埼玉県

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

埼玉県飯能市、飯能花街跡と名栗川沿いのバラック群

今回は埼玉県飯能市、飯能駅周辺を歩きました。飯能は観光地として川越と比べられがちですが、最近ではアニメ「山のススメ」の聖地として注目を集めてます。山のススメ以外でも今年の冬アニメ「弱キャラ友崎くん」の中でも名栗川上流域が夏合宿の舞台になったり。

1274E3D3-CF9D-4164-811C-92F7CFEBF722

かつてはセメント輸送の貨物ターミナルなどがありましたが、その敷地はだいぶ整備されました。1992年開業の駅ビルであるPePeにもかつては西武新宿同様にプリンスホテルがありましたが、現在では経営が変わりホテルヘリテイジ飯能となっています。

AC9B4AC6-56F7-4AE1-B96F-2EC0DF5DDCB1

北口を西へ向かいます。駅の近くには軒数こそ減ったものの、ビジネス旅館が残っていました。

0A5233D1-23CD-4371-BDD3-850A8D3A6897

丸窓が有ったりモルタルの意匠が凝っていたりして、転業旅館か?などと一瞬思ってしまいますが詳細は不明。

7196C467-90F8-4A76-8698-475CFD0AAC56

こちらも渋いビジネス旅館。林業や毛織物産業、セメント鉱業などで発展して来た街なので、出張など多くのビジネスマンも訪れていたのでしょう。

0FB756E0-6BD9-444E-A7D6-58DC9C6E045B

中心街にはなかなか渋い建物も多く残っています。

0F51A3C3-020A-4B51-B37A-475557F2C37D

おしゃれのさわや。商店街が元気だった頃の名残りです。

0447DBEC-F09D-4F69-9964-30F64B676AA6

さらに西へ進むと土蔵造りの屋敷などが見え始めます。

602ECB36-B677-4F00-8D25-17EAC3DA7B1E

棟瓦やうだつがやたら迫力満点な土蔵造りの「絹甚」は明治37年創業。もしこのような立派な建物が多く連なっていたら、川越みたいな観光地になってたのに。

A05C40D8-F37D-4EA3-885B-BEDD8C45A3AE

土蔵造りだけでなく戦前の木造建築も残されています。こちらは閉業した歯科医。ただ大火もあったそうなので、一部と言った感じです。

BE28C011-4E64-444B-94B1-C4454311CB8A

こちらは大正11年建造の飯能織物協同組合事務所跡。一応史跡なんですが、あまり整備されていない様子。

01E31F79-B665-4EA5-871B-2127B31BB1FD

商店街から南を流れる名栗川にかけて、かつて花街が広がっていました。こちらは現在鰻屋さんですが元は料亭で、二階三階に座敷などもあった様子。

A4359B2E-8B16-4E9B-B1DD-79B5797B849C

裏手には庭園を望む欄干が。

1EE69F2D-3398-4044-89FC-85095ECA8423

こちらも花街の名残りとして残る料亭。明治期には芸妓さんが100名もいたそうです。

58612139-A51B-44AB-BF37-2C6EA2CD7429

タオルを干している料亭の裏にはカフェーっぽい建物が。埼玉は廃娼県だったため赤線などの記録は残っておらず、このような所から推察するしかありません。

F229880F-822F-4D8B-AAAD-A9D78EB62B5F

狭い路地裏スナック小路だった所が、片面解体されて駐車場になったため、陽光に晒されています。かつての花街はスナック街として栄えていたのでしょうが、現在では分譲住宅と駐車場で歯抜け状態です。

B5A5CC4E-0B8F-4E17-B12F-F64388B1D6FD

花街の南を流れる名栗川。その上流方向、西へ進み市街地が途切れる辺り。県道から河川敷に降りる道があります。

CF174B38-A076-48AC-B96F-63C2B440C1A2

川沿いを歩いて行くと、バーベキュー用品のレンタルや食事、宴会なども出来るという、川遊びに来る観光客相手の橋本屋があります。東京Deep案内を始め多くのサイトで紹介されている物件ですが、平日だったためか閉まってます。暖かくなって来たし休日などには営業しているかも知れませんが、ここは手書き看板貼りまくりの推しの強い施設だとか。カラオケというのが気になります。レーザーカラオケとかハチトラとかだったらどうしよう。

BDD38E27-487C-453F-A2E8-02E737460420

名栗川から見た橋本屋。昭和の夏休みを感じさせる施設ですね。名栗川と言えば以前白岩石灰採掘所跡廃村白岩集落などで上流域を訪れました。

B7D07975-4970-4D36-9849-3C7AFBBF034E

上流側、左手を見ると、何やらバラック群が。

01B48113-62B5-457E-AB8C-6260FA855A79

観光地としての名栗川沿岸に関係している建物でしょうか。

0DC702C0-BEA3-4575-86BC-5D7887528DB8

背後の崖の上に県道。なかなか微妙な立地条件ですが、ここは雰囲気から言って不法占拠とかそう言うのじゃないような気がします。

D216C36E-7035-49DF-B3CF-47353D88AAFF

平家建てのように見えて実は二階建てだったり。

EB9890E5-4F90-4400-816A-D478E5410FC2

見上げれば県道沿いの傾斜地住宅が。思うに県道がちゃんと整備される前から、川沿いに住み着いていたのではなかろうか。

B29BAC5D-E318-448A-8924-298166F21572

そんな謎を残しつつ、夏に来て見るのも良いかなと思いました。水、綺麗だし。

埼玉県秩父市、三峯神社とその周辺

狼信仰なんてカッコいいじゃないか、とか思って随分前から行きたいと思っていましたが、近年パワースポットなどとして注目を浴びすっかりメジャーになってしまったため足が遠のいていました。

60690B5E-3C1F-422F-B1DD-A3F8A834630A

三峯神社の起源は1世紀頃、つまり古墳時代。5世紀頃には役小角が修行した事から修験道の山となったと言われています。12世紀から13世紀の間廃寺となった期間もありましたが、聖護院派天台修験の関東総本山として再興、隆盛して行ったそうです。また、江戸時代以降は猪から農作物を守る狼が崇められるようになり、三峯神社から狼の護符を受けることが流行ったとか。

AD2834F6-E898-4148-BCAF-F7E14C75785D

拝殿などは日光東照宮みたいな派手さがありますが、建物自体は少なくちょっと物足りなさすら感じてしまいます。拝殿脇には鉄筋コンクリートの宿泊施設が宿坊の名残りとして建っており、なんかイメージと違う。自分の中では榛名神社と比べちゃってる部分があるからいけないんですね。

D671D223-4960-4B41-84B2-3163134A8423

とは言え綺麗に修復された透彫は見事です。

1E304935-BFCF-41F1-A0EB-6F583D9DE903

交番のような建物。警備する人の詰所か何かだったのでしょうか。

70289C8F-B5E1-4198-B903-9FAE10E270A9

昭和14年には参拝客のためにロープウェイが開業。しかし観光道路の整備などから利用客が減り、平成18年には廃止となってしまいました。施設は完全に解体され、跡地には何も残されていません。

D7599D8E-75D5-44F4-B8F1-29A9E6362C5A

三峯神社の周辺には集落が散在しており、かつては学校もありました。こちらは旧・大滝小学校三峯分校跡。

397D06FE-AE36-4FD6-88D8-AD4BE2B5D9E2

明治6年に開校、昭和55年閉校。この校舎は昭和32年に竣工。周辺の集落も現在ではほとんどが限界集落です。

33FC9804-074C-4C1C-A3E1-F83901E80106

閉校後はキャンプの宿泊施設などに利用され、バーベキューも出来るようになっていますが、あまり使われているようには見えませんでした。

CA8FE4B6-335A-436B-8E55-06702FACE32E

秩父湖の方まで降りて来ると日帰り入浴施設の大滝温泉遊湯館があります。

BB8AE052-AE67-40F9-9A1B-B22CC373263C

ナトリウム塩化物泉のお湯は加温循環濾過ですがかなりのヌメリ感が有り、埼玉の特に秩父地方の温泉には期待してなかったぶん思いの外良かった。

A6DD22D7-8D98-449B-A64A-8EEDE19BB206

遊湯館のすぐ近くにある大滝発電所取水堰。木造建屋が乗っかっているのがカッコいい。

埼玉県比企郡、旧小川小学校下里分校と旧鎌形小学校

今回は廃校巡りです。巡りと言っても時間の制約がある上、公共交通機関と徒歩で訪れるので二ヶ所が限界でした。

39499B38-4D6D-4D1C-932A-49AA3CE1E6AD

まずは東武東上線の小川町駅よりバスで南へ。下里という地区で降りると、なんとも長閑な農村風景が広がります。

816E565A-24BA-4D95-AB1A-E128A3B51B29

旧・小川小学校下里分校跡。猫が出迎えてくれました。
Google MAP

EB7E64FE-6E94-41C2-8830-7D6E8FE2B5ED

校庭では折しも有機農業に関するイベントが行われていました。ここはカフェも併設されており、地域のコミュニティの場としての役割もあります。また、バス停から案内看板がいくつも設定されるなど、観光資源としても活用されています。

618B7B20-A090-4190-84C1-3905C2CBF5F9

またここはちょい前までやってたアニメ「のんのんびより」の舞台としてモデルに使われ、いわゆる聖地となっています。どうも近頃の日常系アニメはあまり観てないので、よくわかりませんが。

CB2AD9EC-6FB6-46C4-AC38-A213C039DFA8

ただ聖地となったおかげで綺麗に管理されています。ランドセルとか映画のセットのよう。

69F7F4B3-E6F8-4FCE-B3BF-BE853FA776A1

廃墟化した廃校舎も物悲しい雰囲気がたまらないのですが、やはり貴重な木造校舎は管理され保存された方がいいのでしょう。

AEE8690D-6DD7-4A66-82A7-4FA59158D74C

ちなみに下里分校は明治7年に開校。現在の木造校舎は昭和39年に建造されたそうです。しかし平成23年3月には生徒数の減少により廃校。現在ではNPO法人霜里学校が管理・運営を行っているそうです。

EAB39B00-BF12-4E3D-893B-D19F11915613

校庭には何本もの桜の木が植えられてられおり、春にはサクラ祭りも開催されるそうです。桜の季節にまた訪れてみたいですね。

E9463B43-1A36-419F-9AC0-6F54DDF65D3F

次の目的地、嵐山幼稚園に向かうにはバスで小川町まで戻り、東上線でひと駅隣の武蔵嵐山まで行き、そこからまたバスに乗らなけれなりません。かなり迂回する上に二回の乗り換え。しかし槻川沿いに嵐山渓谷を抜けて行けば、歩いた方が早い。早いったって徒歩1時間半。悩んだ末、開き直って行っちゃえって事で歩きましたが、案の定後悔しました。

289C35EF-9C39-4C03-9CD2-F1BF1181EEEB

ヘロヘロになりたどり着いた嵐山幼稚園。旧・鎌形小学校です。
Google MAP

620A8F8B-148B-4972-8BCC-223CD5E8B1ED

この建物は日本赤十字社浦和支部社屋として明治38年に建てられた物ですが、昭和58年、浦和よりここ鎌形小学校に移築されて来たそうです。鎌形小学校は平成19年に閉校。現在は嵐山幼稚園となっており、この建物も講堂として現在も使われているようです。
しかしこの建物、県指定文化財となっていますが、幼稚園がやっている平日ならば、見学許可が取れるみたいで、今度平日改めて来てみたいです。

埼玉県の日帰り入浴施設

昼間っから飲める老舗の大衆食堂兼大衆酒場、いづみや本店が大宮駅の駅前に生き残っています。立ち寄ったのは4回目ぐらいかな。

4347014F-F550-459A-AC0D-F204F8D8C187

仕事が早く終わり、暇を持て余す。ここの姉さんたちは耳が遠くなり、なかなか注文が通らない。確かに耳は年々遠くなっているのだが「おばちゃん」と呼ぶとわざと耳が遠いふりをする事もある。「お姉さん」と呼ぶとすぐ振り向くのがその証拠だ。若い連中が「おばちゃん」と呼んだ時、捨て台詞のように「ここにおばちゃんは居ないよ」と言ったのを私は聞き逃さなかったwwww

B1250359-197B-4800-8140-0E8C4E1C2A05

焼きそばがうめぇ。超うめぇ。この後どうしようかと飲みながらGoogleマップを開く。そうだ、温泉に入ろう。

DA372FA2-598F-46A8-8796-E72F92647A15

と言う訳で大宮から浦和美園行きのバスに乗り山村バス停で下車。Googleマップにいざなわれれば何とも長閑な風景。こんな所に温泉は有るのかと、ちょっと不安になる。

53CD60E9-D294-4906-A0F0-D9A12BE6B2FB

10分歩くとありました。日帰り入浴施設の見沼天然温泉小春日和。後で知りましたが北浦和駅から送迎バスが出てるそうです。

7E5056EE-2EB8-42B3-9959-A2BF710765C0

平日850円、日曜祝日950円。基本的には車で来る方がほとんど。以前、愛読書の温泉批評という季刊誌で紹介されており、チェックしていました。

02ADEECF-85B7-4D0C-B49D-D9B5DEC8FF42

浴室は多くのお客さんが利用しており写真はありません。庭の喫煙所に足湯がありましたので、お湯の写真はこちらで。

C8AD214F-9BC6-4770-914E-DF3FCD81C3AC

お湯はキシキシ感を感じるものの、全身に纏わり付くような微かなヌメリ感。源泉は透明ながらも空気に触れて茶色の湯花が大量に発生。ちょうど先日訪れた三島の竹倉温泉のよう。
内湯には加温源泉掛け流し浴槽と非加熱のぬる湯掛け流し浴槽。露天に加温熱め掛け流し浴槽とぬる目掛け流し浴槽、それに非加熱超ぬる目源泉掛け流し浴槽。
超ぬる目と言っても38〜39度ぐらいでしょうか、浸かっていると寝てしまいそうになるくらいの心地良さ。出たくなくなります。
ここは素晴らしい。お湯も、湯使いも、施設の充実度も、何をとっても非の打ち所がない日帰り入浴施設です。絶対また来ようと思いました。

【追記】

後日、再び暇になったので再び大宮のいづみや本店で飲みながらどこ行こうかと考える。

CBB210F4-21F4-4199-A792-7B1850CB1B4D

大宮から東武野田線、いや、あーばんぱーくらいんに乗って春日部へ。東口、あまり栄えてない側で降ります。

880BE487-D841-4F67-A03D-A11326F592CD

古利根川。旧江戸川みたいなもんでしょうか。春日部駅東口正面の直線道路をひたすら真っ直ぐ進みます。

F9F23EF1-0F18-4AE6-97C9-D2DE37CBFF8D

はて、玄関以外を諦めたようです。

906D5CC0-CB61-4A18-8F37-ED4E619816F9

歩いて15分。なかなかの距離を歩くと日帰り温泉施設、春日部温泉湯楽乃里が。平日780円、日祝日980円の日帰り入浴施設です。

679611F3-7AE2-435C-B29A-D0606EED97CD

内湯は人工の高濃度炭酸泉やジェットバスなど幾つもの浴槽が。天然温泉は露天のみで大きな浴槽が二つとツボ湯が3カ所、寝湯など。お湯は見沼天然温泉小春日和と同じナトリウム塩化物強塩温泉の源泉掛け流し。緑がかった黄土色の濁り湯で、浴感も小春日和と非常に近いものがあります。ただこちらは源泉温度が高く、冬季以外は非加熱で41〜2度あり丁度いい湯加減。
この施設で特に素晴らしいのがツボ湯。3ヵ所それぞれサラサラと源泉が掛け流されています。肩を出しツボを抱えるように大きく両手を広げ、踵を縁に乗せてお尻を浮かす。そして全身の力を抜けば go to heaven!(笑)

埼玉で1500m掘ると同じようなお湯が出るのでしょうか。海底だった地層から塩分濃度の強い温泉が湧出します。次に紹介する東鷲宮にある百観音温泉も1500m掘ったら湧出した温泉です。

22D50E3E-B07C-4C7D-B9F4-014A8CF3189B

こちらに訪れたのは2018年5月、桐生を訪れた帰りに立ち寄りました。ここもナトリウム塩化物強塩温泉ですが、かなり濃いい素晴らしいお湯でした。

【追記】

2020年9月初旬、埼玉県さいたま市の日帰り入浴施設、清河寺(せいがんじ)温泉に行ってきました。場所は川越線西大宮駅の北東ですが、大宮駅から路線バスが出ており本数も多いです。2006年2月にオープンしたこの日帰り入浴施設は、やはりこちらも地下1500mから湧出したナトリウム塩化物温泉。

E46C0E86-C65D-4F8D-8606-7A14F1976C50

お湯はほうじ茶色と言ったところでサラサラとした浴感。独特な匂いもあり、ややしょっぱい感じです。湯花こそ見えませんでしたが若干の泡付きがあり、お湯の鮮度が良い。
内湯は源泉に炭酸を溶かした人工炭酸泉とジャグジーなど。露天風呂は加温熱め浴槽と加温ぬる目浴槽、そして非加熱の超ぬる目浴槽。寝湯、ツボ湯など。いずれも加水無しの源泉掛け流しです。
ツボ湯は春日部ですっかりハマってしまいましたが、やはり気持ちいい。しかしここは加温加水無しの超ぬる湯。37.5度の鮮度抜群なお湯に浸かっていると、出たく無くなります。また露天風呂の脇には竹林もあり、このシチュエーションにも癒される。寝湯に寝転がってみたら起きれなくなりましたwwww
湯上りは急いでバスに乗り23分で大宮駅。いづみやで生ビールを流し込む。

【追記】

2020年10月初旬、埼玉県上尾市の日帰り入浴施設、花咲の湯に行ってきました。大宮駅からニューシャトルで15分、原市駅より徒歩5分という比較的好立地。2020年にオープンしたこの施設は、やはり地下1500mより湧出したナトリウム塩化物泉。

8424821E-90D8-4C3C-AF4A-752F85D13FAF

お湯は濁りの強い茶褐色で錆色の折出物が多く、鉄分が多く含まれると思われます。浴感はやはり他の日帰り入浴施設と似ており、比較するのが難しい。屋根付き露天の非加熱源泉掛け流し浴槽はやはり出たく無くなるほど心地よいぬる湯。埼玉県の平野部って意外と良い温泉に恵まれているのですね。逆に山間部の方が良い温泉が少ないと思います。

見沼温泉、春日部温泉、百観音温泉、清河寺温泉、花咲の湯、泉質こそ似てはいるもののそれぞれ個性もあり、微妙な違いながらも甲乙つけ難い、いや、甲乙付けるもんじゃありませんね。たまに遠出して泊まりがけで温泉地に行くのも良いですが、日常的に暇が出来たら立ち寄る埼玉の日帰り入浴施設もいいものです。

埼玉県西浦和、UR田島団地とバラック居酒屋

JR西浦和駅は武蔵野線が旅客営業を始めた1973年に開業しました。

95033529-5D94-4A6E-8D5E-77F44C284330

西浦和駅の南側に広がるUR田島団地。

1B8FC030-C5D3-483C-AB76-A9915CF9CCB2

田島団地は1965年、当時URの前身の住宅公団が54棟、およそ1900戸にのぼる公団住宅を建設しました。当時貨物線だった武蔵野線が8年後に旅客営業を開始するのを見越して、この土地に建設したのでしょうか。

8CDD454C-6C6D-4B0A-A9C9-3624EAD4AE71

団地の中央には商店街、郵便局、交番などがあり、近くにある西浦和小学校も公団が建設し当時の浦和市が国の補助を受けて買収すると言う特殊な事例だったそうです。元々は畑しかないような土地に街をゼロから造り上げた、いわゆるニュータウンです。

744406B4-25EC-4DFF-B0DE-1E2FA4818A1B

竣工から今年2020年で築47年。驚いたのは建て替え工事が一切始まっておらず、建設当時の状態がそのまま残っている事です。まぁ、例えば赤羽台団地などはほぼほぼ建て替え工事が完了に近いですが、あちらは1962年竣工で築58年ですから迫が違うか。

3F4F838C-FF90-4356-BF4F-81A9E545F33E

西浦和駅の反対側、南側には武蔵浦和へと続く田島通り商店会があります。公団の敷地外になりますが長屋形式の飲食店なども。

F6C41C48-B292-4AFA-925A-1E1C6E2DC6E4

こちらは武蔵浦和方面に少し歩いたところにある長屋。ここの中華料理居酒屋桂林さんでランチを食べていましたが、完全にスナックの造りでした。中華料理はほぼ何でも出来ますが、バーカウンターでラーメン。しかしカレーがやたら美味いと言う、面白いお店です。

63FE47F7-FCA4-4F03-91D0-AE2D7866D521

その向かい、ポツンと一軒のバラック居酒屋、焼き鳥「源」さんが。これは入らずにはいられません。

4681D74C-D213-4CD3-8667-D8433D43C69D

8人ぐらいで一杯になるカウンターが、夕方5時台には地元の常連さん達で満席になります。ももニンニクが超美味い。フレンドリーな雰囲気でとても気に入ってしまいましたが、なんと2020年10月で店を閉めてしまうそうです。ショックです。

18DBE70E-0381-4286-AA44-546A10BA1559

外にぽつりと汲み取り式のトイレが有ります。ピンと来て尋ねたところ、やはりこの一帯はかつて飲み屋街で、このトイレは共同トイレだったそうです。バラック飲み屋街の最後の一軒。もっと早い時代に来たかったと、つくづく思いました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ