歴史的建造物

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

      ⬜ 鰻田ニョロの小説部屋 ⬜

足立区北千住(前編)、駅周辺探索

北千住は赤羽、小岩、蒲田と並ぶ酒場天国。色んな意味で天国に近い街です。実はこの『ギリ東京都』というのが重要なエッセンスで、他県との県境の街は大抵治安が悪くイかれた住民も暮らす貧民街で、安酒屋が多く存在する香ばしい街です。しかしこういう街は人情味があったりして個人的には好きなのです。

IMG_0617

そんな北千住には以前より行こう行こうと思いつつもなかなか機会に巡り会えず、今更の訪問となってしまいました。写真は中心街が広がる西口ルミネ。

IMG_0640

北千住駅にはJR常磐線、東武スカイツリーライン、地下鉄千代田線、日比谷線、つくばエキスプレスが乗り入れており、更に東武は地下鉄半蔵門線にも乗り入れているので、都内どこにでも行けそうな気がします。さらに京成本線が南の外れを掠めて走る。江戸時代から続く宿場町は現代でも交通の要衝です。

IMG_0645

東口は学園通り商店街を中心に千寿常東小学校を始め足立学園中学校高等学校、東京電機大学などがあり、駅前だけは綺麗に再開発されています。

IMG_0644

しかし一歩奥に入れば古い銭湯の残る下町。こちらは梅の湯。

IMG_0641

住宅街を歩けばバラック建築も多く残っています。

IMG_0642

私道には未舗装の路地も。

IMG_0616

駅に戻り今度は中心街となる西側へ。西口から真っ直ぐ伸びるメインストリートはアーケード商店街の北ロード1010。

IMG_0618

駅前通りと交差して南北に走る日光街道は、宿場通りとして宿場町の名残りを残しています。まずは北側。

IMG_0620

街道筋には貴重な木造建築物もポツリポツリと残っています。

IMG_0621

新しい店舗も古い建築物をそのままリフォームして利用しています。

IMG_0623

商店街から一歩路地を入れば下町の住宅街。

IMG_0634

今度は駅前通りの南側を街道沿いに歩きます。

IMG_0631

小洒落た家屋。木枠窓も珍しくありません。

IMG_0625

利便性から見てさぞ地価も高騰しそうな感じですが、しかし再開発は中途半端にしか進んでおらず、木造一戸建て住宅が建ち並んでいました。


後編に続く。

台東区浅草(3)、裏浅草界隈

 浅草橋での仕事が午前中で終わったので、浅草まで足を延ばしてみました。

image

 途中浅草の手前、蔵前に建つ、以前より撮っておきたかったタイガービル。昭和9年竣工で有形文化財にも指定されています。周辺の復興建築とともに戦火を潜り抜けて来た堅牢な建築物です。

image

 場外馬券場手前のホッピー通りは昼間から約半数の店が営業していましたが、どの店も観光客で満席となり大繁盛。一本裏の初音小路は競馬が開催されていない平日だったため、ひっそりとしています。

image

 その初音小路を抜けた先に建っているのが、浅草観音温泉。しかしなんと今年の2016年6月、ボイラーが故障しその修理費を捻出できないため、閉業となっていました。ここが目的で浅草に来たと言うのに、愕然とします。もう少し早く来ていれば!

image

『酒は大関』
『男は黙ってサッポロビール』
 某ブログに紹介されていましたが、ここは昭和まんまの姿で残っていたそうで、閉業されていたのが悔やまれてなりません。

image

 向こう側に浴室が有ったのでしょうか、ガラスブロックが悲惨な事になっています。ここは黒湯の冷鉱泉を加温して提供していたようなので、ボイラーが壊れてはどうにもなりません。

image

 仕方ないので温泉銭湯『蛇骨湯』へ。しかしなんと臨時休業。一旦気持ちが折れます。(笑)

image

 場外馬券場に戻り北側、浅草駅から離れていきます。裏通りに建つサウナ大番。新宿二丁目と上野にも支店がありますが、いわゆるアッチ系のサウナなのでノンケの人は間違っても入ってはいけません。裏浅草は新宿二丁目、東上野と並ぶ東京三大同性愛街の一つであり、ゲイバーなども多いと聞きます。

image

 何かネタが無いかとよく見に行ってるねりうまブログ様を覗いてみたら、非常に気になる写真が。写り込んでいるマンションをヒントに探し当てました。言問通りを越えた先にあった凄まじい廃スナック。

image

 その脇の路地にも廃スナック街が続きます。浅草周辺は主に東側と北側にスナックが散在しています。

image

 しかしこの辺りは特に終わってる感が半端ない。

image

 浅草のスナックは特に一区画に集中している事もなく、住宅街と混在しております。その軒数の多さたるや、浅草の奥深さを思い知らされます。

image

 碁盤の目のように路地が張り巡らされているため全てを歩き潰す事は難しいですが、何軒ものスナックが元気に営業されている区画もあります。全く警戒しない猫。貫禄があります。

image

 住宅街なので立派な銭湯、曙湯もあります。

image

 場外馬券場のウィンズ浅草へ戻ります。と思ったら違う!ここはウィング浅草だ!ここってノミ屋じゃね?www

image

 ウィンズ浅草の向かいに有った名画座跡(現在パチンコマルハン建設中・以前はアッチ系のハッテン場でもあった)の裏手の路地。ここに渋い安酒屋街を見つけました。ホッピー通りが観光地化され、ギャンブル親父達は何処へ追いやられたのかと思ってましたが、こんなところに安酒屋が残っていたとは。

image

 老舗感漂う立ち飲み『安兵衛』。いかにも浅草といった雰囲気の常連さんたちが陽の落ちる前から飲んでます。

image

 生400円、割り物250円〜、串物100円〜、アジフライ150円などなど。

image

 近くには角打ちもあります。酒屋オオタキに併設された立ち飲み『大瀧』。小瓶280円、割り物(25°)320円。ツマミは缶詰めや柿ピーなどの他に、コハダやお新香、冷奴などもあります。
 店内には撮影禁止の貼り紙が。とは言っても浅草のこの界隈は訳アリの人が多いので、どこも基本、店内撮影禁止です。トラブルなどが有ったのでしょう。

北海道札幌市、北海道大学植物園の重要文化財建築

 北海道は遠くなかなか行けません。今や新幹線が新函館北斗まで開通したとは言え、新幹線は料金が高い上函館から道東までは相当に時間も掛かるので、お金と時間を考えると往復飛行機の一択になってしまいます。

image

 元々飛行機は30代後半に初めて乗り今回3回目なのですが、旅としてどうも距離感が実感できないので好きになれません。しかし背に腹はかえられぬということでJALの先得割引で帯広空港へ行き、帰りは主要な空港からしか飛ばない格安航空会社、いわゆるLCCを利用するために千歳から帰るという方法を取りました。このLCC、びっくりするくらい席が狭く、安いは安いなりの理由があると理解しました。
 さて、帯広を中心に回った今回の旅ですが、新千歳空港から帰る前に立ち寄る所となると、交通の便を考えれば自ずと札幌になります。しかし今年(2016)の8月末に北海道を襲った台風10号による被害は深刻で、根室本線の芽室〜新得間では橋や路盤が流されるなどして10月ぐらいまで不通となり、代行バスでの運行となってしまいました。しかしその代行バスも1日3本しか無く、結局1~2時間に1本運行されている高速バスを利用して札幌に出ました。旅行3日目にして全く鉄道に乗っていないという由々しき事態。

image

 帯広を3時に出た都市間高速バス、ポテトライナーが札幌に着いたのは、すでに陽も落ちた午後7時。素泊まりで取ったビジネスホテルに荷物を置いて、早速夜のススキノへと繰り出します。

image

 夕食はススキノの外れにある回転寿司の『ぱさーる』。およそ寿司屋らしからぬ名前の店ですが、ここが安くて美味い。北海道の地魚を堪能しました。

image

 翌日、日中のススキノを散策。なかなか味のある建物も多く残されています。

image

 こちらはススキノ市場。上は団地になっています。

image

 雰囲気の良い喫茶店。と思ったら映画『探偵はバーにいる』のロケにも使われたそうです。

image

 さて、ここからが本題。北海道大学植物園の重要文化財を巡って行きます。写真は明治15年建造の博物館本館。日本最古の博物館建築だそうです。中には動物標本などが展示されており、展示ケースの一部のガラスは明治時代の手焼きガラスがそのまま使われています。

image

 その隣に建っているのがバチェラー記念館。イギリス宣教師の邸宅を移築したもので、内部は非公開。

image

 便所も重要文化財です。札幌農学校で使われていたものを移築しており、実際に使えます。

image

 こちらは明治18年に建てられた収蔵庫。

image

 明治34年に建てられた旧事務所。

image

 宮部金吾記念館。初代園長である宮部金吾博士の遺品を中心として、植物園の歴史について紹介されています。

image

 正面入り口脇に建つ門衛所。大正時代の建築で、現在でも守衛室として使われています。

image

 そんなわけで、札幌駅が巨大になっていた事に驚きつつ快速エアポートに乗り、札幌を後にしました。札幌は二回目ですが今回も時計台は横目で見た程度です。

千葉県館山市(1)、那古船形近辺の神社仏閣

 JR内房線那古船形駅周辺の史跡を巡って来ました。

image

 いかにも田舎の駅って感じの那古船形駅は、館山のひとつ手前にあります。

image

 駅から海側に少し歩くと大福寺崖観音があります。

image

 崖の中腹には717年に行基の手により彫られたとされる十一 面観音菩薩の磨崖仏が祀られています。

image

 行基の磨崖仏と言えば以前訪れた岩谷観音堂も同じ行基によるものでしたが、こちらの崖観音は館山市の有形文化財に指定されています。しかしこの扱いの違いには驚くしかありません。

image

 漁師の安全を祈願したと言うだけあり、館山市と船形地区の街が一望に見下ろせます。

image

 崖観音の下は漁業の街ですが、街道沿いには古い木造建築も多く残されています。

image

 さて、船形地区から旧那古宿へと歩いて行きます。線路をくぐる手前、民家のような造りの加麻土神社があります。いかにも地元に根付いた感じの神社。

image

 線路を越えた辺り、山肌が迫ったところで突然藪に埋もれた鳥居が。残念ながら、ここを入って行く勇気はありませんでした。バスの時間もありましたし。

image

 少し歩くと那古寺がありますが、こちらも崖にへばりつくように建っています。折しも近くの小学校が写生の時間。

image

 創建は717年と言うから崖観音と同時期。それもそのはず、行基です。行基が海中より得た香木で千手観音菩薩像を彫り、元正天皇の病気平癒を祈願したところ病気が治り、その報謝で建てられたと伝えられています。

image

 海を臨む本堂はかなり立派なものです。行基があまりに気になったのでwikipediaで調べたところ、主に近畿で活躍し奈良の大仏造立の責任者でもあったとか。全国を行脚し各地に橋や水路なども整備したそうです。

image

 本堂脇を入れば、ここにも磨崖仏。お堂が岩壁にめり込んでます。

image

 地層がはっきりと分かる房総や三浦半島などによく見られる岩肌。なんか地理の授業で習った気がしますが、砂岩質なのか掘ったり削ったりするのが楽なんでしょうか。とにかく磨崖仏や横穴、素掘りのトンネルなんかが千葉には多いです。

image

 歩いていると、先日よく見に行ってるねりうまブログ様で紹介されていた建造物を発見しました。思わず「ここかー!」と声に出てしまった。

image

 館山へ向かう街道から内陸部へ。バイパスを越えて正木地区に入った辺りの神社。館山は大きなお寺こそ有りながら、神社は村の鎮守程度の小さな社が多数散在していました。

千葉県富津市、岩谷観音堂

 JR内房線、上総湊という小さな駅に降りました。夏は海水浴客で賑わう駅ですが、夏休みシーズンも過ぎて駅前はひっそりとしています。

image

 駅前には天羽日東バスのバスターミナルがあります。このバス乗り場が実に渋い。

image

 町の鎮守、神明神社ではお祭りの準備が真っ盛り。

image

 漁業で栄えた町らしく、通りには大漁旗がたくさん掲げられていました。お祭りの当日に来たかった。

image

 古い建築物もたくさん残っています。町は特に寂れた雰囲気もなく、お祭りの準備のせいか活気に溢れています。

image

 ここ天羽町が1971年に富津町、大佐和町と合併され、その時に建てられたら富津市役所旧庁舎跡。小さな漁村とばかり思ってましたが、ここはかつて富津市の中心だったようです。しかし1992年、お隣の大貫駅近くに新市庁舎が建って以来、ここは富津市天羽行政センターとして使われていました。しかしその行政センターも現在は移転。この立派なコンクリート建造物は廃墟と化しています。

image

 町を流れる湊川を遡った辺りに岩谷観音堂という史跡があります。

image

 しかし見てビックリ。なんという急でしかも荒れ放題な石段!

image

 崖を登るようにして行くと、石段は途中から無くなり、斜面を迂回するように登って行きます。想像ですが、お堂の正面が即石段だったため、人が通れるスペースを確保するため盛り土したのではないだろうか。
 しかしお堂まで登りきって右手に行ってみると……。

image

 ……!!
 ちゃんとした道が有るじゃありませんか!

image

 この斜面際の階段が正式な登り口のようです。写真は帰り際に撮ったもの。それにしても分かり辛っ!

image

 幾つも空いている横穴に入ると、たくさんの磨崖仏が掘られています。

image

 中にはテーブルと椅子が置かれている横穴も。ここで寛げって言われても……。

image

 ここの磨崖仏は奈良時代、行基によって一夜にして彫られたとされています。しかし長い年月を経て磨崖仏は風化により摩耗し寺は荒れ放題だったようです。そこで平成23年、地元民達の間で100万円を投じお堂の改修や手摺りの整備などがされたそうです。

image

 お堂の裏はコの字にトンネルが廻り込んでおり、その壁面にも多くの磨崖仏が彫られています。写真はお堂の右手奥の入り口。

image

 こちらは左手奥の入り口。トンネル手前には第一窟があり壁面には阿弥陀如来座像を中心に観音菩薩、勢至菩薩が彫られており、その手前が堂で塞がれている形。年2回の御開帳の時だけ拝めるとか。

image

 お堂左手にはトンネル状の階段があります。非常に複雑な構造。

image

 途中階段が分岐し、別の横穴にも行けます。

image

 階段奥の横穴。かなり風化が激しいです。

image

 上から階段を見下ろすとこんな感じ。

image

 横穴は全部で第13窟まであるそうで、つまり藪に覆われて入るのが困難な場所もあるということです。
 この岩谷観音は幾つかのブログなどで紹介されているのみで、富津市のサイトでは一切紹介されていません。文化財指定の動きもあるようですが、基本的には史跡として扱われておらず、地元の方々によってのみ大切にされています。歴史も古く由緒もある貴重な歴史遺産なので、これからも大切に残していかれる事を望むばかりです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ