日帰り入浴施設

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

千葉県館山市(2)、正木温泉

 那古宿から正木地区の田園地帯を抜けて山沿い、谷の奥にある正木温泉に行って来ました。

image

 農道を奥まで歩いて行くと、農場の廃墟があります。

image

 こちらは5年ほど前まで使われていた牛舎の跡だそうです。何でも二代続いたものの二代目が亡くなられて廃業されたとか。(情報提供6Frogs様)

image

 細い生活道を山あいへと入って行ったところに、正木温泉はありました。

image

 どう見てもただの農家です。右側の小屋では老夫婦がテレビを見ています。母屋と小屋の間がお風呂の入り口。耳が遠くなられているのか大音量のテレビに負けないくらいの大声で声を掛け、入り口右脇の料金箱に650円を入れる。

image

 母屋の前では猫が点々と寛いでいます。

image

 腰が90度に曲がったお婆ちゃんが奥の離れにあるお風呂まで案内してくれます。

image

 手作り感溢れる離れ、と言うか小屋。この鄙び感は今まで入って来た温泉の中でもMAXかも知れません。外壁には断熱材代わりに発泡スチロールがはめ込まれていました。

image

 お湯は含硫黄 - ナトリウム - 炭酸水素塩泉。赤黒いお湯は近くの源泉から運んで来た冷鉱泉の汲み置き。鮮度は勿論期待出来ませんが泉質は素晴らしいです。お湯の入れ替えは2〜3日に1回。シャワーでしっかり洗ってお湯をなるべく汚さないように入ります。ともあれ、農家のお風呂を借りているような感覚。強烈にまで印象に残る温泉でした。

川崎市温泉巡り(2)、有馬温泉〜千年温泉

川崎市温泉巡り(1)、溝の口温泉喜楽里~丸子温泉

 以前訪れた際、運悪く臨時休業だった神奈川県宮前区の有馬温泉へリベンジです。

image

 南武線武蔵中原からバスに乗り換え、中原街道を鷺沼方面へ。千年(ちとせ)交差点辺りからバスは多摩丘陵へと入って行きます。幾つかの団地を通り過ぎて鷺沼に着く手前、中有馬のバス停で降りれば、一見普通のマンションにしか見えない温泉旅館、有馬温泉に到着。兵庫県の超有名な有馬温泉と名前が全く一緒で泉質も近いですが、全くの偶然。こちらは古い歴史のある一軒宿です。

image

 日帰り入浴は1200円と少々お高いですが、お湯は素晴らしいです。川崎の温泉といえばどこも黒湯なのですが、ここは珍しく単純鉄冷鉱泉。加水無し塩素消毒無しで20度の源泉を41度程度に加温してます。浴室にはマイアカスリが何本も吊るしてあり、療養などで通い詰めている方も多いようです。常連の方が入って来ると必ず挨拶を交わしており、地方の共同浴場に来ているような気分になります。

image

 ライオンの口の形をした湯口からは源泉が常にチョロチョロと掛け流されており、酸化した鉄分で茶色く濁ったお湯には茶褐色の湯花が大量に漂っています。湯口の側には飲湯用のコップとペットボトルのキャップが二つ。後から入って来た常連の方はそのキャップに源泉を注ぎ、アイボンみたいに眼球を洗っていました。目にも効くのかな。僅かな滑り感のあるお湯に浸かっていると、じわじわと浸透して来る感覚。湯上りは鬼のように汗が止まらなくなります。

image

 中有馬から武蔵小杉行きのバスに乗り千年で下車。南武線武蔵新城駅方面へ少し歩くと温泉銭湯の千年温泉があります。しかし午後2時のオープンまで30分あったので、一旦そのままスルー。

image

 一緒に温泉巡りをしていた仕事の先輩(地元民)の奥さんが、近くのスナック『エム』で昼カラしてるとの事なので顔を出す。ここが、夕方5時まで男性2000円女性1500円で軽いおつまみ込み飲み放題歌い放題。安い! ちょっと顔出しだけのつもりが、ついつい……。気付けば5時!

image

 気をとり直して千年温泉に戻りました。

image

 本当は酔って温泉に入るのは良くないのですが、まあ、そんな時もあります。(笑)
 ここのお湯は多摩川沿岸でよく見る重曹泉を加温したもの。いわゆる黒湯です。しかし大田区の蒲田温泉並みに濃いいです。温泉浴槽は内湯の他に露天風呂まであり、この露天浴槽脇の蛇口を捻れば嬉しい事に冷鉱泉の源泉が出てきます。このような良質なお湯に浸かれて銭湯料金420円とはありがたい限りです。

川崎市温泉巡り(1)、溝の口温泉喜楽里~丸子温泉

 前々から行きたいと思っていた神奈川県川崎市西部の宮前区有馬の温泉に入るべく、武蔵小杉から鷺沼行きのバスに乗りました。しかし着いてみるとなんと、運の悪いことにまさかの臨時休業。ここは真っ茶っ茶な鉄泉に入れる、しかも歴史の古い穴場的な温泉旅館なので楽しみにしていましたが、次回に持ち越しです。

image

 仕方なく武蔵小杉行きのバスで少し戻り千年(ちとせ)バス停で下車。手前の交差点を北上すると、小さな神社では盆踊りの準備が。多摩川南岸の平地が終わる丘陵の麓に建つ千年神社は蝉時雨で夏って感じ。

image

 溝の口駅行きバスのバス通りを程なく歩くと、溝の口温泉喜楽里があります。

image

 岩盤浴やお食事処などが充実した日帰り入浴施設で、入浴料800円はなかなか良心的な値段です。当然大人気で人が多かったため、内部の写真は撮れませんでした。
 地下1800mから掘り当てた源泉温度41.3度のナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉はコーヒー色をした重曹泉ですが、大田区の黒湯に比べると少々薄め。加温加水無しの源泉かけ流し浴槽は露天のみ。内湯は加温の循環濾過。やはり露天の源泉浴槽が気持ち良いのですが、熱いお湯が好きな人には物足りないだろう適温。微かな塩素消毒臭は気にならない程度。泉質も悪くなく、しばらく汗が止まらなくなりました。湯上がりはスーッと浸透してサラサラながらもシットリ。かなり肌に良さそうです。

image

 そこで湯上がりに十割蕎麦と生ビール。まさに至福のひととき。

image

 武蔵小杉まで戻り、散歩しながら新丸子。そこに昔ながらの温泉銭湯、丸子温泉があります。

image

 銭湯代420円を払って中へ。建物こそは鉄筋コンクリート造ですが、雰囲気は下町の銭湯です。

image

 こちらも浴室は撮れませんでした。泉質は喜楽里と同じ重曹泉。しかし透明度の低い黒褐色で、どちらかと言うと大田区の黒湯に近い感じです。温度は45度とかなり熱めですが、我慢して暫く浸かっていると鼻に抜けるような、ミントガム食った時のような感覚に。蒲田界隈で銭湯巡りした時の感覚を思い出します。こちらは地下100mから湧き出す冷鉱泉を沸かした物で、地下1800mから汲み上げている喜楽里とかなり印象が違いました。

川崎市温泉巡り(2)、有馬温泉〜千年温泉

群馬県藤岡市、譲原小学校跡と八塩温泉

 利根川水系の西側を流れる神流川(かんながわ)は埼玉県と群馬県の県境になりますが、流域に沿う主要幹線道路や街道筋、中心街が主に群馬県側を走っているため、今回は群馬県藤岡市というカテゴリーで紹介させていただきます。

image

 山々に囲まれた鬼石の町は庭石として人気の高い三場石の産地として栄えています。その奥、下久保ダムの手前に廃校、譲原小学校跡が残っています。

image

 神流川流域には譲原小学校の他にも幾つかの廃校跡が残っていますが、あいにく一時間に一本有るか無いかの路線バス移動なため、回ることは出来ませんでした。唯一ここだけはバス停降りてすぐの場所に建っています。

image

 校舎裏に廻ってみました。この見事な木造校舎は1934年築、1975年の廃校まで使われていました。

image

 割れたガラス窓は無かったため傾いて出来た扉の隙間にiPadを差し込んで内部を撮影。iPad薄くて良かった!廃校から41年もの年月が経とうとしているにも関わらず、綺麗に管理されています。

image

 脇にはプールの跡が。校庭を固めるローラー(コンダラという)も41年間このままここにあったのでしょうか。

image

 鬼石の少し下流に八塩温泉があります。宿泊施設が3軒ほどの、温泉街も形成していない小さな温泉地です。この神水館は日帰りの場合、予約制の食事付きプランとなるので、当日の入浴のみは受け付けていませんでした。かなり高級感溢れる宿です。

image

 しかし裏に回ると……見てはいけません。
 他に八塩館という大型ホテルもありしたが、そこも日帰り入浴不可。それもそのはず、ここ八塩温泉は源泉温度の低い冷鉱泉なのでボイラー炊いて加温しなければならないのです。常に加温し続けていては、燃料費がバカになりません。

image

 そんな中、一軒だけ日帰り入浴を受け入れている宿がありました。鬼石観光ホテル。見た目がすごい!朽ちかけている!

image

 建物の外観はかなり老朽化が進んでいますが、部屋の内装は綺麗にリフォームしているようです。さらに掃除も行き届いており、清潔感が保たれています。浴槽も毎日しっかり洗われているようで、管理が徹底しています。そして何より24時間入浴可能なのが有り難い。6.2度の冷鉱泉なのに!

image

 泉質はナトリウム―塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉。古い地層に含まれている海水が素となっているので、塩分濃度が高いです。それを加水加温、循環濾過。ダバダバと流れているのは循環湯で、お湯はオーバーフローせずに湯口辺りにあると思われる取水口に流れています。表面に浮いた温泉成分のアブラが流れずに漂っており、鮮度はイマイチ。それでも泉質は良さそうで、汗が止まらないくらいホカホカになりました。悪くないです。

image

 しかし、神流川を渡った埼玉県側。2001年に一軒の日帰り入浴施設がオープンしました。この白寿の湯。歴史の古い八塩温泉に対して温泉が出ていなかった埼玉県児玉郡神川町で、地下約700mまでボーリングを掘って見事掘り当てたのです。
 このお湯(冷鉱泉)がまた素晴らしく、伊香保赤城温泉に匹敵する真っ茶っ茶で濃いいナトリウム・塩化物強塩泉で、溢れ出るお湯により広い洗い場の床が赤城温泉御宿総本家のような鍾乳洞状態になっているのです。広い内風呂、露天、ともに常時冷鉱泉が掛け流され、加熱しながらの循環濾過で41~2度に保たれています。多少井戸水で加水されていてもそれは源泉が濃すぎるためなので全く気にならず、こんな所にこんな素晴らしいお湯が有ったのかと驚ろかされます。しかも入浴料750円と安く、駐車場は平日の午前中にも関わらず七割が埋まる盛況ぶりでした。人が多かったので内部は撮れなかった。
 神流川の南岸は高崎線の本庄から埼玉県神川町までの県道を東武グループ朝日交通の路線バスが走り、北岸は新町より国道を日本中央バスの路線バスが鬼石、さらには下久保ダムの奥、上野村まで走っています。つまりこの辺りは町が神流川ではっきり分断されているような形となっており、そう考えると鬼石側に昔からある八塩温泉は、完全に客を奪われた形となってしまいました。
 源泉は違えども八塩のお湯は決して悪く無いんです。しかし現代のニーズに合った日帰り入浴というスタイルとズバ抜けた泉質により、明暗を分けた形となってしまいました。
 ちなみに、八塩温泉のバス停には大きな藤岡市の観光マップが掲げられており、白寿の湯は橋を渡って歩いて10分ほどにも関わらず一切記載されていません。

茨城県鹿島鉄道廃線跡(4)、坂戸周辺~鉾田駅

 さて、BRTに乗り石岡を離れます。

IMG_1763

 小川から桃園、八木蒔、浜などは前回訪れたので、一気に玉造の先まで参ります。

IMG_1789

 玉造から榎本まで、廃線跡は県道から外れ湿地帯や田畑の中を進みます。玉造工業高校の手前で、廃線跡は県道の北側から南側へと交差します。

IMG_1791

 玉造工業高校の向かいの住宅街を少し入ったところに、旧榎本駅跡があります。

IMG_1792

 しかしここも玉造駅跡同様に宅地造成が進み、駅前の痕跡は跡形も無く消えていました。
 榎本の次の借宿はバス路線から相当外れてしまうため行けませんでしたが、Googleのストリートビューではそのプラットホームを確認することが出来ます。しかしリアルタイムで解体が進んでいるので、まだ残っているかは不明。

IMG_1801

 借宿の次の巴川で廃線跡は県道に再び近付きます。巴川駅の痕跡もまた残っておりませんでした。写真はその巴川駅の先に掛かる巴川鉄橋。

IMG_1799

 銘板には1971年という文字が辛うじて確認出来ます。

IMG_1805

 坂戸駅は前回訪れましたが、ほっとパーク鉾田への道すがら立ち寄って見ました。写真は坂戸駅の手前、当間集落の中に残る踏切跡。

IMG_1806

 こちらは坂戸集落の中にある踏切跡。踏切は路面を舗装し直さなければならないので、レールが残っていたりします。

IMG_1811

 前回訪れた坂戸駅跡。今回は曇りでしたが、新緑の季節などにまた訪れて写真を撮りたいところです。

IMG_1816

 坂戸集落にて見かけた洗い場。ポンプで地下水を汲み上げるようになってます。野菜でも洗うのでしょうか。ともあれ鹿島鉄道沿線は湿地帯や沼地のほか水源も多く、水に恵まれた土地です。

IMG_1824

 坂戸集落の外れにあるほっとパーク鉾田。天然温泉や温水プールまで楽しめる公営の日帰り入浴施設です。
 内湯と露天ともに黒ウーロン茶のような色をしたナトリウム塩化物炭酸水素塩泉。ちょうど東京大田区の蒲田温泉と非常に似ている黒湯で泡立ちがあり、肌に纏わりつくようなヌメリ感。加温加水循環濾過されて更に塩素消毒もされているようですが、個人的にはとても温まるし悪くない感じです。源泉は二つあり、もう一方のナトリウム塩化物強塩泉は寝湯のみで使われており、定員二人となりますがこれがまた気持ちいい。塩分が強いため湯船に漂うような感覚で、ついつい寝てしまいそうになります。
 施設は850円と少々高いのですが、廃線跡巡りを忘れてしまうほどに、ゆっくり寛ぐことが出来ました。

IMG_1818

 このほっとパーク鉾田には、鉾田駅保存会によって保存されている車両が展示されています。しかし……

IMG_1822

 なんと塗装のためにマスキング中!

IMG_1821

 3/27日の定期車両公開に向けて化粧直しをしている真っ最中でした。

IMG_1825

 最後に終点の鉾田駅跡。駅舎は廃線後間もなく解体されてしまったそうで、現在はバスターミナルとして使われており、石岡行きや水戸行き、茨城空港行きの他にも、東京駅行きの高速バスも1日6往復運行されています。

IMG_1828

 旧駅前ロータリーであるバス停の奥には、現在プラットホームだけが残されております。

IMG_1831

 しかしこのプラットホーム、五年前の東日本大震災の際に液状化現象が起こり、崩壊してしまいました。

IMG_1832

 当時は鉾田市全域から坂戸辺りまでの広範囲で液状化現象が起き、その被害の甚大さがプラットホームのうねりで見て取れます。鹿島鉄道は既に廃止された後でしたが、沿線の駅舎などが殆ど残されていないのは、震災で倒壊の危険が起きたからかも知れません。
 また、先に訪れたほっとパーク鉾田も被害を受け、暫く営業を休止していたそうです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ