共同浴場

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

大分県日田市(2)、天ヶ瀬温泉に再訪

一昨年の11月以来、今回も天ヶ瀬温泉に宿泊しました。

2017年11月訪問時の様子

IMG_3773

相変わらず寂れた温泉街で人通りは全く無い。なのにイルミネーション。

IMG_20190114_185417

前回、全方位から丸見えの露天共同浴場に真っ昼間全裸で突入したら人肌湯加減で「産湯かよ!」と叫んでしまい断念した神田湯。今回はそのリベンジに立ち寄りました。

IMG_2824

今回はかなり熱め。源泉がそれなりの量投入されていました。しかも前回無色透明だったお湯が、今回は乳白濁り。川のせせらぎ(と言ってもザアザア)を聞きながら、硫黄臭をしっかり感じる濃い目の単純硫黄泉を堪能できました。

IMG_3808

宿泊したのは水光園。大型ホテルチェーンに買収され再生を果たしたこのホテルは、バブル期にスキーリゾートなどで流行ったスイス風の外装。なんとも懐かしいです。しかしホテルチェーンだけあってマニュアルが徹底されており、一泊二食付き税込9000円なのに徹底されたサービス。ここはお勧めの宿です。

IMG_3788

内湯は微かに炊きたてご飯の匂い。薄緑色のお湯は酸化する前の鉄泉を思わせる。しかし浴感は非常に柔らかく、ゆっくり浸かっていたくなります。

IMG_3796

また、ここにはなんと、適温まで冷ました源泉100%浴槽もありました。元々中性であるためか刺激は薄いですが、泉質に対するこだわりが感じられます。

IMG_3810

川沿いに5ヶ所の露天共同浴場がある天ヶ瀬温泉ですが、このホテルには専用の川沿い露天風呂があります。まぁ、全方位丸見えの混浴露天風呂っていう点では一緒なのですが、朝風呂に浸かったところ、なんと薄茶色の濁りが。硫黄だけでなく鉄分も豊富なのでしょうか。日によって色が変わる温泉ってありますが、ここ天ヶ瀬もそう言った温泉なのかもしれません。
今回スナック「ラブボート」はお休みでしたが、天ヶ瀬のお湯は奥が深く素晴らしいと再認識しました。再度訪れる機会があれば、また水光園さんに泊まりたいと思います。

大分県由布市由布院町、荒木共同浴場と加勢の湯共同浴場

別府から西へ向かうには由布岳が立ちはだかります。鉄道では大分駅に南下して久大本線にて由布岳の南麓を大きく迂回する事になりますが、路線バスだと由布岳直下の高原を越えるルートを取ります。

IMG_20190114_124417

いかにも火山といった感じの見事な景色が広がります。今回温泉についてしか調べておらず、たまたま湯布院方面へ直行出来るバスを見つけて乗っただけだったので、この景色は単純にご褒美でした。

IMG_20190114_124909

湯布院と言えば高級旅館ばかりで、観光地としても成功していると言ったイメージ。実際行ってみたら歩道、建物、共に綺麗に整備されており、外国人観光客でごった返していました。特に駅前については例えば前回訪れた豊後森もそうですが、JR九州が力を注ぐか否かで全然変わって来ます。

IMG_3755

賑わっている温泉街には脇見も触れず、由布院駅でJR九州運営のレンタルサイクルを借りて、線路沿いを豊後森方面に向かいます。この辺り、向かい側に建つ若宮八幡神社の脇が水源地となっており、旅館などに卸す鮎の養殖場が多くあります。
線路の向こう側に小さな湯小屋。

IMG_2818

遮断機も何もない踏み切り、というか線路を渡り畦道の奥。荒木共同浴場があります。

IMG_2820

畦道の奥の掘っ立て小屋的なシチュエーション。知らなければ誰もこれが共同浴場だとは気づきません。

IMG_3747

入り口で200円を投入し中へ。すでに地元のお爺さんが入られていました。どうやら先日の荒木地区総会でこの共同浴場は地元専用に決まってしまったとか。しかしその旨が表示されておらず200円も投入したと言う事で、入らせていただきました。中は脱衣所の隣が浴槽で、男湯と女湯の間に神棚もあります。

IMG_3749

すぐ隣にある源泉からダイレクトに源泉が注がれ続けているためかなり熱く、加水しながら入ります。お湯は温泉分析表がありませんでしたがおそらく単純温泉。多少ヌメリ感のある柔らかい入り心地。鮮度抜群で加水しても充分濃いい最高なお湯です。
しかし地元の方いわく、今度この先まで源泉を引き、道路沿いに立派な日帰り温泉施設を新たに建設し、この湯小屋は取り壊されてしまうとか。こんないい場所が無くなってしまうとは、残念でなりません。とは言え建物の老朽化や、交代制で管理されてる地元住民の人口減少、高齢化などと言う存続の難しい現状もあります。源泉を活かすために日帰り入浴施設を建てれば職員が常駐し、観光客が千円前後の入浴料を落としてくれる。時代の流れに逆らえないのが現実です。

IMG_3757

次に訪れたのは駅の南側、大忤社の参道入り口に建つ加勢の湯共同浴場です。

IMG_3759

200円を投入し中へ。女湯の方に神棚があるようです。

IMG_3761

中は脱衣所即浴場という造り。

IMG_3763

かなり年期の入った建物で、この雰囲気たまりません。後から壁を建てて男女別に別けたのかな?歴史の古い共同浴場ではよくある光景。

IMG_3766

源泉は元栓が閉められていましたが丁度良い湯加減。癖のないお湯はいつまでものんびり浸かっていたくなります。
湯布院は九州トップクラスの観光地なので避けてしまいがちですが、町外れにはこれらのような素晴らしい共同浴場が残っていました。

大分県別府市(3)、竹瓦温泉と寿温泉

別府には2000近くの源泉と88箇所の共同浴場があると聞きます。数回訪れる程度じゃ到底巡り切れません。それこそ住まなきゃ無理です。

IMG_3743

また古い湯屋が年々建て替え、または廃業され続けており、情緒ある共同浴場が減り続けているので、気持ちは焦るばかりです。

IMG_3587

今回宿泊したのは駅真正面に建つ古いビジネスホテル「ホテルはやし」さん。一泊素泊まり2700円と、立地に対して格安な宿。

IMG_3738

夜は居酒屋とスナックで過ごすので、安く素泊まり出来る宿を選びます。お風呂は源泉掛け流し。あまり特徴を感じられない塩化物泉ですが、お湯の鮮度や濃さなどは良いです。

IMG_3594

駅から坂を少し下ったところにあるのが共同浴場「駅前高等温泉」。大正13年建造の素晴らしい建物です。

IMG_3595

一応宿泊も出来るようですが畳3畳の簡易宿泊施設のような部屋と、サウナのような雑魚寝する大部屋しかないとか。残念ながら今回、後回しにしていたら入り逃してしまいましたが、次回必ず入ろうと思います。

IMG_3644

路地裏飲食店街の中に忽然と姿を現すのが梅園温泉。つい最近までは狭い路地を入った奥にある古い建物の共同浴場という堪らないシチュエーションだったようですが、手前が空き地になり建物自体も建て替えてしまい、私の好きな要素が無くなってしまいました。もっと早く来たかった。

IMG_3683

こちらは別府を代表する共同浴場、竹瓦温泉。明治12年創業で現在の建物は昭和13年建造。立派な建物です。

IMG_3687

浴場は撮影禁止のうえ入られている方もいらっしゃったので、写真はありませんが見事なものでした。

IMG_3692

泉質は男湯がナトリウム・カルシウム・マグネシウム−塩化物・炭酸水素塩泉(塩化物泉)で、女湯がナトリウム−炭酸水素塩泉(炭酸水素塩泉)。仄かに薄茶色の濁りもあり、柔らかい入り心地でした。ちなみに砂湯もあるようです。

IMG_3700

寿温泉は明治32年から創業されているのですが、もともとは女性の病気によく効く温泉として女湯のみしかなく、現在の建物に建て替えた大正13年に男湯が出来たそうです。

IMG_3703

後継者問題で一時期閉業の危機もあったそうですが、別府八湯温泉道名人会の理事長さんが管理を引き継ぐことで存続。ありがたい事です。

IMG_3709

九州の共同浴場の特徴とも言えますが、脱衣場から一段下がった所に浴槽と言った造り。泉質は炭酸水素塩泉。

IMG_3708

浴槽には51度の源泉が湯船の中からダバダバと掛け流されております。だもんで持参の温度計で測ったところ、なんと49度。無理です。仕方なく蛇口全開で加水。湯もみしながら、どうにか43度まで下げました。後で聞いた話によれば、女湯には源泉投入口に投入量を調整する板があって、源泉を絞っていたので適温だったとか。その分男湯にダバダバ流れ込んでいたのか?
ともあれ、奥日光の温泉寺での鬼加水を思い出しました。こう言うのもまた楽しい思い出になります。

今回、別府の共同浴場は二ヶ所しか廻れませんでしたが、年に二回以上は通いたいと思いました。

【日記】のんびりと草津

今回は終始余談ばかりです。

現場が一つ落ち着いて、たまたま平日に二連休。どこかゆっくりと温泉にでも行こうかなんて思い立ちました。
さてどこ行こう。一泊だしそんなにお金も掛けられないので関東甲信越。熱海か、中央高速バスか、関越道高速バスで群馬方面か、はたまた那須塩原、鬼怒川……そうだ、長野県松代の象山地下壕とか、加賀井温泉一陽館とか、長野電鉄の廃線跡とか、行きたい場所がたくさんある松代周辺なんかいいかも。
そう思い早速高速バスの料金や現地での移動手段、路線バスの路線図やレンタルサイクルの有無、タイムスケジュール、宿泊施設のアクセスと料金なんかを調べ始めました。しかしどうしても周辺での安い宿が見つかりません。いっそ戸倉上山田温泉とか湯田中温泉とかに泊まっちゃおうか。
いやいや、ちょっと待て、今回はゆっくりと疲れを癒しに行くのだから、ガチでどうする。

何も考えずに行けるところ。草津なんかは泉質もいいし安い定宿もあるし、高速バスで片道3500円ぐらいだし。

IMG_3252

てことで行って見たらめっちゃ紅葉!

IMG_3216

考えてみれば草津、過去に立ち寄り1回、泊りがけで6回も来ています。今回も宿泊は素泊まり4000円のペンションはぎわらさん。通算4回目でほぼ定宿です。

IMG_3223

ホテル桜井の裏を湯畑方面へと降りて行く途中、外湯「翁の湯」に浸かる。湯畑源泉はやはり優しい入り心地で落ち着きます。外湯は全19箇所ある内の11箇所しかまだ制覇しておらず、今回新たに外湯開拓しようかなんて考えも浮かびましたが、いやいや、今回はとにかく楽に無理せずを心掛けようと。

IMG_3227

とても泊まれない高級旅館に見とれてしまいます。泊まれる文化財建築は何軒かありますが、そういう宿に限って2〜3万。ただ、日帰り入浴を受け入れている宿も多いので、今度そういったお風呂を廻る内湯巡りに挑戦するのも良いかも。

IMG_3236

まぁ、とりあえず定番の白旗の湯に浸かる。湯畑源泉、万代鉱泉、地蔵源泉、煮川源泉、わたの湯源泉、様々な源泉に浸かって来ましたが、やっぱり白旗源泉が格段に酸性度が強く、硫黄が濃く、ガツンと来るお湯です。

IMG_3238

白旗源泉と言えば、湯畑沿いに建ち白旗源泉を引く数少ない宿でありながら安い旅館、福寿荘がありましたが、なんと解体されて更地になっていました。ボロくて小さな宿で、そのうち泊まりたいなと思ってましたが残念です。
主人が引退されて息子が一時継いだものの続かず、結局売却してしまったとか。文化財建築は綺麗に残すものの、中途半端に古い昭和の宿は壊してゆく。観光地として成功している草津は新陳代謝も激しいので、それも致し方ないかなとも思います。

IMG_3255

風呂上がりに湯畑下の魚民で生ビール飲んでスナックへ。定番のコース。外湯、関の湯向かいに四軒並ぶ二階建てのスナックビル。以前右から二番目の「舞子」に行きましたが去年10月に店を閉めてしまったとか。なので右から三番目の「恵」に突入。地元と思しき方々がおり、値段もリーズナブルで、楽しい店。当たりでした。舞子を除くここの三軒はどちらも6年前にオープンしたとか。

IMG_3250

翌朝は宿泊しているペンションはぎわらさんで朝風呂。わたの湯源泉は相変わらず湯の花が豊富です。

IMG_3253

せっかく紅葉している事だし露天風呂に入ろう、ということで日帰り入浴施設の大滝の湯へ。煮川源泉はピリッと来るくらい酸性度が高いお湯。源泉投入口近くで新鮮なお湯を堪能しました。

午後2時半には高速バスに乗り草津を後にしました。多少渋滞もありながらも午後7時前には東京駅に到着。そのまま新橋の「南」で打ち上げ的な飲み。銀座で働くニューハーフ姉さんと同伴でショーパブ系のお店へ。
この、前日行った草津のスナックと銀座のニューハーフパブとの格差というか落差というか、なんだかクラクラしました。(笑)

群馬県草津温泉、温泉宿と日帰り入浴施設
群馬県草津温泉、外湯巡り(1)
群馬県草津温泉、外湯巡り(2)
【日記】草津温泉とスノボ
【日記】再訪、草津から伊香保へ
群馬県草津温泉、外湯巡り(3)
【日記】吹雪の草津でスノボと温泉とカピバラ

山形県鶴岡市、庄内交通廃線跡と湯野浜温泉

庄内交通湯野浜線は昭和4年、羽越線鶴岡駅から湯野浜温泉駅を結ぶ鉄道として開業し、昭和50年まで営業されていました。

IMG_3065

上の写真は湯野浜温泉下町共同浴場の休憩室に展示されていたもの。湯野浜線は途中にある善宝寺の参拝客や当時まだ栄えていた湯野浜温泉の宿泊客、魚の行商人や地域の米などを運んでいたそうです。
白黒写真で見ると昔の箱根登山に見えてきてしょうがないのですが。

IMG_3007

秋田から特急いなほで鶴岡へ。そこから普通列車で隣の羽前大山へ。あとはタクシーで進みます。

IMG_3008

田園地帯の廃線跡はほぼ跡形も無くなっていますが、こちらは中間にある善宝寺駅跡。奥には保存されていたモハ3形が。ちなみにこの善宝寺、平成2年に人面魚の話題で注目を集めた場所です。タクシーの運ちゃんに言われて初めて知りました。意外!

IMG_3015

湯野浜線はモータリゼーションの影響から昭和50年に廃止されてしまいましたが、この善宝寺駅駅舎が善宝寺鉄道記念館として昭和53年にオープン。このモハ3の他にも多くの資料が展示されていました。

IMG_3013

しかしその記念館も訪れる人が年々減り続け、施設の老朽化もあって1999年に閉館となりました。

IMG_3014

その後展示されていた資料は湯野浜温泉の庄内クラフトステーションに移設されましたが、併設されていた旅館が閉館。今では資料を見る事も出来ず、保存車両も朽ち果てています。

IMG_3018

この小雨がパラついているシチュエーションがたまらなくて、いつまでもここに居たいと思ってしまいますが、タクシー待たせているのでしょうがない。

IMG_3027

善宝寺駅跡から小高い山の北麓を迂回し日本海に面する湯野浜温泉へ至る廃線跡は、サイクリングロードとして整備されています。

IMG_3028

と言ってもここをサイクリングする人などおらず。ただ線路跡の面影だけが残っています。

IMG_3019

こちらが終点の湯野浜温泉駅跡。この辺りがホームの端部となりますが、現在ではホームなどの遺構は全く残っていません。庄内交通はバス会社として今でも庄内地方の人々の足を支えていますが、鉄道の存在は人々の記憶からも消えて行っております。

IMG_3036

この湯野浜温泉もすっかり寂れたマイナー温泉地です。唯一目の前の浜辺が海水浴場なので、夏休みなどは地元の方々が日帰りで訪れる事もあります。

IMG_3056

今回お世話になった宿はこちら扇屋旅館さん。民宿のような雰囲気ですが一泊二食付きで8000円とリーズナブル。昼間は飲食店もされているようで食事は大満足な内容ですが、ただし全館禁煙となります。

IMG_3057

温泉も加水加温循環濾過無しの100%源泉掛け流し。ナトリウムカルシウム塩化物泉のお湯は舐めると強い塩気。全身を包む滑り感もあり湯上がりは汗が止まりません。

IMG_3046

街の中心部のバス停前に湯野浜振興センターコスパがあり、バス待合室や観光案内所や集会所などが入っています。またこの場所が旧湯野浜駅駅舎の跡地となります。

IMG_3049

右手奥には下町共同浴場も併設されています。朝6時〜7時と10時〜21時営業。

IMG_3061

朝10時のお湯入れ替え直後に入ると、すでにご老人が一人。その後も地元の方が2人3人と入って来ます。
私も入ろうとしましたが、ほぼ熱湯風呂!今まで入った温泉の中でも1位2位を争うくらいの激熱。48度ぐらいは有りましょうか、しかし地元の爺ちゃんが何の躊躇もなく入って行き「気〜持ちええなぁー」って。
「水、入れてもいいぞー」と言うので、ちょっと悔しさを覚えながら泣く泣く加水してしまいました。それでも掛け湯で慣らしながら足で湯もみをして、辛うじて肩まで浸かれる始末。東北恐るべしです。

IMG_3052

こちらは南寄りの地区にある上町共同浴場。ちょうど7時から10時の清掃時間だったため入れず。ここ湯野浜温泉は一号から五号源泉の混合泉が分配されている事が多いので、宿泊した扇屋さんも共同浴場も泉質は変わりません。ただ、下町共同浴場に関しては源泉から近いせいで温度が高いのかも知れません。

IMG_3054

上町では小規模ながらも海沿いで朝市が行なわれていました。

IMG_3051

こちらの巨大なホテルは廃墟。東北の日本海沿岸で数少ない海水浴場を擁していてもシーズンは短く、結局他の温泉地同様最盛期に比べて随分と衰退している模様です。

IMG_3073

ただ唯一の希望としては車で10分ほどの近隣にある加茂水族館が、クラゲの展示に特化した事でV字回復した事。このインスタ映え水族館の影響で宿泊客が増えてくれればと思います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ