ガード下

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

【日記】神田駅南口ガード下の神田小路が移転

やばいくらい更新が止まっていました。年明けからとにかく仕事が忙しくて、緊急事態宣言位前にどこへも行けず何も撮れず、久々に一カ月以上更新が止まってしまいました。未だに忙しく、どこにも行けてないのですが。
先月、どこも8時に閉店する中、横浜ならなんとかなるだろうと飲みに行きました。寿町で飲んで野毛に移動したのですが、どこも8時閉店の時短営業。去年の春の緊急事態宣言の時は関係なく営業していた店舗も多かったのですが、今回は逆に罰金が有ったり保健所がしっかり巡回していたりするそうです。
あと、上野にも行ってみました。蔵前で仕事してその帰り、御徒町から歩いて大統領の周辺。観光地化に伴って増えた新興居酒屋たち(6軒ほど)が、8時以降も堂々と営業しています。ありがたやと飲んでいたのですが、8時閉店の店で飲んでいた人たちが8時を過ぎて一斉に徘徊し始めます。罰金払ってでも開けた方が利益になると考えている店たちは、歩道にテーブルを並べて屋台状態になります。シャッターを閉めた隣の店の前にまでテーブルを並べ、それでも座りきれないほどの人の多さ。一軒では出来ないけど数軒が足並みを揃えて営業すれば、商工会も行政も黙ってしまうのでしょう。法律で禁止されている訳ではなく、あくまでも要請だからと言う事で。
チェーン店系カラオケボックスも深夜まで営業している有り様ですが、ある意味有難い反面感染リスクも高い。苦渋の決断で時短営業したり休業したりしている飲食業界からは妬まれると思いますが、それぞれの街の雰囲気として、灯りが消える街と消えない街とがある。新橋や神田はそもそも人通りが無くなるので無理に店開けてもしょうがない。それが現状です。

さて、記事を書くには写真の一つでもアップしなければ。

7CCC1AD4-3334-4A4C-8B1F-6938E532AAA4

去年2020年の3月に5軒が閉店となった、神田駅南口のガード下飲食店街、神田小路。移転先店舗工事の遅延やコロナの影響なんかで、なんだかんだで6軒ほどが移転を一年延長していました。

B273AFFB-CA57-47AE-A4EA-92F72DDAF3A1

そして今年1月末で佐々文が移転、歩は移転準備のため一時休業。いよいよここも解体かと思っていました。

BB34CB77-5BD9-449F-9AAF-AC5897A12E2A

ところが先日行ってみると、フジクラと次郎長寿司とやったるでぇがまだ営業しているじゃないですか!

34BB93DC-7CAC-4C3A-A961-DC6053BDDAEC

こちらが移転先の佐々文新店舗です。ちょうど今川小路から移転して来たまり世さんや神田(ジンタ)さんの裏手になります。どうやらフジクラさんはこのまま廃業するとの話。移転先予定だった所はコーヒー屋さんに権利を譲ったとかで、開店準備をしてました。まぁフジクラのマスターもいい歳だし一回倒れてるし、今から新店舗作ってもっていうね。やったるでぇさんは今月ぐらいには移転すると思います。何しろ千代田区からいい加減に出てけっていわれてるしwww

千代田区神田(5)、消えゆく神田小路

先日2020年14日をもって、神田ガード下飲食店街である神田小路の多くの店が閉店しました。これは山手線、京浜東北線、中央線、及び神田駅プラットホーム東京寄り端部の耐震補強工事に伴う、立ち退きによります。
この界隈は約1年9ヶ月通い続けていました。以前の記事はこちら
当初は2018年いっぱいで全て消えてしまうという話が持ち上がりました。しかし移転の準備期間が無さすぎるとの声が上がり、地権が千代田区であるためもあってか2020年秋頃まで先延ばしに。ちなみに東京駅寄りにあった今川小路は地権がJRにあったため、容赦無く退去させられたそうです。移転先の紹介はありますがJRの土地のため家賃が高いとか。

IMG_1169

神田駅そのものは大正時代に開設されましたが、開業当時ガード下には何もありませんでした。その後この高架線は関東大震災や東京大空襲などを生き抜き、現在に至っています。ガード下に飲食店が建ち始めたのは、東京駅寄りの今川小路が昭和26年頃との事なので、恐らく同時期であると思われます。戦後は一時期青線地帯だった時期もあるそうですが、詳細は不明。

IMG_3106

南口西側、左手の扉を開ければアーチ構造の壁。手間の翠さんは2月で閉店しました。

IMG_3109

その奥の「かえる」さんは3月14日に閉店。ここもちょくちょく通いました。ママさんはご高齢のため、このまま引退されるそうです。
【訃報】
2020年8月28日、かえるのママさんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。

IMG_1176

神田小路は二階建てなのですが、今はどこも使われていません。ただ東面の立ち飲み「やったるで〜」さんや「次郎寿司」さんの二階はカラオケ屋さんとして使われています。(過去記事参照)

IMG_3103

右手の扉を開けたところ。右手前の「歩」さんはもう少し続けるそうですが、退去後は東面南側に移転先を決めているそうです。左手の手前1件目は随分前に閉店した模様。2件目の「大安」さんは3月13日に閉店。

IMG_3123

大安さんの奥にあるのがバーの「2nd」さん。大家が大安さんのため、大安の閉店に伴いこちらも3月14日をもって閉店。今後は知り合いの店を手伝いながら先の事を考えるそうです。

IMG_3112

最後に佐々文さん。ここは週1〜2回ペースで通い続けていた、私の中では一番落ち着く店。14日で閉店となりました。本当は夏ぐらいまで続ける予定だったところ、オーナーさんの休止により15日までに退去せざるを得なくなってしまいました。

IMG_1152

この店には生ビールのサーバーがあるのですが、コックが硬くなったため、あまり使われていませんでした。そこで私がビールサーバーの手入とビア樽の交換をよくやっていました。色んな店で手入の仕方などを教えて頂き、お陰様でそこそこ美味い生ビールを提供できたかなと。

IMG_1172

常連の方々とも仲良くして頂き、忘年会や新年会、ボーリング大会などにも参加させて頂き、私の一番の行き着けの店でした。本当に今までありがとうございました。しかしまだ未定ですが、耐震補強工事の終わった南寄りのガード下に、秋以降移転する計画もあります。
ちなみに一番奥の「フジクラ」さんは秋以降まで営業予定。今回年度末というタイミングもあり大半の店が閉店してしまいましたが、解体はもう少し先になります。

※佐々文さんは移転先との契約を交わすことで営業続行が許可されました。年末から2021年初旬に移転する予定です。

【日記】川崎市で立ち飲み屋探し

最近は仕事で武蔵小杉や川崎方面に通ってます。
川崎市武蔵小杉(1)、再開発の進む企業城下町
川崎市武蔵小杉(2)、再開発前の小杉町3丁目東地区

IMG_8782

武蔵小杉の再開発はいよいよ大詰め、高層マンションも最後の一本となりました。2019年の台風では下水道が合流式だったために処理能力を超えて下水が氾濫、電気や水道が使え無くなるという被害が発生し街は泥水に浸かりました。ネットで散々騒がれてましたが、要は成り上がりのなんちゃってセレブをバカにしてた訳で、今の時代どこから差別が生まれるか分かったもんじゃない。頑張って分譲マンション買ったんだからいいじゃないとも思うのですが、問題は通勤行列のできる駅のキャパシティや工業地帯だった土地の土壌問題、想定外の雨量に対応しきれなかった下水道の問題などを抱えながらの乱開発。行政やデベロッパーの無責任さに問題がある訳で、去年の台風被害は半ば人災だったという側面もあるんでしょうね。

IMG_8783

などということは置いといて、ともかく仕事終わりの生ビール。南武線武蔵小杉駅北口西側、南側に抜けるガードの両脇に立ち飲み屋が有ります。右手のたまいやさんは以前飲んだので今回は左手の一心さん。

IMG_8784

一杯目は生と煮込みのセット600円。二杯目はハイボール150円と納豆とうふ350円。安いし美味いので、何度か通ってます。

もう一か所の勤め先は川崎駅。昼間の街撮りでは何かと縁がある川崎ですが、実のところ夜に飲んだ事がない。

IMG_8871

JR川崎駅東口、京急の手前で北側に少し歩いた所にある立ち飲み屋「フルミチ」さんに立ち寄りました。左手の「元祖立ち飲み屋」さんと同じ店です。

IMG_8873

土曜日でしたが大盛況で、店員さんも活気が有って良い店。日本酒に拘ってるようですが、まず煮込みが美味いから間違い無いです。

IMG_0748

同じく東口。京急を越えて右斜め前に建っていた百貨店さいか屋は2015年5月に閉店し、すっかり再開発されてしまいました。毎度の事ながら消える前に記録しておくべきだったと後悔。

IMG_0744

そんな川崎に似つかないオシャレタウンの裏手には川崎本来の街並みが残っているのでづが、その中の一軒「ぶったち」さんに突入しました。立ち飲みというので入ってみれば、テーブルにもカウンターにも椅子が用意されています。フィリピン人の女将さんに促されて店の一番奥、二人掛けのカウンターに座りました。
お客さんは全員地元の顔馴染みでたまにフィリピン人の奥さん。なんか武蔵新城のスナックみたいな空気感でアウェイ感がハンパない!
二杯くらい飲んでアルコール少し回ったところで、勇気を出して隣の先輩に声を掛ければ意気投合。なんだかんだで結局、すっかり楽しく飲めました。ギャンブルと女の話で盛り上がる辺り、川崎っぽくていい。また来ようと思いました。

2020年2/6追記

IMG_0754

すっかり再開発されている西口にも立ち飲み屋は有りました。と、思ったら全席椅子完備。川崎の人は立たないのかな? 立飲亭帆立屋さん。

IMG_0752

生ビール415円(小ジョッキ)、サワー系360円、刺身系390円、揚げ物焼き物360円、小鉢系300円。西口は東口に比べてずいぶん閑散としてますが、飲食店も少ないせいかあまり安くはないです。

2020年8/28追記

F13864A3-1734-4EC9-9BBC-5B14AE57F6BA

京急川崎駅から堀之内方面へ、チェーン店の晩杯屋をスルーして立ち飲み「天下」さん。

FF17CAEF-9979-46C4-874B-42E38B7A78A0

現金取り引きですがなかなか安い値段設定。30年以上前から川崎駅近くで商いをされていて、今の場所には17年ぐらい前に引っ越されて来たそうです。ちょっと通いたい店。

【日記】久々の蒲田、忘年会、近況など

3〜4年ぶりに蒲田で仕事が入りました。

IMG_3381

仕事先は京急の雑色と六郷土手 間ぐらい。なので、久々に温泉銭湯の「照の湯」に立ち寄りました。

IMG_3377

まずは蒲田で一番好きな立ち飲み「とっちゃん」へ。相変わらずの大盛況でカウンターも埋まってましたが、小さな小窓のような四方枠で辛うじて飲める。新鮮なスタイルです。
なにはさて置きママさんが顔を覚えてくれていた事が嬉しい。半生鳥レバーと豚レバーは絶品で、金宮の割り物を頼めば超濃いい! 酒弱くなったのかなと思う程に安くして回る回る。

IMG_3406

そして立ち飲み「かるちゃん」。母さんもマスターも健在でした。そしてマスターが実は私のタメだったと言う衝撃の新事実!
やっぱりここは居心地が良いです。個人的にですが、マニアックと言うかオタク系(特に鉄)の方は落ち着いて飲める店。実に居心地がいい。

IMG_20181215_180800

さて、近況としては神田ガード下の飲み屋の忘年会に参加しました。雑居ビルの三階のスナックを貸し切りでしたが、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

IMG_3400

二次会は各々と言った感じで、私はガード下の「翠」さんへ。ガード下のアーチの露出が素晴らしいです。その後その店で飲んでた方を巻き込んで奥の店ふじくらでカラオケ。気付けば終電を逃してました。

IMG_3444

後日、改めて「翠」さんへ。ガード下地帯では比較的広く静かに落ち着いて飲める店です。

今年は年内に九州の別府へ行く予定でした。しかしどうしても外せない仕事が入り、仕方なく延期。年明けの連休辺りに行って来ます。年内も忙しく、なかなか新ネタはアップ出来ないかも知れません。

千代田区神田(4)、神田駅南口のガード下迷宮

かつて神田で働くサラリーマンや地元の方々に愛され賑わっていた、大衆食堂(居酒屋)の升亀さんや大越さんが並んでいた、神田駅南口西側のガード下。升亀は2013年にオーナーが母親の介護をするため店を閉め、昭和38年創業の老舗の大越は2016年末に耐震補強工事に伴い退去、スタッフの高齢化もありそのまま閉店となりました。下の写真は2015年当時、すでに升亀さんが消えた後の様子。

IMG_0353

私は年に一度必ず、神田で健康診断を受けているのですが、升亀さんと大越さんは健康診断が終わった後の昼間からから飲める店と言うことで、とても重宝してました。あの、店員にジジィとババァしかいないって所とか大好きだったんですが。

IMG_2599

現在は耐震補強工事も終わり、升亀跡地に大型チェーン店の日高屋が建っています。

IMG_2602

しかしさらに右手、東京駅側に狭い入り口とエアコンの室外機がみっちり詰まったガード下店舗が残っています。

IMG_2604

カウンター1本のみの狭いスナックや小料理屋が軒を並べているんだろと思い、右から二番目の「大安」の看板の下を開ける。開けてみてビックリ、なんと奥へと続く通路があり、その両脇に4つのカウンター居酒屋やスナックが!
さらに驚いた事にこの通路、実は区道だそうです。つまり市道や町道みたいなもんで、道路交通法が適用される!いや、しなくていいから!

20180619_185721787

右手二番目の暖簾を潜るとL字カウンター1本の狭いスナック的な店「佐々文」さんが。メニューにコーヒー割が有ったので頼んでみると、金宮焼酎にコーヒー豆を浸けるという、いつも通っている新橋の「南」と同じ作り方。ただ南はひと月浸け込んだものを水で割るのに対して、ここは2~3日寝かせた物をロックで。さらに通は生クリームを舐めながらと常連さんに教えてもらい、試してみると、これがまた合う。またここで割り物を頼むと25度の金宮で濃いめに作ってくれます。この店、その後通い続けてすっかり常連になってしまいました。

IMG_2582

通路の奥はビニールで仕切られ、その奥には居酒屋があります。一応店の体をなしていますが、床はまさに路地裏と言った感じの石タイル張り。しかもデコボコです。つまりここは本来ガード下を通り抜ける路地裏で、その通路の左右に何軒もの飲食店が軒を並べていたと言う形。
この店は宮ちゃん、ふじくら。お通し300円。元々二つあった店の仕切りを取っ払って一つの店にしたとか。通路側のコの字カウンターと二つのテーブル席、奥に1本のカウンター。どちらかが宮ちゃんでどちらかがふじくら。

IMG_2584

こちらは奥右手のストレートカウンター。そのカウンターの上にはデンモクが。なんとこの店、カラオケまであります。聞けば夜9時半以降、一曲200円で歌えるとか。普通にカラオケ居酒屋なのです。

IMG_2585

店の隅はガード下のアーチ型を思わせる斜めの壁となっています。カラオケは早い時間だと隣の店に迷惑掛かるからとのことですが、そもそも通路を挟むカウンターのみの4店舗とはヒラヒラなビニール一枚で遮っているのみなのですが!

IMG_20181215_210558

ふじくら店内の左手のコの字カウンターの奥、さらに左手にビニールシートの仕切りがあり、そこを入ればガード下正面に見て一番左手の「翠」と「かえる」の看板の下の扉に抜けられる。

IMG_3400

外側(写真)が「翠」になりますが、ここだけガード下の工体が露出しています。意味の無い庇が謎を呼ぶ。

IMG_3444

翠さんは長いカウンターの店を大将が一人で切り盛りしており、おでんがメインです。

DSC_0111

トイレは通路の真ん中に共同トイレがあります。男子便器の間隔が狭く並ぶと肩と肩がぶつかる。ちなみに女子トイレは右手の扉。ちなみにこの路地は神田小路というそうです。

IMG_2607

宮ちゃん及びふじくらの奥、突き当たりのカウンター右手には扉があり、出ると線路の東西を結ぶ車道に出ます。この展開、予想外。とは言えこのように現在では奥の二店舗が一つの居酒屋になっているので、実際通り抜けるのは気が引ける。

IMG_2610

線路下を南西から北東に抜ける車道には宮ちゃんの入り口、右に次郎長寿司の暖簾、3〜4年前に90過ぎのお母さんが腰を悪くして店を閉めてしまった立ち食い蕎麦「神田そば」。

IMG_0346

上の写真は2015年1月に訪れた当時の写真。この時に食べておけば良かった。

IMG_2609

そしてさらに右手には立ち飲み「やったるで〜」さん。線路に対して斜めに横切るので意外と距離があります。右手奥に見えるのは神田駅南口の東側出口。つまりこのガード下は三角形の形をしております。

IMG_2621

立ち飲み「やったるで〜」さんは生380円、割り物250円、おつまみは100円の小皿から焼き鳥は2本セット200円と実に安い。お通し代を取らないながらもサービスで小さな柿ピーが出ます。[地図

IMG_2791

ここでもコーヒーハイを発見。ここのコーヒーハイは業務用焼酎をアイスコーヒーで割ったもので、コーヒー感が濃いい。

IMG_20190216_223406

店の奥の扉を開けると狭い路地があり、左に進むと右手にスナック「るり」を見つつ突き当たりに次郎長寿司。トイレはこの次郎長寿司のトイレが共同トイレとなります。扉を思い切って開けると寿司食ってる人の背中に当たるので注意。

20180619_182504812

左に曲がって寿司屋のカウンターの後ろを通り抜ければ宮ちゃんの隣に出ますが、ここも通り抜けるには気が引ける。特にこのスナックるりはいずれ訪れて見たいと思います。なんでも寿司屋の奥さんが先代(義母)から引き継いだ店で、戦後の昭和22年からやってるとか。

IMG_2615

立ち飲み屋の裏口から右に行くと、線路下の立ち飲み屋角から北西に抜ける車道。絵に書かないと非常に説明し辛いのですが、まさに迷宮といった様相。しかもそれぞれ二階もありカラオケボックスが有ったりします。ここにはかつては赤線もあったという噂ですが、まだまだ全容解明には至りません。

IMG_20190126_231646

チェーン店でも何でもなさそうな怪しいカラオケボックス。

IMG_20190126_232343

案の定天井は低いものの、普通に安いカラオケボックスでした。

上野の超有名店である大統領などは耐震補強工事で一旦ガード下の店を閉めましたが同時に近くに広い新店舗を造り、工事が完了するとまた元の場所に店を建て直しました。観光客でいつもごった返していた大統領は資金もあり後継者もいた事から継続できましたが、ガード下の多くの老舗は店員の高齢化や常連客の定年退職などで閉めてしまう店がほとんど。この神田駅南口のガード下三角地帯も消える運命にあります。私はその最後まで、この素晴らしいガード下飲み屋街を見届けようと思います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ