小田原市

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

神奈川県小田原市(3)、板橋市営住宅~朝鮮部落

画像 070

 少し歩けば防波堤の役割をしている西湘バイパスを隔てて相模湾。やはり小田原は海辺の街です。‌‌

画像 108

 早川築港。小田原の水産加工産業を支える大きな漁港です。‌‌

画像 109

 築港の白灯台が小田原提灯になってた。ちょっとかわいい。‌‌

画像 114

 早川を隔てて西側は早川町となりますが、こちらは一気に漁村といった雰囲気となります。‌‌

 東海道線の線路を潜り、箱根の入り口とも言える板橋地区まで来たところで、何度かテレビなどでも紹介されている板橋の駄菓子屋を見つけました。‌‌

画像 097

 てっきり昔ながらの駄菓子屋が今も残っているのかと思いきや、土日祝日のみ営業という貼り紙からも分かる通り観光客向けに作られた物です。建物は『ジュエリーシマノ』だったビル。‌‌
 このジュエリーシマノ、かつては小田原屈指の宝石商でした。潰れていた事にも驚きましたが、まさか『懐かし屋』などと言う名前で話題になっていようとは。‌‌
 挨拶出来ない者の入店を禁ずるとか、偉そうな事ほざく割にはただの観光客目当ての商売じゃないか。そもそも昔ながらの駄菓子だけだったら、ナンジャタウンでも買える。まぁ地元に観光客を立ち寄らせようと言うのは、別にいいですがね。‌‌

画像 128

 箱根登山鉄道箱根板橋駅舎。こっちは本当に古い。‌‌駅名に箱根と付きますが小田原市です。

画像 102

画像 105

 板橋の駅の裏手にある市営住宅。築半世紀という、都内じゃ絶滅してるような古い団地。‌‌

画像 106

 裏手は勝手にバラックを建てて増築している。‌‌

 板橋と風祭の間、国道1号線から見て早川の対岸。川と西湘バイパスとの間に韓国人会館と何かの工場、そこに広がるバラック群があります。‌‌

画像 124

 川向こうの住宅街からは西湘バイパスがコンクリートフェンスとなって見えず、国道1号線からも道路と川の間を跨いできた線路が視界を塞ぎ、電車からも川沿いの住宅の影で見えず。板橋の交差点から箱根ターンパイクへ向かう橋からも早川を渡る西湘バイパスの影になって見えない。これほどにまで巧妙に人目を避けられる場所は、そう無いです。‌‌
 
画像 127

 確かに電車やバスからは早川の向こうに韓国人会館の大きな看板を見つける事ができるのですが、その場所へ辿り着くのが至難の業なのです。‌‌

画像 126

 川崎市戸手四丁目無番地‌‌もGoogleEARTHでなければ発見できない代物でした。また、‌‌川崎市池上町‌‌も首都高と公園と貨物線という三重のガードと、その向こうには工場しかないという先入観によって隠されていました。‌‌
 戦後のドサクサに土地を不法占拠して住み着いた訳ですが、この隠れ里っぷりは、余程の差別や迫害の歴史を重ねて来たのだと想像できます。‌‌
 しかし上の写真をよく見ると、バラックの床下部分が恐らくは増水した川の濁流でごっそり削ぎ落とされたのであろう跡が見えます。地盤が見事に崩れている。‌‌

画像 116

 今回その部落の入り口まで行きました。しかし中は未舗装の細い道が一本あるのみで、たまたま通りすがったなどという言い訳も通るはずもない。さらには、その部落から出て来た男がずっと私の方を見ている。‌‌
 悔しいけど内部の撮影は断念しました。いや、話せば撮らせてくれるかも知れませんが、あまりにリスキーだ。ww‌‌
 在日の方々にはコリアタウンを形成して地域に溶け込もうとする人々以外に、日本人との接触を拒むかのように隠れ住む人々がいます。現代でもまだ日本中のあらゆる所に、人知れずひっそりと暮らす人々がいる。‌‌
 ちなみに私自身差別意識は全く持っておりません。飲み屋でたまたま出会った在日の人と仲良く話したりもしますし、もっと理解を深めたいとも思っています。‌‌

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

神奈川県小田原市(2)、昭和の建築物群

 地方都市は東京と違い、関東大震災や東京大空襲のような焼け野原状態にならなかったため、戦前建築などが比較的多くのこされています。

IMG_0841

 こちらは大雄山線でひと駅乗った緑町にある老舗旅館。中を覗くとタイル張りの土間で、素晴らしい雰囲気を醸し出しています。

画像 043

 市民会館の前にある老舗料亭『だるま』。以前GREEの知り合いでここにバイトしてた事のある方がいて、話によれば幽霊が出るとか。冠婚葬祭の二次会などで団体客が座敷を借りきったりするような店ですが、築年数の古さで言えば文化財クラスの建築物です。‌‌

画像 045

 だるまの隣、本町交差点にある労金。戦前の建物と思われますが、築年数や施工者などの建築データが一切不明だとか。‌‌

画像 049

 労金の向かいの小田原市民会館。こちらもかなり古い建物ですが、小田原で唯一、コンサートなども行われています。‌‌

画像 075

 海に近くなると蒲鉾の老舗が目立ち始めます。‌‌こちらは籠清本店。鈴廣と並び小田原を代表する蒲鉾メーカーですが、本店はなんと昔のまま。ちなみに工場は早川港の近く、早川沿いにあります。‌‌

画像 076

 それにしても小田原の市街地には、他の都市にはなかなか類を見ないほどに、古い建物がやたら残されております。‌‌

画像 091

 行政による保存の動きもあるようですが、ただある程度密集して町並みを形成しない事には観光スポットとして売り出せないという現状も。‌‌

画像 089

 そこそこ有名な昔ながらのパン屋さん。桃鉄の物件に出て来るのも多分ここ。しかしショーケースの中にはスナック菓子しか並んでおらず。‌‌

画像 092

 と思ったら、本拠地はこちらのようでした。‌‌

画像 094

 東京では昭和の建物が珍しいからと言って写真撮りまくってしまいましたが、地方都市では普通なのかも知れない。

画像 088

 そう思うといくら撮ってもキリが無いのですが、国道1号線沿いの昭和建築を一気に載せます。‌‌

画像 096

 それにしてもこの市街地の広さは、さすが北条氏の城下町といった感じです。一時期とはいえ関東平野の中心地だった時も有る訳ですから。

画像 079

画像 082

 古い建築物は多いのですが連続しておらず、途切れ途切れにあるため街並みとしての観光スポットになりきれないのかも知れません。

画像 101

 板橋の駅近くに私が幼かった頃よりあった建築物。病院だったような記憶はあるが何かは不明。‌‌

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

神奈川県小田原市(1)、駅周辺~宮前町の花街跡

※この記事を書いた後の2014年11月、小田原地下街跡地は『ハルネ小田原』として再生されました。

 高校卒業まで箱根にいた訳ですが、子供の頃から買い物と言えば小田原まで山を下り、ニチイやシザワ、長崎屋、丸井、ヤオハン、箱根登山デパート、小田急百貨店などといったデパートやスーパー(現在全滅)に行ってました。なので半分故郷のような街です。‌‌

IMG_0829

 以前訪れた時には駅前地下街であるアミーオダチカが全店休業となっていた事に驚かされました。1976年に開業し2007年まで、およそ30年間市民や観光客たちに親しまれてきました。小田原初のファーストフード店としてロッテリアがオープンしたのも、このオダチカでした。

IMG_0834

 しかし郊外の幹線道路沿いの巨大ショッピングモールなどに客を持って行かれたのだろうか、まさに小田原の顔と言った地下街の閉鎖は、かなりショックでした。所有者である小田原市は管理運営してくれる企業を探しているようですが、いまだシャッターは降りたままで再生される様子は見られません。‌‌

IMG_0845

 とは言え中心街である栄町に行ってみると、その賑わいは今も変わっておらずひと安心します。長崎屋はドンキホーテに変わり、ニチイは地元ショッピングセンターに変わりつつ、同時に古くからある老舗は今でも暖簾を守り続けており、商店街として今も頑張っているようです。‌‌

画像 050

 小田原の中心街から離れるごとに、やけに空き地が目立ち始めます。‌‌ひとたび駅を離れると、カスカス。‌‌空き地のために、本来隠されていた部分が随分と露呈されています。‌‌

画像 064

 本町交差点の南東側、路地を一本入れば宮前町歓楽街に足を踏み入れます。‌‌

画像 065

 昔ながらの花街ですが、バス通りから一本奥の通りにあるため、未成年だった当時私もその存在を全く知りませんでした。‌‌

画像 063

 しかしスナックなどその大半がすでに潰れており、すっかり寂れた姿をさらしております。高級車がやけに路上駐車している事から、ヤのつく方の事務所があるように想像できます。‌‌

画像 052

 廃墟と化した宴会場。

画像 057

 場所が場所だけに、いかがわしい宴会場だったんだろうと思います。思わず水上温泉のホテル蒼海などを思い出させる。‌‌

画像 066

 連れ込み宿の名残。赤線などの花街の時代、ラブホと言えばこのような旅館でした。なんとも昭和。‌‌

画像 059

 その他、花町を思わせる建物たち。‌‌

画像 061

 どれも戦前から残っているといったふうな物ばかり。‌‌

画像 056

 気のせいだろうか猫もなんだかヤサグレタ顔つき。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ