には閉園されてしまったそうです。

88698964-79D3-4DEF-803B-5DB8A6D04259

砲側庫の上に立つ小屋。鳥小屋と思われます。

1F578F93-CDDE-4BDC-BFEB-956FB9B3FF6C

こちらはレストハウス。レジャーランドと言っても小動物が数種類飼育され、あとはバーベキュー場と花壇、簡単なアスレチック、展望台などがかる程度の施設だったようです。

1E56A008-EC30-43FA-A7FA-9A6C6B0EF9B7

こちらは麓からのリフトの降り場。この廃墟のメインとも言える遺構です。

F3497B3C-9121-44A0-8E7F-5C6C383395AB

展望台まで簡素なリフトを掛けると言うのは、確かに昭和の頃にはよく見掛けました。リフト自体がアトラクションのような感覚だったのを覚えています。

15A504FB-E12B-4111-B0FF-E198D79FA56D

リフトのモーター部分。当時入場料は無料で、リフト代だけで運営されていたそうです。

6B13AE68-BC0E-4D21-BF70-A51426E9C300

敷地は広大だったようですが、藪に覆われたりしており隅々までは回れませんでした。いや、正直ちょっとビビってました。

7EC8B634-4148-4D2A-89F4-0E8CA6DF2197

古タイヤの遊具らしき物。廃墟探索はここまでにしときます。

2D33C0E9-6201-4FC9-90E9-5D3CC4E1C41C

せっかく自転車借りたんで、海沿いを少し走りました。写真は竹岡方面に少し走ったところにある造船所跡。

06C538D8-6769-487B-A9F7-FB366092D648

こちらは戦争遺跡と思われる穴。倉庫か、あるいは震洋などの格納庫だった可能性も。

BD8A1800-EF06-43AC-AAEF-62E82DD96605

金谷に戻って来ました。こちらは内房フラワーハウスの跡。1970年代に開業と思われますが、2009年に閉業。フェリー埠頭と鋸山ロープウェイの間の国道沿いにあり、多くの観光客が行き交う中に晒されています。

0FE3A638-8A71-475C-8B4D-19EDC88072A3

こちらの宿泊施設、金谷ステーションさんでママチャリを借りました。カフェも併設されており、日帰り入浴もできる温泉宿です。

4B10EDBE-98E5-412E-AB34-12BA56C6F12F

泉質は塩化物泉で24度の源泉を加温したもの。柔らかい肌触りで芯から温まります。最後に登山(下山)とママチャリサイクリングの疲れを癒せました。

神奈川県川崎市、昭和マーケットとその周辺

一部では超有名物件であり、多くの昭和の街並み系ブログでも取り上げられている昭和マーケットに行って来ました。今更感もありますが。

DD937477-345B-453E-93C7-918344C42ED5

最寄りの駅は京急大師線の東門前駅。川崎駅から多摩川沿いを京浜工業地帯まで進む短い支線です。

AD5BD50B-F08F-42C9-A411-B25EF11B29CE

大師線の南側を並行して続く大師銀座商店会に昭和マーケットはあります。

33264EA3-8D4B-4F33-AEA9-8EECF0CA5BB3

L字型の路地に商店が並ぶ木造アーケード。

9345ADD3-EF75-44E2-96D5-CE448BF21B3E

しかし現在ではほぼ壊滅状態です。

2D565ED1-FC20-44B9-8135-2640CD04A765

ほんの数年前までは結構店も営業していたようですが、いかんせん訪れるのが遅すぎました。

7B110C97-F666-4893-A254-0E31C2A352E5

出口と言いますか大師銀座商店会から脇道である昭和通り商店街に入った所の入り口。ここの八百屋さんが唯一の生き残りです。

1ABD07DB-7AC3-4D71-8A9A-2CD463729A12

ここの裏手にL字型のマーケットはあります。

334EEDAF-89B2-4D64-AA74-8FA3CA9DFB47

空き地からマーケットの外観が見えます。トタン貼りの木造建築。

DCE5552F-9B55-4EB5-8ED8-A6127B093AAF

昭和通り商店街を入って行きます。昭和マーケットの裏手の路地。数年前まで営業していた様子が、多くのブログで見受けられます。

5407A395-10A5-4FF2-A6FB-872B729DCFB0

噂のアカカンバン。立石の呑んべえ横丁に現存するのが有名。

D5159240-380A-4FBF-B2B0-3C0BA0A5C466

裏手の飲み屋横丁。かつてのと言った方が正確かも知れませんが、庇の荒廃ぶりが廃墟感を醸しています。

2F66C951-26D8-474B-ADBD-B32CC1B27929

見た感じ営業している店は無さそうですね。

75E171B5-0C3C-4ED5-809C-0EF704AC0D99

こちらの八百屋さんも廃業している様子。

89D70742-FFA6-477C-B22E-1ED93030C288

私が以前よく見ていた香ばしい町並みブログ様の記事に、この界隈がまだ賑わっていた頃の様子が見られます。と言っても9年前の2011年ですが。つくづく、もっと早く来ていればと後悔します。

9C8CBDBD-85F5-4E81-B465-733568ED0AD9

こちらも何かの店舗の跡。近隣にはマイバスケットやマルエツなどがあり、地域の食卓を支えています。

F0F368EB-27BD-49F2-85B1-D8CDA89F1F20

飲食店の跡と思われます。奥の美容室はまだ頑張って営業中。

F7DB53FD-29C9-4112-8075-338BE1BCAF1E

産業道路の向こう側、つまり海側は町工場やジャンク屋。その道路と高速の間をくぐる歩道橋にはゴミが。川崎を象徴する光景にも思えます。

69D50FD0-E64F-40E4-8FF3-5975D17BD841

住宅街の中にある倉形屋酒店。ここは角打ちで酒が飲めます。しかも冬場はコタツで飲めるという、非常にそそる物件。ただ営業開始が18時との事で今日は断念。

EB6908D5-C059-4943-A30E-B0919FB811D0

最後に南西側、国道近くにある銭湯、日の出おふろセンターで汗を流しました。ここは加温循環濾過の鉱泉に入れる銭湯です。

8A3FC56B-7861-4C22-905B-5AA36EFFA034

薄茶色のお湯は爪先が辛うじて見えるくらいの透明度。キシキシとした肌触りですが微かなヌメリ感もあり、纏わり付くような重さを感じるほどの濃いお湯です。塩化物泉の浴槽は露天で、源泉が出そうな蛇口があるも元栓が閉められているようで鉱泉は出ず。にも関わらずこの匂いと浴感は素晴らしいです。湯上りはホカホカが止まりませんでした。

静岡県伊豆長岡(2)、歓楽温泉廃墟群

今では有名温泉地、修善寺の影に隠れてしまいましたが、かつて歓楽温泉として栄華を誇っていたのが伊豆長岡温泉です。前の記事で紹介した古奈地区から源氏山を挟んで東側、古奈地区は吾妻鏡にも記されており1300年以上前から存在すると言われていますが、メインストリートのある西側の長岡地区は明治時代の開湯だそうです。

4C236B3E-FA20-4961-B117-68681152C7B0

温泉駅バスターミナル。各地の温泉街ではよく見かける旅の起点とも言えるバスターミナルですが、車で来られる方がほとんどととなった今では、他の温泉街同様閑散としております。

1E37D600-1020-491A-8B6C-23DC385DE65F

バスターミナルの目の前はお土産屋さんではなくコンビニ。その左手には2010年に廃業したゆもとや旅館。すでに典型的な寂れた温泉街です。

C8E5DAEF-824D-4D2F-ADA5-0254E2614EDB

温泉街のメインストリート、その名も温泉場出逢い通り。伊豆長岡は戦後に保養地として乱開発され、温泉を掘り過ぎた結果湯量の激減、温度の低下などが起こりました。熱海や草津など莫大な湧出量を誇る温泉地以外、有名温泉地と言われる所は大抵このパターンに陥ります。伊豆長岡温泉では発覚されませんでしたが、最悪の場合温泉偽装問題にまで発展するケースもあります。

95B8F5AB-B773-47CF-97B1-5189191258F3

近くには共同浴場もありますが、コロナ禍に伴い長期休業中です。源泉枯渇の危機を迎えた伊豆長岡温泉事業共同組合は温泉集中管理組合を設立し、集湯管で約38もの源泉を纏めて二ヶ所の貯湯槽に溜め、混合泉として分配するという方式を採りました。この混合泉という考えはその後全国に広まって行ったとか。

107EDA60-2A86-4BB6-A454-8E1274D8A867

こちらは巨大廃ホテルのさかなや。聞いた事あるなと思いましたが幼少の頃、旅行好きの両親が私の産まれる前に泊まった事があり、旅館のパンフレットが実家にありました。その頃パンフレットを見て、非日常的な雰囲気に想いを馳せていた事を思い出しましたが、当時は明治40年から続く老舗高級旅館だったようです。まさかこんな再会になるとは。
しかしここより裏手の山の中腹に、さかなやホテルアネックス茜という宿泊施設があります。アネックスと言えば旧第一ホテルグループ、現在の阪急阪神ホテルズです。買収された後、旧館を捨てて新館で細々と続けているのでしょうか。しかし公式サイトを見たところ、ピンクセクシーTバック150分プラン23500円〜なるものが。コンパニオンプランを推した歓楽温泉は滅んでいなかった!ていうか、老舗の高級日本旅館だったはずのさかなやさんが、知らぬ間に男性団体客目当ての歓楽ホテルになってたなんて!

86207851-BE76-4642-9653-A1EAE785B3A6

さかなや旧館の左手、この奥に広大な敷地の廃旅館があります。残念ながら奥へは入れそうな雰囲気では無かったのですが、Googleマップの航空写真で見ると小高い山の山頂にいくつもの離れがある事が分かります。

673A3367-E43C-488C-9BB1-44ECF60A3BE5

その向かいにあるのが2016年3月末で当面閉鎖となってしまった南山荘。

FB690496-4D9F-471D-BB7A-6F9631F3AF8C

文化財クラスの建物が広い敷地に点在しており、一部では有名な物件。公式サイトも残っており中も綺麗に管理されているようですが、営業再開の目処は未だ立っていません。星野グループ辺りが再建してくれればなんて思ったり。

2512A325-93E6-4060-BAC6-272A120EFAB0

温泉駅バス停から出逢い通りに入らず西に進むと、スナックなどが連なる歓楽街となります。

BE1E7E43-192F-435D-9822-E7082B1B0F69

とは言っても、それも過去の話。その多くが廃業しており、どれくらい生き残っているのかは夜に訪れてみないと分かりません。

27C5A169-8F55-4DE5-A939-D3CFE26CF0DC

このような路地裏もあります。

F71D2A97-070D-403F-96E2-90E584D07324

生き残っているスナックも大抵がタイ人スナックで、しかもそのほとんどがチョンの間的な闇風俗を行っているとか。

2C39E407-0213-48F3-B978-8CA6CC3D9402

この路地の奥は更地となっていましたが、さぞ妖しい路地裏だった事でしょう。上山田温泉や伊香保温泉同様、都心の取締りから地方へ逃れて来たタイ人女性たちが流れ着いて来たパターンでしょうね。

C814BFA8-5EFF-480F-B4AA-10F4C42B1DA5

バス停近く、南側の山間に入って行く路地。この辺りは廃墟感が強いです。

694C3403-5D47-42AC-894D-403BCFDB021E

この辺りはかつて赤線の中心地帯だったという話もあります。

9146416C-8EC7-43D1-A3ED-C6AA8FF73819

現在では廃墟と民家が混在している感じ。

86C1B925-819D-4761-BE1D-F912CD9C60B6

表は歓楽スナックの造りですが、中身は赤線時代の建築です。

95ED5494-BF15-4B04-96E9-11308ED850BB

裏に廻れば湯気抜きが確認出来、温泉浴槽も有る事が分かります。

611FE135-A82D-4968-8DC9-EA9093A702D4

そして路地の最奥部にあるのがこちら。もう廃業している様ですが、スナックっぽい入り口が残っています。

BED7854D-F36E-4FCC-8873-F78CADC1DF44

しかし裏手に回り込めば赤線時代の名残りが。

97E3DD66-DD76-4083-8F62-BFA48EEF448A

凝った意匠の窓。現在は普通の民家として住まわれているようですが、この建物についてはもっと詳しく知りたいところです。


静岡県伊豆長岡(1)、古奈の共同浴場と石切り場

伊豆箱根鉄道の伊豆長岡駅よりバスに乗り、温泉街の少し手前の古奈温泉で降ります。小高い山の向こう側が伊豆長岡温泉のメインストリート。

AA2963D2-4DA1-47EB-9102-C7AB59D546A6

狩野川を渡ったバスはやがて左折するのですが、その交差点を真っ直ぐ行ったところに建つ共同浴場、あやめの湯。券売機で300円払い番台のおばちゃんに渡します。

62DBA58F-BA43-48B9-A60A-0C40A6065A8B

正面は真新しい感じがしますが、湯屋の外観はこんな感じ。なかなか趣きがあります。

3A4B0E2C-9CB0-4A75-AF7B-5AB6CEFCE4DF

お湯は源泉温度が高いために加水して循環濾過。塩素消毒されたアルカリ性単純泉。特徴を感じられないサラサラとした浴感。とは言え地元の方々に愛されているようで、昼の1時で5人もの方が入られていました。

8846A895-4B15-4E3C-90E3-CB7902F1DA9B

裏通りには潰れたスナックなども。

D048CABA-AEC6-42FC-955A-EB67B28DEB61

この価格設定、いったい廃業してから何年の月日が経っているのか。

BE437F2A-0EFE-4D8E-914F-9CDF3E2F022C

北へ少し歩くと湯谷神社があります。発祥については不明ですが、伊豆長岡の温泉は元々この辺り、古奈地区にあり、山の裏手にある現在の温泉街は後から発展して行ったとか。

2551F09E-2E2C-41A8-8EF5-4E2D4B754CCD

鎌倉時代より伊豆国に於いて、伊豆山の走り湯や修善寺の独鈷の湯に並ぶ三名湯として古奈湯が有名だったようです。湯谷神社の辺りには足元自噴の共同浴場もありましたが、山の裏手、西側で温泉が採掘される内、大正末期には出なくなってしまったとか。神社の前には当時の汲み上げポンプが残されています。

2DAB24DE-5ED2-470D-B1F6-6B1410F96D52

湯谷神社の脇には伊豆石の石切り場跡があります。

1D7BF808-6B91-4DE1-9638-76D4B97AFD46

以前ここは荒れ果てており廃車も廃棄されていたのですが、地主である頼朝の湯、本陣さんが綺麗に整備されたそうです。

9A4428D4-6BD3-4C32-9017-57096BC0EF10


2C325140-D329-44DD-9686-8E6FCDA43286

石切り場としての歴史も古く、江戸城築城の際には産出された伊豆石を献上したとか。

5E6ED55C-7260-40E8-AD51-63A856381B1F

見上げると湯谷神社本殿の裏側が張り出しています。崩れ落ちたのか?

9E9675B9-628D-4C82-817B-1253DF4E502D

現在周辺の竹林も整備されているそうで、今後ライトアップやイベントなど、様々な形で利用されて行きそうです。

1CE49009-147B-482B-86DF-B4CD88378532

石切り場では栃木の大谷石がすっかり有名になりましたが、ここもPVの撮影なんかで使えそうな感じがします。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ