保存車両

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

江戸川区葛西、地下鉄博物館

地下鉄東西線葛西駅の東側、高架下に東京メトロ地下鉄博物館があります。

IMG_5152

祝日は家族連れで大賑わい。まず出迎えてくれるのは丸ノ内線を走っていた昭和29年製の300系(301号)。その後400系500系900系と続きますが外観はほぼ変わらず、上京した頃は全てこんな感じの車両でした。アルミ合金の02系が登場するのは昭和63年の事です。

IMG_5196

懐かしい車内。小豆色だったんですよね。

IMG_5156

この非常灯。パンタグラフではなく足元から電力を供給される銀座線と丸ノ内線は、駅に入線する前の一瞬車内が暗くなる時があったんですよね。

IMG_5154

隣に置かれているのは銀座線1001号車。昭和2年、上野〜浅草間に東洋初の地下鉄が開通した時に登場した貴重な車両。

IMG_5159

この車両は2017年に重要文化財の指定を受けたため、特別なイベントがない限り車内には入れなくなっています。確かに元気なお子さんが多いですからね。わざわざ鋼板に木目焼き付け印刷し、木造車両にしか慣れていない乗客への配慮がなされています。またこの間接照明は演出でもなんでもなく、ずっと地下でずっと電灯の真下に立ち続けているという状況から乗客を守るための物。蛍光灯も発明されてない時代、当時の電気の普及率も87%でした。

IMG_5166

こちらは昭和13年製の銀座線100系(129)。最初は黄色だった銀座線も新橋〜渋谷間が開通した当時はこんな塗装でした。後の昭和23年には現在でも馴染みのあるオレンジ色になります。

IMG_5168

その129の運転台でマスコンを回すと、目の前の台車もモーターが回ります。唸りを上げる吊り掛けモーター!これ、マニアにはたまりません。ちなみにドアの開閉も出来ます。子供達が行列を作っていたので遠慮しましたが、見てても飽きない。

IMG_5163

シールド工法によるトンネル掘削の流れ。ほとんどプラントです。プラントがレールの上を少しずつ進んで行きます。

IMG_5165

現代のシールド工法によって造られた地下鉄の実物大の断面。とても勉強になります。

IMG_5164

保線用の軌道モーターカーも展示されています。他にも運転シュミレーターや鉄道模型まで、まぁここは飽きさせない。保存車両の台数こそ少ないものの、特に家族連れは楽しめそうです。

墨田区東向島、東武博物館

鉄道博物館は大宮も梅小路も行っておらず、東急電車とバスの博物館にしか行ってないと言う。そりゃ大宮の鉄博に行けばテンションマックスになる事は分かっている。ただブログのネタにはならない。と言うことでマイナーな所から攻めるのです。

IMG_5111

東向島駅のガード下にある博物館の外観を撮らず、いきなり1720系デラックスロマンスカーです。昭和35年から平成3年まで30年以上東武の顔として走り続けた名車。箱根出身者としてはロマンスカーと言えば38年就業の小田急SE車だろうなどと思い、東武帝国は東急帝国のライバルとして見ていたのですが、ともあれこの顔はロボっぽくてセンセーショナルでしたね。

IMG_5107

かつて日光を走っていた路面電車。今現在も万年渋滞な日光駅から東照宮の先の馬返までの坂道を走っていたそうです。馬返から先はケーブルカーがいろは坂の上まで登り明智平ロープウェイへと接続していました。このケーブルカーの遺構もいつか訪れてみたいところ。

IMG_5144

車内はこんな感じ。昭和29年製造で昭和43年には路線が廃止されていますがそんなに古さを感じさせない。地方で走っていても不思議じゃないです。

IMG_5117

入場して最初に目にするのはこの5号機関車。明治31年に英国から輸入しましたが、なんと昭和40年まで貨物線で走っていたと言うから、その物持ちの良さに驚かされます。現在では真岡鐵道から買ったC11牽引のSL大樹が走ってますが、東武鉄道ならば大切に使ってくれるだろうと感じられます。

IMG_5116

博物館としては目玉と 言えるデハ1形5号です。大正13年製で、よくぞ保存していたと思う。正面5枚窓が珍しく感じますが、電気系統や台車が米国製という事で、言われて見ればアメリカっぽく見えて来る。

IMG_5119

しかも車内に入れちゃいます。綺麗に磨かれた車内。細かい所まで見れば勉強にもなり、博物館に来た甲斐があると思わされます。

IMG_5124

ED101形(101号)電気機関車。ブドウ色のデッキ付き機関車は大好きでしたが、私鉄の機関車は見事に無視していました。昭和3年の英国製で、昭和47年に近江鉄道へ譲渡、昭和63年まで活躍し続いていたそうです。

IMG_5125

5700系(5701)。昭和26年、戦後に造られた日光鬼怒川特急用車両。前面二枚窓って好きなんですよねぇ。昭和35年、貫通扉(前面扉付き)に改造され、最終的には臨時や団体用として平成3年まで走っていましたが、引退後に前面をデビュー当時の前面二枚窓に復元したそうです。ナイスです。

IMG_5128

車内の様子。関東ではあまり見ない転換式クロスシート(背もたれを前後させて進行方向を向かせる)ですが、就業当時からそうだったのかな?

IMG_5141

館内には同じく5700系(5703)の先頭部分が展示されています。こちらは昭和28年製で最初から貫通扉型でした。同じく平成3年引退ですが、現役時代にこれを撮りに行きたかった。

IMG_5132

昭和34年から同59年まで東上線で活躍していたED5010形(5015号)機関車。高坂の秩父鉱業や越生線西大塚の日本セメントからの貨物列車を牽引していたそうです。西武電鉄などもそうですが、セメント列車は日本の高度成長期を支えていましたね。

IMG_5146

ED5015の手前にはキャブオーバーバス、TN714型1625号が展示されています。このバスは昭和26年にニッサンのエンジンを載せ富士自動車工業で製造されました。

IMG_5133

戦後、航空機開発を禁止された中島飛行機が非軍需産業への転換を迫られ、その一部が富士工業としてスクーターやバスの製造へと乗り出します。当時は財閥解体から再統合、合併への流れが複雑で、富士重工が発足するのはその2年後の昭和28年。

IMG_5135

ペコッと木の板が飛び出すウインカー。屋根の上の速度に合わせて点灯するランプもカッコイイです。バスは乗用車と違い、エンジン、シャーシ、ボディー、それぞれが違うメーカーである事が多いです。これは現代でもトラックの本体と荷台を違うメーカーが製造しているような感覚でしょうか。

IMG_5137

そもそもキャブオーバーバスとは、乗員数を増やして輸送効率を上げるために、従来のボンネットバスのボンネット部分に運転席と座席を張り出させたもの。そのため運転席の脇にエンジンルームが思い切り飛び出しています。

IMG_5134

このリアの丸っこさも大好き。ちょうどこの頃から富士重工では、かつての航空機の製造技術を生かしたモノコックボディー方式で、リアエンジン式バスの製造も始めていました。

IMG_5149

奥のホールではヘッドマーク展をやってました。ともあれ近いし入場料200円と安いし、シミュレーターも揃っているので夏休みの雨の日の子供連れも多く楽しまれていました。子供のみならず大人も充分楽しめるし勉強にもなります。

茨城県、鉾田市及びひたちなか市の廃車両たち

東京駅より鹿島神宮行きの高速バスに乗り、新日鐵住金鹿島製鉄所バス停で降りて桜花公園を訪れた後、鹿島灘を北上して行きます。

IMG_3349

鹿島駅より鹿島臨海鉄道。途中の大洗がアニメ、ガールズ&パンツァーの聖地らしく、観光客を引き込もうとラッピング車両も走らせています。

IMG_3348

しかし、えげつないスポンサーの数。以前は鹿島臨海工業地帯の貨物輸送が主な収益でしたが、貨物線の廃止もあり、現在これだけ広告を載せなければ、やって行けないのでしょう。

IMG_3352

まずは鉾田市、鹿島灘海浜公園近くの畑の中で倉庫として使われている日立電鉄のクモハ352。なんかカワイイ。

IMG_3350

元々は静岡鉄道の車両で昭和43年製造。昭和59年に日立電鉄へ譲渡され、平成6年まで使用されてたそうです。現在は個人所有で、静岡鉄道の塗装に塗装し直されています。手前は収穫を終えたサツマイモ畑。ちなみにその日立電鉄も平成17年、設備を更新すり資金が無い事を理由に全線廃止されてしまいました。

IMG_3355

次に水戸まで抜けてひたちなか海浜鉄道(旧・茨城交通)。那珂湊駅へ向かいます。写真は廃線となった三木鉄道から払い下げたミキ300形。

IMG_3362

那珂湊駅構内に残るキハ203。国鉄から鹿島臨海鉄道、茨城交通へと払い下げられた車両で国鉄時代はキハ20428。

IMG_3363

車両区の端に転がっているのがケハ601。1960年製造、1993年まで走っていました。茨城交通と言えばコレってぐらいの代表的な車両です。

IMG_3365

日本初のステンレス気動車として一世を風靡しましたが、現在ではステンレス製ゆえに錆びないのをいい事に、倉庫として使われています。

IMG_3359

廃止の危機に直面していた茨城交通は2009年、第三セクターの形で、ひたちなか海浜鉄道として存続され、現在では地元のバックアップもあり業績を回復しているそうです。
また、ここは多くのキハ20型(ほとんど私鉄からの払い下げ)を有し、国鉄色に塗り替えるなどされていましたが、そのほとんどが第三セクター化を機に解体されてしまいました。千葉県のいすみ鉄道みたいに観光列車として保存すればとも思えますが、あえて観光に頼らないと言う経営方針の転換があったからこそ、黒字経営に繋がったとか。

埼玉県秩父市、三峰口秩父鉄道車両公園

相変わらず田町の立ち飲み屋や新橋、神田などで飲んでいましたが、仕事が忙し過ぎて一カ月以上更新していませんでした。そんな訳でご無沙汰しています。

IMG_3104

西武秩父より秩父鉄道の終点、三峰口駅へ。三峰神社も行きたいところですが、今回は神社の気分じゃないのでパス。

IMG_2797

今回の目的地は三峰口駅構内に保存車両が展示してある車両公園です。

IMG_2799

保存車両とは言っても貨車が並べてあるばかり。ターゲットが狭過ぎます。

IMG_2801

貨車の中にも入れます。しかし子供たちは果たして喜ぶでしょうか。何気に天井朽ちてるし。

IMG_3097

などと貨車を蔑ろにしていると、そのうち消え去って二度と見れなくなってから後悔、なんてことも考えられます。103系や113系を蔑ろにして来た身としては。

IMG_2805

さて、今回の目的。朽ちかけたクモハ29。大正11年製造の木造車両を昭和28年に鋼体化改造したもので、昭和63年に引退しています。

IMG_2803

引退後この場所に展示されていましたが、盗難などで荒らされたためか2006年頃よりロープが張られ、現在では間近で見る事も出来ないまま放置状態が続いています。

IMG_2806

奥にはデハ107の先に電気機関車も放置されていますが、近づくことは出来ませんでした。

山形県鶴岡市、庄内交通廃線跡と湯野浜温泉

庄内交通湯野浜線は昭和4年、羽越線鶴岡駅から湯野浜温泉駅を結ぶ鉄道として開業し、昭和50年まで営業されていました。

IMG_3065

上の写真は湯野浜温泉下町共同浴場の休憩室に展示されていたもの。湯野浜線は途中にある善宝寺の参拝客や当時まだ栄えていた湯野浜温泉の宿泊客、魚の行商人や地域の米などを運んでいたそうです。
白黒写真で見ると昔の箱根登山に見えてきてしょうがないのですが。

IMG_3007

秋田から特急いなほで鶴岡へ。そこから普通列車で隣の羽前大山へ。あとはタクシーで進みます。

IMG_3008

田園地帯の廃線跡はほぼ跡形も無くなっていますが、こちらは中間にある善宝寺駅跡。奥には保存されていたモハ3形が。ちなみにこの善宝寺、平成2年に人面魚の話題で注目を集めた場所です。タクシーの運ちゃんに言われて初めて知りました。意外!

IMG_3015

湯野浜線はモータリゼーションの影響から昭和50年に廃止されてしまいましたが、この善宝寺駅駅舎が善宝寺鉄道記念館として昭和53年にオープン。このモハ3の他にも多くの資料が展示されていました。

IMG_3013

しかしその記念館も訪れる人が年々減り続け、施設の老朽化もあって1999年に閉館となりました。

IMG_3014

その後展示されていた資料は湯野浜温泉の庄内クラフトステーションに移設されましたが、併設されていた旅館が閉館。今では資料を見る事も出来ず、保存車両も朽ち果てています。

IMG_3018

この小雨がパラついているシチュエーションがたまらなくて、いつまでもここに居たいと思ってしまいますが、タクシー待たせているのでしょうがない。

IMG_3027

善宝寺駅跡から小高い山の北麓を迂回し日本海に面する湯野浜温泉へ至る廃線跡は、サイクリングロードとして整備されています。

IMG_3028

と言ってもここをサイクリングする人などおらず。ただ線路跡の面影だけが残っています。

IMG_3019

こちらが終点の湯野浜温泉駅跡。この辺りがホームの端部となりますが、現在ではホームなどの遺構は全く残っていません。庄内交通はバス会社として今でも庄内地方の人々の足を支えていますが、鉄道の存在は人々の記憶からも消えて行っております。

IMG_3036

この湯野浜温泉もすっかり寂れたマイナー温泉地です。唯一目の前の浜辺が海水浴場なので、夏休みなどは地元の方々が日帰りで訪れる事もあります。

IMG_3056

今回お世話になった宿はこちら扇屋旅館さん。民宿のような雰囲気ですが一泊二食付きで8000円とリーズナブル。昼間は飲食店もされているようで食事は大満足な内容ですが、ただし全館禁煙となります。

IMG_3057

温泉も加水加温循環濾過無しの100%源泉掛け流し。ナトリウムカルシウム塩化物泉のお湯は舐めると強い塩気。全身を包む滑り感もあり湯上がりは汗が止まりません。

IMG_3046

街の中心部のバス停前に湯野浜振興センターコスパがあり、バス待合室や観光案内所や集会所などが入っています。またこの場所が旧湯野浜駅駅舎の跡地となります。

IMG_3049

右手奥には下町共同浴場も併設されています。朝6時〜7時と10時〜21時営業。

IMG_3061

朝10時のお湯入れ替え直後に入ると、すでにご老人が一人。その後も地元の方が2人3人と入って来ます。
私も入ろうとしましたが、ほぼ熱湯風呂!今まで入った温泉の中でも1位2位を争うくらいの激熱。48度ぐらいは有りましょうか、しかし地元の爺ちゃんが何の躊躇もなく入って行き「気〜持ちええなぁー」って。
「水、入れてもいいぞー」と言うので、ちょっと悔しさを覚えながら泣く泣く加水してしまいました。それでも掛け湯で慣らしながら足で湯もみをして、辛うじて肩まで浸かれる始末。東北恐るべしです。

IMG_3052

こちらは南寄りの地区にある上町共同浴場。ちょうど7時から10時の清掃時間だったため入れず。ここ湯野浜温泉は一号から五号源泉の混合泉が分配されている事が多いので、宿泊した扇屋さんも共同浴場も泉質は変わりません。ただ、下町共同浴場に関しては源泉から近いせいで温度が高いのかも知れません。

IMG_3054

上町では小規模ながらも海沿いで朝市が行なわれていました。

IMG_3051

こちらの巨大なホテルは廃墟。東北の日本海沿岸で数少ない海水浴場を擁していてもシーズンは短く、結局他の温泉地同様最盛期に比べて随分と衰退している模様です。

IMG_3073

ただ唯一の希望としては車で10分ほどの近隣にある加茂水族館が、クラゲの展示に特化した事でV字回復した事。このインスタ映え水族館の影響で宿泊客が増えてくれればと思います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ