トンネル

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

千葉県茂原市(3)、押日地区の素掘り隧道群

先月、旧・海軍茂原航空基地跡の掩体壕群を巡った際、最後に地下壕跡を探しに丘陵地まで足を伸ばしました。地下壕こそ竹藪に塞がれ発見出来ませんでしたが、道すがら素掘りの隧道と出会いました。

ACA53509-686A-44B2-B8CC-E5EA7C95B676

写真は先月、まだ暑い盛りに訪れた御領隧道。暗いし圧迫感あるしで、かなりビビってしまいました。
Google MAP

41555F7B-89FE-49F2-812B-ED3F4CA0A567

千葉県に素掘りトンネルが多い事は知っていましたが、よくよく調べてみるとこの茂原市に密集している地域があることを知りました。そこで今回は特に密集している押日地区を訪れてみます。

236A01B7-9D3B-41E8-BC16-14513E2719FF

立派な屋敷ですが廃屋でした。丘陵沿いには古くからの農家が点在していますが、過疎化や少子化などで離農される方も多いようです。押日地区は御領隧道があった豊田地区からゴルフ場のある丘陵を挟んだ西側。茂原駅から路線バスもあり訪れ易いです。

BCED8F41-473F-4350-962B-B8AACDA4BF0B

さて、隧道巡り開始します。バス通りである茂原街道から右手、北へと入ります。早速穴を目にしますが、これは倉庫か何かとして掘ったと思われる穴。房総半島は砂岩質が多く比較的簡単に掘削出来るため、古くから地元の方が自分で穴を掘りまくったという歴史があります。

F8ABCD81-772D-407D-AB0C-A2B39ECFC718

まずは茂原市街地から見て一番奥に位置する国府関地区からアプローチする戸田谷隧道。建設推定時期は1923年。
Google MAP

36FE6BF7-7CC1-4519-A3CE-B9F4D3F1C3B9

今回はヘッドランプを用意して来ましたがあまり役に立たず。やはりビビってしまいます。

AAAE3643-B5FB-4AFE-80A3-5F228D8B2B6A

天井が鋭角になっているのを観音掘りというそうです。

80ABB41E-C81B-4D37-B86E-3E4458E23213

抜けると押日地区になります。素掘りトンネルは基本的には生活道や旧道などで道幅も狭く未舗装も多く、車で訪れると地元の方の邪魔になることもあるので自転車あるいは徒歩をお勧めします。

707CCFC0-42A9-4483-8D9E-27A7F5BF097F

押日地区は水田地帯の中央の丘陵が新興住宅街として開発されています。

DE3875C3-EE9C-40A9-B3B0-63BF5C95DF13

その新興住宅街を囲むように田園と丘陵沿いに点在する旧家。隧道はこの地区を取り囲む丘陵から放射状にいくつも存在します。

8DBBBB1B-641B-4AD3-AD01-F3EA2F5BA4E6

坊谷隧道へのアプローチ。道が途絶えており、とりあえず開けた谷の奥へと進んで見ます。

749B42CE-4AA3-4A21-AC6C-317157F899E0

最奥部の藪の中に坊谷隧道発見!
いや、これいわゆる廃道じゃないっスか。無理!絶対無理!
Google MAP

37BBB073-D03F-4DFF-A219-D5408AE65F70

新興住宅街を右手に見ながら丘陵沿いの農村を茂原街道に向かって歩きます。すると左手に細田隧道へのアプローチが。

9E2CBCAF-3C90-449E-AC88-4EBD6CFD50E2

細田隧道発見。暗いなー。
Google MAP

79FEB7C4-5A98-43C5-8FFB-C1F4F0B7C328

く、暗っ!
怖っ!
トンネルの途中にLEDの街灯があるけど、S字を描くトンネルは入り口からすでに夜みたいな暗さ。誰か探索に付き合ってくれないかなぁ。

4A78FE52-E0A7-4601-AECB-8FB6EE31C43A

出口付近には雪だるまみたいな簡素な道祖神様が。ちょっと可愛い。

77BB235A-7E02-48CD-BD35-3E7B1FE667AD

細田隧道の南側出口。丘陵を越えた所も押日地区になります。

7D7B845A-CB53-44AB-8892-B27F0F08186E

隧道の左上には八幡神社があり、左下から右上への斜路は隧道が出来る以前の旧道です。すでに廃道となった旧道も撮ったのですが、暗くて手ブレしてしまいました。

70A066BC-4E22-4B48-A332-7BC5070C1B98

ひとまず猫に癒されます。

F8E8A588-E082-4057-BDB8-8C1006A0F160

再び押日地区北側の丘陵を目指します。この先で道は二股に分かれ、左に後呂隧道、右に猪喰隧道が有ります。いずれも丘陵の向こう側、坊谷堰の水源から広がる水田地帯に抜けます。

5640C31D-22E3-4B43-BDF7-5D47B0677589

まずは猪喰隧道へアプローチ。道の奥には闇溜まり。
Google MAP

5192D617-3CCF-444C-B047-CDAA3CE4DD41

そのまま深い切り通し。く、暗れーっ!
太陽光が差していれば苔生した切り通しが綺麗だろうに、闇が深すぎてヘッドランプが何の意味も持たない!

2BB90536-6064-4F10-9BBD-ECAC2339C3E5

こちらは左隣の後呂隧道。うん、短いし先が見えるし多少明るい。
Google MAP

A96128A3-45DD-4824-B03C-05AD50D279C1

後呂隧道の坊谷堰側出口。明治〜大正期に完成と推定されるが詳細は不明。

3A128A66-584C-4903-A816-F78BDE731D88

坊谷堰側の水田地帯。押日集落から隧道を通って農作業をしに通っていたのでしょう。

3DDE1E6C-C5D8-47BC-96BA-DEFB871085BD

押日第一第二分水と書いてあります。

D4C3B126-8FB0-4CB2-A53A-BB16709A4788

押日集落から丘陵の下を水路が通っているのでしょう。

74D94432-CF64-4A21-8F06-E4E3F104F41D

さて、こちらは猪喰隧道の坊谷側のアプローチ。

97852C42-183E-4632-ADB7-216D4EB32C33

猪喰隧道坊谷側出口。
ええ、そうです。猪喰隧道のあまりの暗さにビビって通り抜けられなかったんですよ!
この猪喰隧道も明治〜大正期に完成と推定されています。

46968E4B-FF4B-4FE8-BD88-096585A9509A

坊谷側を茂原街道に向かって下って行くと、右手に花立隧道へのアプローチ。

DF914AED-E6F9-414F-9AEC-3911874342F8

花立隧道。昭和10年頃に完成と推定されますが、すでに廃道となっております。抜けた先の押日側もえらい廃道なので、行きません。敬愛するサイトの「山いが」さんみたいなオブローダーじゃないし。そもそもこのブログのタイトルには散歩って書いてあるし!
Google MAP

A87DEA0D-4B18-4E18-AC2F-090276A8293F

坊谷の水田地帯を下ると緑園台という新興住宅地があります。写真左手は押日側の丘陵地で、外側の造成地は建設が中断された模様。

11641349-3519-4ECF-A2B9-2A6871F0D1AB

その丘陵沿いに歩くと狸谷隧道が有ります。
Google MAP

53C3B2A9-F1C3-4974-B4F7-70C468B31005

明治〜大正期に完成と推定。現在も生活道として使われているようで、途中にはLEDの街灯が。

F2365C36-7228-41F0-984B-B814FE5B2CBF

フフン、余裕で通り抜ける。
……んー、何やってんだろ俺、ってちょっと思った。

04B371DB-40B1-4E50-8126-F31E50BFC75A

狸谷隧道の押日側アプローチ。

4342796E-FCB5-4459-B8D6-2EAF67824E5C

押日側に出てすぐ右手には、先程坊谷側から見た廃道の花立隧道へのアプローチがあります。

96E4C376-BF82-438E-A918-4CF026330AA4

アプローチったって廃道です。藪漕ぎは嫌いですが、これくらい背が低ければ行ける。

424C2C0A-BDD8-4C74-84F8-1B096647F1CF

ぐはっ。そりゃ通り抜けられないさ。花立隧道の押日側出口。
このまま押日側に出ると次に訪れる隧道へ遠回りになるため、再び狸谷隧道を通り坊谷側へ戻ります。

DD360B2A-6E24-4909-86E4-947094139BDE

緑園台住宅から茂原街道に向かう丘陵沿いの道には、いくつかの謎のアプローチがあります。隧道ではなく丘陵の上を乗り越える廃道でしょうか。

A68CE66C-6F4B-40E6-A4F0-BEB4E79B020B

やがて右手に見えて来た野本隧道へのアプローチ。
Google MAP

A01AAE7B-2B83-4B7C-8C55-BBEFAEF1547A

ハイ。廃道ー。抜けた先はエラい事になってます。

D4A954FD-0EE3-4F0D-AB87-32AE2351CAB6

抜けた先の左手の竹藪をガシガシ登って行くと木生坊隧道があるそうですが、行きません。木生坊隧道の坊谷側出口も探して見ましたが、怪しい箇所こそあるもののジャングル状態だったので断念しました。

そんな訳で8箇所の隧道を巡って来ましたが、冬の晴れた日なんかの方が良かったのかもしれません。
今回は途中パラパラと小雨に見舞われるような曇り空で、昼下がりにも関わらず夕方ぐらいの暗さがありましたが、それを差し引いても陰鬱とした雰囲気がありました。この雰囲気だけで何の根拠も無く神霊スポットとされる場所は多く存在しますが、湿気が多く苔むしており、なおかつ切り通しによる圧迫感は恐怖心を煽ります。自分がただのビビリィなだけかも知れませんが、房総半島の雰囲気って他の地域と違った独特な雰囲気があるのは確かです。

神奈川県横須賀市、猿島要塞のレンガ建築と砲台跡

今更なのですが、メジャーな観光地でもある猿島要塞に行って来ました。多くのブログ等でも紹介され尽くされてますが、一度行ってみたかったんです。

AD6B5469-063A-49CA-A6D9-0D5A23428771

島を離れる時の写真であると航跡で思い切りバレてしまいますが、猿島は横須賀の三笠公園から一時間毎に出航する船に乗り10分ほどで到着してしまいます。

AD629738-CE00-424C-BB95-6FA556E31364

着くなり島内の至るところが歴史的価値のあるものだらけです。10:30の便で20名ほど、平日の午前中にもかかわらずの盛況ぶり。浜辺でのBBQ目的の団体もいましたが。

19759382-A32F-44BF-9E92-0DFDBE0F5A7B

最初に出迎えてくれるのがこの発電所。明治28年建造で当時は蒸気機関による自家発電だたとか。現在も自家発電として機能しています。

F31BE003-025B-4E12-8F7C-02B56124B3B5

切り通しを登って行くと右手に兵舎が。猿島は幕末、外国船から江戸を守るための台場として開発されました。砲台は太平洋戦争終結まで存在しましたが、レンガ造りの建造物は明治中期のもの。

BF00D8E4-2255-4A12-84CA-375698946321

切り通しはウッドデッキが敷かれとても歩きやすくなっています。右手前にあるのは弾薬庫。

A44FF04F-AF26-4ECA-B667-8C9033F2C1D1

こちらは随分と蔦に覆われていますが兵舎です。雰囲気はめっちゃあります。

F333182B-A858-44E2-BA39-DA0647139761

ここのレンガ造りはフランス積みと言い、明治20年頃からはイギリス積みが主流になったため非常に貴重なものだそうです。ちなみにここはトイレの跡。

CB3CC20E-563D-4134-93FE-0920EA487573

しばらく歩くとトンネルが現れます。ここの切り通しの石垣はいつの時代のものだろうか。苔がいい味出してます。

FB090EEE-5199-4115-8673-D0F56071803A

赤レンガが美しいトンネル。このトンネルの途中から横に入れば、立入禁止ですが地下壕の司令所などもあるそうです。

F1D00886-4D6E-4F2E-B8F4-16505B2E5CF6

こりゃ歴史的価値以上にフォトジェニックっていうヤツですね。インスタなんかで広まって観光客が多く訪れるようになったっていう。奥に見えるのは弾薬庫跡で、その向こう側に抜けられるようになっています。

DDD64E2B-F561-4E65-B632-EC07250CC432

トンネルを抜けると道は右に折れます。奥にトンネルがありますが、現在法面工事に伴い通行止め。先程の弾薬庫から砲台側に抜けて行きます。

5FFF529E-5F37-4462-B513-F1CDA8479BD2

弾薬庫を抜けた反対側出口はこんな感じ。ラピュタの世界なんて言われたりもしているようですが、どうもその言い方、個人的には気に食わなかったりします。

7F2DEBF1-678C-429D-9B24-9CB7C123DE3D

海沿いに抜ければいくつか砲台跡があります。

EC1EA66F-BC69-4EE0-9F85-4B979C670014

東京湾防衛と言えば観音崎砲台や海上の第一〜第三海堡、富津岬や館山の大房崎、洲崎などがありますが、結局どこの砲台も火を噴く事はありませんでした。もし終戦が遅れて本土上陸作戦が実行されたとしても、駿河湾と鹿島灘から上陸する計画でした。

C0143A6C-BC40-48B6-8482-68787632C507

こちらも砲台跡。太平洋戦争時の高角砲が設置されていました。元々東京湾に侵入してくる軍艦を迎え撃つために建設された猿島要塞でしたが、時代は飛行機、しかも高射砲も届かない高度一万メートルをB29が飛来して来た訳です。

18069295-DD77-4945-8CE8-ADCACC4D7BA2

こちらも砲台跡です。猿島については資料も少なく、実際幕末から明治、大正、昭和と、どの局面でどこに砲台があり、どのように変革して来たのかはっきり分からない部分もあるとか。もちろん現在残っているコンクリート造の遺構はほとんどが昭和に入ってからの物と思われますが。

5537A2AC-86BD-4DA9-ACE0-523104C0CB1F

こちらは廃墟的にもカッコいいのですが、展望台と言われています。確かにトーチカにしてはコンクリートが薄いですが、下部の窓なども含めどうしてもただの展望台とは思えません。見張り台と言われれば、しっくり来ますね。

9EF1F888-7450-4389-BAA3-BE80AC7BC535

そんな訳で、一時間の滞在で戻って来ました。帰りの船は11:45発でしたが、来た船は往路の倍ぐらいの乗船率で、早めに来て良かった。猿島へ渡る船は記念艦三笠の艦尾から出ています。三笠の内部も非常に見応えがあるのですが、昔見たので今回はスルーします。

F722C1B1-9E6C-4806-A1A6-983DA24C41CA

昼食は昔何度か訪れたhoney bee。米軍基地の正面にあるピザとタコスとハンバーガーの店ですが、近年メディアに露出して行列が出来るようになってしまいました。

F3581F6C-FFD5-4DD2-A115-F728ED5E4362

この日もほぼ満席でギリギリ座れた感じ。チーズバーガー美味いし良い店です。
さて、午後は横須賀軍港巡りの遊覧船に乗ります。

静岡県熱海市(9)、山にめり込むヘアピンカーブ

およそ一年半ぶりに熱海へ行って来ました。

IMG_1145

ついに旧駅舎も建て替えられて完成した熱海駅。観光客の数も年々増加しているように思えます。

IMG_1063

駅から市街地へと下る途中、来宮方面へ向かう山沿いの道を入って行ったところ。山を登っていく非常に狭い道があります。

IMG_1064

今回の目的はここ、野中山トンネル。私が敬愛するサイトの一つ「山さいがねか」様で紹介されていた記事を読み、ぜひ一度行ってみたいと思ってました。

IMG_1086

狭くて急な坂道を少し登るとすぐトンネルの入り口です。しかしすでにトンネルの姿として異常。

IMG_1067

斜度は急なまま、トンネル内で180度ターン。

IMG_1072

あっと言う間に出口。この坂道、行き止まりなのに意外と車が通ります。もちろんすれ違いなど出来ません。

IMG_1078

坂の下の方を振り返ります。怖いくらいの下り坂。タクシーの運転手さんも通った事が何度かあるそうですが、ここは行きたくない道だと言ってました。※奥の人影は連れであり、おばけじゃありませんwwww

IMG_1071

この衝撃はなかなか写真では伝わりづらいのですが、特にコーナーのイン側の斜度が鬼。

IMG_1070

そのイン側を見てみれば、トンネルというよりコンクリートの柱です。
なんて言うか、もはや変態!
こんな場所に来て喜んでいる私も然り!(笑)

IMG_1084

トンネルを抜けた先も急坂は続きます。へばり着くように建つ民家が崖から迫り出している。熱海の山間部はこのような無茶な道が多いのですが、ここの無理矢理造った感はトップクラスかと思います。

IMG_1082

その先のヘアピンも鬼です。坂の上には実業健康保険組合の保養所サンライズ熱海やリゾートマンションの野中山マンション、リラックスリゾートホテルなどが斜面に建っており、程なくして行き止まりとなります。しかし考えてみれば道の奥のマンションやホテルなどは、建設工事や改修工事の際、2トントラックでも厳しそうなこの坂道をいかに登って資材を搬入したのでしょうか。

IMG_1097

今回も宿泊は竜宮閣さん。宿泊は2回目、1回だけ立ち寄りで入浴。温泉好きの中でも特にマニアな方々もさる事ながら、昭和建築マニアの間でも竜宮閣ファンは居るもので、この日も日曜日の夜なのに他にも宿泊客がいらっしゃいました。

IMG_1103

お風呂には黒い綿状の湯の華が大量に漂っており、相変わらず極上のお湯でした。

IMG_1118

夜は湊町まで降りて海沿い、飲食店街菊川会館のL字通路にある居酒屋へ。昔はスナックだったのでしょうか、カウンターのみの狭いお店が軒を連ねています。この通路のお店はオーナーが一緒のようで、魚介担当、肉担当、ドリンク担当などと役割を分担させながら、メニューを共通にしているようです。

IMG_1121

入ったお店は魚介担当。ドリンクや肉料理は他の店から運ばれて来るという、面白いシステム。クリームチーズにイワシ節と醤油をかけた横丁チーズや、ニンニク油で煮込んだ鳥皮など、酒が進むメニューが豊富。そしてしばらく飲んで居ると花火の音が。

動画(You tube)

居酒屋を出ると目の前で花火が上がっていました。熱海の花火大会は30分ほどの短い物ですが、年間を通して18回も開催されています。また30分だからと言ってショボいわけでもなく、内容の濃いい素晴らしいものです。つまり花火大会がメインではなく、美味しい海鮮料理食べて温泉に浸かって、散歩がてらにビール片手に海辺で涼んでいると花火が上がる、あるいは海の見える部屋や露天風呂などで寛ぎながら花火を眺める、と言ったスタンス。私も居酒屋で飲んで店を出たところでビール片手に花火を眺め、終わったら同じ居酒屋に戻りました。

IMG_1135

4年前の春に訪れたスナック「シーレディー」さん。第一交通タクシーの運転手さんに教えてもらった第一交通の二軒隣のスナックで、地元の人しか来ないようなお店なので観光地価格ではないため安い。地方のスナックに再訪するたび潰れてないか心配になりますが、残っていると安心します。

IMG_1148

翌日、昭和町にある和田タバコ店を訪れました。ここは駄菓子屋に置いてあったレトロゲームの博物館のようになっており、しかも全て実際に遊べます。店内は一切撮影禁止ですが、10円玉をパチンコみたいに弾くやつとか、国取り合戦ゲーム、ルーレット、スーパーマリオの元祖である駄菓子屋筐体からインベーダーまで、懐かしいゲームの宝庫でした。
その後はMOA美術館の北斎展を観て、今回は帰りました。

静岡県熱海市(1)、昭和の熱海、竜宮閣・日航亭大湯
静岡県熱海市(2)、観光産業の光と影
静岡県熱海市(3)、今に残るカフェー建築
静岡県熱海市(4)、来宮の山沿い〜山田さんちの山田湯
静岡県熱海市(5)、2015年末で閉鎖される水口第一第二浴場
静岡県熱海市(6)、坂の途中の建築物と海沿いの廃墟
静岡県熱海市(7)、旧赤線地帯再訪〜渚町
静岡県熱海市(8)、龍宮閣に再訪・福島屋旅館・駅前浴場
静岡県熱海市(10)、熱海花火大会2019〜熱海パサニアクラブ

港区高輪、提灯殺しトンネルこと高輪橋架道橋

 やたら天井が低くてタクシーの屋根の上に乗っかっている提灯が擦れそうになる、一部では超有名な通称提灯殺しのトンネルこと、高輪橋架道橋に行ってまいりました。

IMG_1502

 JR品川駅と田町駅の間、品川車両基地の下を地下鉄泉岳寺駅から高浜橋方面へ東西に貫くトンネルがあります。

IMG_1509

 泉岳寺側から、いざ突入。
 トンネルと言っても実際はガード下にねりますが、車両基地の下なので230メートルあります。

IMG_1511

 高さ制限は1.5m。実際は私が直立して頭を擦らないので、1.7mぐらいでしょうか。タクシーの提灯がスレスレです。

IMG_1518

 車道は泉岳寺側から高浜橋方面への一車線一方通行。左側には人がすれ違えられるくらいの歩道があります。

IMG_1519

 交通量は多く、意外にもひっきりなしに車が通ります。その七割はタクシー。確かに品川駅周辺は、東海道線や山手線を始めとする各線の、第一京浜側から湾岸側へと抜けるルートが非常に少ないです。しかも品川駅南側を跨ぐ陸橋には京急の踏み切りが立ちふさがっているため、よく渋滞しています。

IMG_1521

 歩道も人の往来が非常に多いです。線路と車両基地により分断された東西の交通事情を改善するためにも、品川駅北側の再開発が急がれています。

IMG_1531

 背の高い人はずっと首を傾げて歩かなければならなりません。自転車も前屈みに乗らなければ頭が擦れます。

IMG_1523

 車道の途中には反射板が。速度を落とさせるためでしょうけども、普通に跳ねて提灯が破壊される事を狙ってんじゃないかと思ってしまいます。

IMG_1526

 いよいよ出口です。長い圧迫感からやっと解放されたって感じで、タクシーも緊張から解き放たれる。

IMG_1525

 同時に横から猫も出て来た。

IMG_1530

 一体いつからここにあるのか、詳細は分かりませでしたが恐らくは東海道本線の開業当初からあるのかと思われます。

IMG_1533

 品川駅北側エリア再開発と品川田町間新駅建設によって、将来的にこのトンネルは無くなってしまうと言われています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

神奈川県横浜市、保土ヶ谷区、大原隧道と東隧道

 私はよくカラオケに行くのですが、カラオケのイメージビデオでたまに気になるロケ地なんかがあります。そのひとつで歩行者専用トンネルの映像があるのですが、場所を調べて行って参りました。

IMG_1349

 京急南太田駅より山を登ったところに清水ヶ丘公園があります。その下を貫くようにして保土ヶ谷方面へと抜けられるトンネルが、この大原隧道です。

IMG_1363

 このトンネルはもともと、関東大震災によって壊滅的ダメージを受けた水道管設備を再整備、復興するため、昭和三年に造られた物だそうです。

IMG_1355

 全長254メートル。歩行者専用トンネルとしては以前川崎港トンネル人道を訪れましたが、全然あそこほど長くはありません。ただ、天井が低く幅も狭く圧迫感はあります。

IMG_1364

 このアングルです。カラオケによく行かれる方などには、この光景に見覚えのある方も居るかも知れません。このトンネル、もともとは埋設された水道管の管理用トンネルだったのですが昭和47年、清水ヶ丘の公団住宅が完成されると、住民たちの要望によって一般人も通行出来るよう整備されたそうです。

IMG_1367

 こちらは保土ヶ谷側の出入り口。フランス積みされた焼き付けレンガと御影石の門柱が威風堂々としています。

IMG_1370

 清水ヶ丘公園から保土ヶ谷駅へ坂を下る途中、大原隧道と時を同じくして同じ目的で造られたトンネルが、もう一本あります。

IMG_1371

 こちらは東隧道と言い、車両も通れる広いものとなります。しかし、歩行者も車両の通行量も多く、歩くとちょっと恐いです。

IMG_1373

 こちらは保土ヶ谷駅側の出入り口。復興建築とも呼べる堅牢な造りです。ついこの前起こった千葉のトンネル内崩落のような事故は、まず起こらないでしょう。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ