廃墟

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

      ⬜ 鰻田ニョロの小説部屋 ⬜

福岡県博多、夜の中洲〜志免町、志免鉱業所竪坑櫓

福岡博多の屋台について、中洲は観光地化されており、最近では天神の屋台街に地元の方が集まるとの事。しかしおよそ10年前に中洲で飲んだと言うこともあり、今回はメジャーな中洲界隈で夜を過ごすことにしました。

IMG_1552

中洲の歓楽街がまず目を引いたのは大洋映画劇場。終戦直後の昭和21年、当時まだ焼け野原だった博多に戦後初の娯楽施設としてオープンしたそうです。

IMG_1554

裏通りを入って行くと、なかなか渋い建物が目に付きます。

IMG_1556

このような地元感溢れる大衆酒場が非常にそそられるのですが、店内は超満員でした。

IMG_1558

いい感じの路地裏があったので、とりあえず入ってみます。この人形小路には古いスナックと若手が新規開店したような店とが混在しています。

IMG_1563

路地の出口にある「あほう鳥」に入り、モツ鍋を堪能。ビールに合う!

IMG_1569

いい感じに酔ったところで屋台街に行きました。地元のサラリーマンと観光客でごった返しています。

IMG_1577

南端の屋台「峰ちゃん」に入店。店じゅうに名刺が貼られています。

IMG_1575

芋焼酎ロックを注文。しかしコップになみなみと注がれた焼酎に小さい氷が二つ入っているのみ。焼酎はストレートたい!とでも言わんばかりで、酔いが回る回る。

2DD7F4A1-8EFC-4591-811D-A802491B9E5E

翌日、昼までガッツリ寝て福岡空港の近くにある志免炭鉱跡に寄りました。こちらは地下坑道より斜めに搬出する坑道口。

IMG_1580

そして圧巻なのがこの重要文化財に指定されている竪坑櫓の廃墟。

IMG_1582

ここ糟屋炭田志免鉱業所は日本で唯一の国営炭鉱で、明治39年より採掘が始まり昭和39年に閉山。

IMG_1584

鉄筋コンクリート造ですがところどころ表面のコンクリートが剥離しており、当然ながら立ち入り禁止。しかしよく残っていると思います。

1BEC1068-E5B9-4113-939F-4287C162C257

開山当時は海軍の管轄でしたが、戦後国鉄に移管されたそうです。

IMG_1585

高台に建つ竪坑櫓の下には旧国鉄勝田線の廃線跡があります。

IMG_1587

竪坑櫓の下には志免鉄道公園があり、筑前志免駅跡の線路とホーム、踏み切り、信号などが残されております。

IMG_1591

勝田線は先日紹介した宮原線同様第1次特定地方交通線に指定され、1985年4月1日に廃止されました。国鉄の分割民営化を控えたこの時期、かつて炭鉱で栄えた九州北部でも数多くのローカル線が廃止されています。

5C2BC146-4413-4716-8505-E7E4A38A8620

線路跡は大部分がそのまま緑道となり、上亀山の方まで続いています。

今回の九州旅行はこれまで。それにしても行きたい場所がまだまだあり過ぎて、全然周り切れませんでした。

熊本県小国町、杖立温泉の背戸屋(路地裏)

小国町ゆうステーションから杖立温泉へ向かう次のバスまで2時間。なのでタクシーで杖立温泉へと向かいました。

IMG_1428

せっかくのタクシーだったので途中下城の大イチョウに立ち寄りましたが、夜間のライトアップの影響で早々に散ってしまったとか。しかし何が良いって下の農耕具小屋が渋い演出。

IMG_1431

散ってしまったものの地面は見事な黄色い絨緞でした。

IMG_1436

大イチョウの向かいからは下城の滝を眺めることが出来ます。

D188B3BA-5D04-4701-9814-BEF624D5F629

やがてタクシーは杖立温泉に到着。かなり寂れた雰囲気の温泉街で、期待も高まります。

IMG_1449

熊本県の北東部、福岡県との県境にあるこの杖立温泉は、福岡県側へと流れる杖立川沿いの渓谷に、張り付くように建物がひしめき合っています。

IMG_1446

川の東岸を小国町から日田へ抜ける国道が走り、川へと降りる階段はすでに路地裏レベルの狭さ。

IMG_1440

狭い階段の途中には公共の蒸し釜があります。

IMG_1441

別府の鉄輪温泉などが有名ですが、源泉温度が100度という超高温のため、大抵の料理は出来るそうです。

IMG_1443

もちろん宿泊客や湯治客も自由に使えるので、利用方法の説明書きがされています。

IMG_1447

川沿いに降りたら、また蒸し釜。

54E31AAA-0BBF-4A4D-8FC5-2C4D1D24649B

橋を渡ってメインの温泉街へ。川沿いに建つ湯屋は共同浴場の流泉湯。入ろうと思ったのですが鍵が閉まっているジモ専浴場でした。

IMG_1476

それにしても素晴らしい掘っ建て小屋感。後で調べてみたところ、地元の方の許可が下りれば入れる事もあるとか。なんという敷居の高さ。

IMG_1454

川を渡ったところで、また蒸し釜。街じゅうから蒸気が噴き出しているようなものです。

IMG_1452

さて、日田行きのバスの時間もあるので、路地へと入って行きます。

IMG_1456

さっそくこの狭さ。渓谷に肩を寄せ合うようにして建ち並んでいるため、温泉街のほとんどがこのように入り組んだ路地で形成されています。

IMG_1462

木枠のままの窓ガラスも多く、ここまで古い建築が残っているのも、温泉街が寂れているからこそ。

IMG_1464

温泉としての歴史は非常に古く、開湯1800年と言われています。高度成長期からバブル期までは歓楽温泉街として賑わっていたそうですが、多くの温泉街同様客層やニーズ、旅行の形態の変化など時代の流れに対応出来ず、衰退してしまったようです。

IMG_1461

近在の温泉としての勝ち組と言えば黒川温泉と湯布院でしょう。泉質や湯量では決して引けは取ってないのですが。

IMG_1460

この階段の奥には共同浴場薬師の湯がありますが、時間の関係で立ち寄れず。無念。よく見ると猫が通り過ぎてゆく。

IMG_1468

斜め斜めに複雑に折り重なる様は幾何学模様のよう。この杖立温泉の特徴的な街並みは背戸屋と言い、近年少しずつですが注目を浴びつつあるとか。

IMG_1467

ちょっとした街灯も、あえて演出されたものではなく、ガチで古いのがいい。

IMG_1471

中はどうなっているのか非常に気になります。このような複雑な木造建築物はそうそう見ないでしょう。

7AACA1D6-8C7E-41CB-937A-FB98CB6A48A7

廃墟のように見えたその建物は、表に回って見たらやはり廃業しているようです。上の写真右手の建物「たしろや」さんですが、歴史的建造物としても価値のあるものだと思います。実に勿体無い。

IMG_1473

今回、杖立温泉に泊まる予定を山川温泉に変更してしまったのでゆっくり出来ず、つくづく後悔しました。また九州に来る機会があれば、絶対この温泉街に泊まろうと思います。

大分県豊後森〜熊本県小国町、豊後森機関庫及び旧国鉄宮原線廃線跡

旧国鉄宮原線は第一次特定地方交通線、つまり赤字ローカル線の廃止対象に選ばれ、1984年12月1日に全廃となりました。

3E5B3991-16FE-4028-92D7-273BFE3F68FD

豊後森の扇型機関庫は昭和9年の久大本線開通と共に完成し、昭和46年に廃止。宮原線で使用されていた蒸気機関車やキハ07などもここに格納されていました。

CBB6A8DD-AFBF-4AFC-A564-06664EC4EFCA

最近まではただの廃墟だったところを、現在では豊後森機関庫ミュージアムと共に観光地化が進んでいます。この9600型蒸気機関車はこの後訪れる志免町の中の坪公園で約40年間野ざらしにされ解体が決定したところを引き取ったもので、2015年より展示されています。

IMG_1536

2009年に近代化産業遺産、2012年に国の登録有形文化財に指定されています。扇型機関庫は非常に横幅が広く入り切らないので、何枚かの写真に分けます。広角レンズが欲しい。

IMG_1534

現在でも展示物としての保存活動が進められており、この日も転車台のペンキ塗り替え工事が進められていました。

IMG_1538

どんどん綺麗になって行くのですが同時に廃墟感が失われて行きます。ただ割れた窓ガラスはこのままにしておいて欲しいものです。

IMG_1544

豊後森駅は木造の駅舎や跨線橋などが今も現役で使われています。

IMG_1545

また豊後森機関庫がJR九州の観光列車「或る列車(大分コース)」や「ななつ星」のツアーコースに組み込まれているため、古さを残しつつ綺麗に改装されています。観光資源として古い建造物が保存されるのは喜ばしいことですが、ここまで綺麗にされると少々複雑な気分。

9A546CB4-BF4C-478E-8E25-22545D260E66

旧国鉄宮原線の廃線跡は基本的に国道387号線町田バイパスとしてその跡地を利用されていますが、沿道の至るところにアーチ橋や駅の遺構が見られます。

1674DEBB-FE7B-40CB-9552-944B21A306C4

こちらは尾の上バス停から見える汐井川橋梁。下を流れる川にはホタルが生息しており、夏にはホタルの里として多くの観光客が訪れる場所です。

40B49C12-26DB-450D-A165-16F1242B3B59

汐井川橋梁から二つ上の写真の切り通しを抜けると堂山橋梁があります。下の道を少し登れば今回宿泊した山川温泉。

E41C385A-926F-4561-8861-5DF41EB7572B

同じく堂山橋梁。ここ宮原線のアーチ橋群は去年訪れた北海道士幌線のアーチ橋建設時の技術が使われています。

IMG_1395

堂山橋梁の袂には小さな村の鎮守の神様が祀られています。廃線跡はこの神社の脇をすり抜けて行きます。

8827A44B-A763-4BF2-B982-D894925EAAFC

怖いくらい急な階段を登れば紅葉も見事。

IMG_1393

この堂山橋梁には柵が設置されており、上を歩くことも出来ます。橋の上からの景色、いわゆるかつての車窓の風景は、棚田の広がる長閑な里山。つくづく現役の頃に乗っておきたかったと思います。この辺りの素晴らしいロケーション、誰かNゲージで再現してくれないだろうか。

IMG_1403

小国町方面に向かうと旧北里駅跡があります。この地方は有名な小国杉の産地でもあったため、昔は人口もかなり多かったとか。

IMG_1407

北里はあの北里大学創始者、北里柴三郎の出身地で記念館などもあります。

IMG_1404

ホームの端には崖下、川沿いの集落に降りる階段の跡も。

IMG_1411

北里駅跡から小国町方面に少し行った所に掛かる北里橋梁跡。タクシーの運転手さんが地元、山川部落生まれの方だったので、廃線跡を詳しく案内してくれました。

IMG_1415

こちらは幸野川橋梁。中学生の頃だったか、赤字ローカル線の廃止対象路線を特集した本を持っていたのですが、その本で見た覚えのある特徴的なアーチ橋です。ここまで紹介してきた橋はいずれも鉄筋の代わりに竹を骨組みとして組んで造られた竹筋コンクリート造で、国の登録有形文化財にも指定されています。

IMG_1424

最後に終点の肥後小国駅です。かつての線路と信号機などが一部残されています。

IMG_1423

現在はゆうステーションというバスターミナルとなっています。かつては宮原線の代替輸送として玖珠観光バスが豊後森と小国町の間を結んでいましたが2013年に廃止。現在では小国町から岳の湯行きと、豊後森側からは麻生釣止まりが数本走る程度で、途中分断される形となってしまいました。

栃木県日光市足尾(7)、秋の田元鉱山住宅跡〜変電所跡

今年の7月、青々と生い茂った藪に阻まれ奥まで入れなかった田元地区鉱山住宅跡にリベンジです。秋なら草も枯れてその全容を明かすだろう。

3EF9EDD6-E82F-4D80-A276-57A69D647ABE

と思ったらススキの原野と化していました。(笑)

D3CF802D-C23A-4A37-9C57-5BA1667CADDC

夏の時点で気づけよ、とも思うのですが、背の高さほどもあり今まさに綿毛を撒き散らしているススキの中には分け入る事など出来ません。

D9F5F25A-CC95-45FF-9624-4C7BC92EF759

今回は建物内も少し覗いて見ました。ピカチュウのポスターが。つい最近まで子供も住んでいたと言うことでしょうか。

E35F090F-F03B-4AEC-B304-B9CECAD5C7FD

一番奥の空き地から見た集会所跡。こちらの棟は木製金型の倉庫として再利用されています。

E2DFDA33-167B-4961-8442-86DE1E02174B

そのため建物は当時の造りを比較的残していました。

0F8D5B6E-A9B4-4FEF-A00B-E9FDD0359031

そろそろ帰ろうと引き上げかけた時、この地区の一番手前の脇から裏手へと回り込める事に気付きました。裏手は斜面が迫っているため日当たりが悪く、ススキもそれほど生えていません。

B7B9C552-1C68-44E1-84E9-10C80F79ED5B

こっち側には夏も入れたんじゃないか?なんて事など考えないようにします。

84D3BDE9-957D-4FD9-9885-04AFBF3722B5

今までよく見えなかった建物の側面も裏からならバッチリ。

5A9105ED-565B-420B-BD80-88116BAB9CDE

ついに、ススキの奥に見え隠れしていた鳥居の前へ。いざ、登って見ます。

53689BBA-9DF7-4A91-96F8-9A71F207337D

……ナニモナイ。
こんなもんです。

315A476F-DF9D-401B-BD78-6FDCB649DC7C

気を取直して足尾駅構内に保存されているDB064。前回訪れた際にはブルーシートに覆われていました。これ、昔Nゲージで見た覚えがあるのですが、記憶が曖昧です。

217D6D78-853A-47BC-94DB-274230339D43

こちらは足尾銅山において古河鉱業(当時)が所有していたディーゼル機関車。

846213F1-ED7A-43F7-BA23-0BB18B3524F2

足尾駅から通洞駅まで歩きます。途中、アールの壁が素晴らしい建物も。

5CC9C6C0-E0AB-44B3-A974-6E6577FD6639

通洞駅からさらに下ると大正4年建造の新梨子油力発電所が国道沿いにあります。

0EEE6E50-4F40-4DF1-AC4A-C6C8FA2BE8C7

その隣には通洞動力所跡が。レンガ造りが見事ですが、だいぶ崩落が進んでいます。

930CCED7-FE60-46E3-AAEE-E911B53F25CB

さらに先には通洞変電所が。

86BE2FAB-41C8-4A18-B48F-0B07532E2223

こちらは廃墟ではなく現役で稼働し続けている施設です。この三つの建物、いずれも古河金属機械の敷地で立入禁止です。

栃木県日光市足尾(5)、鉱山住宅跡(その2)

今回はわたらせ渓谷鉄道終点の藤間駅から先の鉱山住宅跡を見て行きます。

IMG_0801

本山方面へ少し登ったところ、旧貨物専用線の踏み切り跡の手前右手に数棟の社宅長屋が残っていました。

IMG_0804

ここは一般住宅や商店の多い下藤間地区の一番奥になります。

IMG_0805

共同トイレに便器が残っていましたが、絵柄が焼き付けられています。高級なのか、その当時流行っていたのか、初めて見ます。

IMG_0807

藤間駅前の古河機械金属足尾事業所が近いからか、建物は倉庫として利用されてました。

IMG_0808

欄干など凝った造りとなっています。

IMG_0809

この建物は集会所か何かだったのでしょうか。

IMG_0826

下藤間から上藤間を抜けた先、右手の沢伝いに深沢地区がありました。元々はこの道が日光へと抜ける道だったようですが、明治24年、馬車鉄道が開設されてからは廃道となったそうです。

IMG_0827

明治35年の大火で深沢地区は全焼。そのためこのような防火壁が造られ、跡地に多くの社宅が建てられたそうです。

IMG_0831

しかし現在では全ての長屋が解体され、石垣のみが当時の面影を残しています。

IMG_0835

公園の跡。ここにはかつて八聖山金山神社がありました。

50D1C849-0E49-4905-AF9B-6B86BEFA9DC7

渡良瀬川に戻り、少し登って川を渡ったところが南橋地区です。渓谷と旧足尾専用線の間の狭い土地に社宅長屋の列があります。

DF1F9078-FD96-46F3-B271-E0165DF6D871

各長屋の共同トイレは崖っぷちに建ち、下水はそのまま川へ。この地区にはまだ住まれている方が結構居るようです。

IMG_0874

本山製錬所の向かい側、住宅地の奥に赤沢婆火社宅があります。

IMG_0876

空き家ばかりでここもすっかり無人かと思いましたが、一番奥の棟に一人老人の姿が。

IMG_0878

一人暮らしなのでしょうか、お話を伺う事は出来ませんでしたが、だとすれば閉山後一人去り二人去り、一つの村社会が消えてゆく時の流れを、一体どんな気持ちで見詰めて来たのか。

IMG_0875

こちらは合宿と書かれた棟。どのような用途だったのかは不明ですが、社宅住民の共用棟として沢山の思い出が詰まった場所だったと思われます。

IMG_0864

本山製錬所の大煙突を川向こうに眺めながら歩くと、やがて右手に開けた土地が。

IMG_0873

防火壁で一般住宅と区切られたこの広大な空き地には、かつて愛宕下鉱山住宅がありました。

IMG_0872

もはや一棟も残っていませんが、石垣や階段が当時の集落を偲ばせます。

IMG_0871

現在このような長屋跡では植林活動が続けられています。人々がこの地を去り、または亡くなり、廃墟化する長屋は解体され、今、森に還ろうとしている訳です。繁栄と環境汚染の末、資源の枯渇による衰退を経て、人々の故郷と歴史が木々に覆われてゆく。それが果たして正解であるのか偽善であるのか償いであるのか。後々公害問題についても取り上げて行きますが、燃料のための森林伐採と亜硫酸ガスによる煙害で緑を失った山々では、1897年から現在に至るまで100年以上もの間植林活動や治山事業が続けられており、その資金に莫大な税金が使われています。
今回の足尾散策はこれまで。次回は草が枯れた頃の季節に、廃棄物の堆積場や小滝鉱跡、本山鉱山神社跡、簀子橋堆積場などを巡りたいと思います。まだ2〜3回は通わなければならないようです。


栃木県日光市足尾(1)、足尾銅山観光
栃木県日光市足尾(2)、旧足尾線貨物専用線跡
栃木県日光市足尾(3)、足尾銅山本山製錬所跡
栃木県日光市足尾(4)、鉱山住宅跡(その1)
栃木県日光市足尾(6)、簀子橋堆積場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ