グルメ

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

北海道釧路市(1)、ゴーストタウン化する釧路市街地

今まで富山県高岡や群馬県高崎、北海道帯広などなど多くの終わってる地方都市を見て来ましたが、ここ釧路駅周辺も酷いものでした。

IMG_0521

まず駅を出れば右手にドーンと構える巨大廃墟が迎えてくれます。1972年にボーリング場やビジネスホテルのサンルート釧路などが入った複合商業施設パルコとして開業するも2005年には破産。2007年よりビジネスホテルオーシャンとして再出発したものの、スーパーホテルやルートインなどの競合に押されて2012年の年度末には廃業しました。

IMG_0517

オーシャンの前を過ぎると公設市場である和庄市場があります。

IMG_0508

昔、桃鉄の物件の勝手丼が気になり、ずっと訪れたいと思っていました。観光地としても有名ですが、地元の方々の台所として活気が溢れています。

IMG_0510

鮮魚はもちろんのこと野菜から乾物、お菓子まで、様々な問屋さんが軒を連ねる中、ごはん片手に勝手丼に対応する鮮魚店をうろうろ。好きな具材を乗せて行きます。

IMG_0513

中央には食べるためのテーブルがいくつも並んでいます。

IMG_0511

オリジナルの海鮮丼。芝海老がナマラ美味い!

IMG_0519

お腹を満たしたところで腹ごなしに市内を散策。するといきなり潰れたデパートが。公設市場和商の向かいの先にある巨大な廃墟は2002年に閉館した長崎屋の建物。長崎屋閉館後、建物を所有する地元企業がアベニュー946という商業施設を運営していましたが、それも2016年5月に閉館しました。また外にも中心街では1990年代から2000年代にかけて、くしろデパート、オリエンタルデパート、丸ト北村などの大型店が相次いで撤退、閉店したそうです。

IMG_0444

そもそも釧路駅の地下も釧路ステーションデパートという商業施設だったが、2004年に閉館。現在地下への階段は封鎖されています。

IMG_0506

市街地を進んで行くとまたもや巨大廃墟が。この建物は2006年に閉店した旧丸井今井デパート跡です。当時ショッピングセンターKuteとして再開すべく外装をリニューアルしたもののテナントが集まらず、やがて買収した不動産会社が諦めて転売。オープンを控えたまま廃墟化という悲惨な事態に。

IMG_0507

廃墟化しつつあるビルはホテルやデパートだけでなく、多くの雑居ビルも同様。一体いつからテナントを募集し続けているのか。釧路駅から港に掛けてが中心街となりますが、このような空きビルと既に解体された跡の巨大駐車場ばかりが目立ちます。

IMG_0523

釧路は梅雨の時期、濃霧に包まれています。写真は宿泊したビジネスホテルパコの客室から見た釧路川に掛かる幣舞橋。奥には観光物産施設のフィッシャーマンズワーフ。

IMG_0452

夜は繁華街に繰り出しました。しかし夜霧に包まれた街は人影も疎ら。とはいえ駅前に比べて空き地が少ないです。

IMG_0457

しかも6月だと言うのに気温10度そこそこしか無く、寒かったので散策せず食べログに頼ってしまいました。

IMG_0459

釧路は炉端焼きが名物のようです。しかし入った店はやたら暗く、広いカウンターの中央でお婆ちゃんが黙々と焼き続けるというシュールな老舗。

IMG_0462

食べログ1位だけあって確かに美味い。しかし値段が一切書いておらず、二人で飲み食いして1万超え。ウニ丼とウニ刺しが値段を跳ね上げた気もしますが、観光地価格か。

00B565DB-1025-4534-9BF8-63F60D8C45CB

泊まったホテル「パコ」は市内でも数少ない天然温泉に入れる宿でした。あまり期待していなかったものの、入ってみれば加水無しの源泉100%加温循環濾過のカルシウムナトリウム塩化物泉。入った瞬間にムム、これは!と思いました。奥が40度、手前が42度で露天風呂も有り。予想外に良いお湯です。しかもここが私にとっての記念すべき100湯目だったり。

IMG_0468

釧路市の人口は1980年の22万7千人をピークに2010年には18万1千人、2017年5月現在では17万3千人と減少の一途を辿っています。釧路市の人口流出は単純に過疎化というだけでなく、義務教育レベルの低さ、JR北海道の特急スーパーおおぞらの本数削減と減速によるアクセスの悪化、企業の支店や支社の撤退など様々な要因が挙げられています。そこにイオンモールなどの郊外型商業圏がドーナツ化現象を引き起こし、釧路駅前周辺の衰退を加速させています。

江東区大島〜住吉、下町商店街の渋い飲食店

 都営新宿線の馬喰町より先は高度成長期に発展した街であり、昭和の頃は葦の原野、というイメージを個人的に持っていました。しかし実際には湿地帯の中の島に村が形成されたのが江戸前期、天保年間とされています。現在、都営地下鉄新宿線の大島駅は東西に走る新大橋通りと南北に走る丸八通りの交差するあたりに有ります。

image

 交差点の東から北へ、サンロード中の橋商店街が続いています。

image

 この商店街、アーケード化されてないもののかなり充実した商店街で、数多くの専門店が揃って営業しております。

image

 特に多いのが八百屋さん。路面に陳列がはみ出すのが普通。

image

 こちらの魚屋さん『魚雅』は、右脇の路上にテーブルがあり、魚をツマミに飲むことが出来ます。イートインと書かれていますが、全然インじゃない!(笑)

image

 店頭のショーケースに置かれた刺身をツマミに、生350円、焼酎の割り物200円。刺身は時価で、この日はヒラメひと皿800円、スルメイカ300円、マグロ1000円、などなど。これが新鮮で、べらぼうに美味い。

image

 小皿に添えられているのは自家製カラスミで、最高に酒が進みます。こちらは運が良ければありつけます。ただこのお店、10月26日放送のアド街(テレ東)で紹介されてしまったそうです。メディアに露出してしまった事でメジャーになってしまいます。お店的には繁盛して良い事なのですが、私個人としてはあまり知られていない情報を発信したい方なので、ちょっぴり残念。

image

 商店街を歩いていると、軒を並べるお土産コーナーの匂いにお腹が空いて来ます。惣菜から焼き鳥から、誘惑が半端ないです。

image

 大島は団地やマンションばかりであまり下町っていうイメージがありませんでしたが、この商店街の賑わいは下町感があります。もっとも亀戸の外れと考えれば確かに下町ですけどね。

image

 次に紹介するのは大島駅の南、新大橋通りと並行して走る中央銀座商店街。

image

 上の写真は夜のネオンサイン。しかし商店街はクリーニング店や電気屋さんぐらいであとは飲食店がちらほら。サンロード中の橋と比べると人も疎らです。

image

 1度目に訪れたのは仕事帰り、すっかり暗くなった雨の宵でした。通り沿いにある立ち飲み屋『番外地』に入りました。

image

 この店、やたら安いと一部では有名のようです。最近旧店舗からこの大島駅近くの新店舗に引っ越して来たとか。いちげんさんが多いのか、初めてかを聞かれ初めてと答えるとシステムについて説明してくれます。

image

 刺身三点盛り500円。なのに四点目の甘海老が二尾付いて来ました。軽く立ち寄るつもりでしたが、この一品だけで満足しちゃうボリューム。またマグロのチャンジャ(?)で酒が進む進む。生小ジョッキ、割り物、ともに200円。確かに安い。

IMG_1702

 大島から都心に向かい二つ目の住吉駅。以前テレビで激安ランチとして紹介され気になっていたスミヨシホルモンに入りました。

IMG_1701

 1000円でホルモンセット。ご飯おかわり自由でこのボリュームは安い。そしてメチャクチャ美味い。機会があれば夜飲みに来たい店です。

北海道帯広市(1)、駅前温泉と駅周辺

 帯広は十勝平野のど真ん中に位置し、十勝の農業畜産業の中心都市であります。

image

 帯広駅は高架線に造られた比較的新しい駅舎ですが、コンクリートの高架線を走る根室本線は非電化のため、どこか違和感を感じます。

image

 今やご当地グルメとして認知度も高くなった豚丼。何軒もある名店の一つが帯広駅構内にもあります。

image

 豚丼専門店『ぶたはげ』の豚丼。柔らかい肉が甘じょっぱいタレに包まれ、美味くてつい一気に掻き込んでしまいます。

image

 駅前バスターミナルからはいきなり温泉の文字が。しかしどこもシティホテルなので温泉街と言った雰囲気ではありません。ここに写る薄オレンジ色をしたビル、ふく井ホテルに宿泊しました。ツインで素泊まり一人4000円。

image

 お湯は薄紅茶色をしたモール泉というもので、舐めるとピリリとした刺激と苦味。多少ぬめり感もありますが、サラッとした肌触りは入り易く、つい長湯しています。

image

 広い浴槽の中央からは新鮮な源泉が加水無しでダバダバと掛け流されています。駅のまん前に建つ安いシティホテルで、これだけ素晴らしいお湯に浸かれるとは驚くばかり。

image

 帯広駅の東にはばんえい競馬の帯広競馬場があり、毎週土日月曜にはレースが開催されます。それにしても馬がデカい! ラオウの馬だ!

image

 半数近くが観光客と思われますが、地元の若者からギャンブル好きの親父まで、多くのギャラリーで賑わっていました。

image

 車社会なので飲み屋街などは流行ってないのかと思っていましたが、夜になると店を開ける居酒屋やスナックが思いの外多かった事に驚きました。適当に見つけた一心に入店。

image

 それにしても北海道は何食っても美味いです。写真は牛トロフレーク丼。ユッケ丼のようになりますが、箸が止まりません。他にも牡蠣やシャケなど、どれも外れ無しでした。

【日記】長野の帰りに静岡へ寄る

 上諏訪で二泊して下諏訪からの帰り、休みがまだ有ったので真っ直ぐ帰らず、甲府から身延線で静岡に出ました。



 静岡駅南口から急遽確保したビジネスホテルまで歩いてゆくと、非常に気になる路地を発見。入船横丁という飲食店街です。しかし静岡に来たのは別の目的が有っての事なので、後ろ髪を引かれつつもホテルに荷物を置き、北口側の青葉通りへ。



 目的は過去二回訪れている 青葉横丁



 観光地としても有名になった静岡おでん横丁の手前にある、地元の人々が集まる路地です。



 二年前訪れた三河屋は満席で入れず。ここのアジフライが食べたかったのですが。



 そこで八年ほど前に訪れた、たこ八に入りました。ご高齢の女将さんの事が心配でしたが、まだ元気に店を開けてらした。ここで静岡おでんや蓮根のフライをつまみながら、粉茶で作る通称静岡割りを飲むのが定番コースです。



 静岡割りウマー。



 そして飲み過ぎた。



 最後のシメでビジネスホテル近くのスナックに寄りました。なぜか女装子がいて盛り上がるも、すっかり飲み過ぎて店名すら覚えてませんが、ボトルから見て多分スナック由美。

 翌日、静岡駅北口の回転寿司屋で遅い朝食をとって熱海へ。

IMG_20151017_135227727

 本当は年内で無くなってしまうという水口第一、第二共同浴場に行きたかったのですが、仮眠出来る所がいいと言う連れの要望を受けて、日帰り入浴施設を探しました。そして観光案内所で紹介されたのがこちら、日航亭さんです。

IMG_20151017_135204932

 ここが、昭和の熱海の雰囲気を残す元温泉旅館でした。

IMG_20151017_140652194

 素晴らしい建物です。建物の老朽化を理由に宿泊業務をやめて日帰り専門に切り替えてから、もう随分経つそうですが、実にもったいない。

IMG_20151017_140719497

 お風呂は離れになります。

IMG_20151017_140932389

 広い内湯、露天、共に源泉100%掛け流し。源泉温度が92度と高いため、加温無しです。

IMG_20151017_142146756

 露天と言っても屋根付きの半露天ですが、秋の風が実に心地良い。源泉は安保泉(熱海23号泉)で、ナトリウム・カルシウム・塩化物泉。熱海特有の舐めると非常にしょっぱいお湯です。内湯と露天の間でお湯を循環させる事によって、露天が冷め過ぎないよう工夫されてました。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

長野県上諏訪(4)、ビジネス旅館と共同浴場

 前回、大和温泉しか寄れませんでしたので、改めて巡ってみました。と、言っても上諏訪二カ所に下諏訪一カ所。計三カ所です。

 上諏訪駅の湖畔側出口から左前方に、そこそこ軒数の多い飲食店街があります。夜だったので写真撮れませんでしたが、かなり香ばしい建物が軒を連ね、スナックがやたら多かった。そんなスナック街を抜けた先、非常に目立つ大型マンションの裏手に共同浴場『衣温泉』があります。

IMG_0967

 川沿い、橋の袂の接骨院向かいにあるこの共同浴場は、なかなか鄙びた木造建築。建物脇のタンクは温泉を備蓄するための物でしょうか、たまに民家の脇にも見かけます。もともと諏訪の温泉は組合に管理されており、複数の源泉を混合させ公平かつ安定に供給されるようになってます。

IMG_0969

 入り口の薄暗さが地元感を演出しています。

IMG_0970

 向かいの民家の窓が番台のようになってますが、食事中みたいだったので入浴料の200円を置いておきました。

IMG_0971

 その民家の方が掃除などされているのか、中は清潔に保たれています。

IMG_0973

 浴槽のタイルで深緑に見えますが、お湯は大和温泉より透明に近い薄緑色の単純硫黄泉。ぬるめに熱めと浴槽が分かれてますが、どちらも熱い。お湯はサラサラで微かに硫黄臭。湯上がりはかなりホカホカになりますが、そのぶん夜風が心地良い。

IMG_0975

 源泉が熱いため湯口は普段閉められており、入った時にお湯を出して掛け流しにしているようです。その際、浴槽の底まで伸ばされた排水パイプから溢れるお湯が流れ出るようになっており、常に新鮮なお湯に入れ替えられるよう工夫されています。先々週訪れた草津のペンションはぎわらさんとは逆の方式で、よく考えられた湯使い。

 湯上がりにビールという事で、駅まで続く飲み屋街の中にある一軒の居酒屋『大五郎』で夕食。地元民しか入らなさそうなその店で出されたのが、コレ。

IMG_0978

 鶏の半身あげ。B級グルメの通称『山賊揚げ』です。この大きさと格闘しながら、昔時計工場で働いてらっしゃったという女将さんから、諏訪湖が溢れた時の話や諏訪地方の景気の話など色々と伺いました。半身揚げ一本とビールと日本酒で二時間ほど過ごしたのに一人頭2000円。安い!

IMG_0979

 宿泊は駅から甲州街道を渡り路地を少し入った所にあるビジネス旅館『稲本館』。駅から歩いて1分という近さで温泉まで付いているのに、ネットなどではあまり紹介されていない穴場の宿です。

IMG_20151016_084728701

 建物はかなり老朽化が進んでおり、全体的に傾いています(笑)。でも、こういう宿が大好物なんです。折りしも諏訪圏工業メッセという大きなイベントがありどこの宿泊施設も団体客で満室となっていた中、二日前でも予約が取れました。
 本当は今年の夏、諏訪湖の花火大会に来たかったのですが、上諏訪中の宿がどこもおよそ十年先まで予約でいっぱいとなってました。この稲本館も五年くらい予約が詰まっており、毎年花火大会に来る人には永久予約している人も居るとか。つまり部屋が空くのは花火の常連客が死んだ時だそうです。
 辛うじて部屋が空いている宿もありますが、花火大会特別料金として10万円。今年は最高値で70万の値が付いたとか。とんだボッタクリ、ていうかすでに異常です。

IMG_20151014_183202571

 お風呂は狭い浴槽のおかげで加水無しの源泉掛け流し。単純温泉のお湯はあまり特長を感じられないものの、多少刺激もあってとても気持ちいいです。これで素泊まり3500円は有り難い。

IMG_0956

 上の写真は駅前デパート跡の裏手にある『精進湯』。こちらも外来者が入れる数少ない共同浴場の一つですが、時間の都合からスルーしてしまいました。

IMG_1008

 こちらは諏訪湖の湖畔、高級旅館が建ち並ぶ中でやたら存在感のある日帰り入浴施設『片倉館』。

IMG_20151015_192856570

 この建物は絹製品で財を為した片倉財閥が建てた共同浴場で、昭和3年竣工の洋館は市の文化財建築となっています。

IMG_20151015_192937745

 二階は食堂となっていましたが、残念ながら営業時間が終了していました。建物の各所にはステンドグラス、レリーフ、石膏像なとがあしらわれており、まさに大正ロマン。

IMG_20151015_193035550

 文化財指定されているためか、細かい所まで当時のまま保存されており、目を楽しませてくれます。

IMG_1016

 広い浴室は、なんかテルマエ!(笑)
 浴槽はかなり深く、底には玉砂利が敷かれており、利用者は淵に巡らされた段差に腰掛けて浸かります。お湯は加水された上に循環濾過されたもので、正直浴感は分かり辛いです。しかし、この見事な建築物のお風呂に浸かれるだけで充分価値があると思います。なんと言っても楽しい。

 江戸時代の温泉番付では横綱の草津、関脇の那須に次いで小結だった諏訪温泉。現在、温泉地としての知名度はだいぶ低くなってしまいましたが、精密機械工業地帯としての発展の影で、観光地としての衰退があったのかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ