危険地帯

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

神奈川県横浜市、永楽町の温泉銭湯〜寿町のドヤ街再訪

横浜市営地下鉄伊勢崎長者町より少し歩いて永楽町。横浜の市街地には温泉銭湯が幾つかあるようです。

IMG_1955

住宅や小さな町工場、倉庫などがひしめく下町っぽい街中に永楽湯があります。

IMG_1957

モザイクタイルに描かれた屋号が渋い。

IMG_1961

中はかなり歴史を感じる銭湯。ロッカーの鍵が三分の一も無いのは、常連客が持ち帰っているからでしょうか。
浴室もよくある昔ながらの銭湯建築。普通のお湯の浴槽が二つと、少し小さめな加温鉱泉浴槽が二つ。そのうち一つは立ち膝で肩が浸かる程の深い浴槽。
大田区や川崎市同様の黒湯は温度は42度でちょうど良い湯加減。微かに塩素消毒臭を感じるぐらいの無臭で多少の塩気。しばらく浸かっていると汗が止まらなくなります。湯上りはポカポカで、寒い冬には有り難い。

IMG_1963

銭湯を出て根岸線石川町方面に歩いてゆくと簡易宿泊施設、いわゆるドヤがチラホラと見え始めて来ます。

IMG_1964

やがて寿町の飲み屋街が。この日本三大ドヤ街の一つである横浜寿町を訪れるのも、4〜5年ぶりぐらいでしょうか。

IMG_1965

以前は昼に訪れましたが、夜はより一層怪しい雰囲気。並行する二本の車道に挟まれて、中央を狭い路地が貫いています。

IMG_1968

さすがにここは飛び込みで入る勇気が無かった。しかし、いつかは突撃してみたい。

IMG_1967

飲み屋街を抜けて驚いたのは、寿労働センター(職安)が建て替え工事をしていた事。かつての焚き火で煤けた天井も見ることが出来なくなってしまいました。ちゃんと写真撮っておけば良かった。

IMG_1970

日も暮れてすっかり暗くなってしまいましたが、寿町は相変わらずの異世界。

IMG_1971

ただ、多くの簡易宿泊施設が老朽化のため建て替えていました。普通のマンションを建てても売れないからか、建て替えても引き続き簡易宿泊施設を続けています。

IMG_1973

石川町寄りまで歩いたところにある酒屋「山多屋酒店」さん。ここの隣が角打ちとなっています。

IMG_1974

勇気を振り絞って突入。瓶ビールとカニカマ(100円)。この侘しさに痺れる。

IMG_1976

お爺さんとお婆さんが酒屋、ちょっと強面の親父さんが角打ちを担当。常連さんたちがワンカップ片手にまったり相撲観戦。ドヤ街の日常です。次回は居酒屋に突入して、常連さんのお話なんか聞けたらなぁ。

栃木県日光市足尾(6)、簀子橋堆積場

夏に訪れて以来、草が枯れるのを待ってからの足尾再訪です。藪などに阻まれ入ることが困難だった場所へも、秋なら進めるようになります。

IMG_1299

まずは簀子橋堆積場が見下ろせる山の上へ。通洞駅近くの蓮慶寺脇から、今ではほとんど使われなくなった登山道を登って行きます。急な斜面を登ってゆくと、なぜか幾つもの庚申塚が打ち捨てられていました。

B5044D27-6D4B-4C5B-8D35-DFE0299FD60F

急斜面を登り切ると朽ちかけた祠が。しかし覗いてみると牛に跨った人物の首が無い。恐いから。

IMG_1303

やがて緩やかな尾根伝いに登山道の痕跡を辿りながら登って行くと、高圧線の走る開けた場所に。

5D952B90-C7D5-4F9D-84FF-D53A64A7FCBE

二箇所目の高圧線。赤松が多いので紅葉としては微妙。

DA15C80E-1F5D-460A-B651-BF7ED1FF6D2C

尾根はやがて両側が崖という切り立った地形になって来ます。場所によっては突風が吹いたりして、かなり恐い。もう散歩とか旅とかじゃない、これはガチの登山です。

27A3E1A0-E1D3-475A-866C-7DBEE7350490

左手には簀子橋堆積場より古い時代に作られた堆積場が見えて来ます。こちらが一杯になったため簀子橋堆積場が造られたそうです。

IMG_1307

崖っ縁や岩場など、とても登山道とは言いがたい尾根を登り続けること約30分。視界の開けた絶壁から簀子橋堆積場が見下ろせました。ここは足尾銅山で産出された鉱物の選鉱・製錬工程で発生するスラグ(鉱滓)を沈殿させ堆積させる施設で、鉱滓ダムと言われるものです。

521E5939-9651-4012-B8AC-C6EE79125A6F

堆積場周辺の谷は全て古河機械金属の所有地のため一切立ち入ることが出来ず、本来その姿を見ることは出来ません。周辺を撮影したところ管理人にカメラを取り上げられたと言う噂もネットに上がっています。この茶色いのが鉱毒だと言うのですから、確かにヤバいです。

2A30BAC1-5720-4033-9FF6-F3794C6FAB44

この簀子橋堆積場は足尾でも最も規模も大きく見た目でも分かりやすい施設ですが、他にも多くの堆積場が今も残っています。東日本大震災ではその一部が崩落し、渡良瀬川に流出した事もあったそうで、かつて足尾鉱毒事件の被害を受けた下流域の住民に対する視察会や説明会は今も続けられています。写真はそう言った視察会などで使われると思しき立て看板。銅山による繁栄に対する代償は、閉山から44年経った今でも払い続けているということです。

IMG_1308

登山道はさらに奥へと続いているそうですが、素人の私がこれ以上進むのは無理。だって右も左もマジで崖なんですもの。

4B84FD2E-FD63-4299-883D-17FEABA5E610

振り返れば通洞の街が見事に見渡せました。しかし、下山はもっと恐いです。不明瞭なルートを地形を見ながら戻らなくてはなりません。この帰路、尾根が二手に分かれています。登った時はもう一つの尾根に合流した事に気付かなかったため、下山の際は途中で左に斜面を下りなければならなかった。

5F188197-4C9E-43DF-AAE3-640A5624F213

気付いたら巨岩のてっぺん(写真中央)。こんな時焦ってはダメです。冷静に来た道を引き返し、地形図から今居る場所を考えて、正しい道を探さなければなりません。
ともあれどうにか無事下山。正直、距離が短いからと言って登山の素人が行っちゃいけない山です。いや、登山道としてもはや整備されていない点から言って中級者でもキツいかも。


栃木県日光市足尾(1)、足尾銅山観光
栃木県日光市足尾(2)、旧足尾線貨物専用線跡
栃木県日光市足尾(3)、足尾銅山本山製錬所跡
栃木県日光市足尾(4)、鉱山住宅跡(その1)
栃木県日光市足尾(5)、鉱山住宅跡(その2)
栃木県日光市足尾(7)、秋の田元鉱山住宅跡〜変電所跡

大田区仲六郷、六郷土手駅周辺のドヤ街

 京急六郷土手駅は蒲田から2つ目。ホームの先は鉄橋で、渡った先は川崎市となります。

IMG_0863

 まさにリバーサイドな街。JRは京浜東北線もスルーする東京23区の最南端となります。

IMG_20150829_145351720

 駅前はそこそこ栄えている商店街。当然ながら各駅停車しか止まらないのですが、10分に一本は電車が来るため、便利と言えば便利。

IMG_20150829_145020648

 潰れたスナックが駅前に放置プレイ。しかしどこか昭和なセンスが格好良かったりします。

IMG_20150829_13334784

 温泉銭湯の蒲田温泉が目的で訪れたのですが、この界隈はいわゆるドヤ街。確かに「最果て」な空気が漂っていますが、知りませんでした。駅からすぐ、住宅街の中に簡易宿泊施設が多く残されております。

IMG_20150829_133506329

 大田区は町工場が多くあるイメージしかありませんが、どのような仕事があるのでしょうか。或いは、ただ単に辺鄙という理由からドヤ街が形成されたのか、対岸の川崎市戸出同様、多摩川の砂利を運ぶ労働力が必要だったのか。定かではありません。

IMG_20150829_133704884

 窓を開け放った部屋が多く見られる事から、結構人が住んでいると思われます。

IMG_20150829_144442548

 南に歩けば、すぐ多摩川の河川敷に出ます。

IMG_20150829_144457352

 野球グランドやゴルフ練習場などのある河川敷。しかし草むらの中では、ホームレスのブルーシート集落が形成されています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

川崎市東田町、続・川崎案件(2016年5月29日更新)

 川崎駅東口から程なく歩いたかつての係争地区、東口町は、2015年2月に訪れ噂の現場、川崎案件として紹介しましたが、今回その後の様子を見に行って参りました。

IMG_20150826_13395090

 前回閉まっていたラーメン屋『鳥竹』が営業しているとの情報を受け、早速入店。

20150826_133540_144

 カウンターに椅子が四脚の狭い店内。店の半分は厨房ですが、暖簾に仕切られ一切見えなくなっています。

20150826_132526_576

 メニューはラーメン、240円。あとは缶ビールと缶酎ハイ、それにベビースターラーメン。ラーメン屋だけに!(笑)

20150826_132420_744

 壁には私道廃止反対の紙が。私道と言ってもこの地域が取り壊されてコインパーキングになる前の話。仮囲いで区画された通路はかつての面影です。
 また、営業許可証も掲示されていましたが、事業者名はリッチハーベストという新橋の不動産会社になってました。謎は深まる。

20150826_133015_339

 ラーメンはチャーシューこそ入ってないものの、240円にしては普通に美味しい。店主はキャップを目深に被った、比較的若い兄さんでした。

IMG_20150826_132153333

 この地区に張り巡らされた仮囲いをよく見ると、あちこちに建設計画の掲示板が掲げられています。着工は10月初旬で完成は2016年3月。鬼のような工期の短さ。敷地面積1180㎡、つまり約35m四方で、地上二階建て一棟の店舗。この広い敷地にそんなに小さい建物を!?
 ともあれ10月初旬にラーメン屋『鳥竹』はどうなっているのでしょうか。

IMG_20150826_13435279

 外周部に張ってあった張り紙には、強制退去をさせられていると訴える内容が。しかしこの地区に残っているのはラーメン屋『鳥竹』のみのはず。建設計画の事業主であるアセットマーケティングをブラック地主と訴えています。
 まだまだ謎の多い地区ですが、着工予定の頃にまた覗いてみたいです。

IMG_20150826_134527300

 周辺は飲み屋と風俗店が点在する、なかなか治安もよろしく無さそうな土地。

IMG_20150826_134846945

 潰れたキャバレーが時代の移り変わりを静かに物語っていました。しかしロンドンの看板懐かしい!


※2016年5月29日、近くまで行ったので覗いてみました。

image

案の定と言いますか、やはり建物など全く建っておりません。

image

しかし通路は塞がれ、ラーメン屋はとうとう取り壊されてしまいました。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

川崎市東田町、噂の現場、川崎案件

 JR川崎駅東口から京急の高架線を潜り仲見世通りの先、川崎市役所の向かい辺りに広大な空き地があります。そこが噂の係争地、東田町となります。

IMG_20150207_123131505

 ここはかつて地上げによって荒らされ、一時期は歯抜け状態のまま放置され、後にコインパーキングとなっていたそうです。現在は仮囲いで封鎖されておりますが、特に建設計画の掲示もされておらず、持て余してるのでしょうか。

IMG_20150207_123036491

 昔の路地裏が仮囲いによって再現されています。その経緯は東京DEEP案内様の記事その続編に詳しく書かれており、私もこの記事を読んで知りました。なんでも複数の暴力団の係争地となっており、誰も手を付けられないままだったそうです。

IMG_20150207_123115983

 仮囲いの中はこんな感じ。コインパーキングの時のままです。

IMG_20150207_123015709

 そんな、ある意味荒野と化した土地にポツリと存在し続けるラーメン屋『鳥竹』に行ってみました。

IMG_20150207_122743373

 220円という破格の値段が書かれていた部分は、何故か白ペンキで塗り潰されています。

IMG_20150207_122849428

 そして、残念な事に営業していませんでした。行ったのが土曜日だから休みだったのか、すでに店を閉めてしまったのか、営業時間が書かれていたので多分潰れてはいないと思うのですが、今度平日に再訪してみます。

IMG_20150207_123252592

 区画の北東角に数軒建物が残っています。かなり古い造りですが、ドピンク。

IMG_20150207_123324307

 しかし既に退去済みで空き家となっています。

IMG_20150207_123223883

 裏に回るとこんな感じ。

IMG_20150207_123342562

 孤立しているバラックもあります。倒壊の恐れあり!日本橋湊地区や新宿富久町などを思い出します。
 ともあれ、今後この場所に何か建設されるのか、はたまた五年十年このままの状態で放置されるのか、成り行きを見守っていきたいと思います。

※2015年8月に再訪しました。
 続きはこちら→続・川崎案件

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ