歴史的木造建築

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜
        ↑ 地味にリニューアル

足立区北千住(前編)、駅周辺探索

北千住は赤羽、小岩、蒲田と並ぶ酒場天国。色んな意味で天国に近い街です。実はこの『ギリ東京都』というのが重要なエッセンスで、他県との県境の街は大抵治安が悪くイかれた住民も暮らす貧民街で、安酒屋が多く存在する香ばしい街です。しかしこういう街は人情味があったりして個人的には好きなのです。

IMG_0617

そんな北千住には以前より行こう行こうと思いつつもなかなか機会に巡り会えず、今更の訪問となってしまいました。写真は中心街が広がる西口ルミネ。

IMG_0640

北千住駅にはJR常磐線、東武スカイツリーライン、地下鉄千代田線、日比谷線、つくばエキスプレスが乗り入れており、更に東武は地下鉄半蔵門線にも乗り入れているので、都内どこにでも行けそうな気がします。さらに京成本線が南の外れを掠めて走る。江戸時代から続く宿場町は現代でも交通の要衝です。

IMG_0645

東口は学園通り商店街を中心に千寿常東小学校を始め足立学園中学校高等学校、東京電機大学などがあり、駅前だけは綺麗に再開発されています。

IMG_0644

しかし一歩奥に入れば古い銭湯の残る下町。こちらは梅の湯。

IMG_0641

住宅街を歩けばバラック建築も多く残っています。

IMG_0642

私道には未舗装の路地も。

IMG_0616

駅に戻り今度は中心街となる西側へ。西口から真っ直ぐ伸びるメインストリートはアーケード商店街の北ロード1010。

IMG_0618

駅前通りと交差して南北に走る日光街道は、宿場通りとして宿場町の名残りを残しています。まずは北側。

IMG_0620

街道筋には貴重な木造建築物もポツリポツリと残っています。

IMG_0621

新しい店舗も古い建築物をそのままリフォームして利用しています。

IMG_0623

商店街から一歩路地を入れば下町の住宅街。

IMG_0634

今度は駅前通りの南側を街道沿いに歩きます。

IMG_0631

小洒落た家屋。木枠窓も珍しくありません。

IMG_0625

利便性から見てさぞ地価も高騰しそうな感じですが、しかし再開発は中途半端にしか進んでおらず、木造一戸建て住宅が建ち並んでいました。


後編に続く。

北海道札幌市、北海道大学植物園の重要文化財建築

 北海道は遠くなかなか行けません。今や新幹線が新函館北斗まで開通したとは言え、新幹線は料金が高い上函館から道東までは相当に時間も掛かるので、お金と時間を考えると往復飛行機の一択になってしまいます。

image

 元々飛行機は30代後半に初めて乗り今回3回目なのですが、旅としてどうも距離感が実感できないので好きになれません。しかし背に腹はかえられぬということでJALの先得割引で帯広空港へ行き、帰りは主要な空港からしか飛ばない格安航空会社、いわゆるLCCを利用するために千歳から帰るという方法を取りました。このLCC、びっくりするくらい席が狭く、安いは安いなりの理由があると理解しました。
 さて、帯広を中心に回った今回の旅ですが、新千歳空港から帰る前に立ち寄る所となると、交通の便を考えれば自ずと札幌になります。しかし今年(2016)の8月末に北海道を襲った台風10号による被害は深刻で、根室本線の芽室〜新得間では橋や路盤が流されるなどして10月ぐらいまで不通となり、代行バスでの運行となってしまいました。しかしその代行バスも1日3本しか無く、結局1~2時間に1本運行されている高速バスを利用して札幌に出ました。旅行3日目にして全く鉄道に乗っていないという由々しき事態。

image

 帯広を3時に出た都市間高速バス、ポテトライナーが札幌に着いたのは、すでに陽も落ちた午後7時。素泊まりで取ったビジネスホテルに荷物を置いて、早速夜のススキノへと繰り出します。

image

 夕食はススキノの外れにある回転寿司の『ぱさーる』。およそ寿司屋らしからぬ名前の店ですが、ここが安くて美味い。北海道の地魚を堪能しました。

image

 翌日、日中のススキノを散策。なかなか味のある建物も多く残されています。

image

 こちらはススキノ市場。上は団地になっています。

image

 雰囲気の良い喫茶店。と思ったら映画『探偵はバーにいる』のロケにも使われたそうです。

image

 さて、ここからが本題。北海道大学植物園の重要文化財を巡って行きます。写真は明治15年建造の博物館本館。日本最古の博物館建築だそうです。中には動物標本などが展示されており、展示ケースの一部のガラスは明治時代の手焼きガラスがそのまま使われています。

image

 その隣に建っているのがバチェラー記念館。イギリス宣教師の邸宅を移築したもので、内部は非公開。

image

 便所も重要文化財です。札幌農学校で使われていたものを移築しており、実際に使えます。

image

 こちらは明治18年に建てられた収蔵庫。

image

 明治34年に建てられた旧事務所。

image

 宮部金吾記念館。初代園長である宮部金吾博士の遺品を中心として、植物園の歴史について紹介されています。

image

 正面入り口脇に建つ門衛所。大正時代の建築で、現在でも守衛室として使われています。

image

 そんなわけで、札幌駅が巨大になっていた事に驚きつつ快速エアポートに乗り、札幌を後にしました。札幌は二回目ですが今回も時計台は横目で見た程度です。

千葉県館山市(1)、那古船形近辺の神社仏閣

 JR内房線那古船形駅周辺の史跡を巡って来ました。

image

 いかにも田舎の駅って感じの那古船形駅は、館山のひとつ手前にあります。

image

 駅から海側に少し歩くと大福寺崖観音があります。

image

 崖の中腹には717年に行基の手により彫られたとされる十一 面観音菩薩の磨崖仏が祀られています。

image

 行基の磨崖仏と言えば以前訪れた岩谷観音堂も同じ行基によるものでしたが、こちらの崖観音は館山市の有形文化財に指定されています。しかしこの扱いの違いには驚くしかありません。

image

 漁師の安全を祈願したと言うだけあり、館山市と船形地区の街が一望に見下ろせます。

image

 崖観音の下は漁業の街ですが、街道沿いには古い木造建築も多く残されています。

image

 さて、船形地区から旧那古宿へと歩いて行きます。線路をくぐる手前、民家のような造りの加麻土神社があります。いかにも地元に根付いた感じの神社。

image

 線路を越えた辺り、山肌が迫ったところで突然藪に埋もれた鳥居が。残念ながら、ここを入って行く勇気はありませんでした。バスの時間もありましたし。

image

 少し歩くと那古寺がありますが、こちらも崖にへばりつくように建っています。折しも近くの小学校が写生の時間。

image

 創建は717年と言うから崖観音と同時期。それもそのはず、行基です。行基が海中より得た香木で千手観音菩薩像を彫り、元正天皇の病気平癒を祈願したところ病気が治り、その報謝で建てられたと伝えられています。

image

 海を臨む本堂はかなり立派なものです。行基があまりに気になったのでwikipediaで調べたところ、主に近畿で活躍し奈良の大仏造立の責任者でもあったとか。全国を行脚し各地に橋や水路なども整備したそうです。

image

 本堂脇を入れば、ここにも磨崖仏。お堂が岩壁にめり込んでます。

image

 地層がはっきりと分かる房総や三浦半島などによく見られる岩肌。なんか地理の授業で習った気がしますが、砂岩質なのか掘ったり削ったりするのが楽なんでしょうか。とにかく磨崖仏や横穴、素掘りのトンネルなんかが千葉には多いです。

image

 歩いていると、先日よく見に行ってるねりうまブログ様で紹介されていた建造物を発見しました。思わず「ここかー!」と声に出てしまった。

image

 館山へ向かう街道から内陸部へ。バイパスを越えて正木地区に入った辺りの神社。館山は大きなお寺こそ有りながら、神社は村の鎮守程度の小さな社が多数散在していました。

台東区上野(3)、東上野再訪2016

 東上野は2011年に一度散策しています。当時の様子はこちら。しかし先月より仕事で再び訪れる機会を得たので、軽く散歩してみました。

IMG_20160608_075103242

 首都高の向こう側、鶯谷寄りに東京メトロ銀座線の上野検車区が地上にあります。ここの地下には広い車両基地があり、隣接するビルには運転区の職員が仮眠する施設や、運行管理センターなどもあります。

image

 地下から這い出てきた車両は地上の踏み切りを通り、4~5編成しか入線できない地上階の車両基地へと入って行きます。ここは昭和2年12月、銀座線の開業にあわせて建てられました。以前の記事にて書きましたが、ちょうど関東大震災の復興建築事業として現在の上野駅舎や下谷小学校、同潤会上野下アパートなどが建てられた時期と重なります。ちなみにこの踏切、日本で唯一の地下鉄の踏切となります。

IMG_20160607_175041234

 その踏み切りの脇に、かなり渋い居酒屋が残っていました。こちらは戦後建築でしょうか、なかなか趣きのある看板建築です。関東大震災以前のこの辺りは下谷万年町と言い、江戸時代から明治大正に掛けて東京の三大貧民窟のひとつと言われていました。しかし震災で壊滅した後、現在ではその面影を伺い知ることは出来ません。

image

 以前撮影した下谷小学校跡は今もそのままの姿を残していますが、同潤会上野下アパートは2013年に解体されてしまいました。現在跡地には地上14階建ての分譲マンション(三菱地所)が聳え建っています。

image

 それでも付近にはいまだ昭和の建築物が幾つも残っています。こちらはマンション裏手にある銭湯の寿湯。

image

 長屋造りや下町らしい狭い路地などもありますが、以前訪れた時と比べだいぶ歯抜け状態になっており、コインパーキングだらけとなっています。これは想像ですが、住んでいた高齢者が亡くなられて、相続税対策に土地を売った、なんてことも少なくないのかもしれません。

image

 またこの界隈にはお寺も多くあります。昔から変わらぬ佇まいを保ち続けるのはお寺さんばかりとなってしまうのでしょうか。

文京区本郷、高台の木造建築物群

 文京区本郷は高台にあるため関東大震災や東京大空襲による火災の火の手が及ばず、多くの木造建築物が残っています。今回は地下鉄南北線東大前から西片、本郷と散歩して行きました。

image

 東大前駅から地上に出てみると、さっそくモザイクタイル貼りの円柱が出迎えてくれました。

image

 一歩路地を入れば高台ゆえの高級住宅街。木造建築物とは言えかなり凝った意匠で造られています。

image

 庭付き、蔵付きの日本家屋は震災や戦乱を生き延びてきた旧家と言ったところでしょうか。

image

 同時にこのあたりは東大も近いため、下宿屋も多く存在しました。

image

 かなり古い長屋造りが、二棟並んで残っていました。

image

 こちらは商家のようですが、何の商いをしていたのかは不明。

image

 明治から下宿屋として存在し、昭和から旅館業に切り替えたという、鳳明館、森川別館。安く泊まれるという事で外国人観光客に人気だとか。この鳳鳴館の向かいに、かつて明治建築の下宿屋本郷館が建っていましたが、つい最近新しく建て替えられてしまいました。実に残念。

image

 鳳明館の斜向かいには大正4年造の求道館が建っています。こちらは関東大震災の際に内部が崩落し、再建する費用もままならないためおよそ50年もの間廃墟だったところ、平成に入り都の有形文化財に指定されたため公的資金によって再建されたそうです。またこの求道館という宗教法人は、明治末期浄土真宗の僧侶が立ち上げた宗教で、教会のような建物の中には阿弥陀様が祀られているとか。実に興味深いです。

image

 こちらは春日駅近くに建つ鳳明館本館。

image

 隣には鳳明館合町別館も建っており、共に有形文化財に指定されています。このような住宅街の中にひっそりと建っている老舗旅館て、泊まる人がいるのかずっと疑問に思っていました。しかしどうやら大学関係者の団体などが利用しているようで、つまり紹介やコネクションがあるため生き残っているのではないかと見られます。

image

 本館の斜向かいには鳳明館寮という木造建築物が建っています。詳細は不明ですが、鳳明館に住み込みで働く人が住んでいるのか、本来の下宿屋業として残っている建物なのか。

image

 こちらは樋口一葉ゆかりの地として保存されている有形文化財、伊勢屋質店跡です。樋口一葉が生活苦だった頃、よく駆け込んでいた質屋さんだとか。たまたま内部が公開されていたので見学させていただきましたが、明治建築がそのままほぼ手付かずの状態で保存されており、非常に見応えがありました。撮影禁止だったのが残念ですが、何が凄いって天井に張り巡らされたガイシと電線。これは今時ここでしか見れないんじゃないでしょうか。一見の価値ありです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ