ちょんの間

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

      ⬜ 鰻田ニョロの小説部屋 ⬜

神奈川県横須賀市安浦、赤線地帯だったちょんの間跡地

 赤線跡を巡るブログなどではさんざん紹介され尽くした感がありますが、以前より行こう行こうと思いながらなかなか機会がなかった横須賀安浦に行ってきました。

IMG_1125

 安浦の私娼街跡は京急の県立大学駅から海の方へ進み、国道16号線を渡った一帯になります。

IMG_1120

 安浦は皆ヶ作、柏木田と並ぶ横須賀三大私娼街の一つで、大正時代、安浦漁港の近くに作られた色町が発祥。戦後、横須賀の進駐軍相手に栄えたのが最盛期で、売春禁止法以降は細々と続いていました。それも2010年頃の一斉摘発まで、ちょんの間地帯として生き残っていたと言うから驚きです。

IMG_1112

 現在は至って静かな住宅街ですが、街のいたるところにカフェー建築の名残りが見受けられます。写真は銭湯『日の出浴場』隣のモザイクタイル。

IMG_1109

 廃業した床屋さん跡地ですが、入り口脇のガラスには良美軒の文字が。床屋または理容室で良美軒て屋号はどうかとか考えてしまいますが、そんなふうに考え始めたらキリがない。

IMG_1113

 私娼館だった建物、という確証はありませんが、限りなく疑わしき建物。入り口の数や築年数などから、恐らくは。

IMG_1114

 とは言え、現在では普通の民家として住んでいる方がいらっしゃいます。

IMG_1116

 どうやら住民の方々としてはこの地域が私娼街だった事を黒歴史として消したいという思いがあるようです。その証拠に住民の要望によって京急安浦という駅名も県立大学へと変えられたとか。

IMG_1121

 工務店の事務所ですが、とても工務店には見えない建物。

IMG_1122

 現在残っている建物の中では、こちらが一番面影を残しているようにも思えます。安浦を撮影した先輩方のブログを見るに、つい最近まではもっと見事なモザイクタイルの残るカフェー建築が有ったのですが、ここ数年で解体されてしまったようです。

IMG_1119

 二階の床付近の小窓は、熱海の建築物でよく見られた、掃除用掃き出し口です。昔は箒で外に掃き出し、あとは風が飛ばしてくれるという考え。

IMG_1123

 こちらの窓も特徴的です。しかし何度も繰り返すようですが、どれも現在は住民が静かに暮らす住宅として使われているので、あまりパシャパシャ写真を撮るのも気が引けます。なので、こっそり撮りました。(笑)

IMG_1124

 安浦地区の海側はかつて漁港のあった埋め立て地で、巨大なマンションが林立しています。安浦は新築の一戸建て住宅も多いので、再開発される事はないと思われますが、この『いわく付き』の歴史を風化させなければ、地価などにも響くのかも知れません。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

町田市原町田、仲見世商店街~ちょんの間跡地

 町田市はよく神奈川県だと思われがちです。新宿から小田急に乗り、多摩川を越えて一旦神奈川に入り、百合ヶ丘などの山里を越えた向こうにあるので、無理も無いです。繋がっていても飛び地扱いなのが町田。

IMG_20150604_072654607

 しかし町田は、その辺の地方都市よりもずっと栄えています。この時点で密かに地方扱いなのは内緒。

IMG_20150604_072928481

 小田急とJR横浜線が交差しているため、新宿にも横浜にも出られるのが魅力で、丸井を中心とした商業地区はいつも活気に満ちています。ハンズもあればドンキもある。

IMG_20150605_16061546

 かつては長崎屋もありましたが、すでに潰れて解体中。しかしながら、車社会となった現代で、これほどまで廃れずに賑わっている郊外の駅前も珍しいです。

20150731_191235_329

 町田は大田区や下町方面と違って高齢化問題も無く、街は若者に溢れています。さすが小田急沿線と言ったところでしょうか。商業施設の前のスペースに屋台のワゴンを停め、簡単な椅子を並べただけの、気軽に飲める店を見つけたりもしましたが、コロナビール500円。oh!リッチピープル!
 駅前の路地にも立ち飲み屋は有りましたがチェーン店系で、立ち飲みのクセにお通しキャベツで200円も取る。

IMG_20150603_182459116

 そんな商業地区の奥に、昭和の香りが残る仲見世商店街があります。

IMG_20150603_182309157

 一年ほど前に一度通り過ぎた事があるのですが、その時と比べて随分シャッターが閉ざされています。

IMG_20150603_182221138

 この商店街は関東大震災後、旧国鉄原町田駅前(現在のJR町田駅より南)から旧町田街道までの抜け道として出来たそうです。

IMG_20150603_182331210

 商店街の中ほどに路地があり、商店街と並行する形で飲食店街があります。

IMG_20150603_182340187

 商店街は震災後の建造だからでしょうか、丈夫な鉄筋コンクリートで出来ていますが、その脇の飲食店街は青空にバラック。

IMG_20150603_18252528

 店は居酒屋からバー、スナックまで、一通り揃っています。

IMG_20150603_182555477

 路地の奥には共同トイレ。つまりこの飲食店街はトイレの無い屋台が発祥という事でしょうか。

IMG_20150731_190649742

 仲見世商店街の一本町田駅寄りの路地に佇む立ち飲み屋『まる助』。

20150731_184206_741

 飲み物400円均一(生ビールは小さめ)、食べ物300均一。お代は湯呑みにお金を入れておけば、そこから大将が抜いて行くシステム。
 内装は新しくしてますが、建物自体はかなり年季が入っており、大将が一人で店を切り盛りしてます。
 激安とまでは行きませんが、地価も高いのかも知れず、まぁ、こんなもんかなと言ったところ。しかし、町田に於いては貴重な存在です。

IMG_20150603_183504722

 一方、JR横浜線町田駅を越えて南口に出ると、先ほどまでの賑わいが嘘のように閑散とします。

IMG_20150605_153700429

 南口を出てすぐのところを流れる境川の周辺はラブホ街となり、急に人影が無くなります。ただ、一人の外国人女性が橋の袂でずっとスマホをいじってたりして、実に疑わしい。

IMG_20150605_154136963

 そのラブホ街の奥にはかつて「田んぼ」と呼ばれていた、ちょんの間地帯が広がっていました。実はこの境川が県境で、川の向こうのちょんの間跡地は神奈川県相模原市鶴間本町となります。当時は東南アジア系不法入国者の温床とも言われていました。

IMG_20150603_183638115

 その昔よく「追跡!警察24時」みたいなドキュメンタリー番組で、神奈川県警による町田のちょんの間一斉摘発の瞬間なんかをやっていましたが、橋を渡っちゃえば管轄外になって逃げられたりしたんでしょうか。(笑)

IMG_20150603_183808144

 度重なる一斉摘発の末、2007年頃には壊滅。その後立ちんぼが周辺のホテル街に出没していますが、跡地は現在、ただ駐車場が広がるのみ。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

神奈川県横浜市、黄金町ちょんの間跡地

 京浜急行で横浜から二駅、日ノ出町から黄金町にかけての線路沿いにチョンの間と呼ばれる地帯がありました。いわゆる売春小屋です

IMG_2076


IMG_2077

 黄金町は戦後、闇市とともに生まれた青線だったそうです。

IMG_2072

 間口一間。一階で客を引いて二階でヤルっていう方式。

IMG_2074

 表向きはあくまでも『スナック(飲食店)』と言う形を取っていたようです。

IMG_2075

 しかしながら2009年のみなとみらい博に伴うクリーン化、県警による一掃作戦などによって壊滅しました。掃討作戦の後、ここで働いていた中国、韓国系娼婦たちは、先ほどの福富町界隈へと流れて行き、ストリートガールとなったと聞きます。掃討できてないじゃん!ww

IMG_2073

 現在では若者たちへアトリエとして開放したりして、街のイメチェンを図っております。
 そこの女子大生!あなたが作品を展示しているその場所はヤリ部屋だったんだよ!

IMG_2069

 周りには新築マンションが何棟も建ち並び、線路の高架線も補強工事中。川沿いの歩道も綺麗に整備されていました。もうちょっと昔に来てみたかった。

IMG_2068

 黄金町から大岡川を隔てた対岸、末吉町にひっそりと佇むストリップ小屋『黄金劇場』。建物の中から、昼間っから拍手と歓声が聞こえて来ました。

IMG_2067

 ただその後、2012年2月に女社長が踊り子に売春させた罪によって摘発。その後オーナーの交代やらなんやらで2012年11月末に8ヶ月の休業となり、翌2013年7月に不動産店返却。廃棄処分となったとか。

DCP_0894

 日の出町から川沿いに海へ向かうと野毛。そこに都橋飲食店街があります。

DCP_0895

 川の曲線に合わせた団地のような造りの二階建て建造物。二階はほぼ全てスナックとなっております。昭和39年、東京オリンピックに際し川沿いのバラックの屋台を全て移転(強制)したのが始まりだとか。酔って川に落ちたなんて人も居たかも知れませんね。

IMG_2089

 ちょっと離れますが、阪東橋商店街の先にあった、旧・横浜市立大学医学部棟跡。これから解体工事が始まるようです。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

川崎市堀之内町、歓楽街とちょんの間地帯

※2015年2月、小町横丁の記事を加筆し、ちょんの間の写真も4点追加しました。ちょんの間は2015年現在でもしぶとく生き残っています。

 西口(内陸側)は再開発に次ぐ再開発で高層マンションの林立するようになってしまった川崎。しかし京急川崎駅のある東口(海側)は古いデパートやアーケード商店街の残る、昔と変わらぬ街の姿を今も残しております。
 改良工事中の京急川崎駅から繁華街を抜けた先、堀ノ内の手前辺りには、ポツリポツリと飲食店が点在する微妙な飲み屋街となっています。

IMG_20150207_124906184

 その中に小町横丁という路地があります。入り口の看板はほぼ外されておりますが、実際に営業しているのは二~三軒のみのようです。

IMG_20150207_124926759

 スナックや小料理屋、謎の事務所などが並んでいるのはアパートの一階部分。

IMG_20150207_124934825

 左に目を向けると、建て増しされたバラックが顔を覗かせる。

IMG_20150207_124953918

 路地というより共用廊下といった感じの通路の奥は行き止まり。既に他人の家の雰囲気です。一度、夜に訪れてみたいものですが、なかなかにしてハードルが高い。

IMG_0919

 更に奥へ歩くとソープ街。別にソープ街を撮ったりはしません。呼び込みの兄さんたちに怒られそうだし。今回(2010年)は滅亡を噂されていた堀之内のチョンの間地帯を撮影して来ました。
 2009年の夏、ニュースになるほどの大掛かりな一斉摘発が行われ、その後も県警による撲滅作戦は続いておりました。
 しかし、しぶとくもまだ生き残っていた!

IMG_0913

 貸会議室や貸店舗の貼り紙が至るところに貼られている中、昼間から明かりを灯している場所が三軒も。中を覗くとにこやかなオバチャン。頑張ってます。

IMG_0917

 夜になればもっと多くの場所で明かりが灯る事も想像に難くないです。

IMG_0912

 近年ではそのほとんどが韓国人に占められ、不法就労の温床とも言われて来ました。周りをソープランドに囲まれる中、格安の娼家が軒を連ねる。外観は以前訪れた黄金町界隈と同じであります。

IMG_0918

 この街を歩いていて、ふと思った事があります。もしかして去年のちょんの間一斉摘発は、不況に喘ぐソープランドを経営する人たちが、組を通して県警に働きかけたのではないかと。相手は韓国人だし、安い値段で売春をしている訳だから、消えて欲しいと願うかも知れない。ただ、不法就労の摘発となると公安も絡んで来る訳で、一概には何とも言えませんが。

IMG_0916

 と、ここまでは推測でしたが、ソープランドの業者に煙たがられているのは事実です。そして一斉摘発で川崎のちょんの間も全滅との噂がネット上に流れましたが、実際に全滅したのは外国人の不法就労者のみです。そして現在、日本人の娼婦たちによる『ちょんの間』が明日をも知れない状況の中、細々と復活しつつ、あるとか無いとか……。

2010年1月撮影、2015年2月更新。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

大阪市西成区(1)、飛田新地

 現代に残る遊郭建築。そこに残る赤線地帯、飛田新地です。

IMG_0483

 午前中なら撮影できるかと行ってみましたが、何軒か開いてる場所もありました。本来この場所でカメラを構えていると、怖い人に摘み出されるそうです。人目を憚っての撮影。

IMG_0472

 玄関先に女の子が座り、やり手ばばあが声を掛ける。連れ(女)が中を覗くと、決まって女の子は団扇で顔を隠してました。

IMG_0479

 東京で言う所の、かつての吉原遊廓と同じく。一画を隔離する塀や、大門の跡も残っているそうです。(残念ながら発見出来ませんでしたが)

IMG_0480

IMG_0481

 昭和三十年代の売春行為規制法にて日本から遊廓という物は消滅したそうですが、この一帯は『料亭』と言う名目で、場所を変えずに存続している。つまり赤線です。

21A0C47D-37D3-4925-89A2-A70102292D5D

 昭和四十年代にも規制がありましたが、今や根強く生き残った唯一の違法娼館と言っても過言ではありません。吉原がもし全焼していなかったら、現在のようなソープランド街が別の場所に建てられる事も無く、このような形で残ったかも知れません。

IMG_0473

 飛田新地の中にある、完全予約制の料亭。大正時代の建造で遊郭だった建物をそのまま料亭にしております。

IMG_0532

 往年の華やかさというか、人によっては悪趣味にも映るような派手でケバい装飾。文化財に指定されています。

IMG_0519

 食事は鯛ちり。美味い上に量も多く、おなかいっぱいです。料亭と言っても、とってもリーズナブル。飲み放題も付いて、一人4~5千円です。

IMG_0521

 大阪にはまだ松島新地などの同様の場所もあり、他の地方都市などでも同様の物がもし有れば、行ってみたいです。

撮影・2009年8月

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ