23区以外

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

三鷹市、調布市、府中市、調布飛行場周辺の掩体壕

三鷹市と府中市と調布市に跨がる調布飛行場周辺の戦争遺跡を巡って来ました。

IMG_2875

飛行場跡地は現在調布飛行場として使われていますが、この門柱は帝国陸軍調布飛行場当時の物です。

IMG_2877

調布飛行場は昭和16年4月完成。帝都防衛の拠点として帝国陸軍飛行第244戦隊などが置かれました。門柱の脇には当時造られた排水溝が水こそ流れてませんが残っています。

IMG_4657

飛行場周辺には現在四基の掩体壕が残されています。こちらは大沢第一掩体壕。

IMG_2886

当時配備されていた陸軍航空隊の戦闘機「飛燕」のイラストが描かれています。飛燕は川崎航空機(現在の川崎重工)がダイムラーベンツの液冷エンジンを元に製造した国産機です。この戦闘機だけは他の国産機と違ってメッサーシュミットやスピットファイヤにスタイルが似てますが、それは飛燕が唯一の液冷エンジン搭載機だから故に空力を追求出来たからだそうです。いわゆる零戦などは空冷式だから機首がゴツいんですね。余談ですが川崎重工の川崎って川崎市の事だとばかり思ってましたが、神戸の川崎正蔵という創立者の名前だったんですね。

IMG_2889

話が逸れましたが、米国のB29による本土爆撃が始まったのに合わせて昭和19年6月から9月にかけ、滑走路周辺に有蓋掩体壕30基、無蓋掩体壕30基が造られました。

IMG_2890

こちらは大沢第二掩体壕。多少埋まってる感があります。

IMG_2885

現在の調布飛行場はプロペラ機専用の飛行場としてセスナを始め、大島、新島、八丈島、神津島などへの定期便の発着所として使われています。飛行場だけが調布市で、東側の三鷹市と西側の府中市に挟まれています。

IMG_2893

飛行場の北西側、こちらは府中市になりますが二基の掩体壕が残されています。しかし行ってみたら、民家と工場に挟まれている! 住民にとってみれば邪魔物以外の何物でもないのでしょうね。

IMG_2901

こちらは白糸台掩体壕。住宅街の真ん中にポツリと残されていました。

IMG_2900

掩体壕を知らない人が見たら、これは一体何なんだと疑問に思うことでしょう。

他にも飛行場の南東外れにある椎の実子供の家という保育園の敷地内には高射砲台が残されていますが、土日祝日以外で事前に電話予約しなければ見学出来ません。アポ無しで行ったらそう書いてありました。事前調査も大切ですね。

IMG_4658

余談ですが、近くには近藤道場撥雲館なるものが。こちらは新撰組の近藤勇も居たという天然理心流の道場です。個人邸の敷地内に有りますが、そのお家が近藤さん。戦時中は移築されたりもしたそうですが、現在元の近藤家敷地内に再度移築されたとか。

板橋区成増、成増マーケット〜和光市の銭湯

今回は仕事で成増へ少しだけ通います。ギリ板橋区。少し歩けば埼玉県和光市という、東武東上線の県境になります。

IMG_2804

南口右手のすずらん通り商店街を歩いていると、成増マーケットの看板が。これは闇市系マーケットの発見かと心踊らせながら潜入。

IMG_2805

ところが中は肉屋さんが一軒残るのみで、後はそのほとんどが沖縄居酒屋『島人』さんとなっていました。過去の画像を探したところ、東側入り口の右手にはお茶屋さんがあったようです。

IMG_2807

マーケットを西側に抜けると、すでに『島人』さんの看板しかありません。しかしかつては小規模な商店街だったのでしょうか。

IMG_2812

そんなことを思いながら島人さんで仕事終わりのビール。お疲れセット(カウンター席限定)が生二杯とおつまみ二品で1000円。冷奴が島豆腐なのが嬉しい。美味いものだからついつい三杯目と三品目まで頼んでしまいました。立ち飲みではありませんが、ここは帰りがけ毎日通ってしまいそうです。

(追記・2018年7月27日)
大泉学園の井頭泉緑地から流れる白子川のほとり、埼玉と東京のちょうど県境辺りでギリ埼玉県和光市に含まれる辺りを歩きます。

IMG_2813

荒川水系支流の谷間、かなりでかい旧家なんかがいきなりあったり。

IMG_2815

住宅街の中、立派な銭湯がありました。見事な唐破風屋根の入り口を潜れば昔ながらの銭湯建築。浴室に入ればこれまた見事な富士山のペンキ絵が目を引く。お風呂は天然石と溶岩石を組んだ岩壁から循環濾過したお湯が滝のように流れ落ちるという見事なもの。仕事の汗を洗い流しました。(地図)

IMG_2816

風呂上がり、坂を少し登ったところの角に小さなスーパーがあったので缶ビールでも買おうかと思ったところ、ちょうど近くの牛房バス停に成増行きのバスが来たので飛び乗り、結局『島人』でオリオンビール。疲れが取れます。

【日記】狛江駅前の立ち飲み屋

小田急沿線での仕事。帰りに立ち寄る店を探していたところ、小田急線の狛江というあまりに意外な駅で発見したので、わざわざ途中下車して立ち寄ってしまいました。

IMG_2206

住宅街と僅かな商店街しかないとばかり思ってましたが、なんと駅の真ん前に立ち飲み屋が。先代は金物屋だったそうですが、30年以上前から立ち飲み屋をやっているとの事。狛江駅は仕事で何度か降りた事もありましたが、今まで全く気付きませんでした。ちなみに店の前にもテーブルが出ます。つぼ八の看板がでかでかと掲げられていますが、間違えて入る人はいないでしょう。(笑)

IMG_2210

メニューは簡単に作れるような物が少しあるくらいですが、玉子焼きがやたら美味かったりします。

IMG_2209

軽く立ち寄るような店ですが、午後2時ぐらいから深夜2時ぐらいまで店を開けている事もあるとか。地元のお客さんに合わせて早く開けたり遅くまで開けてたりするものだから、マスターはいつも寝不足との事。夕方から奥様方が飲んでたりして、なんとも独特な地元感溢れる雰囲気。なんかこの店、大好きになってしまいました。なかなか行く機会がありませんが、近くを通った際には必ず寄りたいと思います。

町田市原町田、仲見世商店街~ちょんの間跡地

 町田市はよく神奈川県だと思われがちです。新宿から小田急に乗り、多摩川を越えて一旦神奈川に入り、百合ヶ丘などの山里を越えた向こうにあるので、無理も無いです。繋がっていても飛び地扱いなのが町田。

IMG_20150604_072654607

 しかし町田は、その辺の地方都市よりもずっと栄えています。この時点で密かに地方扱いなのは内緒。

IMG_20150604_072928481

 小田急とJR横浜線が交差しているため、新宿にも横浜にも出られるのが魅力で、丸井を中心とした商業地区はいつも活気に満ちています。ハンズもあればドンキもある。

IMG_20150605_16061546

 かつては長崎屋もありましたが、すでに潰れて解体中。しかしながら、車社会となった現代で、これほどまで廃れずに賑わっている郊外の駅前も珍しいです。

20150731_191235_329

 町田は大田区や下町方面と違って高齢化問題も無く、街は若者に溢れています。さすが小田急沿線と言ったところでしょうか。商業施設の前のスペースに屋台のワゴンを停め、簡単な椅子を並べただけの、気軽に飲める店を見つけたりもしましたが、コロナビール500円。駅前の路地にも立ち飲み屋は有りましたがチェーン店系で、立ち飲みのクセにお通しキャベツで200円も取る。

IMG_20150603_182459116

 そんな商業地区の奥に、昭和の香りが残る仲見世商店街があります。

IMG_20150603_182309157

 一年ほど前に一度通り過ぎた事があるのですが、その時と比べて随分シャッターが閉ざされています。

IMG_20150603_182221138

 この商店街は関東大震災後、旧国鉄原町田駅前(1980年に移転された現在のJR町田駅より南)から旧町田街道までの抜け道として出来たそうです。

IMG_20150603_182331210

 商店街の中ほどに路地があり、商店街と並行する形で飲食店街があります。

IMG_20150603_182340187

 商店街は丈夫な鉄筋コンクリートで出来ていますが、その脇の飲食店街は青空にバラック。

IMG_20150603_18252528

 店は居酒屋からバー、スナックまで、一通り揃っています。

IMG_20150603_182555477

 路地の奥には共同トイレ。つまりこの飲食店街はトイレの無い屋台が発祥という事でしょうか。

IMG_20150731_190649742

 仲見世商店街の一本町田駅寄りの路地に佇む立ち飲み屋『まる助』。

20150731_184206_741

 飲み物400円均一(生ビールは小さめ)、食べ物300均一。お代は湯呑みにお金を入れておけば、そこから大将が抜いて行くシステム。内装は新しくしてますが、建物自体はかなり年季が入っており、大将が一人で店を切り盛りしてます。激安とまでは行きませんが、地価も高いのかも知れず、まぁ、こんなもんかなと言ったところ。しかし、町田に於いては貴重な存在です。

IMG_20150603_183504722

 一方、JR横浜線町田駅を越えて南口に出ると、先ほどまでの賑わいが嘘のように閑散とします。それもそのはず、1980年に小田急側へと国鉄原町田駅が移転されるまで、この出口は存在しませんでした。

4CBD6F4F-7A2A-490C-8137-9ED956F7E1BD

 南口を出てすぐのところを流れる境川の周辺はラブホ街となり、急に人影が無くなります。ただ、一人の外国人女性が橋の袂でずっとスマホをいじってたりして、実に疑わしい。

IMG_20150605_154136963

 このラブホ街にはかつて「田んぼ」と呼ばれていた歓楽街が存在しました。発祥は戦後のドサクサに不法占拠した朝鮮人たちが旅館を経営し、その旅館も連れ込み宿となって青線地帯へと変貌。近年まではその名残りでちょんの間地帯が広がっていました。実はこの境川が県境で、川の向こうのちょんの間跡地は神奈川県相模原市鶴間本町となります。当時は東南アジア系不法入国者の温床とも言われていました。

IMG_20150603_183638115

 その昔よく「追跡!警察24時」みたいなドキュメンタリー番組で、神奈川県警による町田のちょんの間一斉摘発の瞬間なんかをやっていましたが、橋を渡っちゃえば管轄外になって逃げられたりしたんでしょうか。(笑)

494E37DD-C68B-456C-B2BF-5516438F698D

 度重なる一斉摘発の末、2007年頃には壊滅。その後立ちんぼが周辺のホテル街に出没していますが、跡地は現在、その面影すら残っていません。

2020年6月、内容を一部修正。

武蔵村山市緑ヶ丘、日の出ストアーの落日

 JR立川駅より多摩モノレールに乗り、西武拝島線玉川上水駅を越えて終点の一つ手前、桜街道駅で降りる。そこから畑しかないような道を延々と歩くこと10分、やがて都営村山団地が見えて来ます。あまりに遠い道のり。

IMG_20150123_160406818

 この村山団地が鬼のように広く、この時点で一瞬気が遠のきます。

IMG_20150123_154332633

 団地の北側は古い団地をリフォームしただけですが、南側は建て替えたのか中層の団地が建ち並びます。

IMG_20150123_155646369

 その団地の南端に、忘れ去られたように日の出ストアーは佇んでいました。

IMG_20150123_155630203

 しかしよく見れば入り口は閉ざされ落書きまでされています。

IMG_20150123_155833485

 もう、この建物を発見した時からあった予感は、確信へと変わりました。入り口には鍵が掛けられており、中を覗けば閉ざされたシャッターの列。

IMG_20150123_155955960

 左脇には建て増ししたように居酒屋。しかしとても営業しているようには見えません。

IMG_20150123_155909483

 更に奥には小さなスナックが。こちらも営業しているようには見えませんが、もし営業していたら逆に興味が湧きます。こんなところと言っては失礼ですが、どんなママさんとどんなお客さんがいるのか。

IMG_20150123_15593581

 目の前には比較的新しい団地が聳え建っており、コントラストが半端ない。ストアーや居酒屋、スナックともに、利用者の高齢化が閉店に繋がってしまったのかも知れません。

IMG_20150123_155812340

 日出の文字が、なんとも皮肉に見えてきました。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ