千葉県

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

千葉県茂原市、茂原海軍航空基地の掩体壕群

昭和20年2月、まだ未完成だった茂原海軍航空基地に第二五二航空隊が本部を置きました。時すでに戦局は悪化しており、完成を待たずして開設となった訳です。仮ではあるが昭和18年完成とされていますが、終戦の時点でも工事は続けられていたとか。

3D6F15FE-1371-465A-9692-D357858D429D

かつての滑走路跡。右手には三井化学の工場が広がっています。飛行場建設が決定したのは昭和16年7月。ここ東郷地区の住民約150世帯及び、東郷小学校や寺社ならびに墓地等が安い売却額で強制移転を命じられました。

EFD55410-DB22-4AB4-8B0D-0CC37D660E93

周辺には多くの掩体壕が残されています。掩体壕とは当ブログでも何度か取り上げて来ましたが、空襲から航空機を守るための格納庫。分厚いコンクリートで覆われ、なおかつ爆撃機に発見され辛くするようカモフラージュされていました。

F9CC7838-E535-4057-B57F-CA6CFB6D2385

こちらの掩体壕は完全に民家の裏手になっているため、御主人に許可を取り住宅の裏へ入らせていただきました。飛行場建設には充分な重機もないまま、主に朝鮮人の徴用工などによる人海戦術で進められ、近隣の長生中学校や茂原農学校の生徒たちまで駆り出されたそうです。

936EE3C6-C43D-48A4-9C10-A4356561AC8D

こちらの掩体壕は使われなくなった田んぼに囲まれており、あぜ道も藪で覆われているため近づけませんでした。藪漕ぎは基本的にしたくない。

36615E72-5EA1-47AD-A24C-B28B086B1383

ほとんどの掩体壕が私有地にある中、こちらの掩体壕は道路に面しています。そのため唯一、案内板が設置されていました。

0C5BEEA9-8CD9-4989-8223-76E1A48114AF

こちらの掩体壕は農地を再利用したソーラーパネル発電所の中にあります。しかし掩体壕までのアプローチがわざわざ柵で区切られており、なおかつ草刈りもされていました。見学出来るように整備されているのです。

71532122-4155-4D55-9B29-E6876515756D

こちらは完全に私有地ですが、隣接するアパートの敷地から見ることが出来ます。掩体壕は頑丈に造られているため解体するにも費用が掛かります。そのため倉庫や車庫として使われている事が多いです。

CE1EACB9-78FC-433D-87F2-250F7990CE4E

住宅街の中の森で覆われた掩体壕。ほとんど自然に帰そうとしています。

B4618095-F665-4BD4-9AAF-16393E216C6C

こちらも木々に覆われて形が分からなくなっている掩体壕。車庫として使われているようです。

0F6B29D7-B0A4-44C5-80CC-D9AE299B507F

前面は使われなくなった水田で背後は森と民家。近づけませんでしたが、農機具などの倉庫として使われているようです。以上9ヶ所が現存していますが、これだけ多くの掩体壕が残っているのは全国でもここだけです。観光資源としての可能性を秘めながらも、なにぶんほとんどが私有地であるため難しいです。また基地としても短命で歴史的見地からも文化財指定は難しいでしょう。

ACA53509-686A-44B2-B8CC-E5EA7C95B676

掩体壕を東から新茂原駅に向かって歩いて来ましたが、駅の反対側、内陸側の丘陵地に地下壕施設が残っているらしいので、足を伸ばしてみました。田園が終わり丘陵地に入ると、切り通しと素掘りの隧道がお出迎えです。

4C3E5148-AB56-4D88-A461-6A6D6CCDCF4B

これは!? と、思いましたが、覗いて見ると向こう側の民家の庭に繋がっているだけでした。

41555F7B-89FE-49F2-812B-ED3F4CA0A567

明かりの無い素掘りの隧道は短くてもなんか怖いです。抜けた所で振り返ると、隧道の上に切り通しが。恐らく旧道でしょう。

E6216AEC-2B75-4CA0-8367-E20BEA9367AC

いきなり立派な屋敷門が現れました。若かった頃マウンテンバイクで千葉の山林を走った事がありますが、まさかの所で立派な屋敷が現れたりしてビビります。
因みに防空壕ですが、よくよく調べて見たらこの山林の奥に入り口があるらしいです。無理です。夏場に草の生い茂る山に入って行くには、それなりの覚悟と装備が必要です。

910CA0DF-86BB-459C-8EB5-88D923F674C0

左の籠のような物が気になりますが、かなりの旧家のようです。ALSOKのステッカー貼りまくってますが。こう言う家を一度取材して見たい気持ちもあります。

31EF5503-3775-47A0-8CD8-A2CF44C0024A

なんたってアプローチがコレです。この先に立派な屋敷があるなんて、誰が想像し得るでしょう。こう言うところ、千葉って独特だと思うのですが。

ABE3C4C1-AB08-47F0-A019-08EFED677056

田園地帯に出ました。放置された水田跡なども見られますが、後継者不足で離農されてしまったんでしょうか。

B80E8914-0E52-4F97-B7BF-127E111B58DA

小さな集落が見えます。

2236C6AD-E082-4BB6-9CDA-9E6002C8FB2E

こちらも立派な屋敷門。最後はすっかり趣旨が変わってしまいましたが、レンタルサイクルでもあれば、千葉の集落なんかも巡ってみたいですね。

千葉県千葉市、習志野、鎌ヶ谷、鉄道連隊関連遺構

日清戦争後の明治29年、中国大陸など占領地への軍用資材補給を目的とした鉄道建設を任務とする帝国陸軍鉄道大隊が編成されました。

A6458604-9146-40F0-BE8C-15E3EC3DBE17

鉄道大隊から独立した鉄道連隊が、明治40年千葉市に第一連隊、明治41年津田沼に第二連隊と、それぞれ拠点を構えるようになります。写真は当時鉄道第一連隊があった現在の千葉公園。写真は2016年2月に撮影。

D4B708E8-85C4-4639-B3B9-483EEF5FB1E1

ここは鉄道の敷設とそれに付随した鉄橋やトンネルの建設を訓練していた跡ですが、ここより津田沼までも資材運搬のためと運転や保線の訓練のため線路が敷かれました。

99C2E59A-D295-4192-BF92-B5B77DE53DD1

鉄道連隊は中国や朝鮮での鉄道建設や関東大震災後の鉄道の復旧、その後の満洲鉄道を始めとする東南アジア各占領地の鉄道建設に大いに貢献しました。

CCD98A5E-C3D4-4709-8B29-E421EE211697

ここからは2020年9月撮影。こちらは千葉公園の北、千葉経済大学の敷地内に残る鉄道連隊材料廠の煉瓦建築。機関車の修理工場として使われていました。県指定有形文化財ですが、大学に問い合わせたところ現在内部の公開はされていないそうです。

3A0F548F-8040-481F-8C67-1FC3482F728F

第一鉄道連隊の習志野線廃線跡。千葉〜津田沼間の廃線跡はほとんどが道路や遊歩道になっております。写真は第一鉄道連隊習志野線が京成成田本線と併走していた区間の京成大久保付近。

61758DDA-CBF4-4C72-B89D-37B350DCEEAE

こちらは京成大久保駅の北側津田沼寄りにある鉄道連隊の解説板。

F26CF38E-A6DC-4637-9629-F84EDCFEA754

千葉〜津田沼間は千葉市の第一鉄道連隊が敷設した習志野線だったのに対し、津田沼〜松戸間は津田沼の第二鉄道連隊が敷設し松戸線と呼ばれていました。訓練が目的であったためにその線路は無駄にカーブを描いたり迂回したりしていたのですが、終戦後大部分を再利用すべく新京成電鉄へと引き継がれて行きます。特に京成津田沼から新津田沼周辺の市街地では、鉄道連隊の敷地の都合から派手にS字を描いた線路となっています。

C3260069-11E4-4072-8587-37C2B5C874CF

新京成電鉄は昭和21年に第二鉄道連隊の敷地を引き継いだ後に一部の迂回敷地をショートカットさせつつ600mm軌道を1067mmに、昭和28年には全線を1372mmに、昭和34年には1432mmに改軌して、今では京成電鉄の千葉中央駅まで直通運転しています。

82A0C599-E0AB-4C8E-86D1-952048878779

こちらは津田沼駅近くの津田沼一丁目公園に保存されているK2型蒸気機関車。この134号機は昭和18年製で鉄道連隊にて使用された後、戦後は西武鉄道の安比奈線で入れ替えに使用されていました。鉄道連隊の鉄道用地再利用については当時、その権利を西武鉄道と争っていました。結果、新京成電鉄に引き継ぐ権利が与えられる代わりに、車両は西武鉄道へと譲渡されて行った訳です。同時に西武鉄道は手を引く代わりに当時の運輸省から高田馬場〜西武新宿間の、いわゆる山手線内側での鉄道免許を取得しています。

936D71DE-43F2-476F-85C6-4077B2849D85

新京成電鉄二和向台駅より鎌ヶ谷大仏駅の少し先まで、再利用されなかった区間があります。その区間は現在道路となっていますが、地図で見るとその大きく西へ迂回するルートがハッキリと判ります。その廃線跡の一部、道路が橋脚を除けるように迂回する箇所があります。

46C91F15-DF46-4F01-AB30-4FE7C6BFDA43

この橋脚は太平洋戦争中に造られたものですが、頑強に作られ解体するのも大変なので、道路の方が避けて敷かれました。

1F8352E0-2704-4B49-8B00-B0E5BB77DEC8

川は本当にショボい川なのですが、あくまで訓練なので敢えて大掛かりな鉄橋を掛けた訳です。

C50E6192-D4A6-48FB-938F-83C8924E506C

四本のコンクリート造の橋脚が残っており、橋脚の周りは公園となっていました。

AD1F70E2-BD63-402D-A325-CBAB2F134853

以下は余談。この辺りは畑作が盛んで、梨園などもあるのどかな地域です。

16F5C3F7-ED19-46C6-81D0-152E417FFCAC

近隣には大正時代に開業した野田線(アーバン……以下略)の馬込沢駅があります。駅前には歴史を感じる飲み屋街も。

8AD08374-CD62-47E6-A936-2AF4303A0905

馬込沢駅からかつて商店街だったと思われる住宅街を数分歩くと、ニコニコ横丁飲食店街なる長屋造りの飲み屋街が現れます。

CDE107E1-B034-4147-9DF4-26D5F6761A24

木造アーケードの飲み屋街。その奥にはニコニコ湯なる銭湯が。

5D4461F3-4101-4ECC-9081-84991A10F437

ネーミングはさておき風呂上りにビールと言う、素晴らしいパッケージ。それは住宅街の真ん中に突然現れたオアシスのよう。(笑)

千葉県成田市、空港シャトルシステム(保存車両)

成田空港は何度か利用したことがありますが、とにかく広すぎて歩かされまくって、二度と使うもんかと毎回思います。スカイライナー新線も開通したので埼玉方面からだと所要時間こそ羽田と大差無いですが、成田空港内でバス移動したり歩いたりで結局時間ばかり掛かって不便。

A8DBBC57-EB32-4D2E-9195-89B7EB236074

そんな飛行機に乗る以外用事のない成田空港に来ました。第一ターミナルのバス停も関東一円大抵の所に直行便が出てるため、バス停の数がやたら多く無駄に広い。三里塚方面へ向かう路線バスの停留所は一番奥にあり、やはり歩かされる。

FF9D8A98-37C5-435D-AB27-E1435A718321

今回の目的地の一つ、航空科学博物館。
が、しかし、なんと月曜日は休館日!
ちゃんと調べてから来れば良かった。また日を改めて来ます。

25908148-D44E-4315-824F-8FDD2E04097C

付近は分水領であるため大きな川は無く、水源のある湿地帯や沼などが点在しております。

FF26C37E-A992-4724-A455-3EB1C7214B72

元は宮内庁御料牧場の跡地を中心に成田空港の建設が建設されたのですが、その際周辺の農村地帯も買収されました。いわゆる三里塚闘争の始まりです。

A0970075-16EA-4176-B777-BDAF04ABE715

飛行機の離陸でも撮ってやろうかと思いましたが、新型コロナの影響で欠航だらけ。特に第一ターミナル発着が多い国際線は、ただでさえ羽田に取られて便数が減ったところに欠航続きで、いくら待っても飛行機が飛びません。確かに、JALやANAの機体がやたら停まってます。

83D1EAD4-48BF-412B-847D-9EA744EA40B0

第二の目的地、成田空港シャトルシステムで使用されていた車両が保存されているバーベキュー場へ。

55C99632-E628-4091-9F9A-4B54CC911A9B

このシャトルシステム、空気圧で車体を0.1mm浮上させてワイヤーで引っ張るという空気浮上方式新交通システムでした。リニアでは無く、ゆりかもめ的な物でも無く、とにかくワイヤーで引っ張る!www

BF51AF8B-9117-4891-AC32-075BD62B58ED

この新交通システムは成田空港第二ターミナル開業の平成4年12月から平成25年9月まで運行されていました。当時飛行機に乗った事の無かった私は全く知りませんでした。現在は空の駅風和里BBQガーデンという施設で保存されています。

01E43DBD-CDAD-402D-A368-2C5F08ADE123

第三の目的地、三里塚御料牧場跡。
が、しかし、ここも月曜日が休館日!

C7857593-3CEA-4A1D-8ADD-C46398A93798

開いてたら皇室専用防空壕の内部も見学出来たのに。やはり成田はもう一度訪れる必要があります。

FA718A93-E2B5-4027-AF46-1F65F515F671

結局シャトルシステムだけで終わるのもなんなんで、成田駅周辺を軽く散策。少し歩くとすぐ廃墟。しかし右下をよく見てみれば……。

39A693E8-CB72-4F4E-ADD7-4F69ABFF26B0

猫が!

F38B18F4-BBE8-4E9E-B0AE-5F0868CFCFD9

成田山新勝寺には正月ぐらいしか人が来ないでしょう。私は一度も行った事がありません。京成成田駅から参道への道、お土産屋さんでも有ったのでしょうか。

31EDF7BA-106E-449D-8DE4-946C5F6D277F

JR成田駅から続く参道は綺麗に整備され、電線も地中埋設になっていました。近年メディアで参道の名物である鰻屋さんなどが紹介され、観光地として盛り上がりを見せています。

BA0A408E-F509-4B08-9A4F-A5D8D5ED7176

一本裏の通りに入ると老舗の料理屋が。成田山詣での団体客が二階の座敷で食事をする、そんな時代を想像できます。

1FCAD035-E006-476A-B387-45477B6DCFD7

その食事処東洋さんの左下には、パブ・スナック東洋が。これは渋い!まだ営業されているんでしょうか。やっているなら夜入ってみたい。

C3CEC762-CD3F-4BBD-9089-6BC66AF639E6

正月ぐらいにしか行かないとは言え、寺社の参拝客数は明治神宮に次ぐ全国第二位。参道沿いは門前町として栄えています。

1551FF21-A01D-4361-B58F-8E41760D4FF9

こちらはホテルか何かの廃墟でしょうか。成田山は外国人観光客にも人気があり、土用の丑の日に鰻目当てに多少観光客が来るようになったとは言え、正月しか稼ぎ時がない門前町はこの先どのように生き残りをかけて行くのか。もし来年の正月にコロナが収まっていたら、初詣に来てみてもいいかなって、ちょっと思いました。

千葉県柏市、柏飛行場秋水燃料庫跡

柏飛行場は陸軍航空隊の基地として昭和13年に開設されました。当初は飛行訓練などのために利用されていましたが、戦局の悪化に伴い首都防衛の役割が濃くなって行きます。

29C636F5-242E-4BE9-8962-9CC2B0052D38

柏飛行場の遺構はほとんど残っていませんが、滑走路東側の丘陵には燃料庫の跡などが見られます。

B06891B3-8FF8-40E4-84C7-2472D9E5066D

こちらが住宅街に残る燃料庫の跡。大戦末期、硫黄島から飛来するB-29爆撃機は高度10000mの高高度を飛行するため地対空の高射砲は届かず、当時すでに時代遅れとなっていた戦闘機では10000mまで数分掛かる上に高高度では航行性能も落ちてしまいます。

359BA5D4-2A66-4E8B-91D3-24EA76A92FF6

そこで同盟国であるドイツのメッサーシュミット社よりロケット戦闘機の資料を譲り受け、なんとか持ち帰ったわずかな資料を元に三菱重工が日本初のロケット戦闘機、秋水の開発、製造を進めました。

97902D21-1038-4DA6-AA0D-1CF8DAC3A9D3

こちらは地下燃料庫の入り口。秋水は過酸化水素と水化ヒドラジン等の液体燃料の化学反応により推力を得て、最高時速900km、約3分半で高度10,000mまで達するという画期的な戦闘機であったそうです。ちなみに三菱重工で開発が進められていたこのロケットエンジンは、人間魚雷回天にも利用されています。

7253EEFB-E505-42CE-ACF0-181A68591A9A

こちらも地下燃料庫の入り口。話がだいぶ遠回りになってますが、その秋水の発射基地として選ばれたのが柏飛行場なのです。これらの燃料庫は秋水のための液体燃料を貯蔵していたと言われています。

991C1B35-657D-4D39-BF64-0D769E7D88D0

地下燃料庫の上にはヒューム管という換気口が設けられ、燃料貯蔵の際に発生するガスを逃していました。柏飛行場が秋水の本格投入に向けて急ピッチで施設増設工事を進める中、昭和19年12月、ロケットエンジンの開発を待たずに初の滑空飛行試験を成功させました。

2E86441B-863D-482A-9BC3-FEC79F7F7B77

秋水の試作一号機は横須賀の追浜飛行場でテスト飛行するも失敗。ロケットエンジンの設計を見直し、二号機の機体がここ柏飛行場に運ばれるも肝心のロケットエンジンが完成せず、飛び立つこと無く終戦を迎える。
しかし秋水はそもそも航続距離が短いため飛行場の上空でしか展開出来ず、速度が早過ぎるため機銃の照準もつけ辛く、終戦間際には特攻機への転用が決定していました。土浦航空隊において秋水の特攻訓練が行われましたが、結局のところ固形燃料ロケット機の桜花同様、首都防衛の役割を果たせないまま飛行訓練での殉職者を出すにとどまりました。

【日記】本八幡で立ち飲み屋探し

仕事で本八幡に行きました。本八幡と言えば以前ジャガーさんの基地を見に来た事があります。後日その記事に今回のレポートを転載します。

IMG_1044

まずは昼休みに駅周辺を散策。JR本八幡駅北口と京成本八幡駅の間に高層マンションが3棟建っていまが、高層ビルはお隣の市川駅に2棟建っているのみで、あとは見渡す限り高層建築物の無い所です。

IMG_1045

南口を東に歩いて行きます。立ち飲み屋わたらいを発見するものの土曜日はお休み。基本的には良い感じの飲み屋街や路地裏が残っていますが、風俗店こそ無いもののスナックやパブなどがやたら多い。そして久々に都内を離れてみれば喫煙率の多さに驚きます。愛煙家の自分としては嬉しい限り。

IMG_1046

さらに東へ歩いた所に大衆酒場の馬越。すでに満席でしたが有名店なのかな?

IMG_1043

北口東側の路地に酔いどれという立ち飲み屋を発見したものの営業しておらず。土曜日も4時から営業と書いているのですが、廃業しているのでしょうか。

IMG_1056

北口の西側、都営新宿線乗り場の上に立ち飲み屋なぶら家さんが。2階3階は椅子席の居酒屋になります。

IMG_1053

ここは千葉県でチェーン展開をしている和風レストランはな膳の系列店のようです。ほぼ千葉限定のようなので知らない。

IMG_1057

地元の常連さんが集まるような良い雰囲気の店内。

IMG_1050

生390、サワー系290〜、焼きトン系二本220〜と、なかなか安いし美味い。立ち寄るには良い店です。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ