共同浴場

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

熊本県南小国町、黒川温泉の共同浴場

今回の九州旅は別府から湯布院、天ヶ瀬、杖立と来ましたが、最後は黒川温泉に立ち寄って見る事に。

IMG_3934

黒川温泉は山あいの谷間に建物が密集している小ぢんまりとした温泉街です。

IMG_3904

九州でも湯布院と並ぶブランド力を持った超有名温泉で、高級旅館ばかりが建ち並んでいます。

IMG_3910

そんな有名観光地でも、当然共同浴場はあります。まず訪れたのは川沿いに建つ穴湯共同浴場。

IMG_3915

湯小屋は後から建てたのでしょうか、河川敷の擁壁や岩などがそのまま有ります。

IMG_3914

また、ここは混浴のため簡易的な女性脱衣所もありました。

IMG_3912

ぬるめと熱め、かと思ったら、どっちも激熱。ただ源泉投入口から近いか遠いかの違いだけでした。源泉から一番離れた脱衣所側に水道があったので、加水しながら徐々に入ります。

IMG_3917

泉質は塩化物泉ですが、鉄分が多いのか錆び色のオリ出物。お湯も薄緑白濁があり芯から温まる感じがしました。

IMG_3907

もう一軒の共同浴場は地蔵湯。入り口で100円入れると鍵が開くようになっています。いまだに100円すら払わないような輩が居るのでしょうか、そういう常識知らずが居るから全国の共同浴場がジモ専になってしまうのです。きょうび東京の銭湯だって420円なのに、たったの100円ですよ?

IMG_3921

建物は素晴らしい鄙び具合。木製窓枠や厚塗りの水色のペンキなんて最高です。

IMG_3928

脱衣所と浴槽のダイレクト感。九州ではこれが普通のようです。表の温泉街は外国人観光客で賑わっていますが、ここは別世界のような静寂。

IMG_3927

泉質は硫黄泉。ですが硫黄臭は感じられず色も褐色濁り。しかしお湯の鮮度、濃さ、共に最高です。黒川温泉はただメディアや戦略によってメジャーな温泉地になっただけでなく、泉質としてのポテンシャルがあったればこそ、こんな山奥の不便な土地なのに成功しているのだと分かりました。やっぱ、実際行ってみなきゃ分からない事です。

IMG_3931

奥の入り口側は源泉がダイレクトに注がれて熱め。手前は竹の樋を通る間に源泉が冷まされてぬる目。計りませんでしたが43度と41度と言ったところでしょうか。泉質もさる事ながらこの古びた地元感溢れる湯屋というシチュエーションにも癒され、いつまでも浸かっていたくなります。

IMG_3935

黒川温泉はミシュラン・グリーンガイド・ジャポンにて二つ星で掲載され、日本人だけでなく外国人観光客も多く訪れるようになりました。国内での登録商標化やブランド戦略によって成功を収めた、いわゆる勝ち組観光地です。
私は寂れた観光地を好んで訪れていますが、例えば今回の九州旅の天ヶ瀬や杖立も観光地として賑わい再生して欲しいと願っています。たとえ廃墟が解体されてオシャレなカフェだらけの小綺麗な観光地となったとしても、それが過疎化を食い止め地方の少子高齢化に歯止めを掛けるならば、それがその土地にとって一番良い事だと思います。
勝ち組観光地の箱根生まれな私ですが、寂れた温泉街の大好きな温泉旅館なのに、後継者がおらず廃業してしまうような事(伊香保柏屋など)が最も悲しい事で、だからこそ今後も今の観光産業のリアルをドキュメントし続けて行きたいと、今回の旅を通じて再認識しました。

熊本県小国町(4)、杖立温泉に再訪

1年ちょっと前の訪問時はタクシーからバスへの乗り換え時間しか無く、ぐるっと散策しただけで湯槽に浸かる暇もありませんでした。なのでリベンジの意味も込めて再訪。

2017年11月訪問時の記事はこちら。

IMG_3900

まずショックだったのは、旧「たしろや」さんの建物が解体されていた事。

7AACA1D6-8C7E-41CB-937A-FB98CB6A48A7

こちらは前回訪れた時の写真。

IMG_3839

前回すでに廃業されていましたが、特に裏側の路地に面したカクカクした木造の壁が素敵でした。

IMG_1467

こちらは前回訪れた時の写真。建物としても貴重だと思っていたのですが、さすがに倒壊の危険があったのでしょうか。

IMG_3832

今回宿泊する「葉隠館」さんは午後3時まで無人との事だったので、とりあえず隣の「くきた別館」さんで休憩。

IMG_3826

あまり特徴の感じられないナトリウム塩化物泉で、温度調整のため加水もされていますが、しっかり暖まることができました。

IMG_3830

くきた別館7階から下流方面を望む。左手奥は現在使われていない旧くきた本館跡。杖立川に掛かるのはもみじ橋で、対岸奥の立派なホテルは「ホテル大自然」です。この「大自然」は韓国人観光客を大々的に受け入れる事で生き残り大変賑わっているようで、天ヶ瀬温泉のホテル成天閣さんを思い出します。

IMG_3835

ちなみにこちらが現在使われていない本館。見事な木造建築ですが、縦長の鉄筋コンクリートの別館に移ってしまった模様。こう言う建物をリノベーションしてほしいんですがね。ほんとは。

IMG_3873

くきた本館の先、もみじ橋の袂はかつて川を望む飲食店か何かの跡。そこの貼り紙を見たらこんなことが書かれてました。チャボが散歩してるとは⁉︎

IMG_3868

こちらがもみじ橋。杖立温泉の年中行事で鯉のぼりが有名なのですが、鯉の形をした絵馬に恋の願い事を書くと成就するとかしないとか。はぁ、そうですか。特に恋のお悩みが無い方はくまモン絵馬に願い事を。

IMG_3872

対岸(北東岸側)の袂に建つのは旧「ふるや」さん。現在旅館業は廃業されており、1階ロビーで竹細工などの工房をやられています。

IMG_3870

橋の下の河川敷には、今回入りませんでしが、共同浴場「元湯」があります。

IMG_3864

橋を渡った先には、こちらも入りませんでしたが、共同浴場「薬師湯」が。

IMG_3834

こちらが今回宿泊した「葉隠館」さん。外観がモルタルとタイル貼りですが中身は相当古く、戦前建築じゃ無いかと思えて感動を覚えるほど。高度成長期以来近代化の波は日本の木造建築に対して古くてボロい物という価値観をもたらしました。そんな時代の流れが鉄筋コンクリートっぽい見た目への改修をさせたのでしょうが、それも今は過去の価値観。結果、中途半端な古さを醸してしまう事に。

IMG_3878

お風呂もひと昔前のセンスか、女神! これはこれでレトロ。お湯は隣の「くきた別館」さんと同じ源泉なのか、癖の無いナトリウム塩化物泉でした。

IMG_3841

さて共同浴場。前回近くまで行きながら時間の都合で入れなかった御前湯へ。今回杖立温泉に泊まったのは、ここのお湯に浸かるのが目的でした。

IMG_3842

ところが。ところがです。なんと、お湯が無いじゃぁないですか!
源泉投入も考えましたが、連れも居たので断念。ちなみに女湯の方には湯が張られていたそうです。入浴料の200円を投入してしまいましたが、それはそれで全国の共同浴場に入らせて頂いている日頃の感謝の意と、今後も外来者にここの湯を解放し続けていて欲しいとの思いを込めて。

IMG_3887

猫が癒してくれました。路地裏は猫が多いです。

IMG_3896

屋根の上の鳩が気になってしょうがない様子。

IMG_3898

それにしても薄暗く狭い路地ばかりで廃墟も多く見かけるとなると、なかなかな雰囲気があります。

IMG_3850

鬼のような配管。上水道や温泉などの配管が路地の上を走っています。2回目の訪問は、また新たな発見もある。

IMG_3858

温泉街の中央にある潜水橋を渡り、広い駐車場のような場所の片隅に共同浴場を見つけました。左が外来者に解放された「湯かたば」で右がジモ専の「さくら湯(だったと思った)」。どちらも同じ源泉から湯を引いてます。

IMG_3861

ジモ専の方は鍵がかかっているので当然外来者向けの「湯かたば」へ。ここが思いの外素晴らしいお湯でした。纏わりつくようなヌメり感。癖の無いお湯ですが柔らかい浴感で、ゆっくり浸かっていたくなります。

IMG_3902

バス停前にいつの時代か分かりませんが古い案内板がありました。現在の観光協会のサイトと比較して見ると、看板に書かれている宿は27軒。内、今も営業を続けているのは19軒。だいぶ減ってしまったようです。

大分県日田市(2)、天ヶ瀬温泉に再訪

一昨年の11月以来、今回も天ヶ瀬温泉に宿泊しました。

2017年11月訪問時の様子

IMG_3773

相変わらず寂れた温泉街で人通りは全く無い。なのにイルミネーション。

IMG_20190114_185417

前回、全方位から丸見えの露天共同浴場に真っ昼間全裸で突入したら人肌湯加減で「産湯かよ!」と叫んでしまい断念した神田湯。今回はそのリベンジに立ち寄りました。

IMG_2824

今回はかなり熱め。源泉がそれなりの量投入されていました。しかも前回無色透明だったお湯が、今回は乳白濁り。川のせせらぎ(と言ってもザアザア)を聞きながら、硫黄臭をしっかり感じる濃い目の単純硫黄泉を堪能できました。

IMG_3808

宿泊したのは水光園。大型ホテルチェーンに買収され再生を果たしたこのホテルは、バブル期にスキーリゾートなどで流行ったスイス風の外装。なんとも懐かしいです。しかしホテルチェーンだけあってマニュアルが徹底されており、一泊二食付き税込9000円なのに徹底されたサービス。ここはお勧めの宿です。

IMG_3788

内湯は微かに炊きたてご飯の匂い。薄緑色のお湯は酸化する前の鉄泉を思わせる。しかし浴感は非常に柔らかく、ゆっくり浸かっていたくなります。

IMG_3796

また、ここにはなんと、適温まで冷ました源泉100%浴槽もありました。元々中性であるためか刺激は薄いですが、泉質に対するこだわりが感じられます。

IMG_3810

川沿いに5ヶ所の露天共同浴場がある天ヶ瀬温泉ですが、このホテルには専用の川沿い露天風呂があります。まぁ、全方位丸見えの混浴露天風呂っていう点では一緒なのですが、朝風呂に浸かったところ、なんと薄茶色の濁りが。硫黄だけでなく鉄分も豊富なのでしょうか。日によって色が変わる温泉ってありますが、ここ天ヶ瀬もそう言った温泉なのかもしれません。
今回スナック「ラブボート」はお休みでしたが、天ヶ瀬のお湯は奥が深く素晴らしいと再認識しました。再度訪れる機会があれば、また水光園さんに泊まりたいと思います。

大分県由布市由布院町、荒木共同浴場と加勢の湯共同浴場

別府から西へ向かうには由布岳が立ちはだかります。鉄道では大分駅に南下して久大本線にて由布岳の南麓を大きく迂回する事になりますが、路線バスだと由布岳直下の高原を越えるルートを取ります。

IMG_20190114_124417

いかにも火山といった感じの見事な景色が広がります。今回温泉についてしか調べておらず、たまたま湯布院方面へ直行出来るバスを見つけて乗っただけだったので、この景色は単純にご褒美でした。

IMG_20190114_124909

湯布院と言えば高級旅館ばかりで、観光地としても成功していると言ったイメージ。実際行ってみたら歩道、建物、共に綺麗に整備されており、外国人観光客でごった返していました。特に駅前については例えば前回訪れた豊後森もそうですが、JR九州が力を注ぐか否かで全然変わって来ます。

IMG_3755

賑わっている温泉街には脇見も触れず、由布院駅でJR九州運営のレンタルサイクルを借りて、線路沿いを豊後森方面に向かいます。この辺り、向かい側に建つ若宮八幡神社の脇が水源地となっており、旅館などに卸す鮎の養殖場が多くあります。
線路の向こう側に小さな湯小屋。

IMG_2818

遮断機も何もない踏み切り、というか線路を渡り畦道の奥。荒木共同浴場があります。

IMG_2820

畦道の奥の掘っ立て小屋的なシチュエーション。知らなければ誰もこれが共同浴場だとは気づきません。

IMG_3747

入り口で200円を投入し中へ。すでに地元のお爺さんが入られていました。どうやら先日の荒木地区総会でこの共同浴場は地元専用に決まってしまったとか。しかしその旨が表示されておらず200円も投入したと言う事で、入らせていただきました。中は脱衣所の隣が浴槽で、男湯と女湯の間に神棚もあります。

IMG_3749

すぐ隣にある源泉からダイレクトに源泉が注がれ続けているためかなり熱く、加水しながら入ります。お湯は温泉分析表がありませんでしたがおそらく単純温泉。多少ヌメリ感のある柔らかい入り心地。鮮度抜群で加水しても充分濃いい最高なお湯です。
しかし地元の方いわく、今度この先まで源泉を引き、道路沿いに立派な日帰り温泉施設を新たに建設し、この湯小屋は取り壊されてしまうとか。こんないい場所が無くなってしまうとは、残念でなりません。とは言え建物の老朽化や、交代制で管理されてる地元住民の人口減少、高齢化などと言う存続の難しい現状もあります。源泉を活かすために日帰り入浴施設を建てれば職員が常駐し、観光客が千円前後の入浴料を落としてくれる。時代の流れに逆らえないのが現実です。

IMG_3757

次に訪れたのは駅の南側、大忤社の参道入り口に建つ加勢の湯共同浴場です。

IMG_3759

200円を投入し中へ。女湯の方に神棚があるようです。

IMG_3761

中は脱衣所即浴場という造り。

IMG_3763

かなり年期の入った建物で、この雰囲気たまりません。後から壁を建てて男女別に別けたのかな?歴史の古い共同浴場ではよくある光景。

IMG_3766

源泉は元栓が閉められていましたが丁度良い湯加減。癖のないお湯はいつまでものんびり浸かっていたくなります。
湯布院は九州トップクラスの観光地なので避けてしまいがちですが、町外れにはこれらのような素晴らしい共同浴場が残っていました。

大分県別府市(3)、竹瓦温泉と寿温泉

別府には2000近くの源泉と88箇所の共同浴場があると聞きます。数回訪れる程度じゃ到底巡り切れません。それこそ住まなきゃ無理です。

IMG_3743

また古い湯屋が年々建て替え、または廃業され続けており、情緒ある共同浴場が減り続けているので、気持ちは焦るばかりです。

IMG_3587

今回宿泊したのは駅真正面に建つ古いビジネスホテル「ホテルはやし」さん。一泊素泊まり2700円と、立地に対して格安な宿。

IMG_3738

夜は居酒屋とスナックで過ごすので、安く素泊まり出来る宿を選びます。お風呂は源泉掛け流し。あまり特徴を感じられない塩化物泉ですが、お湯の鮮度や濃さなどは良いです。

IMG_3594

駅から坂を少し下ったところにあるのが共同浴場「駅前高等温泉」。大正13年建造の素晴らしい建物です。

IMG_3595

一応宿泊も出来るようですが畳3畳の簡易宿泊施設のような部屋と、サウナのような雑魚寝する大部屋しかないとか。残念ながら今回、後回しにしていたら入り逃してしまいましたが、次回必ず入ろうと思います。

IMG_3644

路地裏飲食店街の中に忽然と姿を現すのが梅園温泉。つい最近までは狭い路地を入った奥にある古い建物の共同浴場という堪らないシチュエーションだったようですが、手前が空き地になり建物自体も建て替えてしまい、私の好きな要素が無くなってしまいました。もっと早く来たかった。

IMG_3683

こちらは別府を代表する共同浴場、竹瓦温泉。明治12年創業で現在の建物は昭和13年建造。立派な建物です。

IMG_3687

浴場は撮影禁止のうえ入られている方もいらっしゃったので、写真はありませんが見事なものでした。

IMG_3692

泉質は男湯がナトリウム・カルシウム・マグネシウム−塩化物・炭酸水素塩泉(塩化物泉)で、女湯がナトリウム−炭酸水素塩泉(炭酸水素塩泉)。仄かに薄茶色の濁りもあり、柔らかい入り心地でした。ちなみに砂湯もあるようです。

IMG_3700

寿温泉は明治32年から創業されているのですが、もともとは女性の病気によく効く温泉として女湯のみしかなく、現在の建物に建て替えた大正13年に男湯が出来たそうです。

IMG_3703

後継者問題で一時期閉業の危機もあったそうですが、別府八湯温泉道名人会の理事長さんが管理を引き継ぐことで存続。ありがたい事です。

IMG_3709

九州の共同浴場の特徴とも言えますが、脱衣場から一段下がった所に浴槽と言った造り。泉質は炭酸水素塩泉。

IMG_3708

浴槽には51度の源泉が湯船の中からダバダバと掛け流されております。だもんで持参の温度計で測ったところ、なんと49度。無理です。仕方なく蛇口全開で加水。湯もみしながら、どうにか43度まで下げました。後で聞いた話によれば、女湯には源泉投入口に投入量を調整する板があって、源泉を絞っていたので適温だったとか。その分男湯にダバダバ流れ込んでいたのか?
ともあれ、奥日光の温泉寺での鬼加水を思い出しました。こう言うのもまた楽しい思い出になります。

今回、別府の共同浴場は二ヶ所しか廻れませんでしたが、年に二回以上は通いたいと思いました。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ