三業地

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

神奈川県横浜市、鶴見の三業地跡と青線跡

鶴見駅周辺は2010年4月に軽く訪れただけだったので、今回改めて訪れてみようと。

6C4537B3-5CD6-4B99-AAB4-B93415359F39

鶴見駅を撮るにも正面口である東口を撮るのではなく、鶴見線ホームのある西口。

1FBB5525-8DE5-41AB-A530-66A9B72CA480

この高架線ホームは昭和9年、当時鶴見臨港鉄道(現・鶴見線)の鶴見駅として建設された物です。駅自体は明治5年、日本初の鉄道が品川〜横浜間に開通した時に開業という古い歴史があります。

3C4E1E4A-4A48-4296-8D36-48147588B73E

鶴見駅西側の飲み屋街。韓国系の看板が目立ちますが、近くの大黒町に食肉市場があるため焼肉屋が多い。

AC874ECD-290A-4B85-941C-F44A6045E0EE

このスナックビルは三業共同ビルと言います。その名の通りこの一帯は昔、料亭や置き屋、待合いなどが建ち並ぶ三業地でした。

AAD0A669-D563-4E68-B19B-F12D656573EA

地下は入れなくなっています。廃業したスナックやパブなども多いようです。

E558D946-5CE6-4D84-84FE-9B84EDEF04F2

この一帯が三業地として栄えたのは大正時代から。京浜工業地帯の発展とともに歩んで来ました。しかし当時狭い路地に密集していたところ昭和40年代より区画整理が始まり、同時に三業地としても衰退して行き、今ではその名残りで歓楽街が広がっているのみ。当時の面影を見ることは出来ません。

0F188C8B-947C-4991-A275-9645A55BCD39

鶴見駅の南東を鶴見川が流れ、その向こうには本町通り商店街が続いていますが、ほぼシャッター商店街と化しています。

8CC19759-81D3-4136-9C17-7E4618BD2835

商店街から一歩裏に入れば住宅街。トタン貼りのアパートなどが数多く残っています。

1D59177B-37C0-4425-9335-AE694985DB10

工場の労働者たちが暮らしていたのでしょうか、しかしその多くが廃墟と化しています。

2445623E-BFD9-4815-AC41-A5ED98BA659D

アーケードが終わった辺り、右手に少し入ったところは、かつて青線地帯でした。

4D4CCA47-F288-4313-8192-3D68A9A76BD2

名残りとして残っていたスナック街も数軒を残すのみでほとんどが廃業。

54231A34-510E-463C-A7D1-067C947DEAF0

ひとつ上の写真の建物の右脇、スナックの跡が。この建物は連れ込み宿だったようです。

6309CC0E-E2B3-4E48-A004-822857D9FAD2

駅前の三業地とは別に庶民的と言うか、貧困層が遊ぶ場所はこの青線地帯でした。

59A9EAE4-49F9-4C0B-97E7-48BFB2E02BDE

一番奥に残るカフェー建築。

12EB1A5F-3BD5-4BAE-9590-7B6760BCB942

周辺は建て替えが進み新築一戸建てばかりですが、貴重な歴史的建造物としていつまでも残っていて欲しいです。

港区芝、芝浦及び芝神明の三業地跡他

連日の猛暑日が少し落ち着いたところで、暇も出来たし久々に都内を散歩して見ました。

2E8716A2-930C-41B6-97CD-77C5B5AFACA3

スタート地点は三田、慶應義塾大学より。慶應義塾大学塾監局。震災後の1926年竣工。

850D73A3-B0E7-4951-B23A-D1311F1C4A6B

慶應義塾の前の大通りを東京タワーに向かって歩き、芝三丁目辺りで右手に春日旅館があります。

AC59F648-3773-4246-8D9D-0ED27FE9593E

この裏口が渋い。開業は明治44年。建物は大空襲で焼失しましたが戦後に再建。

CEC2C4F5-A3D5-457B-BC6D-433FD6DCBBB1

出張で来られるビジネスマンや慶應義塾に関係する人々が利用されているそうです。

FB61100C-35F0-4532-A26A-F3AF51D40851

その裏手にある伊藤酒店。ここは角打ちもやっているようです。また遅い時間にでも飲みに来たい。

0C2FDC50-A477-4DF2-A14E-C045C402AF23

この芝三丁目界隈は開発の手が及んでなく、古い建物が意外と多く残っています。

CB51244A-7E64-43DB-A965-5CDEE7928EB1

さて、JR田町駅を越えて芝浦方面へ。かつての花街だった芝浦一丁目界隈に唯一現存する見番跡、旧協労会館。

IMG_3285

実は2018年11月に訪れた際、改修工事中でショックを受けた物件です。一度骨組みだけにして、建物全体をリフトアップし、基礎を作り直したそうです。その際、8メートルほど手前に動かしたとか。とんでもない大工事です。

B5168A13-E386-44E6-A89D-9BD94D0AB600

現在、改修工事も完了し、港区立伝統文化交流館として無料で公開されています。この建物は昭和11年に芝浦花柳界の見番として建設され、戦後は港湾労働者宿泊所の協労会館として利用されました。しかし1999年、両隣の棟が火事で焼失し、以来ネットで覆われ立ち入り禁止となっていたそうです。

30402D97-D584-415D-93B7-256660B4ADD2

館内では芝浦花街の歴史に関する貴重な資料が数多く展示されています。

FD2B8A60-9837-4268-91EC-BE0D647F6BFD

展示物は撮影禁止ですが建物はいくら撮影してもいいとの事。

74655099-FAF2-40F9-A6BC-6703BA0EA969

一階は展示室。二階にも上がれます。2009年に東京都から港区へ譲渡され、その際港区指定有形文化財に指定されますが暫く放置。文化財指定したために壊すに壊せず、その間周辺はみるみる再開発が進み、厄介者として取り残されていた状態でした。

5C5B6A2D-053F-4D55-8E4A-C49765579C9B

二階は見番だった頃の芸妓さんたちの稽古場。

EBFB6B59-7334-47BB-9506-8C349743C6BF

舞台は当時のまま。芝浦の花街は明治35年頃から発展し、大正9年には埋め立てによって出来た現在の位置に移転。当時は料亭65軒、置き屋55軒、芸妓175名が居たそうです。

889944DB-9879-4422-AFEB-204BEFF63A35

しかし戦後衰退して行き昭和38年には三業組合が解散。現在ではこの見番跡以外、当時の面影を感じさせる物は一切ありません。

FE31DE4A-BF3F-4954-9EDE-349BE50B9444


36E0679B-A097-48E4-A2FF-98875FE147FB

何が凄いって、使える材料は極力使い、腐った材料のみを新たに造り直している事。

552A0331-DD3A-4946-8F31-D107129C47EA

腐った柱だか梁だかが残されています。この建物の再建には細部に渡って多くの職人技が使われています。その意匠を見るだけでも充分見応えがありました。

B9BD73AA-1F74-4AB1-BA73-A89F005882E0

さて、再び線路を越えて内陸側へ抜け、北上して行きます。途中、屋形船の船溜りが首都高の下に残っています。

4665DF10-122F-4C0A-9009-33CC322C36EB

お隣、浜松町駅から増上寺方面へ。途中右手に入ったところに芝大神宮がありますが、その鳥居前の右手に芝神明という花街がありました。

393AA44A-C3CD-4017-B0F6-FC56696A0C96

この界隈は大正末期から昭和初期が最盛期だったそうです。

F51C0BC8-D495-4A52-A1E7-BBB4947E6473

この建物も「コ」の字型になっており、敷地面積は広いです。

08B4694F-514C-48C6-B1D2-B042744E9BBB

この建物が見番跡ではないかと言われています。芝浦見番を見て来た後だと、この有り様はどうかと思う。

E2AD9027-5F2D-4BB5-8D86-BD65340DB124

かつては料亭や待合が約40軒ほど。芸者は120名ほど居たそうです。

07CB586B-D3E9-4CDE-8E7F-7EDD86E749AE

その面影を残すのも数軒のみ。周辺は再開発が進み、逆によくぞ残っていると思います。

5BE06FCA-63E0-48FD-B4D6-08DDC2BB8E95

最後は新橋まで歩きました。JRの変電所が開発された街とエグいコントラスト。大正時代の建物との情報はありますが、詳細は不明。

栃木県足利市(3)、狭すぎる路地裏スナック街跡

続きです。中央通りを西に進み、スーパーフレッセイの裏手辺り。一見住宅街に見えますが、一歩路地に入ればスナックなどが多く点在しています。

IMG_3045

とりあえずグルグル周ってみました。全ての路地を網羅した訳ではありませんが、時間の許す限り歩いていきます。

IMG_3057

先に進みます。路地の狭さが半端ないです。そんな狭い路地にスナックの入り口。隠れ家にもほどがある。

IMG_3066

廃業して相当の時が経っているのか、解体され更地や駐車場になってしまった場所ばかりではなく、このような廃墟も残されております。

IMG_3065

廃墟はスナックだけでなく板張りの木造住宅も。

IMG_3063

お茶漬け屋さん。シメでサラサラ行きたい所ですが、営業しているかどうかは夜になってみないと分かりません。

IMG_3064

その左手前にはこんな看板が。そう、ここは住宅街ではなく盛り場だったのです。

IMG_3048

一帯の一番奥は山。駅からだと北西の方角になりますが、市街地の端にあたります。左側のスナックはGoogle Mapで確認したところ営業している様子。

IMG_3050

その脇を入って見れば小料理屋のような佇まい。ただそこまでのアプローチに違和感しかない。

IMG_3049

新しくても戦後間も無く。戦前建築は余程しっかりした建物でない限り倒壊していると想像します。

IMG_3051

奥に見えたスナックの看板の所まで歩き振り返る。路地は狭くて未舗装なのが基本のようです。

IMG_3046

もちろん車道沿いにもスナックが。手前はすっかり解体されて駐車場に。

IMG_3053

再び路地へ。かつては相当な件数の飲食店がひしめき合い、さぞかし賑やかだったのでしょう。

IMG_3072

民家と民家の間、裏庭に抜けるひとんちの敷地としか思えない隙間の奥にもスナックの跡が。

IMG_3061

少し暗くなって来ました。いきなり見事な木造建築。欄干も無く代わりにノコギリ屋根がある事から織物工場の跡かと思われます。その向かいにもスナックの跡があります。

IMG_3071

やっと灯りがともり始めた。と思ったら美容室でした。髪結いなどもやっていたのでしょうか。

IMG_3059

現役の銭湯。以前は工場も多かったそうで、労働者たちが仕事の汗を洗い流し夜の街へと消えて行った事でしょう。足利市駅近くの居酒屋のママさんも、すっかり働き口が減ってしまい、都内まで通勤するか、都内や隣の太田市に引っ越したりして、すっかり寂れてしまったと話してくれました。スバルの企業城下町である太田市と比べてしまうと、ここ足利市にはスパイス工場ぐらいしか残ってないんじゃないでしょうか。
機会が有れば泊まりがけで再び訪れたいですね。銭湯に浸かって生き残ってるスナックを探し、飲みながら賑やかだった昔の話でも聞きたいです。

栃木県足利市(2)、気になる路地と映画館跡

これまで栃木県栃木市、佐野市、群馬県太田市、桐生市と、関東平野北東部の都市を巡って来ましたが、今回は足利市です。

IMG_2974

JR足利駅の前にはEF60が雨晒しで保存されています。この機関車は1964年9月26日完成で米原や岡山など、主に関西方面の貨物列車牽引で活躍していました。なにげに鉄道の歴史の中では名機と言えます。

IMG_3077

渡良瀬川を挟んで南に東武伊勢崎線の足利市駅、北にJR足利駅がありますが、中心街は北側。東武足利市駅とその中心街を結ぶ昭和11年開通の中橋は見事なアーチ橋です。

IMG_3019

市街地を東西に貫く中央通りは交通量も多く、観光名所の足利学校などもあり栄えています。

IMG_3020

歴史の教科書にも載っている足利学校もスルーすれば、鑁阿寺(ばんなじ)も遠目に眺めてスルー。

IMG_3017

むしろその向かい側にある敗退的な光景に胸をときめかす。はい、変態です。

IMG_3021

東武足利市駅から鹿島園方面に向かうバスの車窓から発見した怪しい路地に向かいます。時刻は既に三時半過ぎ。これから急ぎ足で探索を始めます。

IMG_3022

なんだここは。と、つい口に出してしまった。

IMG_3024

振り返ってみました。赤線跡でしょうか、普通に貴重な木造建築がもんじゃ屋さんに使われています。

IMG_3028

今回の目的地の一つ、廃業映画館。足利東映プラザ映画館です。入り口のアーチが素晴らしい。

IMG_3032

1999年閉館。その後イベントや映画のロケ地などで利用されており、完全な廃墟とは言えません。

IMG_3036

併設されている建物には飲食店がいくつか入っていたようですが、見たところ現在では一軒も営業していない様子でした。

IMG_3030

料亭っぽい建物もちらほら。三業地の名残りかこの雪輪町界隈はかつて遊郭があったそうです。

IMG_3039

当時の建物かの判断は難しいのですが、花街であったのは確かです。
続きます。

【日記】芝浦、旧協労会館建て替え工事中

以前から行こうと思っていた旧協労会館。芝浦に半年以上通いながらその存在をすっかり忘れていました。

IMG_3290

かつて料亭などが建ち並ぶ花街だった芝浦。東口の北側の外れに、いわゆる三業地が広がっていました。しかし再開発により消滅。

IMG_3285

唯一、見番跡である旧協労会館のみが現存しています。ところがなんと行ってみたら写真の通り解体工事中。しかし、よく見てみれば建て替え工事中との事。一度バラして耐震補強しながら組み直すようです。

IMG_3286

この建物は昭和11年に芝浦花柳界の見番として建設され、戦後は港湾労働者宿泊所の協労会館として利用されました。しかし平成11年、両隣の棟が火事で焼失し、以来ネットで覆われ立ち入り禁止となっていたそうです。それにしてもデカい。天井高は1.5倍くらいありそうな迫力。

IMG_3283

その後平成21年に東京都から港区へ譲渡され、その際港区指定有形文化財に指定されますが放置プレイ。文化財指定したために壊すに壊せず、その間周辺はみるみる再開発が進み、厄介者として取り残されていた状態でした。しかしやっと建て替えが始まり、2020年頃には完了する見込みです。

IMG_3291

すぐ近くに唯一花街の歴史を受け継ぐ割烹「い奈本」が有りますが、すでに近代的なビルとなってしまいました。

IMG_3300

すぐ近くには新幹線も走っています。見番の見事な木造建築が復元されたとして、近代的なビル群に埋もれる浮いた存在となることは明白。劇場として利用するようですが駅からも離れているし、果たして。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ