掩体壕

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

千葉県茂原市(1)、茂原海軍航空基地の掩体壕群

昭和20年2月、まだ未完成だった茂原海軍航空基地に第二五二航空隊が本部を置きました。時すでに戦局は悪化しており、完成を待たずして開設となった訳です。仮ではあるが昭和18年完成とされていますが、終戦の時点でも工事は続けられていたとか。

3D6F15FE-1371-465A-9692-D357858D429D

かつての滑走路跡。右手には三井化学の工場が広がっています。飛行場建設が決定したのは昭和16年7月。ここ東郷地区の住民約150世帯及び、東郷小学校や寺社ならびに墓地等が安い売却額で強制移転を命じられました。

EFD55410-DB22-4AB4-8B0D-0CC37D660E93

周辺には多くの掩体壕が残されています。掩体壕とは当ブログでも何度か取り上げて来ましたが、空襲から航空機を守るための格納庫。分厚いコンクリートで覆われ、なおかつ爆撃機に発見され辛くするようカモフラージュされていました。

F9CC7838-E535-4057-B57F-CA6CFB6D2385

こちらの掩体壕は完全に民家の裏手になっているため、御主人に許可を取り住宅の裏へ入らせていただきました。飛行場建設には充分な重機もないまま、主に朝鮮人の徴用工などによる人海戦術で進められ、近隣の長生中学校や茂原農学校の生徒たちまで駆り出されたそうです。

936EE3C6-C43D-48A4-9C10-A4356561AC8D

こちらの掩体壕は使われなくなった田んぼに囲まれており、あぜ道も藪で覆われているため近づけませんでした。藪漕ぎは基本的にしたくない。

36615E72-5EA1-47AD-A24C-B28B086B1383

ほとんどの掩体壕が私有地にある中、こちらの掩体壕は道路に面しています。そのため唯一、案内板が設置されていました。

0C5BEEA9-8CD9-4989-8223-76E1A48114AF

こちらの掩体壕は農地を再利用したソーラーパネル発電所の中にあります。しかし掩体壕までのアプローチがわざわざ柵で区切られており、なおかつ草刈りもされていました。見学出来るように整備されているのです。

71532122-4155-4D55-9B29-E6876515756D

こちらは完全に私有地ですが、隣接するアパートの敷地から見ることが出来ます。掩体壕は頑丈に造られているため解体するにも費用が掛かります。そのため倉庫や車庫として使われている事が多いです。

CE1EACB9-78FC-433D-87F2-250F7990CE4E

住宅街の中の森で覆われた掩体壕。ほとんど自然に帰そうとしています。

B4618095-F665-4BD4-9AAF-16393E216C6C

こちらも木々に覆われて形が分からなくなっている掩体壕。車庫として使われているようです。

0F6B29D7-B0A4-44C5-80CC-D9AE299B507F

前面は使われなくなった水田で背後は森と民家。近づけませんでしたが、農機具などの倉庫として使われているようです。以上9ヶ所が現存していますが、これだけ多くの掩体壕が残っているのは全国でもここだけです。観光資源としての可能性を秘めながらも、なにぶんほとんどが私有地であるため難しいです。また基地としても短命で歴史的見地からも文化財指定は難しいでしょう。

ACA53509-686A-44B2-B8CC-E5EA7C95B676

掩体壕を東から新茂原駅に向かって歩いて来ましたが、駅の反対側、内陸側の丘陵地に地下壕施設が残っているらしいので、足を伸ばしてみました。田園が終わり丘陵地に入ると、切り通しと素掘りの隧道がお出迎えです。

4C3E5148-AB56-4D88-A461-6A6D6CCDCF4B

これは!? と、思いましたが、覗いて見ると向こう側の民家の庭に繋がっているだけでした。

41555F7B-89FE-49F2-812B-ED3F4CA0A567

明かりの無い素掘りの隧道は短くてもなんか怖いです。抜けた所で振り返ると、隧道の上に切り通しが。恐らく旧道でしょう。

E6216AEC-2B75-4CA0-8367-E20BEA9367AC

いきなり立派な屋敷門が現れました。若かった頃マウンテンバイクで千葉の山林を走った事がありますが、まさかの所で立派な屋敷が現れたりしてビビります。
因みに防空壕ですが、よくよく調べて見たらこの山林の奥に入り口があるらしいです。無理です。夏場に草の生い茂る山に入って行くには、それなりの覚悟と装備が必要です。

910CA0DF-86BB-459C-8EB5-88D923F674C0

左の籠のような物が気になりますが、かなりの旧家のようです。ALSOKのステッカー貼りまくってますが。こう言う家を一度取材して見たい気持ちもあります。

31EF5503-3775-47A0-8CD8-A2CF44C0024A

なんたってアプローチがコレです。この先に立派な屋敷があるなんて、誰が想像し得るでしょう。こう言うところ、千葉って独特だと思うのですが。

ABE3C4C1-AB08-47F0-A019-08EFED677056

田園地帯に出ました。放置された水田跡なども見られますが、後継者不足で離農されてしまったんでしょうか。

B80E8914-0E52-4F97-B7BF-127E111B58DA

小さな集落が見えます。

2236C6AD-E082-4BB6-9CDA-9E6002C8FB2E

こちらも立派な屋敷門。最後はすっかり趣旨が変わってしまいましたが、レンタルサイクルでもあれば、千葉の集落なんかも巡ってみたいですね。

千葉県館山市、館山海軍航空隊赤山地下壕跡他

アクアラインのお陰で南房総がだいぶ近くなりました。東京から二時間掛からずに行けます。

IMG_4918

昭和5年、館山飛行場が完成すると横須賀海軍航空隊の作戦部隊を移転させ、館山海軍航空隊が設立されました。その跡地は現在、海上自衛隊館山駐屯地として使われています。

IMG_4922

現在自衛隊敷地で入れないのですが、この左手奥に水上機が進水するスリップ(傾斜)が残っています。またそのスリップは敗戦後、アメリカ軍が初上陸した地でもあります。

IMG_4919

軍需部第二航空廠倉庫。昭和7年に航空廠(軍需工場)が併設されています。赤煉瓦が当時の面影を色濃く残しています。

IMG_4900

航空基地の近くに、赤山地下壕跡があります。こちらは一般公開されており、入場料200円。

IMG_4901

太平洋戦争当時は木更津海軍航空隊が設立されていたため、館山海軍航空隊は主に哨戒、偵察任務を主とし、敵潜水艦への攻撃を行っていました。しかし終戦が近づくにつれ、上陸に対する首都防衛が主な任務となって来ます。

IMG_4902

そんな中、この赤山地下壕が造られたのは諸説ありますが、本土爆撃が始まった昭和19年以降と考えられています。

IMG_4904

壁面は丁寧に掘られ、房総半島特有の地層がはっきり見られます。

IMG_4916

内部は非常に広く、司令部を始め発電施設や病院まであったそうです。

IMG_4893

こちらは裏手の入り口。立入禁止ですが、入り口は多く造られています。

IMG_4891

搬入口でしょうか、大きな入り口もあります。

IMG_2949

こちらは赤山地下壕の裏手に残る掩体壕。滑走路は浜辺に造られているため、かなり距離が離れていました。

茨城県土浦市、土浦及び霞ヶ浦海軍航空基地跡

大正10年に開設された土浦航空基地は、元々は霞ヶ浦航空隊の水上機班の施設であり霞ヶ浦航空基地の一部でした。元々昭和5年に横須賀海軍航空隊で発足した予科練が昭和14年ここに移設。昭和15年、水上機教育が南東沿岸に完成した美浦村の基地に移転したことにより、ここに予科練の教育を担当する土浦航空隊が置かれ、後、終戦に至るまで全国へと拡大していった予科練の中枢を成す事となります。

IMG_4580

霞ヶ浦の畔 、土浦海軍航空隊予科練跡地に陸上自衛隊土浦駐屯地とそれに隣接して予科練平和記念館があります。予科練とは航空隊の兵士を育成する機関で正式には予科練習生という。

IMG_4567

中は撮影禁止ですが数多くの資料が展示されており、当時の雰囲気が伝わって来ますし、とても勉強になります。特に印象に残ったのは、当時の若者は世界恐慌の影響で貧窮した経済状況の中、タダで学校に通えて軍隊に入れば家にもお金が入るという、実に現実的な事情で地方の農家の男子達が予科練の狭き門を目指していたという事。お国の為という以前に家の為、家族の為という辺りが実にリアルです。

IMG_4575

敷地には零戦の実物大レプリカが展示されています。戦争末期には鹿児島の知覧や去年訪れた香取海軍航空基地より、予科練出身の若者達が飛び立って行きました。またここでは以前訪れた神之池航空基地と同時期に決戦兵器桜花の訓練もされていました。

IMG_4568

特攻で多くの命と航空機を失った帝国海軍は、回天という特攻兵器を造りました。いわゆる人間魚雷ですが、こちらは実物大レプリカ。ちなみに回天については山口県や大分県などに訓練基地があり、予科練卒業後に配属されて行った。

IMG_4589

予科練平和記念館の北側、現在の陸上自衛隊土浦駐屯地。

IMG_2864

敷地内には予科練当時の医務課棟が残っています。敷地内を見学する事も可能ですが、二カ月以上前までに書類を送付して事前予約をしなければなりません。

IMG_2862

敷地内には歴代の自衛隊車両が数多く展示されています。いつか機会があれば中にも入って見たい所ですが、桜の季節に一般開放されたとか。すでに遅し。

IMG_4584

ただ敷地内には予科練出身者の方々によって建てられた記念館、雄翔館があります。こちらは自由に入れて入館無料。建物の前には山本五十六元帥の像があります。

IMG_4585

こちらは特に撮影禁止と書かれてませんが、館内には手紙や寄せ書きなど貴重な資料が展示されています。こちらは海軍の特攻船震洋の模型。木製のモーターボートにトヨタのトラックのエンジンと爆弾を積んで突っ込むという物です。桜花や回天と比べてなんと原始的ですが、昭和19年5月に試作1号艇が完成し8月に兵器として採用され10月下旬のレイテ沖海戦に投入された事から、神風特別攻撃隊より半年以上前に、震洋の開発は完了していたことになります。(wikipedia参照)

IMG_4588

終戦が近づき物資が本気で無くなって行くにつれ、特攻兵器はその狂気を増して行きます。そしてその最終形態とも言える物が、この伏龍。もはや決戦兵器もただの潜水服となってしまいました。伏龍隊は横須賀で訓練を重ねていましたが、幸いにも出撃する前に終戦を迎えました。ただこの潜水服が欠陥品で、訓練中に命を落としてしまった若者が多くいたそうです。

IMG_2922

陸上自衛隊土浦駐屯地の約3キロ北西、内陸部に航空自衛隊霞ヶ浦駐屯地があります。こちらは土浦航空基地よりも前の大正8年に完成した、旧霞ヶ浦海軍航空基地の跡地となります。当時は東洋一の航空基地とも称されていたとか。

IMG_4761

基地の周辺にはいくつかの遺構が残されています。その一つで20基造られた掩体壕の内、唯一現存するものです。

IMG_4757

一応解説板は有りますが、いかんせん一般住宅の敷地内なので、なかなか近くには行けません。

IMG_4753

こちらは土浦航空基地での訓練等で殉職された方々を祀った慰霊碑。

IMG_4756

元々この場所には慰霊のため大正14年に霞ヶ浦神社が建立されましたが、終戦時に取り壊されてしまいました。そこで慰霊碑が建てられたと。

IMG_4745

フタムラ化学及び三菱化学のあるこの敷地は、かつて中島飛行機若栗工場だったそうです。

IMG_4747

工場の前の直線は霞ヶ浦航空基地への誘導路跡。

IMG_4752

ヰセキの工場敷地内では基地の格納庫がそのまま使われています。煉瓦造りの格納庫、近くで撮りたい。

IMG_4749

その敷地には戦闘指揮所の跡も有ります。こちらは外周道路沿いなので、なんとか撮れました。

霞ヶ浦航空基地は霞ヶ浦海軍航空隊の陸上機のための基地であり、水上機のために土浦航空基地が建設されてました。しかし横須賀より予科練が移転して来たため、水上機の基地は南東の美浦村、江戸崎の北の岬に移転し、その後鹿島海軍航空隊と改名されました。次回はその水上機基地の跡地を巡ります。

三鷹市、調布市、府中市、調布飛行場周辺の掩体壕

三鷹市と府中市と調布市に跨がる調布飛行場周辺の戦争遺跡を巡って来ました。

IMG_2875

飛行場跡地は現在調布飛行場として使われていますが、この門柱は帝国陸軍調布飛行場当時の物です。

IMG_2877

調布飛行場は昭和16年4月完成。帝都防衛の拠点として帝国陸軍飛行第244戦隊などが置かれました。門柱の脇には当時造られた排水溝が水こそ流れてませんが残っています。

IMG_4657

飛行場周辺には現在四基の掩体壕が残されています。こちらは大沢第一掩体壕。

IMG_2886

当時配備されていた陸軍航空隊の戦闘機「飛燕」のイラストが描かれています。飛燕は川崎航空機(現在の川崎重工)がダイムラーベンツの液冷エンジンを元に製造した国産機です。この戦闘機だけは他の国産機と違ってメッサーシュミットやスピットファイヤにスタイルが似てますが、それは飛燕が唯一の液冷エンジン搭載機だから故に空力を追求出来たからだそうです。いわゆる零戦などは空冷式だから機首がゴツいんですね。余談ですが川崎重工の川崎って川崎市の事だとばかり思ってましたが、神戸の川崎正蔵という創立者の名前だったんですね。

IMG_2889

話が逸れましたが、米国のB29による本土爆撃が始まったのに合わせて昭和19年6月から9月にかけ、滑走路周辺に有蓋掩体壕30基、無蓋掩体壕30基が造られました。

IMG_2890

こちらは大沢第二掩体壕。多少埋まってる感があります。

IMG_2885

現在の調布飛行場はプロペラ機専用の飛行場としてセスナを始め、大島、新島、八丈島、神津島などへの定期便の発着所として使われています。飛行場だけが調布市で、東側の三鷹市と西側の府中市に挟まれています。

IMG_2893

飛行場の北西側、こちらは府中市になりますが二基の掩体壕が残されています。しかし行ってみたら、民家と工場に挟まれている! 住民にとってみれば邪魔物以外の何物でもないのでしょうね。

IMG_2901

こちらは白糸台掩体壕。住宅街の真ん中にポツリと残されていました。

IMG_2900

掩体壕を知らない人が見たら、これは一体何なんだと疑問に思うことでしょう。

他にも飛行場の南東外れにある椎の実子供の家という保育園の敷地内には高射砲台が残されていますが、土日祝日以外で事前に電話予約しなければ見学出来ません。アポ無しで行ったらそう書いてありました。事前調査も大切ですね。

IMG_4658

余談ですが、近くには近藤道場撥雲館なるものが。こちらは新撰組の近藤勇も居たという天然理心流の道場です。個人邸の敷地内に有りますが、そのお家が近藤さん。戦時中は移築されたりもしたそうですが、現在元の近藤家敷地内に再度移築されたとか。

茨城県鹿嶋市、桜花(復元)が眠る掩体壕

現在、新日鐵住金鹿島製鉄所となっているこの場所には、昭和19年4月、神之池海軍航空基地が開設されました。

IMG_3327

製鉄所の脇にある桜花公園には、当時十数基あった掩体壕の内、唯一現存する掩体壕が残されています。

IMG_3330

この基地では練習航空隊が開設され、多くの海軍士官候補生・予備学生・予科練出身の搭乗員などが飛行訓練を行ない、その多くが霞ヶ浦南岸にある鹿島海軍航空隊などへと配属されて行きました。

IMG_3329

しかしその後、戦況の悪化から神之池海軍航空隊は721航空隊と改称され、神雷部隊として特攻機「桜花」の練習基地となります。

IMG_3332

桜花の訓練を終了すると、隊員たちは九州の鹿屋航空基地などに配属されて行きました。以前訪れた千葉県房総半島の桜花発射台カタパルト跡から出撃する予定だった隊員も、終戦直前までここで訓練していたのかも知れません。内部に展示されている機体は、住友金属により寄贈された復元機です。

IMG_3338

桜花は固形燃料によるロケットであるため航続距離が極端に短く、一式陸攻(爆撃機)の機体下部にぶら下げて敵艦隊への射程内へと近付いて行きました。しかし充分な護衛機も付けられないまま出撃し、敵艦隊のはるか手前で一式陸攻ともども全機撃墜されたなんて事もあったそうです。
特攻については当時反対を叫ぶ将校もおり、上層部を説得するさいの理由として、帰還させれば何度でも出撃出来るのに一撃で高性能な機体を何機も失うなど、物資の枯渇している現状では効率が悪過ぎると。そこで登場するのが桜花、回天、震洋などの最終決戦兵器でした。消耗品であるミサイルや魚雷に人を乗せる訳で、まさに悪魔の兵器と言えましょう。

IMG_3342

公園内は掃除が行き届いていてしっかり管理されており、献花やお供え物も新しい。おそらくは毎日通われている方々が、おられる様子。この桜花では55名の方が命を落とされたそうですが、神之池基地は迎撃機も無い状態で対空砲も届かないB29による爆撃も受けており、多くの方が亡くなられたそうです。御冥福を祈ります。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ