団地

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

      ⬜ 鰻田ニョロの小説部屋 ⬜

千葉県市川市本行徳、衰退した交通の要衝

 勝手な思い込みというものが有るもので、千葉と縁遠い私は総武線以北にのみ街道筋の歴史ある古い街並みが存在し、南側は一面の葦野原と新興住宅街しか無いとばかり思っていました。埋め立て地のイメージというもので、行徳、東大島、新浦安ぐらいしか降りた事が無かったため、面白みのない土地といった偏見を持っていました。
 しかし数年前、仕事帰りにたまたま行徳から本八幡までバスに乗ったところ、車窓に古い宿場町のような町並みを見つけ衝撃を受け、ずっと気になっていました。

IMG_1400

 上の写真は昭和32年に完成した行徳可動堰。上を路線バスも通る行徳橋が走っています。ちなみにこの分岐点から南東に流れる現在の江戸川本流は江戸川放水路といい、明治43年に起こった大洪水を機に翌年着工、大正9年に完成した川です。

IMG_1399

 場所は江戸川と旧江戸川が分岐する辺り。廃墟化した団地なんかもあります。庭先の荒れ方からみて、相当な年月放置され続けているようにも見えます。

IMG_1410

 この土地の魅力は、なんと言っても総武線本八幡駅と東西線行徳駅、浦安駅とを結ぶ路線バスのちょうど中間辺りという、まず行かないだろう場所に、かつて栄えた町が衰退してあるということ。

IMG_1408

 いかにも歴史の古そうな稲荷神社が無機質な住宅街の中に、忽然と姿を現す。またこの界隈には寺町もあり、墓石屋さんも多く見かけます。

IMG_1411

 かつての繁栄を裏付けるような建築物なども見かけます。

IMG_1412

 後に触れますが、水運の町であった事を窺わせる倉庫。

IMG_1420

 ひたすら直線だった行徳街道が二回ほど直角にクランクする辺りが本行徳の中心地です。

IMG_1432

 国登録有形文化財の加藤邸。かつては塩田の所有者で、塩問屋を営んでいたとか。

IMG_1431

 建物の右手には、赤煉瓦塀が続いています。
 行徳は湿地帯が多かったため蓮根畑が多く、その他にも海岸線が近かったため塩田も多かったそうです。ただ利根川放水路がまだ工事中だった大正6年、高潮のために堤防が決壊し壊滅的な打撃を受け、江戸期より続いた塩田産業は幕を閉じたとか。その高潮の被害では隣の浦安が完全に水没、千三百人もの命が奪われたそうです。その6年後の大正12年には関東大震災もあり、立て続けに災害を受けています。

IMG_1417

 江戸川の渡し船の発着場でもあった本行徳は、成田山詣でや将軍家の東金への鷹狩りの出発点にもなっていたそうです。

IMG_1418

 桃太郎とか。とにかく装飾が凝っています。

IMG_1438

 旧笹屋うどん跡。安政元年(1854)の貴重な建物です。渡し船に乗船する客たちがここで船を待ったり、お土産で干したうどんを買って行ったりしたそうです。

IMG_1422

 指定重要文化財、浅見御輿店跡。室町時代末期から続ていた御輿屋で、昭和5年竣工のこの母屋も御輿大工の意匠が多く加えられています。

IMG_1435

 船による交通の要衝として栄えていた時代の名残を今に残す常夜灯。対岸側の面には日本橋と掘られております。渡し船だけでなく日本橋とここ行徳との間を結んでいた行徳船が様々な物資を運んでいたそうです。明治の始め、現在の総武線は当初ここ行徳を通る計画でした。しかし当時の船頭達や船運業で財を為していた人々の反対を受け、現在の内陸部を迂回するルートに変更されてしまったそうです。
 その後利根川放水路の完成によってこの地域は東西線の開通まで陸の孤島と化してしまい、町の衰退へと繋がりました。

IMG_1415

 水運業で栄えていた時代の名残か、旧江戸川の対岸には小型船舶の造船所があり、屋形船や水上バスなどを造っています。

IMG_1395

 近くには謎の水路があり、船溜まりの場所が船の墓場になってたりします。

IMG_1397

 墓場と言っても、ようは不法投棄に近いです。すでに底には何隻か沈んでいるのかもしれません。それは水運業の廃退を象徴するような光景にも見えました。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

新宿区霞ヶ丘、都営霞ヶ丘アパートと外苑マーケット

 外苑マーケットはいつか行こう行こうと思っていながらすっかり忘れておりましたが、先日『香ばしい町並みブログ』様の記事を読んだところオリンピック施設建設工事のため近々消えてしまうと知り、これは今撮っておかなければと思い行って参りました。

IMG_1331

 千駄ヶ谷駅の南側、1964年の東京オリンピックで開会式も行われた国立霞ヶ丘競技場跡地。新国立競技場のデザイン白紙撤回で更地のままでしたが、今月二つのデザイン案も揃いいよいよ着工も間近。

IMG_1334

 新国立競技場の予定地は、その国立競技場跡地の南に隣接する都営霞ヶ丘アパートにまで及んでいます。この霞ヶ丘アパート、主に1964年の東京オリンピック敷地確保の際に退去させられた人々が入居して来たそうで完成は1961年。もう築50年以上という古さです。

IMG_1337

 しかし現在住まれている住人も新国立競技場の建設に伴い来年、2016年1月には退去させられるそうです。しかしこの都営アパートの住民も他の団地同様に高齢化が進み、空き部屋も目立つようになっております。

IMG_1347

 10棟ある霞ヶ丘アパートの南端には、一階が店舗となっている6号棟があります。JR千駄ヶ谷駅、原宿駅、地下鉄銀座線外苑前駅、表参道駅、どの駅からも離れている都心の僻地だったため、商業施設が必要とされました。(千駄ヶ谷の手前には都営大江戸線の国立競技場前駅が開業しています)

IMG_1344

 開業当時のままと思われる外苑マーケットの看板。かつては都営アパートや近隣住人たちの生活を支える商店街でした。

IMG_1345

 東側から入ると来年1月末に閉められるタバコ屋さん、一番奥には今年いっぱいで閉店される八百屋さん、その他の店舗はすでに閉店されていました。

IMG_1341

 西側の出入り口には八百屋さんのご挨拶が。前回の東京オリンピックから現在までのおよそ50年、昭和の高度成長期を生きてきた八百屋さんが、その歴史を閉じようとしています。

IMG_20151219_114542912

 山手線の内側にはこのような都心の僻地が多く残っていますが、2020年のオリンピックで街はその姿を大きく変えようとしています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

武蔵村山市緑ヶ丘、日の出ストアーの落日

 JR立川駅より多摩モノレールに乗り、西武拝島線玉川上水駅を越えて終点の一つ手前、桜街道駅で降りる。そこから畑しかないような道を延々と歩くこと10分、やがて都営村山団地が見えて来ます。あまりに遠い道のり。

IMG_20150123_160406818

 この村山団地が鬼のように広く、この時点で一瞬気が遠のきます。

IMG_20150123_154332633

 団地の北側は古い団地をリフォームしただけですが、南側は建て替えたのか中層の団地が建ち並びます。

IMG_20150123_155646369

 その団地の南端に、忘れ去られたように日の出ストアーは佇んでいました。

IMG_20150123_155630203

 しかしよく見れば入り口は閉ざされ落書きまでされています。

IMG_20150123_155833485

 もう、この建物を発見した時からあった予感は、確信へと変わりました。入り口には鍵が掛けられており、中を覗けば閉ざされたシャッターの列。

IMG_20150123_155955960

 左脇には建て増ししたように居酒屋。しかしとても営業しているようには見えません。

IMG_20150123_155909483

 更に奥には小さなスナックが。こちらも営業しているようには見えませんが、もし営業していたら逆に興味が湧きます。こんなところと言っては失礼ですが、どんなママさんとどんなお客さんがいるのか。

IMG_20150123_15593581

 目の前には比較的新しい団地が聳え建っており、コントラストが半端ない。ストアーや居酒屋、スナックともに、利用者の高齢化が閉店に繋がってしまったのかも知れません。

IMG_20150123_155812340

 日出の文字が、なんとも皮肉に見えてきました。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

神奈川県小田原市(3)、板橋市営住宅~朝鮮部落

画像 070

 少し歩けば防波堤の役割をしている西湘バイパスを隔てて相模湾。やはり小田原は海辺の街です。‌‌

画像 108

 早川築港。小田原の水産加工産業を支える大きな漁港です。‌‌

画像 109

 築港の白灯台が小田原提灯になってた。ちょっとかわいい。‌‌

画像 114

 早川を隔てて西側は早川町となりますが、こちらは一気に漁村といった雰囲気となります。‌‌

 東海道線の線路を潜り、箱根の入り口とも言える板橋地区まで来たところで、何度かテレビなどでも紹介されている板橋の駄菓子屋を見つけました。‌‌

画像 097

 てっきり昔ながらの駄菓子屋が今も残っているのかと思いきや、土日祝日のみ営業という貼り紙からも分かる通り観光客向けに作られた物です。建物は『ジュエリーシマノ』だったビル。‌‌
 このジュエリーシマノ、かつては小田原屈指の宝石商でした。潰れていた事にも驚きましたが、まさか『懐かし屋』などと言う名前で話題になっていようとは。‌‌
 挨拶出来ない者の入店を禁ずるとか、偉そうな事ほざく割にはただの観光客目当ての商売じゃないか。そもそも昔ながらの駄菓子だけだったら、ナンジャタウンでも買える。まぁ地元に観光客を立ち寄らせようと言うのは、別にいいですがね。‌‌

画像 128

 箱根登山鉄道箱根板橋駅舎。こっちは本当に古い。‌‌駅名に箱根と付きますが小田原市です。

画像 102

画像 105

 板橋の駅の裏手にある市営住宅。築半世紀という、都内じゃ絶滅してるような古い団地。‌‌

画像 106

 裏手は勝手にバラックを建てて増築している。‌‌

 板橋と風祭の間、国道1号線から見て早川の対岸。川と西湘バイパスとの間に韓国人会館と何かの工場、そこに広がるバラック群があります。‌‌

画像 124

 川向こうの住宅街からは西湘バイパスがコンクリートフェンスとなって見えず、国道1号線からも道路と川の間を跨いできた線路が視界を塞ぎ、電車からも川沿いの住宅の影で見えず。板橋の交差点から箱根ターンパイクへ向かう橋からも早川を渡る西湘バイパスの影になって見えない。これほどにまで巧妙に人目を避けられる場所は、そう無いです。‌‌
 
画像 127

 確かに電車やバスからは早川の向こうに韓国人会館の大きな看板を見つける事ができるのですが、その場所へ辿り着くのが至難の業なのです。‌‌

画像 126

 川崎市戸手四丁目無番地‌‌もGoogleEARTHでなければ発見できない代物でした。また、‌‌川崎市池上町‌‌も首都高と公園と貨物線という三重のガードと、その向こうには工場しかないという先入観によって隠されていました。‌‌
 戦後のドサクサに土地を不法占拠して住み着いた訳ですが、この隠れ里っぷりは、余程の差別や迫害の歴史を重ねて来たのだと想像できます。‌‌
 しかし上の写真をよく見ると、バラックの床下部分が恐らくは増水した川の濁流でごっそり削ぎ落とされたのであろう跡が見えます。地盤が見事に崩れている。‌‌

画像 116

 今回その部落の入り口まで行きました。しかし中は未舗装の細い道が一本あるのみで、たまたま通りすがったなどという言い訳も通るはずもない。さらには、その部落から出て来た男がずっと私の方を見ている。‌‌
 悔しいけど内部の撮影は断念しました。いや、話せば撮らせてくれるかも知れませんが、あまりにリスキーだ。ww‌‌
 在日の方々にはコリアタウンを形成して地域に溶け込もうとする人々以外に、日本人との接触を拒むかのように隠れ住む人々がいます。現代でもまだ日本中のあらゆる所に、人知れずひっそりと暮らす人々がいる。‌‌
 ちなみに私自身差別意識は全く持っておりません。飲み屋でたまたま出会った在日の人と仲良く話したりもしますし、もっと理解を深めたいとも思っています。‌‌

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

杉並区荻窪、北口銀座街~西郊ロッヂング~荻窪団地

 荻窪と言えば北口駅前右手にあった、昭和27年創業の焼き鳥『鳥もと』が昼間からやっている立ち飲み屋として有名でしたが、近年その場所が潰れて新店舗へと引っ越してしまいました。
 昭和の荻窪を象徴していたその店舗無き今、辛うじて雑然とした雰囲気を残しているのは北口銀座街の一画のみとなってしまった。
 元来杉並の高級住宅街である荻窪に於いては、昭和の路地裏を探すのも難しくなってしまいました。

画像 016

 北口銀座街。洒落たバーなどの新しい店も多い中、大衆食堂も辛うじて残っています。大衆食堂富士、富士ラーメン、大衆割烹ふじ、この三店舗は親族経営か何かか。

画像 018

 多少なりとも路地裏感は残っています。一時期荻窪と言えば荻窪ラーメンで名を馳せ、ラーメン激戦区としても有名でした。しかしそれも一時のブームか、ラーメン店はそれほど多く見掛けなくなってしまいました。ブームに乗じて創業しても長続きせず、結局は昔から地域に愛される老舗のラーメン屋だけが生き残っているように見受けられます。

IMG_1323

 荻窪駅南口を出て線路沿いを東にひたすら歩き、青梅街道と合流するちょい手前で一本奥の通りに入ったところに、建造物としてはマニアの間でも有名な、荻窪の西郊ロッヂングがあります。駅から五分もかからない。
 前々から行こう行こうと思いながら、なかなか機会もなく先送りしてましたが、行ってみたら、やっぱカッコいい建物です。金の文字が素晴らしい。手前はアパート、奥は割烹旅館となっております。

IMG_1327

 こちらは旅館側。このアパートに住んでる住人が羨ましいです。

画像 014

 駅から少し離れて荻窪団地。
 6年以上前、荻窪の住宅街の中の現場に仕事に行っていた時、このビジュアル的にそそられる団地を目にしていました。

画像 006

 先日『もやさま(TV)』でたまたまその建物が映り『まだ残ってたのか!』と言う衝撃と共に、向かい側で新築工事が進んでいるのを観て『じきに取り壊さられる』と言う危機感を感じ、記録として残さなければと言う衝動に駈られました。

画像 007

 写真は昭和33年竣工された公団住宅(現・UR)の単身住宅棟の共用廊下側であり、この無機質なデザインと『への字』の構造が得も言えぬ雰囲気を醸している。
 老朽化が激しく、所々割れた窓ガラスがベニヤで目貼りされており、痛々しくもある。

画像 008

 この建造物に対しビジュアル的に萌えるのは私だけか?ww
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ