廃墟

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

熊本県小国町(4)、杖立温泉に再訪

1年ちょっと前の訪問時はタクシーからバスへの乗り換え時間しか無く、ぐるっと散策しただけで湯槽に浸かる暇もありませんでした。なのでリベンジの意味も込めて再訪。

2017年11月訪問時の記事はこちら。

IMG_3900

まずショックだったのは、旧「たしろや」さんの建物が解体されていた事。

7AACA1D6-8C7E-41CB-937A-FB98CB6A48A7

こちらは前回訪れた時の写真。

IMG_3839

前回すでに廃業されていましたが、特に裏側の路地に面したカクカクした木造の壁が素敵でした。

IMG_1467

こちらは前回訪れた時の写真。建物としても貴重だと思っていたのですが、さすがに倒壊の危険があったのでしょうか。

IMG_3832

今回宿泊する「葉隠館」さんは午後3時まで無人との事だったので、とりあえず隣の「くきた別館」さんで休憩。

IMG_3826

あまり特徴の感じられないナトリウム塩化物泉で、温度調整のため加水もされていますが、しっかり暖まることができました。

IMG_3830

くきた別館7階から下流方面を望む。左手奥は現在使われていない旧くきた本館跡。杖立川に掛かるのはもみじ橋で、対岸奥の立派なホテルは「ホテル大自然」です。この「大自然」は韓国人観光客を大々的に受け入れる事で生き残り大変賑わっているようで、天ヶ瀬温泉のホテル成天閣さんを思い出します。

IMG_3835

ちなみにこちらが現在使われていない本館。見事な木造建築ですが、縦長の鉄筋コンクリートの別館に移ってしまった模様。こう言う建物をリノベーションしてほしいんですがね。ほんとは。

IMG_3873

くきた本館の先、もみじ橋の袂はかつて川を望む飲食店か何かの跡。そこの貼り紙を見たらこんなことが書かれてました。チャボが散歩してるとは⁉︎

IMG_3868

こちらがもみじ橋。杖立温泉の年中行事で鯉のぼりが有名なのですが、鯉の形をした絵馬に恋の願い事を書くと成就するとかしないとか。はぁ、そうですか。特に恋のお悩みが無い方はくまモン絵馬に願い事を。

IMG_3872

対岸(北東岸側)の袂に建つのは旧「ふるや」さん。現在旅館業は廃業されており、1階ロビーで竹細工などの工房をやられています。

IMG_3870

橋の下の河川敷には、今回入りませんでしが、共同浴場「元湯」があります。

IMG_3864

橋を渡った先には、こちらも入りませんでしたが、共同浴場「薬師湯」が。

IMG_3834

こちらが今回宿泊した「葉隠館」さん。外観がモルタルとタイル貼りですが中身は相当古く、戦前建築じゃ無いかと思えて感動を覚えるほど。高度成長期以来近代化の波は日本の木造建築に対して古くてボロい物という価値観をもたらしました。そんな時代の流れが鉄筋コンクリートっぽい見た目への改修をさせたのでしょうが、それも今は過去の価値観。結果、中途半端な古さを醸してしまう事に。

IMG_3878

お風呂もひと昔前のセンスか、女神! これはこれでレトロ。お湯は隣の「くきた別館」さんと同じ源泉なのか、癖の無いナトリウム塩化物泉でした。

IMG_3841

さて共同浴場。前回近くまで行きながら時間の都合で入れなかった御前湯へ。今回杖立温泉に泊まったのは、ここのお湯に浸かるのが目的でした。

IMG_3842

ところが。ところがです。なんと、お湯が無いじゃぁないですか!
源泉投入も考えましたが、連れも居たので断念。ちなみに女湯の方には湯が張られていたそうです。入浴料の200円を投入してしまいましたが、それはそれで全国の共同浴場に入らせて頂いている日頃の感謝の意と、今後も外来者にここの湯を解放し続けていて欲しいとの思いを込めて。

IMG_3887

猫が癒してくれました。路地裏は猫が多いです。

IMG_3896

屋根の上の鳩が気になってしょうがない様子。

IMG_3898

それにしても薄暗く狭い路地ばかりで廃墟も多く見かけるとなると、なかなかな雰囲気があります。

IMG_3850

鬼のような配管。上水道や温泉などの配管が路地の上を走っています。2回目の訪問は、また新たな発見もある。

IMG_3858

温泉街の中央にある潜水橋を渡り、広い駐車場のような場所の片隅に共同浴場を見つけました。左が外来者に解放された「湯かたば」で右がジモ専の「さくら湯(だったと思った)」。どちらも同じ源泉から湯を引いてます。

IMG_3861

ジモ専の方は鍵がかかっているので当然外来者向けの「湯かたば」へ。ここが思いの外素晴らしいお湯でした。纏わりつくようなヌメり感。癖の無いお湯ですが柔らかい浴感で、ゆっくり浸かっていたくなります。

IMG_3902

バス停前にいつの時代か分かりませんが古い案内板がありました。現在の観光協会のサイトと比較して見ると、看板に書かれている宿は27軒。内、今も営業を続けているのは19軒。だいぶ減ってしまったようです。

大分県別府市(2)、市街の歓楽街と竹瓦アーケード

繁華街の広がる別府市元町の東側、海寄りの地区を歩きます。

IMG_3647

新宮通りの南側に一本入った路地を歩いて来ましたが、途中二本のアーケード商店街と交差します。

IMG_3697

二本目のアーケード商店街は「セルパセオ銀座」。

IMG_3650

アーケードを越えて海側へと進みます。間口の狭い店舗が軒を連ねる。

IMG_3658

猫も多く見かけました。

IMG_3662

外装を改修しなければ、こんな雰囲気。

IMG_3663

海岸の手前に明治12年創業の共同浴場、竹瓦温泉(次の記事で紹介)が有るのですが、その周囲を現役の風俗店が取り囲んでおります。

IMG_3670

竹瓦温泉の向かい正面に、日本最古の木造アーケード「竹瓦小路」が残っています。

IMG_3672

このアーケードは大正10年12月に完成したそうです。

IMG_3673

現在はほぼシャッター商店街ですが、かつては竹瓦温泉の入湯客向けの土産物店や飲食店などが軒を連ねていたそうです。

IMG_3680

元々は旧別府港から竹瓦温泉まで雨に濡れないよう歩けるのが目的だったとか。

IMG_3674

木造の梁は当時のまま。電線のガイシもかなり古いものです。

IMG_3681

アーケードは途中海の方へと抜けられ、丁度T字の形をしています。

IMG_3696

T字を出たところ。駐車場を隔てて海沿いを走る国道10号に出ます。

IMG_3716

共同浴場などを巡りつつ、夜の繁華街へ。居酒屋で湯上りの生ビールなどを飲みつつ。

IMG_3717

昼間巡った新宮通り南側は風俗店以外真っ暗で、ほとんど営業してませんでした。なので新宮通り及びその北側へ。

IMG_3718

こちら側も渋い路地裏がたくさんありました。開いている店も多く、人通りも多少賑やかです。

IMG_3720

そんな中、一軒のスナック「花実」に突入。

IMG_3938

観光客向けではなく、あくまで地元の人向けのスナック。当たりです。時間制限無しのカラオケ無料、チャージとボトル代のみが料金となります。こういう店をいつも探している。地元の先輩方と仲良くなりカラオケ歌って別府の夜は更けて行きます。しかし、九州のカラオケは長渕剛率が高いwww

大分県別府市(1)、市街地の路地裏飲食店街

一昨年の11月より一年ちょっとぶりに九州。今回は別府から攻めていきます。

IMG_3591

別府は日本一の湧出量を誇る温泉地で、温泉が大衆化した江戸時代より西の横綱と言われて来ました。

IMG_3611

街の規模としても大きく商店街もあり、温泉地というよりは普通に地方都市と言った雰囲気。こちらは駅前の北浜通りの南側に並走する新宮通り。

IMG_3600

新宮通りがアーケード商店街「やよい」と交差する角に老舗の鰻屋「大谷本店」があります。

IMG_3604

限定セットは鰻少なめながら1300円という安さ。蒸さずに焼く関西風の鰻を初めて食べましたが超美味い。

IMG_3613

新宮通りから一歩奥へ足を踏み入れれば、巨大歓楽街温泉街としての名残りを感じることが出来ます。

IMG_3607

こちらは全国でも絶滅の一途を辿っているピンク映画館。

IMG_3616

ヒサシが特徴的な長屋。たまに一階がスナックになっていたり。

IMG_3624

外壁の色が変わってもヒサシの形から同じ長屋の別棟だと分かります。飲食店兼住宅か、あるいは赤線の跡という可能性も。

IMG_3625

その長屋の中央には共同浴場の跡も。組合員と月極め契約者専用と書かれていました。

IMG_3618

路地裏のスナック。やっているのか廃業しているのか。

IMG_3619

夜この辺りを通ったところ暗かったのですが、訪れたのが祝日前の日曜日だったので何とも言えません。

IMG_3620

何棟も連なる長屋はほとんどが木造二階建て。大分県下では昭和20年3月より5回に渡る空襲を受けるも、別府市はほとんど被害を受けなかったそうです。また、特に大きな大火も無かったようなので、戦前建築の可能性もあります。

IMG_3622

建物の造りがことごとく渋い。

IMG_3632

海側に近付くにつれ、スナックビルが目に付くようになって来ます。

IMG_3635

しかし廃業した店がほとんど。

IMG_3637

スナックの扉1枚に対して低い潜り戸がひとつ。カウンター1本の狭い店である事が想像できます。

IMG_3640

最盛期はさぞかし賑わいを見せていたのでしょう。

IMG_3642

こちらもスナックビル。

後編に続く。

山形県鶴岡市、庄内交通廃線跡と湯野浜温泉

庄内交通湯野浜線は昭和4年、羽越線鶴岡駅から湯野浜温泉駅を結ぶ鉄道として開業し、昭和50年まで営業されていました。

IMG_3065

上の写真は湯野浜温泉下町共同浴場の休憩室に展示されていたもの。湯野浜線は途中にある善宝寺の参拝客や当時まだ栄えていた湯野浜温泉の宿泊客、魚の行商人や地域の米などを運んでいたそうです。
白黒写真で見ると昔の箱根登山に見えてきてしょうがないのですが。

IMG_3007

秋田から特急いなほで鶴岡へ。そこから普通列車で隣の羽前大山へ。あとはタクシーで進みます。

IMG_3008

田園地帯の廃線跡はほぼ跡形も無くなっていますが、こちらは中間にある善宝寺駅跡。奥には保存されていたモハ3形が。ちなみにこの善宝寺、平成2年に人面魚の話題で注目を集めた場所です。タクシーの運ちゃんに言われて初めて知りました。意外!

IMG_3015

湯野浜線はモータリゼーションの影響から昭和50年に廃止されてしまいましたが、この善宝寺駅駅舎が善宝寺鉄道記念館として昭和53年にオープン。このモハ3の他にも多くの資料が展示されていました。

IMG_3013

しかしその記念館も訪れる人が年々減り続け、施設の老朽化もあって1999年に閉館となりました。

IMG_3014

その後展示されていた資料は湯野浜温泉の庄内クラフトステーションに移設されましたが、併設されていた旅館が閉館。今では資料を見る事も出来ず、保存車両も朽ち果てています。

IMG_3018

この小雨がパラついているシチュエーションがたまらなくて、いつまでもここに居たいと思ってしまいますが、タクシー待たせているのでしょうがない。

IMG_3027

善宝寺駅跡から小高い山の北麓を迂回し日本海に面する湯野浜温泉へ至る廃線跡は、サイクリングロードとして整備されています。

IMG_3028

と言ってもここをサイクリングする人などおらず。ただ線路跡の面影だけが残っています。

IMG_3019

こちらが終点の湯野浜温泉駅跡。この辺りがホームの端部となりますが、現在ではホームなどの遺構は全く残っていません。庄内交通はバス会社として今でも庄内地方の人々の足を支えていますが、鉄道の存在は人々の記憶からも消えて行っております。

IMG_3036

この湯野浜温泉もすっかり寂れたマイナー温泉地です。唯一目の前の浜辺が海水浴場なので、夏休みなどは地元の方々が日帰りで訪れる事もあります。

IMG_3056

今回お世話になった宿はこちら扇屋旅館さん。民宿のような雰囲気ですが一泊二食付きで8000円とリーズナブル。昼間は飲食店もされているようで食事は大満足な内容ですが、ただし全館禁煙となります。

IMG_3057

温泉も加水加温循環濾過無しの100%源泉掛け流し。ナトリウムカルシウム塩化物泉のお湯は舐めると強い塩気。全身を包む滑り感もあり湯上がりは汗が止まりません。

IMG_3046

街の中心部のバス停前に湯野浜振興センターコスパがあり、バス待合室や観光案内所や集会所などが入っています。またこの場所が旧湯野浜駅駅舎の跡地となります。

IMG_3049

右手奥には下町共同浴場も併設されています。朝6時〜7時と10時〜21時営業。

IMG_3061

朝10時のお湯入れ替え直後に入ると、すでにご老人が一人。その後も地元の方が2人3人と入って来ます。
私も入ろうとしましたが、ほぼ熱湯風呂!今まで入った温泉の中でも1位2位を争うくらいの激熱。48度ぐらいは有りましょうか、しかし地元の爺ちゃんが何の躊躇もなく入って行き「気〜持ちええなぁー」って。
「水、入れてもいいぞー」と言うので、ちょっと悔しさを覚えながら泣く泣く加水してしまいました。それでも掛け湯で慣らしながら足で湯もみをして、辛うじて肩まで浸かれる始末。東北恐るべしです。

IMG_3052

こちらは南寄りの地区にある上町共同浴場。ちょうど7時から10時の清掃時間だったため入れず。ここ湯野浜温泉は一号から五号源泉の混合泉が分配されている事が多いので、宿泊した扇屋さんも共同浴場も泉質は変わりません。ただ、下町共同浴場に関しては源泉から近いせいで温度が高いのかも知れません。

IMG_3054

上町では小規模ながらも海沿いで朝市が行なわれていました。

IMG_3051

こちらの巨大なホテルは廃墟。東北の日本海沿岸で数少ない海水浴場を擁していてもシーズンは短く、結局他の温泉地同様最盛期に比べて随分と衰退している模様です。

IMG_3073

ただ唯一の希望としては車で10分ほどの近隣にある加茂水族館が、クラゲの展示に特化した事でV字回復した事。このインスタ映え水族館の影響で宿泊客が増えてくれればと思います。

千葉県旭市、香取海軍航空基地跡

戦後73年目の終戦記念日ですが、今回は千葉県の銚子の少し手前に残る香取海軍航空基地跡を巡ります。

IMG_2865

香取海軍航空基地は昭和13年に着工、竣工を迎える昭和18年にはかなり戦局も悪化していました。現在その滑走路跡は工業団地になっており、Googleマップを見ると特徴的な十字の地形がはっきりと残っています。
https://goo.gl/maps/tfHYjgCsBNk
上の写真は春海第一掩体壕(後述)に建っている案内板より。

IMG_2835

こちらは南西から北東に延びる1500m滑走路の南西端。道路の対して斜めに工場施設が延びる。

IMG_2856

北西から南東に延びる1400m滑走路と1500m滑走路が交差するあたり。滑走路跡地は基本的に工場の私有地ですが、交差する地点の西側から少しだけ当時の1500m滑走路が見れます。冬に来た方がもっと見渡せたでしょう。

IMG_2838

基地施設は滑走路の西側にありましたが、今では高校やゴルフクラブ、工場などが建ち並びその面影を見ることは出来ません。手前の広い敷地はかつて格納庫などから滑走路へ向かう誘導路だったかと思われます。遠くに見える1400m滑走路跡地はそのまま日清紡の自動車ブレーキ工場のテストコースとなっており、事前に見学を交渉しない限り外からは一切見ることが出来ません。テストコースの周囲は防風林のように木が植えられており、さらに柵にも囲まれています。

IMG_2859

こちらは1400m滑走路跡、現テストコースの北西端。

IMG_2841

滑走路の西側を走る道路脇に、夏草も刈られぬままの小さな公園があります。そこにひっそりと佇んでいるのがこの戦没者慰霊碑です。慰霊碑の中には訓練中に亡くなった方、防空戦や特攻で亡くなった方、そして爆撃や機銃掃射で巻き添えを食った地元住民の方などの名簿が納められています。七十数回目のお盆、献花こそ出来ませんでしたが御冥福をお祈りして合掌。

IMG_2842

神風特攻隊は主に鹿児島県の知覧陸軍航空基地などが有名ですが、昭和20年2月、ここ香取海軍航空基地からも硫黄島などに向けて飛び立って行きました。

IMG_2848

公園の奥には戦後、アメリカより支給された海上自衛隊練習機、ノースアメリカン社製T-6テキサンが展示されています。敵国ながら同じ時代の機体を展示している訳ですが、昭和20年2月に米艦隊空母より飛来し香取飛行場を飛び立った零戦と戦ったのは、グラマンF6F,F4U、カーチスSB2C、ダグラスSBD。零戦を展示することこそ憚かりながらも自衛隊の練習機を展示するのは忖度だろうか。

IMG_2778

香取航空基地の北西端の田園に、戦闘機を格納する晴海第一掩体壕(えんたいごう)が残っています。現在は農機具小屋として使われていますが、隣に解説板(1枚目写真)が立てられています。

IMG_2863

昭和19年10月末、サイパン島より飛び立つことが可能となったB-29はいよいよ本土爆撃を開始します。東京に向けて高度10000mを飛行するB-29に対し高度8000mの射程しか持たない対空砲台は役に立たず、航空機を従来の格納庫に閉まっておいてはいずれ標的にされると考え、滑走路周辺に散らすように防空壕のような掩体壕を建設しました。物資の少ない中砂利を混ぜたコンクリートで造り、上に土を被せて発見し辛くさせています。

IMG_2781

すぐ隣には晴海第ニ掩体壕も残っています。このように屋根の付いてる有蓋掩体壕は全部で25基造られ現在残るのは三基。他にも『コ』の字形に土を盛っただけの無蓋掩体壕も多く有りましたが、それらはすでに面影を残しておりません。

IMG_2785

こちらは基地の反対側、南東端に残る掩体壕です。完全に私有地の中にあり土地の方を見つけられなかったので近寄りませんでした。所有者と思われるお宅も有りましたが、あまりにも立派なお屋敷でピンポンもなかったので、二の足を踏んでしまった。

IMG_2871

近くの畑に海軍旗が掲揚されていました。当時を知る基地に縁のある方がいらっしゃったのかも知れません。もしご老人を見かけていたらお話など聞けたかも知れません。
また、香取航空基地建設の際には多くの地元住民の方々が強制退去させられ、建設の際には多くの朝鮮人労働者が使われたそいです。その朝鮮人労働者たちは基地の南の森に朝鮮部落を形成したと言う話も。それらもまた戦争が引き起こした事象のひとつという訳ですね。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ