スナック

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

栃木県宇都宮市(3)、赤線跡〜江野町横丁再訪

宇都宮は幾度か訪れていますが、ちゃんと街歩きはしていませんでした。JR宇都宮駅と東武宇都宮駅の間、市内を横切る田川の東武寄りが宇都宮の中心街となります。その繁華街を流れる小川、釜川の周辺。特に二荒町界隈がかつての赤線地帯と聞き訪れました。

IMG_4376

釜川沿いは枝垂れ桜が見事に満開。角の建物もリノベーションしているものの元々は赤線だったのでしょうか。

IMG_4367

しかし赤線時代の面影はほとんど残っていません。ただ、その後チョンの間のような形態で存続していたんだろうと思われる名残りは多く見られます。

IMG_4366

一つの建物に幾つもの玄関が並び、なおかつ飲食店などの店舗だった訳でもなさそうな感じ。

IMG_4369

川崎の堀の内などでは未だに見られますが、明らかに違和感を感じる造り。

IMG_4374

この界隈はかつて河原町と呼ばれ、賑わっていたそうです。玄関が二つありタイル貼り。明らかにその手のお店だったのかと。

IMG_4371

結構空き地や新築家屋なども多く、昔はもっとカフェー建築っぽい物もあったのでしょう。

IMG_4362

そんな旧河原町の真ん中に残るビジネス旅館「千歳旅館」。一泊素泊まり3800円と安く、何より立地条件が良い。ビジネス旅館は主に出張や工事関係者が長期宿泊されます。そのため宿泊予約サイトなどにも情報が出ておらず、観光協会まで把握していない事も。

IMG_4361

そのため地元の工務店やゼネコンなどの紹介や口コミなどで宿泊予約される事が多く、私も実際工事で地方出張した時に会社の紹介でビジネス旅館に泊まった事があります。今回はGoogle検索から直接電話で問い合わせて予約しました。

IMG_4358

部屋は四畳半5部屋と六畳2部屋(多分)。観光で来てるのに狭くて申し訳ないとばかりに、4人に対して3部屋も用意してくれました。狭くても全然いいんです。敢えてのビジネス旅館なんですから。そしてこの宿、果たして赤線的な物からの転業旅館であるのか。女将さんが気さくすぎて、なんだか聞きづらくなってしまいました。

IMG_20190413_194134

夜はアーケード商店街オリオン通りの居酒屋へ。なんか昔来た時より賑わっているような。宇都宮は都心にも近いからか過疎化と縁が無いのかも知れません。

IMG_20190413_220110

ほろ酔い気分で江野町横丁に。ここは2009年9月と2010年4月に訪れて以来、実に9年振りの再訪です。

IMG_20190413_220219

しかし、なんか明るくなっている。以前は風俗店一軒とスナック 二軒、謎の店が一軒のみの場末中の場末路地裏だったんですが、新しい店が数軒出来て街灯も設置されている。再開発で消滅している事も覚悟しつつ訪れたので、活性化している事が嬉しい。

IMG_20190413_220131

9年振りのスナック加代。残ってた。残っていてくれた!

IMG_4412

大ママはすでに80代前半。チーママは他所に行ってしまったとか。最近足も悪くなってしまった大ママですが、昔からの常連さん方が手伝いながら通ってくれているので、店は開けないとね、とのこと。54年間水商売を続け今の場所でも34年続く大ママ。次に来るのはいつになるか分からないけれども、いつまでも元気に続けて行って欲しいです。

大分県別府市(2)、市街の歓楽街と竹瓦アーケード

繁華街の広がる別府市元町の東側、海寄りの地区を歩きます。

IMG_3647

新宮通りの南側に一本入った路地を歩いて来ましたが、途中二本のアーケード商店街と交差します。

IMG_3697

二本目のアーケード商店街は「セルパセオ銀座」。

IMG_3650

アーケードを越えて海側へと進みます。間口の狭い店舗が軒を連ねる。

IMG_3658

猫も多く見かけました。

IMG_3662

外装を改修しなければ、こんな雰囲気。

IMG_3663

海岸の手前に明治12年創業の共同浴場、竹瓦温泉(次の記事で紹介)が有るのですが、その周囲を現役の風俗店が取り囲んでおります。

IMG_3670

竹瓦温泉の向かい正面に、日本最古の木造アーケード「竹瓦小路」が残っています。

IMG_3672

このアーケードは大正10年12月に完成したそうです。

IMG_3673

現在はほぼシャッター商店街ですが、かつては竹瓦温泉の入湯客向けの土産物店や飲食店などが軒を連ねていたそうです。

IMG_3680

元々は旧別府港から竹瓦温泉まで雨に濡れないよう歩けるのが目的だったとか。

IMG_3674

木造の梁は当時のまま。電線のガイシもかなり古いものです。

IMG_3681

アーケードは途中海の方へと抜けられ、丁度T字の形をしています。

IMG_3696

T字を出たところ。駐車場を隔てて海沿いを走る国道10号に出ます。

IMG_3716

共同浴場などを巡りつつ、夜の繁華街へ。居酒屋で湯上りの生ビールなどを飲みつつ。

IMG_3717

昼間巡った新宮通り南側は風俗店以外真っ暗で、ほとんど営業してませんでした。なので新宮通り及びその北側へ。

IMG_3718

こちら側も渋い路地裏がたくさんありました。開いている店も多く、人通りも多少賑やかです。

IMG_3720

そんな中、一軒のスナック「花実」に突入。

IMG_3938

観光客向けではなく、あくまで地元の人向けのスナック。当たりです。時間制限無しのカラオケ無料、チャージとボトル代のみが料金となります。こういう店をいつも探している。地元の先輩方と仲良くなりカラオケ歌って別府の夜は更けて行きます。しかし、九州のカラオケは長渕剛率が高いwww

【日記】のんびりと草津

今回は終始余談ばかりです。

現場が一つ落ち着いて、たまたま平日に二連休。どこかゆっくりと温泉にでも行こうかなんて思い立ちました。
さてどこ行こう。一泊だしそんなにお金も掛けられないので関東甲信越。熱海か、中央高速バスか、関越道高速バスで群馬方面か、はたまた那須塩原、鬼怒川……そうだ、長野県松代の象山地下壕とか、加賀井温泉一陽館とか、長野電鉄の廃線跡とか、行きたい場所がたくさんある松代周辺なんかいいかも。
そう思い早速高速バスの料金や現地での移動手段、路線バスの路線図やレンタルサイクルの有無、タイムスケジュール、宿泊施設のアクセスと料金なんかを調べ始めました。しかしどうしても周辺での安い宿が見つかりません。いっそ戸倉上山田温泉とか湯田中温泉とかに泊まっちゃおうか。
いやいや、ちょっと待て、今回はゆっくりと疲れを癒しに行くのだから、ガチでどうする。

何も考えずに行けるところ。草津なんかは泉質もいいし安い定宿もあるし、高速バスで片道3500円ぐらいだし。

IMG_3252

てことで行って見たらめっちゃ紅葉!

IMG_3216

考えてみれば草津、過去に立ち寄り1回、泊りがけで6回も来ています。今回も宿泊は素泊まり4000円のペンションはぎわらさん。通算4回目でほぼ定宿です。

IMG_3223

ホテル桜井の裏を湯畑方面へと降りて行く途中、外湯「翁の湯」に浸かる。湯畑源泉はやはり優しい入り心地で落ち着きます。外湯は全19箇所ある内の11箇所しかまだ制覇しておらず、今回新たに外湯開拓しようかなんて考えも浮かびましたが、いやいや、今回はとにかく楽に無理せずを心掛けようと。

IMG_3227

とても泊まれない高級旅館に見とれてしまいます。泊まれる文化財建築は何軒かありますが、そういう宿に限って2〜3万。ただ、日帰り入浴を受け入れている宿も多いので、今度そういったお風呂を廻る内湯巡りに挑戦するのも良いかも。

IMG_3236

まぁ、とりあえず定番の白旗の湯に浸かる。湯畑源泉、万代鉱泉、地蔵源泉、煮川源泉、わたの湯源泉、様々な源泉に浸かって来ましたが、やっぱり白旗源泉が格段に酸性度が強く、硫黄が濃く、ガツンと来るお湯です。

IMG_3238

白旗源泉と言えば、湯畑沿いに建ち白旗源泉を引く数少ない宿でありながら安い旅館、福寿荘がありましたが、なんと解体されて更地になっていました。ボロくて小さな宿で、そのうち泊まりたいなと思ってましたが残念です。
主人が引退されて息子が一時継いだものの続かず、結局売却してしまったとか。文化財建築は綺麗に残すものの、中途半端に古い昭和の宿は壊してゆく。観光地として成功している草津は新陳代謝も激しいので、それも致し方ないかなとも思います。

IMG_3255

風呂上がりに湯畑下の魚民で生ビール飲んでスナックへ。定番のコース。外湯、関の湯向かいに四軒並ぶ二階建てのスナックビル。以前右から二番目の「舞子」に行きましたが去年10月に店を閉めてしまったとか。なので右から三番目の「恵」に突入。地元と思しき方々がおり、値段もリーズナブルで、楽しい店。当たりでした。舞子を除くここの三軒はどちらも6年前にオープンしたとか。

IMG_3250

翌朝は宿泊しているペンションはぎわらさんで朝風呂。わたの湯源泉は相変わらず湯の花が豊富です。

IMG_3253

せっかく紅葉している事だし露天風呂に入ろう、ということで日帰り入浴施設の大滝の湯へ。煮川源泉はピリッと来るくらい酸性度が高いお湯。源泉投入口近くで新鮮なお湯を堪能しました。

午後2時半には高速バスに乗り草津を後にしました。多少渋滞もありながらも午後7時前には東京駅に到着。そのまま新橋の「南」で打ち上げ的な飲み。銀座で働くニューハーフ姉さんと同伴でショーパブ系のお店へ。
この、前日行った草津のスナックと銀座のニューハーフパブとの格差というか落差というか、なんだかクラクラしました。(笑)

群馬県草津温泉、温泉宿と日帰り入浴施設
群馬県草津温泉、外湯巡り(1)
群馬県草津温泉、外湯巡り(2)
【日記】草津温泉とスノボ
【日記】再訪、草津から伊香保へ
群馬県草津温泉、外湯巡り(3)
【日記】吹雪の草津でスノボと温泉とカピバラ

秋田県秋田市、場末の路地裏迷宮(後編)

IMG_2952

南に進みます。こちらは川反5丁目小路。

IMG_2954

さらに南の「みきょう小路。左半分が潰されて駐車場になってます。

IMG_2786

にゃー

IMG_2957

途中右手に袋小路。たまりません。

IMG_2793

にゃー

IMG_2960

みきょう小路の奥には通り抜けられる通路も。

IMG_2788

にゃー

IMG_2961

左側のシャッターは開くのでしょうか。

IMG_2791

て言うか猫多っ!wwwww

IMG_2967

一本西側の通りを北へ戻ります。すると右手にまた渋い小路が。

IMG_2964

千秋小路という長屋に挟まれた路地裏。夜に訪れたいとつくづく思います。

IMG_2968

ただ、外側を見るとすでに崩壊していました。
そんな訳で反町界隈。場末の場末って感じで、とても刺さりました。夜の反町へのリベンジを誓いながら、翌日は羽越線を南下します。

秋田県秋田市、場末の路地裏迷宮(前編)

大曲花火大会の翌日、レンタルサイクルを借りて秋田市内を巡ります。

IMG_2909

1995年の秋田新幹線開業を契機に駅ビルとその周辺を再開発。1997年には現在の駅舎が完成しました。

IMG_2911

駅前バスターミナルも秋田杉をふんだんに使った綺麗なもの。しかし駅正面に駐車場。再開発と同時に駐車場だらけの歯抜けの街になると言う、ゴーストタウン化も進み始めています。

IMG_2926

駅の近くには秋田市民市場があります。出展者親睦団体商栄会として戦後の昭和26年に発足し、以後協同組合となり昭和39年に現在の位置に移転。いわゆる商店街のような物ですが、現在の建物は平成22年に完成。

IMG_2914

中心街のある西口、南に歩いた中通り町、さっそく渋い建物が。中央から奥に抜けられるようになっています。

IMG_2919

駅前民謡会館という木造モルタル二階建ての長屋は、やってるかどうか分からないスナックだらけ。

IMG_2921

こちらもスナックビル。宿泊先のビジネス旅館の近くだったので行きたかったのですが、花火終わりで到着したのが深夜1時過ぎだったので今回は諦め。

IMG_2931

西口から真っ直ぐ進むと城跡にぶつかり、左手にお堀沿いに歩けば川反通りという三業地になります。とは言っても現在では芸妓も絶滅し、一軒の料亭が残るのみ。

IMG_2935

このモルタルの意匠など見事。

IMG_2938

こちらが唯一残る料亭「濱乃家」さん。大正7年創業。

IMG_2940

現在は中華料理店ですが、花街の名残りを色濃く残しています。

IMG_2942

こちらも花街の名残りか、郷土料理のお店。

IMG_2941

現在ではキャバクラや風俗店の多い歓楽街ですが、そこかしこに妖しげな路地が。

IMG_2951

南へ進んで行くと、かっぱ小路という長屋に挟まれた路地が。夜に歩けなかったのが口惜しい。

IMG_2944

入ります。

IMG_2945

これぞ場末(秋田)の場末(路地裏)と言った雰囲気で、マジかーと思わず声が出てしまう。

IMG_2949

袋小路の奥から振り向けばこんな感じ。ちなみにこの界隈はあくまで三業地であり、遊郭や赤線はさらに西の鉄砲町にあったそうです。帰ってからその事実を知り、ますますリベンジの必要性を感じる。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ