マーケット

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

目黒区恵比寿、恵比寿ストアから恵比寿横丁

最近恵比寿の現場にも通い始めました。やはり恵比寿は西も東もセレブな山手に挟まれているせいか、オサレなお店が多くあります。広尾や六本木にも日比谷線でひと駅ふた駅なので西洋人も多い。さらにメディアの影響もあり、俄かセレブも多いようです。

IMG_5195

そんな恵比寿ですが街の古さはなかなかなもので、老舗の純喫茶などもあったり。西口の少し奥まった所にある喫茶銀座。チラッと中を覗きましたが中も相当レトロです。

IMG_5199

こちらは東側にある大衆食堂こづち。昼休みはサラリーマンで満席です。

IMG_5200

日替わりランチ500円。安いけどオカズと白メシの比率!wwww

IMG_5194

駒沢通り側の東側、駅前にある恵比寿ストアは元々戦後の闇市を発祥とするマーケット。入り口の左手には魚屋さん、右手には八百屋さん。

IMG_5186

中は洋品店や金券ショップなどがあるものの、半分ぐらいはシャッターが降ろされています。

IMG_5180

こちらは裏手側。古い雑居ビルの一階通路が商店街になってる事がよく分かります。

IMG_5182

その通りの向かい側、商店街の続きのような形で続く通路があります。

IMG_5170

こちらは現在恵比寿横丁という飲み屋街になっていますが、元々は山下マーケットという市場だったそうです。

IMG_5175

中は様々な店が入り組んでカオス状態。この恵比寿横丁というのは求人、コンサルタント会社ジェイオフィス東京の浜倉氏(当時)が、シャッター商店街と化していた山下マーケットを再生させるべくプロデュースをし、起業しようとする若者を集めて、2008年浜倉氏が創業した浜倉的商店製作所の直営店「牛◯」「銀◯」「魚◯」とともに飲み屋街に仕立て上げたそうです。

IMG_5169

中ではお互いの店同士の出前もOK。魚系、肉系、おでん、スナック、ガールズバーまでが入っています。目指す所の街創りとしては非常に共感する物があるものの、結果的に客層は若く、なぜかネットではナンパスポット(一部店舗を除く)として紹介されていたりしています。なんだかなぁって感じです。

IMG_5172

二軒ほど入って見ましたが、基本高いような。恵比寿の相場が高いのか、この横丁の家賃が高いのか。

IMG_5201

ベコヒラさんにて、塩茹で牛タン1380円、生580円、お通し320円、消費税入れて2452円。富裕層の飲み方だなこれは。

IMG_20140326_125648349

因みにこちらは以前訪れた有楽町と新橋の間のガード下。なんか賑やかな路地裏だなぁと思っていましたが、ここも浜倉的商店製作所創業当時にプロデュースされたものだとか。
消えゆく路地裏飲食店街やマーケットなどの再生事業も、独立起業しようとする若者の支援も素晴らしい事です。さらに時代のニーズを見据えたプロデュースは集客という結果に繋がっているので成功と言えましょう。ただ私は行かないなぁ。昭和レトロを演出する事は田町の大和屋も好きだし否定しないのですが、なんだろう、演出による空気感と人種による空気感が決定的に違うという事だろうか。

世田谷区、杉並区、代田橋駅〜沖縄タウン

京王線代田橋駅があるのは世田谷区大原で、50mほど北を並行する甲州街道の向こう側は杉並区和泉になります。

IMG_4950

新宿に近いながらも各駅停車しか止まらない代田橋は、家賃相場的にも穴場で学生時代は同級生もアパートを借りていました。

IMG_4946

しかし駅前にはいきなり長屋造りの昭和なマーケットがあります。

IMG_4945

昭和24年頃に建ったと言うので闇市が発祥なのかも知れません。そんな長屋の一角に、昭和60年創業おでんと焼き鳥の店「きんせい」があります。

IMG_4967

吉田類氏が来ていたそうですが、そんな事は関係無く通いたい店がまた増えてしまいました。地元の常連さん方が集まる、私の好きな雰囲気のお店。新宿渋谷方面の仕事がある時は、わざわざ京王線に乗ってしまおうかしらなんて。(お客さんの顔は撮らないからと言いながら撮影許可いただきました)

IMG_4944

住みたい。引っ越して来たい街です。来年(令和2年)飲食店全面禁煙、ただし個人経営店には情状酌量の余地有りと言うじゃないですか。チェーン店居酒屋ぐらいしか無い川口から、個人経営のいい店がある街に引っ越さなければなりません。代田橋は候補地のひとつと言っていい。

IMG_4940

甲州街道を越えると杉並区和泉。商店街は沖縄出身者が多いということで沖縄タウンになります。町おこしのために、沖縄から空き店舗に誘致までしたそうです。

IMG_4938

沖縄タウンの真ん中左手にL字型をした昭和なマーケット、大都市場があります。北側入り口左手に立ち飲み屋さんがありますが、禁煙なのでスルー。

IMG_4937

光を取り入れるアーケードです。

IMG_4936

早い時間だったのでシャッターが目立ちますが、小売店が閉業した後に主に沖縄系の飲食店などが入っています。

IMG_4932

商店街側入り口脇にある立ち飲み屋「納戸」さん。どちらかと言うとバーのような雰囲気ですが、ここのコーヒー焼酎がとにかく美味い。

IMG_4963

宝焼酎に多めの豆を入れて一日だけ浸ける事により、雑味が無く香り引き立つ仕上がりとなるそうです。マスター曰く金宮よりも宝焼酎の方が癖が少なく合うとか。
新橋や神田でコーヒー焼酎を飲んで来ましたが、下北沢辺りなんかには特にコーヒー焼酎を作ってる店が多いそうです。奥が深い。

世田谷区下高井戸、下高井戸駅前市場

世田谷線から京王線に乗り換える際、ちょっとだけ下高井戸駅前を歩きました。

IMG_20190429_115136

東急世田谷線は三軒茶屋より世田谷の住宅街をゆっくりと走ります。

IMG_2868

世田谷線の終点は京王線の下高井戸駅。ここでちょっと京王についてウィキペディアを開いてみたところ、いつに間にか(1998年)京王帝都電鉄が京王電鉄に社名変更されていた!帝都ってのがカッコよかったのに!かの帝都高速度交通営団みたいな。

IMG_4654

京王線の駅が開業したのは大正2年。その後大正14年には世田谷線が開業しました。

IMG_2867

いかにもって感じの私鉄沿線の商店街。しかし東京の西側は商店街が賑わっている。特に世田谷区は道が狭く迷路のようだから移動手段として鉄道の利用率が高く、結果駅前に人が集まる。

IMG_4644

今回気になったのはここ。下高井戸駅前市場。意地でも電車を入れるwwww

IMG_4646


IMG_4645

シャッターを下ろしている店も多いながら、魚屋さんが活気に満ちています。

IMG_4647

元は戦後の闇市から発展し、現在のアーケードは昭和31年に完成したそうです。

IMG_4650

こちらは甲州街道側。京王線とクロスする形の商店街に対して駅前市場は線路と並行しています。

IMG_4649

元お米屋さん。商店街としての歴史の古さを物語っています。

世田谷区三軒茶屋、路地裏迷宮のバラック居酒屋と銭湯

まず、ヤバいくらい狭いし、昭和の雰囲気が全然残っていた事に衝撃を覚えました。三軒茶屋のいわゆる三角地帯と呼ばれる土地が、こんなんだったなんて!

IMG_20190316_173837

246号線から世田谷通りが分岐する、そのY字路の内側。この一帯が戦後の闇市を彷彿とさせる低いバラックだらけの路地裏となっています。

IMG_20190316_173941

交差点側はまさに闇市を思わせる木造アーケードのエコー仲見世。

IMG_20190315_174016

仲見世から先、246から2筋ばかり路地裏飲食店街があります。奥に聳えるのは三茶のシンボル、キャロットタワー。

IMG_20190315_174106

もう一本の路地は廃業した店が多いのか少々暗い感じが。

IMG_20190315_174128

そしてその更に奥には迷路のように狭い路地が張り巡らされており、居酒屋やスナックなどがひしめき合っています。

IMG_20190315_174307

通路なのか何なのかよく分からない所でも、ちゃんと通り抜けれます。

IMG_20190315_174158

廃業した店もあるものの、都内のこのような路地裏飲食店街では比較的多くの店が生き残っているように思えます。

IMG_20190315_174302

元々、東急沿線である三軒茶屋は山の手に部類されるため、中流家庭からセレブまでが多く住まれています。さらに近年、渋谷に近いながらも学生街も近く、そのため下宿屋も多かったので、若い人たちに人気でした。それだけに開発のスピードは早く、どうせオシャレな店ばかりだろうとタカをくくっていました。

IMG_20190315_174210

ところがどうでしょう、この溢れる昭和感、と言うか場末感。世田谷ナメちゃいけませんね。落書きはまぁ渋谷も近いから致し方ないか。

IMG_20190315_174317

もうこの辺が一番奥かな?

IMG_20190315_174342

ぬ、抜けれる?

IMG_20190315_174406

抜けた所に超香ばしいバラック。と思ったら飲み屋さんじゃない。オオモリヤさん。こりゃ突入するしかない。

20190315_175417_159

すげー味のある雰囲気。以前はお年寄りが一人住んで居ましたが、高齢のため老人介護施設に入ったそうです。その後物置のように使われていた所を7年前、今の店長が借りて店を開いたとか。

20190315_183154_444

鶏料理と玉子料理のお店。一本160円でこのボリュームはお得。芋焼酎のラインナップも充実。特にここの塩煮込みが超美味い。

IMG_4218

翌日も行ってしまいました。この日は店内が混んで居たので店先で三杯。左手のビニールで囲まれた席は、なんとコタツがあるとか。驚くことばかり。三軒茶屋で仕事がある時は通ってしまいます。

IMG_4562

バラック飲み屋オオモリヤさんのさらに奥には廃屋が一軒。しかしよく見ると……

IMG_4564

銭湯ですと⁉︎ コインランドリー入り口と書いてありますが、こんな所に銭湯が。

IMG_20190315_174445

この通り、実は知人に教えてもらったのですが、プレステ4のソフト「ペルソナ5」に出てくるとか。後日その知人にソフト借りてやってみると、店こそ違うものの通りはそのまんま、しかも千代の湯のコインランドリーはそのまま出て来て汚れた防具とか洗えるという。ペルソナシリーズはアニメも見てたし好きなので驚きました。

IMG_4565

写真は千代の湯の246側入り口。内部は撮影禁止ですが、広い浴槽とトタン板に描かれた富士山のペンキ画。ごく普通の銭湯でした。また反対側に抜けると国道246号に出ます。

IMG_3557

一方246を渡って三叉路辺りから路地裏へ。ちょっとした飲み屋街がありその中の立ち飲み屋、その名も「たちのみや」さん。

IMG_3552

生350円、サワー系300円~、小皿料理300円~。地価の高い東急沿線、しかも三茶にしてはなかなかリーズナブル。立ち飲みと名乗りながらも8割が椅子席で、なかなか意表を突いてきます。店内は地元の常連さん方が集まる賑やかな店で、好きな雰囲気。一発で気に入ってしまいました。

大分県別府市(3)、竹瓦温泉と寿温泉

別府には2000近くの源泉と88箇所の共同浴場があると聞きます。数回訪れる程度じゃ到底巡り切れません。それこそ住まなきゃ無理です。

IMG_3743

また古い湯屋が年々建て替え、または廃業され続けており、情緒ある共同浴場が減り続けているので、気持ちは焦るばかりです。

IMG_3587

今回宿泊したのは駅真正面に建つ古いビジネスホテル「ホテルはやし」さん。一泊素泊まり2700円と、立地に対して格安な宿。

IMG_3738

夜は居酒屋とスナックで過ごすので、安く素泊まり出来る宿を選びます。お風呂は源泉掛け流し。あまり特徴を感じられない塩化物泉ですが、お湯の鮮度や濃さなどは良いです。

IMG_3594

駅から坂を少し下ったところにあるのが共同浴場「駅前高等温泉」。大正13年建造の素晴らしい建物です。

IMG_3595

一応宿泊も出来るようですが畳3畳の簡易宿泊施設のような部屋と、サウナのような雑魚寝する大部屋しかないとか。残念ながら今回、後回しにしていたら入り逃してしまいましたが、次回必ず入ろうと思います。

IMG_3644

路地裏飲食店街の中に忽然と姿を現すのが梅園温泉。つい最近までは狭い路地を入った奥にある古い建物の共同浴場という堪らないシチュエーションだったようですが、手前が空き地になり建物自体も建て替えてしまい、私の好きな要素が無くなってしまいました。もっと早く来たかった。

IMG_3683

こちらは別府を代表する共同浴場、竹瓦温泉。明治12年創業で現在の建物は昭和13年建造。立派な建物です。

IMG_3687

浴場は撮影禁止のうえ入られている方もいらっしゃったので、写真はありませんが見事なものでした。

IMG_3692

泉質は男湯がナトリウム・カルシウム・マグネシウム−塩化物・炭酸水素塩泉(塩化物泉)で、女湯がナトリウム−炭酸水素塩泉(炭酸水素塩泉)。仄かに薄茶色の濁りもあり、柔らかい入り心地でした。ちなみに砂湯もあるようです。

IMG_3700

寿温泉は明治32年から創業されているのですが、もともとは女性の病気によく効く温泉として女湯のみしかなく、現在の建物に建て替えた大正13年に男湯が出来たそうです。

IMG_3703

後継者問題で一時期閉業の危機もあったそうですが、別府八湯温泉道名人会の理事長さんが管理を引き継ぐことで存続。ありがたい事です。

IMG_3709

九州の共同浴場の特徴とも言えますが、脱衣場から一段下がった所に浴槽と言った造り。泉質は炭酸水素塩泉。

IMG_3708

浴槽には51度の源泉が湯船の中からダバダバと掛け流されております。だもんで持参の温度計で測ったところ、なんと49度。無理です。仕方なく蛇口全開で加水。湯もみしながら、どうにか43度まで下げました。後で聞いた話によれば、女湯には源泉投入口に投入量を調整する板があって、源泉を絞っていたので適温だったとか。その分男湯にダバダバ流れ込んでいたのか?
ともあれ、奥日光の温泉寺での鬼加水を思い出しました。こう言うのもまた楽しい思い出になります。

今回、別府の共同浴場は二ヶ所しか廻れませんでしたが、年に二回以上は通いたいと思いました。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ