スナック

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

北海道帯広市(3)、横丁路地裏迷宮(後編)

 帯広の街は他の地方都市と同じように駐車場だらけの歯抜け状態となっております。テナントがことごとく廃業した事で空きビルとなった古い廃ビルはどんどん解体され、その後買い手の付かない空き地は手っ取り早く駐車場にしてしまうのでしょう。

image

 帯広駅から名門通りを北へ繁華街を抜けてしばらく行くと、広小路アーケード商店街にぶつかります。比較的新しいアーケードが東西に延びていますが、協力的な商店が少なかったのか非常に短く、しかも開いている店も少ないです。

image

 アーケードを抜けると、場末感が一気に高まって来ました。

IMG_2358

 左手前の路地、八丁堀。この辺りに来ると完全に地元の人しか訪れないスナック街となります。

image

 右側にはコの字型をした袋小路のスナック路地エイト。徐々に廃墟率が高くなって来ました。

image

 どの路地も共通してトイレは共同。どこも下水道が整備されていない同じ時代に建てられているのでしょうか。

image

 エイトの奥に並んでいる路地、いなり小路。こちらは向こう側まで通り抜けられるようになっています。

image

 敢えて昭和の雰囲気を演出するなど工夫しているからか、意外と生き残っている店が多いようです。

image

 更に奥へと進むと左手に新世界小路という路地。

image

 ここは北側の列だけが生き残っているようですが、営業している店は比較的多いです。

image

 新世界小路西側の入り口。ネーミングも看板も思い切り昭和です。

image

 名門通りから西に一本ズレた通りを北に進むと、左手にスナック路地の名残りが。向い側は新しいアパート、裏手は駐車場に囲まれており、昔のこの辺りの街の景色はどんな感じだったのかと想像を巡らせずにはいられません。

image

 最後に上の写真の向い側にある名称不明な横丁。

image

 ここは既に全滅し、廃墟化していました。

image

 コの字型をした袋小路の突き当たりから通りを眺めます。路面が砂利なのは最初からなのか、だとしたら凄まじい場末です。

image

 突き当たりには当然のごとく共同トイレ。営業していた時代に訪れて見たかったです。それにしても路地の数が半端ない。さらに帰ってからよくよくgoogleマップを見てみたところ、さらに北へ入って行くとまだまだ沢山の路地があるじゃないですか。帯広恐るべし。必ずや再訪すると誓いました。

川崎市温泉巡り(2)、有馬温泉〜千年温泉

川崎市温泉巡り(1)、溝の口温泉喜楽里~丸子温泉

 以前訪れた際、運悪く臨時休業だった神奈川県宮前区の有馬温泉へリベンジです。

image

 南武線武蔵中原からバスに乗り換え、中原街道を鷺沼方面へ。千年(ちとせ)交差点辺りからバスは多摩丘陵へと入って行きます。幾つかの団地を通り過ぎて鷺沼に着く手前、中有馬のバス停で降りれば、一見普通のマンションにしか見えない温泉旅館、有馬温泉に到着。兵庫県の超有名な有馬温泉と名前が全く一緒で泉質も近いですが、全くの偶然。こちらは古い歴史のある一軒宿です。

image

 日帰り入浴は1200円と少々お高いですが、お湯は素晴らしいです。川崎の温泉といえばどこも黒湯なのですが、ここは珍しく単純鉄冷鉱泉。加水無し塩素消毒無しで20度の源泉を41度程度に加温してます。浴室にはマイアカスリが何本も吊るしてあり、療養などで通い詰めている方も多いようです。常連の方が入って来ると必ず挨拶を交わしており、地方の共同浴場に来ているような気分になります。

image

 ライオンの口の形をした湯口からは源泉が常にチョロチョロと掛け流されており、酸化した鉄分で茶色く濁ったお湯には茶褐色の湯花が大量に漂っています。湯口の側には飲湯用のコップとペットボトルのキャップが二つ。後から入って来た常連の方はそのキャップに源泉を注ぎ、アイボンみたいに眼球を洗っていました。目にも効くのかな。僅かな滑り感のあるお湯に浸かっていると、じわじわと浸透して来る感覚。湯上りは鬼のように汗が止まらなくなります。

image

 中有馬から武蔵小杉行きのバスに乗り千年で下車。南武線武蔵新城駅方面へ少し歩くと温泉銭湯の千年温泉があります。しかし午後2時のオープンまで30分あったので、一旦そのままスルー。

image

 一緒に温泉巡りをしていた仕事の先輩(地元民)の奥さんが、近くのスナック『エム』で昼カラしてるとの事なので顔を出す。ここが、夕方5時まで男性2000円女性1500円で軽いおつまみ込み飲み放題歌い放題。安い! ちょっと顔出しだけのつもりが、ついつい……。気付けば5時!

image

 気をとり直して千年温泉に戻りました。

image

 本当は酔って温泉に入るのは良くないのですが、まあ、そんな時もあります。(笑)
 ここのお湯は多摩川沿岸でよく見る重曹泉を加温したもの。いわゆる黒湯です。しかし大田区の蒲田温泉並みに濃いいです。温泉浴槽は内湯の他に露天風呂まであり、この露天浴槽脇の蛇口を捻れば嬉しい事に冷鉱泉の源泉が出てきます。このような良質なお湯に浸かれて銭湯料金420円とはありがたい限りです。

【日記】長野の帰りに静岡へ寄る

 上諏訪で二泊して下諏訪からの帰り、休みがまだ有ったので真っ直ぐ帰らず、甲府から身延線で静岡に出ました。



 静岡駅南口から急遽確保したビジネスホテルまで歩いてゆくと、非常に気になる路地を発見。入船横丁という飲食店街です。しかし静岡に来たのは別の目的が有っての事なので、後ろ髪を引かれつつもホテルに荷物を置き、北口側の青葉通りへ。



 目的は過去二回訪れている 青葉横丁



 観光地としても有名になった静岡おでん横丁の手前にある、地元の人々が集まる路地です。



 二年前訪れた三河屋は満席で入れず。ここのアジフライが食べたかったのですが。



 そこで八年ほど前に訪れた、たこ八に入りました。ご高齢の女将さんの事が心配でしたが、まだ元気に店を開けてらした。ここで静岡おでんや蓮根のフライをつまみながら、粉茶で作る通称静岡割りを飲むのが定番コースです。



 静岡割りウマー。



 そして飲み過ぎた。



 最後のシメでビジネスホテル近くのスナックに寄りました。なぜか女装子がいて盛り上がるも、すっかり飲み過ぎて店名すら覚えてませんが、ボトルから見て多分スナック由美。

 翌日、静岡駅北口の回転寿司屋で遅い朝食をとって熱海へ。

IMG_20151017_135227727

 本当は年内で無くなってしまうという水口第一、第二共同浴場に行きたかったのですが、仮眠出来る所がいいと言う連れの要望を受けて、日帰り入浴施設を探しました。そして観光案内所で紹介されたのがこちら、日航亭さんです。

IMG_20151017_135204932

 ここが、昭和の熱海の雰囲気を残す元温泉旅館でした。

IMG_20151017_140652194

 素晴らしい建物です。建物の老朽化を理由に宿泊業務をやめて日帰り専門に切り替えてから、もう随分経つそうですが、実にもったいない。

IMG_20151017_140719497

 お風呂は離れになります。

IMG_20151017_140932389

 広い内湯、露天、共に源泉100%掛け流し。源泉温度が92度と高いため、加温無しです。

IMG_20151017_142146756

 露天と言っても屋根付きの半露天ですが、秋の風が実に心地良い。源泉は安保泉(熱海23号泉)で、ナトリウム・カルシウム・塩化物泉。熱海特有の舐めると非常にしょっぱいお湯です。内湯と露天の間でお湯を循環させる事によって、露天が冷め過ぎないよう工夫されてました。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

群馬県四万温泉、文化財建築の積善館

 四万温泉の積善館は以前より一度は泊まってみたいと思っていた温泉旅館で、今回その念願がとうとう叶いました。

IMG_0661

 すでにテレビや雑誌等で散々紹介されているため、群馬県各地の温泉街の中でもメジャーな観光地と化している四万温泉。温泉ブーム、秘湯ブームに見事に乗っかる事が出来たため、今でも多くの観光客が訪れております。

IMG_0662

 それでも廃業したお土産屋さんが出迎えてくれるのは、不景気に変わりないという事でしょうか。

IMG_20150518_103943521

 しかしこのような古い建築物がこのまま廃墟化してしまうのは非常にもったいない。

IMG_20150518_103715845

 それでも今まで訪れて来た水上や伊香保の裏側と違い、多くの人が訪れているぶん寂れた雰囲気はありません。メディアへの売り込みが上手かったのか、たまたまメディアに取り上げられたのか。

IMG_0680

 本来ならこのような「みんなが訪れる場所」は避けていたのですが、それでも訪れようと思ったのは積善館の素晴らしい文化財建築。映画『千と千尋の神隠し』のモデルとなった宿のひとつとしても紹介されています。この赤い橋なんかは特に油屋の前を連想させます。とは言え、千と千尋の神隠しのモデルは全国各地の温泉街に沢山あります。伊香保の石段街なども油屋まで続く街並みのモデルかも知れません。

IMG_0679

 しかしながら、日本最古の木造湯屋建築とも言われており、積善館もその古さを売りにしようと、保存に力を注いでいます。

IMG_0668

 大正時代に建てられた湯屋は源泉湧出地の上に建てられております。そのため浴室は天然の床暖房状態で、お風呂も掛け流しではなく足下自噴源泉。鮮度はこれ以上ないほどです。

IMG_20150517_210142263

 浴室は写真を勝手に撮られたという苦情が多かったため撮影禁止と貼り紙されております。他のお客さんが入っているのに写真を撮るとは何ともマナー違反、というより常識を疑います。そんな心ない一部の客のお陰で撮影禁止とは、迷惑この上ない。

IMG_20150517_210204747

 今回、浴室には常に人が入っていたし、私も撮影は断念しました。中の様子は以下のオフィシャルサイトよりどうぞ。
スマホ→http://www.sekizenkan.co.jp/
PC→http://www.sekizenkan.co.jp/sp/
 それにしてもこの湯屋建築は素晴らしく、感動しました。日帰り入浴も受け入れてますので、一度は入るべき。
 もちろんお湯も素晴らしいです。ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉。柔らかい入り心地ですが、ゆっくり浸かっていると芯から温まり、肌はスベスベになります。

IMG_20150517_171755438

 まず部屋の扉からしてお洒落。ただ部屋の内部は多少改修されており、さほど古さを感じませんでした。

IMG_0676

 部屋からの眺め。飽きません。

IMG_0678

 ひと昔前までは山奥のボロい湯治宿に過ぎなかった老舗旅館。それでも近代化に踏み切らず保存へと舵を切った、19代目当主の伝統建築を守ろうとする心には、ただ脱帽するばかりです。

IMG_0673

 建物は斜面の上に建てられた客室を合わせて3棟からなるのですが、一段上の棟へ行くのに一旦地下トンネルに潜ってエレベーターで上がります。そのトンネルがたまらない。

IMG_20150518_091154344

 椅子などの小物にまでこだわりがあり、館内を探索するだけで見応え充分であります。

IMG_20150517_210354613

 風呂上がり、ビールを求めて表へ。

IMG_20150517_235638881

 かろうじて一軒スナックが営業しておりました。色々話を聞けば、やはり他の温泉街に比べると四万は潤っているようです。

IMG_0660

 上の写真は積善館のある地区の共同浴場『河原の湯』です。

IMG_20150518_123842641

 ちょうどバスの時間もあり、今回は残念ながら入れませんでした。

IMG_20150518_123911857

 手だけ浸けてみましたが、浴槽が小さいためかなかなかの温度。機会があれば、じっくり入りたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

群馬県水上温泉(5)、米屋旅館と水上の未来

 過去の関連記事。

群馬県水上群馬(1)、SLと蕎麦、そして猫
群馬県水上温泉(2)、寂れた温泉街と廃墟群[前編]
群馬県水上温泉(3)、寂れた温泉街と廃墟群[後編]

 水上では週末になるとSLもほぼ定期的に運行されるようになり、集客の目玉となっております。

IMG_0470

 ただ、沿線で三脚を立てる撮り鉄の多くは車で乗り付け、途中寄ったコンビニで買ったオニギリを食べつつ、撮り終わったら帰る。つまり、なかなか地元にお金を落とさないんじゃないかと想像します。水上に泊まり、食べ、お土産を買うのは一日一往復する列車の乗客のみ。それでも家族連れの観光客を呼ぶ効果はあります。

IMG_0491

 水上を訪れる目的のひとつだった蕎麦屋『あら井』さんですが、最近は親父さんの具合が悪く、ほとんど店を開けてないそうです。朝摘んで来た山菜の天ぷらは絶品でしたが、もう味わう事が出来ないのでしょうか。聞けばあら井ファンも多く居るそうなので、親父さんの復帰と営業再開を待ち望みます。

IMG_0494

 米屋旅館の裏手にある『やぶそば』。こちらも人気店で、春は山菜、秋はキノコと、山の幸の天ぷらが美味です。ただ、天ぷらが多すぎて少々胃にもたれる。

IMG_0497

 やぶそばさんの前では猫が日向ぼっこ。水上は相変わらず猫だらけです。

IMG_0481

 旅館『だいこく館』となりの猫溜まりはいつ訪れても猫に出会えます。最近では噂が広まったのか、外国人観光客もここの猫溜まりへ写真を撮りに来てるとか。

IMG_0475

 明治元年創業の老舗、米屋旅館。パッと見廃業してるようにしか見えない外観で以前より気になっていましたが、良い宿との情報を聞き、今回宿泊してみました。

IMG_0522

 ロビーの暗さとひと気の無さから、日帰り入浴営業中と書かれていてもなかなか入る気になれませんでした。しかし宿泊してみれば部屋は広く掃除も行き届いています。ただし社長(爺ちゃん)と社長夫人(婆ちゃん)ともにご高齢のため耳が遠いのか、根気よく呼ばないと出て来ません。(笑)

IMG_0479

 今でも使われる事があるのか不明な宴会場。昭和の名残を感じます。また、現在使われてない屋上に夜こっそり上がってみたのですが、満天の星空が見事でした。

IMG_20150412_070716478

 お風呂は広く、そのぶん加温されていますが、源泉掛け流しの新鮮なお湯です。カルシウムナトリウム硫酸塩温泉のお湯は最初あまり個性を感じません。しかし、あまり熱くない湯加減なのでゆっくり長湯をしていると、徐々にぬめりを感じるようになり、浸透して来る感覚が体全体を包み込むようになります。長湯をしてこそここのお湯の素晴らしさを初めて知ることが出来る。

IMG_20150411_19332505

 以前訪れた時は時間が遅かったのか平日だったのか、今まで営業している所を見た事のない射的場が営業していました。隣にはスマートボールもあります。店内にはお客さんも居てなかなか賑わっています。夜の水上は4年前水上館さんに泊まった時以来ですが、その時は店がどこも閉まっていて真っ暗だった覚えがあります。

IMG_20150411_212827526

 素泊まり4500円で泊まったため、一泊目の夜食は居酒屋で。米屋旅館さんの親戚が経営する『魚信』さん。新鮮な馬刺や温泉水で炊いた湯豆腐が美味しい。またサービスで出して下さったキュウリの浅漬けとイチゴがやたら美味! 良いお店です。
 女将さん曰く、最近では温泉街に新しい店も増えて来ており、少しずつだけど活気を取り戻しつつあるとか。色々と面白い話を聞かせていただきました。

IMG_20150412_205123777

 二泊目の夜は中華料理の『雪松』さん。昼間は営業している所を見た事が無かったのですが、餃子が絶品。温泉に浸かった後の生ビールと餃子で、もう何もいらない至福の時を過ごしました。

IMG_20150412_230545862

 最後に温泉街の中ほどにあるスナック『すみれ』さんに立ち寄りました。中学生の頃から水上に住むママさんは最近物忘れが多くなったのか、何回ウーロン茶割りと言っても水割りが出てくる。(笑)

IMG_20150412_230432288

 しかし優しい人柄と落ち着く店の雰囲気は良く、そしてやたらと安かった。昔の水上の話などを色々と聞かせていただきました。

IMG_0473

 水上の代表的な観光ホテル水上館。ジュラクと並んで水上では民事再生法を適用しなかった数少ない大型観光ホテルです。米屋旅館の屋上から見た時にはほとんどの部屋に明かりが灯り、順調なのかなと思いました。
 しかし2013年8月、経営不振に陥り会社分割方式によって事業再生に踏み出したそうです。それまで世襲で受け継いできた経営も後継者不在を理由に、温泉旅館の再生などを手掛ける経営コンサルティング会社から派遣された社長に引き継がれ、従業員は全員に継続して働いてもったとの事(日本経済新聞より)。しかし実際は東京からのスタッフが多く動員され、それまで働いたいたスタッフの多くがリストラされてしまったとの噂もあります。旧運営会社だった室井商事は負債総額は17億円程度を残し解散。今後の行く末に注目したいと思います。

IMG_0502

 左上の看板には水上温泉見番と書かれています。かつてここに芸奴衆の見番があったのでしょうか。しかし数年前、芸者さんの組合も解散してしまったそうで、現在では個人でやっている芸者さんが数名残るのみ。昔はよく東北の貧しい村から身売りされて来た女性たちがたくさんいたと、スナックのママさんから聞きましたが、時代の変化でしょうか。
 新たに店を出した若い人々も確かにいますが、水上全体でみると高齢化が大きな問題となっているそうです。若い衆はみな都会に出てしまい、水上館向かいの山の上にある神社のお祭りも、頂上の祠まで行かなくなってしまったと聞きます。
 確かにここ水上で、スナックやお土産屋さんなどで跡を継ごうと考える若者は少ないかも知れません。街を盛り上げるには若い力が必要ですが、盛り上げる前に諦めてしまう現状。水上に限った事ではありませんが、地方の過疎化高齢化は非常に難しい問題です。

IMG_20150412_12260291

 谷川岳天神平まで行って見ましたが、もうすっかり春スキーの状態でした。今年は積雪量も多かったのですが、溶けるのも早い。逆に、登山者がかなりいました。谷川岳ロープウェイの頂上から登って行くのですが、ところどころ行列が出来ている箇所も。ここ数年と比較して明らかに増えています。

IMG_20150412_192645561

 ちょっと画像荒いですが、米屋旅館の玄関先にツバメ。水上にも春が訪れています。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ