ノミ屋

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

台東区浅草(3)、裏浅草界隈

 浅草橋での仕事が午前中で終わったので、浅草まで足を延ばしてみました。

image

 途中浅草の手前、蔵前に建つ、以前より撮っておきたかったタイガービル。昭和9年竣工で有形文化財にも指定されています。周辺の復興建築とともに戦火を潜り抜けて来た堅牢な建築物です。

image

 場外馬券場手前のホッピー通りは昼間から約半数の店が営業していましたが、どの店も観光客で満席となり大繁盛。一本裏の初音小路は競馬が開催されていない平日だったため、ひっそりとしています。

image

 その初音小路を抜けた先に建っているのが、浅草観音温泉。しかしなんと今年の2016年6月、ボイラーが故障しその修理費を捻出できないため、閉業となっていました。ここが目的で浅草に来たと言うのに、愕然とします。もう少し早く来ていれば!

image

『酒は大関』
『男は黙ってサッポロビール』
 某ブログに紹介されていましたが、ここは昭和まんまの姿で残っていたそうで、閉業されていたのが悔やまれてなりません。

image

 向こう側に浴室が有ったのでしょうか、ガラスブロックが悲惨な事になっています。ここは黒湯の冷鉱泉を加温して提供していたようなので、ボイラーが壊れてはどうにもなりません。

image

 仕方ないので温泉銭湯『蛇骨湯』へ。しかしなんと臨時休業。一旦気持ちが折れます。(笑)

image

 場外馬券場に戻り北側、浅草駅から離れていきます。裏通りに建つサウナ大番。新宿二丁目と上野にも支店がありますが、いわゆるアッチ系のサウナなのでノンケの人は間違っても入ってはいけません。裏浅草は新宿二丁目、東上野と並ぶ東京三大同性愛街の一つであり、ゲイバーなども多いと聞きます。

image

 何かネタが無いかとよく見に行ってるねりうまブログ様を覗いてみたら、非常に気になる写真が。写り込んでいるマンションをヒントに探し当てました。言問通りを越えた先にあった凄まじい廃スナック。

image

 その脇の路地にも廃スナック街が続きます。浅草周辺は主に東側と北側にスナックが散在しています。

image

 しかしこの辺りは特に終わってる感が半端ない。

image

 浅草のスナックは特に一区画に集中している事もなく、住宅街と混在しております。その軒数の多さたるや、浅草の奥深さを思い知らされます。

image

 碁盤の目のように路地が張り巡らされているため全てを歩き潰す事は難しいですが、何軒ものスナックが元気に営業されている区画もあります。全く警戒しない猫。貫禄があります。

image

 住宅街なので立派な銭湯、曙湯もあります。

image

 場外馬券場のウィンズ浅草へ戻ります。と思ったら違う!ここはウィング浅草だ!ここってノミ屋じゃね?www

image

 ウィンズ浅草の向かいに有った名画座跡(現在パチンコマルハン建設中・以前はアッチ系のハッテン場でもあった)の裏手の路地。ここに渋い安酒屋街を見つけました。ホッピー通りが観光地化され、ギャンブル親父達は何処へ追いやられたのかと思ってましたが、こんなところに安酒屋が残っていたとは。

image

 老舗感漂う立ち飲み『安兵衛』。いかにも浅草といった雰囲気の常連さんたちが陽の落ちる前から飲んでます。

image

 生400円、割り物250円〜、串物100円〜、アジフライ150円などなど。

image

 近くには角打ちもあります。酒屋オオタキに併設された立ち飲み『大瀧』。小瓶280円、割り物(25°)320円。ツマミは缶詰めや柿ピーなどの他に、コハダやお新香、冷奴などもあります。
 店内には撮影禁止の貼り紙が。とは言っても浅草のこの界隈は訳アリの人が多いので、どこも基本、店内撮影禁止です。トラブルなどが有ったのでしょう。

川崎市川崎駅東口、線路沿いの危険地帯

 JR川崎駅のほど近く、東海道線の下を潜るガードがあります。‌‌

IMG_4191

 ガードへと下る車道の左脇には並行して歩道も下り坂となっており、歩行者は通常こちらを通って行きます。しかしこの下り坂のさらに左手、つまり線路側には車が入れる私道があり、その一番奥は階段となっており、ガードを潜る歩道へと合流します。

IMG_4181

 スロープとなっている歩道は新しく敷かれた物らしく、昔、歩行者はこの階段を通っていたと思われます。つまり、階段へと続く導線は現在人が通らない場所となっています。

IMG_4188

 前置きが長くなってしまいましたが、この階段を下る手前で振り返れば、線路と並行して狭い路地が目に入ります。

IMG_4187

 今にも崩れそうなバラックに挟まれた路地はちゃんとした街灯も無く、夜になると闇に包まれます。しかし、この路地には明かりが漏れる場所が二ヶ所。店らしき場所に怪しい男たちが吸い込まれてゆく。
 中を覗けば競馬中継の映し出される大画面の前にいくつもの椅子が並べられ、椅子に座る男たちの手には競馬新聞。いわゆるノミ屋という、違法賭場です。このような場所は、横浜寿町で目にして以来、二度目となります。

IMG_4186

 カメラを構えるたびに通行人が現れ、撮ってはコソコソと逃げるを繰り返しました。まさか、こんなにも人が頻繁に出入りするとは思ってもいませんでした。また、上の写真に写り込んでいる紳士は白コートに帽子。ギャングかよってくらいベタな出で立ち。
 雰囲気としては、二十年ほど前の新宿駅南口東側の階段脇バラック地帯を彷彿とさせます。詳しくは謎ですが、恐らくはヤの付く人たちの敷地かと想像できます。
 再開発の進む川崎駅の、エアーポケットのような場所。

IMG_4185

 路地の奥は住宅と廃墟と飲み屋。ここまでディープな店は、さすがに突撃する度胸がありません。

IMG_4184


にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

神奈川県横浜市、寿町のドヤ街

 石川町駅近く、寿町という地域が横浜のスラムで、東京の山谷、大阪の釜ヶ崎と並ぶ日本の三大ドヤ街と呼ばれる街です。JR根岸線石川町駅の東側は中華街、西側はドヤ街の寿町と言った位置関係にあります。
 大通りを隔てた向こう側には路上駐車など全く無いのに、こちら側にはオニのように車が停まっている。ここは治外法権か!? 車だけでは無い。路上で寝てる人もいる。噂では結核が蔓延してるらしい。

画像 006

 ボロアパート覗くと廊下の両側に狭い間隔で扉がズラーっと並んでいる。うなぎの寝床のような、いわゆる簡易宿泊施設というやつです。初めて訪れた頃は冬場だったため、路上でドラム缶に火をくべて暖をとっていました。最近やっと焚き火禁止が徹底されましたが、それまではまるでニューヨークのダウンタウン。

画像 013

 街には老人や浮浪者、仕事にあぶれた日雇い労働者たちが徘徊し、大阪の西成ほど雑然とはしてないものの、浅草の山谷に比べたら随分デンジャラスな空気。ヤの付く方々の事務所も多い事もあり警察が入ってこれないため、治外法権地帯となっているのが原因と思われます。酒屋の倉庫などは特に厳重な守りを固めております。

画像 014

 街の中心には廃墟のような姿を晒す寿町総合労働福祉会館(上層は市営住宅)が建っておりますが、そこは浮浪者の巣窟と化しており、果たして機能しているのか疑わしい。福祉施設もあり車椅子率が異様に高い。仕事で怪我をして働けなくなった貧困層の人々も集まって来てるようです。
 以前露出プレイネタのとあるエロDVDの撮影に、深夜のこの街が使われてました。この辺りをシマにしているヤの付く方々と関係があるのかも知れませんが、無法地帯甚だしい。

画像 007

 街の中にも居酒屋やスナックは点在してますが、街の西端に飲食店の密集するバラック群があります。写真奥の高速道路の向こうは丘陵地帯で、上流階級の住む山手。街の造りというか地形というか、大阪の飛田新地をちょっと思い出しました。

画像 009

 二列並ぶバラック群の中央を狭い路地が貫いております。なんとも薄暗い。この街の住人の殆んどは老人や日雇い労働者ですが、スナックのママらしき女性も希に見掛けます。

画像 015

 この地区が治外法権である事を最も如実に語っているのが、何軒も点在するノミ屋の存在です。元締めはヤ○○屋さんでしょうが、賭場が白昼堂々と開かれている街など、全国探してもそうそう無いと思われます。
 どうにか隠し撮りに成功しましたが、決して真似はしないように。(笑)

IMG_3621

 石川町駅の近く、中村川に長年不法係留されているダルマ船があります。

IMG_3622

 このダルマ船、右向きの方々の事務所として使われているとか。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。

■ 温泉リスト(PC版) ■
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ