番外編

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

【日記】外出自粛につき昔の写真などを

連休が暇なので押入れをひっくり返し、昔の写真をいくつか引っ張り出しました。探せばもっと色々出て来そうですが、いちばん自由に旅をしていたのはやはり専門学校生時代。高卒で上京し最も時間を自由に使えた1988〜1989年頃。折しも国鉄分割民営化の時代です。

IMG_2071_Original

真冬の津軽鉄道へストーブ列車を撮りに行きました。

IMG_2086_Original

もう30年以上も前。当時は自宅アパートを暗室にしてモノクロの現像からプリントまでやってました。

IMG_2084_Original

日本海側の冬は雪が真横から打ち付けると、この時初めて知り衝撃的だったのを覚えています。

IMG_2090_Original

恐らくは五所川原駅かと思われますが、もはや記憶も曖昧。

IMG_2049_Original


D1B11098-4146-48F9-8BDF-AA1FB05F1411

キハ22やナハフ1200など今では超貴重な車両たちも写り込んでいますが、なんでちゃんと撮って無かったかなぁ。

IMG_2080_Original

津軽鉄道のストーブ列車は現在でも現役で走り続けていますが、利用客の服装や雰囲気なんかは昭和の匂いがします。

5C90F460-4E7C-4CE0-9890-B4178046DADD

この頃は本気でジャーナリスト目指してたなぁ。

IMG_2083_Original

当時まだ19歳かそこいら。若かった。

IMG_2087_Original

津軽弁がほぼ外国語だったのもこの時初めて知った。

IMG_2070_Original

久々に訪れてみたいです。相変わらず何もないでしょうが。

IMG_2046_Original

こちらは下北半島、1994年に廃止となった日鉄鉱業尻屋崎専用線。鉱山から港まで石灰石を運んでました。鉄チャンとしてもセレクトが渋い。廃止寸前の物を記録として残しておきたいと言う気持ちが強かった。

IMG_2010_Original

こちらは南部縦貫鉄道のレールバス。

IMG_2008_Original

1997年に営業休止、2002年正式に廃止となりました。

IMG_2003_Original

野辺地駅。今では防雪林が残るのみで、ホームは跡形も無くなっています。

IMG_2009_Original

このバスみたいな運転席。タブレットも健在でした。

IMG_2002_Original

乗客は自分以外、地元の方が1人。この頃からもはや赤字ローカル線でした。

IMG_2005_Original

終点の七戸駅。廃止後、保存会によって七戸駅跡にて動態保存されているとか。

IMG_2006_Original

沿線には牧場ぐらいしか無かった覚えが。この何も無さが好きでした。

IMG_2073_Original

ここは廃線跡巡りでまた訪れてみたいです。

IMG_2068_Original

最後に岩手開発鉄道。

IMG_2092_Original

現在でも貨物専用線として運行されていますが、1992年に旅客運行が廃止。

IMG_2094_Original

この頃は日頃市小学校及び中学校への通学で利用されていましたが、少子化の波で廃止となったのでしょう。

IMG_2015_Original

訪れた当時、小学校の社会科見学でしょうか、日頃市の駅員さんが子供たちに何か説明していました。

IMG_2014_Original

この子供たちもどれだけ地元に残り、どれだけ上京してしまったか。

1FBC8C42-6A53-4E4C-BADE-E12672D6A4A6

鉱山は大船渡市の内陸部なので津波の被害こそ有りませんでしたが、石灰石を積み出す大船渡港周辺の線路は甚大な被害に遭われました。現在では線路も復旧し専用線として運行されていますが、震災後の人口減少も相当進んでいる事でしょう。

今回は岩手青森の写真をデジタル化しましたが、押入れを探せばまだまだ古い写真が出て来ると思います。

【年末スペシャル】記憶に残った情景(2019総集編)

早いもので2018年も終わりです。そこで毎年恒例としている印象に残った情景、2019年の総集編をお送りします。
今年はとにかく経済的、時間的余裕のない一年でした。特に後半、遠出も出来ずブログの更新も滞ったまま。木更津や土浦、百里などの基地祭なども予定してても結局仕事が忙しかったり、台風の影響で中止になったりと、タイミングも合いませんでした。
※画像をクリックすると記事のページに飛びます。

IMG_3687

とは言え今年一発目は大分県、念願の別府上陸を果たしました。温泉を語るに於いて、西の横綱でもある別府に行かずして語れまいと。もちろん一泊程度じゃとても周りきれないので、来年も行けたらと思います。写真は別府を代表する共同浴場の竹瓦温泉。東日本の共同浴場とは造りも違っているので面白いです。

IMG_2818

同じく大分、湯布院の荒木共同浴場。畦道の先の掘っ立て小屋が極上の温泉という、一番好きなシチュエーションです。ここも近々無くなってしまうそうで、閉鎖される前に行けて良かった。

IMG_3810

大分県、天ヶ瀬温泉のオープン過ぎる混浴露天共同浴場。前の年は意を決して入ろうとするも人肌温度で跳ね上がった経験のある共同浴場、神田湯にもリベンジしました。

IMG_3868

1年前2時間ちょっとした立ち寄れず、温泉にも浸かれなかった杖立温泉へのリベンジ。寂れた風情と迷路のような路地裏を堪能しました。

IMG_3930

今年の印象に残った情景はほとんど一月の九州旅行に集約されます。それほど感動が多かった。こちらは熊本県黒川温泉の共同浴場、地蔵湯。湯布院にしろ黒川にしろ高級旅館が建ち並ぶ観光地で、訪れることなんて無いだろうなと考えていましたが、地元感溢れる鄙びた共同浴場が残っていた事が本当に発見でした。

IMG_20190315_174302

三軒茶屋の三角地帯はよく耳にしていましたが、実際に行ってみたらなんと香ばしい路地裏でしょう。この路地裏の奥にあるバラック居酒屋「オオモリヤ」さんは建物が渋いでけでなく鶏料理が絶品で、しばらく通いましたし、外観や入り口が廃墟な銭湯、千代の湯にも入りました。

IMG_2828

桜と真岡鉄道のSLっていうのはずっと行きたかった。しかし連れたちの寝坊で鉄チャン撮りが出来ず、いっそ乗っちまおうという事に。しかし50系客車に乗ったのなんか何十年ぶりだろうか。その後マニアックな刀剣博物館などを巡りつつ宇都宮へ旅行しました。

IMG_2847

今年はインスタなんぞにうつつを抜かし(笑)ていたので、ついついバエる写真なんかも撮ってしまいました。栃木市、巴波川の鯉のぼり。北関東の地方都市はよほどの目的がない限りなかなか行かないものです。

IMG_4437

しかし華やかな観光地の裏を歩けば、廃墟の多い貧民街が。こういう発見があるから街歩きはやめられません。

IMG_4539

佐野駅近くのスナック街。ほぼゴーストタウンと化していました。両毛線や東武しか走っていない栃木県南西部及び群馬県東部の地方都市は、まだまだ行った事のない街ばかりなので発見が多いです。

IMG_2906

五月は茨城の霞ヶ浦周辺を巡りました。公共交通機関の無い中、幸いにも土浦駅にクロスバイクも借りれるレンタルサイクルが有ったため、サイクリング気分で探索。途中、砂利採掘用の浚渫船の廃船が係留されたまま朽ち果てていました。

IMG_4723

鹿島海軍航空隊跡。この航空隊庁舎跡は戦後、東京医科歯科大学附属病院霞ヶ浦分院として再利用され、その病院も平成9年に閉鎖されてしまい廃墟化。その後スピッツのPVのロケ地になったり心霊スポットになったり。

IMG_2925-1

行きつけの飲み屋の前を神田祭の神輿が通る。去年から通い続けてすっかり常連になってしまった神田駅ガード下。ここも来年には無くなってしまいます。移転先として用意された耐震補強工事済みのガード下に引っ越す店もあり、近くのガード下に引っ越す店もあり、もう御高齢のため廃業してしまう店もあります。ともあれ今年は神田のガード下で飲んでばかりいました。

IMG_4893

千葉県館山市、赤山地下壕跡。帝都防衛のための戦争遺跡はここ数年ハマり続けています。ここは地下壕壁面の地層が房総ならではの見事なものでしたが、上手く撮れなかった。

IMG_2934

同じく千葉県館山市、特攻船震洋の基地跡。ハッキリと分かる遺構は少なく見た目のインパクトは無いものの、歴史を調べた上で訪れれば色々感じずにはいられません。

IMG_4945

京王線代田橋駅前のバラックおでん屋「きんせい」さん。ここは気に入ってしまい、今でもちょいちょい通ってます。

IMG_5087

今更感はありますが、向島の赤線跡地帯、鳩の街に残るカフェー建築。無くなる前にちゃんと撮っておきたかったのです。

IMG_5137

東向島の東武博物館。そこで最も食い付いたのがこのキャブオーバーバス。ボンネットバスの発展型です。もう趣味全開。

そして今年の後半は飲み歩くばかりで特に遠出も出来ず、気づけば年の瀬。とまぁ、そんな感じで、今年はあまり散歩出来ませんでした。来年は頑張ります。
では皆様、良いお年を。

【年末スペシャル】記憶に残った情景(2018総集編)

早いもので2018年も終わりです。そこで毎年恒例としている印象に残った情景、2018年の総集編をお送りします。
今年は廃墟好き+鉄道ということで、保存車両や廃車両に興味を持ちました。あと、戦争遺跡にも多く訪れ、歴史を改めて学ぶ機会にも恵まれました。
遠出では春に桐生、夏に秋田から山形と言った感じでしたが、去年同様仕事が忙しくて出掛ける余裕が無く、仕事帰りに田町の立ち飲みに寄ったり、神田や新橋で飲んでばかりの一年でした。


IMG_2262

京成千葉中央駅から先、かつて第三セクターとして開業した千葉急行の未成線区間。全線開通を待たずに千葉急行が債務超過で破綻してしまいました。ちはら台までの区間は京成が引き継いだものの単線のまま。土地開発の光と影を垣間見れます。

IMG_2348

数年振り二回目の桐生。レンタサイクルでじっくり周りました。一番好きなのがこの三吉湯。桐生では多くの古い建物が綺麗に保存されている中、地域の銭湯としてボロいまんま残っている。このくたびれた感じがストライクでした。

IMG_2474

横須賀に残る赤線地帯跡のひとつ、皆ヶ作のカフェー建築。赤線系のサイトでは有名な物件ですが、住宅街の中にひっそりと当時の面影を残しています。

IMG_2521

横須賀の手前、田浦に残る倉庫群。かつて軍港だった頃の海軍倉庫の多くをそのまま使用しています。近年までは貨物の引き込み線もあり、その廃線跡も多く残されていました。

IMG_2604

今年一番の衝撃、神田ガード下の飲み屋街。ガード下で路地が迷路のように巡っていたのは、あまりにも予想外。その後も通い続け今ではすっかり常連になってしまいましたが、今年度で耐震補強工事に伴い一斉退去させられるという噂も。来年も引き続き注目し続けます。

IMG_2773

真夏の猛暑日に坂を登って死にましたが、三浦半島観音崎の砲台跡は多くの遺構が残っていました。

IMG_2778

千葉県旭市、香取航空基地跡周辺の田んぼの中に残る掩体壕。太平洋戦争や特攻隊について色々詳しく調べ、知る機会となりました。

IMG_2949

秋田県秋田市街に残る路地裏飲食店街。残念ながら昼間にしか寄れませんでしたが、次回機会があればぜひ夜の営業時間帯に店に突入してみたいです。

IMG_3008

庄内交通湯野浜線廃線跡の途中にある、善宝寺駅跡に造られた鉄道記念館跡。保存車両も管理する人が居なくなり、朽ち果てて行きます。シチュエーションとしては今年一番のヒット。

IMG_2805

朽ち果てた保存車両にすっかりハマってしまい、秩父鉄道三峰口に放置された車両を訪れました。

IMG_3112

秩父市街は以前からじっくり散歩したいと常々思っていながらも先送りにしていましたが、三峰口のついでに立ち寄ることが叶いました。そしたら予想以上の素晴らしい建物たちが迎えてくれました。

IMG_3332

今年は戦争遺跡訪問にも力を入れました。こちらは茨城県南部の鹿島工業地帯に残る掩体壕。中には復元された特攻兵器、桜花が置かれています。桜花については去年、房総半島に残る発射台跡を訪れていますが、より深く知る機会となりました。

IMG_3353

鉾田市、鹿島灘沿岸の畑の中にポツンと佇む廃車両。倉庫として使われていますが、もはや保存車両の域を出てしまいました。台車や床下機器は外されボディーだけが置き去りにされたその姿は、なんか可愛らしくもある。

IMG_3509

年の瀬、再開発で消えてしまう渋谷桜丘町を訪れました。ずっと先延ばしにしていて行ってなかった戦前木造建築のジュネス順心も、やっと見ることが出来ました。しかしのこ再開発、範囲の広さがエグいです。街一個丸々潰してしまうほど。

とまぁ、そんな感じで、今年はあまり散歩出来ませんでした。来年は頑張ります。
では皆様、良いお年を。

【正月特別企画】回顧録・昭和の鉄道旅

あけましておめでとうございます。

正月はどこ行っても正月料金で高くつく。という事ですっかり寝正月でしたが、暇だったので押入れを漁ったりしてました。その時古いアルバムなどを開いてみたのですが、乗り鉄だった当時の写真が懐かし過ぎて、思わずセブンイレブンの複合機でスキャンし、デジタル化してしまいました。

昭和60年(1985年)の夏。当時高校2年生だった私はバイトしたお金で青春18きっぷを4冊買い、およそ18日間野宿とビジネスホテル泊と夜行鈍行泊を繰り返して各駅停車による日本一周の旅に出ました。
当時の記憶が非常に曖昧なのですが、一つの記録として写真をアップします。オリンパスOM-3にはモノクロを、OM-4にはカラーネガを入れて撮影しましたが、あまりに点数が多いため厳選します。

すいません、今回は鉄一色です。説明不足しまくりです。

scan-026

日本一周は時計周りで。宿泊費や野宿の回数を減らすために極力夜行鈍行で距離を稼ぐ。大垣行きの夜行を名古屋で降りて紀勢本線へ。写真はすれ違った特急南紀。

scan-025

紀伊勝浦-湯川間の湯川川橋梁にてEF15。当時から古い物が好きで、廃止の危機にある車両を主に追ってました。

scan-024

ここは湯川潟の入り口でしたが川原に三脚を立てていたところ、満ち潮で海水が見る見る迫って来て焦った覚えがあります。

scan-023

新宮より紀勢本線の夜行鈍行に乗車。EF58+12系+10系寝台。

scan-021

翌日は和田岬線の旧型客車を訪ねました。木場みたいに材木が浮かべてある光景なども、今では見られないのかも知れません。

scan-022

工業地帯への通勤客を乗せるためにシートを取り払った車内。今考えると衝撃的な列車でした。

scan-020

記憶が曖昧ですが、岡山で宿泊して宇高連絡船で四国に渡り、徳島を回って土讃本線の夜行鈍行にて高知へ。この時代、日本各地に夜行鈍行(又は快速)が走ってました。当時は一日2000円の青春18きっぷさえあれば、どこにでも行けた。

scan-019

数日飛ばして宮崎。日豊本線を走る寝台特急富士。しっかり撮り鉄もしてました。

scan-018

恐らく大隅線のどこかの駅にて(志布志?)、キハ26 455。大隅線はこの二年後の1987年に廃止されます。枝線は省いてとにかく海沿いの国鉄路線で一周したわけですが、今思えば時代として赤字路線が次々と廃止されていく直前のタイミングでした。

scan-017

最南端の指宿枕崎線西大山駅を訪れ、また日にちが飛びますが、日本最西端の駅、旧国鉄伊万里線の平戸口駅。だと思います多分。

scan-015

門司から福知山(豊岡?)まで、当時日本最長区間を走る山陰本線の824レに乗りました。一日中乗り続けてまぁよく飽きなかったなと。デッキの扉を開けて床に座り、餘部鉄橋で下を覗いて怖えーなんて言ってました。

scan-016

途中鳥取駅にて快速わかとりライナーを撮影。それよりも奥に写るキロ28が!

scan-014

追い越してゆく特急まつかぜ。何駅で撮ったかは全く覚えておらず。

scan-013

多分、宮津線か、もしかしたら舞鶴線のどこかの駅。場所を覚えてないのが悔やまれますが、ホームが無いという衝撃。多分短いホームからはみ出していたかなんかだと思いますが、ホームが無いて!

scan-011

あまり写真を撮っていなかった北陸本線、越後線、羽越線、奥羽本線、五能線など諸々すっ飛ばして、いきなり弘南鉄道。16歳(当時)がまた渋い趣味をしている。ガラガラと家の玄関の引き戸のように手で開けるドアに驚きました。本当にガラガラガラという音がした。

scan-012

とはいえ走っている時ぐらいドア閉めやがれ!と、少年はカルチャーショックを受けるのでした。

scan-009

青函連絡船で函館に渡り、函館本線の夜行鈍行41レで札幌へ。奥に見えるのが夜行急行大雪。

scan-008

当時はお座敷車両なんかも連結してました。

scan-007

名寄本線弘道駅。枕木を並べただけの、北海道特有のプラットホームにも衝撃を受けました。

scan-006

標津線のキハ22 116。何駅かは思い出せません。今ではその殆どの路線が廃止となり、一周なんて全く出来なくなってしまいましたが、当時は辛うじて可能でした。
函館本線〜留萌本線〜羽幌線(廃止)〜宗谷本線〜稚内〜天北線(廃止)〜宗谷本線〜名寄本線(廃止)〜湧網線(廃止)〜釧網本線〜標津線(廃止)〜根室本線〜東根室〜根室本線〜石勝線〜室蘭本線〜函館本線。

scan-004

函館本線は大沼公園を走る急行ニセコ。マニ50が時代を感じさせる。

scan-003

函館の市電。この514型は1992年、東雲線の廃止により廃車。

scan-002

東北本線の場所はどこだか分かりませんが、寝台特急ゆうづる。ギチギチのスケジュールだった割には、結構いろんな所で降りて撮り鉄してましたね。

scan-001

盛駅にて岩手開発鉄道のDD43。同年3月には廃車となっていたので、留置されて半年過ぎた姿だったようです。

以上、昔の鉄の話に長々とお付き合い頂き、ありがとうございます。
最後におまけ。
私のホームグランドだった根府川鉄橋にて。

scan-034

カートレイン。
渋い!
20系だし!

【年末スペシャル】記憶に残った情景(2017総集編)

毎年恒例となっています今年一年の締めくくり、記憶に残った情景総集編です。

今年は去年の年末に訪れた埼玉の廃村を引きずってのスタート。廃墟サイトでは有名な白岩集落探訪から始まりました。

IMG_2413

運転免許を持っていない私にとって写真を撮りに行くに際し、公共交通機関がどこまで走っているかと言う問題が常にあります。その点この白岩集落は歩く距離としての限界を更新しました。往復1時間近くでしかも山道。登山する方にとっては普通ですが、散歩レベルでは開き直りが必要です。しかしこの経験から行動範囲が広がったのは確か。道無き斜面を登るスキルも磨いた。
情景としては去年の山掴や栗山集落ですでに衝撃を受けていましたが、なかなかここも痺れました。

IMG_0335

今年の記事を振り返って見ると、ひたすら飲んでばかり。インパクトのある光景にはあまり出会わないまま夏を迎えます。そして北海道。去年、連続台風で8月には水没してしまったダムに沈むアーチ橋、タウシュベツ橋梁にリベンジ訪問。予想以上の迫力に圧倒されました。

1FA4161F-7F83-443E-BB2C-31A88B050D27

翌日、帯広〜釧路間を久々に鈍行列車で移動。帯広では暑いくらいに晴れていたのに、峠を越えて海沿いに出た途端に肌寒い濃霧。しかも一条の線路以外何もないという、まるで異世界に飛び込んでしまったような衝撃でした。

BC170FA2-46E2-4479-B797-C65F88208058

実に久々の都内街歩き。北千住の飲み屋の多さに驚きながら、徐々に再開発されつつある路地裏に注目しました。特にこの駐輪場に一周囲まれてしまったバラックは酷い有り様。

IMG_0692

夏は奥日光温泉へ。温泉に入れるお寺の温泉寺に立ち寄りました。朝イチ入ろうとしたら加水されておらず80度の源泉がほぼそのまま。泣きながら加水&湯もみをするという経験も、後から考えると楽しいものでした。

41068B3C-FD78-434B-9B48-3F936DC3462C

奥日光の帰りにバスの窓から見えた足尾の光景が衝撃的過ぎて、一週間も経たない内に改めて訪れることに。足尾銅山関連の遺構は前々から気になってはいましたが、この目で見ると居ても立っても居られなくなりました。

IMG_0884

すっかり廃村マニアになってしまった私は、足尾で鉱山住宅跡ばかりを巡りました。更地となり石垣しか残っていない地区から木造の長屋がしっかり残っている地区まで、当時の繁栄を偲ばせるものを多く見ることが出来ます。

IMG_0994

数年ぶり仕事で横須賀まで通うようになったので、以前ちゃんと撮れなかったスナック街を改めて歩きました。11年ぶりでしたが、あまり変わっていない事に安心。

IMG_1070

夏も終わる頃、今年は隅田川の花火も行ってないなぁと言うことで熱海の花火大会へ。とても充実した小旅行でしたが、それに絡めて以前より行きたかった超ショートヘアピンカーブトンネルへ。ただのトンネルですがカーブと斜度が半端ない、まるでサザエの中みたいなトンネルです。もう笑うしかない。

IMG_1306

夏に訪れた足尾。藪が枯れて奥まで分け入れるようになるのを見計らって再訪。一部ネットで見ることが出来るものの基本的にはタブーとされる簀子橋堆積場を見るべく、今ではほとんど使われる事の無くなった登山道を登りました。鉱毒を貯めるためのダムという、そのレアな光景に色々と考えさせられます。

E35F090F-F03B-4AEC-B304-B9CECAD5C7FD

秋も深まりを見せる足尾。まだまだ行けてない場所も多くありますがなにしろ遠いので、来年もまた行ければと思います。

IMG_1415

さて、今年の締めは九州。旧国鉄宮原線跡のアーチ橋群は周辺に広がる日本の原風景も含め、非常に印象に残るものでした。来た事のない場所なのに、学生時代の汽車旅を思い出させてくれる。

IMG_1467

杖立温泉の路地裏迷宮。なんと言うか、もはやファンタジーとも言うべき非日常的な光景の連続で、九州のネタの多さに驚くばかり。以前より行ってみたいと思っていた温泉街ですが最近メディアやネットへの露出も多くなり、メジャーになるにつれ行く気が失せかけていましたが、実際行ってみれば想像以上の衝撃で感動しました。

IMG_1513

天ヶ瀬温泉のオープン過ぎる露天風呂。ほぼ川という開放感以前に、全方向から丸見えという驚き。温泉文化のおおらかな一面を今に残す貴重なお風呂です。

IMG_1582

最後の締めは志免鉱業所竪鉱跡。これだけ巨大な廃墟が解体もされずに残っていたと言うのが凄い。しかも周辺は普通の住宅街。九州の底力を感じました。

と、言うわけで今年はネタが少ない一年でした。仕事が忙しかったと言うのもありますが、基本的には立ち飲み屋で飲んでばかりいました。しかし通いたくなる店や、実際通い続けている店など、多くの出会いにも恵まれました。

IMG_0034

大船の立ち飲み屋「倉庄」さんはとにかく楽しい店でした。夕方の4時ぐらいに暖簾を潜れば、もうすでに出来上がっているお父さんたちが。まさに地元に愛されている店で、しばらく通い詰めていました。ただ大船方面の仕事が終わってしまったら、いかんせん遠くて行かれない。

IMG_0055

横浜市桜木町の市営地下鉄ビルの地下飲食街にある「はなみち」さん。とにかく古くてボロくて大好きな店内。遠くて通いこそ出来ませんでしたが、なかなか衝撃的でした。

IMG_1190

新宿歌舞伎町の外れの外れ、副都心線東新宿駅も近い6丁目。飲み屋なんてもう無いだろうと思える裏通りに突如として現れる立ち飲み屋「中根商店」さん。串物は塩加減焼き加減ともに絶妙で、モツ煮込みはコンニャクも人参も豆腐も入っていないモツのみというもの。美味くて週何回も通っていました。

IMG_1161

そして今年一番の出来事と言っても過言ではないのが、新橋駅前ビル一号館地下飲食街との出会い。まったく楽しい飲み屋街で、特に「南」さんは今でも、これからもずっと通い続けます。もう常連の仲間入り。と言っても常連もイチゲンも分け隔てなくフレンドリーなお店です。年内にもう一度ぐらい行けたらいいなと思います。

そんなわけで、今年も当ブログにお付き合いいただき、ありがとうございます。
来年は今年以上に多くのマイナースポットを紹介出来ればと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
皆様よいお年を。

〜2014年総集編(旅行編)
〜2014年総集編(首都圏編その1)
〜2014年総集編(首都圏編その2)
2015年総集編
2016年総集編
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ