戦争遺跡

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

千葉県富津市金谷(2)、金谷砲台のレジャーランド廃墟

鋸山から下山して昼食を摂った後、レンタルサイクルを借りて廃墟探索に向かいました。

BCF07088-98A4-4172-A4FA-FF3949F2069B

着いたのは砲台山と呼ばれる、鋸山の北西に位置する小高い山。林道から分岐する廃道を入って行きます。

673B091A-478A-434E-B7E7-4CCD5C052B8F

廃道脇の斜面には道に沿って溝が掘られています。この溝、いったい何の役目を果たしていたのかなどの詳細は不明。

CB4A5429-DD02-440D-99D2-BDE5D28AAA07

砲台山の名の通り、山頂には金谷砲台の遺構が残されています。

6AA00FC9-FE37-471F-A141-B65EDC71B943

房総半島や三浦半島によく見られる、首都防衛のための対艦砲台です。

A195A6CB-3084-4C5D-B688-3E864681BB12

中央の丘は砲側庫で四方に通路と砲台跡が広がっています。

EFD3C1BC-4837-49BD-ACA1-53A49AAE8FCA

砲台の跡は池か何かだったのでしょうか。金谷砲台は大正13年に竣工。一時は除籍されたものの太平洋戦争末期に復活。そのまま終戦まで存在しました。

1CB8CE9B-0E0C-4391-A3DE-A28F09D59D5C

こちらは共用トイレの跡。戦後、廃墟となった砲台跡に昭和30〜40年代、砲台山ハイランドと言うレジャーランドが建設されました。しかし詳細は不明ですが寿命は短く、昭和40年代〜50年代には閉園されてしまったそうです。

88698964-79D3-4DEF-803B-5DB8A6D04259

砲側庫の上に立つ小屋。鳥小屋と思われます。

1F578F93-CDDE-4BDC-BFEB-956FB9B3FF6C

こちらはレストハウス。レジャーランドと言っても小動物が数種類飼育され、あとはバーベキュー場と花壇、簡単なアスレチック、展望台などがかる程度の施設だったようです。

1E56A008-EC30-43FA-A7FA-9A6C6B0EF9B7

こちらは麓からのリフトの降り場。この廃墟のメインとも言える遺構です。

F3497B3C-9121-44A0-8E7F-5C6C383395AB

展望台まで簡素なリフトを掛けると言うのは、確かに昭和の頃にはよく見掛けました。リフト自体がアトラクションのような感覚だったのを覚えています。

15A504FB-E12B-4111-B0FF-E198D79FA56D

リフトのモーター部分。当時入場料は無料で、リフト代だけで運営されていたそうです。

6B13AE68-BC0E-4D21-BF70-A51426E9C300

敷地は広大だったようですが、藪に覆われたりしており隅々までは回れませんでした。いや、正直ちょっとビビってました。

7EC8B634-4148-4D2A-89F4-0E8CA6DF2197

古タイヤの遊具らしき物。廃墟探索はここまでにしときます。

2D33C0E9-6201-4FC9-90E9-5D3CC4E1C41C

せっかく自転車借りたんで、海沿いを少し走りました。写真は竹岡方面に少し走ったところにある造船所跡。

06C538D8-6769-487B-A9F7-FB366092D648

こちらは戦争遺跡と思われる穴。倉庫か、あるいは震洋などの格納庫だった可能性も。

BD8A1800-EF06-43AC-AAEF-62E82DD96605

金谷に戻って来ました。こちらは内房フラワーハウスの跡。1970年代に開業と思われますが、2009年に閉業。フェリー埠頭と鋸山ロープウェイの間の国道沿いにあり、多くの観光客が行き交う中に晒されています。

0FE3A638-8A71-475C-8B4D-19EDC88072A3

こちらの宿泊施設、金谷ステーションさんでママチャリを借りました。カフェも併設されており、日帰り入浴もできる温泉宿です。

4B10EDBE-98E5-412E-AB34-12BA56C6F12F

泉質は塩化物泉で24度の源泉を加温したもの。柔らかい肌触りで芯から温まります。最後に登山(下山)とママチャリサイクリングの疲れを癒せました。

神奈川県横須賀市、横須賀軍港巡り

横須賀市街からちょっと北へ。米軍基地を右手に見ながら少し進むと入り江が見えてきます。COASKAベイサイドストアーズと言う巨大ショッピングモールの左脇にあるのが遊覧船発着場の汐入埠頭。京急汐入駅も近いです。

D97147F7-2388-4FCE-A380-C2427FEEEB8B

今まで戦争遺跡巡りなどもして来ましたが、その際ちょくちょく立入禁止に阻まれて来ました。この横須賀軍港巡りの遊覧船は、そんな海上自衛隊基地や在日米軍基地を海から眺めてやろうってやつです。

19825BEC-A954-40AB-BDB2-7ABB1C8D745E

まず右手に見えて来るのが米軍基地に停泊中の海上自衛隊の潜水艦。昔、クリスマスの時期に訪れたらイルミネーションされた潜水艦を対岸のヴェルニー公園から見ることが出来ました。潜水艦が目立ってどうする!なんて思いました。

D5F84FB5-A9D3-45C7-93C9-812C56A5A4CB

こちらは米海軍のイージスシステムを搭載したミサイル駆逐艦、ジョン・S・マケイン。奥にもう二隻イージス艦が停泊しており、さらに沖合いにも危険物積み込み中のが一隻停泊していました。

FE0931D7-1ABC-4478-A311-4CB2B83501E8

奥のデッキで塗装とかでしょうか、足場組んで作業しているのもイージスシステムを搭載したミサイル駆逐艦ミリアス。今回はイージス艦だらけでしたが、時期によっては空母が停泊している事もあります。

631C90B0-160D-47CF-B43B-8860CA506E00

そんな世界最大の艦隊、アメリカ第七艦隊の母港である横須賀基地を眺めていると、あれは、旧日本軍の地下壕施設では⁉︎ ちなみに桜の花見の時期のスプリングフェスタと8月のフレンドリーシップデーの年二回、基地内の一部が一般に開放されます。もちろん今年はコロナの影響で中止でしたが。

419B1EF8-F411-46B2-A175-64113860A8FF

さて、遊覧船の左手は海上自衛隊の敷地となります。吉倉桟橋に停泊していたのはイージス艦まや(右)と護衛艦むらさめ(左)。米海軍と海上自衛隊合わせてこれほど多くのイージス艦が集まる港は、世界的に見ても稀だそうです。なにぶん第七艦隊は地球の海の半分近くを活動範囲としている訳ですから、無理もないです。

8F2C8D68-031A-43E7-BA09-E2F0B9764413

駆逐艦やまぎり(右)と駆逐艦あまぎり(左)。どちらもあさぎり型護衛艦で、他にもあさぎり、ゆうぎり、はまぎり、せとぎり、さわぎり、うみぎりなどの霧シリーズがあります。

7D754249-3608-4D74-A38F-A1BEF2D3D258

遊覧船は吾妻島を北へ、反時計回りに周回します。こちらは掃海母艦うらが。2001年、掃海艇派遣問題で物議を醸し、アラビア海へ派遣された船です。船尾がガバっと開くのが特徴。

C706F9DF-3FFB-46D7-84D5-038674DBEEFC

こちらは護衛艦おおよど。

B2B0575B-8D65-46D3-8263-C547432BB4BB

そのおおよどの向こう側には自衛艦司令部などがありますが、なかなか古そうな建物も見えます。

B0452A0B-ACCE-4C5A-BFD9-87DD5687E593

左手前方を見れば以前訪れた田浦の旧海軍の倉庫群が見えます。

441F4EF3-BEF5-4A3A-B2C0-5731C3F7CF8E

さらになんと、引き込み線の廃線跡の車止めも!ここはベイスターズの練習場の裏手に当たりますが、完全に自衛隊敷地内になるので入れないところです。他の乗客たちが自衛隊の艦船を一生懸命撮影する中、自分だけあらぬ方向にカメラを向けて興奮していました。

4A763A85-3E75-426D-BEA8-3A8B05EEB5A6

こちらは海上自衛隊の潜水艦が二隻。潜水艦は艦船の通し番号が表記されて無いので、説明を聞き逃したら艦船名が分かりません。

341EE619-D02C-4FCB-94D2-27FE7610B2A4

こちらは潜水艦救難母艦ちよだ。行方不明となった潜水艦を捜索し、搭載された深海潜水艇で乗組員を救助するとか。

CE9FA2A1-037A-42EB-BAE2-C93964FADC7F

やがて遊覧船は田浦から新井掘割水路を抜けて汐入のある横須賀本港へと戻ります。吾妻島は元々半島だったところを、運河のように水路で分断してしまったため、島になりました。

E12C8372-198E-4C4B-ADF2-7E5C1DFD0A89

この新井掘割水路の吾妻島側に、いくつもの地下壕施設入り口と思われる遺構が確認できます。

4F7AF75A-838B-402F-B532-935E577F92EB

この新井掘割水路は幕末の1854年、水運を便利にするため地元の名主が水路を造ったのが始まりでした。その後明治19年、横須賀の海軍鎮守府が水路を拡張、海底27mまで掘削されました。

686898B6-DB38-46EF-A6EA-A5619DE81737

以来この辺りは海軍の燃料庫地帯になっていたそうです。

82726F6C-3200-4539-B57A-2B4FF9721A92

ちなみにこの吾妻島は現在、米海軍の倉庫として利用されています。

A7B76331-1171-42BE-A6E9-3762B43CADC9

遊覧船は汐入埠頭へと戻って行きます。ヴェルニー公園の下に垣間見える、旧埠頭の階段。45分ほどのクルーズでしたが楽しかったです。今度はいずもが入港する時期にまた行きたいです。

神奈川県横須賀市、猿島要塞のレンガ建築と砲台跡

今更なのですが、メジャーな観光地でもある猿島要塞に行って来ました。多くのブログ等でも紹介され尽くされてますが、一度行ってみたかったんです。

AD6B5469-063A-49CA-A6D9-0D5A23428771

島を離れる時の写真であると航跡で思い切りバレてしまいますが、猿島は横須賀の三笠公園から一時間毎に出航する船に乗り10分ほどで到着してしまいます。

AD629738-CE00-424C-BB95-6FA556E31364

着くなり島内の至るところが歴史的価値のあるものだらけです。10:30の便で20名ほど、平日の午前中にもかかわらずの盛況ぶり。浜辺でのBBQ目的の団体もいましたが。

19759382-A32F-44BF-9E92-0DFDBE0F5A7B

最初に出迎えてくれるのがこの発電所。明治28年建造で当時は蒸気機関による自家発電だたとか。現在も自家発電として機能しています。

F31BE003-025B-4E12-8F7C-02B56124B3B5

切り通しを登って行くと右手に兵舎が。猿島は幕末、外国船から江戸を守るための台場として開発されました。砲台は太平洋戦争終結まで存在しましたが、レンガ造りの建造物は明治中期のもの。

BF00D8E4-2255-4A12-84CA-375698946321

切り通しはウッドデッキが敷かれとても歩きやすくなっています。右手前にあるのは弾薬庫。

A44FF04F-AF26-4ECA-B667-8C9033F2C1D1

こちらは随分と蔦に覆われていますが兵舎です。雰囲気はめっちゃあります。

F333182B-A858-44E2-BA39-DA0647139761

ここのレンガ造りはフランス積みと言い、明治20年頃からはイギリス積みが主流になったため非常に貴重なものだそうです。ちなみにここはトイレの跡。

CB3CC20E-563D-4134-93FE-0920EA487573

しばらく歩くとトンネルが現れます。ここの切り通しの石垣はいつの時代のものだろうか。苔がいい味出してます。

FB090EEE-5199-4115-8673-D0F56071803A

赤レンガが美しいトンネル。このトンネルの途中から横に入れば、立入禁止ですが地下壕の司令所などもあるそうです。

F1D00886-4D6E-4F2E-B8F4-16505B2E5CF6

こりゃ歴史的価値以上にフォトジェニックっていうヤツですね。インスタなんかで広まって観光客が多く訪れるようになったっていう。奥に見えるのは弾薬庫跡で、その向こう側に抜けられるようになっています。

DDD64E2B-F561-4E65-B632-EC07250CC432

トンネルを抜けると道は右に折れます。奥にトンネルがありますが、現在法面工事に伴い通行止め。先程の弾薬庫から砲台側に抜けて行きます。

5FFF529E-5F37-4462-B513-F1CDA8479BD2

弾薬庫を抜けた反対側出口はこんな感じ。ラピュタの世界なんて言われたりもしているようですが、どうもその言い方、個人的には気に食わなかったりします。

7F2DEBF1-678C-429D-9B24-9CB7C123DE3D

海沿いに抜ければいくつか砲台跡があります。

EC1EA66F-BC69-4EE0-9F85-4B979C670014

東京湾防衛と言えば観音崎砲台や海上の第一〜第三海堡、富津岬や館山の大房崎、洲崎などがありますが、結局どこの砲台も火を噴く事はありませんでした。もし終戦が遅れて本土上陸作戦が実行されたとしても、駿河湾と鹿島灘から上陸する計画でした。

C0143A6C-BC40-48B6-8482-68787632C507

こちらも砲台跡。太平洋戦争時の高角砲が設置されていました。元々東京湾に侵入してくる軍艦を迎え撃つために建設された猿島要塞でしたが、時代は飛行機、しかも高射砲も届かない高度一万メートルをB29が飛来して来た訳です。

18069295-DD77-4945-8CE8-ADCACC4D7BA2

こちらも砲台跡です。猿島については資料も少なく、実際幕末から明治、大正、昭和と、どの局面でどこに砲台があり、どのように変革して来たのかはっきり分からない部分もあるとか。もちろん現在残っているコンクリート造の遺構はほとんどが昭和に入ってからの物と思われますが。

5537A2AC-86BD-4DA9-ACE0-523104C0CB1F

こちらは廃墟的にもカッコいいのですが、展望台と言われています。確かにトーチカにしてはコンクリートが薄いですが、下部の窓なども含めどうしてもただの展望台とは思えません。見張り台と言われれば、しっくり来ますね。

9EF1F888-7450-4389-BAA3-BE80AC7BC535

そんな訳で、一時間の滞在で戻って来ました。帰りの船は11:45発でしたが、来た船は往路の倍ぐらいの乗船率で、早めに来て良かった。猿島へ渡る船は記念艦三笠の艦尾から出ています。三笠の内部も非常に見応えがあるのですが、昔見たので今回はスルーします。

F722C1B1-9E6C-4806-A1A6-983DA24C41CA

昼食は昔何度か訪れたhoney bee。米軍基地の正面にあるピザとタコスとハンバーガーの店ですが、近年メディアに露出して行列が出来るようになってしまいました。

F3581F6C-FFD5-4DD2-A115-F728ED5E4362

この日もほぼ満席でギリギリ座れた感じ。チーズバーガー美味いし良い店です。
さて、午後は横須賀軍港巡りの遊覧船に乗ります。

千葉県茂原市(1)、茂原海軍航空基地の掩体壕群

昭和20年2月、まだ未完成だった茂原海軍航空基地に第二五二航空隊が本部を置きました。時すでに戦局は悪化しており、完成を待たずして開設となった訳です。仮ではあるが昭和18年完成とされていますが、終戦の時点でも工事は続けられていたとか。

3D6F15FE-1371-465A-9692-D357858D429D

かつての滑走路跡。右手には三井化学の工場が広がっています。飛行場建設が決定したのは昭和16年7月。ここ東郷地区の住民約150世帯及び、東郷小学校や寺社ならびに墓地等が安い売却額で強制移転を命じられました。

EFD55410-DB22-4AB4-8B0D-0CC37D660E93

周辺には多くの掩体壕が残されています。掩体壕とは当ブログでも何度か取り上げて来ましたが、空襲から航空機を守るための格納庫。分厚いコンクリートで覆われ、なおかつ爆撃機に発見され辛くするようカモフラージュされていました。

F9CC7838-E535-4057-B57F-CA6CFB6D2385

こちらの掩体壕は完全に民家の裏手になっているため、御主人に許可を取り住宅の裏へ入らせていただきました。飛行場建設には充分な重機もないまま、主に朝鮮人の徴用工などによる人海戦術で進められ、近隣の長生中学校や茂原農学校の生徒たちまで駆り出されたそうです。

936EE3C6-C43D-48A4-9C10-A4356561AC8D

こちらの掩体壕は使われなくなった田んぼに囲まれており、あぜ道も藪で覆われているため近づけませんでした。藪漕ぎは基本的にしたくない。

36615E72-5EA1-47AD-A24C-B28B086B1383

ほとんどの掩体壕が私有地にある中、こちらの掩体壕は道路に面しています。そのため唯一、案内板が設置されていました。

0C5BEEA9-8CD9-4989-8223-76E1A48114AF

こちらの掩体壕は農地を再利用したソーラーパネル発電所の中にあります。しかし掩体壕までのアプローチがわざわざ柵で区切られており、なおかつ草刈りもされていました。見学出来るように整備されているのです。

71532122-4155-4D55-9B29-E6876515756D

こちらは完全に私有地ですが、隣接するアパートの敷地から見ることが出来ます。掩体壕は頑丈に造られているため解体するにも費用が掛かります。そのため倉庫や車庫として使われている事が多いです。

CE1EACB9-78FC-433D-87F2-250F7990CE4E

住宅街の中の森で覆われた掩体壕。ほとんど自然に帰そうとしています。

B4618095-F665-4BD4-9AAF-16393E216C6C

こちらも木々に覆われて形が分からなくなっている掩体壕。車庫として使われているようです。

0F6B29D7-B0A4-44C5-80CC-D9AE299B507F

前面は使われなくなった水田で背後は森と民家。近づけませんでしたが、農機具などの倉庫として使われているようです。以上9ヶ所が現存していますが、これだけ多くの掩体壕が残っているのは全国でもここだけです。観光資源としての可能性を秘めながらも、なにぶんほとんどが私有地であるため難しいです。また基地としても短命で歴史的見地からも文化財指定は難しいでしょう。

ACA53509-686A-44B2-B8CC-E5EA7C95B676

掩体壕を東から新茂原駅に向かって歩いて来ましたが、駅の反対側、内陸側の丘陵地に地下壕施設が残っているらしいので、足を伸ばしてみました。田園が終わり丘陵地に入ると、切り通しと素掘りの隧道がお出迎えです。

4C3E5148-AB56-4D88-A461-6A6D6CCDCF4B

これは!? と、思いましたが、覗いて見ると向こう側の民家の庭に繋がっているだけでした。

41555F7B-89FE-49F2-812B-ED3F4CA0A567

明かりの無い素掘りの隧道は短くてもなんか怖いです。抜けた所で振り返ると、隧道の上に切り通しが。恐らく旧道でしょう。

E6216AEC-2B75-4CA0-8367-E20BEA9367AC

いきなり立派な屋敷門が現れました。若かった頃マウンテンバイクで千葉の山林を走った事がありますが、まさかの所で立派な屋敷が現れたりしてビビります。
因みに防空壕ですが、よくよく調べて見たらこの山林の奥に入り口があるらしいです。無理です。夏場に草の生い茂る山に入って行くには、それなりの覚悟と装備が必要です。

910CA0DF-86BB-459C-8EB5-88D923F674C0

左の籠のような物が気になりますが、かなりの旧家のようです。ALSOKのステッカー貼りまくってますが。こう言う家を一度取材して見たい気持ちもあります。

31EF5503-3775-47A0-8CD8-A2CF44C0024A

なんたってアプローチがコレです。この先に立派な屋敷があるなんて、誰が想像し得るでしょう。こう言うところ、千葉って独特だと思うのですが。

ABE3C4C1-AB08-47F0-A019-08EFED677056

田園地帯に出ました。放置された水田跡なども見られますが、後継者不足で離農されてしまったんでしょうか。

B80E8914-0E52-4F97-B7BF-127E111B58DA

小さな集落が見えます。

2236C6AD-E082-4BB6-9CDA-9E6002C8FB2E

こちらも立派な屋敷門。最後はすっかり趣旨が変わってしまいましたが、レンタルサイクルでもあれば、千葉の集落なんかも巡ってみたいですね。

茨城県笠間市、筑波海軍航空基地司令部跡

最近仕事が暇過ぎてブログの更新頻度が上がる一方です。しまいにはトップ画像まで変えてみたり。じっとしていても生活に不安を感じるばかりなので、また取材に行ってしまいました。

1CB93391-2FC6-4408-AD14-5E4A9138607E

今回は茨城県笠間市にある筑波海軍航空基地の跡地です。当時の司令部が残っており、記念館として公開されています。この建物は戦後より2011年の東日本大震災まで、学校や病院として使われて来ました。現在も県立こころの医療センターや友部第二小学校が隣接しています。

863CBA3C-E314-4B7D-8349-A7CA3E5E0936

司令部の前には当時の号令台が残っています。ここは2013年公開の映画、永遠の0(ゼロ)のロケ地として有名になりました。

98C14DB4-9DC1-478A-88CE-BB031B33FFBF

クラウドファンディングによって目標額1000万を上回る約1500万が集まり、保存及び復元活動が進められています。当時の外観を復元すべく屋上給水塔やエアコン室外機を撤去し、現在は地下壕施設を整備しております。最終的には文化財登録を目指しているとのこと。

5FBAB684-A13D-4EE3-AF2E-087A2C6D5C85

筑波海軍航空隊は昭和9年、戦闘機などの操縦訓練を行う霞ヶ浦海軍航空隊の友部分遣隊として開隊。昭和13年には筑波海軍航空隊として独立しました。

EEBAC31B-4736-4E30-9550-375F43DCA2BF

こちらは九三式水上中間訓練機、通称赤トンボ。複葉機ですが昭和9年に正式採用された訓練機です。一般兵より採用された操縦練習生に加え、昭和11年からは土浦航空基地の予科練出身の練習生も加わりここでの訓練を重ね戦場へと送り込まれて行きました。

BFEED79B-7B97-4857-B5D0-0549E2603871

一階展示室には南方戦線で発見された零戦などの残骸が展示されています。昭和16年10月から翌年3月までに中練教程を修了した52名の内、46名が終戦までに戦死されたそうで、生還率の低さに驚きます。確かに日本の戦闘機の性能は世界でもトップクラスでしたが、その装甲の弱さや燃料が粗悪になって行く事、他国の技術力が急速に進化し、大戦後期には時代遅れになってしまった事など、様々な要因が重なっています。

97DF5DB8-DE7B-4B3F-91CB-FD101E48D65F

当時の再現として映画のロケのために使われた小道具がそのまま展示物となっています。こちらは司令室。左奥の書庫は開設当初から使われていた本物。

FB72297C-8904-4073-AD27-C55F8C8C753C

昭和19年3月には零戦が配備され、実用機課程の練習航空隊となりました。ちなみにこちらの写真は靖国神社の遊就館に展示されている零式艦上戦闘機五ニ型。

A5376985-B468-49D2-9029-8A471AF2FEA4

こちらは副司令室。この机は海軍当時使われていたもの。昭和19年10月には映画「永遠の0」にも描かれている神風特攻隊が組織され、以降鹿児島県鹿屋基地を経てフィリピンや沖縄へと出撃して行きました。

6E79A2E3-A6B4-412B-94B6-8853440283FD

この建物は永遠の0以降も様々な映画やドラマのロケで使われています。戦争についての勉強にもなりますが、建物としても非常に貴重で素晴らしいものです。また、アニメ(艦これ等)を通じて日本海軍に興味を持った方たちも多く訪れています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ