映画館

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

千葉県八街市、駅前商店街と映画館廃墟と

八街。ヤチマタと読みます。確か小学校の社会科かなんかでこの地名に触れたような気がします。落花生の生産高日本一ですし、茨城野菜の流通に於ける交通の要衝でもあります。

4C51654D-B74F-4AD6-8CB7-85146B97209F

田畑に囲まれた街は閑散としており、古い建物が解体された跡と思われる空き地がそこら中に広がっています。

4B3F7DF0-7A4A-4F10-88C9-AB41DBF285E3

駅を降りればいきなり渋い長屋、駅前商店街がお迎えしてくれます。

95F11883-A7A1-40EB-B595-A234FB87F186

八街駅南口から線路沿いに東へ伸びる商店街。二階建ての長屋のような造りが左右に連なっています。

D2B13A23-344C-4B41-ADC4-F800462557E2

祝日の午前中だったので開いてる店舗はありませんでしたが、時短営業や臨時休業の張り紙が散見される事から、生き残っている店舗も多くありそうです。

29B9D566-7AC2-48EA-B3DB-F4200C00079A

商店街の外側、線路とは反対側の様子。八街に限りませんが、空洞化によって客足は郊外の幹線道路沿い商業圏に奪われています。

0D7127CC-CF7C-4640-BAFE-7F32AFAEFD9B

途中千葉銀行を挟んでさらに東へと伸びる長屋。統一された外観ですが、かなり大規模な商店街だったことが伺えます。

16E763F3-51DA-469B-ADE8-3BF835435E4F

駅前で唯一営業していた蕎麦屋さんで昼食。かつては駅前も相当賑わっていたと思われますが、えげつないくらいの衰退ぶりです。

A8FF9BBC-F72D-45CA-BB25-8C6CA33F92AB

創業明治27年と言う老舗のお蕎麦屋さん。建物も素晴らしいですが、もちろん味も美味しかったです。

8AB1EE57-2889-4524-8557-872660A8C542

街並みは歯抜け状態を超えて古い建物が孤立状態。まず無料駐車場が無ければ商売が成り立たないのが現状でしょうか。

A090720C-E459-49FB-BB99-39C7ED98B932

かつてはこのような建物が通り沿いに延々と立ち並んでいたのでしょう。しかし立て替えることもなく解体してそのまま空き地となっているのが目立ちます。

3FA51BD6-31C3-4B3D-8B3E-9962913FCD50

さて今回の目的地はここ。駅前商店街からさらに東へ向かった先に残る八街銀映跡。

E6BB4A62-ADC6-4E98-A91E-FCB80F9493F1

なんとも迫力のある映画館の廃墟です。

AFA02947-57DA-4B85-925C-9BF6607CE548

青い豆タイルがびっしり、ほとんど損傷なく残っています。入り口右手の小窓は券売所でしょうか。

04678264-DA0F-4C49-A1ED-2B9E65A7C5B6

この八街銀映は昭和25年開館。かつてこの近辺は八街銀座と言い賑わっていましたが、大火で一帯が全焼。そのまま廃れて昭和50年代後半には閉館となったとか。ちなみに銀映、または銀映劇場という名前の映画館がかつて全国的に存在したと確認できますが、その関連性については一切不明。唯一伊香保にストリップ劇場として銀映の名が現存しますが、そちらとの関係も不明。

E7F0AA18-5E78-4E61-959D-4884E3E20E51

その向かいには商店街の跡らしきものも残っています。

B6392D4B-4278-4AB2-97E3-D609195519CD

すでに廃墟化してますが、煙草屋の跡は確認できます。

94A2F84D-FD28-4032-A1D5-1C72E08B77F4

この並びの一番奥は突き当たりのように見えます。しかしGoogleマップの空撮で見ると屋根が奥まで伸びている事が分かります。

BF9FE409-AC5B-4E55-BA77-787A8E45702D

迂回して反対側へと廻ってみます。すると映画館裏手にも飲食店街跡らしきものが。

E9193573-ABFE-4169-9CEC-51E4E0A5D017

映画館の真裏はこんな感じ。木造モルタルである事か分かります。

2201C604-1975-4F14-8923-A60F9BF8FE98

映画館正面の右手奥は私有地で人が住んでいらっしゃるようでしたので入れませんでしたが、隣接する建物を裏手から覗き見ることができました。恐らくは映画館と同時に建てられた関連する建物かと思われます。

61FC5758-1A14-4049-9241-76CD030199F3

映画館の向かいから南側に伸びる屋根の一番奥へと回り込みました。背の低い、なんだか不思議な建造物です。ちょっと覗いて見ましょう。

438D9CD1-01DB-4797-BD5D-943C61837C35

なんだここは!
商店街?

D3637F03-C68D-4B0E-AFB4-CBD9FF5ADE41

床が半地下みたいに下がっているのでしょうか、それにしたって天井が低い。

5BDBA1FB-1320-4B22-AF76-A898DB71B265

脇から覗いて見たところ。古いポスターなんかが貼られていますが、長い間倉庫かなんかとして使われていたのでしょうか。

B620F593-2D16-4712-BFE1-430C49427576

なんたって外観がこの低さです。大谷石の外壁に木造アーケード。こんな建造物見たことない。
おや?一番奥に扉が……

95766AAB-F08B-4A6B-8205-B0E378CF952B

開くんかい!ww
さすがに不法侵入になると思い入りませんでした。廃墟というか、倉庫として使われているようだったので。
今回の八街はインスタでフォローしてる方の写真を見て知り訪れて見たのですが、いかんせんネット上に情報が無く不明な点が多いです。市役所などで調べた方がいいのですが、なかなかね。

栃木県足利市(2)、気になる路地と映画館跡

これまで栃木県栃木市、佐野市、群馬県太田市、桐生市と、関東平野北東部の都市を巡って来ましたが、今回は足利市です。

IMG_2974

JR足利駅の前にはEF60が雨晒しで保存されています。この機関車は1964年9月26日完成で米原や岡山など、主に関西方面の貨物列車牽引で活躍していました。なにげに鉄道の歴史の中では名機と言えます。

IMG_3077

渡良瀬川を挟んで南に東武伊勢崎線の足利市駅、北にJR足利駅がありますが、中心街は北側。東武足利市駅とその中心街を結ぶ昭和11年開通の中橋は見事なアーチ橋です。

IMG_3019

市街地を東西に貫く中央通りは交通量も多く、観光名所の足利学校などもあり栄えています。

IMG_3020

歴史の教科書にも載っている足利学校もスルーすれば、鑁阿寺(ばんなじ)も遠目に眺めてスルー。

IMG_3017

むしろその向かい側にある敗退的な光景に胸をときめかす。はい、変態です。

IMG_3021

東武足利市駅から鹿島園方面に向かうバスの車窓から発見した怪しい路地に向かいます。時刻は既に三時半過ぎ。これから急ぎ足で探索を始めます。

IMG_3022

なんだここは。と、つい口に出してしまった。

IMG_3024

振り返ってみました。赤線跡でしょうか、普通に貴重な木造建築がもんじゃ屋さんに使われています。

IMG_3028

今回の目的地の一つ、廃業映画館。足利東映プラザ映画館です。入り口のアーチが素晴らしい。

IMG_3032

1999年閉館。その後イベントや映画のロケ地などで利用されており、完全な廃墟とは言えません。

IMG_3036

併設されている建物には飲食店がいくつか入っていたようですが、見たところ現在では一軒も営業していない様子でした。

IMG_3030

料亭っぽい建物もちらほら。三業地の名残りかこの雪輪町界隈はかつて遊郭があったそうです。

IMG_3039

当時の建物かの判断は難しいのですが、花街であったのは確かです。
続きます。

群馬県高崎市、中央銀座商店街

 高崎は以前より群馬に旅行した帰りなどに立ち寄り、西田酒店で新潟の地酒『緑』を買って帰るのがお決まりのコースでした。ただいつも駅前周辺を通り過ぎるばかりで、市内をちゃんと歩いた事はありませんでした。

IMG_0551

 西田酒店は高崎駅西口から駅前大通りを進み田町通りを左手に曲がって少し歩いた所にあります。この店は店主が全国からこだわりの酒を仕入れており、たまたま私が一番好きで東京ではなかなか手に入らない緑川酒造(新潟県魚沼市)の『緑』が置いてあった事から通うようになりました。

IMG_0553

 目的の日本酒を手に入れた所で、城下町でもある旧市街へと向かいます。駅前大通りから突き当たる田町通りを今度は右手へと進みます。群馬は自動車大国のため道路も広く、歩く人が少ない。古い建物を解体しまくり歯抜け状態となった土地も、ことごとく駐車場と化しています。しかもしっかり車で埋まっている。

IMG_0559

 さて今回の目的地、中央銀座商店街にやって参りました。ここは私が尊敬する幾つかのブログでも紹介されている、終末商店街です。

IMG_0561

 すっかりシャッター商店街となったアーケードは、猫一匹歩いていません。逆に時折小型トラックや乗用車が我が物顔で通り抜けて行きます。

IMG_0563

 軒を連ねる商店の外観は、70~80年代を思わせる懐かしい造りが多く残っております。

IMG_0564

 しかし営業を続けている店は僅か。そしてアーケードにも関わらず、解体された跡地を利用した駐車場がこんな所にまで進出して来てます。

IMG_0568

 そしてアーケードは途中から突然屋根が無くなってしまいます。なぜ鉄骨だけになってしまったのか。その光景は廃墟マニアが喜びそうなほど敗退的。

IMG_0569

 駅から離れるごとに、どんどん酷い事になってゆく。

IMG_20150516_123152281

 そこに堂々と姿を現したのは、映画館『オリオン座』の廃墟。

IMG_0572

 その昔、地方都市の映画館ではオリオン座という屋号が意外と多かった。

IMG_0573

 入り口には廃業当時に公開していた映画のポスターが貼られたまま放置されています。まさに時間が止まった状態。

IMG_0575

 中央銀座商店街を奥まで進み左手裏側の路地に入ると、柳通りという一画に入ります。路地裏に入ればスナック街。

IMG_0576

 しかしここも死に体で、廃業した店が多くを占めていました。

IMG_0580

 さらに奥、高崎城跡に近づいてゆくと、柳通りという名の通り料亭などが目につくようになります。

IMG_0583

 店を閉めてしまった所も多くありますが、見事な木造建築が残ってたりもします。

IMG_20150516_132343370

 中央銀座商店街を抜け、一通り探索を終えたところでランチタイム。たまたま見つけたTIN'Zバーガーというハンバーガーショップに入りました。

IMG_20150516_131204113

 これがまた、やたら美味い!
 香辛料を練り込んだパティにはハラペーニョかなにかが入ってて、ピリッとした後味。コーラもビールも合いそうです。唯一の誤算はアイスコーヒーを頼んでしまった事。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ