共同浴場

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

群馬県前橋市(2)、謎のバラック地帯と温泉銭湯

JR前橋駅から中心街を挟んで北東、利根川の支流である広瀬川沿いに、上毛電鉄の中央前橋駅があります。

201507C0-40A9-415E-BEEB-ACD92A8B6332

明治17年(1884)に現在のJR両毛線の前橋以東が、同22年(1889)に前橋以西が開通しました。それに対して昭和3年(1928)、中心街の北東に位置する中央前橋駅から西桐生駅まで、上毛電気鉄道が開通しました。車両はかつて京王井の頭線で活躍していた車両です。

AD9E1126-4B93-401F-9D3C-01193D3A35EC

駅前には昭和63(1988)年建造の中央ビル。ここの一階の定食屋さんで昼食をとりましたが、うどんとソースかつ丼が美味かった。

D6C455FF-31D1-49F6-A7B0-2F3347197DA5

川を隔てた南東側には温泉銭湯の成田湯がありますが、ちょうど水曜定休で入れず。

ED9547FB-3BC0-4867-AB33-5879BCF63329

中央前橋から南東に位置する三河町一丁目。ここに謎のバラック地帯があります。丸窓から何かしらの飲食店だっただろうと思われます。

325CEF8F-FCBF-4011-812E-9CBE4F5B7E39

周囲はそこそこ立派な屋敷も点在するごく普通の住宅街ですが、この一画だけが異空間。奥の煙突跡は銭湯にしては低いので工場だったのか。

0EEC3984-1456-4695-B79E-13E7C2891EF9

路地を入って行くと、このような未舗装の私道となります。

E364A72E-BFE4-477B-B233-63ED3C07F9F8

二本の路地が平行する狭い一画ですが、どうにも周辺の街並みから異彩を放っている。

F3D3D9AA-7E9B-47AA-B213-0ABBD2E66376

昭和の頃の貧民窟や朝鮮部落などの光景にも似ていますが、情報などは一切無し。聞き込みなどで探るしかありません。

A75E24CC-D071-4341-B540-62D3F7EBC2B4

路地の奥には廃墟もあります。倒壊の危険がある廃墟が放置されている所は、特殊な事情があるか解体費用が払えないかです。

01155755-0757-4C9E-ADFF-C141C2EC7AF4

井戸ポンプの跡も。もちろん現在は使われておらず、インフラはちゃんと整備されているようです。

700AEF8B-76F4-4685-89DB-D15DBE017C21

もう一本、中央前橋寄りの路地。左手には閉業した小料理屋。写ってませんがその左手には公民館があります。

754ECAA7-88F9-4778-8F9A-AD607E936E4C

こちらもなかなかなバラックだらけです。

83F8F386-1E67-4177-80CE-CE6EB7B0F5A0

裏手(広瀬川寄り)に廻るとこんな感じ。解体され駐車場となっていますが、この辺りに繭の乾燥場が有ったという話があります。推察するにこの一帯は生糸の製糸工場などの労働者が住んでおられたのか。

2F04B1AA-A453-43FF-A3F4-F0A9690FAC75

周囲が解体され取り残されたバラック。広瀬川の対岸を走る上毛電鉄の開通が昭和3年なので、この辺りに人が住み始めたのもその頃なのでしょうか。

08821929-4F4F-4F8B-B8FD-D9F166914696

駅から離れ東に歩くと旧大竹酒造煉瓦蔵があります。大正末期建造の蔵で、昭和8年(1933)大竹酒造が買い取ったそうです。酒蔵は昭和47年に廃業。2016年には国登録有形文化財に指定され、現在は前橋市所有の多目的ホールとして活用されています。(去年3月には今話題の「えんとつ町のプペルひかる絵本展」もやっていたとか)
ただこの物件、大竹氏が前橋市に買い取りと保存を要望し続けていたのに対しその要望には長年答えず、仕方なく某NPO法人の紹介で民間の不動産業者に2005年、5500万で売却されたそうです。しかしそれから一年も経たぬ内にその不動産業者は前橋市に8000万で売却。そしてその不動産業者は二年三ヶ月後に事業を停止。しかも前橋市に対し不動産業者からの物件購入と保存を要望したのが件の某NOO法人及び某市民団体だと言う。群馬県の産業遺産に関わる裏話の一つという訳ですね。

1E258F24-E4B2-4956-B6B3-36DD1714D67F

西側のちょっと外れにある、飲食店の廃墟。

1606A15C-2F8C-4254-8857-813D3C2EF922

その向かいにあるバラック。この広瀬川南岸地域については、更なる調査が必要です。

0742B7B9-C78E-492A-A8A2-C068633CDB52

最後に場所は離れて中心街の西、群馬県庁の南側に残る温泉銭湯、利根湯さんに立ち寄りました。女将さん(お婆ちゃん)がもうチャキチャキの群馬っ子で言葉が荒いwww
根は優しいんでしょうけれど、群馬県民の気質に対する慣れは必要ですね。

33C9408A-CD19-4D71-8EFC-FE9E4411F0C7

お湯は紅茶色の鉱泉を加温したもの。自分は嗅覚が鈍いのでなんと表現したら良いのか分かりませんが、独特な香りがします。浴感はさほど特徴が感じられないものの、じわじわと温まりからっ風が身に染みる冬の群馬では有り難い。
浴槽は二つあり熱めが46度。超熱めは温度計が有りませんでしたが、47〜8度ぐらい有るんじゃないかという熱湯。長時間は浸かれません。草津などもそうですが群馬の共同浴場は基本熱いです。

静岡県伊豆長岡(1)、古奈の共同浴場と石切り場

伊豆箱根鉄道の伊豆長岡駅よりバスに乗り、温泉街の少し手前の古奈温泉で降ります。小高い山の向こう側が伊豆長岡温泉のメインストリート。

AA2963D2-4DA1-47EB-9102-C7AB59D546A6

狩野川を渡ったバスはやがて左折するのですが、その交差点を真っ直ぐ行ったところに建つ共同浴場、あやめの湯。券売機で300円払い番台のおばちゃんに渡します。

62DBA58F-BA43-48B9-A60A-0C40A6065A8B

正面は真新しい感じがしますが、湯屋の外観はこんな感じ。なかなか趣きがあります。

3A4B0E2C-9CB0-4A75-AF7B-5AB6CEFCE4DF

お湯は源泉温度が高いために加水して循環濾過。塩素消毒されたアルカリ性単純泉。特徴を感じられないサラサラとした浴感。とは言え地元の方々に愛されているようで、昼の1時で5人もの方が入られていました。

8846A895-4B15-4E3C-90E3-CB7902F1DA9B

裏通りには潰れたスナックなども。

D048CABA-AEC6-42FC-955A-EB67B28DEB61

この価格設定、いったい廃業してから何年の月日が経っているのか。

BE437F2A-0EFE-4D8E-914F-9CDF3E2F022C

北へ少し歩くと湯谷神社があります。発祥については不明ですが、伊豆長岡の温泉は元々この辺り、古奈地区にあり、山の裏手にある現在の温泉街は後から発展して行ったとか。

2551F09E-2E2C-41A8-8EF5-4E2D4B754CCD

鎌倉時代より伊豆国に於いて、伊豆山の走り湯や修善寺の独鈷の湯に並ぶ三名湯として古奈湯が有名だったようです。湯谷神社の辺りには足元自噴の共同浴場もありましたが、山の裏手、西側で温泉が採掘される内、大正末期には出なくなってしまったとか。神社の前には当時の汲み上げポンプが残されています。

2DAB24DE-5ED2-470D-B1F6-6B1410F96D52

湯谷神社の脇には伊豆石の石切り場跡があります。

1D7BF808-6B91-4DE1-9638-76D4B97AFD46

以前ここは荒れ果てており廃車も廃棄されていたのですが、地主である頼朝の湯、本陣さんが綺麗に整備されたそうです。

9A4428D4-6BD3-4C32-9017-57096BC0EF10


2C325140-D329-44DD-9686-8E6FCDA43286

石切り場としての歴史も古く、江戸城築城の際には産出された伊豆石を献上したとか。

5E6ED55C-7260-40E8-AD51-63A856381B1F

見上げると湯谷神社本殿の裏側が張り出しています。崩れ落ちたのか?

9E9675B9-628D-4C82-817B-1253DF4E502D

現在周辺の竹林も整備されているそうで、今後ライトアップやイベントなど、様々な形で利用されて行きそうです。

1CE49009-147B-482B-86DF-B4CD88378532

石切り場では栃木の大谷石がすっかり有名になりましたが、ここもPVの撮影なんかで使えそうな感じがします。

埼玉県の日帰り入浴施設

昼間っから飲める老舗の大衆食堂兼大衆酒場、いづみや本店が大宮駅の駅前に生き残っています。立ち寄ったのは4回目ぐらいかな。

4347014F-F550-459A-AC0D-F204F8D8C187

仕事が早く終わり、暇を持て余す。ここの姉さんたちは耳が遠くなり、なかなか注文が通らない。確かに耳は年々遠くなっているのだが「おばちゃん」と呼ぶとわざと耳が遠いふりをする事もある。「お姉さん」と呼ぶとすぐ振り向くのがその証拠だ。若い連中が「おばちゃん」と呼んだ時、捨て台詞のように「ここにおばちゃんは居ないよ」と言ったのを私は聞き逃さなかったwwww

B1250359-197B-4800-8140-0E8C4E1C2A05

焼きそばがうめぇ。超うめぇ。この後どうしようかと飲みながらGoogleマップを開く。そうだ、温泉に入ろう。

DA372FA2-598F-46A8-8796-E72F92647A15

と言う訳で大宮から浦和美園行きのバスに乗り山村バス停で下車。Googleマップにいざなわれれば何とも長閑な風景。こんな所に温泉は有るのかと、ちょっと不安になる。

53CD60E9-D294-4906-A0F0-D9A12BE6B2FB

10分歩くとありました。日帰り入浴施設の見沼天然温泉小春日和。後で知りましたが北浦和駅から送迎バスが出てるそうです。

7E5056EE-2EB8-42B3-9959-A2BF710765C0

平日850円、日曜祝日950円。基本的には車で来る方がほとんど。以前、愛読書の温泉批評という季刊誌で紹介されており、チェックしていました。

02ADEECF-85B7-4D0C-B49D-D9B5DEC8FF42

浴室は多くのお客さんが利用しており写真はありません。庭の喫煙所に足湯がありましたので、お湯の写真はこちらで。

C8AD214F-9BC6-4770-914E-DF3FCD81C3AC

お湯はキシキシ感を感じるものの、全身に纏わり付くような微かなヌメリ感。源泉は透明ながらも空気に触れて茶色の湯花が大量に発生。ちょうど先日訪れた三島の竹倉温泉のよう。
内湯には加温源泉掛け流し浴槽と非加熱のぬる湯掛け流し浴槽。露天に加温熱め掛け流し浴槽とぬる目掛け流し浴槽、それに非加熱超ぬる目源泉掛け流し浴槽。
超ぬる目と言っても38〜39度ぐらいでしょうか、浸かっていると寝てしまいそうになるくらいの心地良さ。出たくなくなります。
ここは素晴らしい。お湯も、湯使いも、施設の充実度も、何をとっても非の打ち所がない日帰り入浴施設です。絶対また来ようと思いました。

【追記】

後日、再び暇になったので再び大宮のいづみや本店で飲みながらどこ行こうかと考える。

CBB210F4-21F4-4199-A792-7B1850CB1B4D

大宮から東武野田線、いや、あーばんぱーくらいんに乗って春日部へ。東口、あまり栄えてない側で降ります。

880BE487-D841-4F67-A03D-A11326F592CD

古利根川。旧江戸川みたいなもんでしょうか。春日部駅東口正面の直線道路をひたすら真っ直ぐ進みます。

F9F23EF1-0F18-4AE6-97C9-D2DE37CBFF8D

はて、玄関以外を諦めたようです。

906D5CC0-CB61-4A18-8F37-ED4E619816F9

歩いて15分。なかなかの距離を歩くと日帰り温泉施設、春日部温泉湯楽乃里が。平日780円、日祝日980円の日帰り入浴施設です。

679611F3-7AE2-435C-B29A-D0606EED97CD

内湯は人工の高濃度炭酸泉やジェットバスなど幾つもの浴槽が。天然温泉は露天のみで大きな浴槽が二つとツボ湯が3カ所、寝湯など。お湯は見沼天然温泉小春日和と同じナトリウム塩化物強塩温泉の源泉掛け流し。緑がかった黄土色の濁り湯で、浴感も小春日和と非常に近いものがあります。ただこちらは源泉温度が高く、冬季以外は非加熱で41〜2度あり丁度いい湯加減。
この施設で特に素晴らしいのがツボ湯。3ヵ所それぞれサラサラと源泉が掛け流されています。肩を出しツボを抱えるように大きく両手を広げ、踵を縁に乗せてお尻を浮かす。そして全身の力を抜けば go to heaven!(笑)

埼玉で1500m掘ると同じようなお湯が出るのでしょうか。海底だった地層から塩分濃度の強い温泉が湧出します。次に紹介する東鷲宮にある百観音温泉も1500m掘ったら湧出した温泉です。

22D50E3E-B07C-4C7D-B9F4-014A8CF3189B

こちらに訪れたのは2018年5月、桐生を訪れた帰りに立ち寄りました。ここもナトリウム塩化物強塩温泉ですが、かなり濃いい素晴らしいお湯でした。

【追記】

2020年9月初旬、埼玉県さいたま市の日帰り入浴施設、清河寺(せいがんじ)温泉に行ってきました。場所は川越線西大宮駅の北東ですが、大宮駅から路線バスが出ており本数も多いです。2006年2月にオープンしたこの日帰り入浴施設は、やはりこちらも地下1500mから湧出したナトリウム塩化物温泉。

E46C0E86-C65D-4F8D-8606-7A14F1976C50

お湯はほうじ茶色と言ったところでサラサラとした浴感。独特な匂いもあり、ややしょっぱい感じです。湯花こそ見えませんでしたが若干の泡付きがあり、お湯の鮮度が良い。
内湯は源泉に炭酸を溶かした人工炭酸泉とジャグジーなど。露天風呂は加温熱め浴槽と加温ぬる目浴槽、そして非加熱の超ぬる目浴槽。寝湯、ツボ湯など。いずれも加水無しの源泉掛け流しです。
ツボ湯は春日部ですっかりハマってしまいましたが、やはり気持ちいい。しかしここは加温加水無しの超ぬる湯。37.5度の鮮度抜群なお湯に浸かっていると、出たく無くなります。また露天風呂の脇には竹林もあり、このシチュエーションにも癒される。寝湯に寝転がってみたら起きれなくなりましたwwww
湯上りは急いでバスに乗り23分で大宮駅。いづみやで生ビールを流し込む。

【追記】

2020年10月初旬、埼玉県上尾市の日帰り入浴施設、花咲の湯に行ってきました。大宮駅からニューシャトルで15分、原市駅より徒歩5分という比較的好立地。2020年にオープンしたこの施設は、やはり地下1500mより湧出したナトリウム塩化物泉。

8424821E-90D8-4C3C-AF4A-752F85D13FAF

お湯は濁りの強い茶褐色で錆色の折出物が多く、鉄分が多く含まれると思われます。浴感はやはり他の日帰り入浴施設と似ており、比較するのが難しい。屋根付き露天の非加熱源泉掛け流し浴槽はやはり出たく無くなるほど心地よいぬる湯。埼玉県の平野部って意外と良い温泉に恵まれているのですね。逆に山間部の方が良い温泉が少ないと思います。

見沼温泉、春日部温泉、百観音温泉、清河寺温泉、花咲の湯、泉質こそ似てはいるもののそれぞれ個性もあり、微妙な違いながらも甲乙つけ難い、いや、甲乙付けるもんじゃありませんね。たまに遠出して泊まりがけで温泉地に行くのも良いですが、日常的に暇が出来たら立ち寄る埼玉の日帰り入浴施設もいいものです。

神奈川県横浜市、横浜の銭湯巡り(その2)

ネタが無い時はとりあえず銭湯巡りでもしようかって言う変な癖が付いてしまいました。
横浜の銭湯巡りその1はこちら

3458C129-AC79-4CB1-BD73-4E6A1C38A60D

まずは京急弘明寺駅から横須賀方面に少し歩いたガード下にある、日帰り温泉施設みうら湯。

D329374E-010B-499F-AA75-59F7440B3284

黒湯はその辺の銭湯でも入れるし、日曜祝日920円、平日820円出して入るのはどうかとも思ってましたが、ここの黒湯はちょっと違う。入れば超ヌメリ感、湯上りはしっとり、でもサラサラ。920円出して入った価値は有りました。
Googleマップ

289036BF-AC34-4587-88B9-019FBC1280D1

弘明寺から横浜寄りにひと駅、井土ヶ谷駅から少し歩いたところにある黒湯の銭湯くさつ。名前負けしないか心配でしたが、銭湯料金で加温した冷鉱泉の黒湯を楽しめます。しかもお湯の感触や濃さに関してはみうら湯とほぼ同等。横浜市街南西部、大岡川中流域の鉱泉はこんな浴感なのでしょうか。
Googleマップ

1339B51A-72FC-46D8-91B5-34CA71A8EDF2

先日アップした日記と重複してしまいますが、銭湯の纏めとして転載しておきます。旧寿町労働福祉会館が2019年の6月に建て替えられ、健康福祉センターとしてリニューアルオープンしました。その二階にある銭湯の翁湯。寿町ドヤ街の真ん中にある銭湯ですが洗い場も浴槽も広く清潔で、とても使い勝手が良い。
Googleマップ

3109DC14-3D44-4D11-83E8-C2BDED19B953

JR根岸線石川町駅から中華街方面に少し歩いたところにある銭湯、恵びす温泉。温泉と名乗るだけに期待して行きましたが、ラドンイオン発生器による人工温泉でした。ただここは老舗のサウナと言った雰囲気で、仕切られたサウナスペースには中二階の屋内テラスがあったりして、とにかく造りが昭和なのです。
Googleマップ

8AADADD4-FE3E-4268-B0BB-9CFDDDF925A5

恵びす温泉のある吉浜橋バス停から根岸方面へ。山手のトンネルを抜けると昭和3年に完成した震災復興建築の桜道橋。

9A23A0D4-AB3B-46E6-B175-9D450410DC4A

バス停で言えば麦田町になりますが、この桜湯はすでに廃業していました。

D99CCDDE-C585-4B22-ACCC-20F0355806F2

桜湯の向かいにはいい感じのバラック。桜湯とこのバラックの間は暗渠で、かつては川が流れていました。

58C5F077-E5F7-4611-B404-F838CBAA397C

以前訪れた大和町のいなり湯を過ぎて本郷町バス停。海側の丘陵の手前に泉湯があります。
Googleマップ

3B421C8A-8E7F-4C6B-B9F5-F1A3D7E019BB

まず玄関の古びたアルミサッシのガラガラと言う音と共にチリンチリンと言う鈴の音。ちょうどいい懐かしさはお宅にお邪魔したような感覚。

6337B9C9-0982-4C6A-8027-C93237FD2FDC

小ぢんまりとした浴室。極端に古い訳でも無く、80年代の庶民的な雰囲気がとても気に入ってしまいました。いつまでも営業を続けていて欲しいです。

※追記・12月8日

再び弘明寺。横浜市営地下鉄の弘明寺駅近くの銭湯、中島館さんに行って来ました。

4A914044-74C1-4E34-9EB4-3439BD8FF849

ジェットバス、マイクバブル浴槽、電気風呂などもありますが、なんと言っても黒湯の温泉露天風呂が素晴らしかった。横浜、いや、関東で最も濃いいんじゃないかと思われるお湯です。透明度は1〜2センチ、ヌメリ感を通り越してヌルヌルな肌触り。おそらく源泉100%の加温循環濾過ですが、定期的に源泉を投入でもしているのでしょうか、とにかく濃かった。
Googleマップ

6A61EC18-1B19-401F-957F-BD130C2031E9

すっかりホカホカになったところで、出てみたら斜向かいに飲める酒屋、角打ちが有るじゃないですか。

E02D4FF1-C8C9-482C-985D-74E8058871A3

ここ越前屋田中商店さんは、生も飲めるし揚げ物のおつまみもあります。この湯上り角打ちのコースはヤバいです。弘明寺に住みたい。

【日記】横浜のドヤ街寿町で銭湯からの居酒屋

日本三大ドヤ街の一つと言われている寿町の銭湯、翁湯に立ち寄りました。
過去の記事はこちら。
神奈川県横浜市、寿町のドヤ街
永楽町の温泉銭湯〜寿町のドヤ街再訪

画像 014

かつて寿町の中心には寿町労働福祉会館がありました。昭和49年に出来た公益財団法人で、職業紹介所や診療所、銭湯などが開設され、上層階は市営住宅となっております。当時は冬場ドラム缶で火をくべていたため一階の天井が煤だらけでした。

544051B4-30DC-4DE6-B640-8F0E209491CB

その施設が去年の6月に建て替えられ、健康福祉センターとしてリニューアルオープンしました。内容は以前と全く変わっていないようです。一階の屋根の下では老人たちが地べたで将棋を指していました。

1339B51A-72FC-46D8-91B5-34CA71A8EDF2

その二階にある銭湯の翁湯。洗い場も浴槽も広く清潔で、とても使い勝手が良い。

882146C6-B521-4195-A366-36F57677C846

銭湯を出ると目の前にはバラック飲み屋街。風呂上がりに入ろうと覗いて見ると飲み屋ではなくノミ屋だったりして、その両隣りもスナックだったりして、しばらく露頭に迷う。

4EF2DDB1-8DB2-4483-A89A-5787E717F79E

とにかく喉が渇いたので、東側に少し歩いたところの比較的敷居の低そうな居酒屋「めぐ」さんに入りました。

10676B56-7581-42B1-A610-A46811572198

韓国人の気さくなママさんが一人で切り盛りしている店で、自動的に晩酌セット、生ビールとタコ刺しで1000円。だいたい一品4〜500円と言ったところですが、タコ美味かった。聞いてみるとこの界隈で居酒屋的なメニューがあるのは3軒ぐらいで、あとはだいたいスナックだそうです。

FA96C8E4-CC1E-4B86-B0CF-3CB276F2E1D8

後日、更に開拓しようと思い寿町に立ち寄りました。寿町西側の路地裏飲食店街は戦後のニューカマー系のコリアタウンなのですが、う〜ん、二の足を踏んでしまう。

04C38F34-E39E-4AED-A346-37439EF14427

大通り沿いなら入り易いかと、翁湯の向かいのスナック優子さんにイチゲン突入。生ビール二杯とウーロン割り3杯ぐらい飲んで、おつまみ二回頂いて確か3500円。カラオケに1000円投入。楽しい時間を過ごさせていただき、また来たいと思いました。綺麗で優しい韓国系のママさんとフィリピン人のチーママで切り盛りしています。この界隈の歴史についても聞きたかったのですが、寿町の先輩方と楽しく飲んで歌って満足してしまった。
ちなみにマイクは毎回消毒してますし、そもそも横浜でコロナが出たのはホストやキャバクラのある歓楽街の福富町辺り。意外と言っては失礼ですが、中村川沿岸ではコロナは発生していないようです。またその福富町の感染源と言うのも、ホストが新宿歌舞伎町のホストクラブへとヘルプに行き、しっかりコロナを持ち帰って来たと言う噂。しかもそのホストは今も福富町で客引きをやっていると言います。

寿町は日本三大ドヤ街と言われています。しかし実際はヤの付く方々の街である以外に、コリアタウンという側面もあります。とは言え、この街の在日韓国人系のママさんや女将さん達は、金に厳しいながらも日本人とほぼ同化している印象を受けました。いやむしろ無職の老人達の街であるからこそ、韓国人くらい金に厳しくて丁度いいんだと思います。下手にツケ払いなんて許すと踏み倒したり逃げられたりします。なんて言うか、それが当たり前の世界。そこで暮らす人々であり優しさがありました。やはりと言うか、この街に流れ着いて来た人々は基本どうしようもない人達なんです。そんな人達に対して韓国人のオモニ達が世話を焼いている。時には身寄りの無いおっちゃんに口煩く怒ったりもする。そこには人種など関係無く愛があります。
話がすっかり脱線してしまいましたが、ともあれこう言う街に落ち着く自分が居ます。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ