日帰り入浴施設

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

埼玉県の日帰り入浴施設

昼間っから飲める老舗の大衆食堂兼大衆酒場、いづみや本店が大宮駅の駅前に生き残っています。立ち寄ったのは4回目ぐらいかな。

4347014F-F550-459A-AC0D-F204F8D8C187

仕事が早く終わり、暇を持て余す。

B1250359-197B-4800-8140-0E8C4E1C2A05

焼きそばがうめぇ。超うめぇ。この後どうしようかと飲みながらGoogleマップを開く。そうだ、温泉に入ろう。

DA372FA2-598F-46A8-8796-E72F92647A15

と言う訳で大宮から浦和美園行きのバスに乗り山村バス停で下車。Googleマップにいざなわれれば何とも長閑な風景。こんな所に温泉は有るのかと、ちょっと不安になる。

53CD60E9-D294-4906-A0F0-D9A12BE6B2FB

10分歩くとありました。日帰り入浴施設の見沼天然温泉小春日和。後で知りましたが北浦和駅から送迎バスが出てるそうです。

7E5056EE-2EB8-42B3-9959-A2BF710765C0

平日850円、日曜祝日950円。基本的には車で来る方がほとんど。以前、愛読書の温泉批評という季刊誌で紹介されており、チェックしていました。

02ADEECF-85B7-4D0C-B49D-D9B5DEC8FF42

浴室は多くのお客さんが利用しており写真はありません。庭の喫煙所に足湯がありましたので、お湯の写真はこちらで。

C8AD214F-9BC6-4770-914E-DF3FCD81C3AC

お湯はキシキシ感を感じるものの、全身に纏わり付くような微かなヌメリ感。源泉は透明ながらも空気に触れて茶色の湯花が大量に発生。ちょうど先日訪れた三島の竹倉温泉のよう。
内湯には加温源泉掛け流し浴槽と非加熱のぬる湯掛け流し浴槽。露天に加温熱め掛け流し浴槽とぬる目掛け流し浴槽、それに非加熱超ぬる目源泉掛け流し浴槽。
超ぬる目と言っても38〜39度ぐらいでしょうか、浸かっていると寝てしまいそうになるくらいの心地良さ。出たくなくなります。
ここは素晴らしい。お湯も、湯使いも、施設の充実度も、何をとっても非の打ち所がない日帰り入浴施設です。絶対また来ようと思いました。

【追記】

後日、再び暇になったので再び大宮のいづみや本店で飲みながらどこ行こうかと考える。

CBB210F4-21F4-4199-A792-7B1850CB1B4D

大宮から東武野田線、いや、あーばんぱーくらいんに乗って春日部へ。東口、あまり栄えてない側で降ります。

880BE487-D841-4F67-A03D-A11326F592CD

古利根川。旧江戸川みたいなもんでしょうか。春日部駅東口正面の直線道路をひたすら真っ直ぐ進みます。

F9F23EF1-0F18-4AE6-97C9-D2DE37CBFF8D

はて、玄関以外を諦めたようです。

906D5CC0-CB61-4A18-8F37-ED4E619816F9

歩いて15分。なかなかの距離を歩くと日帰り温泉施設、春日部温泉湯楽乃里が。平日780円、日祝日980円の日帰り入浴施設です。

679611F3-7AE2-435C-B29A-D0606EED97CD

内湯は人工の高濃度炭酸泉やジェットバスなど幾つもの浴槽が。天然温泉は露天のみで大きな浴槽が二つとツボ湯が3カ所、寝湯など。お湯は見沼天然温泉小春日和と同じナトリウム塩化物強塩温泉の源泉掛け流し。緑がかった黄土色の濁り湯で、浴感も小春日和と非常に近いものがあります。ただこちらは源泉温度が高く、冬季以外は非加熱で41〜2度あり丁度いい湯加減。
この施設で特に素晴らしいのがツボ湯。3ヵ所それぞれサラサラと源泉が掛け流されています。肩を出しツボを抱えるように大きく両手を広げ、踵を縁に乗せてお尻を浮かす。そして全身の力を抜けば go to heaven!(笑)

埼玉で1500m掘ると同じようなお湯が出るのでしょうか。海底だった地層から塩分濃度の強い温泉が湧出します。次に紹介する東鷲宮にある百観音温泉も1500m掘ったら湧出した温泉です。

22D50E3E-B07C-4C7D-B9F4-014A8CF3189B

こちらに訪れたのは2018年5月、桐生を訪れた帰りに立ち寄りました。ここもナトリウム塩化物強塩温泉ですが、かなり濃いい素晴らしいお湯でした。

【追記】

2020年9月初旬、埼玉県さいたま市の清河寺(せいがんじ)温泉に行ってきました。場所は川越線西大宮駅の北東ですが、大宮駅から路線バスが出ており本数も多いです。2006年2月にオープンしたこの日帰り入浴施設は、やはりこちらも地下1500mから湧出したナトリウム塩化物温泉。

E46C0E86-C65D-4F8D-8606-7A14F1976C50

お湯はほうじ茶色と言ったところでサラサラとした浴感。独特な匂いもあり、ややしょっぱい感じです。湯花こそ見えませんでしたが若干の泡付きがあり、お湯の鮮度が良い。
内湯は源泉に炭酸を溶かした人工炭酸泉とジャグジーなど。露天風呂は加温熱め浴槽と加温ぬる目浴槽、そして非加熱の超ぬる目浴槽。寝湯、ツボ湯など。いずれも加水無しの源泉掛け流しです。
ツボ湯は春日部ですっかりハマってしまいましたが、やはり気持ちいい。しかしここは加温加水無しの超ぬる湯。37.5度の鮮度抜群なお湯に浸かっていると、出たく無くなります。また露天風呂の脇には竹林もあり、このシチュエーションにも癒される。寝湯に寝転がってみたら起きれなくなりましたwwww
湯上りは急いでバスに乗り23分で大宮駅。いづみやで生ビールを流し込む。

見沼温泉、春日部温泉、百観音温泉、清河寺温泉、似てはいるもののそれぞれ個性もあり、微妙な違いながらも甲乙つけ難い、いや、甲乙付けるもんじゃありませんね。たまに遠出して泊まりがけで温泉地に行くのも良いですが、日常的に暇が出来たら立ち寄る埼玉の日帰り入浴施設もいいものです。

神奈川県横浜市、横浜の銭湯巡り(その2)

ネタが無い時はとりあえず銭湯巡りでもしようかって言う変な癖が付いてしまいました。
横浜の銭湯巡りその1はこちら

3458C129-AC79-4CB1-BD73-4E6A1C38A60D

まずは京急弘明寺駅から横須賀方面に少し歩いたガード下にある、日帰り温泉施設みうら湯。

D329374E-010B-499F-AA75-59F7440B3284

黒湯はその辺の銭湯でも入れるし、日曜祝日920円、平日820円出して入るのはどうかとも思ってましたが、ここの黒湯はちょっと違う。入れば超ヌメリ感、湯上りはしっとり、でもサラサラ。920円出して入った価値は有りました。
Googleマップ

289036BF-AC34-4587-88B9-019FBC1280D1

弘明寺から横浜寄りにひと駅、井土ヶ谷駅から少し歩いたところにある黒湯の銭湯くさつ。名前負けしないか心配でしたが、銭湯料金で加温した冷鉱泉の黒湯を楽しめます。しかもお湯の感触や濃さに関してはみうら湯とほぼ同等。横浜市街南西部、大岡川中流域の鉱泉はこんな浴感なのでしょうか。
Googleマップ

1339B51A-72FC-46D8-91B5-34CA71A8EDF2

先日アップした日記と重複してしまいますが、銭湯の纏めとして転載しておきます。旧寿町労働福祉会館が2019年の6月に建て替えられ、健康福祉センターとしてリニューアルオープンしました。その二階にある銭湯の翁湯。寿町ドヤ街の真ん中にある銭湯ですが洗い場も浴槽も広く清潔で、とても使い勝手が良い。
Googleマップ

3109DC14-3D44-4D11-83E8-C2BDED19B953

JR根岸線石川町駅から中華街方面に少し歩いたところにある銭湯、恵びす温泉。温泉と名乗るだけに期待して行きましたが、ラドンイオン発生器による人工温泉でした。ただここは老舗のサウナと言った雰囲気で、仕切られたサウナスペースには中二階の屋内テラスがあったりして、とにかく造りが昭和なのです。
Googleマップ

8AADADD4-FE3E-4268-B0BB-9CFDDDF925A5

恵びす温泉のある吉浜橋バス停から根岸方面へ。山手のトンネルを抜けると昭和3年に完成した震災復興建築の桜道橋。

9A23A0D4-AB3B-46E6-B175-9D450410DC4A

バス停で言えば麦田町になりますが、この桜湯はすでに廃業していました。

D99CCDDE-C585-4B22-ACCC-20F0355806F2

桜湯の向かいにはいい感じのバラック。桜湯とこのバラックの間は暗渠で、かつては川が流れていました。

58C5F077-E5F7-4611-B404-F838CBAA397C

以前訪れた大和町のいなり湯を過ぎて本郷町バス停。海側の丘陵の手前に泉湯があります。
Googleマップ

3B421C8A-8E7F-4C6B-B9F5-F1A3D7E019BB

まず玄関の古びたアルミサッシのガラガラと言う音と共にチリンチリンと言う鈴の音。ちょうどいい懐かしさはお宅にお邪魔したような感覚。

6337B9C9-0982-4C6A-8027-C93237FD2FDC

小ぢんまりとした浴室。極端に古い訳でも無く、80年代の庶民的な雰囲気がとても気に入ってしまいました。いつまでも営業を続けていて欲しいです。

静岡県三島市(1)、竹倉温泉

三島市街の東の外れ、山間部の麓に竹倉温泉はあります。

DF1D9447-6BE5-4F05-8296-3713647888F2

ここは三軒の鉱泉宿がある湯治場でしたが、現在ではこのみなくち荘さんのみが営業中です。

CF02CB9B-53AF-4AF1-9EB7-85F05A073E43

昭和38年創業の宿ですが、現在は日帰り入浴のみの営業。1時間の入浴のみだと500円、大広間で休憩する場合は1200円です。

346C5EC4-91FB-48EE-A960-466F8F0A7D3D

茶褐色というかオレンジ色の鉄分を多く含んだ冷鉱泉。貯水タンクで加温してから掛け流されております。オーバーフローしてないので循環濾過のみかとも思いましたが、鉄泉の場合折出物で床がエラい事になるので、見えない所で廃湯しているのでしょうか。

68E5A52B-CF61-4FC6-98FD-8A72EFBFA022

酸化する前の薄緑色のお湯も見えるので、鮮度は良いようです。ただジャグジーのような噴射で沈殿した湯の花が舞い上げられているため、強烈なオレンジ色となっています。

3F9D2E17-F827-4127-BB33-93EEBB2EDAAA

サラサラした浴感ながらも浸かっていると微かにピリピリと肌に感じる。41度ぐらいでしょうか、ゆっくりじっくり浸かっていたら、汗が止まらなくなりました。個人的には川崎市宮前区有馬の有馬温泉を思い出しました。

F0A3F01D-41F3-40EB-8D63-6BAAA0199B8D

周囲は水田と、ミカンの苗木を育てるビニールハウス。実に長閑な雰囲気で、天気が良かったら大広間で涼んで行くのもよかったかなと思いました。

栃木県足利市(1)、足利鹿島園温泉

足利市の郊外、北東の山沿いに寂れた日帰り入浴施設、足利鹿島園があります。

IMG_2976

東武伊勢崎線足利市駅より一日6本しか走ってないバスに乗り、20分ほど揺られて降りたバス停は郊外の団地。北関東は工場などが多いので工場労働者のために造られたのでしょうか。

IMG_2977

そんな郊外の住宅街を歩いてゆくと、廃墟感のある看板が見えてきます。

IMG_2985

平地を抜けた溜め池に鹿島園のゴルフ練習場があります。温泉の「泉」の字がひっくり返っているのは去年の台風のせいでしょうか。

IMG_2989

東武足利市駅から6.6キロ、JR足利駅からでも5.4キロ。1日6本のバスで行くバス停からも徒歩17分。車で訪れる以外の選択肢が絶望的です。

IMG_2990

施設は温泉を中心にゴルフ打ちっぱなし練習場、宿泊施設、ダンスホール、老人ホームなどがあります。

IMG_2994

内部は広い割りに閑散としており、節電のためか所々蛍光灯が消されています。受け付け、ホール、料理担当、アンマさん、見掛けたスタッフは4名。お客さんは10人程度でしょうか。

IMG_8722

広い大浴場。ボディーソープとシャンプー完備。サウナと水風呂も有り。お湯は源泉100%で源泉投入しながらの循環ろ過。源泉温度は40度ありますが、温度を保つための加温有り。そして塩素消毒有りです。お湯はクセの感じられない単純温泉ですが多少のヌメリ感もあり、源泉100%を全面に出しているだけに悪くないです。ただし天井は鉄筋コンクリート剥き出し。

IMG_2993

兎にも角にもその昭和感と寂れ感にやられます。

IMG_2996

展望風呂もあるとの事で2階へ。一旦屋上に出るようです。2階には宴会場やカラオケ、卓球台などがあり、地元のお年寄りたちが楽しんでいました。

IMG_3007

露天風呂を勝手に想像してしまった私が悪いのです。

IMG_2998

少しだけ開けられた曇りガラスの隙間から周囲の山肌が少し見えます。この施設の寂れ感にやられ続けていると、だんだんお湯が極上の物に思えてくるから不思議です。

IMG_3001

天井も剥がれかけています。

IMG_3002

否、実際に剥がれています。

IMG_3006

奥の扉の向こうは露天風呂ではなく涼む場所。その向こうは打ちっぱなし練習場。椅子が一脚打ち捨てられたかのように、ビールケースとともに置かれています。

IMG_3004

打つ場所もあったようなので、かつてはお風呂と打ちっぱなしが繋がってたのかも知れません。フルチンでナイスショット!

IMG_3009

湯上りはいかにも健康ランドっぽい休憩所で寛ぎます。

IMG_3011

生ビールとラーメン。なんかもう素晴らしいです。車で来ている人は飲めないよなぁ。ていうかほぼ車でしか来れないじゃん!
誰にも共感されないかも知れませんが、この昭和感満載で寂れきった場末の温泉健康ランドは、個人的に大満足しました。
来て良かった!
潰れる前に来れて良かった!(閉館前提にすんな)
まぁ老人ホームとゴルフ練習場でどうにかやってるんだと思いますが、これだけの施設を維持するのは大変なんだろうなと思います。

神奈川県湘南地区、辻堂、茅ヶ崎など

仕事で湘南方面にちょいちょい行く事があり、仕事帰りに立ち寄ったところなど、少しまとめてみます。まずは辻堂。

IMG_20170405_123225

辻堂駅の北側は日本電池、関東特殊製鋼、パナソニックなどの巨大工場が次々閉鎖され、その跡地が再開発されています。今では巨大なショッピングモールとマンションが建ち並び、街の景色も一変。そんな整備された街の大型マンションの脇に古い銭湯を見つけました。しかしどうやらすでに廃業されているようで、夕方になっても表のシャッターが開く事はありませんでした。建物の脇には燃料となる廃材が積み上げられたまま。昔は工場労働者の憩いの場となっていたのでしょう。

IMG_2895

すっかりベッドタウンと変貌し続けていますが、北口の東側外れに商店街の跡が。まだ数軒の店舗が残っていますが、後継者不足のためかなりの店が閉めてしまったそうです。

IMG_2885

そんな商店街を10分ほど歩いた一番奥、昔から住まれている住宅街の中に一軒の立ち飲み屋「キリン」さんがあります。

IMG_2891

マスターと週何日か手伝いに来ているママさんと姉さん。お客さんたちは地元の常連さんたちだけで、とても居心地がいい店です。

IMG_2889

創業10年。ママさんも以前は旦那さんとラーメン屋を切り盛りしていたそうですが、旦那さんが亡くなられて閉店。よく飲みに来ていたこの店で働くことに。南口にも立ち飲み屋さんが二軒ほどあるようですが、私はこの店に通いました。

次に茅ヶ崎。北口にある市役所や市民文化会館の先に、巨大なイオンモールがあります。駅周辺の商店街などはことごとく駆逐されているかも知れません。

IMG_2670

そのイオンモールのもっと奥、JR相模線の北茅ヶ崎駅近くに、日帰り入浴施設の『湯快爽快』があります。相模線は1時間に2本程度しか走ってませんが、茅ヶ崎駅から1時間に2本無料送迎バスも運行されているので問題ありません。

IMG_2661

20周年と幟にある通り多少年季の入った建物ですが、途中リニューアルしているのか館内はとても綺麗です。
この湯快爽快は茅ヶ崎市の建築業者、亀井工業が1993年3月に茅ヶ崎の一号店をオープン。その後神奈川県内を中心に展開し、現在はフランチャイズも含め7店舗を営業しているそうです。(出典・Wikipedia)
ここは1500mで掘り当てましたが、折りしも掘削工事の進歩により1000mを超える大深度ボーリングが可能になって温泉事業の新規参入が急増した時代。1000mにつき1億と言われ温泉ブームの大波に乗った企業。茅ヶ崎だけに。

IMG_2668

お風呂の様子はオフィシャルサイトをご確認ください。
天然温泉浴槽は露天風呂で、薄茶色のお湯はナトリウム-塩化物強塩温泉。海が近いからかかなりしょっぱいですが、源泉が掛け流されているのか多少泡付きもある新鮮なお湯です。
源泉温度が28.6度。25度以上が温泉なので鉱泉(または冷泉)ではなく温泉です。循環濾過しながら加温しているのでしょうか、38〜39度と少々ぬるめに保たれているのは夏の盛りだからかも知れませんが、このぬる湯に長く浸かっていればジワジワと汗が噴き出て来て実に気持ちいい。
温泉成分が濃いいので多少のヌメリ感もあり、はっきりとした浴感。露天の傍らに腰を掛けて休んでいると、遠く湘南の海から渡る夕涼みの風が、仄かな潮の香りを含んで火照った体を冷まします。
湯上りは休憩所で生ビール。至福のひと時。なかなか期待を上回る、素晴らしい日帰り入浴施設でした。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ