千葉県

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

千葉県八街市、駅前商店街と映画館廃墟と

八街。ヤチマタと読みます。確か小学校の社会科かなんかでこの地名に触れたような気がします。落花生の生産高日本一ですし、茨城野菜の流通に於ける交通の要衝でもあります。

4C51654D-B74F-4AD6-8CB7-85146B97209F

田畑に囲まれた街は閑散としており、古い建物が解体された跡と思われる空き地がそこら中に広がっています。

4B3F7DF0-7A4A-4F10-88C9-AB41DBF285E3

駅を降りればいきなり渋い長屋、駅前商店街がお迎えしてくれます。

95F11883-A7A1-40EB-B595-A234FB87F186

八街駅南口から線路沿いに東へ伸びる商店街。二階建ての長屋のような造りが左右に連なっています。

D2B13A23-344C-4B41-ADC4-F800462557E2

祝日の午前中だったので開いてる店舗はありませんでしたが、時短営業や臨時休業の張り紙が散見される事から、生き残っている店舗も多くありそうです。

29B9D566-7AC2-48EA-B3DB-F4200C00079A

商店街の外側、線路とは反対側の様子。八街に限りませんが、空洞化によって客足は郊外の幹線道路沿い商業圏に奪われています。

0D7127CC-CF7C-4640-BAFE-7F32AFAEFD9B

途中千葉銀行を挟んでさらに東へと伸びる長屋。統一された外観ですが、かなり大規模な商店街だったことが伺えます。

16E763F3-51DA-469B-ADE8-3BF835435E4F

駅前で唯一営業していた蕎麦屋さんで昼食。かつては駅前も相当賑わっていたと思われますが、えげつないくらいの衰退ぶりです。

A8FF9BBC-F72D-45CA-BB25-8C6CA33F92AB

創業明治27年と言う老舗のお蕎麦屋さん。建物も素晴らしいですが、もちろん味も美味しかったです。

8AB1EE57-2889-4524-8557-872660A8C542

街並みは歯抜け状態を超えて古い建物が孤立状態。まず無料駐車場が無ければ商売が成り立たないのが現状でしょうか。

A090720C-E459-49FB-BB99-39C7ED98B932

かつてはこのような建物が通り沿いに延々と立ち並んでいたのでしょう。しかし立て替えることもなく解体してそのまま空き地となっているのが目立ちます。

3FA51BD6-31C3-4B3D-8B3E-9962913FCD50

さて今回の目的地はここ。駅前商店街からさらに東へ向かった先に残る八街銀映跡。

E6BB4A62-ADC6-4E98-A91E-FCB80F9493F1

なんとも迫力のある映画館の廃墟です。

AFA02947-57DA-4B85-925C-9BF6607CE548

青い豆タイルがびっしり、ほとんど損傷なく残っています。入り口右手の小窓は券売所でしょうか。

04678264-DA0F-4C49-A1ED-2B9E65A7C5B6

この八街銀映は昭和25年開館。かつてこの近辺は八街銀座と言い賑わっていましたが、大火で一帯が全焼。そのまま廃れて昭和50年代後半には閉館となったとか。ちなみに銀映、または銀映劇場という名前の映画館がかつて全国的に存在したと確認できますが、その関連性については一切不明。唯一伊香保にストリップ劇場として銀映の名が現存しますが、そちらとの関係も不明。

E7F0AA18-5E78-4E61-959D-4884E3E20E51

その向かいには商店街の跡らしきものも残っています。

B6392D4B-4278-4AB2-97E3-D609195519CD

すでに廃墟化してますが、煙草屋の跡は確認できます。

94A2F84D-FD28-4032-A1D5-1C72E08B77F4

この並びの一番奥は突き当たりのように見えます。しかしGoogleマップの空撮で見ると屋根が奥まで伸びている事が分かります。

BF9FE409-AC5B-4E55-BA77-787A8E45702D

迂回して反対側へと廻ってみます。すると映画館裏手にも飲食店街跡らしきものが。

E9193573-ABFE-4169-9CEC-51E4E0A5D017

映画館の真裏はこんな感じ。木造モルタルである事か分かります。

2201C604-1975-4F14-8923-A60F9BF8FE98

映画館正面の右手奥は私有地で人が住んでいらっしゃるようでしたので入れませんでしたが、隣接する建物を裏手から覗き見ることができました。恐らくは映画館と同時に建てられた関連する建物かと思われます。

61FC5758-1A14-4049-9241-76CD030199F3

映画館の向かいから南側に伸びる屋根の一番奥へと回り込みました。背の低い、なんだか不思議な建造物です。ちょっと覗いて見ましょう。

438D9CD1-01DB-4797-BD5D-943C61837C35

なんだここは!
商店街?

D3637F03-C68D-4B0E-AFB4-CBD9FF5ADE41

床が半地下みたいに下がっているのでしょうか、それにしたって天井が低い。

5BDBA1FB-1320-4B22-AF76-A898DB71B265

脇から覗いて見たところ。古いポスターなんかが貼られていますが、長い間倉庫かなんかとして使われていたのでしょうか。

B620F593-2D16-4712-BFE1-430C49427576

なんたって外観がこの低さです。大谷石の外壁に木造アーケード。こんな建造物見たことない。
おや?一番奥に扉が……

95766AAB-F08B-4A6B-8205-B0E378CF952B

開くんかい!ww
さすがに不法侵入になると思い入りませんでした。廃墟というか、倉庫として使われているようだったので。
今回の八街はインスタでフォローしてる方の写真を見て知り訪れて見たのですが、いかんせんネット上に情報が無く不明な点が多いです。市役所などで調べた方がいいのですが、なかなかね。

千葉県富津市金谷(2)、金谷砲台のレジャーランド廃墟

鋸山から下山して昼食を摂った後、レンタルサイクルを借りて廃墟探索に向かいました。

BCF07088-98A4-4172-A4FA-FF3949F2069B

着いたのは砲台山と呼ばれる、鋸山の北西に位置する小高い山。林道から分岐する廃道を入って行きます。

673B091A-478A-434E-B7E7-4CCD5C052B8F

廃道脇の斜面には道に沿って溝が掘られています。この溝、いったい何の役目を果たしていたのかなどの詳細は不明。

CB4A5429-DD02-440D-99D2-BDE5D28AAA07

砲台山の名の通り、山頂には金谷砲台の遺構が残されています。

6AA00FC9-FE37-471F-A141-B65EDC71B943

房総半島や三浦半島によく見られる、首都防衛のための対艦砲台です。

A195A6CB-3084-4C5D-B688-3E864681BB12

中央の丘は砲側庫で四方に通路と砲台跡が広がっています。

EFD3C1BC-4837-49BD-ACA1-53A49AAE8FCA

砲台の跡は池か何かだったのでしょうか。金谷砲台は大正13年に竣工。一時は除籍されたものの太平洋戦争末期に復活。そのまま終戦まで存在しました。

1CB8CE9B-0E0C-4391-A3DE-A28F09D59D5C

こちらは共用トイレの跡。戦後、廃墟となった砲台跡に昭和30〜40年代、砲台山ハイランドと言うレジャーランドが建設されました。しかし詳細は不明ですが寿命は短く、昭和40年代〜50年代には閉園されてしまったそうです。

88698964-79D3-4DEF-803B-5DB8A6D04259

砲側庫の上に立つ小屋。鳥小屋と思われます。

1F578F93-CDDE-4BDC-BFEB-956FB9B3FF6C

こちらはレストハウス。レジャーランドと言っても小動物が数種類飼育され、あとはバーベキュー場と花壇、簡単なアスレチック、展望台などがかる程度の施設だったようです。

1E56A008-EC30-43FA-A7FA-9A6C6B0EF9B7

こちらは麓からのリフトの降り場。この廃墟のメインとも言える遺構です。

F3497B3C-9121-44A0-8E7F-5C6C383395AB

展望台まで簡素なリフトを掛けると言うのは、確かに昭和の頃にはよく見掛けました。リフト自体がアトラクションのような感覚だったのを覚えています。

15A504FB-E12B-4111-B0FF-E198D79FA56D

リフトのモーター部分。当時入場料は無料で、リフト代だけで運営されていたそうです。

6B13AE68-BC0E-4D21-BF70-A51426E9C300

敷地は広大だったようですが、藪に覆われたりしており隅々までは回れませんでした。いや、正直ちょっとビビってました。

7EC8B634-4148-4D2A-89F4-0E8CA6DF2197

古タイヤの遊具らしき物。廃墟探索はここまでにしときます。

2D33C0E9-6201-4FC9-90E9-5D3CC4E1C41C

せっかく自転車借りたんで、海沿いを少し走りました。写真は竹岡方面に少し走ったところにある造船所跡。

06C538D8-6769-487B-A9F7-FB366092D648

こちらは戦争遺跡と思われる穴。倉庫か、あるいは震洋などの格納庫だった可能性も。

BD8A1800-EF06-43AC-AAEF-62E82DD96605

金谷に戻って来ました。こちらは内房フラワーハウスの跡。1970年代に開業と思われますが、2009年に閉業。フェリー埠頭と鋸山ロープウェイの間の国道沿いにあり、多くの観光客が行き交う中に晒されています。

0FE3A638-8A71-475C-8B4D-19EDC88072A3

こちらの宿泊施設、金谷ステーションさんでママチャリを借りました。カフェも併設されており、日帰り入浴もできる温泉宿です。

4B10EDBE-98E5-412E-AB34-12BA56C6F12F

泉質は塩化物泉で24度の源泉を加温したもの。柔らかい肌触りで芯から温まります。最後に登山(下山)とママチャリサイクリングの疲れを癒せました。

千葉県富津市金谷(1)、鋸山石切り場跡

結構ガチな観光地で、近頃ではインスタやメディアでも取り上げられている鋸山に行って来ました。

131391FF-E7AD-4214-AB1A-D27036383F74

浜金谷と言えばかつての川崎〜木更津フェリーに並ぶ、久里浜〜浜金谷フェリーで有名ですが、駅舎は田舎の木造駅舎です。一応有人駅で特急も停車します。

5D755726-94D6-48A2-B000-FC281B2E837F

久里浜〜浜金谷フェリーは健在。40分で結ばれているので、時間帯によっては渋滞が懸念されるアクアラインよりも便利な場合があります。

0327A970-3EAE-411B-B86E-1E9C11587F4C

鋸山まではロープウェイで行きます。登山する方も多いですが、撮影が目的なので楽します。祝日でしたが駐車場は満杯で行列も出来ていたので、廃止の心配はありません。ちなみに京成グループ。片道500円で往復950円ですが、懐かしい硬券キップが発行されます。

EC311F45-7B7C-4DEE-97A8-722CA5CD2720

頂上に登れば金谷の街が一望できます。浦賀水道の向こうは横須賀の街かな?

CB616E2F-3D4A-402F-B101-EC322D7C68D0

山頂は日本寺。拝観料として700円取られます。この日本寺の敷地を通らないと石切り場には行けません。合計1200円払っても登山はしたくない。とは言え磨崖仏の百尺観音は見事な迫力。仏像系にも興味がある方は羅漢像なども有りますので。

0E170C0F-4ED1-4C37-85E7-4385B65023F5

切り通しの高さも半端なく、迫力満点です。

50D1D506-F476-4746-A8FE-4707753E336F

近年、鋸山をメジャーにしたのはこの地獄覗き。飛び出す形の岩から下を覗き込むスリルがウケているようです。

1E3F3D08-199B-401A-A3E2-A774250D8334

いよいよ石切り場跡のエリア。ラピュタの壁と言われています。はい、9月に訪れた猿島もそうですが、ラピュタと言えば人が来ます。重要な事です。

E3FF9F06-6C66-4287-96ED-5E56934363F9

ラピュタの壁の下まで来ました。切り出した石材を搬出する切り通し。

39D484BE-7A92-4719-BF1E-E31975FD1CF5

付近には当時のものと思われる遺構がたくさん残っています。

1C9AFD22-1794-4CFF-A1B1-FDA63B60F298

石切り場の歴史は古く、安政年間(幕末)に伊豆石を切り出していた職人たちが渡って来て始まったとか。

9476985C-D987-48C1-BB67-9B3DC3CE9DC3

石切り場を望むコースは山頂付近の切り出された絶壁の下を進みます。写真右上に見えるのが地獄覗き。

135C0550-E545-4818-AAE8-59886A164507

この山頂付近から切り出していたのは慶応年間に入ってから。山頂に近ければ近いほど上質な石材が産出されたそうです。

4EE5672D-2262-465B-A9CC-EB08776189D0

昭和33年頃より索道が設けられ、ケーブルで石材が搬出されて行ったそうです。それまでは人の手によって山から下ろして行ったとか。

0F32A734-D2F0-40A4-A9AB-1A4A59612E99

その索道の機械が雨晒しで残されていました。観光地と言うよりも廃墟感が強い。

EE50661D-3F0C-4C36-989D-CB308174ED0E

こちらは石を切るチェーン鋸のような物と思われます。

0109C444-26A0-4DC8-9165-D869440682FD

こちらはトヨタの重機。いつ頃まで動いていたのでしょうか、オブジェのように打ち捨てられています。

31E8CD84-6CA8-4EC8-87E8-1252F4C0E59D

こちらの石切り場はとても複雑に掘られています。良質な石材を求めて奥へ進んだり横へ進んだりして、逆階段状にオーバーハングしています。

DCDFF556-6A42-4BE2-907B-5985CF81AA02

足元を見ると奥へ深く掘られており、水が溜まっています。

A56019F3-C84C-4516-8521-0E2B8E4C7EC5

ここにも水が溜まっている、と思ったら鯉が!www

136D7DC3-031C-4931-8C6E-35AAAFD0D498

すでに崩落しかけているところも。登山道は頂上付近の石切り場を一通り巡り、そのまま鋸山の山頂へのルートとなります。私は行きませんが。

A892B315-0765-4149-BCE4-1106F72BC320

ロープウェイへ戻らずにそのまま下山ルートに向かうと、かつて石材を搬出していた車力道に出ます。

AF209356-E561-452E-91DD-2C5D22F54DDC

ロープウェイの山頂駅に展示されていたイラストを見ての通り、索道が掛けられる以前はネコと呼ばれる荷車で坂を降っていました。

A6F5592E-B43B-40F4-89B1-B370651C74B8

所々にその車力道が残されています。石畳に轍が出来ていますが、無茶な話です。

933DF0EA-2F01-41F0-9F9C-530E2FB18E0C

急な箇所は樋と言う滑り台のような物で降し、緩やかな箇所は荷車に積みブレーキを掛けながら下る。しかもその役目を女性が担っていたと言うから驚きです。

6306AA51-A24C-4482-AC02-57551F2E6F29

麓まで降りて来ました。こちらは索道の終点の遺構。

B3A81EBF-A603-4054-86F9-529131E14150

街を歩くと房州石をあちらこちらで見かける事ができます。この石材は建材として首都圏の埠頭や橋など公共事業にも用いられていましたが、昭和に入ってコンクリートにその役目を取って代わられ衰退していきました。

千葉県茂原市(3)、押日地区の素掘り隧道群

先月、旧・海軍茂原航空基地跡の掩体壕群を巡った際、最後に地下壕跡を探しに丘陵地まで足を伸ばしました。地下壕こそ竹藪に塞がれ発見出来ませんでしたが、道すがら素掘りの隧道と出会いました。

ACA53509-686A-44B2-B8CC-E5EA7C95B676

写真は先月、まだ暑い盛りに訪れた御領隧道。暗いし圧迫感あるしで、かなりビビってしまいました。
Google MAP

41555F7B-89FE-49F2-812B-ED3F4CA0A567

千葉県に素掘りトンネルが多い事は知っていましたが、よくよく調べてみるとこの茂原市に密集している地域があることを知りました。そこで今回は特に密集している押日地区を訪れてみます。

236A01B7-9D3B-41E8-BC16-14513E2719FF

立派な屋敷ですが廃屋でした。丘陵沿いには古くからの農家が点在していますが、過疎化や少子化などで離農される方も多いようです。押日地区は御領隧道があった豊田地区からゴルフ場のある丘陵を挟んだ西側。茂原駅から路線バスもあり訪れ易いです。

BCED8F41-473F-4350-962B-B8AACDA4BF0B

さて、隧道巡り開始します。バス通りである茂原街道から右手、北へと入ります。早速穴を目にしますが、これは倉庫か何かとして掘ったと思われる穴。房総半島は砂岩質が多く比較的簡単に掘削出来るため、古くから地元の方が自分で穴を掘りまくったという歴史があります。

F8ABCD81-772D-407D-AB0C-A2B39ECFC718

まずは茂原市街地から見て一番奥に位置する国府関地区からアプローチする戸田谷隧道。建設推定時期は1923年。
Google MAP

36FE6BF7-7CC1-4519-A3CE-B9F4D3F1C3B9

今回はヘッドランプを用意して来ましたがあまり役に立たず。やはりビビってしまいます。

AAAE3643-B5FB-4AFE-80A3-5F228D8B2B6A

天井が鋭角になっているのを観音掘りというそうです。

80ABB41E-C81B-4D37-B86E-3E4458E23213

抜けると押日地区になります。素掘りトンネルは基本的には生活道や旧道などで道幅も狭く未舗装も多く、車で訪れると地元の方の邪魔になることもあるので自転車あるいは徒歩をお勧めします。

707CCFC0-42A9-4483-8D9E-27A7F5BF097F

押日地区は水田地帯の中央の丘陵が新興住宅街として開発されています。

DE3875C3-EE9C-40A9-B3B0-63BF5C95DF13

その新興住宅街を囲むように田園と丘陵沿いに点在する旧家。隧道はこの地区を取り囲む丘陵から放射状にいくつも存在します。

8DBBBB1B-641B-4AD3-AD01-F3EA2F5BA4E6

坊谷隧道へのアプローチ。道が途絶えており、とりあえず開けた谷の奥へと進んで見ます。

749B42CE-4AA3-4A21-AC6C-317157F899E0

最奥部の藪の中に坊谷隧道発見!
いや、これいわゆる廃道じゃないっスか。無理!絶対無理!
Google MAP

37BBB073-D03F-4DFF-A219-D5408AE65F70

新興住宅街を右手に見ながら丘陵沿いの農村を茂原街道に向かって歩きます。すると左手に細田隧道へのアプローチが。

9E2CBCAF-3C90-449E-AC88-4EBD6CFD50E2

細田隧道発見。暗いなー。
Google MAP

79FEB7C4-5A98-43C5-8FFB-C1F4F0B7C328

く、暗っ!
怖っ!
トンネルの途中にLEDの街灯があるけど、S字を描くトンネルは入り口からすでに夜みたいな暗さ。誰か探索に付き合ってくれないかなぁ。

4A78FE52-E0A7-4601-AECB-8FB6EE31C43A

出口付近には雪だるまみたいな簡素な道祖神様が。ちょっと可愛い。

77BB235A-7E02-48CD-BD35-3E7B1FE667AD

細田隧道の南側出口。丘陵を越えた所も押日地区になります。

7D7B845A-CB53-44AB-8892-B27F0F08186E

隧道の左上には八幡神社があり、左下から右上への斜路は隧道が出来る以前の旧道です。すでに廃道となった旧道も撮ったのですが、暗くて手ブレしてしまいました。

70A066BC-4E22-4B48-A332-7BC5070C1B98

ひとまず猫に癒されます。

F8E8A588-E082-4057-BDB8-8C1006A0F160

再び押日地区北側の丘陵を目指します。この先で道は二股に分かれ、左に後呂隧道、右に猪喰隧道が有ります。いずれも丘陵の向こう側、坊谷堰の水源から広がる水田地帯に抜けます。

5640C31D-22E3-4B43-BDF7-5D47B0677589

まずは猪喰隧道へアプローチ。道の奥には闇溜まり。
Google MAP

5192D617-3CCF-444C-B047-CDAA3CE4DD41

そのまま深い切り通し。く、暗れーっ!
太陽光が差していれば苔生した切り通しが綺麗だろうに、闇が深すぎてヘッドランプが何の意味も持たない!

2BB90536-6064-4F10-9BBD-ECAC2339C3E5

こちらは左隣の後呂隧道。うん、短いし先が見えるし多少明るい。
Google MAP

A96128A3-45DD-4824-B03C-05AD50D279C1

後呂隧道の坊谷堰側出口。明治〜大正期に完成と推定されるが詳細は不明。

3A128A66-584C-4903-A816-F78BDE731D88

坊谷堰側の水田地帯。押日集落から隧道を通って農作業をしに通っていたのでしょう。

3DDE1E6C-C5D8-47BC-96BA-DEFB871085BD

押日第一第二分水と書いてあります。

D4C3B126-8FB0-4CB2-A53A-BB16709A4788

押日集落から丘陵の下を水路が通っているのでしょう。

74D94432-CF64-4A21-8F06-E4E3F104F41D

さて、こちらは猪喰隧道の坊谷側のアプローチ。

97852C42-183E-4632-ADB7-216D4EB32C33

猪喰隧道坊谷側出口。
ええ、そうです。猪喰隧道のあまりの暗さにビビって通り抜けられなかったんですよ!
この猪喰隧道も明治〜大正期に完成と推定されています。

46968E4B-FF4B-4FE8-BD88-096585A9509A

坊谷側を茂原街道に向かって下って行くと、右手に花立隧道へのアプローチ。

DF914AED-E6F9-414F-9AEC-3911874342F8

花立隧道。昭和10年頃に完成と推定されますが、すでに廃道となっております。抜けた先の押日側もえらい廃道なので、行きません。敬愛するサイトの「山いが」さんみたいなオブローダーじゃないし。そもそもこのブログのタイトルには散歩って書いてあるし!
Google MAP

A87DEA0D-4B18-4E18-AC2F-090276A8293F

坊谷の水田地帯を下ると緑園台という新興住宅地があります。写真左手は押日側の丘陵地で、外側の造成地は建設が中断された模様。

11641349-3519-4ECF-A2B9-2A6871F0D1AB

その丘陵沿いに歩くと狸谷隧道が有ります。
Google MAP

53C3B2A9-F1C3-4974-B4F7-70C468B31005

明治〜大正期に完成と推定。現在も生活道として使われているようで、途中にはLEDの街灯が。

F2365C36-7228-41F0-984B-B814FE5B2CBF

フフン、余裕で通り抜ける。
……んー、何やってんだろ俺、ってちょっと思った。

04B371DB-40B1-4E50-8126-F31E50BFC75A

狸谷隧道の押日側アプローチ。

4342796E-FCB5-4459-B8D6-2EAF67824E5C

押日側に出てすぐ右手には、先程坊谷側から見た廃道の花立隧道へのアプローチがあります。

96E4C376-BF82-438E-A918-4CF026330AA4

アプローチったって廃道です。藪漕ぎは嫌いですが、これくらい背が低ければ行ける。

424C2C0A-BDD8-4C74-84F8-1B096647F1CF

ぐはっ。そりゃ通り抜けられないさ。花立隧道の押日側出口。
このまま押日側に出ると次に訪れる隧道へ遠回りになるため、再び狸谷隧道を通り坊谷側へ戻ります。

DD360B2A-6E24-4909-86E4-947094139BDE

緑園台住宅から茂原街道に向かう丘陵沿いの道には、いくつかの謎のアプローチがあります。隧道ではなく丘陵の上を乗り越える廃道でしょうか。

A68CE66C-6F4B-40E6-A4F0-BEB4E79B020B

やがて右手に見えて来た野本隧道へのアプローチ。
Google MAP

A01AAE7B-2B83-4B7C-8C55-BBEFAEF1547A

ハイ。廃道ー。抜けた先はエラい事になってます。

D4A954FD-0EE3-4F0D-AB87-32AE2351CAB6

抜けた先の左手の竹藪をガシガシ登って行くと木生坊隧道があるそうですが、行きません。木生坊隧道の坊谷側出口も探して見ましたが、怪しい箇所こそあるもののジャングル状態だったので断念しました。

そんな訳で8箇所の隧道を巡って来ましたが、冬の晴れた日なんかの方が良かったのかもしれません。
今回は途中パラパラと小雨に見舞われるような曇り空で、昼下がりにも関わらず夕方ぐらいの暗さがありましたが、それを差し引いても陰鬱とした雰囲気がありました。この雰囲気だけで何の根拠も無く神霊スポットとされる場所は多く存在しますが、湿気が多く苔むしており、なおかつ切り通しによる圧迫感は恐怖心を煽ります。自分がただのビビリィなだけかも知れませんが、房総半島の雰囲気って他の地域と違った独特な雰囲気があるのは確かです。

千葉県茂原市(2)、ゴーストタウン国府関団地

茂原は先月、掩体壕巡りに来て以来2回目となります。

F8F17472-999A-421E-B55C-4761397F5C0F

今回は茂原の隧道を撮りに来たのですが、路線バスで降り立った原田団地バス停の目の前に市営住宅の廃墟が広がっていたので、まずはそちらから紹介させていただきます。

A51433AC-5F60-4ECD-87FC-58BC9CEA4003

そこは、ほぼゴーストタウンでした。実際には住んでいる方がおられるようなので、完全なゴーストタウンではありませんが。

C76F4C0F-BB32-4DB5-8E50-D1FC686E37BE

素掘りのトンネル撮りに来たつもりだったのに、バスを降りた瞬間いきなりのカウンターパンチです。正式には茂原市営住宅国府関団地というそうです。

27FE59ED-7168-4F1E-9E2B-FB81B27EBE74

草の生えるがまま。

6DFFB791-DB29-414E-9419-B858575A0E90

こちらは4軒長屋の棟。すでに雑草に埋もれています。

6E7871BD-D18A-43EE-ACD4-1FE19772587B

私道も雑草が生えまくっています。

46E41A2E-CEE6-4E5F-A6BD-43AA3ED348C2

平屋一戸建て40棟、平屋4軒長屋9棟、計76世帯からなる市営住宅ですが、すでに解体されている棟もあるようです。

A48B466A-EEA9-41CD-8D5F-1610768E802F

公園の跡には遊具も残されています。この市営住宅は1965年に完成し、低所得者を対象に賃貸していましたが、既に廃止が決定しました。

F56B5EED-DAC5-4512-B76B-A4B3F7AE7C87

隣接地にはパチンコ屋の廃墟。こちらは10年ほど前に閉店したとか。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ