廃墟

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

神奈川県横須賀市、観音崎の戦争遺構群(後編)

続きです。とにかく暑くて死にそう。

IMG_2754

山頂付近の尾根道を歩いていると途中、橋が掛かっています。その橋から下を覗くと、えらい深い切り通しが。ここは明治期の砲台建設の際、資材搬入などで使われたそうです。

IMG_2782

近くで見たいと下に廻って見たところ、立ち入り禁止の上に深い藪に覆われていました。

IMG_2757

頂上付近は児童公園でアスレチック施設などがあるのですが、そこここに赤煉瓦の土塁が顔を覗かせています。

IMG_2759

ここは腰越堡塁と呼ばれる砲台跡で明治29年竣工、大正14年除籍。

IMG_2761

最後に観音崎の北西側、海水浴場の少し上にある三軒家砲台跡を訪れました。入り口の門柱は当時のもの。

IMG_2763

坂を下って行くと左手に地下弾薬庫の入り口が。

IMG_2768

さらに下って行くと三ヶ所の砲台跡が。

IMG_2766

この砲台跡は27㎝カノンという当時最大の大砲を備えていたため、関東大震災後に復旧されて昭和初期まで使われました。

IMG_2767

そのためかここには当時の陸軍の迷彩塗装がはっきりと残っています。

IMG_2765

砲台と砲台の間には地下施設へ下る階段と赤煉瓦塀が見事に残っています。

IMG_2776

こちらの砲台跡にも鮮やかな迷彩塗装が。

IMG_2773

こちらも地下施設への階段。指令所などがあったのでしょうか。

IMG_2780

その証拠に地下からの指示が聞こえる穴が。潜水艦の声を通すパイプのようなものです。

IMG_2778

一番奥には観測所付属室が。中に入って見たい。

IMG_2769

砲台の背後にはこのような切り通しがあります。

IMG_2770

坂の上に弾薬庫があることから、ここを通って弾薬を運んでいたのでしょうか。

IMG_2781

三軒家砲台跡、観音崎海水浴場側の門柱。そんな訳で非常に内容の濃い戦争遺跡でした。この周辺にもまだまだ遺構が多く残されているのですが、いかんせん暑くってギブアップです。

IMG_2786

最後に汗を流そうと京急大津駅近くの銭湯、宮本温泉に立ち寄って来ました。3時オープンから30分しか経ってないのに地元の方々がすでに8 人ほど入られています。 (地図)

IMG_2789

温泉分析表などが見当たらないと思ったら、ここは温泉ではなく実母散薬湯という薬湯だそうです。ちなみに薬湯浴槽は露天風呂。見事なオレンジ色をしており匂いも紅茶っぽい。なかなか良いお湯で、サッパリしました。

神奈川県横須賀市、観音崎の戦争遺構群(前編)

三浦半島、横須賀の先の浦賀、観音崎に残る砲台跡などの戦争遺構を巡ってまいりました。

IMG_2783

観音崎は夏のレジャー真っ盛り。海に入る人やBBQを楽しむ人などで賑わっています。

IMG_2724

観音崎灯台は日本最古の様式灯台として1869年より点灯しています。だだし関東大震災などによって崩れているため、現在の灯台は大正14年に再建された3代目となります。この灯台の場所に文化9年(1812年)、最初の台場が造られたとか。

IMG_2722

その観音埼灯台をとり囲むようにして、いくつかの砲台の跡が残っています。東京湾の入り口でもある観音崎の砲台は元々、文化7年(1810年)より会津藩が台場と陣屋を築き、文政4年(1821年)に浦賀奉行所管理のもと、その後慶応4年から江川太郎左衛門が引継ぎ、明治以後は海軍省、そして陸軍省へと引継がれ、昭和20年の終戦まで管理されました。

IMG_2719

現在残る砲台跡の多くは明治〜大正期のもの。この北門第一砲台は明治13年(1880年)に着工されたもので、以降9ヶ所もの砲台が建設されました。砲座全面には巨大な御影石が。

IMG_2717

手前の塞がれた入り口は弾薬庫でしょうか。ちなみに観音崎の砲台は兵器の進歩や国際情勢の変化などにより、その多くが大正時代に廃止となりました。ここ第一砲台は大正4年除籍。

IMG_2715

こちらは観音崎バス停から少し登った所にある北門第二砲台。第一砲台と同じく明治13年着工で同17年竣工、大正4年除籍。

IMG_2706

もちろん大砲があるわけではなく、土台があるのみ。

IMG_2714

こちらも第二砲台。日清戦争や日露戦争の時には戦闘配備につきましたが、実際東京湾の入り口まで敵艦隊が攻め入って来る事は無かったので、実戦で発砲したことは無かったそうです。

IMG_2708

施設としては基本的に地下施設。指令所や弾薬庫などが、防空壕のような形で眠っています。年に数回ガイドツアーが開催され、その際には幾つかの鉄の扉が開かれるとか。

IMG_2729

海沿いまで降りてみると、遠く岬の突端にコンクリート造の廃墟が。これは潜水艦を砲撃するために潜水艦の音を探知して居場所を探る観測所で、こちらは第二次大戦中陸軍によって昭和12年に完成したものです。ただ岬の先端部分は現在防衛省の敷地(海上自衛隊観音崎警備所)で近付けず、よりによってこの日はデジカメを忘れて来るという失態。

IMG_2732

岬の南西側に廻ってみようと素掘りのトンネルを越えて行きます。このトンネル、鳶ノ巣台場(現在の観音崎警備所)建造のため嘉永5年(1852年)頃に掘られた横須賀最古のトンネルだとか。

IMG_2736

反対側に廻ってもやはり遠い。ipadでは無理があります。光学望遠レンズが欲しい。

IMG_2726

途中の海岸線には謎のコンクリート構造物が転がっていました。これも戦争関連の遺物でしょうか。

IMG_2740

再び山へと登って行きます。崎先端部の近くには、外洋を臨むようにして戦没船員の碑があります。海の日の観音崎はレジャー客で賑わい波は静かで平和な休日です。

IMG_2742

観音崎の山間部は全体が公園になっており、遊歩道が迷路のように張り巡らされています。戦没船員の碑の北側より海側展望台へと抜けるトンネルが。

IMG_2743

トンネルを抜けると左手に地下施設への入り口が。コンクリートで固く閉ざされています。

IMG_2745

展望台手前にあるのが北門第三砲台跡。

IMG_2747

こちらも竣工と除籍の時期は第一や第二と同じです。

後編に続く。

神奈川県横須賀市田浦(1)、皆ヶ作のカフェー建築

神奈川県横須賀市、京急田浦駅周辺に行ってまいりました。

IMG_2454

駅から少し南に下った所より海に向かって仲通り商店街というアーケードがあります。現在ではすっかりシャッター商店街と化していますが、ここにはかつて皆ヶ作という花街がありました。

IMG_2457

ここ田浦にはかつて大日本帝国海軍工廠造兵部(現在の東芝ライテックの工場)や海軍防備隊などの施設がありました。そのため大正から昭和に掛けて、大変な賑わいを見せていたそうです。

IMG_2455

かつて色街を紹介するサイトなどでは有名なカフェー建築が商店街の近くにありましたが現在では解体されてしまい、僅かに匂いの残る建物が数軒残るのみ。

IMG_2461

商店街を海に向かって右側、少し路地を入った所にある割烹飯田屋。

IMG_2453

こちらは商店街の真ん中にある銭湯。まだ現役のようです。

IMG_2462

路地裏に僅かに残る飲み屋街へと入って行きます。

IMG_2463

玄関の上にあるライオンの顔。数少ない私娼の名残りです。

IMG_2464

扇の意匠。カフェー建築の名残りです。

IMG_2469

商店街を抜けて左手の住宅街に入った所に、元料亭だった建物。

IMG_2470

ナスを象った窓。この辺りにはかつて40軒ほどの私娼館があったそうです。

IMG_2472

バー『城』跡。見事なカフェー建築です。

IMG_2474

道が狭く引きで撮れないのがもどかしい。曲線を多く使った建物。

IMG_2476

その二階部分には、いかにもな窓が残る。

IMG_2478

隣にはバー『一ニ三』。現在まだ営業しているかは不明ですが、最近まで営業してたとか。

IMG_2483

崖の中腹に廃墟がありますが、こちらは大正15年竣工の田浦町役場跡です。

福岡県博多、夜の中洲〜志免町、志免鉱業所竪坑櫓

福岡博多の屋台について、中洲は観光地化されており、最近では天神の屋台街に地元の方が集まるとの事。しかしおよそ10年前に中洲で飲んだと言うこともあり、今回はメジャーな中洲界隈で夜を過ごすことにしました。

IMG_1552

中洲の歓楽街がまず目を引いたのは大洋映画劇場。終戦直後の昭和21年、当時まだ焼け野原だった博多に戦後初の娯楽施設としてオープンしたそうです。

IMG_1554

裏通りを入って行くと、なかなか渋い建物が目に付きます。

IMG_1556

このような地元感溢れる大衆酒場が非常にそそられるのですが、店内は超満員でした。

IMG_1558

いい感じの路地裏があったので、とりあえず入ってみます。この人形小路には古いスナックと若手が新規開店したような店とが混在しています。

IMG_1563

路地の出口にある「あほう鳥」に入り、モツ鍋を堪能。ビールに合う!

IMG_1569

いい感じに酔ったところで屋台街に行きました。地元のサラリーマンと観光客でごった返しています。

IMG_1577

南端の屋台「峰ちゃん」に入店。店じゅうに名刺が貼られています。

IMG_1575

芋焼酎ロックを注文。しかしコップになみなみと注がれた焼酎に小さい氷が二つ入っているのみ。焼酎はストレートたい!とでも言わんばかりで、酔いが回る回る。

2DD7F4A1-8EFC-4591-811D-A802491B9E5E

翌日、昼までガッツリ寝て福岡空港の近くにある志免炭鉱跡に寄りました。こちらは地下坑道より斜めに搬出する坑道口。

IMG_1580

そして圧巻なのがこの重要文化財に指定されている竪坑櫓の廃墟。

IMG_1582

ここ糟屋炭田志免鉱業所は日本で唯一の国営炭鉱で、明治39年より採掘が始まり昭和39年に閉山。

IMG_1584

鉄筋コンクリート造ですがところどころ表面のコンクリートが剥離しており、当然ながら立ち入り禁止。しかしよく残っていると思います。

1BEC1068-E5B9-4113-939F-4287C162C257

開山当時は海軍の管轄でしたが、戦後国鉄に移管されたそうです。

IMG_1585

高台に建つ竪坑櫓の下には旧国鉄勝田線の廃線跡があります。

IMG_1587

竪坑櫓の下には志免鉄道公園があり、筑前志免駅跡の線路とホーム、踏み切り、信号などが残されております。

IMG_1591

勝田線は先日紹介した宮原線同様第1次特定地方交通線に指定され、1985年4月1日に廃止されました。国鉄の分割民営化を控えたこの時期、かつて炭鉱で栄えた九州北部でも数多くのローカル線が廃止されています。

5C2BC146-4413-4716-8505-E7E4A38A8620

線路跡は大部分がそのまま緑道となり、上亀山の方まで続いています。

今回の九州旅行はこれまで。それにしても行きたい場所がまだまだあり過ぎて、全然周り切れませんでした。

熊本県小国町(3)、杖立温泉の背戸屋(路地裏)

小国町ゆうステーションから杖立温泉へ向かう次のバスまで2時間。なのでタクシーで杖立温泉へと向かいました。

IMG_1428

せっかくのタクシーだったので途中下城の大イチョウに立ち寄りましたが、夜間のライトアップの影響で早々に散ってしまったとか。しかし何が良いって下の農耕具小屋が渋い演出。

IMG_1431

散ってしまったものの地面は見事な黄色い絨緞でした。

IMG_1436

大イチョウの向かいからは下城の滝を眺めることが出来ます。

D188B3BA-5D04-4701-9814-BEF624D5F629

やがてタクシーは杖立温泉に到着。かなり寂れた雰囲気の温泉街で、期待も高まります。

IMG_1449

熊本県の北東部、福岡県との県境にあるこの杖立温泉は、福岡県側へと流れる杖立川沿いの渓谷に、張り付くように建物がひしめき合っています。

IMG_1446

川の東岸を小国町から日田へ抜ける国道が走り、川へと降りる階段はすでに路地裏レベルの狭さ。

IMG_1440

狭い階段の途中には公共の蒸し釜があります。

IMG_1441

別府の鉄輪温泉などが有名ですが、源泉温度が100度という超高温のため、大抵の料理は出来るそうです。

IMG_1443

もちろん宿泊客や湯治客も自由に使えるので、利用方法の説明書きがされています。

IMG_1447

川沿いに降りたら、また蒸し釜。

54E31AAA-0BBF-4A4D-8FC5-2C4D1D24649B

橋を渡ってメインの温泉街へ。川沿いに建つ湯屋は共同浴場の流泉湯。入ろうと思ったのですが鍵が閉まっているジモ専浴場でした。

IMG_1476

それにしても素晴らしい掘っ建て小屋感。後で調べてみたところ、地元の方の許可が下りれば入れる事もあるとか。なんという敷居の高さ。

IMG_1454

川を渡ったところで、また蒸し釜。街じゅうから蒸気が噴き出しているようなものです。

IMG_1452

さて、日田行きのバスの時間もあるので、路地へと入って行きます。

IMG_1456

さっそくこの狭さ。渓谷に肩を寄せ合うようにして建ち並んでいるため、温泉街のほとんどがこのように入り組んだ路地で形成されています。

IMG_1462

木枠のままの窓ガラスも多く、ここまで古い建築が残っているのも、温泉街が寂れているからこそ。

IMG_1464

温泉としての歴史は非常に古く、開湯1800年と言われています。高度成長期からバブル期までは歓楽温泉街として賑わっていたそうですが、多くの温泉街同様客層やニーズ、旅行の形態の変化など時代の流れに対応出来ず、衰退してしまったようです。

IMG_1461

近在の温泉としての勝ち組と言えば黒川温泉と湯布院でしょう。泉質や湯量では決して引けは取ってないのですが。

IMG_1460

この階段の奥には共同浴場薬師の湯がありますが、時間の関係で立ち寄れず。無念。よく見ると猫が通り過ぎてゆく。

IMG_1468

斜め斜めに複雑に折り重なる様は幾何学模様のよう。この杖立温泉の特徴的な街並みは背戸屋と言い、近年少しずつですが注目を浴びつつあるとか。

IMG_1467

ちょっとした街灯も、あえて演出されたものではなく、ガチで古いのがいい。

IMG_1471

中はどうなっているのか非常に気になります。このような複雑な木造建築物はそうそう見ないでしょう。

7AACA1D6-8C7E-41CB-937A-FB98CB6A48A7

廃墟のように見えたその建物は、表に回って見たらやはり廃業しているようです。上の写真左手の建物「たしろや」さんですが、歴史的建造物としても価値のあるものだと思います。実に勿体無い。

IMG_1473

今回、杖立温泉に泊まる予定を山川温泉に変更してしまったのでゆっくり出来ず、つくづく後悔しました。また九州に来る機会があれば、絶対この温泉街に泊まろうと思います。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ