ホテル街

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

墨田区錦糸町、南口の歓楽街

 錦糸町はほとんど降りた事が無く、私にとっては未開の地です。

image

 以前、日記でアップしたかも知れませんが改めて。錦糸町南口を出て右手通りにある純喫茶白鳥跡のビル。昭和の純喫茶の貴重な外観が残っていますが、随分前からテレクラにビルを買収されました。

image

 南口西側界隈。飲み屋街と歓楽街が混在するカオスですが、亀戸餃子の支店なんかもあり、昼間から楽しめそうです。

image

 渋い居酒屋などもある事にはあるのですが、基本的には近代的な雑居ビルにスナックや風俗店が詰まっているような街の景色が多いです。

image

 なかなか時代を感じさせるニュー錦糸町ビル。1階は間口の狭い店舗がひしめき合っています。

image

 駅から少し離れるとラブホが目立つようになって来ます。

image

 南口東側は、にわかにコリアタウン化しています。韓国食材店を中心に韓国系飲食店が林立。

image

 韓国食材店向かいの雑居ビルの1階は通り抜けられるようになっており、飲食店街が形成されています。

image

 しかしそのほとんどが空き家。以前ここに『杓』という立ち飲み屋があったそうですが、すでに閉店。

image

 一見マンションのように見えるビルも、如何わしい店で埋まっていたりします。踏み込まれたらヤバい店なんかも有るかも知れません。

image

 錦糸町は風俗店が密集しているような目立った歓楽街は特に無く、街全体のいたるところに散在しているような感じです。しかし客引きのお兄さんは健在。

image

 googleで立ち飲みを検索し一通り廻ってみたところ南口の『杓』と北口の『でかんしょ』がすでに閉店。早速googleに報告。北口の東側ガード下の立ち飲み屋『粋』は食べログなどでも評判のようで、満員御礼。

image

 結局南口を出て右手、路地を一本入ったところにある『丸源』で落ち着きました。この店、昼間は立ち食い蕎麦屋として営業しているようです。

image

 生400円、サワー系250円、焼き鳥他一本110円。なかなかにしてリーズナブル。

image

 もつ煮込み350円。もう、もつ煮の季節です。店のキャパはなかなか広く、一人でも落ち着いて飲めます。気さくな大将と、ホールは明るい中国系の姉さん方。地元の会社員に愛されている店のようで、ここは通いだなと思いました。

image

 錦糸町はスナックなどの数が都内屈指の多さ。しかしそのほとんどが雑居ビルに収まっているので、いちげんにはなかなかハードルが高いようにも感じました。

image

 追記。錦糸町駅から北へ少し離れ押上に近くなってしまいますが、横川三丁目にある温泉銭湯に先日行って参りました。造りは昔ながらの銭湯といった感じですが、増築でサウナや露天風呂も楽しめるようになっています。

image

 お湯はメタケイ酸の含有量により温泉とされていますが、療養泉ではないため泉質名はありません。そのため銭湯としては高濃度炭酸泉と表記しています。しかし、無色透明無味無臭なため塩素臭が際立ち、温泉としての特徴もあまり感じられませんでした。

豊島区大塚(2)、南大塚の三業通り

 大塚駅の南側は北側と違って落ち着いた街です。どちらかと言うと文京区の匂いがします。

image

 現在駅前は駅ビルが建ちロータリーも再開発されており、小綺麗になりつつあります。

image

 駅前は天祖神社の門前町であり、下町の商店街と言った雰囲気。

image

 大型スーパーも特に無く、個人商店の八百屋に魚屋、肉屋さんなどが元気に商いをしています。

image

 そんな下町情緒の残る街ですが、東側はかつて都内屈指の花街でした。かなり昭和なバッティングセンター『ひょうたん島』が残っている事も驚きですが、その左脇を入ってゆくと街の雰囲気が一変します。

image

 山手線の南側を平行して流れる川の川沿いに、料亭などが軒を連ねています。川は現在、蛇行したまま暗渠になっており、三業通りと名付けられています。

image

 三業地とは料亭、待合い、芸妓置屋が営業を許可されたエリアの事を言い、旦那衆なんかが芸者遊びをしていました。いわゆる花柳界とも呼ばれる地域で、向島、神楽坂、赤坂などと同じ料亭街です。

image

 この大塚三業地は大正8年に誕生し、関東大震災の復興とともに繁栄してきました。昭和初期には豊島区最大の規模となり、都内屈指の三業地として賑わいを見せ、最盛期には700人の芸者が在籍していたそうです。

image

 ちなみに現在でもマンションの中に見番が存在し、芸者が在籍しているそうです。

image

 置屋だったのでしょうか、かなり大きな建物も残っていますが、その多くはスナックや商店、アパートなどになっています。

image

 細かい部分で凝った造りが見受けられます。

image

 しかしアパートとしての営業はかなり昔からのようです。詳細は不明。

image

 高級料亭だけは結構生き残っているようです。

image

 花柳界と言うとやはり高級料亭に芸者を呼んでという金持ちの遊び。現在では娼妓と芸妓が完全に分離し、お座敷遊びの芸妓のみとなっています。大衆の遊びである赤線などに比べたら、えらい上品な世界です。

image

 近代的な建物に建て替えられた料亭も2〜3軒ありますが、そのほとんどが昭和初期の造りのまま。

image

 これは一見鉄筋コンクリートのビルのように見えますが、ベランダを良く見てみると純和風の明かり取りの窓が施されています。

image

 カーブに沿って折れ曲がっている看板建築のような造りをしたアパート。

image

 三業通りを奥まで進むと左手に坂があり、突然ホテル街が姿を見せます。前身は連れ込み宿だったとかでしょうか。

image

 住宅街の真っ只中に数軒のホテルがありますが、廃業したホテルも。もっとも、これだけ駅からも離れた、しかも分かり辛い場所でやって行ける方が謎ですが。そこまで忍ばなくても。

image

 住宅街の中に80年代のアパートでしょうか、懐かしい造りの建物がありました。確かに昔こんな建物よく見たけど、最近めっきり見なくなったなぁと。

追記・2016年8月27日

 東京で行われる阿波踊りと言えば高円寺が有名ですが、ここ南大塚でも行われています。

image


image

 高円寺に比べて歴史が浅く(昭和46年〜)規模も小さいですが、地元企業や商店会から県外の阿波踊り連盟まで1000人を越える踊り手が参加します。

町田市原町田、仲見世商店街~ちょんの間跡地

 町田市はよく神奈川県だと思われがちです。新宿から小田急に乗り、多摩川を越えて一旦神奈川に入り、百合ヶ丘などの山里を越えた向こうにあるので、無理も無いです。繋がっていても飛び地扱いなのが町田。

IMG_20150604_072654607

 しかし町田は、その辺の地方都市よりもずっと栄えています。この時点で密かに地方扱いなのは内緒。

IMG_20150604_072928481

 小田急とJR横浜線が交差しているため、新宿にも横浜にも出られるのが魅力で、丸井を中心とした商業地区はいつも活気に満ちています。ハンズもあればドンキもある。

IMG_20150605_16061546

 かつては長崎屋もありましたが、すでに潰れて解体中。しかしながら、車社会となった現代で、これほどまで廃れずに賑わっている郊外の駅前も珍しいです。

20150731_191235_329

 町田は大田区や下町方面と違って高齢化問題も無く、街は若者に溢れています。さすが小田急沿線と言ったところでしょうか。商業施設の前のスペースに屋台のワゴンを停め、簡単な椅子を並べただけの、気軽に飲める店を見つけたりもしましたが、コロナビール500円。oh!リッチピープル!
 駅前の路地にも立ち飲み屋は有りましたがチェーン店系で、立ち飲みのクセにお通しキャベツで200円も取る。

IMG_20150603_182459116

 そんな商業地区の奥に、昭和の香りが残る仲見世商店街があります。

IMG_20150603_182309157

 一年ほど前に一度通り過ぎた事があるのですが、その時と比べて随分シャッターが閉ざされています。

IMG_20150603_182221138

 この商店街は関東大震災後、旧国鉄原町田駅前(現在のJR町田駅より南)から旧町田街道までの抜け道として出来たそうです。

IMG_20150603_182331210

 商店街の中ほどに路地があり、商店街と並行する形で飲食店街があります。

IMG_20150603_182340187

 商店街は震災後の建造だからでしょうか、丈夫な鉄筋コンクリートで出来ていますが、その脇の飲食店街は青空にバラック。

IMG_20150603_18252528

 店は居酒屋からバー、スナックまで、一通り揃っています。

IMG_20150603_182555477

 路地の奥には共同トイレ。つまりこの飲食店街はトイレの無い屋台が発祥という事でしょうか。

IMG_20150731_190649742

 仲見世商店街の一本町田駅寄りの路地に佇む立ち飲み屋『まる助』。

20150731_184206_741

 飲み物400円均一(生ビールは小さめ)、食べ物300均一。お代は湯呑みにお金を入れておけば、そこから大将が抜いて行くシステム。
 内装は新しくしてますが、建物自体はかなり年季が入っており、大将が一人で店を切り盛りしてます。
 激安とまでは行きませんが、地価も高いのかも知れず、まぁ、こんなもんかなと言ったところ。しかし、町田に於いては貴重な存在です。

IMG_20150603_183504722

 一方、JR横浜線町田駅を越えて南口に出ると、先ほどまでの賑わいが嘘のように閑散とします。

IMG_20150605_153700429

 南口を出てすぐのところを流れる境川の周辺はラブホ街となり、急に人影が無くなります。ただ、一人の外国人女性が橋の袂でずっとスマホをいじってたりして、実に疑わしい。

IMG_20150605_154136963

 そのラブホ街の奥にはかつて「田んぼ」と呼ばれていた、ちょんの間地帯が広がっていました。実はこの境川が県境で、川の向こうのちょんの間跡地は神奈川県相模原市鶴間本町となります。当時は東南アジア系不法入国者の温床とも言われていました。

IMG_20150603_183638115

 その昔よく「追跡!警察24時」みたいなドキュメンタリー番組で、神奈川県警による町田のちょんの間一斉摘発の瞬間なんかをやっていましたが、橋を渡っちゃえば管轄外になって逃げられたりしたんでしょうか。(笑)

IMG_20150603_183808144

 度重なる一斉摘発の末、2007年頃には壊滅。その後立ちんぼが周辺のホテル街に出没していますが、跡地は現在、ただ駐車場が広がるのみ。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

江戸川区小岩、東の果ての歓楽街

 江戸川の向こうは千葉。という事で、東京の東の果てに小岩はあります。

IMG_20141106_074744253

 JR総武線で一駅手前の発展している新小岩や、北側に併走する京成電鉄の下町感溢れる京成小岩なども併せて訪れてみないと、この街の位置付けを語れないような気もしますが、そのあたりはまた機会があれば。

IMG_20141106_073502896

 南口を出ると商店街が広がっておりますが、中高層マンションが2~3本建っている程度で、駅前再開発はまだまだと言った感じ。

image

 南口左手の狭い路地、地蔵通りを入って行くとなかなか昭和な雰囲気の飲み屋街が残っております。

IMG_20141105_173252451

 かなりそそられるような渋い大衆酒場、モツ焼き『菊之屋(支店)』などがあったりします。

IMG_20141106_073920541

 この地蔵通りを抜けた辺りから、キャバクラやカウンターバー(ガールズバー)、スナックなどが無茶苦茶乱立してきます。主に東南アジア系が多いようですが、その数が異常。新小岩から追いやられて集まっているような気がして来ます。

IMG_20141106_121432665

 一方、北口を出ると巨大なイトーヨーカ堂。買い物客で賑わっております。しかし周辺には意外と古い建物が残っていたりもする。

IMG_20141106_122357154

 が、しかし、一歩奥に入るとそこはひと気の少ないラブホテル街。カオスだ!

IMG_20141106_124140770

 さらに奥へ進むと蔵前橋通りに出て、ラーメン二郎があったりします。ランチタイムには、やはり行列が出来ている。

IMG_20141105_175219926

 北口を左手(東側)へ行くと、味のある立ち飲み屋や大衆酒場などが多くあります。上の写真は立ち飲み屋『さくら』。

IMG_20141105_180149255

 モツ焼き『大竹』は一部マニアの間では有名なお店のようです。

IMG_20141106_182308414

 良いレバーを使っているのでしょうか、よく焼きなのに、しっかりとした歯ごたえがありました。そして、モツ煮込みが、ちょーーー美味い!

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

大田区大森、駅周辺の路地裏

 大森貝塚で知名度が高い大森ですが、実際大森貝塚を見た人ってどれくらい居るだろうか。そんな、用事でも無ければなかなか降りない街ですが、品川水族館や平和島競艇の入り口でもあります。

IMG_2448

 線路を隔てて西側は台地となっており、山王町などの高級住宅街が広がります。それでも崖下に当たる線路脇には細い路地があり、路地裏感溢れる山王町飲食店街があります。

IMG_2439


IMG_2446

 駅前商店街から狭い階段を下れば戦後のドサクサに建てられたようなバラック。

IMG_2443

 スナックや居酒屋が軒を連ねますが、閉店して廃墟化した店も多く含まれています。

IMG_2445

 トイレもない狭い店が多いのか、公衆トイレもあります。

IMG_2453

 一方、東口、つまり海側へ回ればまた街の雰囲気も変わります。上の写真は大森駅東口近くのクリーニング店。

IMG_2457

 モザイクタイルが見事です。

IMG_2450

 大森飲食街ビル。ようはスナックビルですが、今どき珍しくもテナントが埋まっています。

IMG_20140317_184852719

 中はこんな感じ。左手に写っているのは共同トイレ。

IMG_20140317_184227312

 最近ソフトバンクのCMでふなっしーが跳ねていた大森駅東口のアーケード商店街と大衆酒場「富士川」。

IMG_20140317_183832337

 大森駅東口近くの焼き鳥「萬作」。

IMG_2038

 大森駅からまっすぐ海の方へ歩くと京急大森海岸駅にぶち当たります。この駅、品川水族館の最寄り駅でありながらも、知る人ぞ知るホテル街です。

IMG_2042

 その歴史は古く、旧東海道の宿場町の頃から色町として栄え、赤線地帯として存在し続けました。しかし現在その名残はソープランドが一軒あるのみで、あとはラブホテル街となってしまいました。ただ、渋谷や歌舞伎町などと違いあまりにもマイナーなため、人目を忍ぶには最適。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ