喫茶店

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

千代田区神田(1)、神保町の路地裏

 神田神保町と言えば古本屋街を中心に、九段側には集英社と小学館、お茶の水側には明大と楽器店街、小川町側にはスキー登山ショップ、とまあ一日中居ても飽きない街です。ただ、神保町本来の顔である本の問屋街としての姿は、問屋の相次ぐ廃業により消えつつあります。

IMG_20140411_130046467

 靖国通りは休日でも人の賑わい。しかし一歩路地裏に入れば、昭和の香りする異次元が残っております。

IMG_20141115_163658399

 路地には何軒かの老舗喫茶店がひっそりと佇んでおります。上の写真は喫茶『さぼうる』。

IMG_20140411_130108929

 上の写真は一部で有名な老舗喫茶店「ミロンガ」。後日、再訪した際に入ってみました。

image

 昭和28年創業の老舗喫茶店。店内ではタンゴのレコードが掛かる落ち着いた雰囲気。

image

 世界のビールが楽しめる店でもありますが、決して騒いではいけません。古本屋で買った本を静かに読み耽っているお客さんの迷惑になりますので。

image

 古本屋巡りした後に一息つく、そんなお店です。上の写真は喫煙席。店内は分煙されております。ビザを注文したのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。サラミと玉子が乗ったシンプルなものですがとても美味しく、どうやら名物メニューだったようです。

IMG_20140914_152051249

 話は飛びますが、深夜アニメで「残響のテロル」って番組がありまして、その中で元々ゲーセンだったと見られる廃墟が出てきます。この廃墟が私の知ってる場所でした。
 まさか、あの「ミッキー」が! と、思い現地を訪れる。

IMG_20140914_152144873

 案の定、潰れてました。随分昔からあるゲーセンなのですが、昔は何の店だったのか石垣や瓦屋根のオブジェがあったり中二階があったりと、変わった内装が施されており、なかなか不思議な空間でした。潰れてしまったのが残念でなりません。

DCIM0115

 上の写真は、ありし日のミッキー店内。昔携帯で撮った画像が残ってました。

IMG_20140914_152248197

 二階は「ミッキー」、そして一階の居酒屋「酔いの助」はまだ元気に営業しております。

IMG_20140914_212508145

 創業30年、神保町で働くサラリーマンたちに愛され続けている居酒屋で、私も15年ほど前からたびたび利用しております。

IMG_20140914_212409404

 大将の人柄の良さと美味い料理、ちょっと変わった酒のラインナップ。お気に入りの店のひとつですが、景気悪いのか従業員はみな中国人となっております。もう一店舗、水道橋にも店を出していましたが、そちらは閉店してしまったようで、この神保町の本店にはいつまでも頑張っていて欲しいものです。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

渋谷区渋谷(2)、生き残る昭和の建築物

 駅の北東側、ハチ公口からJRの線路を潜って線路脇を原宿側に向かうと、のんべい横丁と言う見事な路地が残っております。

画像 023

 戦後、東急本店通りで屋台を出していた人たちが進駐軍の命令により屋台を禁止され、この場所に集まって昭和25年にできた飲食街だそうです。

画像 028

 その点、造りは似ているものの青線を発祥とする新宿ゴールデン街とは経緯が違うようで、王子のさくら新道や野毛の都橋飲食店街などとは同じ成り立ちです。

画像 030

 のんべい横丁の外観。バラック長屋である事が見て取れる。店はどこもL字カウンター一本という狭さのようで、路地の両端に公衆トイレが完備されている事から、共同トイレであると想像できる。一度夜に飲み屋に入ってみたいところ。
 写真は暗渠化された渋谷川の上にある駐輪場より。こうして見ると、かつては川と線路に挟まれた場所であった事が窺える。

IMG_3730

 こちらは桜丘町にある昭和な立ち飲み屋『富士屋本店』。

IMG_0418

 地下一階にあり、非常に分かり辛いです。しかし、狭い階段を降りてゆくと、全く想像してなかったような昭和の立ち飲み屋が残っていました。

IMG_20150222_174500

 まずこの、入り口の寂しさと店内の賑やかさのギャップに面食らいます。しかも想像以上に広い。夕方5時過ぎに席に立つと、後から後からひっきりなしにお客さんが入って来て、軽く行列が出来ます。ちゃんと数えてませんが、パッと見100人ぐらいのキャパシティーがあるんじゃないか。それに対して店員さん6人て、絶対無理があると思うんですが!

IMG_20150131_173842636

 ホッピー頼むとナカは宝焼酎の小瓶が出て来ます。割り物は小瓶の寶焼酎(中)と紙パックの緑茶(外)。これがなかなか酔いが回る。人気メニューはアジフライやハムカツなどの揚げ物。値段は場所が場所だけにまあまあと言った感じですが、ここは確かに通いたくなる店でした。

IMG_3726

 道玄坂沿いに、以前より気になっていた解体寸前の看板建築の廃墟がありました。
※2015年2月の情報では、とうとう解体されて更地になっていたそうです。

IMG_3724

 タイル落下防止のネットが張られたまま、もう何年放置されていたのか。

IMG_3728

 人通りの多い一等地にも関わらず解体されそうで解体されないというのは、それなりに複雑な事情があったのでしょう。

IMG_20140516_085216650

 道玄坂と国道246号線の間、坂の奥に謎の大衆パブなるものが。この店も再開発から取り残されたように、ひっそりと佇んでいます。

IMG_20140516_104031580

 道玄坂から百軒店の坂を入って行くと、有名な喫茶店『ライオン』があります。

IMG_20140516_104354539

 こちらは裏口になるのですが、この建築デザインが素晴らしい。

IMG_20140605_17291092

 ところ変わって駅の反対側、宮益坂を登りきった先に銀杏荘なる古びた建物が残っております。昭和42年より宿泊施設として利用されてきましたが、建物の老朽化などにより平成18年未営業を終了。管轄は文部科学省共済組合で、学会のイベントなどの会場としても使用されたそうです。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

港区虎ノ門(3)、昭和の建築物など

IMG_4305

 愛宕一丁目の脇を登れば愛宕山トンネルの山の上、愛宕神社とNHK放送博物館があります。

IMG_4306

 都心とは思えないような崖の斜面に咲く桜も満開。

IMG_20140331_12465125

 愛宕山の西側、虎ノ門三丁目にも歯抜け状態の一帯があります。

IMG_20140331_124600757

 都心では珍しくなってしまった長屋造りの木造アパート。

IMG_20140401_091901386

 洒落た出窓もかなり古い造りです。

IMG_4309

 愛宕山を離れ、桜田通りを北へ歩いて行けば虎ノ門琴平神社。参道を跨ぐ形で高層ビルが建っています。そこまでするかと言った感じ。

IMG_4310

 さらに北へ歩くと霞ヶ関の官庁街に出ます。写真は震災復興庁舎の一つで昭和7年竣工の文化庁(旧・文部省)庁舎。建物内部の一般開放されている所だけでも撮影できないかと警備員さんに聞いて見ましたが、案の定撮影禁止だそうです。

IMG_4316

 霞ヶ関から外堀通りを右に向かえば新橋駅方面。途中、西新橋3丁目の路地裏にフォーク喫茶なるものを発見。古びた店内では松山千春のLPレコードがかけられており、この空間だけ時が止まっているような、とても落ち着けるお店でした。

IMG_20140326_123947496

 新橋の駅近くには2軒ほど古いビルが残っています。その一軒が上の写真の堀ビル。昭和7年竣工で、よく残ってるなと思ったら国の登録有形文化財に指定されているそうな。

IMG_20140326_124422967

 もう一棟、駅の近くをちょっと入った所に堤第一ビルがあります。こちらはなんと大正9年竣工。築94年て反則です。(笑)

※2016年7月現在、堤第一ビルは解体されてしました。

image

 左隣に建っていたビルも解体され、ともどもオープンを控えてました。

 汐溜や虎ノ門は再開発しまくってますが、新橋駅周辺はまだまだゴチャゴチャしております。そんな中、現在橋上駅舎らしきものを建設している模様。


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

千代田区秋葉原、神田川周辺

 電気街、そしてヲタの街、秋葉原。しかし裏に回れば、そこかしこに昭和の匂いを残しております。

IMG_1155

 万世橋。橋の袂の建物が非常に気になります。

IMG_1157

 気になったら覗いて見る。閉鎖されてますが、調べたところ公衆便所だったとか。
 しかしその晩のタモリ倶楽部で丁度神田川を遡上しており、その時の話によれば公衆便所だったと言う説もあるが内部はがらんどうで、実際のところ何だったかは不明と言ってました。

IMG_1160

IMG_1161

 旧・国鉄万世橋駅跡。中に入りたくってしょうがない。
※2014年春、この万世橋駅跡はショッピングモールとして再利用されるようになりました。

IMG_1167

 旧・万世橋駅跡を昌平橋側から。赤煉瓦がそそる!

IMG_1174

 中央線ガード下に入った店舗。結構洒落た店が軒を連ねる。

IMG_1173

 聚楽!
 上の写真の真ん中の店が『酒亭じゅらく』で、道路の向かいをちょっと昇った所には御茶ノ水ホテル聚楽が。気になるのはガード下の家賃。

IMG_1169

 昌平橋より神田川。左に中央線、上を跨ぐ総武線、奥には地下鉄丸の内線と聖橋。

IMG_1171

 この川沿いの風景も好きです。ビリヤード台のメーカーとして有名な『淡路亭』もこのゴチャゴチャした中に紛れてます。

IMG_1176

 聖橋より秋葉原方面。この川と鉄道の交錯した景観たるや。我ながら絶好のタイミング。しかし震災復興建築である聖橋を撮っていない辺り、我ながら
詰めが甘い。(笑)

IMG_20140411_120352774

 所変わって秋葉原駅昭和通り口。神田川を渡った先の路地に、昭和3年竣工の北原ビルという古いビルが残っています。一階の喫茶店で一息ついて見ましたが、入口を入ってすぐに2階席への吹き抜け階段。昔の純喫茶の雰囲気です。‌‌

IMG_20140411_120531511

 向かいには看板建築。こちらもかなりの古さです。‌‌

撮影・2010年6月・2014年4月
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ