屋台

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

北海道帯広市(2)、横丁路地裏迷宮(前編)

 北の街にはなぜスナックが多いのか。ここ帯広も例外なく飲食店街の広さが半端ないです。

image

 駅前から北へ延びる銀座通り。しかし、日曜日の昼だからかも知れませんが、延々と続く直線に人影は全く無し。

image

 北海道のほとんどの街は開拓によって造られた街なので碁盤の目となっています。そして常に平行する通りから通りまで、このような路地が幾本も通っています。屋台村のような感じで、路地の中央には共同トイレ。

image

 こちらは恵小路。たまに袋小路となっているところも。

image

 こちらの路地は北の屋台。空き地を利用して2001年にボランティア団体などの手によって新しく造られたそうです。

image

 完全な屋台村で、ここも中央に共同トイレ。

image

 夜になるとどの屋台も人で溢れ返りますが、大半は観光客のようです。

image

 一見するとビルですが、奥の通りまで抜けれるようになっております。

image

 中に入れば両側に小さな店が軒を並べる飲食店街。ここも中央に共同トイレ。

image

 凝った木造モルタル建造物。プリンス劇場という看板から調べてみたところ、昭和28年開業の映画館だったそうです。2012年閉館。

image

 その隣には、これまた通り抜けられるビルが。

image

 しかし、こちらはすでにゴーストタウン状態でした。天井が吹き抜けになっており、よく見れば縦長の建物が2棟平行に建っており、通路にアーケードのような屋根が付けられているだけでした。

image

 現在飲み屋ビルなどには、スナックなどが比較的生き残っているようです。基本的に極寒の地ですので、あまり外を出歩きたくないのかも知れません。

【日記】毎年恒例浅草鷲神社酉の市2015

 今年は二の酉に新宿の花園神社へ行こうと思いましたが、雨だったので結局歌舞伎町や二丁目で飲んで終わりました。

IMG_20151129_201553754

 そして迎えた三の酉。今度こそはと今回、浅草鷲神社の酉の市に行って来ました。毎年恒例です。

2013年以前の様子
2014年の様子

IMG_20151129_202228590

 こちらも毎年必ず見かけるサンリオの巨大熊手。しかし今年はちょうどサンリオの社長並びにピューロランドの社長が来ており、三本締めをやってました。お手を拝借されてしまった。

 自分は毎年三千円の小さな熊手しか買えず、一向に大きくならないのですが、一応熊手を購入してから毎年立ち寄る屋台へと向かいました。どちらかと言うとこっちがメイン。

IMG_20151129_214802328

 しかしなんと、去年空き家になってた屋台裏手の民家が取り壊されて空き地に。そしてその空き地にテーブルが広げられているではないですか。普通に居酒屋となっています。
 裏の民家にはお婆さんが一人暮らししていたのですが、アルツハイマーが進行したため土地を売ってそのお金で老人ホームに入られたそうです。屋台の親父さんはもう十年以上同じ場所に屋台を出していたので民家のお婆さんとも交流があり、現在この空き地を管理されている家の方とも交流が有るそうです。なので、今年はこの空き地を自由に使えるようになったとか。

IMG_20151129_214753459

 しかし、急に規模を拡大したものだから、全然料理や注文が追い付かなくて、焼き場はてんてこ舞いに。
 親父、飲んでる場合じゃないって!(笑)
 息子さんは花園で屋台出してたり、娘さんは昼間働いていながらここを手伝っていたり、鹿児島に転勤していたもう一人の息子さんは嫁さん連れて上京して飲みに来ていたりと、なにげに大家族だったりします。今年はこのあと秩父夜祭りに屋台を出すそうですが、桜のシーズンは上野に出したり、夏は長岡の花火大会に店出したりもするそうで、テキ屋さんって、なんだか旅芸人のような暮らしだな、なんて思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【日記】毎年恒例浅草鷲神社酉の市2014

 酉の市の時期になると、もう年の瀬も近いなぁと思い始めます。年中行事としてかれこれ10年近く通っているのが浅草鷲神社酉の市。先日は一の酉でした。

IMG_20141110_200055678

 鶯谷で待ち合わせ、まず最初の一杯は焼き鳥『ささのや』。

IMG_20141110_192358539

 店の前にたむろって飲む立ち飲みスタイルが『ささのや』のイメージですが、一応店内に席もあります。

IMG_20141110_193221956

 生は500円と高めですが、串一本70円はやはり激安です。会計の時、三人で軽く飲み食いして合計たったの2300円て、軽くビビります。

IMG_20141110_20165985

 毎年鶯谷から歩いて行くのですが、一軒目が安すぎたから贅沢にタクシー。鷲神社に着くと月曜の夜だと言うのにエライ人出。

IMG_20141110_203027414

 小さい熊手を買って(毎年同じ大きさ)さっさと屋台に向かいます。途中、懐かしいボン菓子マシンがありましたが、出て来たのはなぜか甘栗。

IMG_20141110_210617579

 出店を抜けて一番奥、毎年同じ場所に店を出し、毎年通い詰めてる屋台があります。

IMG_20141110_212053386

 牡蠣、帆立、蛤、これに升酒が合う!
 親父さんや女将さたちの人柄や雰囲気の良さから毎年通うようになりましたが、ここに来なければ年を越せない。
 さて、二の酉は22日。土曜日なのでーの酉以上の混雑が予想されます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【日記】最近見なくなったラーメン屋台

 数年前までは新宿二丁目、三丁目、歌舞伎町、ゴールデン街、西口ヨドバシ裏と、夜の東京では最も馴染みのある街でした(思い出横丁はアウェイ)。しかし最近は川口から新宿に出るのも面倒くさいと感じるようになってしまい…………歳のせい!?
 コマ劇の閉館とその周辺の変貌は目まぐるしく、それは店が変わるというレベルではなく雰囲気から一変してしまったようです。もちろん原因は前トチジによるもの。深夜営業の制限により終電の終わった後は一気に人通りが減ります。
 以前は終電の時間あたりからラーメン屋台なんかをよく見かけたものですが、今はどれくらい残っているのか。この辺まったく追いかけていなかった事を今更ながら後悔します。
 先日、新宿西口で飲んだ帰り、たまたま西口駅前に屋台が出ていました。

IMG_20140928_225211924

 昔は「屋台のラーメン高けぇ」とか言ってあまり寄り付きませんでしたが、やはりシメのラーメンは美味い。とてもシンプルな醤油味がありがたいです。
 昔は上野の駅前なんかでもよく屋台を見ましたが、今もあるのでしょうか。最近見なくなったね、なんて言ってる内に消えて行ってるのかも知れない。今後、見つけたら必ず立ち寄るようにしたいと思います。

中央区有楽町(2)、ガード下の飲食店街

IMG_20140326_125648349

 さて、ガード下に戻ります。インターナショナルアーケードから有楽町駅に掛けては、急に賑やかになってきます。‌‌

IMG_20140326_125733398

 どことなく寂れた感のある銀座5丁目6丁目と違って、庶民価格というイメージがあるのか、ガード下飲み屋街は今も賑わいを見せています。

IMG_20140326_125802271

 店は比較的新しい店も多く、昭和のサラリーマンの吹き溜まりといった感じではなく、若者も多く訪れるような明るい路地といった雰囲気に変わってしまいました。

IMG_20140326_125930704

 ガード下の路地裏が明るくてどうする!とか思いましたが背に腹は変えられません。柔軟に変化しなければ、インターナショナルアーケードのようにゴーストタウンと化してしまう。

IMG_20140611_192824926

 ただ、その中で二軒、昔ながらの姿をそのまま残したような屋台があります。

IMG_20140611_193214982

 銀座方面に向かって右手、この「登運とん(トントン)」はアーチ型のガード下の形そのままのために、隅っこの席は天井がやたら低いです。

IMG_20140611_193301605

 そしてなんと言っても壁が無いという衝撃。要はアメ横の「大統領」と同じような屋台なのですが、こちらはあまり知られてないようで、地元のサラリーマンたちの憩いの場となっております。‌‌食事も白味噌であっさり仕上げた煮込みや、焼き鳥、ホルモンなど美味。

IMG_20140326_131623926

 晴海通りを越えた所にある有楽コンコース。こちらは敢えて昭和の雰囲気を演出した「作り物」と言ったら言葉が悪いですが、そういう店があります。‌‌

IMG_20140326_131751115

 さらに有楽町駅に近づけば、ちょっとした人だかりが見えて来ます。こちらは立ち呑み屋の最終形態とも言える「食安商店」。昼間は自動販売機の多い場所が喫煙所になっているだけにしか見えませんが、夕方になると奥の小窓が開き缶詰めや柿ピーなんかを売り始めます。

IMG_20140611_184922403

 小さいテーブルと言うか台のようなものもあり、人々は自動販売機で酒を買い勝手に飲んで行きます。あくまでも仕事帰りに一服という感じで、基本的には皆さん一人。これはもう「店」ではなく「自動販売機の前」なのです。‌‌

IMG_20140326_132335909

 食安商店の隣には「日の基」という“ちゃんとした(?)”大衆酒場もあり、月初めは日の基、給料日前は食安という流れが、出世コースからも外れて家のローンに苦しむお父さん方の日常なのかも知れません。(笑)‌‌

IMG_20140326_132801930

 有楽町駅を越えてさらに北、東京駅方面にも
ガード下は続きます。

IMG_20140326_132843865

 こちらはラーメン屋やトンカツ屋、カレー屋など、どちらかと言うとランチに賑わうといった感じです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ