静岡県

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

静岡県東伊豆町、大川温泉磯の湯露天風呂

伊豆高原の先、以前赤沢露天風呂から黒根岩風呂へと、海岸沿いの露天共同浴場をハシゴした事があります。しかしその中間地点にもう一軒共同浴場がある事を、最近インスタで初めて知りました。

LND_8CA51AF2-E4CD-4D22-9F3B-4BD05CBA1F03

伊豆大川駅。いきなりレアな試験車両のE491が停車。近々無くなる国鉄型の185系とすれ違い。

IMG_1513

大川温泉は谷間の小さな漁村で、廃ホテルとリゾートマンション、それに数軒の宿があるのみで、山の上は別荘地となっています。

IMG_1490

露天の共同浴場は大川観光協会が管理しています。露天風呂入口と書かれた看板。国道の下をくぐります。

IMG_1491

と思ったら、いきなり川!

IMG_1492

しかも結構な水量!

IMG_1493

土管のようなところの中を腰を屈めて進みます。

IMG_1497

振り返るとこんな感じ。確かに歩けるようにはなってるけど、大雨の後なんかはどうなってるんだろう。

IMG_1498

やがて、土管を抜ければそこは海。なんだこの演出は!

IMG_1500

最後は川を飛び越えて右手に湯屋が建っています。でもその奥の漁港からちゃんとした道も通っているのでご安心を。

IMG_1505

番台に座る観光協会のおばちゃんに500円を払い男湯へ。垣根こそあるものの波打ち際で見事なオーシャンビュー。

IMG_1508

しかもお湯は緑色の濁り湯。ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で、オリ出物が錆び色である事から鉄分も多く含まれている事が伺えます。塩味よりも苦味の方が強く、サラサラした浴感。常に72度の源泉がチョロチョロと掛け流されており、加水無しでもちょうどいい湯加減。体感的に42度ぐらいでしょうか、海風を感じながらすっかり長湯に浸かってしまいました。伊豆にこんな素晴らしいお湯が有ったなんて、正直知りませんでした。

IMG_1511

すっかりホカホカになったところで海風が心地良い。ここはまた来たいと思いました。

静岡県伊東市(2)、湯川弁天の湯〜子持湯

伊東の温泉は今回初めて入りました。

IMG_1486

伊東を代表する文化財建築の東海館。

IMG_1479

昭和3年建築の温泉旅館でしたが平成9年に廃業。その後建物は伊東市に寄贈され、館内を公開されています。

IMG_1474

お風呂は土日祝のみ入れるとの事なので、次回館内をじっくり見させて頂くのとともに先送りです。

IMG_1477

お隣のケイズハウス(旧・いな葉)も重要文化財の立派な建物です。

IMG_1482

こちらは京都の外国人観光客向けホテルチェーンに買収され、現在でも宿泊施設として営業中です。

IMG_1547

さて共同浴場巡り。まずは湯川弁天の湯(湯川第二浴場)。駅からほど近い住宅街にあります。

IMG_1553

伊東市内の共同浴場は大まかに七福神になぞらえられており、七福神巡りをするように湯巡りできます。と言っても1日せいぜい2〜3軒で充分ですが。

IMG_1551

ここのお湯は単純温泉。しかしながら良い意味での癖がある。成分が濃いのでしょうか、浴感が強く湯上がりはスッと吸収されてすぐサラサラスベスベになります。地元の方々が常に2〜3人は入られていたため浴槽の写真は撮れませんでしたが、5〜6人は入れそうな広さでした。

IMG_1435

二軒目は駅前右手の雑居ビルの地下にある孫の湯。

IMG_1556

隣はパチンコ屋さんだし、このいかにも庶民的な雰囲気が良いです。

IMG_1564

暗い階段を降りればかなり年季の入った造り。左手に女湯と男湯。右手の第一号室から第三号室は家族風呂だそうです。

IMG_1559

番台で250円を払い脱衣所へ。伊東の共同浴場はどこも観光客に解放されており、料金も地元の方々と同じです。ただしほとんどが午後2時オープンなので、何軒も回れない。

IMG_1560

お湯は45度で結構熱めの単純温泉。浴感はほとんど癖の無いサラサラした感じ。温度のせいもありますが、汗が止まらなくなります。個人的には湯川弁天の湯の方が好きですが、ここはシチュエーションにやられました。

静岡県伊東市(1)、赤線跡の猪戸新地

この春より運転開始されたサフィール踊り子号。もちろん私はこれには乗らず各駅停車で訪れました。

IMG_1544

それにしてもカッコイイなぁ。
半分ぐらいがグリーン車で、コンパートメントのような席まで。しかしコロナウイルスの影響もあり車内はガラガラでした。不要不急外出の自粛と言いますが、こんな時だからこそ人の多い都会を離れて温泉地でのんびりするのも良いのではと思います。昨今の危機的な観光産業のためにも。

IMG_1489

平日というのも手伝ってか、観光客の姿はほとんど見えません。

IMG_1438

今回の目的は猪戸町界隈に残るカフェー建築。これがそう!とハッキリ判断し切れないのが、赤線地帯巡りのもどかしさ。

IMG_1445

ただただひたすら怪しい建物が多く点在しています。

IMG_1446

温泉街の赤線地帯の名残として有名なのがこのアーチ。半ばこれが今回の目的でもあります。

IMG_1450

現在この辺りはスナック街なのですが、木造モルタル建築の意匠が凝ってる凝ってる。

IMG_1453

この凝った建物を見るだけでも楽しいです。赤線どうこうよりも温泉街として栄えていた事が伺えます。

IMG_1456

一度泊まりがけで来て夜のスナック街を飲み歩いてみたいです。

IMG_1458

結構スナックとして改修された建物が多い中、モザイクタイルが残ってたりすると嬉しい。

IMG_1459

どれほどの店が生き残っているか気になるところ。赤線地帯跡とは言いますが、温泉街によってはいまだに赤線まがいの事をしてる場所も有ったりします。その場でコンパニオン斡旋したりね。

IMG_1461

アジア系の進出も著しい。北関東などには都心から流れて行ったアジア系も多いと聞きますが、伊豆方面にはそんなイメージ無かったんですが。

IMG_1467

伊東園ホテルの辺りを歩いていたら偶然見つけたストリップ劇場跡。後で調べてみたら2015年に閉館されたそうです。残念。
今回は駆け足で伊東市内を回りましたが、まだ川の向こうに新天地なる赤線地帯跡があるとか。それはまた次回。

静岡県熱海市(9)、山にめり込むヘアピンカーブ

およそ一年半ぶりに熱海へ行って来ました。

IMG_1145

ついに旧駅舎も建て替えられて完成した熱海駅。観光客の数も年々増加しているように思えます。

IMG_1063

駅から市街地へと下る途中、来宮方面へ向かう山沿いの道を入って行ったところ。山を登っていく非常に狭い道があります。

IMG_1064

今回の目的はここ、野中山トンネル。私が敬愛するサイトの一つ「山さいがねか」様で紹介されていた記事を読み、ぜひ一度行ってみたいと思ってました。

IMG_1086

狭くて急な坂道を少し登るとすぐトンネルの入り口です。しかしすでにトンネルの姿として異常。

IMG_1067

斜度は急なまま、トンネル内で180度ターン。

IMG_1072

あっと言う間に出口。この坂道、行き止まりなのに意外と車が通ります。もちろんすれ違いなど出来ません。

IMG_1078

坂の下の方を振り返ります。怖いくらいの下り坂。タクシーの運転手さんも通った事が何度かあるそうですが、ここは行きたくない道だと言ってました。※奥の人影は連れであり、おばけじゃありませんwwww

IMG_1071

この衝撃はなかなか写真では伝わりづらいのですが、特にコーナーのイン側の斜度が鬼。

IMG_1070

そのイン側を見てみれば、トンネルというよりコンクリートの柱です。
なんて言うか、もはや変態!
こんな場所に来て喜んでいる私も然り!(笑)

IMG_1084

トンネルを抜けた先も急坂は続きます。へばり着くように建つ民家が崖から迫り出している。熱海の山間部はこのような無茶な道が多いのですが、ここの無理矢理造った感はトップクラスかと思います。

IMG_1082

その先のヘアピンも鬼です。坂の上には実業健康保険組合の保養所サンライズ熱海やリゾートマンションの野中山マンション、リラックスリゾートホテルなどが斜面に建っており、程なくして行き止まりとなります。しかし考えてみれば道の奥のマンションやホテルなどは、建設工事や改修工事の際、2トントラックでも厳しそうなこの坂道をいかに登って資材を搬入したのでしょうか。

IMG_1097

今回も宿泊は竜宮閣さん。宿泊は2回目、1回だけ立ち寄りで入浴。温泉好きの中でも特にマニアな方々もさる事ながら、昭和建築マニアの間でも竜宮閣ファンは居るもので、この日も日曜日の夜なのに他にも宿泊客がいらっしゃいました。

IMG_1103

お風呂には黒い綿状の湯の華が大量に漂っており、相変わらず極上のお湯でした。

IMG_1118

夜は湊町まで降りて海沿い、飲食店街菊川会館のL字通路にある居酒屋へ。昔はスナックだったのでしょうか、カウンターのみの狭いお店が軒を連ねています。この通路のお店はオーナーが一緒のようで、魚介担当、肉担当、ドリンク担当などと役割を分担させながら、メニューを共通にしているようです。

IMG_1121

入ったお店は魚介担当。ドリンクや肉料理は他の店から運ばれて来るという、面白いシステム。クリームチーズにイワシ節と醤油をかけた横丁チーズや、ニンニク油で煮込んだ鳥皮など、酒が進むメニューが豊富。そしてしばらく飲んで居ると花火の音が。

動画(You tube)

居酒屋を出ると目の前で花火が上がっていました。熱海の花火大会は30分ほどの短い物ですが、年間を通して18回も開催されています。また30分だからと言ってショボいわけでもなく、内容の濃いい素晴らしいものです。つまり花火大会がメインではなく、美味しい海鮮料理食べて温泉に浸かって、散歩がてらにビール片手に海辺で涼んでいると花火が上がる、あるいは海の見える部屋や露天風呂などで寛ぎながら花火を眺める、と言ったスタンス。私も居酒屋で飲んで店を出たところでビール片手に花火を眺め、終わったら同じ居酒屋に戻りました。

IMG_1135

4年前の春に訪れたスナック「シーレディー」さん。第一交通タクシーの運転手さんに教えてもらった第一交通の二軒隣のスナックで、地元の人しか来ないようなお店なので観光地価格ではないため安い。地方のスナックに再訪するたび潰れてないか心配になりますが、残っていると安心します。

IMG_1148

翌日、昭和町にある和田タバコ店を訪れました。ここは駄菓子屋に置いてあったレトロゲームの博物館のようになっており、しかも全て実際に遊べます。店内は一切撮影禁止ですが、10円玉をパチンコみたいに弾くやつとか、国取り合戦ゲーム、ルーレット、スーパーマリオの元祖である駄菓子屋筐体からインベーダーまで、懐かしいゲームの宝庫でした。
その後はMOA美術館の北斎展を観て、今回は帰りました。

静岡県熱海市(1)、昭和の熱海、竜宮閣・日航亭大湯
静岡県熱海市(2)、観光産業の光と影
静岡県熱海市(3)、今に残るカフェー建築
静岡県熱海市(4)、来宮の山沿い〜山田さんちの山田湯
静岡県熱海市(5)、2015年末で閉鎖される水口第一第二浴場
静岡県熱海市(6)、坂の途中の建築物と海沿いの廃墟
静岡県熱海市(7)、旧赤線地帯再訪〜渚町
静岡県熱海市(8)、龍宮閣に再訪・福島屋旅館・駅前浴場
静岡県熱海市(10)、熱海花火大会2019〜熱海パサニアクラブ

静岡県伊東市〜東伊豆町、赤沢露天風呂~黒根岩風呂

 オーシャンビューの共同浴場露天風呂は最近テレビやCMなどで随分とメジャーになっておりますが、伊豆高原に行ったついでに立ち寄ってみました。まずは伊豆半島に幾つかある海岸沿いの露天風呂のひとつ、赤沢露天風呂から。

IMG_2207

 伊豆高原の少し南にある入り江に、数軒の温泉民宿と漁港があります。こぢんまりとした静かな集落で、こういう所には一度泊まってみたい。

IMG_2220

 国道から集落へと入ると右手に、元々露天風呂を管理されていた民宿『砂場』さんだった廃墟がポツンと一軒。その手前には近くで湧く7号源泉が貯められている所が。手を入れると丁度良い湯加減です。

IMG_2216

 海の方を見ると狭い通路があります。ここが入り口。一応今でも地元の方が管理されているらしいのですが、以前マナーの悪い輩が多かったせいで、ここは露天風呂ではありませんと表示されています。特に脱衣所などはなく、岩場に衣類とタオルを置いておきます。まぁ、こちらは現在無料の足湯と名目上なっているので、衛生面で責任を持ちませんという事みたいです。

IMG_2210

 最初入ろうとした時お湯は少なく、寝そべれば浸かれるくらい。しかも38度ぐらいでしょうか、かなりぬるく、湯船の底にも苔が残っていました。なんだか露天風呂というより池に入っているような、野湯のような感覚。しかし浸かっているとやがて、湯船の中の源泉投入口から気泡とともにボコボコと、大量な源泉が送り込まれて来ました。

IMG_2209

 ここのお湯は温泉施設で使い切れなかったお湯が海に捨てられる前に貯められるような形になっています。そのため温度がだいぶ下がってしまったのかと思われます。しかし泉質は悪くなく、実に良いものです。あまり特徴は感じられませんが、舐めると非常にしょっぱいアルカリ性単純温泉。じっくり浸かっているとじんわりと温まり、汗が滲んで来ました。

IMG_2230

 次に訪れたのは赤沢からさらに南下した北川温泉。ほっかわ温泉と読みます。民宿や旅館などが10軒もないくらいの小さな温泉街です。

IMG_2228

 その北の外れに、黒根岩風呂の源泉と足湯があります。

IMG_2229

 海辺の小さな小屋には管理されている方が常駐しており、そこで入浴料600円を払います。ちなみに北川温泉の宿に宿泊されている方は無料。ここは共同浴場と言うより、向かいに建つ巨大ホテル「望水」さんが主となって管理している組合の露天風呂を、日帰り入浴として開放しているような感じ。

IMG_2227

 まさに波打ち際。半分は屋根があるものの、嵐の日はさすがに波しぶきが入って来るんじゃないでしょうか。

IMG_2221

 手前が屋根付きの脱衣場と半露天混浴浴槽。その奥に完全な露天混浴浴槽。さらに奥には女性専用の脱衣場と露天風呂。そのため、女性専用露天風呂に向かう女性は男湯の前を通らなければなりません。ただし夜7時から9時の間は全ての浴槽が女性専用となります。因みに撮影に際しては、入浴されている方々に声を掛けました。

IMG_2225

 道路の下を通って引かれているナトリウム・カルシウム塩化物泉が、三つの浴槽それぞれに分かれ、岩肌を伝って掛け流されています。源泉温度が高いためか、これだけ広い露天風呂にも関わらず、丁度良い湯加減です。天気が良かったら、さぞ気持ち良かった事でしょう。このような素晴らしいロケーションで、お湯もそんなに悪くなく、なかなか素晴らしい露天風呂でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ