コリアタウン

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

墨田区錦糸町、南口の歓楽街

 錦糸町はほとんど降りた事が無く、私にとっては未開の地です。

image

 以前、日記でアップしたかも知れませんが改めて。錦糸町南口を出て右手通りにある純喫茶白鳥跡のビル。昭和の純喫茶の貴重な外観が残っていますが、随分前からテレクラにビルを買収されました。

image

 南口西側界隈。飲み屋街と歓楽街が混在するカオスですが、亀戸餃子の支店なんかもあり、昼間から楽しめそうです。

image

 渋い居酒屋などもある事にはあるのですが、基本的には近代的な雑居ビルにスナックや風俗店が詰まっているような街の景色が多いです。

image

 なかなか時代を感じさせるニュー錦糸町ビル。1階は間口の狭い店舗がひしめき合っています。

image

 駅から少し離れるとラブホが目立つようになって来ます。

image

 南口東側は、にわかにコリアタウン化しています。韓国食材店を中心に韓国系飲食店が林立。

image

 韓国食材店向かいの雑居ビルの1階は通り抜けられるようになっており、飲食店街が形成されています。

image

 しかしそのほとんどが空き家。以前ここに『杓』という立ち飲み屋があったそうですが、すでに閉店。

image

 一見マンションのように見えるビルも、如何わしい店で埋まっていたりします。踏み込まれたらヤバい店なんかも有るかも知れません。

image

 錦糸町は風俗店が密集しているような目立った歓楽街は特に無く、街全体のいたるところに散在しているような感じです。しかし客引きのお兄さんは健在。

image

 googleで立ち飲みを検索し一通り廻ってみたところ南口の『杓』と北口の『でかんしょ』がすでに閉店。早速googleに報告。北口の東側ガード下の立ち飲み屋『粋』は食べログなどでも評判のようで、満員御礼。

image

 結局南口を出て右手、路地を一本入ったところにある『丸源』で落ち着きました。この店、昼間は立ち食い蕎麦屋として営業しているようです。

image

 生400円、サワー系250円、焼き鳥他一本110円。なかなかにしてリーズナブル。

image

 もつ煮込み350円。もう、もつ煮の季節です。店のキャパはなかなか広く、一人でも落ち着いて飲めます。気さくな大将と、ホールは明るい中国系の姉さん方。地元の会社員に愛されている店のようで、ここは通いだなと思いました。

image

 錦糸町はスナックなどの数が都内屈指の多さ。しかしそのほとんどが雑居ビルに収まっているので、いちげんにはなかなかハードルが高いようにも感じました。

image

 追記。錦糸町駅から北へ少し離れ押上に近くなってしまいますが、横川三丁目にある温泉銭湯に先日行って参りました。造りは昔ながらの銭湯といった感じですが、増築でサウナや露天風呂も楽しめるようになっています。

image

 お湯はメタケイ酸の含有量により温泉とされていますが、療養泉ではないため泉質名はありません。そのため銭湯としては高濃度炭酸泉と表記しています。しかし、無色透明無味無臭なため塩素臭が際立ち、温泉としての特徴もあまり感じられませんでした。

千葉県千葉市、歯抜け歓楽街とコリアタウンの栄町

 千葉県随一の歓楽街として名を馳せていた千葉駅近くの栄町。しかし栄えていたのは昔の話で、今や廃れ切っております。

IMG_1547

 三越を始めとするデパートで賑わう千葉駅駅前の外れ。運河の上を走るモノレールの向こう側に広がるのが栄町となります。

IMG_1560

 景気低迷の影響をモロに受けた千葉の風俗業界。数年前までは廃業店舗だらけの半ばゴーストタウンのような様相となっていたそうです。

IMG_1561

 しかし現在は廃墟化した建物をことごとく取り壊し、コインパーキングだらけの歯抜けの街となっております。

IMG_1563

 元々栄町は旧国鉄千葉駅と旧京成千葉駅に挟まれた商店街で、千葉の中心街として非常に栄えていました。しかし昭和30年代、京成千葉駅と国鉄千葉駅が現在の位置に移転し、それに伴い百貨店などの商業施設も移転。その跡地に次々と風俗店が建ち始め、現在の巨大歓楽街が形成されたそうです。

IMG_1564

 1992年には政令指定都市となった千葉市ですが、ヤのつく人たちや韓国人、中国人などに席巻され続けた栄町は、市にとって黒歴史とも言えます。

IMG_1567

 今でこそ歯抜け状態ですが、最盛期はこれだけの広い範囲に繁華街が広がっていたと思うと、歌舞伎町にも引けを取らない規模を誇っていたでしょう。

IMG_1569

 かつて路地裏にひっそりと佇んでいた妖しい店も、周りのビルが無くなって白日の下へ。

IMG_1571

 栄町の衰退はバブル崩壊やリーマンショックなどによる影響だけでなく、千葉の街そのものが廃れて行った事が大きな原因とも言えます。モノレールの失敗による累積赤字、幕張新都心の失策と二極化、そして深刻な都市の空洞化など、県や市による行政の失策によって千葉は衰退の一途を辿ってきました。

IMG_1557

 こちらは割烹料理店の跡。かなり廃墟化しております。

IMG_1572

 廃墟化したまま放置されているビルも多くあります。このような状態の栄町ですが、再開発の計画が立たないのは、やはり土地の権利がヤの付く人たちにあったりとか、複雑な事になっているからかも知れません。

IMG_1548

 さて、後半は関東屈指のコリアタウンとしての顔。

IMG_1550

 メインストリートの栄町通りには24時間営業の韓国食材専門店が堂々と建っております。

IMG_1559

 元々千葉市には軍事施設が多く集まっており、大戦中は空襲の標的とされました。そして戦後、焼け野原となった市街地は戦後のドサクサで多くの韓国人が不法占拠し、一大コリアタウンを構成して行く事となります。

IMG_1555

 かと思えば華僑総会があったり。つまり同時に中国人街でもあるということ。

IMG_1556

 昔はさぞカオスだったことでしょう。しかし現在は韓国人による店も軒並み潰れています。

IMG_1565

 時代を感じる火の用心の看板。しかし街は大火にでも遭ったかのような空白地帯となっておりました。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

港区赤坂、TBS周辺とコリアタウン

 アカサカサカスというネーミングに初めの内は違和感を感じていましたが、今では「意外といいかも」なんて思っております。ともあれTBSとその関連会社、そして料亭街のある街です。

image

 赤坂の料亭と言えば政治家の談合といったイメージですが数もだいぶ減ってしまったのでしょうか、コインパーキングや新しいビルなどがほとんど。

image

 しかし、多くの料亭がビル化し開発も進む中、狭い路地も多少残っております。

image

 激狭の袋小路の奥に焼き肉。知る人ぞ知る隠れ家的高級店だったりするのでしょうか。

image

 ビルの狭間に良い感じの昭和建築も残ってたりします。

image

 TBSと赤坂見附の間は歓楽街と飲み屋街と料亭街とコリアタウンが混在したカオス。しかし、ハゲ割って(笑)。

image

 そんな中、溜池寄りの一角に韓国料理店が密集するコリアタウンがあります。

IMG_3716

 この地にコリアタウンを形成したのは戦後組のニューカマー系。

IMG_3719

 TBSが近いせいか、かつての韓流ブームに思いっきり乗っかった感があります。

image

 芸能人も多く訪れる有名店、ヒョンブ食堂。

IMG_3721

 店内には芸能人のサインが隙間なく貼られています。

IMG_20140802_122908403

 週替わりの半額(790円)ランチがお得です。

IMG_20140802_123525894

 コリアタウンを抜けると、秋葉原に本店を持つ九州ラーメン『じゃんがら』があります。以前赤坂の現場に通ってた際にハマって、毎日のように通っていました。

image

 赤坂は地下鉄の赤坂見附駅と赤阪駅、そしてTBSを中心に発展した街なので、ちょっと独特な雰囲気があります。夕方になるとたまにマック赤坂が出没するし。
 かつては銀座と肩を並べる高級繁華街でしたが、現在は多少廃れ気味。その分コリアタウンが中心街まで侵食しつつあります。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

台東区上野(1)、コリアタウン

 上野駅から見て首都高の向こう、ビルの影に隠れる形でキムチ横丁と呼ばれる一画があります。しかし十年以上前でしょうか、ビルがコインパーキングとなったお陰でその姿は白日の下に晒され、昭和通りを歩いているだけで簡単に見つけられるようになり、最近ではテレビなどにも紹介されるほど有名になっております。

ueno_koria01

 オールドカマー系在日韓国人のコリアタウンとしては都内で最も長い歴史があり。戦後間もない1948年頃、焼け野原の中で闇市だった現在のアメ横より枝分かれをし、上野親善マーケットとして焼肉店や食材店等が集まってコリアタウンを形成しました。

ueno_koria03

 狭い路地は日本人を拒絶しているような空気すら感じられます。

IMG_2371

 この一帯に暮らす人々は首都高より線路側に店を出すニューカマー系と違い、二世三世も多いためか店員さんも流暢な日本語を話していました。

IMG_20150211_210501204

 狭い路地を入った所にある、いかにもな古い造りの焼肉屋『東京苑』に突撃。狭くて急な階段を昇り二階の座敷へ昇れば、バラックに近い木造建築はあちこちが傾いたり歪んだりしております。

IMG_2375

 ビールとレバ刺し、キムチ、ホルモン、カルビ。結構飲んだけど二人で6000円代だったろうか、とにかく安かった覚えがあります。特にカルビが上ではなく普通のカルビなのに、無茶苦茶美味かった。時間が経つと満席になり、結構有名店なのかも知れません。

 2015年2月、久々に訪れてみたところ、以前コインパーキングだった場所に巨大なビルが建設中となっており、これでまた隠された街へと逆戻りとなってしまいました。
 祝日だからか京城苑は閉まっており、以前入った東京苑は10時半まで。御徒町で軽く飲んで来たのですでに9時を回っていたのが良くない。路地裏を一巡して表通り(と言っても昭和通りから見れば裏通り)に出て、11時までやってる焼肉店『馬山館』に入りました。

IMG_20150211_210841911

 ここが当たりでした。上タン塩(1800円)とビールで再起動をかけながら、ホタルイカのキムチをつまむ。日替わりのカルビセットが、へっどばら、たてばら、カルビ、中落ち、4品セットで2900円とお得。韓国料理は基本的に量が多いので、三人で二人前を頼んで充分です。

IMG_20150211_213351494

 これがまた美味いのなんの。ご飯何杯あっても足りない!(笑)
 ご飯の大きめな茶碗になみなみと注がれて来るドンブリマッコリもまた、スッキリ飲みやすくピリピリした感じの爽快感もあって美味い。
 値段もそれほど高くないのに肉のクオリティも高く、また来たいと思えるお店でした。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

荒川区三河島、コリアタウン~千住桜木朝鮮部落跡

 三河島はかつて操業していた屠殺場の労働者として集まったオールドカマーたちによって形成されました。主に日本語を話せない者たちは働き口も限られましたが、被差別民ゆえに人々が忌み嫌う屠殺場だけはいくらでも雇って貰えたのでしょう。

IMG_3547

 彼等が持ち帰った臓物を焼いて屋台に出していた事から、現在ホルモン屋が多く存在する街となったそうです。

IMG_3541

 しかし現在では数件ある韓国食材店や家庭料理屋、ホルモン屋などで名残を感じられるくらいで、大久保や上野のように韓国色の強い街ではありません。

 三河島から尾竹橋通り沿いにバスで町屋を超え足立区方面に走ってゆくと、その沿道にも点々と焼肉屋やホルモン屋などをよく見掛けます。かなり分散しておりますが、明治大正の時代からこの地域では皮革産業が盛んで、そのため在日朝鮮人も多かったようです。

IMG_3554

 この地域に住む日本人もまた低所得者層であり、同じく被差別民であったため、差別なく人々が暮らして来たというのは私の推測です。特に足立区には朝鮮部落なども多かったそうですが、部落を形成していた人々も日本人に溶け込み、世代を重ねて帰化し、今では殆ど区別できないほどに日本語も流暢となっているそうです。

IMG_3553

 そんな中、千住桜木という隅田川と荒川に挟まれた細長い土地を訪れてみました。水害のリスクが高い上、これ以上無いほどに不便な、文字通り陸の孤島です。

IMG_3533

 ポツリポツリとバラックが目立ち、上流に向かえば都営住宅と公団住宅とリサイクル工場のみ。

IMG_3550

 この工場などは両側を川に挟まれており、つまりそれほどまでに隅田川と荒川が接近している。

IMG_3562

 そんな最果てに韓国人会館と教会が建っているのですから、かなりの確率で朝鮮部落だったと言えましょう。

※ここで、以前別のIDにて作ったブログにてこの記事を掲載していたところ、大変参考になる情報がコメントとして寄せられていましたので、ここに抜粋させて頂きます。

(以下抜粋)

足立区千住の生まれ育ちだが、朝鮮部落の位置がずれているように思える。桜木町2丁目に韓国人会館(といってもシモタヤ)があるが、以前の朝鮮人による不法占拠の場所。写真はそこから宮本町交差点方面だが、どちらかといえばB系が多い。

反対側は東京電力千住火力で、周囲は社宅。現在は大学のグランドや校舎。この辺は戦前は日本橋魚市場の支場や製紙会社があった。要は役所の敷地で、ここ30年は役所のクリアランス事業の場所。ほとんど区営高層住宅に変わっている。

朝鮮人の主力は現在は西新井、つまり荒川放水路の反対側に移った。ただし、千住は下町であって、暴走族やチンピラも多い。彼らは朝鮮人と見れば容赦しない。ハングルの看板を堂々とは出せないはずだ。

投稿者:ちょろちょろ様


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。

■ 温泉リスト(PC版) ■
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ