バス

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

群馬県前橋市、赤城山温泉御宿総本家

 渋川の西側に聳える榛名山の麓の伊香保温泉が温泉としては有名ですが、東側に聳える赤城山にも多くの温泉が湧いています。そのひとつ、赤城山温泉へ行ってまいりました。
 伊香保との決定的な違いは交通が不便だという事。伊香保はJR渋川駅から本数の多いバスで40分ほど。渋川伊香保インターからも近く、新宿からの高速パスも頻繁に運行されています。
 対して赤城山温泉は、まず高崎または新前橋から両毛線で前橋まで行きます。

IMG_2125

 前橋駅に着いたら街の北東側にある上毛電鉄中央前橋駅までシャトルバスで移動。歩いて乗り換えると15分ぐらい掛かりそうな距離です。
 上毛電鉄は中央前橋から西桐生まで一時間に2本ペースで運行されていますが、JR両毛線の桐生からも離れており乗り換えが困難。唯一、赤城駅でのみ東武電鉄と乗り換えが可能です。

IMG_2131

 車両は京王井の頭線で使用されていたものの払い下げ。他に昭和3年製造のデハ101が動態保存されていますが、イベントの時や貸し切り運転の時しかお目見えしません。ちなみに貸し切りは一往復10万円。一人頭5千円の会費で20人集めれば動かせられます。

IMG_2130

 そしてなんと上毛電鉄では自転車を乗せる事が出来ます。熊本電鉄以外では知りませんでした。

IMG_2132

 やがて電車は大胡駅に到着。数少ない有人駅ですが、驚いたのは改札でパンチが健在な事。当然ICカードなど使えません。

IMG_2133

 大胡からは路線バス。と言ってもタクシー会社に委託している予約制のデマンドバスです。前橋市郊外は定期便の路線バスがほぼ全滅しており、このようなワゴン車によるデマンドバスがいたるところで走り回っています。自動車普及率が全国トップクラスな群馬県ならではと言った感じ。まるでタクシーのように利用出来るのに210円という安さは逆に助かりますが、タクシー会社としては複雑な思いでしょう。

IMG_2136

 しかしそのバス路線も約30分ほど走り赤城神社で終点。ここから赤城温泉までは公共交通機関が無いため、宿に迎えに来ていただきました。

IMG_2144

 送迎を待つ間、赤城神社を散策。曇りの日は新緑が映えます。

IMG_2143

 広い境内には樹齢の古い杉の大木が多く、静謐な空気が漂っていました。

IMG_2146

 赤城神社から車で20分で赤城温泉に到着。乗り換えは多いし車がないととにかく不便。まさに秘湯です。宿は三軒営業しており、一軒は廃業。

IMG_2147

 その廃業した新嶋館の脇を通ってその奥に御宿総本家はあります。新嶋館からラジオの音が聞こえて来たので人は住んでいるみたいです。

IMG_2151

 創業300年の歴史のあるこの宿、ご主人が収集された様々な物が飾られており、かなりカオスです。アフリカや東南アジアの民芸品から仏像やオブジェまで、小さなお子さんはトラウマになるかも知れない。(笑)

IMG_2153

 霧が立ち込めていましたが、窓の外は大自然。というか、えらい山奥です。

IMG_2161

 まずは露天風呂から。いきなり石像がド真ん中に鎮座しています。脱衣場には埃を被った神棚。

IMG_2162

 泉質は伊香保に近い鉄分豊富なお湯ですが、炭酸系でもあります。そして何よりも驚いたのがこの韓国料理の二色鍋のような色。真ん中で仕切られており手前に源泉が注がれています。奥は水位が少し下がっており、手前から溢れ出したお湯が溜まってゆく仕組み。

IMG_2163

 源泉温度が43度なので熱くはないのですが、手前は透明なお湯に茶褐色の湯花が大量に漂っています。奥の浴槽はぬるくなり、さらに酸化して薄緑色に濁っています。面白い。ここまで変化するものかと驚きました。当然手前の浴槽に入りましたが、温度が高くないため長時間浸かる事になり、そしたら汗が止まらない事態に。鮮度、泉質ともに極上であります。

IMG_2174

 次に内風呂です。露天風呂と違い冷めないので、こちらはちょうど良い湯加減。凄まじいのはこの温泉成分が結晶化したオリ物。まるで鍾乳石のように浴室の床面全体をビッシリ覆っています。泉質の良さの証拠とは言え、ここまでなのは初めてです。

IMG_2177

 食事はイワナの塩焼きを始め豊富な山の幸。充分満足できる量で2食付き8千円代とリーズナブルです。
 赤城山麓は湧出量の少ない温泉が分散しておりまとまった温泉街が無く、一軒宿などの小規模な温泉が散在しています。そのため路線バスなどが整備されないままの秘湯が多い。源泉温度も低めなため、源泉から少しでも離れると加温しなければなりません。そのため温泉旅館としての経営が難しい土地とも言えます。しかしさがせば素晴らしいお湯はあるもので、まだまだ開拓の余地はあります。車さえ有れば!

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

茨城県鹿島鉄道廃線跡(1)、石岡~小川

 鹿島鉄道鉾田線は2007年に廃止された地方ローカル私鉄のひとつです。
 私が小学生だった頃、恐らくは40年近く前、親父に日帰りで鹿島鉄道(当時はまだ関東鉄道鉾田線)へ連れて行ってもらいました。ローカル線目的で旅をした最初の経験。

IMG_1630

 鉾田線の乗り場はJR常磐線石岡駅の東側にありましたが、現在では石岡駅の駅舎も新しくなり、その跡地は再開発されようとしています。

IMG_20160301_090955419

 石岡駅より霞ヶ浦の北岸を東に走っていた非電化のローカル線である鉾田線。廃止後は石岡より常陸小川まで廃線跡を舗装してバス専用道路にし、BRTとしてバスによる代替運転がなされています。
 小川の先は茨城空港へのバスが殆どとなりますが、一部旧鉾田線のルート通りに鉾田まで運行されるバスもあります。しかし1~2時間に一本しかなくとにかく不便。
 ちなみに茨城空港は2010年に自衛隊百里基地を民間共用して開設されました。歩いている途中、大空をファントムが飛び去って行くのを見て、百里基地の航空祭へ猛烈に行きたくなりました。ファントムがいまだ現役だったなんて!

IMG_1636

 ひたすら一直線な専用道路。しかし廃線跡をバスで走るというのも、なんだか気持ち悪く感じます。

IMG_1634

 BRT区間で唯一プラットホームが残っている石岡南台駅跡。バス乗り場には高さが必要とされないため、ここはただ解体を免れたに過ぎません。

IMG_1635

 BRT化は鉄道時代の駅に加えてバス停も増え、利便性アップとコスト削減に繋がり採算も取れているそうです。

IMG_1639

 旧小川駅跡のバス停。駅前は特に商店もなく閑散としていました。

IMG_1643

 小川駅跡付近からバスは一般道を走るようになります。廃線跡はレールが撤去されており、バラストだけが残っていました。葦のような草が生い茂り、9年の歳月を感じさせる。

IMG_1640

 霞ヶ浦沿岸は沼地多く、レンコン畑が多くあります。それにしてもレンコン農家の方は寒いのに大変そうです。ただ、近年農家の後継者不足から外国人労働者を多く募っているようで、バスに乗っていると東南アジア系の方が多く乗り込んで来ました。

IMG_1650

 小川駅から鉾田方面に少し歩いた所にある、園部川を渡る橋梁跡。

IMG_1651

 レールや駅舎が殆ど撤去された今、数少ない遺構のひとつです。

IMG_1656

 小川の南東外れの高台に小川南病院があり、その向かいの駐輪場には鉾田線の気動車が保存されていました。

IMG_1657

 車両は塗装し直されて非常に綺麗な状態で保存されています。

IMG_1659

 残念ながら内部は鍵が閉まっており立ち入り禁止。果たして自分が小学生の時に乗った車両と同じ車番かどうか、押し入れひっくり返して昔の写真を漁らないと何とも言えません。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【日記】今年二度目の万座温泉日進館

 ここのところ仕事が忙しく新しい記事も書けていませんが、毎日残業してハイペースで仕事を進めたぶん、平日にニ連休とって今シーズン最後の滑り納め。群馬県万座温泉日進館へと行ってまいりました。1月半ばに続いて今年二度目、通算10回は超えています。

IMG_20150326_155519833

 天気もいいしスノボ滑りまくると気合い充分だったはずが、宿に着いたらついつい露天風呂。仕事で疲れたし、という事で、すっかり寛いでしまいました。日進館のお風呂は源泉の掛け流し量を調整する事で温度管理が徹底しており、ちょうどいい湯加減。(夏場は加水により温度調節しているかも知れません)

 直行バスは平日だというのに二台満席状態。それもそのはず、一泊とバイキング形式で二食、新宿からの往復直行バス付きで一人10800円という安さ!
 ボロいけど最安値の『ゆけむり荘』で予約しましたが、空室の関係かワンランク上の別館へと通されました。ワンランク上と言ってもトイレ付きで多少部屋が広いというだけで、ボロい事に変わりない。しかし安いんだから贅沢言っちゃいけない。(笑)
 夜は今まで遠いという理由から入ってなかった別館の奥にある万天の湯に入浴。ここは姥湯源泉、苦湯、苦湯2号源泉、鉄泉の混合湯でした。露天と比べお湯がサラサラしており、臭いはキツ目。しかし強酸性の刺激はしっかりと感じとれます。また、清掃時間(19:00~20:00)の直後なのに白い湯の華が大量に漂っている。なかなか良いお湯でした。

IMG_20150327_084109552

 翌朝も晴天。上の写真は南別館の部屋からの景色。今年は2月まで全国的に吹雪の日が多く晴天率も低かったのですが、さすがに3月の群馬は晴れの日が多いようです。

IMG_20150327_134210403

 ゲレンデも気持ちいいくらいの青空。雪質はベタ雪。しかしまだ春休みとあってか家族連れも多くいたものの比較的空いており、とても滑りやすい。右上に見える建物は万座プリンスホテル。万座に二泊ぐらいした際には一度日帰り入浴してみたいところ。

IMG_20150327_164704100

 私もそんなに若くないのでスノボは四時間も滑ればお腹いっぱい。日進館に戻り仕上げに内湯で軽く浸り、午後3時の直行バスで帰りました。
 すっかりリフレッシュ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【日記】宮崎台、東急電車とバスの博物館

 東急の駅のポスターでずっと気になってました。なので溝の口からの仕事帰り、ふた駅足を延ばして行って来ました。

image

 実車が展示されているのは、この玉電ひと編成とバス二台。まずはこのデハ200。この丸っこさは、ふざけてるとしか思えないwwww

image

image

 一般の方だと展示物の少なさに物足りなさを感じてしまうかも知れませんが、好きな人は興奮。

image

 これで入場料100円なら安いとか言ってしまいます。

image

 これこれ。小回りきくよう連結部の台車を一つにまとめる。だからって車軸一本て! ロマンスカーだって一応普通の台車でしたよ。

image

 三菱B623B。なんたって写真撮るのに引きが無い。(笑)

image

 東急コーチと言って田園都市の循環バスとして活躍してたそうですが、このバスは知らなかった。

image

 日野RB10。60年代前半の車両です。もう、こういう古いバス大好き。

image

 床が木のバスは、地元の箱根では小学生の頃まで走ってたな。つまり70年代。
 ちなみに夏の下北半島で出会ったJRバスの廃車体は1972年型のいすづBU10と思われます。

image

image

 至るところが透明なアクリルで内部まで見えるようになってますが、余計な事をする! 私は当時のまんまの状態見たいのに!(笑)

image

 あとは敷地の都合から輪切りにされた運転台などが展示されております。

image

 デハ3450形。

image

 懐かしい。高校時代には現役を退いていたかな。目蒲線と大井町線で活躍してましたが、一枚くらいしか写真撮ってなかったな。新車ばかり撮って旧車には興味ないようなミーハーでしたよ。

image

 モハ510形(復元)。さすがにこの時代は知らない。

image

image

 もう、いちいち格好いい。しかし写真撮りすぎ。こんな調子で大宮の鉄博なんか行ったらエライ事になる。(笑)

image

 館内には巨大なレイアウトがあります。

image

 しかし、街はNゲージなのに車両はHOゲージという。(^^;;
 あとは東武や東京メトロの博物館も見に行きたくなって来ました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

青森県下北半島(1)、下北交通と幻の大間線

 下北半島の中心部に位置する半島最大の街、田名部。

IMG_20140817_154902254

 上の写真は下北交通の田名部バスターミナル。かつてはJR大湊線の下北駅よりこの田名部を通り津軽海峡に面した大畑まで鉄道が走ってました。しかし1985年、旧国鉄大畑線が廃止。その後地元の下北交通が鉄道事業を引き継ぎ存続していましたが、施設や車両の老朽化に重ねてマイカーの普及による利用客の減少から2001年に廃止。以来、駅の無い街となってしまいました。

IMG_0041

 そのため現在、田名部へは下北駅からバスで行くしかありません。

IMG_0042

 しかしこのバスが朽ちかけている。経営の苦しさが伺えます。
 
IMG_20140817_164308340

 上の写真は田名部の先、大畑にあるかつての終着駅、大畑駅跡。

IMG_20140817_164351950

 レールもそのままで、右手の車庫には旧国鉄から譲り受けた車両も保存されています。

IMG_20140817_164758353

 駅舎は現在、バスターミナルとして再利用されております。

image

 鉄路は大畑から更に北西、大間まで繋がる計画がありました。これはかつて、旧日本軍の大間軍事要塞まで資材を運ぶために鉄道が建設されていたのですが、昭和17年、戦況の悪化を受けて完成間近にして工事が中止されてしまいました。津軽海峡沿岸には今でも使われる事の無かったトンネルや橋梁などが残っております。

image

 沿岸には崩壊しかけた橋脚など味のある遺構が沢山あるのですが、下風呂温泉のアーチ橋は復元され観光名所の一つとなっています。ホームをモチーフとした休憩所では、海を眺めながら足湯に浸かれる。

IMG_0045

 田名部の民宿「中村」さんの裏に、昔のバスが朽ち果てていました。

IMG_0044

 よく見ると、なんと国鉄の文字が!

IMG_0048

 田名部から陸奥湾側の脇野沢まで走るバス路線で使われていたものです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。

■ 温泉リスト(PC版) ■
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ