戦争遺跡

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

      ⬜ 鰻田ニョロの小説部屋 ⬜

千葉県南房総市、桜花秘密基地跡

 太平洋戦争終結前、日本は本土決戦を想定し様々な対応策を取っていました。そのひとつ、アメリカによる本土上陸作戦を迎え撃つ用意のひとつとして、東京湾の入り口である三浦半島と房総半島を要塞化して行きました。そのため、特に内房には砲台跡や弾薬庫跡などが多く残されています。

image

 今回、那古船形を訪れた最大の目的は桜花秘密基地の探索にありました。平群行き路線バスに乗り平山で下車。那古宿からさして離れていませんが、ここはもう南房総市。ネット情報をもとに山あいへと歩いて行きます。ふと、あぜ道を登って行くと謎の注連縄。

image

 結界が張られている!などと中二病的な独り言を呟きながら登り切ると、何もない平地の端っこに小さな祠と墓石らしきものが。何でしょう。謎です。謎過ぎます。

IMG_2279

 農道を歩き廻るも桜花発射台跡らしき物は見当たらず、農作業をしていたご老人に聞いて見ることに。すると癖の強い方言でなんとなくの場所を教えて頂きました。この辺を登れば良いのだろうかと農家の脇の農道を登って行くと、それは畑の中に突如姿を現した。

image

 これが桜花発射台跡です。雑草に覆われたコンクリート造りの遺構ですが、発見した時は正直鳥肌が立ちました。

image

 桜花とはロケットエンジンを搭載した有人ロケット爆弾という特攻決戦兵器です。開発は終戦の前年、1944年の春。最初は一式陸攻(爆撃機)に搭載して敵艦隊近くで投下し、有人操縦により命中させるという、つまりは有人ミサイルのような物です。しかし一式陸攻が桜花の射程距離に近づけなかったり桜花自体の故障が多かったりと目立った戦果は上げられないまま、戦況は悪化の一途を辿っていました。最終的に本土決戦必至となった1945年、決戦兵器桜花を投下ではなくカタパルト発射出来るよう改良し、関西は比叡山、関東は千葉と横須賀などに発射施設を建造しました。

image

 発射台先端から発射台基礎を見ます。かつてはこのコンクリート基礎にカタパルトのレールが設置されていました。そのレールは現在、川向こうの知恩院というお寺に残されていますが、バスの時間の都合上見に行く事は出来ませんでした。

image

 発射台の奥は開けており、この更に奥には桜花の地下格納庫が有ったそうです。この秘密基地は敵に発見されぬよう山間部に造られました。しかし基地がほぼ完成し、カタパルト発進に対応した桜花43乙型も配備されようとした時、日本は終戦を迎えました。この桜花秘密基地が使われずに済んだ事で、桜花によって散る尊い命が、それ以上増えずに済んだのは不幸中の幸いと言えましょう。また、このような戦争遺跡を遺す事により、太平洋戦争について色々と調べ、そして知る機会になりました。訪れて良かったと心から感じます。

青森県下北半島(4)、イカとネコとアーチ橋の下風呂温泉

 下北半島北部、津軽海峡に面した海沿いに本州最果ての温泉街、下風呂温泉があります。

image

 青森から一時間半列車に揺られて下北駅、そこから更にバスで一時間という、非常に辺鄙な場所です。

image

 海、県道、旧道沿いの温泉街、幻の大間線のアーチ橋、山、といった地形。平地は極僅か。

IMG_0110

 街というより集落ですが、ここには2軒の公共浴場があります。上の写真は「大湯」。訪れた月曜は定休日でした。

image

 もう1軒が「新湯」。

IMG_20140818_105823480

 大湯とは源泉が異なりますが、同じ酸性・含硫黄ナトリウム塩化物・硫酸塩泉です。

image

 無色透明ですが少々ぬめりのある濃いいお湯です。ただ、とにかく熱い。95度の源泉がダバダバ掛け流されていますが、浴槽は何度なのか。しかし地元の方々は平然と入られている。おかしいって!

IMG_20140817_232302353

 宿泊は民宿「さつき荘」さんにお世話になりました。綺麗な内装と広いお部屋。女将さんがバス停まで迎えに来てくれるなどの行き届いたサービス。これで一人8500円は安い。さらにお湯が素晴らしい。含硫黄ナトリウム・カルシウム塩化物温泉の源泉はここと足湯でしか味わえないのですが、日によって灰色になったり黒くなったり乳白色になったりするそうです。硫黄成分が濃く発汗作用がハンパない。こんな北の外れにこんな良い温泉があったなんて!

IMG_20140818_092857479

 お風呂に行く途中、幻の大間線のアーチ橋跡が目の前に見えます。

IMG_20140818_113512914

 そのアーチ橋は遊歩道となっており、途中にホームを模した休憩所が設けられています。そこにある足湯が「さつき荘」さんと同じ源泉を引いており、海を眺めながら楽しめます。

IMG_0128

 漁港にある活イカ備蓄センターではイカでレースをするという奇抜な「烏賊様レース」なるものが行われます。ただ、アウトコースめっちゃ不利。(笑)

IMG_20140818_121657477

 レースをさせたイカは、美味しくいただきます。

image

 たとえ羨ましそうに見つめられても、猫にイカ食をべさせてはいけません。

IMG_20140820_073129467

 だからって、ネコとイカが仲良く夕日を眺めるTシャツってwww
 思わず買ってしまいました。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

青森県下北半島(1)、下北交通と幻の大間線

 下北半島の中心部に位置する半島最大の街、田名部。

IMG_20140817_154902254

 上の写真は下北交通の田名部バスターミナル。かつてはJR大湊線の下北駅よりこの田名部を通り津軽海峡に面した大畑まで鉄道が走ってました。しかし1985年、旧国鉄大畑線が廃止。その後地元の下北交通が鉄道事業を引き継ぎ存続していましたが、施設や車両の老朽化に重ねてマイカーの普及による利用客の減少から2001年に廃止。以来、駅の無い街となってしまいました。

IMG_0041

 そのため現在、田名部へは下北駅からバスで行くしかありません。

IMG_0042

 しかしこのバスが朽ちかけている。経営の苦しさが伺えます。
 
IMG_20140817_164308340

 上の写真は田名部の先、大畑にあるかつての終着駅、大畑駅跡。

IMG_20140817_164351950

 レールもそのままで、右手の車庫には旧国鉄から譲り受けた車両も保存されています。

IMG_20140817_164758353

 駅舎は現在、バスターミナルとして再利用されております。

image

 鉄路は大畑から更に北西、大間まで繋がる計画がありました。これはかつて、旧日本軍の大間軍事要塞まで資材を運ぶために鉄道が建設されていたのですが、昭和17年、戦況の悪化を受けて完成間近にして工事が中止されてしまいました。津軽海峡沿岸には今でも使われる事の無かったトンネルや橋梁などが残っております。

image

 沿岸には崩壊しかけた橋脚など味のある遺構が沢山あるのですが、下風呂温泉のアーチ橋は復元され観光名所の一つとなっています。ホームをモチーフとした休憩所では、海を眺めながら足湯に浸かれる。

IMG_0045

 田名部の民宿「中村」さんの裏に、昔のバスが朽ち果てていました。

IMG_0044

 よく見ると、なんと国鉄の文字が!

IMG_0048

 田名部から陸奥湾側の脇野沢まで走るバス路線で使われていたものです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ