群馬県

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

群馬県前橋市(2)、謎のバラック地帯と温泉銭湯

JR前橋駅から中心街を挟んで北東、利根川の支流である広瀬川沿いに、上毛電鉄の中央前橋駅があります。

201507C0-40A9-415E-BEEB-ACD92A8B6332

明治17年(1884)に現在のJR両毛線の前橋以東が、同22年(1889)に前橋以西が開通しました。それに対して昭和3年(1928)、中心街の北東に位置する中央前橋駅から西桐生駅まで、上毛電気鉄道が開通しました。車両はかつて京王井の頭線で活躍していた車両です。

AD9E1126-4B93-401F-9D3C-01193D3A35EC

駅前には昭和63(1988)年建造の中央ビル。ここの一階の定食屋さんで昼食をとりましたが、うどんとソースかつ丼が美味かった。

D6C455FF-31D1-49F6-A7B0-2F3347197DA5

川を隔てた南東側には温泉銭湯の成田湯がありますが、ちょうど水曜定休で入れず。

ED9547FB-3BC0-4867-AB33-5879BCF63329

中央前橋から南東に位置する三河町一丁目。ここに謎のバラック地帯があります。丸窓から何かしらの飲食店だっただろうと思われます。

325CEF8F-FCBF-4011-812E-9CBE4F5B7E39

周囲はそこそこ立派な屋敷も点在するごく普通の住宅街ですが、この一画だけが異空間。奥の煙突跡は銭湯にしては低いので工場だったのか。

0EEC3984-1456-4695-B79E-13E7C2891EF9

路地を入って行くと、このような未舗装の私道となります。

E364A72E-BFE4-477B-B233-63ED3C07F9F8

二本の路地が平行する狭い一画ですが、どうにも周辺の街並みから異彩を放っている。

F3D3D9AA-7E9B-47AA-B213-0ABBD2E66376

昭和の頃の貧民窟や朝鮮部落などの光景にも似ていますが、情報などは一切無し。聞き込みなどで探るしかありません。

A75E24CC-D071-4341-B540-62D3F7EBC2B4

路地の奥には廃墟もあります。倒壊の危険がある廃墟が放置されている所は、特殊な事情があるか解体費用が払えないかです。

01155755-0757-4C9E-ADFF-C141C2EC7AF4

井戸ポンプの跡も。もちろん現在は使われておらず、インフラはちゃんと整備されているようです。

700AEF8B-76F4-4685-89DB-D15DBE017C21

もう一本、中央前橋寄りの路地。左手には閉業した小料理屋。写ってませんがその左手には公民館があります。

754ECAA7-88F9-4778-8F9A-AD607E936E4C

こちらもなかなかなバラックだらけです。

83F8F386-1E67-4177-80CE-CE6EB7B0F5A0

裏手(広瀬川寄り)に廻るとこんな感じ。解体され駐車場となっていますが、この辺りに繭の乾燥場が有ったという話があります。推察するにこの一帯は生糸の製糸工場などの労働者が住んでおられたのか。

2F04B1AA-A453-43FF-A3F4-F0A9690FAC75

周囲が解体され取り残されたバラック。広瀬川の対岸を走る上毛電鉄の開通が昭和3年なので、この辺りに人が住み始めたのもその頃なのでしょうか。

08821929-4F4F-4F8B-B8FD-D9F166914696

駅から離れ東に歩くと旧大竹酒造煉瓦蔵があります。大正末期建造の蔵で、昭和8年(1933)大竹酒造が買い取ったそうです。酒蔵は昭和47年に廃業。2016年には国登録有形文化財に指定され、現在は前橋市所有の多目的ホールとして活用されています。(去年3月には今話題の「えんとつ町のプペルひかる絵本展」もやっていたとか)
ただこの物件、大竹氏が前橋市に買い取りと保存を要望し続けていたのに対しその要望には長年答えず、仕方なく某NPO法人の紹介で民間の不動産業者に2005年、5500万で売却されたそうです。しかしそれから一年も経たぬ内にその不動産業者は前橋市に8000万で売却。そしてその不動産業者は二年三ヶ月後に事業を停止。しかも前橋市に対し不動産業者からの物件購入と保存を要望したのが件の某NOO法人及び某市民団体だと言う。群馬県の産業遺産に関わる裏話の一つという訳ですね。

1E258F24-E4B2-4956-B6B3-36DD1714D67F

西側のちょっと外れにある、飲食店の廃墟。

1606A15C-2F8C-4254-8857-813D3C2EF922

その向かいにあるバラック。この広瀬川南岸地域については、更なる調査が必要です。

0742B7B9-C78E-492A-A8A2-C068633CDB52

最後に場所は離れて中心街の西、群馬県庁の南側に残る温泉銭湯、利根湯さんに立ち寄りました。女将さん(お婆ちゃん)がもうチャキチャキの群馬っ子で言葉が荒いwww
根は優しいんでしょうけれど、群馬県民の気質に対する慣れは必要ですね。

33C9408A-CD19-4D71-8EFC-FE9E4411F0C7

お湯は紅茶色の鉱泉を加温したもの。自分は嗅覚が鈍いのでなんと表現したら良いのか分かりませんが、独特な香りがします。浴感はさほど特徴が感じられないものの、じわじわと温まりからっ風が身に染みる冬の群馬では有り難い。
浴槽は二つあり熱めが46度。超熱めは温度計が有りませんでしたが、47〜8度ぐらい有るんじゃないかという熱湯。長時間は浸かれません。草津などもそうですが群馬の共同浴場は基本熱いです。

群馬県前橋市(1)、中心街とその周辺の飲み屋街

JR両毛線が1時間2本と言う段階で高崎よりも田舎と感じてしまう県庁所在地の前橋市。以前、JR前橋駅から上毛電鉄中央前橋駅まで通り過ぎただけで、市内はちゃんと巡っていませんでした。

794D0B97-B3EE-4839-99BC-9043A8930454

駅前は中心街の南にあり閑散としています。北口を出て左手に行ったガード下の駐輪場にレンタルサイクルがあるので、ママチャリを借りて巡ります。1日200円。

AE7037E8-405B-47B6-A501-8635EF1D4250

駅前で目を引くのがこの赤レンガ倉庫。文化財かと思いきや上毛倉庫という会社の現役の倉庫でした。

9A07BA27-A178-483A-A6B4-445120339AAD

中心街はやはりスズラン百貨店というご当地デパートの辺りでしょうか。雰囲気はいかにも街の中心と言った感じなのですが、いかんせん人影が無い。

EEDD42A2-03A3-47FE-AC34-2B9C1C110DAF

すぐ近くのアーケード商店街もまたシャッター商店街と化しています。その点ではお隣高崎の中央銀座商店街も似たようなものでしたが。

BAC23838-3C48-4249-BC86-9E1666B32C12

なぜ柱と梁だけ残したのか謎の解体済み物件。アーケードが完成したのは昭和40年代だとか。

DC1E9E78-6FEC-4DA5-A723-B4C84E7A9864

さらに奥、北へと進んで行きます。前橋市民は前橋駅から北へ3キロ離れたショッピングモール、前橋リリカか、南へ1キロ離れたケヤキウォーク前橋へ車で行きます。南北巨大ショッピングモールに挟まれた前橋市街は、絵に描いたようなドーナツ現象。

2B7CA372-5555-4058-9B9B-5FB5DCC104BA

やがて右手に飲み屋街の入り口が見えて来ます。

70F661DD-FD32-460A-8FFA-1418B69B1714

呑竜仲店。昭和22年、呑龍マーケットとして完成しました。ところが昭和57年1月に火事で全焼。その年の12月には店主や常連さん方の力で復活。現在の呑(竜)仲店となりました。

B0A3138D-65CE-4184-B9E5-3923B052D05D

現在ではいい感じの路地裏飲食店街となっています。一度夜に訪れてみたいところ。

1CE5EE99-14B8-4E2A-BF4E-42C8E0743F4B

裏側のアーチ。歴史を感じます。

C1D0CA0B-BF91-4C59-B193-F848EAA578F1

アーケードの東側は中央前橋駅まで飲み屋街や歓楽街が続きます。

8C278E7F-18D9-4D06-811F-DE0083A78325

飲み屋街の中心とも言えるのが、この前橋シティホール。いかにもランドマーク的な感じがしますが詳細は不明。なんか大型キャバレーでも入ってたんじゃないかなんて思ってしまいますが。

47688D44-C3CB-4B33-B241-4BF41CD22F08

周辺はキャバクラ、スナック、居酒屋、バーなど夜の街として栄えています。この建物の二階の窓枠が妖しい。

7F0033AF-D6D2-4E7B-9BAD-27EE3E336842

狭い路地裏を見つけると入りたくなってしまうのも世の情けって事で。

40223360-5DA7-449A-B32D-6195001CCBE1

しかし明らかに廃業している風な店や廃墟などはほとんど無く、現役で栄えています。

F1B4215E-CFA0-4322-B31E-D4F77414DD25

群馬は日本屈指の車社会なのですが、ちゃんと街の至る所にタクシー営業所がありました。公共交通機関が壊滅的な群馬ですが、タクシーで帰るんですね。

9A23CBA2-3F12-4AFA-9B49-13ADE8A99E2B

東へ、上毛電鉄中央前橋駅方面へと進んで行くと徐々に寂れた雰囲気に。

8779A306-55A5-4C6D-BF2C-73A154261E50

群馬県は廃娼県とも呼ばれており、そのせいか赤線などの資料がほとんど残ってないそうです。なので赤線の痕跡を探すにも確証は掴めず、後は地元スナックの熟練ママさんにでも聞き込みするしかありません。

4E66A2BD-5DD3-44C3-8223-89D75617C6D5

ともあれ一度泊まりで訪れて夜に巡りたい。と言ってる街がいくつも有って困る。栃木県足利、佐野、静岡県沼津、三島、伊東、などなど。
次回は上毛電鉄中央前橋駅周辺に続きます。

【日記】のんびりと草津

今回は終始余談ばかりです。

現場が一つ落ち着いて、たまたま平日に二連休。どこかゆっくりと温泉にでも行こうかなんて思い立ちました。
さてどこ行こう。一泊だしそんなにお金も掛けられないので関東甲信越。熱海か、中央高速バスか、関越道高速バスで群馬方面か、はたまた那須塩原、鬼怒川……そうだ、長野県松代の象山地下壕とか、加賀井温泉一陽館とか、長野電鉄の廃線跡とか、行きたい場所がたくさんある松代周辺なんかいいかも。
そう思い早速高速バスの料金や現地での移動手段、路線バスの路線図やレンタルサイクルの有無、タイムスケジュール、宿泊施設のアクセスと料金なんかを調べ始めました。しかしどうしても周辺での安い宿が見つかりません。いっそ戸倉上山田温泉とか湯田中温泉とかに泊まっちゃおうか。
いやいや、ちょっと待て、今回はゆっくりと疲れを癒しに行くのだから、ガチでどうする。

何も考えずに行けるところ。草津なんかは泉質もいいし安い定宿もあるし、高速バスで片道3500円ぐらいだし。

IMG_3252

てことで行って見たらめっちゃ紅葉!

IMG_3216

考えてみれば草津、過去に立ち寄り1回、泊りがけで6回も来ています。今回も宿泊は素泊まり4000円のペンションはぎわらさん。通算4回目でほぼ定宿です。

IMG_3223

ホテル桜井の裏を湯畑方面へと降りて行く途中、外湯「翁の湯」に浸かる。湯畑源泉はやはり優しい入り心地で落ち着きます。外湯は全19箇所ある内の11箇所しかまだ制覇しておらず、今回新たに外湯開拓しようかなんて考えも浮かびましたが、いやいや、今回はとにかく楽に無理せずを心掛けようと。

IMG_3227

とても泊まれない高級旅館に見とれてしまいます。泊まれる文化財建築は何軒かありますが、そういう宿に限って2〜3万。ただ、日帰り入浴を受け入れている宿も多いので、今度そういったお風呂を廻る内湯巡りに挑戦するのも良いかも。

IMG_3236

まぁ、とりあえず定番の白旗の湯に浸かる。湯畑源泉、万代鉱泉、地蔵源泉、煮川源泉、わたの湯源泉、様々な源泉に浸かって来ましたが、やっぱり白旗源泉が格段に酸性度が強く、硫黄が濃く、ガツンと来るお湯です。

IMG_3238

白旗源泉と言えば、湯畑沿いに建ち白旗源泉を引く数少ない宿でありながら安い旅館、福寿荘がありましたが、なんと解体されて更地になっていました。ボロくて小さな宿で、そのうち泊まりたいなと思ってましたが残念です。
主人が引退されて息子が一時継いだものの続かず、結局売却してしまったとか。文化財建築は綺麗に残すものの、中途半端に古い昭和の宿は壊してゆく。観光地として成功している草津は新陳代謝も激しいので、それも致し方ないかなとも思います。

IMG_3255

風呂上がりに湯畑下の魚民で生ビール飲んでスナックへ。定番のコース。外湯、関の湯向かいに四軒並ぶ二階建てのスナックビル。以前右から二番目の「舞子」に行きましたが去年10月に店を閉めてしまったとか。なので右から三番目の「恵」に突入。地元と思しき方々がおり、値段もリーズナブルで、楽しい店。当たりでした。舞子を除くここの三軒はどちらも6年前にオープンしたとか。

IMG_3250

翌朝は宿泊しているペンションはぎわらさんで朝風呂。わたの湯源泉は相変わらず湯の花が豊富です。

IMG_3253

せっかく紅葉している事だし露天風呂に入ろう、ということで日帰り入浴施設の大滝の湯へ。煮川源泉はピリッと来るくらい酸性度が高いお湯。源泉投入口近くで新鮮なお湯を堪能しました。

午後2時半には高速バスに乗り草津を後にしました。多少渋滞もありながらも午後7時前には東京駅に到着。そのまま新橋の「南」で打ち上げ的な飲み。銀座で働くニューハーフ姉さんと同伴でショーパブ系のお店へ。
この、前日行った草津のスナックと銀座のニューハーフパブとの格差というか落差というか、なんだかクラクラしました。(笑)

群馬県草津温泉、温泉宿と日帰り入浴施設
群馬県草津温泉、外湯巡り(1)
群馬県草津温泉、外湯巡り(2)
【日記】草津温泉とスノボ
【日記】再訪、草津から伊香保へ
群馬県草津温泉、外湯巡り(3)
【日記】吹雪の草津でスノボと温泉とカピバラ

群馬県桐生市(3)、路地裏スナック街

今回桐生を訪れたもう一つの目的として、桐生の寂れたネオン街を巡るという物があります。

IMG_2315

去年の夏に訪れた時は夜でしたが、誰も歩いてない歓楽街にフィリピンパブの客引きだけがあちらこちらに立っていると言う、なかなか強烈なものでした。

IMG_2316

場所としては仲町界隈になりますが、狭い路地があちこちにあります。

IMG_2319

古い建物が建ち並ぶ中にポツリポツリと看板が。夜に訪れてみるとその多くが現役で営業中というのが恐ろしい。しかもフィリピン率がやたら高い。

IMG_2317

地方都市のフィリピンパブは果たして都心から流れて来たものか、という仮説。

IMG_2320

かつては青線も存在したそうですが、どの建物がそうかという確証は持てません。しかし匂う建物はいくらでもある。

IMG_2325

ネオンでナイトクラブ。素晴らしい。

IMG_2329

かつては日本人のホステスさんが多く働き賑わいを見せていた街も、高齢化や人口の減少、景気の悪化など様々な要因で現在のフィリピンパブ街に変化して来たのでしょう。

IMG_2327

去年入ったスナック麻亜紗のある裏路地。今回も顔を出しましたが、ママさんは元気でいらっしゃった。

IMG_2331

その裏路地の裏側。空き地にポツンと取り残された祠。

IMG_2333

このスナック花咲もちゃんと営業しています。

IMG_2335

大通りを渡って両毛線の線路にも近い町外れにも怪しい路地裏スナック街が。

IMG_2336

くの字に曲がった路地。暗渠でしょうか。

IMG_2338

高架線の線路を潜った先、入り口が斜めといういかにもな造り。その脇を入って行きます。

IMG_2339

この辺りは廃墟と化していました。

IMG_2340

なんか、凄まじい荒れ方です。現在では空き地や駐車場の多い歯抜け状態の街ですが、スナック街が確認できる範囲の広さから見て、昭和の最盛期はかなり広範囲にわたって歓楽街が広がっていたと想像出来ます。

IMG_2368

夜は自転車を返して去年も訪れた居酒屋『鳥元』さんへ。

IMG_2366

串一本80円〜という安さ。しかも美味い。地元の常連さんたちに愛されているお店です。

群馬県桐生市(2)、再訪、文化財建築群

臨時快速足利ふじまつり号にて桐生に行ってまいりました。

IMG_2422

外国人観光客も押し寄せる足利フラワーパークで降りても人だらけだしと思い、そのまま終点の桐生まで乗車。

IMG_2431

ちなみにゴールデンウィーク明けの月曜日、帰りがけにちょっとだけフラワーパークに立ち寄って見ましたが肝心の藤は散った後。今年は桜同様開花が一週間ほど早かったのでゴールデンウィーク期間は微妙だとの噂は聞いていましたが。

IMG_2282

群馬県桐生市に訪れたのは3回目。と言っても2回目は暑さに負けて居酒屋とスナックに寄っただけで帰ってしまいましたが。ここ有鄰館隣の矢野園に訪れたのは実に8年ぶり。
2010年5月に訪れた時の様子

IMG_2291

今回は無料のレンタルサイクルを借りて市内をじっくり巡ります。こちらは無鄰館。

IMG_2294

桐生には有形文化財に指定された織物工場の建物が多く残されておりますが、ここは骨董屋およびカフェとして再利用されています。

IMG_2304

こちらは無鄰館の裏手側。一級建築士事務所が中に入っております。

IMG_2302

こちらは旧曽我織物工場。大谷石で建てられています。

IMG_2312

こちらはベーカリーカフェレンガ。このように古い建物を残そうという働きは素晴らしいです。

IMG_2313

しかし観光PRとしての市の取り組みに弱さを感じ得ません。実際古い街並みとしての桐生の魅力は、例えば関東で言えば川越や佐原などと比べて知名度も低い。

IMG_2307

銭湯『一の湯』。ちゃんと現役で営業されています。時間の都合で入れませんでしたが、いつか中に入ってみたいです。

IMG_2344

こちらは両毛線の南側、本町6丁目の歯医者さん。

IMG_2345

その近く、巳町の歯医者さん。いずれも歯医者とは思えないような歴史的建造物です。

IMG_2346

桐生駅南口近くにある旧模範工場桐生撚糸合資会社事務所棟を利用した桐生市近代化遺産絹撚記念館。大正6年竣工の登録有形文化財。

DSC_0102

こちらは大正8年竣工の登録有形文化財、桐生倶楽部。地元の有力者たちが集って鉄道や銀行の誘致、電話設置などに尽カし、桐生発展の基礎をつくリあげた場所とされています。

IMG_2348

南側の町外れにある銭湯『三吉湯』。

※三好湯は2019年12月19日、火災により焼失してしまいました。その際、ご主人も亡くなられてしまったとの事で、ご冥福をお祈りします。

IMG_2351

温泉銭湯はよく探しますが、普通の銭湯は今までノーマークでした。しかしこの外観、一目で惚れ込んでしまいます。

IMG_2359

中では食事も出来るようになっています。

IMG_2353

浴室は古き良き銭湯。富士山のペンキ画も見事。お風呂は43度くらいでしょうか、なかなか熱いお湯でさっぱりしました。

IMG_2361

銭湯を出ると目の前にノコギリ屋根。この工場で働いていた人たちが、仕事終わりに三吉湯で汗を流したのでしょう。

このように桐生の街には貴重な建造物がゴロゴロしています。しかし絹産業で発展した街であるのにも関わらず、世界遺産、富岡製糸場と絹産業遺産群に含まれていません。世界遺産の登録は群馬県、沼田市、藤岡市、富岡市、安中市、下仁田町、甘楽町、中之条町、六合村の1県4市3町1村の共同提案が出発点となっていますが、そこに桐生市の名前が無いのです。私などの素人目で見るに、富岡製糸場を見に行くよりも桐生の街を巡った方が、よほど産業発展の勉強になると思うのですがね。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ