歴史的ビル建築

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

港区新橋(2)、汐留口の新橋駅前ビル地下飲食店街

港区新橋(1)、烏森口で立ち飲み屋巡り
港区新橋(2)、汐留口の新橋駅前ビル地下飲食店街
港区新橋(3)、SL広場のニュー新橋ビル
港区新橋(4)、汐留口の新橋駅前ビル1階〜2階
港区新橋(5)、SL広場周辺の飲み屋


新橋駅の東口に当たる汐留口は、ゆりかもめ新橋駅の向こうに汐留高層ビル群が聳えます。しかし駅前だけは再開発から取り残されたように、新橋駅前ビルが横たわっています。

IMG_0125

1966年竣工のこのビルは左手に一号館、右手は二号館となっております。確か20年近く前でしょうか、チャットのオフ会で一号館屋上にある汐留ビアガーデンに行った事があります。当時、トップレスビアガーデンとして昭和のお父さん方に人気で、ポリネシアンダンスショーの後トップレスのロシア人ウェイトレスさん達が各テーブルでチップをせがみ、1000円払えば顔を埋めさせてくれるという、今考えればとんでもない店でした。いかにも昭和な雰囲気ですが、残念ながら数年前に閉店したとの事。

IMG_0191

都営浅草線からJRに乗り換えようと階段を昇れば、右手に新橋駅前ビル一号館地下飲食店街があります。中のお店は基本土日休みで、特に日曜などはビル自体がシャッターを下ろしてしまいます。

IMG_0213

初心者はまずここから。入り口脇の立ち飲み「吟」は比較的入りやすい店です。向かいの「へそ」は新橋を中心とした小規模チェーン店なので、とりあえず吟に入店。

44E92ACF-1D31-484C-A446-E77DA00521B6

飲み物とともにレジ前の小皿料理をチョイスして前払いというシステム。アサヒ黒生380円、割り物300円前後、小皿料理基本的には300円。日本酒も浦霞や天狗舞を始め色々選べます。

C9B8D0B5-8667-46D8-899A-EB8C9CFA9164

カツオのタタキは脂が乗っており、チンした青海苔豆腐で落ち着く。食い物が美味いので、まず一軒目に立ち寄るって感じでしょうか。またその入り易さからもまさに「入り口」とも言えます。

IMG_0164

一号館のメインストリート。今どきたいした導線にもなっていない飲食店街で、シャッター下ろしている店も少なく、これだけ賑わっているところも珍しいです。

IMG_0162

もちろん飲み屋さんだけではありません。喫茶店もあればレストランや寿司屋も、さらに金券ショップまで。特にこのパーラーキムラヤさん、昭和の老舗洋食屋さんの雰囲気。

IMG_5311

店内も昔のまま。椅子なども修繕を繰り返し大事に使われているようです。

IMG_5312

ランチセットはナポリタンとピラフの二択にサラダと食後のコーヒー付き。ナポリタンはちょっとした辛味が食欲を増進させ、美味いです。

IMG_0219

その中のラーメン屋さんは普通に老舗の貫禄。飲んだ後のシメに寄りたい。

IMG_0216

ラーメン屋さんの脇を入って行くと、静かで狭い裏路地が。これがビルの地下街だってのが驚き。

IMG_0232

路地を抜け大通りに戻るところの両脇に「南」一号店と二号店があります。どちらも5〜6人しか座れないカウンターと、大通りにはみ出して置かれたテーブル席のみの小さなお店。

IMG_0230

二号店のカウンターから一号店を見たところ。おつまみやドリンクのほとんどは一号店で作られます。また、平日のランチタイムは500円のカレーを出されております。

IMG_0228

雰囲気的にもメニュー的にもバーと言った感じ。洋酒系メニューが豊富なのですが、個人的なおすすめはコーヒーハイ。金宮焼酎にコーヒー豆を一カ月ほど漬け込むという意外な発想で作られており、これがまた美味くてハマります。

IMG_0177

「南」の反対側にも裏路地があります。ふと覗いて見ればなんと流しが!今でも頑張ってらっしゃる流しの人は年々数が減っており、もはや絶滅寸前です。

IMG_0176

路地は「コの字」になっており元の大通りに戻って来ます。その途中にある立ち飲み屋「圭」さん。ちなみに左手に写っているロッカーのような物は「南」のような狭い店に貸し出されている倉庫のような物。

IMG_0168

さて「圭」さん。路地の両側にカウンターがあり一方に厨房、もう一方はカウンターのみ。

IMG_0173

生450円、割り物350円前後。新橋は築地が近いので海産物はどの店も新鮮。

IMG_0181

一号館に続き二号館地下を散策して行きます。都営地下鉄浅草線からJRへ乗り換える階段を昇り今度は左手。こちらは二号館地下飲食店街となります。

IMG_0182

二号館は一号館と比べて非常に狭く、路地裏しかないような雰囲気で、人通りも少なくひっそりとしています。

IMG_0183

路地は「中の字」と言いましょうか、ぐるりと一周出来る通りと真ん中を真っ直ぐ突っ切る通りがあります。その一番奥に店を出す立ち飲み屋「こひなた」。

IMG_0188

生390円、割り物260円〜、おつまみは一部を除いて200円。
串焼きや刺身などは無く簡単な惣菜系のみ。ご高齢のママさんと、インド人らしき姉さん二人、合計三人で切り盛りされてます。

IMG_0175

一号館二号館ともに気になる店はまだまだ沢山ありますが、引き続き開拓したらこの記事に加筆して行きます。ちなみに地上一階のも立ち飲み屋が数軒あったりして、なんともキリが無いです。

※追記 2017年9月

IMG_1160

こちらは新橋駅前ビル二号館地下の「蘭蘭」。

IMG_1161

そして最終的には新橋駅前ビル一号館地下の「南」に落ち着く。最近は飲まなきゃやってられないって感じでして、先日久々に新橋の『南』さんに行って来ました。まだ半常連と言った具合ですが、常連さんの顔と名前を覚えていけば常連として認められるかも。

IMG_1216

以前ここ。新橋駅前ビル一号館地下でチラッと見かけた流しのケンさんです。少しお話することが出来ました。

IMG_1211

若い頃は新宿ゴールデン街に居たこともあるそうですが、新宿の流しは最近亡くなられた方が最後。果たして現在、都内には何人の方が流しの商売を続けていられるのか。

IMG_1217

コーヒーハイと青汁ハイは相変わらず飲み易くてクイクイいってしまい、いい感じに酔ったところで近くのカラオケスナック「うめちゃん」へ。L字カウンターだけの狭い店内は、だいたい同世代の方たちばかり。70〜90年代の曲で盛り上がりました。

※追記 2018年3月

新橋駅前ビルの飲み屋はまだ半分も制していません。もっとも全店制覇するつもりなどありませんが。

IMG_2066

地下入り口右手の立ち飲み屋『へそ』新橋駅前店に立ち寄りました。

IMG_2067

セットがお得。帰りにちょっと立ち寄りたくなります。メインは串揚げ100円代。おつまみは240前後。飲み物は生450、割り物340〜。

IMG_2072

串揚げ5本の晩酌セットにプラス50円のサッポロ生で800円。お手頃です。

台東区浅草(3)、裏浅草界隈

 浅草橋での仕事が午前中で終わったので、浅草まで足を延ばしてみました。

image

 途中浅草の手前、蔵前に建つ、以前より撮っておきたかったタイガービル。昭和9年竣工で有形文化財にも指定されています。周辺の復興建築とともに戦火を潜り抜けて来た堅牢な建築物です。

image

 場外馬券場手前のホッピー通りは昼間から約半数の店が営業していましたが、どの店も観光客で満席となり大繁盛。一本裏の初音小路は競馬が開催されていない平日だったため、ひっそりとしています。

image

 その初音小路を抜けた先に建っているのが、浅草観音温泉。しかしなんと今年の2016年6月、ボイラーが故障しその修理費を捻出できないため、閉業となっていました。ここが目的で浅草に来たと言うのに、愕然とします。もう少し早く来ていれば!

image

『酒は大関』
『男は黙ってサッポロビール』
 某ブログに紹介されていましたが、ここは昭和まんまの姿で残っていたそうで、閉業されていたのが悔やまれてなりません。

image

 向こう側に浴室が有ったのでしょうか、ガラスブロックが悲惨な事になっています。ここは黒湯の冷鉱泉を加温して提供していたようなので、ボイラーが壊れてはどうにもなりません。

image

 仕方ないので温泉銭湯『蛇骨湯』へ。しかしなんと臨時休業。一旦気持ちが折れます。(笑)

image

 場外馬券場に戻り北側、浅草駅から離れていきます。裏通りに建つサウナ大番。新宿二丁目と上野にも支店がありますが、いわゆるアッチ系のサウナなのでノンケの人は間違っても入ってはいけません。裏浅草は新宿二丁目、東上野と並ぶ東京三大同性愛街の一つであり、ゲイバーなども多いと聞きます。

image

 何かネタが無いかとよく見に行ってるねりうまブログ様を覗いてみたら、非常に気になる写真が。写り込んでいるマンションをヒントに探し当てました。言問通りを越えた先にあった凄まじい廃スナック。

image

 その脇の路地にも廃スナック街が続きます。浅草周辺は主に東側と北側にスナックが散在しています。

image

 しかしこの辺りは特に終わってる感が半端ない。

image

 浅草のスナックは特に一区画に集中している事もなく、住宅街と混在しております。その軒数の多さたるや、浅草の奥深さを思い知らされます。

image

 碁盤の目のように路地が張り巡らされているため全てを歩き潰す事は難しいですが、何軒ものスナックが元気に営業されている区画もあります。全く警戒しない猫。貫禄があります。

image

 住宅街なので立派な銭湯、曙湯もあります。

image

 場外馬券場のウィンズ浅草へ戻ります。と思ったら違う!ここはウィング浅草だ!ここってノミ屋じゃね?www

image

 ウィンズ浅草の向かいに有った名画座跡(現在パチンコマルハン建設中・以前はアッチ系のハッテン場でもあった)の裏手の路地。ここに渋い安酒屋街を見つけました。ホッピー通りが観光地化され、ギャンブル親父達は何処へ追いやられたのかと思ってましたが、こんなところに安酒屋が残っていたとは。

image

 老舗感漂う立ち飲み『安兵衛』。いかにも浅草といった雰囲気の常連さんたちが陽の落ちる前から飲んでます。

image

 生400円、割り物250円〜、串物100円〜、アジフライ150円などなど。

image

 近くには角打ちもあります。酒屋オオタキに併設された立ち飲み『大瀧』。小瓶280円、割り物(25°)320円。ツマミは缶詰めや柿ピーなどの他に、コハダやお新香、冷奴などもあります。
 店内には撮影禁止の貼り紙が。とは言っても浅草のこの界隈は訳アリの人が多いので、どこも基本、店内撮影禁止です。トラブルなどが有ったのでしょう。

文京区小石川、下町の昭和建築物群

 本郷から坂を下りて、今度は都営三田線春日駅付近を散歩します。

image

 高台の下、いわゆる庶民の住む下町は関東大震災と東京大空襲、二度に渡って焼け野原となりました。狭い路地を入れば戦後建築と思われる木造建築がそこ此処に残っています。

image

 路地を迷いながら歩いていると、いきなり井戸なんか見つけて嬉しくなります。防火用水と書かれていたので、生活用水としては既に使われていないのでしょう。

image

 前回の本郷の記事より樋口一葉繋がりの流れで、終焉の地の石碑を見つけたりしました。現在は巨大なマンションとなっています。

image

 小石川の流れていた谷底は現在の千川通り。協定上高い建物が建てられない高台と違って、中高層マンションが多く建てられています。そんな中、商店街を形成していた長屋のような一角も残っています。

image

 本郷の木造建築とは明らかに違って、バラックに近い木造建築。まさに山手と下町と言った感じ。

image

 千川通りは別名共同印刷通りとも呼ばれていますが、この共同印刷の建物もかなり古く、写真の一号館は昭和10年造。

image

 こちらの九号館は昭和8年造。この建物の外壁に等間隔で設置された共同印刷の蛍光灯看板がカッコいいのです。またこの近辺には共同印刷の下請けの印刷工場が多くあります。多いと言っても近年ではネットの普及に伴い印刷業界そのものが衰退しているため、潰れてしまった工場も多いようです。

image

 共同印刷から東へ少し入れば広大な小石川植物園となります。その脇で、何やら団地のような建物が解体されようとしています。ここは恐らく小石川植物園の敷地に入り込んでいるので、植物園を管轄する関係の宿舎か何かでしょうか。

image

 印刷工場で働く労働者などが集まっているのか、やはり高台の上の本郷とは明らかに街の雰囲気が庶民的なそれへと変わっています。

image

 春日駅近くは商店街として賑わっております。すっかりビルだらけとなってしまった商店街ですが、昔の看板建築のままな店も数軒残っています。

image

 さらに下って行けば丸の内線後楽園駅。起伏の多い地域なので、地下鉄が地上に出てしまう区間も多くあります。

IMG_20151121_082953895

 後楽園駅北口にある礫川公園。その公園内の植え込みを入って行くと、旧日本帝国陸軍東京砲兵工廠の試射試験場という地下施設跡がひっそりと佇んでいます。

IMG_20151121_083013787

 こちらの物件、以前帝都を歩くさんで紹介されていた記事を読み、去年の夏頃通りすがりにスマホで写真を撮っていました。こういう、誰にも知られていないディープな物件、大好きです。

静岡県熱海市(6)、坂の途中の建築物と廃墟

 熱海はとてもじゃないけど一日では周り切れません。というわけで再訪です。最近は掲載する写真の点数を絞らず増やすようにしているので、記事の数も多くなってしまいます。

IMG_1238

 山の上の熱海駅から海沿いの市街地へ、何気なく坂を下りてゆく途中にも、実は凄まじく古いビルなどが多く残っています。

IMG_1174

 山沿いを通り来宮へと抜ける道に入るところに建っているビル。かなり年季が入っています。

IMG_1241

 建設の困難な傾斜地に4〜5階建の雑居ビルが軒を連ねています。しかも土地を有効に活用しようと道路のカーブに合わせてビルも弧を描いています。現代でもそうかも知れませんが、当時の建築技術ではさぞかしお金も技術も必要とされたのではないでしょうか。昭和40年代辺りでしょうか、それだけ最盛期の熱海は凄かったのだと想像が出来ます。

IMG_1299

 海沿いの市街地、銀座通り商店街で見つけたミカンの自販機。夏場は何を売ってるのか気になる。

IMG_1292

 熱海は比較的建設の新陳代謝が良く、廃墟化する前に解体する事が多いようです。上の写真は市街地のド真ん中、渚町に残る廃ビル。

IMG_1270

 市街地を抜けて南端、熱海城の下まで行くと、崩壊している廃墟があります。いつ閉館となったのか不明ですが、熱海海浜ホテルと書かれた看板が確認出来るこの物件、相当な年月の間放置されていたのでしょう。

IMG_1272

 凄まじいのがこの崩落っぷり。足場が組んであるので一度は解体しようとしたのでしょうか、しかし足場は錆びメッシュシートは風雨に曝され所々剥がれ落ち、崩れ落ちたベランダのガラを辛うじて支えているのみ。歩道の上の落下防止の仮設材(通称アサガオ)があるものの、熱海市の土木課が通行止めにして警備員も二人常駐させている様子。ホテル、地権者、不動産業者、解体業者、ことごとく逃げてんじゃないかと。

IMG_1273

 更に奥へ進むと、一階がお土産屋さんで二階から上が集合住宅、だった廃墟があります。

IMG_1278

 ここは熱海市街地の南端で行き止まりとなっており、初島や大島へ向かう船の埠頭と、熱海秘宝館や熱海城へ昇るロープウェイ乗り場しかありません。秘宝館はいつ無くなるとも知れないので行ってみたいのですが、行ったら行ったで面白くて半日は潰してしまいそうなので、今回はパスです。

IMG_1277

 埠頭に出て振り返ると熱海の市街地が一望できます。昭和の時代はよく百万ドルの夜景なんて言われてましたが、今ではその多くがリゾートマンションに埋め尽くされ、夜は真っ暗になるとか。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

静岡県熱海市(1)、昭和の熱海、竜宮閣・日航亭大湯
静岡県熱海市(2)、観光産業の光と影
静岡県熱海市(3)、今に残るカフェー建築
静岡県熱海市(4)、来宮の山沿い〜山田さんちの山田湯
静岡県熱海市(5)、2015年末で閉鎖される水口第一第二浴場
静岡県熱海市(7)、旧赤線地帯再訪〜渚町
静岡県熱海市(8)、龍宮閣に再訪・福島屋旅館・駅前浴場
静岡県熱海市(9)、山にめり込むヘアピンカーブ
静岡県熱海市(10)、熱海花火大会2019〜熱海パサニアクラブ

長野県上諏訪(4)、ビジネス旅館と共同浴場

 前回、大和温泉しか寄れませんでしたので、改めて巡ってみました。と、言っても上諏訪二カ所に下諏訪一カ所。計三カ所です。

 上諏訪駅の湖畔側出口から左前方に、そこそこ軒数の多い飲食店街があります。夜だったので写真撮れませんでしたが、かなり香ばしい建物が軒を連ね、スナックがやたら多かった。そんなスナック街を抜けた先、非常に目立つ大型マンションの裏手に共同浴場『衣温泉』があります。

IMG_0967

 川沿い、橋の袂の接骨院向かいにあるこの共同浴場は、なかなか鄙びた木造建築。建物脇のタンクは温泉を備蓄するための物でしょうか、たまに民家の脇にも見かけます。もともと諏訪の温泉は組合に管理されており、複数の源泉を混合させ公平かつ安定に供給されるようになってます。

IMG_0969

 入り口の薄暗さが地元感を演出しています。

IMG_0970

 向かいの民家の窓が番台のようになってますが、食事中みたいだったので入浴料の200円を置いておきました。

IMG_0971

 その民家の方が掃除などされているのか、中は清潔に保たれています。

IMG_0973

 浴槽のタイルで深緑に見えますが、お湯は大和温泉より透明に近い薄緑色の単純硫黄泉。ぬるめに熱めと浴槽が分かれてますが、どちらも熱い。お湯はサラサラで微かに硫黄臭。湯上がりはかなりホカホカになりますが、そのぶん夜風が心地良い。

IMG_0975

 源泉が熱いため湯口は普段閉められており、入った時にお湯を出して掛け流しにしているようです。その際、浴槽の底まで伸ばされた排水パイプから溢れるお湯が流れ出るようになっており、常に新鮮なお湯に入れ替えられるよう工夫されています。先々週訪れた草津のペンションはぎわらさんとは逆の方式で、よく考えられた湯使い。

 湯上がりにビールという事で、駅まで続く飲み屋街の中にある一軒の居酒屋『大五郎』で夕食。地元民しか入らなさそうなその店で出されたのが、コレ。

IMG_0978

 鶏の半身あげ。B級グルメの通称『山賊揚げ』です。この大きさと格闘しながら、昔時計工場で働いてらっしゃったという女将さんから、諏訪湖が溢れた時の話や諏訪地方の景気の話など色々と伺いました。半身揚げ一本とビールと日本酒で二時間ほど過ごしたのに一人頭2000円。安い!

IMG_0979

 宿泊は駅から甲州街道を渡り路地を少し入った所にあるビジネス旅館『稲本館』。駅から歩いて1分という近さで温泉まで付いているのに、ネットなどではあまり紹介されていない穴場の宿です。

IMG_20151016_084728701

 建物はかなり老朽化が進んでおり、全体的に傾いています(笑)。でも、こういう宿が大好物なんです。折りしも諏訪圏工業メッセという大きなイベントがありどこの宿泊施設も団体客で満室となっていた中、二日前でも予約が取れました。
 本当は今年の夏、諏訪湖の花火大会に来たかったのですが、上諏訪中の宿がどこもおよそ十年先まで予約でいっぱいとなってました。この稲本館も五年くらい予約が詰まっており、毎年花火大会に来る人には永久予約している人も居るとか。つまり部屋が空くのは花火の常連客が死んだ時だそうです。
 辛うじて部屋が空いている宿もありますが、花火大会特別料金として10万円。今年は最高値で70万の値が付いたとか。とんだボッタクリ、ていうかすでに異常です。

IMG_20151014_183202571

 お風呂は狭い浴槽のおかげで加水無しの源泉掛け流し。単純温泉のお湯はあまり特長を感じられないものの、多少刺激もあってとても気持ちいいです。これで素泊まり3500円は有り難い。

IMG_0956

 上の写真は駅前デパート跡の裏手にある『精進湯』。こちらも外来者が入れる数少ない共同浴場の一つですが、時間の都合からスルーしてしまいました。

IMG_1008

 こちらは諏訪湖の湖畔、高級旅館が建ち並ぶ中でやたら存在感のある日帰り入浴施設『片倉館』。

IMG_20151015_192856570

 この建物は絹製品で財を為した片倉財閥が建てた共同浴場で、昭和3年竣工の洋館は市の文化財建築となっています。

IMG_20151015_192937745

 二階は食堂となっていましたが、残念ながら営業時間が終了していました。建物の各所にはステンドグラス、レリーフ、石膏像なとがあしらわれており、まさに大正ロマン。

IMG_20151015_193035550

 文化財指定されているためか、細かい所まで当時のまま保存されており、目を楽しませてくれます。

IMG_1016

 広い浴室は、なんかテルマエ!(笑)
 浴槽はかなり深く、底には玉砂利が敷かれており、利用者は淵に巡らされた段差に腰掛けて浸かります。お湯は加水された上に循環濾過されたもので、正直浴感は分かり辛いです。しかし、この見事な建築物のお風呂に浸かれるだけで充分価値があると思います。なんと言っても楽しい。

 江戸時代の温泉番付では横綱の草津、関脇の那須に次いで小結だった諏訪温泉。現在、温泉地としての知名度はだいぶ低くなってしまいましたが、精密機械工業地帯としての発展の影で、観光地としての衰退があったのかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ