吾妻郡

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

【日記】毎年恒例万座温泉日進館2017

 冬の間は仕事が忙しく、休みが取れればスノボに行ってしまう。なので毎年この時期は更新が停滞気味になってしまいます。そんな訳で、久々の更新がスノボ旅行という訳です。

IMG_20170312_183958

 万座温泉日進館は年に一度必ず訪れる恒例となっています。スノボが出来て最高の温泉があって、しかも安い。しかし日進館はメディアへの露出が増えたせいか、年々予約が取り辛くなって来ております。

IMG_20170312_184914

 お風呂は内湯、露天、離れのお風呂と、大まかに分けられるのですが、今回は離れのお風呂、満天の湯から。しかしいざ入ろうと思ったら丁度清掃に入るとの事で入浴出来ず。よくよく見てみたら道すがら幾つも掲示された案内板には、7時から8時まで清掃時間としっかり書かれていました。どうりで一人も入っていない訳です。結局内湯の大浴場で入浴し、寝る前には露天風呂に浸かりました。

IMG_20170312_233843

 それにしても、ここ一年様々な温泉に入って来ましたが、一年ぶりに入る万座温泉の湯はやはり強烈で、その濃さと刺激の強さを再認識させられます。

IMG_20170312_235625

 24時間入浴可能の露天風呂に浸かれば月が綺麗。湯口からは源泉がダバダバ。その横から加水用の水がチョロチョロ。ほぼ源泉95%と言った感じです。源泉温度が85度と高くとも広い露天浴槽で冷めるため、丁度よい加減になります。

IMG_20170313_074818

 到着日に続いて二日目も良い天気。積雪量は万座に限らず言える事ですが、ここ数年連続でかなり少なくなっています。

DSC_0040

 肝心の雪質は1日目に続き二日目もガチガチなアイスバーンと最悪なコンディション。なので万座プリンスホテルに日帰り入浴しました。内部の写真はありませんが、多くの温泉ファンが口を揃えて絶賛しているお風呂です。私などはひねくれているので、どうせ金持ち観光客がサービスや施設の綺麗さ、浴槽の広さにラグジュアリーな雰囲気を求めて好評価を受けているのだろうなどと勘ぐっていましたが、とりあえず一回は入ってみない事には何も言えないと思い、訪れました。

IMG_20170313_153541

 まず内湯。最初に感じたのはその匂いの強さ。浴感はサラサラで比較的入り易い印象で、同じ万座でも日進館とは全く違う印象。内湯から露天に出ると開放感のある斜面に三つの浴槽があります。手前から熱め、ぬるめ、混浴浴槽(女性専用露天から入れるようになっており、女性は湯編み着用可)と続いているのですが、加水率が高いためか白濁しており、内湯より薄い印象でした。
 しかし、その入り易さや露天風呂の開放感を考えると、プリンスのお風呂が最高だとの意見も頷けます。結局は好みの問題で、ここのお風呂は充分素晴らしいものだと思います。

IMG_20170314_125617

 二日目の晩に雪が降り多少積もりましたが、スノボ的に薄い新雪ではいまいちのコンディション。という訳で、三日目も滑りはほどほどに湯巡りをしました。こちらはプリンスホテル系列の万座高原ホテル。
 ここは内湯と石庭露天風呂とがフロアで分かれているため、名物の石庭露天風呂にのみ入りました。脱衣場から続いている屋内の洗い場を抜けると、谷底に広がる石庭に露天風呂が点在しています。ここで驚くのがその色。右手に黄緑白濁の浴槽、左手には手前から緑白濁、白濁、薄緑白濁の浴槽。さらに左手にも薄緑白濁と、一番奥に黄白濁の激熱風呂。全て混浴ですが6つもの浴槽があり、それぞれ温度ばかりか色や浴感までも違う。このほかにも女性専用露天もあり、これは面白い! しかしこれが全部同じ姥湯源泉だというのだから不思議です。加水方法や空気に触れる時間によって違うのか、それにしても衝撃でした。

 万座温泉は姥湯(湯畑)、大苦湯、錫湯、鉄湯、苦湯、ラジウム北光泉、法性の湯などの源泉がありますが、万座プリンスと万座高原ホテルは同じ姥湯源泉。日進館は数種類の源泉や混合泉の他に姥湯源泉浴槽もありますが、それぞれ個性が分かれるのはとても不思議です。以前訪れたラジウム北光泉の湯の花旅館や苦湯源泉の豊国館のお湯は日進館に近い印象でしたが、今回プリンスホテル系列の二軒を訪れて、万座面白れーってつくづく思いました。
 帰り際、日進館で温泉に詳しいスタッフに色々と話を伺おうとおもいましたが折り悪く会えませんでした。

 因みにプリンスホテル系列ではあちこちに撮影禁止、スマホ持ち込み禁止の表示があります。混浴という事もあり、よからぬ輩による被害や女性客からの苦情があったのかも知れません。もちろん私は誰も入ってない時しか浴槽の写真を撮りませんし、今回も万座プリンス、万座高原ホテル共に他のお客さんが入っていたので撮りませんでした。人が居なくとも無許可で撮るのはマナー違反とされるかも知れませんが、純粋に素晴らしい温泉を紹介する温泉ブロガーの端くれとして、他人が入っているのにお風呂の写真を撮るようなマナー知らずの煽りを食らっているようで、迷惑千万という感じがしてなりません。

群馬県嬬恋村、森の中のほったて小屋温泉

 以前よりいつか行こう行こうと思いながら、ずっと先送りにしていた共同浴場、平治温泉へ行ってまいりました。
 JR吾妻線の万座鹿沢口へ。長野原草津口止まりの列車が多く、その先まで行くには列車の本数が更に少なくなるので、鉄道で立ち寄るのはなかなか困難となります。

IMG_2100

 数年前この共同浴場は心無い来訪者に荒らされ閉鎖の危機を迎えた事がありました。マナーを知らない輩が行かないよう、ここでは敢えて詳しい場所は伏せますが、検索すれば大まかな場所は出て来ます。

IMG_2115

 新緑溢れるあぜ道を下ると、やがてツツジの咲き誇る奥に謎のほったて小屋が見えて来ます。以前温泉ブログなどでここの写真を見た時、一気に惚れ込んでしまいました。

IMG_2112

 どう見ても湯屋には見えません。情報が無ければ誰もここが温泉だなんて気づきません。

IMG_2105

 一応、鍵などは掛かっておらず外来者にも解放された共同浴場です。無人なので木箱に一人200円の入浴料を投入。地元の方にも話を聞きましたが、結構温泉マニアな方々も頻繁に訪れているとか。

IMG_20160515_153752242

 少々手ブレしてしまいました。お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉。ドバドバと源泉が掛け流されています。

IMG_20160515_153738177

 温度は少々温めですが、じっくり浸かっていると体中に気泡がビッシリ。 鮮度のいい炭酸泉である証拠です。無色透明で強い金気臭。しかしこの金気臭がクセになる。入り心地は柔らかく、いつまでも浸かっていたくなります。なんて素晴らしいお湯!
 湯上がりはポカポカでサラサラ。ここは機会があればまた来たい所です。万座の帰りなんかに寄れば良い仕上げ湯となるでしょう。

群馬県東吾妻町、旧岩島第一第二小学校跡

 高速パスで草津や万座に行く際、国道145号線の車窓に見える廃校跡がいつも気になっていました。

IMG_2099

 しかしJR吾妻線は3月のダイヤ改正で更に本数が減り不便になる一方。日中に特急の停車しない駅に途中下車したら次の電車まで2~3時間待ちのなど当たり前となり、沿線を巡る旅が難しくなっています。

IMG_2071

 JR吾妻線矢倉駅近くにあるこの岩島第一小学校跡は、いつも直行パスの窓から眺めては、降りたくとも降りれず悔しい気持ちを噛み締めていました。運転免許さえ持っていれば!

IMG_2075

 正面玄関です。鍵は完全に閉まっており、中には一切入れません。

IMG_2080

 裏に回り、地元の方の許可を得て畑の中を入らせてもらい、校庭側の様子を撮影。この岩島第一小学校は明治41年開校、平成11年閉校と、長い歴史がありました。戦時中などは疎開して来た生徒たちも通っていた事でしょう。

IMG_2081

 こちらは島頭神社にある樹齢1400年の神代杉。中の空洞には樹齢200年の杉がはえており、親子杉とよばれているそうです。

IMG_2083

 矢倉から隣の岩島まで電車の間隔が長いのでバス移動です。ちょうどこの辺りには原町から吾妻峡温泉天狗の湯までの循環バスが平日3本、休日2本だけ走っております。しかし来たのはバスという名のワゴン車。

IMG_2084

 県道沿いには古い民家がたくさんあります。

IMG_2087

 岩島駅から少し川原湯方面に歩いた山の斜面に、岩島第二小学校跡があります。

IMG_2093

 開校されたのは明治34年。閉校されたのは第一小学校と同じく平成11年でした。廃校となった年には別の場所に新校舎、岩島小学校が開校し、第一第二小学校が統合されました。それでも少子化、過疎化の影響で現在全校生徒91名という少なさだそうです。

IMG_2092

 裏手に回ってみました。

IMG_2089

 鍵はしっかり閉まっていますが、外れた窓ガラスから中の様子を窺う事が出来ました。廃校となってから早17年の月日が経っていますが、それほど荒れてはいません。

IMG_2094

 正面玄関です。とにかく見事な木造校舎で、このまま朽ちてゆくなんて勿体ないです。自治体のコミュニティーや観光客向けの施設など、何かしら再利用の方法などが見つかればいいのですが。

IMG_2095

 正面玄関の脇には校歌の碑が建っていますが見たところ新しく、廃校直前が廃校後に建てられたものでしょうか。

IMG_2097

 隣には幼稚園の跡もあります。時間が無くじっくり写真を撮れませんでしたが、円筒形の鳥小屋など懐かしい物が残っていました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

群馬県万座温泉(3)、追憶の朝日山ゲレンデと湯の花旅館

 万座温泉スキー場は主に万座プリンスホテルのホテル前ゲレンデと、その上に広がるパノラマゲレンデ、右手の万座山山頂から万座亭裏手に降りる万座山ゲレンデで構成されてます。

IMG_20160221_124900185

 しかし2011年まではさらに右手、東側の噴煙地である谷を越えて日進館の沢向こうに至る熊四郎コースと、朝日山ゲレンデが存在していました。

IMG_20160221_124439420

 なかなか滑り易い中級者コースでしたが、崖を這うように降る熊四郎コースで至り帰りは送迎バスで戻るというアクセスの悪さから利用客も減り、休業という形で実質閉鎖状態となりました。

IMG_20160221_124556977

 かつて、1971年まではこの朝日山ゲレンデ山頂から白根山山頂までロープウェイが通り、そのまま草津国際スキー場まで連絡されていたというから驚きです。歴史的にはこの朝日山ゲレンデが万座温泉スキー場の中心だったとも言えます。

IMG_20160221_124248488

 万座川の谷向こうには万座プリンスホテルが望めます。あちらは今でも大盛況で、何度もテレビで紹介されています。

IMG_20160221_124718998

 旧朝日山ゲレンデ正面に建つ松屋ホテル。営業中と掲げられていましたが、入口の前が雪かきされておらず、どこから入っていいのか分かりません。

IMG_20160221_124743402

 「タキ⁉︎」と一瞬思いましたが、灯油貯蔵タンクでしょうか。

IMG_20160221_132908480

 廃リゾート感満載の地区ですがもう一軒、松屋ホテルの奥に頑張って営業している宿が。左手が湯小屋ですが、屋根が少々沈んでいるような。

IMG_20160221_124928815

 湯の花旅館さんです。旅館というより古い山小屋といった雰囲気ですが、ゲレンデまで遠くなってしまったにも関わらず、意外にも宿泊客が結構いらっしゃるようです。

IMG_20160221_132601738

 旧朝日山ゲレンデまでゼロ分。かつてはスキーヤーで賑わっていた事でしょう。歴史ある鄙びた感じがとても良いです。

IMG_20160221_125510914

 お湯は万座の源泉。源泉から離れているためか加水無しのようです。混浴露天風呂もあるようですが、特にご主人からの紹介も無かったので、今はやってないのか、宿泊客にしか開放してないのか。

IMG_20160221_125502669

 ここの売りは猿の腰掛け湯。猿の腰掛けが漬けてある水槽から源泉が注がれています。少し温く感じたので源泉注ぎ口手前の板をスライドさせてみました。すると新鮮なお湯がダバダバ出て来たのですが、戻そうと思っても元の状態に戻らない。何かコツがいるようなので、源泉投入量調節板は触らないようにしましょう。(汗)

IMG_20160221_125526749

 ともあれここも素晴らしいお湯でした。万座温泉はどこも湯量豊富な万座の源泉から引いているので、甲乙つけがたいです。 また、万座は国立公園内にあるので乱開発されずに済んでおり、そのためどの宿でも素晴らしいお湯を提供し続けていられるのでしょう。しかし、この朝日山ゲレンデ地区はゲレンデ休止により相当厳しい現状に晒されている事でしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

群馬県万座温泉(2)、昭和なスキー宿の豊国館と、西武観光系列の万座プリンスホテル、万座高原ホテル

 万座には毎年スノボしに行きます。宿泊は決まって日進館なのですが2016年の2月、『豊国館』へ日帰り入浴しに立ち寄ってみました。

IMG_20160219_162207212

 Googleで検索すると予測で盗撮と出て来ます。よくよく調べてみると、2009年、次男坊が女風呂の脱衣場を盗撮するという事件が起きたそうです。小型カメラを発見した女性客が通報。映像にカメラを設置する犯人の顔がバッチリ映ってて即逮捕。宿の主人は絶句。暫く営業を自粛したとか。

IMG_20160219_154748697

 一時期は信用も失墜してしまった事でしょう。しかしそんな暗く悲しい過去がありながらも、現在はご主人と女将さんで切り盛りしています。古くからの歴史のる湯治宿でスキー合宿にも使われるような老舗。なんだかご主人が気の毒にも思います。

IMG_20160219_155153542

 過去の事件はさて置き、この宿はに渋過ぎるくらいの古さと素晴らしい温泉があります。木枠の玄関をガラガラと開ければ広々とした土間。昭和のスキー宿の雰囲気が、ガッツリ残されています。板張りの床は歴史の深さを滲ませています。

IMG_20160219_161728476

 お湯は苦湯源泉で、この宿が湯元となっております。源泉から離れているためか80度の源泉が程よく冷めており、加水率が低いんだと思います。非常に濃いい、素晴らしいお湯!なんかハマりました。

IMG_20160219_161257718

 露天風呂はかなり広めにも関わらず、ぬるすぎず丁度良い湯加減。ただ、多少深いので注意が必要です。白濁しているため底が見えず、知らずに入ったらかなりビビりました。立つとヘソのちょっと上ぐらい。しかしこちらのお湯も素晴らしいです。

※2017年再訪

DSC_0040

 2017年の冬は万座プリンスホテルに日帰り入浴しました。内部の写真はありませんが、多くの温泉ファンが口を揃えて絶賛しているお風呂です。

IMG_20170313_153541

 私などはひねくれているので、どうせ金持ち観光客がサービスや施設の綺麗さ、浴槽の広さにラグジュアリーな雰囲気を求めて好評価を受けているのだろうなどと勘ぐっていましたが、とりあえず一回は入ってみない事には何も言えないと思い、訪れました。
 まず内湯。最初に感じたのはその匂いの強さ。浴感はサラサラで比較的入り易い印象で、同じ万座でも日進館とは全く違う印象。内湯から露天に出ると開放感のある斜面に三つの浴槽があります。手前から熱め、ぬるめ、混浴浴槽(女性専用露天から入れるようになっており、女性は湯編み着用可)と続いているのですが、加水率が高いためか白濁しており、内湯より薄い印象でした。
 しかし、その入り易さや露天風呂の開放感を考えると、プリンスのお風呂が最高だとの意見も頷けます。結局は好みの問題で、ここのお風呂は充分素晴らしいものだと思います。

IMG_20170314_125617

 豊国館の裏手にはプリンスホテル系列の万座高原ホテルがあります。ここは内湯と石庭露天風呂とがフロアで分かれているため、名物の石庭露天風呂にのみ入りました。脱衣場から続いている屋内の洗い場を抜けると、谷底に広がる石庭に露天風呂が点在しています。ここで驚くのがその色。右手に黄緑白濁の浴槽、左手には手前から緑白濁、白濁、薄緑白濁の浴槽。さらに左手にも薄緑白濁と、一番奥に黄白濁の激熱風呂。全て混浴ですが6つもの浴槽があり、それぞれ温度ばかりか色や浴感までも違う。このほかにも女性専用露天もあり、これは面白い! しかしこれが全部同じ姥湯源泉だというのだから不思議です。加水方法や空気に触れる時間によって違うのか、それにしても衝撃でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。

■ 温泉リスト(PC版) ■
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ