朝鮮部落

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

港区芝浦(3)、高浜橋バラック群の終焉

港区芝浦(1)、高浜橋バラック群とホルモン
港区芝浦(2)、再訪、高浜橋周辺の再開発
港区芝浦(4)、高浜橋ホルモンはるみは閉店してなかった!

 ずっと行こうと思いながら、およそ二年前の2014年1月を最後に訪れていなかった高浜橋。もう立ち退いてしまっただろうと半ば諦めながらも確認しに行ってまいりました。

IMG_1536

 着いてみれば、やはりと言うか、一縷の望みは見事に打ち砕かれてしまいました。

IMG_1537

 かつて何度か通った楽しい酒の想い出は柵の中。すでに無人となってしまったのだと思い知らされます。

IMG_1538

 建物こそ残っているもののホルモンはるみの看板は取り外され、closedのプレートが虚しく掲げられていました。

IMG_1540

 道路の反対側ではすでに高浜橋の仮設橋梁設置工事が始まっています。

IMG_1539

 はるみ側の数軒残ったバラックも近々取り壊されることでしょう。

IMG_1543

 品川周辺の再開発特区の話題は、最近特に取り上げられています。品川~田町間の新駅、品川駅北側のバスターミナル建設を含めた再開発、旧品川車両基地から羽田方面へ向かう専用線の羽田空港までの延伸計画、そして目玉は、品川駅地下に出来るリニア起点駅。
 明るい話題として街の発展ばかり取り上げられている中、また一つ古き良き物が消えてしまいました。はるみのママさんは、そして陽気な常連の方々は、今どこへ消えてしまったのだろうか。

※追記 2018年1月再訪

IMG_1991

 およそ二年の月日が経ち、たまたま近くに勤務となったので跡地を訪れて見ました。現在高浜橋架け替え工事のため旧海岸通りは仮設の橋に迂回させ、橋脚の基礎工事を施工しております。バラック建築物郡は全て解体され、その面影は完全に無くなっていました。


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

江東区枝川、朝鮮人居留地(改訂版)

【お詫び】
 枝川の記事は以前より公開しておりましたが、撮影地について私がとんだ勘違いをしてました。地図を頭に入れて訪れたのですが、朝鮮人居留地だった枝川一丁目を訪れるはずが手前の埋め立て地である枝川二丁目を歩いてました。今まで間違った情報(画像)を公開していた事を深くお詫び申し上げます。今後同じようなミスを犯さぬよう、住所をしっかりと確認するよう心掛けます。
 なおこの記事は以前公開していた文章に多少手を加え、画像については2015年1月22日に再訪し改めて撮影したものです。


 この街は1940年、大平洋戦争に伴い幻となった東京オリンピックの誘致のため、会場確保の名目で江東区内在住の朝鮮人約千人が移住させられた土地であります。

IMG_20150122_154108883

 ここは川崎池上町などのように不法占拠して住み着いた土地とは違い、区画整理が整然と為されており、車道もちゃんとした広さを保ってます。

IMG_20150122_153655993

 しかしその車道は外周と中央を貫く部分のみで、内部は非常に狭い路地が碁盤の目のように張り巡らされています。

IMG_20150122_154741258

 運河を隔てた向かいは旧夢の島(現在は江東区清掃工場)であり、昔は衛生面においてかなり劣悪だったとか。

IMG_20150122_155602648

 この枝川が注目を浴びてしまったのは2003年、東京都(石原前都知事)がこの地に建つ朝鮮初等二級学校に対し、土地無償賃与の期限の切れた1990年以降の土地使用に対する賠償額4億円を請求する裁判を起こした事からであります。この裁判は2007年3月、学校側が1億7000万の土地取得金を支払う事で和解しました。ちなみに映画『パッチギ』の続編の舞台もこの学校です。
 枝川を調べるとこのような裁判や事件ばかりが目につきますが、あくまでも『ひとつの出来事』に過ぎず、当然ながら別にしょっちゅう揉めてる訳ではありません。差別する者は往々にして、突っつくネタを見つけては自らの立場を正当化しようとするもの。個人的には、そのように感じます。

IMG_20150122_153804942

 このような歴史や在日問題はさておき、この街を歩くとその辺の下町となんら変わらないのが分かります。新築住宅が多い中、昔の面影を僅かに残すバラック建築が点在しています。

IMG_20150122_154005944

 ただ残っているのは木造建築では無くことごとくトタン板であります。

IMG_20150122_154159779

 朝鮮学校の他、韓国物産店と焼肉屋が数えるくらい存在しており、辛うじて朝鮮人街である事を伺えますが、運河を渡った先には再開発された豊洲の高層マンションが建ち並んでおります。ひっそりと人知れず埋め立て地の果てで暮らして来た在日の方々の生活が、将来開発の波に呑まれて行くのではないかと思わずにはいられません。

IMG_20150122_154417857

「あぶないから、はいらないでください」
 知ってます。

IMG_20150122_154454875

 次回はぜひ、枝川に焼き肉を食いに来てみたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

神奈川県横浜市、神奈川区、市場食堂~ドヤ街、朝鮮部落

IMG_3864

 横浜の北、京急神奈川駅から海に出れば横浜中央卸売市場があります。

IMG_3869

 ここは市街地の外れの工業地帯にあるため、築地のような雑然とした感じや古さは無く、閑散としております。‌‌

IMG_3866

 卸の店舗などが入った建物の一角に食堂街はあります。‌‌

IMG_3865

 早朝は賑わっているのでしょうが、昼休み時は市場職員と観光客のみ。‌‌

IMG_3887

 店の奥には魚が乱雑に積まれております。先週は地面にマグロが転がっていました。‌‌

IMG_3886

 大間のマグロ定食。高級なためか意外とボリュームは少なめ。とは言え、最高に美味い。‌‌

IMG_3923

 市場周辺には卸業者の建物が集まっているのですが、バラック建築が非常に多いです。‌‌

IMG_3926

 市場をぐるりと迂回するように流れる滝ノ川を見ると、川に競り出した水上バラックの群れ。‌‌

IMG_3922

 滝ノ川は埋め立て地を直線的に流れる運河の役目を果たしていた川です。映画『カイジ2』のロケ地になってたりもします。

IMG_3920

 埠頭も近いため、港湾労働者の町でもあった事を簡易宿泊施設が物語っております。つまりドヤ街。寿町ほどではありませんが。

IMG_3927

 滝ノ川を遡り第一京浜を越えると、土橋という小さな橋があります。この橋、どうも鉄道橋に見えてしまうのですが、廃線跡でしょうか。

IMG_3929

 滝ノ川を京急線が跨ぐあたり、ここにも川に競り出した水上バラックがありました。しかしよく見れば教会が紛れています。建っている土地も道路と川に挟まれた空白地帯のような狭い場所。

IMG_3931

 川沿い、線路沿い、教会、これらの条件を考えると、朝鮮部落を思い出してしまいます。真相は謎ですが、戦後のどさくさに紛れて不法占拠した建物ではないかと。

IMG_3934

 特に真ん中の建物などは脚が腐り、川に落ちかけています。

IMG_3933

 その建物を正面から見ると、かなりのけ反ってるのが分かります。別に廃墟ではなく、人が住んでいるのが驚き。
 ともあれこの界隈は非常に内容の濃いい街です。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

神奈川県小田原市(3)、板橋市営住宅~朝鮮部落

画像 070

 少し歩けば防波堤の役割をしている西湘バイパスを隔てて相模湾。やはり小田原は海辺の街です。‌‌

画像 108

 早川築港。小田原の水産加工産業を支える大きな漁港です。‌‌

画像 109

 築港の白灯台が小田原提灯になってた。ちょっとかわいい。‌‌

画像 114

 早川を隔てて西側は早川町となりますが、こちらは一気に漁村といった雰囲気となります。‌‌

 東海道線の線路を潜り、箱根の入り口とも言える板橋地区まで来たところで、何度かテレビなどでも紹介されている板橋の駄菓子屋を見つけました。‌‌

画像 097

 てっきり昔ながらの駄菓子屋が今も残っているのかと思いきや、土日祝日のみ営業という貼り紙からも分かる通り観光客向けに作られた物です。建物は『ジュエリーシマノ』だったビル。‌‌
 このジュエリーシマノ、かつては小田原屈指の宝石商でした。潰れていた事にも驚きましたが、まさか『懐かし屋』などと言う名前で話題になっていようとは。‌‌
 挨拶出来ない者の入店を禁ずるとか、偉そうな事ほざく割にはただの観光客目当ての商売じゃないか。そもそも昔ながらの駄菓子だけだったら、ナンジャタウンでも買える。まぁ地元に観光客を立ち寄らせようと言うのは、別にいいですがね。‌‌

画像 128

 箱根登山鉄道箱根板橋駅舎。こっちは本当に古い。‌‌駅名に箱根と付きますが小田原市です。

画像 102

画像 105

 板橋の駅の裏手にある市営住宅。築半世紀という、都内じゃ絶滅してるような古い団地。‌‌

画像 106

 裏手は勝手にバラックを建てて増築している。‌‌

 板橋と風祭の間、国道1号線から見て早川の対岸。川と西湘バイパスとの間に韓国人会館と何かの工場、そこに広がるバラック群があります。‌‌

画像 124

 川向こうの住宅街からは西湘バイパスがコンクリートフェンスとなって見えず、国道1号線からも道路と川の間を跨いできた線路が視界を塞ぎ、電車からも川沿いの住宅の影で見えず。板橋の交差点から箱根ターンパイクへ向かう橋からも早川を渡る西湘バイパスの影になって見えない。これほどにまで巧妙に人目を避けられる場所は、そう無いです。‌‌
 
画像 127

 確かに電車やバスからは早川の向こうに韓国人会館の大きな看板を見つける事ができるのですが、その場所へ辿り着くのが至難の業なのです。‌‌

画像 126

 川崎市戸手四丁目無番地‌‌もGoogleEARTHでなければ発見できない代物でした。また、‌‌川崎市池上町‌‌も首都高と公園と貨物線という三重のガードと、その向こうには工場しかないという先入観によって隠されていました。‌‌
 戦後のドサクサに土地を不法占拠して住み着いた訳ですが、この隠れ里っぷりは、余程の差別や迫害の歴史を重ねて来たのだと想像できます。‌‌
 しかし上の写真をよく見ると、バラックの床下部分が恐らくは増水した川の濁流でごっそり削ぎ落とされたのであろう跡が見えます。地盤が見事に崩れている。‌‌

画像 116

 今回その部落の入り口まで行きました。しかし中は未舗装の細い道が一本あるのみで、たまたま通りすがったなどという言い訳も通るはずもない。さらには、その部落から出て来た男がずっと私の方を見ている。‌‌
 悔しいけど内部の撮影は断念しました。いや、話せば撮らせてくれるかも知れませんが、あまりにリスキーだ。ww‌‌
 在日の方々にはコリアタウンを形成して地域に溶け込もうとする人々以外に、日本人との接触を拒むかのように隠れ住む人々がいます。現代でもまだ日本中のあらゆる所に、人知れずひっそりと暮らす人々がいる。‌‌
 ちなみに私自身差別意識は全く持っておりません。飲み屋でたまたま出会った在日の人と仲良く話したりもしますし、もっと理解を深めたいとも思っています。‌‌

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

港区芝浦(2)、再訪、高浜橋周辺の再開発

港区芝浦(1)、高浜橋バラック群とホルモン
港区芝浦(3)、高浜橋バラック群の終焉
港区芝浦(4)、高浜橋ホルモンはるみは閉店してなかった!

 2014年1月、何度か通っているホルモン屋「はるみ」へ約10ヶ月ぶりに訪れました。すると辺りの様子がすっかり変わっており衝撃を受けました。高浜橋の架け替え事業を名目にバラックの多くが取り壊されているのです。ママさんはウチは大丈夫と言ってましたが、やはり私は危機感を覚え、仕事が早く終わった月曜の昼間、撮影に行ってきました。
 この土地は最初、戦時中のドサクサで朝鮮人や日本人の貧困層の人々が住み着いた土地でしたが、運河を挟んだ対岸にある下水処理場の悪臭など劣悪な生活環境だったため放置され続け、つい最近までバラック群が残されていました。しかし再開発の波は、旧海岸通り沿いというこの辺鄙な場所にまで押し寄せております。

IMG_4253

 東京都により、橋梁を大型トレーラーの通行にも耐えうるようにと、高浜橋を架け替えるというのが名目のようです。

IMG_4254

 しかし道路拡張とは関係のない、周辺のバラック群の全てが対象範囲に含まれています。

IMG_4256

 住民たちが一致団結し立ち退きに反対していれば、少しは状況も変わったかも知れません。しかしお金の無い家々は、貧困故に保証金を積まれてあっさり明け渡してしまったそうです。

kakou1c

 2011年と現在です。奥では住友不動産がタワーマンションを建設中。

IMG_4262

水道管を取り込むように無理やり建ててた家も解体されてしまいました。

kakou2c

 唯一ホルモン「はるみ」のオーナーだけは抵抗を続けていますが、東京都は依然立ち退きを迫っております。

IMG_4257

 確かに最初この土地は、戦時中のドサクサで朝鮮人や日本人の貧困層の人々がある意味不法占拠してきた土地かも知れません。しかし対岸にある汚水処理場の悪臭による劣悪な生活環境や、駅からも遠くスーパーやコンビニも無いような不便な土地だったため放置され続けていました。ではなぜ、今なのか。今回、偶然にもホルモン「はるみ」と奥の焼肉屋(通称シーパラ)のオーナーの方とお話できました。
 まず、JR品川車両基地の廃止と再開発に伴い、品川~田町間に山手線京浜東北線の新駅が建設される計画があります。さらに、高浜橋の近くを走る新幹線車両基地への専用線が羽田空港まで延伸される計画もあります。それに併せ東京都は付近一帯を再開発特区としたそうです。
 オーナーは立ち退きに反対し、どうにか抵抗してくれています。引っ越すと言ってもこの辺りでは地価が上がり行く宛ても無いのです。
 バラックでも常連さんたちはいい人ばかりで、いつも私たちの個人的な心配をしてくれるママさんの人柄も優しい。残念な事にこのような店が消えてしまいそうになっているのです。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ