戦争遺跡

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

千葉県館山市、洲崎第二砲台跡と震洋特攻基地跡

館山航空隊跡から東へ。房総半島の南東端である洲崎方面に行った所に洲崎第二砲台跡があります。

IMG_4846

こちらは砲台へ向かう所の門柱。特に何も刻まれて無いので木の表札でも掛かっていたのでしょう。

IMG_4847

住宅の中にコンクリート造の遺構が。砲弾に火薬を装填する炸薬填実所だそうです。危険なので半地下にしてドーム状で分厚いコンクリートに覆われています。このコンクリートが堅すぎたと言う事で民家はその上に建てられていました。地元の方曰く、ついこの前も写真撮り来てたけど、飛行機の格納庫とか言ってたなぁ。いや、掩体壕はこんなに小さくないし山の中腹だし、そんなわけないでしょうが。

IMG_4849

住宅地の最奥部、この先は人が足を踏み入れてない事が分かります。マジか。ここを行くのか⁉︎

IMG_4851

雑木林の中に、砲台の基部が残っていました。

IMG_4855

この洲崎第二砲台は昭和2年、30センチ榴弾砲4門が完成。しかしその後砲門を満州軍に出したためしばらく砲座は破棄されていました。しかし昭和13年、本土決戦に備えて再開され、12センチ速射カノン砲2門と10センチカノン砲4門があったそうです。ちなみにこれは唯一現存する第四の砲台。

IMG_4860

奥には砲弾などをしまっておく砲側庫があります。

IMG_4862

さらに奥には隧道が。陸軍の迷彩が残っていますが、内部は戦後何かに再利用されたのかコンクリートとタイルで補強されています。また内部には横穴があり弾薬庫としても使われていました。

IMG_4867

砲台のあった坂田海岸から岬一つ手前の波左間海岸。のどかな漁村って感じです。

IMG_2937

しかしここには大戦末期、特攻船「震洋」の基地があったそうです。

IMG_4869

元々ここ波左間海岸には前出の洲崎第二砲台への資材搬入波止場がありました。この階段は当時のものだろうか、いかんせん波の侵食を受けているので、海岸部には当時の遺構は殆ど残っていないと考えた方がいいかも知れない。

IMG_2934

波左間の「震洋」特攻基地跡。干潮時にはもう少し遺構が顔を出すようですが、正午過ぎだったので水没していました。

IMG_4878

付近には数多くの防空壕があります。震洋の訓練施設は長崎と鹿児島にあり、訓練を終えた兵士たちはフィリピン、沖縄諸島、日本本土の太平洋岸各所の基地へと配属されて行きました。

IMG_4879

昭和20年初頭よりフィリピンや沖縄戦線において陸軍の特攻船「マルレ」と共に戦果を挙げて行く中、ここ波左間の震洋基地の建設は昭和20年3月下旬から開始されました。

IMG_4874

このような小さな入り口は燃料や食料などの倉庫だったかも知れません。

IMG_4880

すっかり草に覆われていますが、大きめの防空壕は震洋の格納壕だった可能性があります。

IMG_4585

先週、霞ヶ浦の予科練平和記念館雄翔館に立ち寄った際に撮った震洋の模型。昭和20年7月、第59震洋隊として176名の若き志願兵が完成した波左間基地に配備されましたが、6隻の震洋が基地に到着したのは8月13日になってから。すぐに爆薬を装備し出撃態勢をとっていたなかで敗戦を迎えたそうです。

千葉県館山市、館山海軍航空隊赤山地下壕跡他

アクアラインのお陰で南房総がだいぶ近くなりました。東京から二時間掛からずに行けます。

IMG_4918

昭和5年、館山飛行場が完成すると横須賀海軍航空隊の作戦部隊を移転させ、館山海軍航空隊が設立されました。その跡地は現在、海上自衛隊館山駐屯地として使われています。

IMG_4922

現在自衛隊敷地で入れないのですが、この左手奥に水上機が進水するスリップ(傾斜)が残っています。またそのスリップは敗戦後、アメリカ軍が初上陸した地でもあります。

IMG_4919

軍需部第二航空廠倉庫。昭和7年に航空廠(軍需工場)が併設されています。赤煉瓦が当時の面影を色濃く残しています。

IMG_4900

航空基地の近くに、赤山地下壕跡があります。こちらは一般公開されており、入場料200円。

IMG_4901

太平洋戦争当時は木更津海軍航空隊が設立されていたため、館山海軍航空隊は主に哨戒、偵察任務を主とし、敵潜水艦への攻撃を行っていました。しかし終戦が近づくにつれ、上陸に対する首都防衛が主な任務となって来ます。

IMG_4902

そんな中、この赤山地下壕が造られたのは諸説ありますが、本土爆撃が始まった昭和19年以降と考えられています。

IMG_4904

壁面は丁寧に掘られ、房総半島特有の地層がはっきり見られます。

IMG_4916

内部は非常に広く、司令部を始め発電施設や病院まであったそうです。

IMG_4893

こちらは裏手の入り口。立入禁止ですが、入り口は多く造られています。

IMG_4891

搬入口でしょうか、大きな入り口もあります。

IMG_2949

こちらは赤山地下壕の裏手に残る掩体壕。滑走路は浜辺に造られているため、かなり距離が離れていました。

茨城県稲敷郡、鹿島海軍航空隊基地跡

霞ヶ浦には2回に渡り訪れました。1度目は先々週バスで予科練平和記念館へ。2度目は昨日、土浦駅前からレンタルサイクルを借りて。目的地である美浦村の遺構までの交通手段が無く、バスで江戸崎まで行きタクシーなんてのも考えましたが、土浦駅のレンタルサイクルがロードバイクやクロスバイクなども借りれると言う事で、思い切って長距離サイクリングにしました。
Hellocycleと言う物なんですが、これが登録すれば首都圏を中心とした一部地方都市の基地で、早朝から自由に借りれると言う優れ物。アプリで手続きするとオンラインで繋がっている自転車の鍵が外れ、1日2000円の利用料はカード又はdocomo払いという。地方公共交通機関が衰退した現代、これは無免トラベラーとしては非常にありがたいですし、どんどん広げて行って欲しいです。

と、余談はここまでにして本題。

IMG_4711

土浦から霞ヶ浦南岸を東に走って行きます。予科練平和記念館を越えた辺り、以前より気になっていた場所へ。ここは、霞ヶ浦湖底の土砂や泥を浚渫船で汲み上げ、沖合いの浮島に停泊する船から陸地へと揚げるという物。ポンプによってパイプを伝い大量な土砂が運ばれています。浮島までの軌道とトロッコは、浚渫船まで機材等を運び込むための物でしょうか。

IMG_4713

陸地では土砂を大量の水で洗い、かつ選別しています。干拓事業として利用され、水田や蓮根畑などが広げられて行きます。

IMG_4714

さらに東へ行った所に、同様の施設の廃墟が有りました。

IMG_4717

こちらはもう使われていない選別場です。

IMG_2906

沖合いには既に使われなくなった廃船が打ち捨てられています。

IMG_4738

そんな物を見ながら、かつ向かい風に体力を奪われながら到着したのが、美浦村の湖岸(東側)。かつてこの浜より水上機が進水し、訓練を重ねて行ったそうです。当時のコンクリートは東日本大震災で破損したため新たなコンクリートで埋められてしまいました。現在はモーターボートやマリンスポーツの基地となっています。

IMG_4723

基地の建設は霞ヶ浦海軍航空隊の水上班が土浦航空基地より移転して来た昭和13年。この水上班、霞ケ浦航空隊安中水上隊は昭和20年5月、練習航空隊の指定を解除され鹿島北浦派遣隊となったため、この遺構は鹿島海軍航空隊跡と呼ばれています。航空隊の庁舎跡は戦後、東京医科歯科大学附属病院霞ヶ浦分院として再利用されていましたが、その病院も平成9年に閉鎖されてしまい廃墟化。

IMG_2917

つまりこれは廃病院という事になり、有名な心霊スポットにもなっていました。現在では厳重な柵に囲まれています。

IMG_2913

立入禁止&藪に阻まれ近づけませんでしたが、教練所跡の奥に見えるのはボイラー室。これらの建物も病院の施設として使われたとの事です。またかつてここには兵舎跡を利用した木造の病棟があり、スピッツ「空も飛べるはず」のPVのロケ地にもなっていましたが、その病棟は残念ながら取り壊されてしまいました。カラオケ歌う時にその映像が流れ、ここ行ってみたいと常々思っていたのですが、非常に残念です。

IMG_2920

格納庫跡の隣には発電施設跡も残っています。土浦から二時間近くペダルを漕ぎ続けて来たので藪を漕ぐ体力なんて残ってません。

IMG_2914

こちらは便所の跡と言われていますが、貯水槽に建つポンプ室という説も。

IMG_4744

ふんどしを干していた所と言う説が。

IMG_4729

庁舎(病院)跡の向かいには倉庫が有りますが、こちらの詳細は不明。

IMG_4730

倉庫からさらに湖寄りに入った所にある遺構には、記念碑か有ります。

IMG_4731

記念碑のある建物は燃料庫跡。火気厳禁だからコンクリート造なのでしょう。

IMG_4736

沿岸には当時使われていた船着場も残っています。

IMG_4719

基地の跡地は岬のようになっており、東と南を霞ヶ浦に面しています。なので東と南それぞれにコンクリートで固めた傾斜(スリップという)があります。こちらは南面のスリップ。水上機とはつまり(主に)複葉機の車輪部分にデカい浮きを付けたもので、偵察や哨戒が主な任務とされていました。ちなみに飛行艇も配備されていたかどうかは定かではありません。

IMG_4741

南東の突端部にはカタパルトの台座跡が残っています。

IMG_4743

トラス構造のクレーンみたいな物が、湖に向かって伸びていました。子供の頃、戦艦大和のプラモデルを作っていた時、艦尾にこのカタパルトを付けた記憶が有りますが、アレです。プラモ作った人しか分からないかも知れませんが、大和には偵察機や観測機など6機の水上機が搭載されていました。ここでカタパルト発進の練習をしていたのですね。

この後、前の記事に載せた霞ヶ浦海軍航空隊基地跡に向かう訳ですが、追い風で快調に飛ばすも雨に降られるという不幸が。

茨城県土浦市、土浦及び霞ヶ浦海軍航空基地跡と予科練記念博物館

大正10年に開設された土浦航空基地は、元々は霞ヶ浦航空隊の水上機班の施設であり霞ヶ浦航空基地の一部でした。元々昭和5年に横須賀海軍航空隊で発足した予科練が昭和14年ここに移設。昭和15年、水上機教育が南東沿岸に完成した美浦村の基地に移転したことにより、ここに予科練の教育を担当する土浦航空隊が置かれ、後、終戦に至るまで全国へと拡大していった予科練の中枢を成す事となります。

IMG_4580

霞ヶ浦の畔 、土浦海軍航空隊予科練跡地に陸上自衛隊土浦駐屯地とそれに隣接して予科練記念館があります。予科練とは航空隊の兵士を育成する機関で正式には予科練習生という。

IMG_4567

土浦海軍航空隊跡地の南側には予科練平和記念館が建っています。中は撮影禁止ですが数多くの資料が展示されており、当時の雰囲気が伝わって来ますし、とても勉強になります。特に印象に残ったのは、当時の若者は世界恐慌の影響で貧窮した経済状況の中、タダで学校に通えて軍隊に入れば家にもお金が入るという、実に現実的な事情で地方の農家の男子達が予科練の狭き門を目指していたという事。お国の為という以前に家の為、家族の為という辺りが実にリアルです。

IMG_4575

敷地には零戦の実物大レプリカが展示されています。戦争末期には鹿児島の知覧や去年訪れた香取海軍航空基地より、予科練出身の若者達が飛び立って行きました。またここでは以前訪れた神之池航空基地と同時期に決戦兵器桜花の訓練もされていました。

IMG_4568

特攻で多くの命と航空機を失った帝国海軍は、回天という特攻兵器を造りました。いわゆる人間魚雷ですが、こちらは実物大レプリカ。ちなみに回天については山口県や大分県などに訓練基地があり、予科練卒業後に配属されて行った。

IMG_4589

予科練平和記念館の北側、現在の陸上自衛隊土浦駐屯地。

IMG_2864

敷地内には予科練当時の医務課棟が残っています。敷地内を見学する事も可能ですが、二カ月以上前までに書類を送付して事前予約をしなければなりません。

IMG_2862

敷地内には歴代の自衛隊車両が数多く展示されています。いつか機会があれば中にも入って見たい所ですが、桜の季節に一般開放されたとか。すでに遅し。

IMG_4584

ただ敷地内には予科練出身者の方々によって建てられた記念館、雄翔館があります。こちらは自由に入れて入館無料。建物の前には山本五十六元帥の像があります。

IMG_4585

こちらは特に撮影禁止と書かれてませんが、館内には手紙や寄せ書きなど貴重な資料が展示されています。こちらは海軍の特攻船震洋の模型。木製のモーターボートにトヨタのトラックのエンジンと爆弾を積んで突っ込むという物です。桜花や回天と比べてなんと原始的ですが、昭和19年5月に試作1号艇が完成し8月に兵器として採用され10月下旬のレイテ沖海戦に投入された事から、神風特別攻撃隊より半年以上前に、震洋の開発は完了していたことになります。(wikipedia参照)

IMG_4588

終戦が近づき物資が本気で無くなって行くにつれ、特攻兵器はその狂気を増して行きます。そしてその最終形態とも言える物が、この伏龍。もはや決戦兵器もただの潜水服となってしまいました。伏龍隊は横須賀で訓練を重ねていましたが、幸いにも出撃する前に終戦を迎えました。ただこの潜水服が欠陥品で、訓練中に命を落としてしまった若者が多くいたそうです。

IMG_2922

陸上自衛隊土浦駐屯地の約3キロ北西、内陸部に航空自衛隊霞ヶ浦駐屯地があります。こちらは土浦航空基地よりも前の大正8年に完成した、旧霞ヶ浦海軍航空基地の跡地となります。当時は東洋一の航空基地とも称されていたとか。

IMG_4761

基地の周辺にはいくつかの遺構が残されています。その一つで20基造られた掩体壕の内、唯一現存するものです。

IMG_4757

一応解説板は有りますが、いかんせん一般住宅の敷地内なので、なかなか近くには行けません。

IMG_4753

こちらは土浦航空基地での訓練等で殉職された方々を祀った慰霊碑。

IMG_4756

元々この場所には慰霊のため大正14年に霞ヶ浦神社が建立されましたが、終戦時に取り壊されてしまいました。そこで慰霊碑が建てられたと。

IMG_4745

フタムラ化学及び三菱化学のあるこの敷地は、かつて中島飛行機若栗工場だったそうです。

IMG_4747

工場の前の直線は霞ヶ浦航空基地への誘導路跡。

IMG_4752

ヰセキの工場敷地内では基地の格納庫がそのまま使われています。煉瓦造りの格納庫、近くで撮りたい。

IMG_4749

その敷地には戦闘指揮所の跡も有ります。こちらは外周道路沿いなので、なんとか撮れました。

霞ヶ浦航空基地は霞ヶ浦海軍航空隊の陸上機のための基地であり、水上機のために土浦航空基地が建設されてました。しかし横須賀より予科練が移転して来たため、水上機の基地は南東の美浦村、江戸崎の北の岬に移転し、その後鹿島海軍航空隊と改名されました。次回はその水上機基地の跡地を巡ります。

三鷹市、調布市、府中市、調布飛行場周辺の掩体壕

三鷹市と府中市と調布市に跨がる調布飛行場周辺の戦争遺跡を巡って来ました。

IMG_2875

飛行場跡地は現在調布飛行場として使われていますが、この門柱は帝国陸軍調布飛行場当時の物です。

IMG_2877

調布飛行場は昭和16年4月完成。帝都防衛の拠点として帝国陸軍飛行第244戦隊などが置かれました。門柱の脇には当時造られた排水溝が水こそ流れてませんが残っています。

IMG_4657

飛行場周辺には現在四基の掩体壕が残されています。こちらは大沢第一掩体壕。

IMG_2886

当時配備されていた陸軍航空隊の戦闘機「飛燕」のイラストが描かれています。飛燕は川崎航空機(現在の川崎重工)がダイムラーベンツの液冷エンジンを元に製造した国産機です。この戦闘機だけは他の国産機と違ってメッサーシュミットやスピットファイヤにスタイルが似てますが、それは飛燕が唯一の液冷エンジン搭載機だから故に空力を追求出来たからだそうです。いわゆる零戦などは空冷式だから機首がゴツいんですね。余談ですが川崎重工の川崎って川崎市の事だとばかり思ってましたが、神戸の川崎正蔵という創立者の名前だったんですね。

IMG_2889

話が逸れましたが、米国のB29による本土爆撃が始まったのに合わせて昭和19年6月から9月にかけ、滑走路周辺に有蓋掩体壕30基、無蓋掩体壕30基が造られました。

IMG_2890

こちらは大沢第二掩体壕。多少埋まってる感があります。

IMG_2885

現在の調布飛行場はプロペラ機専用の飛行場としてセスナを始め、大島、新島、八丈島、神津島などへの定期便の発着所として使われています。飛行場だけが調布市で、東側の三鷹市と西側の府中市に挟まれています。

IMG_2893

飛行場の北西側、こちらは府中市になりますが二基の掩体壕が残されています。しかし行ってみたら、民家と工場に挟まれている! 住民にとってみれば邪魔物以外の何物でもないのでしょうね。

IMG_2901

こちらは白糸台掩体壕。住宅街の真ん中にポツリと残されていました。

IMG_2900

掩体壕を知らない人が見たら、これは一体何なんだと疑問に思うことでしょう。

他にも飛行場の南東外れにある椎の実子供の家という保育園の敷地内には高射砲台が残されていますが、土日祝日以外で事前に電話予約しなければ見学出来ません。アポ無しで行ったらそう書いてありました。事前調査も大切ですね。

IMG_4658

余談ですが、近くには近藤道場撥雲館なるものが。こちらは新撰組の近藤勇も居たという天然理心流の道場です。個人邸の敷地内に有りますが、そのお家が近藤さん。戦時中は移築されたりもしたそうですが、現在元の近藤家敷地内に再度移築されたとか。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ