石川県

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

石川県金沢市、新天地と金沢中央味食街

金沢は2006年と2007年に訪れていますが、いまだに観光名所には行っておりません。そして今回も。

IMG_2036

金沢随一の繁華街である片町。しかしちょうど新型コロナウイルスにより石川県が非常事態宣言を発令。旅の疲れも有るし夜は大人しくしていました。

IMG_1922

大通りから路地を1本入った所にある飲み屋街、新天地。戦後、昭和25年頃からある飲み屋街ですが、かつては青線地帯でもあったとか。

IMG_1920

二階建ての長屋が連なっていますが、店は改装を重ね店主も割と若い方が多いようです。

IMG_3192

ただ時節がら約7割のお店に臨時休業の張り紙が。

IMG_1912

今回金沢を訪れた目的はこちら。金沢中央味食街。屋根の低さにまず驚く。

IMG_3187

このバラック横丁、13年前にたまたま通り掛るも、その雰囲気に二の足を踏んでしまい入りませんでした。その事がずっと後悔として残っていて。

IMG_1905

しかし今回、この路地裏飲食店街全体が休業中。そりゃ狭い密閉空間に密集するんですから当然でしょう。

IMG_1900

突き当たって左手に曲がると、裏手にも店が。しかもここ、空き店舗は無く20軒全てが営業しているそうです。金沢恐るべし。ここはコロナ騒動が沈静化してから、また改めてリベンジしたいと思います。

IMG_1928

大通りに出るとH&Mなんかあったりして、普通に都会って感じがします。しかしよく見ればそそるビル地下飲食店街も。

IMG_1931

大通りを北へ進むと犀川にぶつかり、片町界隈はここまで。川の向こうは料亭街などがあります。この大正13年に掛けられたという犀川大橋もかっこいい。

IMG_2031

川向こうは寺町。まず目に止まるのがこの木造建築。

IMG_1935

この見事な木造4階建の建物は懐石料理の山錦楼です。

IMG_1942

正面に回るとこんな感じ。内部も見たいけど、敷居も値段も高くて到底無理ってもんです。

IMG_1941

向かい側に建つのは山錦楼の別館のようです。

IMG_1940

その右隣にも懐石料理の店、春次郎が。

IMG_1943

坂を登り切った所にある古い建物、こちらは会社か何かのようです。ともあれ川を隔てた片町界隈と寺町とのギャップがえげつないです。
さらに奥へと進めば西茶屋街などもあるのですが、それはまた次の機会に。

石川県輪島市、間垣に囲まれた上大沢集落

能登半島の日本海側は内浦地区と雰囲気が一変し、荒々しい地形となります。

IMG_1807

海岸線は断崖絶壁となり、小さな河川が注ぐ狭い河口や山の中腹の僅かな平地に家々が身を寄せ合って集落を形成しております。輪島より集落と集落を結ぶ道は険しく、人の行き来を拒んでいるよう。

IMG_1809

輪島から西へ海岸伝いに行った上大沢地区。近隣の集落へ行くにも一度崖の上まで登り、峠道のような狭い道で尾根をいくつか越えて行かなければならない文字通り陸の孤島。もし富山湾側のように海岸線ギリギリに道を通そうものなら、日本海の荒波に一瞬で呑まれてしまいます。

IMG_1812

日本海側の集落の特徴として、海から吹き付ける北風から家々を守る間垣という囲いがあります。

IMG_1815

ここ上大沢地区のそれは集落全体を囲む大規模なもの。集落へ入るにも海側からだと、ご覧のような引き戸を開けて入ります。

IMG_1818

つい、ごめんくださいと言ってしまいそうな引き戸を潜れば集落が広がっています。

IMG_1821

振り返れば間垣の向こうに日本海。以前は北陸鉄道の路線バスも走っていましたが廃止され、2019年10月より輪島市によって「愛のりバス」というスクールバスが運行されています。輪島行きが朝2本昼1本、輪島発が昼1本夕方2本で、一応一般の人も乗れます。ただ運賃が一律100円で、輪島市に税金を払ってない他県者としては申し訳ない気分。タクシーを利用すると5000円以上掛かる距離だし。

IMG_1824

集落には狭い路地が張り巡らせられており家々の境界も曖昧。なんだか異世界に飛び込んでしまったような感覚。

IMG_1828

しかも集落のほぼ全ての家屋が板貼りの木造建築。国の重要文化的景観に指定されていますが、選定されたのが2015年。それまでにこれほど木造建築が密集して残っていたのは奇跡に近い。

IMG_1831

まるで映画のオープンセットのよう、と思ったら、ひと山越えた東隣の大沢地区では2015年NHK朝の連続ドラマ「まれ」のロケ地に使われていました。そのドラマ見た事は無いんですがね。

IMG_1876

集落は川の左岸(西側)に細長く、背後には山が迫っております。

IMG_1883

家々が密集しているため、路地のいたるところに消火栓があります。この狭さでは当然消防車など入って来れず、それ以前に輪島から消防車が到着するまで30分近く掛かる。火が出たら全滅の可能性だってある。

IMG_1880

このような隔絶された集落でも猫はいる。

IMG_1874

間垣は海岸から川沿いに沿って、ずっと続きます。谷が狭いため川伝いに風が吹き込むのでしょう。

IMG_1869

漁具でしょうか。海底のウニとかワカメとか取れそうな形。

IMG_1885

集落の一番奥には神社もあります。夏には祭も開催されていますが、すでに高齢化が進んでいるため山車の曳き手にも困っている事でしょう。

IMG_1858

集落の奥には川沿いに水田地帯が広がっています。いわゆる半漁半農を生業として来たようです。

IMG_1846

輪島の北東部にある千枚田は有名ですが、この間垣の里は直前まで全く知りませんでした。もっとも隣の大沢地区に民宿が一軒あるのみで、この上大沢地区には商店はおろか自動販売機すら無く、観光スポットとしてもマイナー中のマイナー。本当に明治大正から時が止まっているかのようです。

IMG_1851

間垣がニガタケという細い竹を使用してますが、まるで城壁に囲まれた都市国家のようにも見えて来ます。ウドを採って来たお婆ちゃんに挨拶するとにこやかに返事してくれましたが、ここまでの秘境となると村社会的意識も強かろうと想像します。

石川県能登半島、旧・のと鉄道廃線跡(後編)

現在旧能登線のルートを代替バスが走っており駅の無かった集落にもバス停が出来て、結果的には大量輸送出来ない代わりに利便性が向上したのかも知れません。

IMG_3154_Original

こちらは波並駅跡。海沿いの駅で桜並木も見事。

IMG_1720

無人駅ですが、もし鉄道が走っていれば素晴らしいロケーションです。

IMG_1721

待合室も当時のまま残っていました。富山湾沿岸の内浦地区が波も穏やかで、海岸線ギリギリを道路と線路が走っていました。ただ漁村の背後には山が迫り、このような地形ゆえに道路の拡張が難しく、一部の地域では未だに1車線道路のまま。その頃はまだ鉄道の利用価値も高かったのですが、山間部に道幅の広いバイパスが開通すると、穴水や金沢方面への人の流れが変わり、鉄道廃止の一因となりました。

IMG_3146_Original

波並駅跡と藤波駅跡の間、跨線の下に廃車両が打ち捨てられています。

IMG_3150_Original

この車両、NT123形気動車は元々宇出津駅に留置されていた物を、宇出津駅構内の線路の撤去、並びに構内の再開発に伴い、線路の続く限り移動されてこの場所に辿り着いたとか。辛うじて雨をしのげる跨線下を選んだのは、頑張って来た車両に対するせめてものはなむけでしょうか。

IMG_1712

車両の脇には2003年に開業した能登空港の広告。のと鉄道廃止までの1年半、貼られ続けていたという事でしょうか。羽田から1日2便直行便が発着することで、奥能登の発展を夢に見ていた事でしょう。

IMG_1641

こちらは宇出津駅跡。現在は図書館や公民館などが入るコミュニティセンターが跡地に新設されています。

IMG_1644

宇出津駅跡より珠洲方面に少し歩くと、トンネルの跡が残っています。

IMG_1622

こちらは珠洲にも近い鵜飼駅跡。現在駅舎はカフェとして再利用されています。

IMG_1624

鵜飼駅跡のプラットホーム。桜が咲き誇っていました。

IMG_1631

待合席の跡も残っています。のと鉄道の遺構はほぼ全ての駅がこのような形で残っております。

IMG_1620

こちらは珠洲駅跡。現在すずなり館としてバスターミナル、お土産店、観光案内所などが入り、奥能登の観光拠点となっています。

IMG_1615

ホームと線路は当時のまま。廃線跡では大抵全ての線路が撤去され再利用されているのですが、ここは鉄道が走っていた事を記憶しておこうと保存されています。

IMG_1616

駅名表示板が国鉄時代の物でしょうか。

IMG_3128_Original


IMG_3131_Original

正院駅と終点の蛸島駅の間、一両の車両が佇んでいます。

IMG_1607

この車両、NT102形気動車はNPO法人のとレール・エア21に譲り受けられ、2007年を目処に体験運転の出来る動態保存を目指していました。しかし資金難やスタッフ不足によるのでしょうか、見ての通り朽ち果てております。

IMG_1604

しかし2019年12月、石川県珠洲市にある石川県立飯田高等学校が授業の中で行っている探究型学習「ゆめかなプロジェクト」で、「廃列車カフェを開こう!」を目標に集まった生徒達が企画し、草刈りや車内清掃などをして、二日間限定で廃列車カフェを開催しました。今年2020年4月、第2回廃列車カフェを計画していましたが、新型コロナウイルスの影響で延期。現在のこのウイルスが沈静化し元の生活が戻って来た折には、ぜひまた実現して欲しいものです。

IMG_3135_Original

最後に終着駅の蛸島駅跡。

IMG_1583

珠洲市の東の外れにある小さな漁村で、ここより北東には小さな漁村と能登半島の先端、禄剛崎しかありません。まさに最果ての街。

IMG_1586

ここにも見事な桜が。のと鉄道能登線沿線の多くの駅には桜が植えられており、もし鉄道が走っていたら花見列車として立派な観光資源となった事でしょう。

石川県能登半島、旧・のと鉄道廃線跡(前編)

かつて北前船が流通の主役だった時代より鉄道の時代へと移り変わり、能登半島は果ての地となってしまいました。しかし鉄道網の発展により1935年、北陸本線の津幡より外洋に面する輪島へ至る国鉄七尾線が全線開通。その後富山湾に面する内浦地区の各漁村を結ぶべく、穴水より枝分かれして蛸島へと至る国鉄能登線が1964年に全線開通した。

IMG_1753

しかし人口減少や自家用車の普及に伴い赤字路線となり廃止の危機を迎えるも、国鉄がJRへと分割民営化された後の1988年、和倉温泉以北の七尾線と能登線は第三セクター形式での存続が決定。のと鉄道が発足する。写真は現在の穴水駅構内。

IMG_3157_Original

当初のと鉄道は運転本数を増やすことで利便性を向上させ黒字経営に転じさせた。しかし半島の中央などに道路が整備され、モータリゼーションに少子化や過疎化の波が追い打ちをかけた結果、2001年には穴水〜輪島間が、2005年には穴水〜蛸島間が廃止されてしまいました。かつて観光列車として活躍したのと恋路号が、蛸島方面へと向かうホーム跡に留置されたまま。しかし車両はイベント会場等に再利用されています。

IMG_1970

今より32年前、当時19歳だった私はJR能登線からのと鉄道へと変換する場面に立会いました。写真は1988年3月24日、JR能登線最後の日。当時写真の専門学校生だった私は自分で現像やプリントをするため、モノクロ中心で撮影していました。

IMG_1972

どこで撮影したか記憶が定かではないのですが、藤波〜波並付近かと思われます。

IMG_1735

今回はその旧・のと鉄道能登線の廃線跡を巡っていきます。

IMG_1737

まずは沖波駅跡。無人駅でしたが待合室が残されています。

IMG_1738

線路の下をくぐる坂道の途中から待合室の脇を通っていきます。

IMG_1971

1988年3月25日、のと鉄道開業の日は地元の子供たちによる駅伝大会が催されていました。

IMG_1740

階段を昇ればプラットホーム。

IMG_1968

皆、手に手に小旗を振って新しい列車を歓迎していました。

IMG_1741

現在の姿がこちら。廃止より15年の月日が経ち、竹藪に覆われてしまいました。

IMG_1967

酔っ払ったお父さんがホームで踊り出す。当時は地域住民の方々がお祭り騒ぎで開業を祝っていました。

IMG_1746

今では列車も来なければ人も来ない、忘れ去られたプラットホーム。

IMG_1747

子供達は都会に出て老人達は亡くなられ、人々の記憶からも風化して行く。私自身も当時どこの駅で撮影したか思い出せず、ネットの画像から恐らくここだろうと予想して訪れました。

IMG_1734

こちらは矢波駅跡。海と集落を隔てる線路の盛り土が、堤防のようになっています。

IMG_1731

ホームに昇れば見事な桜並木。

IMG_3156_Original

入学シーズンには新入生の子供達を送り出して行ったことでしょう。

IMG_1730

奥能登の未来を築くのと鉄道。残念ながらその役目は鉄道には果たせず。

後編につづく。

石川県輪島市、赤線地帯跡の観音町

輪島は古くは北前船で栄え、その後朝市や輪島塗りで有名となり観光地としても発展して来た漁師町です。ちなみに輪島の朝市は日本三大朝市の一つと言われています。

IMG_1801

しかし観光客の数は減少の一途を辿り、ついには鉄道も廃止。過疎化の波も押し寄せ今ではすっかり寂れた観光地となってしまいました。

IMG_1787

輪島塗りの工房長屋。伝統を受け継ごうという方々に貸しアトリエのような形で工房を提供しています。

IMG_1790

街の中心に鎮座する重蔵神社の隣、東側に赤線地帯の跡が広がります。

IMG_1792

現在ではスナック街となっていますが、昔も今も海の男たちのための歓楽街であり続けています。

IMG_1797

最も遊郭建築の色を濃く残す建物。現在では民家として使われています。

IMG_1798

昔の面影を残す建物は民家やカフェ、飲食店として再利用されていますが、スナックなどは遊郭建築を取り壊した上に建て替えられているのがほとんど。

IMG_1795

特に文化財指定も受けず、貴重な建造物が次々と壊されていきます。

IMG_1799

元は遊郭で戦後は赤線。そして昭和33年の売春禁止法により、輪島の色街は姿を消しました。

IMG_1788

夜はこちらのスナック英恵に。地元のお父さんと気さくなママさん。良い店でした。

IMG_1781

宿泊したのは海沿いに建つホテルルートイン輪島。すっかり酔って帰ってから入浴してしまいましたが、ここの大浴場が予想外の素晴らしい温泉でした。酔ってたもんで写真も撮ってませんが。はっきり感じるヌメり感、仄かに漂うアブラ臭、かなりしょっぱい塩味。ここはまた泊まりに来たい。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ