共同浴場

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

川崎市温泉巡り(2)、有馬温泉〜千年温泉

川崎市温泉巡り(1)、溝の口温泉喜楽里~丸子温泉

 以前訪れた際、運悪く臨時休業だった神奈川県宮前区の有馬温泉へリベンジです。

image

 南武線武蔵中原からバスに乗り換え、中原街道を鷺沼方面へ。千年(ちとせ)交差点辺りからバスは多摩丘陵へと入って行きます。幾つかの団地を通り過ぎて鷺沼に着く手前、中有馬のバス停で降りれば、一見普通のマンションにしか見えない温泉旅館、有馬温泉に到着。兵庫県の超有名な有馬温泉と名前が全く一緒で泉質も近いですが、全くの偶然。こちらは古い歴史のある一軒宿です。

image

 日帰り入浴は1200円と少々お高いですが、お湯は素晴らしいです。川崎の温泉といえばどこも黒湯なのですが、ここは珍しく単純鉄冷鉱泉。加水無し塩素消毒無しで20度の源泉を41度程度に加温してます。浴室にはマイアカスリが何本も吊るしてあり、療養などで通い詰めている方も多いようです。常連の方が入って来ると必ず挨拶を交わしており、地方の共同浴場に来ているような気分になります。

image

 ライオンの口の形をした湯口からは源泉が常にチョロチョロと掛け流されており、酸化した鉄分で茶色く濁ったお湯には茶褐色の湯花が大量に漂っています。湯口の側には飲湯用のコップとペットボトルのキャップが二つ。後から入って来た常連の方はそのキャップに源泉を注ぎ、アイボンみたいに眼球を洗っていました。目にも効くのかな。僅かな滑り感のあるお湯に浸かっていると、じわじわと浸透して来る感覚。湯上りは鬼のように汗が止まらなくなります。

image

 中有馬から武蔵小杉行きのバスに乗り千年で下車。南武線武蔵新城駅方面へ少し歩くと温泉銭湯の千年温泉があります。しかし午後2時のオープンまで30分あったので、一旦そのままスルー。

image

 一緒に温泉巡りをしていた仕事の先輩(地元民)の奥さんが、近くのスナック『エム』で昼カラしてるとの事なので顔を出す。ここが、夕方5時まで男性2000円女性1500円で軽いおつまみ込み飲み放題歌い放題。安い! ちょっと顔出しだけのつもりが、ついつい……。気付けば5時!

image

 気をとり直して千年温泉に戻りました。

image

 本当は酔って温泉に入るのは良くないのですが、まあ、そんな時もあります。(笑)
 ここのお湯は多摩川沿岸でよく見る重曹泉を加温したもの。いわゆる黒湯です。しかし大田区の蒲田温泉並みに濃いいです。温泉浴槽は内湯の他に露天風呂まであり、この露天浴槽脇の蛇口を捻れば嬉しい事に冷鉱泉の源泉が出てきます。このような良質なお湯に浸かれて銭湯料金420円とはありがたい限りです。

川崎市温泉巡り(1)、溝の口温泉喜楽里~丸子温泉

 前々から行きたいと思っていた神奈川県川崎市西部の宮前区有馬の温泉に入るべく、武蔵小杉から鷺沼行きのバスに乗りました。しかし着いてみるとなんと、運の悪いことにまさかの臨時休業。ここは真っ茶っ茶な鉄泉に入れる、しかも歴史の古い穴場的な温泉旅館なので楽しみにしていましたが、次回に持ち越しです。

image

 仕方なく武蔵小杉行きのバスで少し戻り千年(ちとせ)バス停で下車。手前の交差点を北上すると、小さな神社では盆踊りの準備が。多摩川南岸の平地が終わる丘陵の麓に建つ千年神社は蝉時雨で夏って感じ。

image

 溝の口駅行きバスのバス通りを程なく歩くと、溝の口温泉喜楽里があります。

image

 岩盤浴やお食事処などが充実した日帰り入浴施設で、入浴料800円はなかなか良心的な値段です。当然大人気で人が多かったため、内部の写真は撮れませんでした。
 地下1800mから掘り当てた源泉温度41.3度のナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉はコーヒー色をした重曹泉ですが、大田区の黒湯に比べると少々薄め。加温加水無しの源泉かけ流し浴槽は露天のみ。内湯は加温の循環濾過。やはり露天の源泉浴槽が気持ち良いのですが、熱いお湯が好きな人には物足りないだろう適温。微かな塩素消毒臭は気にならない程度。泉質も悪くなく、しばらく汗が止まらなくなりました。湯上がりはスーッと浸透してサラサラながらもシットリ。かなり肌に良さそうです。

image

 そこで湯上がりに十割蕎麦と生ビール。まさに至福のひととき。

image

 武蔵小杉まで戻り、散歩しながら新丸子。そこに昔ながらの温泉銭湯、丸子温泉があります。

image

 銭湯代420円を払って中へ。建物こそは鉄筋コンクリート造ですが、雰囲気は下町の銭湯です。

image

 こちらも浴室は撮れませんでした。泉質は喜楽里と同じ重曹泉。しかし透明度の低い黒褐色で、どちらかと言うと大田区の黒湯に近い感じです。温度は45度とかなり熱めですが、我慢して暫く浸かっていると鼻に抜けるような、ミントガム食った時のような感覚に。蒲田界隈で銭湯巡りした時の感覚を思い出します。こちらは地下100mから湧き出す冷鉱泉を沸かした物で、地下1800mから汲み上げている喜楽里とかなり印象が違いました。

川崎市温泉巡り(2)、有馬温泉〜千年温泉

静岡県伊東市、赤沢露天風呂~黒根岩風呂

 オーシャンビューの共同浴場露天風呂は最近テレビやCMなどで随分とメジャーになっておりますが、伊豆高原に行ったついでに立ち寄ってみました。まずは伊豆半島に幾つかある海岸沿いの露天風呂のひとつ、赤沢露天風呂から。

IMG_2207

 伊豆高原の少し南にある入り江に、数軒の温泉民宿と漁港があります。こぢんまりとした静かな集落で、こういう所には一度泊まってみたい。

IMG_2220

 国道から集落へと入ると右手に、元々露天風呂を管理されていた民宿『砂場』さんだった廃墟がポツンと一軒。その手前には近くで湧く7号源泉が貯められている所が。手を入れると丁度良い湯加減です。

IMG_2216

 海の方を見ると狭い通路があります。ここが入り口。一応今でも地元の方が管理されているらしいのですが、以前マナーの悪い輩が多かったせいで、ここは露天風呂ではありませんと表示されています。特に脱衣所などはなく、岩場に衣類とタオルを置いておきます。まぁ、こちらは現在無料の足湯と名目上なっているので、衛生面で責任を持ちませんという事みたいです。

IMG_2210

 最初入ろうとした時お湯は少なく、寝そべれば浸かれるくらい。しかも38度ぐらいでしょうか、かなりぬるく、湯船の底にも苔が残っていました。なんだか露天風呂というより池に入っているような、野湯のような感覚。しかし浸かっているとやがて、湯船の中の源泉投入口から気泡とともにボコボコと、大量な源泉が送り込まれて来ました。

IMG_2209

 ここのお湯は温泉施設で使い切れなかったお湯が海に捨てられる前に貯められるような形になっています。そのため温度がだいぶ下がってしまったのかと思われます。しかし泉質は悪くなく、実に良いものです。あまり特徴は感じられませんが、舐めると非常にしょっぱいアルカリ性単純温泉。じっくり浸かっているとじんわりと温まり、汗が滲んで来ました。

IMG_2230

 次に訪れたのは赤沢からさらに南下した北川温泉。ほっかわ温泉と読みます。民宿や旅館などが10軒もないくらいの小さな温泉街です。

IMG_2228

 その北の外れに、黒根岩風呂の源泉と足湯があります。

IMG_2229

 海辺の小さな小屋には管理されている方が常駐しており、そこで入浴料600円を払います。ちなみに北川温泉の宿に宿泊されている方は無料。ここは共同浴場と言うより、向かいに建つ巨大ホテル「望水」さんが主となって管理している組合の露天風呂を、日帰り入浴として開放しているような感じ。

IMG_2227

 まさに波打ち際。半分は屋根があるものの、嵐の日はさすがに波しぶきが入って来るんじゃないでしょうか。

IMG_2221

 手前が屋根付きの脱衣場と半露天混浴浴槽。その奥に完全な露天混浴浴槽。さらに奥には女性専用の脱衣場と露天風呂。そのため、女性専用露天風呂に向かう女性は男湯の前を通らなければなりません。ただし夜7時から9時の間は全ての浴槽が女性専用となります。因みに撮影に際しては、入浴されている方々に声を掛けました。

IMG_2225

 道路の下を通って引かれているナトリウム・カルシウム塩化物泉が、三つの浴槽それぞれに分かれ、岩肌を伝って掛け流されています。源泉温度が高いためか、これだけ広い露天風呂にも関わらず、丁度良い湯加減です。天気が良かったら、さぞ気持ち良かった事でしょう。このような素晴らしいロケーションで、お湯もそんなに悪くなく、なかなか素晴らしい露天風呂でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

群馬県嬬恋村、森の中のほったて小屋温泉

 以前よりいつか行こう行こうと思いながら、ずっと先送りにしていた共同浴場、平治温泉へ行ってまいりました。
 JR吾妻線の万座鹿沢口へ。長野原草津口止まりの列車が多く、その先まで行くには列車の本数が更に少なくなるので、鉄道で立ち寄るのはなかなか困難となります。

IMG_2100

 数年前この共同浴場は心無い来訪者に荒らされ閉鎖の危機を迎えた事がありました。マナーを知らない輩が行かないよう、ここでは敢えて詳しい場所は伏せますが、検索すれば大まかな場所は出て来ます。

IMG_2115

 新緑溢れるあぜ道を下ると、やがてツツジの咲き誇る奥に謎のほったて小屋が見えて来ます。以前温泉ブログなどでここの写真を見た時、一気に惚れ込んでしまいました。

IMG_2112

 どう見ても湯屋には見えません。情報が無ければ誰もここが温泉だなんて気づきません。

IMG_2105

 一応、鍵などは掛かっておらず外来者にも解放された共同浴場です。無人なので木箱に一人200円の入浴料を投入。地元の方にも話を聞きましたが、結構温泉マニアな方々も頻繁に訪れているとか。

IMG_20160515_153752242

 少々手ブレしてしまいました。お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉。ドバドバと源泉が掛け流されています。

IMG_20160515_153738177

 温度は少々温めですが、じっくり浸かっていると体中に気泡がビッシリ。 鮮度のいい炭酸泉である証拠です。無色透明で強い金気臭。しかしこの金気臭がクセになる。入り心地は柔らかく、いつまでも浸かっていたくなります。なんて素晴らしいお湯!
 湯上がりはポカポカでサラサラ。ここは機会があればまた来たい所です。万座の帰りなんかに寄れば良い仕上げ湯となるでしょう。

神奈川県湯河原温泉(2)、廃業旅館群の中の共同浴場

 千歳川に沿って温泉街を登って行きます。

IMG_2045

 右岸(熱海市側)の万葉公園へと登る手前、橋の袂にも古い湯屋建築があります。すでに廃業して久しいのか、何という屋号の宿だったのかは不明。実にもったいないです。

IMG_2024

 鉄筋コンクリートと言えども、なかなかの古さを見せる元湯旅館光陽館。こちらは元気に営業中です。

IMG_2021

 パス通りは川を渡り右岸へ。使われてない橋の向こうは広い駐車場となっていますが、かつてはこの場所にも立派な旅館が建っていたのかも知れません。

IMG_2027

 右岸の裏通りのような路地を歩いてゆくと、これまた見事な木造建築。大観荘の旧館に当たるのでしょうか、立派な鉄筋コンクリート造の手前に建つこの建物には、大観荘社員通用口の文字が。新館の建物は80年代の物でしょうか、団体客に対応すべく大型宿泊施設が林立した時代、木造の湯屋建築は古い、ボロいと思われ、更に管理、修繕費用もかさむため、大事にされなかったのではないでしょうか。

IMG_2016

 こちらは現役で営業中の伊豆屋。唐破風の屋根が見事です。こちらの宿、ネットで調べたところ湯河原唯一の混浴風呂があるとかで、混浴ファンの間では有名なようです。

IMG_2005

 裏通りの一番奥にあるのが上野屋。こちらは古い湯屋建築を綺麗に管理し利用し続けている高級旅館のようです。

IMG_2010

 伊豆屋と上野屋の間の路地を入って行くと、突き当たりに中屋があります。玄関先が雑然としていたのですっかり廃業しているかと思っていたら、なんと営業中でした。しかも値段がリーズナブルらしく、一度泊まってみたい宿です。

IMG_2008

 その路地の突き当たりにある中屋の右手に見える通路を入ります。

IMG_2011

 するとその更に奥に、共同浴場ままねの湯があります。実に分かりづらい。こう言うの大好きです。

IMG_2012

 入り口は突き当たって更に左手に。

IMG_2015

 入ると更に地下へと降りて行きます。やっと温泉にありつける!

IMG_2065

 中には地元の方々が5人も入られていたので、浴室は撮ることが出来ませんでした。しかしコンクリート造のこの建物は相当年季が入っています。
 管理されている旅館の方が午前中、源泉投入するの忘れてたそうで湯温が上がらず、とは言え体感で42度くらいのちょうど良い湯加減。しかしながら普段は激熱らしく、地元の方々は口を揃えて「ぬるい!ぬるい!」と言ってました。
 ナトリウム・カルシウム-塩化 物・硫酸塩泉のお湯は包み込むような柔らかい肌触り。加水加温無し循環濾過無し塩素消毒無し。独特な薬品臭は一瞬塩素かとも思いましたが、これは湯河原のお湯の特徴なのかなと思われます。
 湯上がりはサラサラですが、鬼のように汗が止まらなくなりました。印象としてはあまり特徴を感じずとも、思ったより強力なお湯のようです。

IMG_2051

 こちらは万葉公園の下にある『こごめの湯』。普段温度を高くしている『ままねの湯』よりも、基本41度に設定している町営の『こごめの湯』の方が、来訪者には好まれるかも知れません。
 露天風呂もありますが、お湯は内風呂よりも薄い印象。その内風呂も、浴槽が狭く非加水だった『ままねの湯』に比べると薄い印象はあります。

 今回湯河原は真鶴の後に寄り日帰りで帰って来ましたが、いずれ1日かけて回り、老舗旅館の立ち寄り湯巡りでもしてみたいと思います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。

■ 温泉リスト(PC版) ■
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ